彩香スペシャル〜恋の必殺技

by七度柚希

目次

    第一話

    1.高校一年生

    2.英会話部には負けられない

    3.援助交際の取材

    4.ブルマー盗まれる

    5.盗まれたアンダースコート

    6.スクープ

    7.もう止められない

    8.チアリーダーのオーディション

    9.早朝の通学で痴漢

    10.決勝戦に勝って甲子園出場

    11.三度目の如来棒

    12.彩香スペシャルは恋の必殺技

    第二話

    13.先生はノーパン

    14.ブラジャーはCカップ

    15.痴漢盗撮

    16.ラブシーン

    17.セクハラ面接

    18.出会い系喫茶

    19.ハプニングバー

    20.観覧車

    21.合宿

    22.監禁調教

    23.AV撮影

    24.真っ赤なTバック

23.AV撮影

あらすじ
 由美子先生に事情を話すと私立探偵を紹介してくれた。彩香ちゃんと有紀がおとりになって裏ビデオの撮影現場に探偵さんと由美子先生が乗り込むという手はずだ。だけど裏ビデオの撮影が始まっても、探偵さんが来ない。

 翌日の週刊誌には、今度はガストン君がハプニングバーで縛られてる写真が掲載されてガストン君も大ピンチ。
 このままじゃテレビドラマも放送できないし撮影も中止だとディレクターに言われて彩香ちゃんも大困り。
 なにしろガストン君がハプニングバーになんか行ったのは彩香ちゃんが頼んだからだ。
 今までの撮影が全部無駄になればテレビドラマの制作会社もお金が貰えない。
 彩香ちゃんが全部弁償しろとディレクターが無茶な事を言って彩香ちゃんを脅かした。
 こうなったら頼りに出来そうなのは由美子先生しかいない。
 放課後に学校の門の前で待ちかまえていてちょうど由美子先生が帰るところを見つけて声を掛けた。
 事情を話すと由美子先生は最初は驚いた顔をして聞いていたけど、彩香ちゃんの話が済むと「私が何とかするから安心してね」と言ってくれた。
 由美子先生は私立探偵に知り合いがいるからとすぐに一緒に探偵事務所に行くことになった。
 由美子先生が探偵事務所で事情を話すとすぐに探偵さんが調べてくれた。
 中村プロダクションというアダルトビデオの会社はやっぱり児童ポルノを撮影してる会社だという話し。
 テレビドラマが放送できないようにして秀美ちゃんを脅してお金を取るのが目的に違いないと探偵さんに言われてなるほどと思った。
 この中村プロダクションという会社は、原宿とか女の子の集まる場所でスカウトが声をかけて騙して児童ポルノを撮影してるらしい。
 裏で売りさばくと相当なお金になるいい商売だと探偵さんが教えてくれた。
 児童ポルノを撮影してる証拠があればなんとかなるからと探偵さんに言われて由美子先生がいいアイデアを思いついた。
 彩香ちゃんと有紀がおとりになって、児童ポルノの撮影現場を押さえてしまおうという凄いアイデアだ。
 スカウトの男性が声をかけてる場所を調べておいて、彩香ちゃんと有紀が制服姿で暇そうにしてればきっと声をかけて来るはず。
 あとは騙された振りをしてビデオの撮影をさせてエッチな場面を撮影する時になって由美子先生が探偵さんと乗り込むという手はずだ。
 探偵さんがスカウトの人がいま居る場所を調べてくれた。
 あちこち電話すると、スカウトがいつも居る場所がすぐ分かった。
 さすがに探偵さんだけあって調べると何でもすぐ分かっちゃうので彩香ちゃんもびっくりしてる。
 探偵さんの車でさっそく池袋の駅前の大通りに行くと二人で車から降りた。
 教えられた裏通りに入ると見覚えのある通りだ。
 いつか監督さんに面接を受けた後にナンパされたことのある場所。
 すぐ横にもあのときの、出会い系喫茶「オレンジハウス」の看板が見える。
 あの時も歩いてるとすぐにナンパされたけど、やっぱりこの通りはナンパで有名な通りらしい。
 探偵さんが電子メールでスカウトの男性の顔を送ってきてくれた。
 見た感じは普通の男だけど、これが悪い人の顔なんだと思うとなるほどと納得する顔つきだ。
 うまくこの男に声を掛けられたら、あとは付いていくだけで江実矢君の居場所は分かるはず。
 いよいよ彩香ちゃんと有紀がおとりになって江実矢君を助け出すんだと思うと気持ちが引きしまった。
 さっそく彩香ちゃんが自動販売機の陰でスカートを腰で丸めて短くした。
 これでこの辺りを行ったり来たりすれば必ず声を掛けられるはずと探偵さんも言ってた。
 通りの中央を歩き駆けるともうすぐに男の子が目の前を塞いで立ちはだかった。
 彩香ちゃんが携帯の画面と比べてみたけど、スカウトとは違う男の人だ。
 何度か男の人に声を掛けられたけど、彩香ちゃんがその度に首を振った。
 急に彩香ちゃんが立ち止まって少し先を歩いている男の顔を携帯で確かめた。
 確かに私立探偵が教えてくれたスカウトの男の人らしい。
 きちんと背広を着てネクタイもしてるけど髪は茶色に染めてる。
 彩香ちゃんが目で合図して有紀は男の方に歩き始めた。
 二人並んでわざとその男の人の目の前までゆっくりと歩いたけど、そのまま男は横を通り過ぎちゃった。
 声を掛けてくれるはずとばかり思ったのにがっかり。
 男はまた暇そうな顔つきで向きを変えてこっちに戻ってきたけどまたすれ違っただけで声を掛けてくれない。
 こうなったらもっとスカートの丈を短くするしかない。
 彩香ちゃんが自動販売機の陰でスカートをもっと腰で丸めて短くした。
 有紀も彩香ちゃんの真似をしてパンティーが見えちゃうくらいにスカートを短くしたけど恥ずかしくて足が震えて歩けない。
 大通りに戻ってさっきの男を捜したけどもう見あたらない。
 どこにいったのかと思って大通りを歩き出そうとしたとき急に男の人が彩香ちゃんの目の前に名刺をだして行く手を塞いだ。
 名刺には鈴木恵と書いてあって女の子みたいな名前だけど、チーフマネージャーと肩書きが付いてる。
 さっきのスカウトの男だと分かって彩香ちゃんはほっとした顔をした。
 男は彩香ちゃんのスカートの下から見えてる、真っ赤なパンティーをちらちら見てる。
 やっぱりスカートを短くしたのが効いたみたい。
「君たち可愛いね、いやほんとすごい可愛いよ。君達モデルさんに成らないか」と鈴木さんに声を掛けられたけど何の話しか分からない。
「うちの事務所では、君達も知ってるファッション雑誌に出てるモデルさんが一杯いるんだよ」と言いながら鈴木さんは手に持った雑誌を広げて見せた。
 確かに高校生の女の子達なんかがよく見てるファッション雑誌だ。
「ファッションモデルになるには、まず可愛いこととスタイルが良いことそれに笑顔が可愛いことが条件なんだ」
「二人ともファッションモデルにはぴったしだ、あとは努力次第でいくらでも有名になれるんだよ。
「人気が出れば、テレビにだって出られるんだ」と随分と調子のいい話し。
 彩香ちゃんはわざと何も知らない顔をして「本当ですか、わあ凄い」と適当に返事をした。
「ちょうどよかった今すぐ来てくれないか、事務所はすぐ近くだから」と言われてさっそく一緒に事務所に行くことになった。
 裏道を抜けて細い路地に入ると、ビルの裏手から階段を上った。
 事務所らしい部屋に入ると、部屋の壁にはグラビアアイドルのポスターが一面に貼り付けてある。
 他にも水着姿のタレントさんのカレンダーが一杯並んでいて、机の上には写真集も山のように積んである。
「早速だけどカメラテストするからね」と鈴木さんが言うと大きなカメラを取りだした。
「じゃそこに立ってくれるかな」と言われて見ると、壁際にはスクリーンの様な垂れ幕が掛けてある。
 彩香ちゃんがスクリーンの前に立つと「じゃ、まず正面から行こうか」と鈴木さんが声を掛けた。
 ピカッとフラッシュが何度も光ると鈴木さんは「じゃ、つぎ横向いて、最初は右、じゃ、つぎ左行こう」とまた声を掛けた。
 彩香ちゃんが左右に向くとその度にフラッシュが光ってまぶしいくらい。
「じゃあ、こんどはちょっとポーズ取ってみようか、正面からいくからね」と鈴木さんに言われて彩香ちゃんは手を腰に当てて微笑んだ。
「いや、すごい可愛いよ、もう最高、もう一枚行こうか」と鈴木さんに声をかけられて彩香ちゃんはすっかり上機嫌で思いつくままにポーズを取った。
 鈴木さんは素早い手つきでシャッターを押し続けてる。
 彩香ちゃんが調子に乗って、ちょっとエッチにお尻を突き出すようなポーズをとると鈴木さんも「いや、いいね、そのポーズ最高だよ」も大喜び。
 一通り写真を撮り終わると、さっそく鈴木さんがプリンターで写真を印刷してくれた。
 できあがった写真を見せてもらうと、さすがにプロが撮った写真は普段の彩香ちゃんとはまるで別人。
「いやあ、可愛いね、もう本当に最高だよ、これならもうグラビアアイドルのあとは、すぐに女優さんだね」と鈴木さんにすっかりおだてられて彩香ちゃんも良い気分。
「じゃあ、まず契約書にサインしてね、中身はあとでゆっくり読んでもらえばいいからね」と言われて彩香ちゃんと有紀は渡された紙にサインした。
「今度はカメリハするからね、女優さんになるにはカメリハしないといけないんだ」と鈴木さんが言い出した。
「カメリハというのはね、カメラリハーサルのことでね、女優さんになるにはまず最初にすることなんだ。ビデオカメラの前で簡単な面接をするだけだからすぐ済むからね」と言われてそう言われてみればそうなのかと思った。
 鈴木さんに奥の部屋に案内されると、小さな部屋の中央にソファーが置いてあってその正面に三脚が置いてある。
 彩香ちゃんがソファーに座るとさっそく鈴木さんが三脚の上のビデオカメラのスイッチを入れた。
 三脚の左右に置いてある大きな照明装置も明るくなってまぶしいくらい。
「じゃあ、まず演技のテストをするからね」と鈴木さんに言われて彩香ちゃんも頷いた。
「目の前に大好きな男の子が居ると思ってごらん」と鈴木さんが声を掛けた。
 彩香ちゃんは嬉しそうな顔をすればいいと思って、ニコニコと作り笑いをした。
 鈴木さんはすぐに「それじゃ、駄目だよ、女の子が好きな男の子を目の前にしたらもっと緊張して堅くなるだろう」
「今すぐ何をされてもいいと思って、思い詰めたような表情で顔が強ばるんだ。それが女の子が恋をしたときの顔だろう」と鈴木さんに言われて確かにそう言えばそう。
 彩香ちゃんは慌てて引きつったような顔をしてみたけど変な顔にしかならない。
「それじゃ、だめだ。そうだブラウスのボタンを外してごらん。男の子の目の前でブラウスを脱ぐ気持ちになるんだ」と鈴木さんに言われて彩香ちゃんはブラウスのボタンに手を掛けた。
「そう大好きな男の子の目の前でブラウスのボタンをはずしたら、胸にしてるブラジャーが見えちゃうよね」
「大好きな男の子にならブラジャー見せてもいいって気持ちが見てる人に伝わる演技をしなきゃ駄目なんだ」
「女優さんになりたければ、そのくらいの演技はできなきゃだめだよね」と鈴木さんに言われて彩香ちゃんはブラウスのボタンを外した。
 ビデオに映ってると思うと彩香ちゃんの表情が強ばって引きつったのをみて鈴木さんが「うん、その顔だ、それが女の子が恋をしてる顔だよ、上手じゃないか」と言ってくれた。
「好きな男の子にだったら、何をされてもいいよね、男の子に何をされたいのか言ってごらん」と鈴木さんに言われたけど何を言って良いのか分からない。
「キスされたいです」と彩香ちゃんが答えると「キスだけじゃないだろう」とまた鈴木さんに言われた。
「抱きしめられたいです」と彩香ちゃんがまた答えると「ちゃんと言うんだ、あれを入れて欲しいんだろう、女の子がして欲しい事はそれしか他に無いだろう」と鈴木さんに言われて仕方なく彩香ちゃんが「入れて欲しいんです」と言い直した。
「どうして入れて欲しいの理由をちゃんと言いなさい」と鈴木さんにまた問いつめられた。
 彩香ちゃんが「気持ちいいから入れて欲しいんです」とやっとの事で答えた。
「気持ちい事っていつもしてることあるんだろう、一人でも気持ちいいことしてるね」と鈴木さんに言われて仕方なく彩香ちゃんは「はい」と頷いた。
 すると「じゃあ、今すぐその気持ちいいことしてもらおうか。いつもやってるだろう」
と鈴木さんに言われて彩香ちゃんはびっくりして「今すぐですか」と聞き直した。
「どんな演技でもできなきゃ、女優さんにはなれないよ。オナニーして気持ちいい時の演技だって言われたらすぐ出来なきゃ駄目なんだ。当たり前の事だろう」と鈴木さんが厳しい口調で彩香ちゃんを怒鳴りつけた。
 もう断れそうにないと彩香ちゃんも諦めた顔で足を広げた。
「どんな時オナニーするのか、正直に話しなさい。好きな男の子にだったら何でも話せるよね」と鈴木さんに言われて「宿題忘れて先生に叱られた日は、夜寝るときいつもオナニーして寝ます」と彩香ちゃんがとっさに答えた。
「朝痴漢に遭ったときも、寝るときは必ずオナニーするよね」と鈴木さんにまた言われると彩香ちゃんも仕方なく「はいそうです」と答えた。
「じゃあ、いま朝の通学の時に痴漢にあってる気持ちになってごらん、いま痴漢が胸を触ってるんだ」と鈴木さんが言うと彩香ちゃんの胸を掴んで押し回してきた。
 彩香ちゃんは困った顔をして眉を歪めたけど、江実矢君を助けるためには我慢するしかない。
「痴漢に会うのは、嫌だけど気持ちいいよね。それがちゃんと演技できなきゃ女優さんには成れないよ」と言いながら鈴木さんは平気な顔で彩香ちゃんの身体を触ってる。
 彩香ちゃんは鈴木さんに胸や脇腹を撫で回されて、だんだん気持ちが良くなっちゃって口が半分開いてしまった。
 鈴木さんの唇がすぐに彩香ちゃんの唇に重なると舌を重ねて口を吸い始めた。
 こうなったらもうとても逆らえない。
 鈴木さんは彩香ちゃんの前に腰をかがめた姿勢で近づくと、彩香ちゃんの足を左右に開かせた。
 このままじゃ大変なことになると思ったけど由美子先生が助けにくるまでなんとか時間を稼ぐしかない。
「あ、ああぁ」と彩香ちゃんの喘ぐ声が部屋に響くと、鈴木さんが腰を動かし始めた。
 こうなったらもう何をされてもいいと覚悟を決めたのか彩香ちゃんはじっと歯を食いしばって我慢してる。
 急に鈴木さんの腰の動きが早くなると彩香ちゃんは堪らずに「ああ、ん」と今度は大きな声をあげて鈴木さんにしがみついた。
 彩香ちゃんの様子を確かめながら鈴木さんが腰の動きを早くしたりゆっくりとしたりを繰り返すと彩香ちゃんは身体が震えて椅子から転がり落ちそうになってきた。
 彩香ちゃんの泣き叫ぶ声が部屋に響くと、急に鈴木さんが腰の動きを強くしてきた。
 お腹の底からわき上がるような大きな声を上げて彩香ちゃんが必死で鈴木さんに抱きついた。
 鈴木さんが不意に腰の動きを止めて彩香ちゃんの身体から離れると彩香ちゃんは床に倒れ込んで動けなくなった。
「次は有紀ちゃんのカメリハをする番だよ」と鈴木さんに声を掛けられて有紀は彩香ちゃんが座っていた椅子に腰掛けた。
 有紀も彩香ちゃんと同じ事をされるんだと判っていてももう逃げられない。
 彩香ちゃんがされたのと全く同じ会話が続くと、鈴木さんが腰を寄せて有紀の身体を抱きしめてきた。
 奥までいっぱいに責められて有紀は涙を流しながら大きな声で叫び続けた。
 鈴木さんが身体を離すと「今度は女の子同士で抱き合う場面を撮るからね。どんな演技でも言われたら出来なきゃ、女優さんにはなれないよ」と言われた。
 何で由美子先生が助けに来てくれないのと思ったけど、今は鈴木さんの言うことを聞くしかない。
 彩香ちゃんが有紀の胸を優しく撫で回しながら、身体を重ねてきた。
 舌がとろけるような感触で彩香ちゃんの舌が有紀の舌に絡みついてきた。
 有紀が彩香ちゃんの脇腹をくすぐりながら撫で上げると、彩香ちゃんも有紀の脇の下をくすぐってきた。
 甘い感触が彩香ちゃんと有紀の身体を包み込むと、時間の経つのがもう分からなくなった。
「こんなにドスケベな女子高生は初めてだぜ」といきなり鈴木さんが大声で怒鳴ったので二人はびっくりして顔を上げた。
「今のは全部ビデオに撮ってあるからだ。このビデオを校長先生が見たら二人とも高校はすぐに退学だ」
「二人とも、こんなにドスケベなんだから、それで当たり前だぜ」と鈴木さんが言い出すので彩香ちゃんは訳が分からなくて有紀の顔を見た。
「友達にこんなビデオ見られたら、もう恥ずかしくて学校になんか行けないだろう」
「このビデオを内緒にして欲しければ、一つだけ方法があるんだ。裏ビデオってしってるだろう、これから二人ともその裏ビデを撮影するんだ」
「そうすれば、今撮ったビデオは全部内緒にしてあげるし、それにお金も貰えるんだよ」
「二人ともお金をもらった方が、高校を退学になるよりいいだろう。それに二人ともう契約書にもサインしたんだから、契約書にはビデオを撮るとちゃんと書いてあるんだ」と鈴木さんに言われて筋書きが分かってきた。
 こうやって通りを歩いてる女子高生に声をかけては裏ビデオを撮影してるんだ。
 モデルさんの契約書だと騙して裏ビデオとらせる契約書にサインさせてるなんてやる事が最低。
 だけど今はともかく言いなりになるしかない。
 裏ビデを撮ってる現場に由美子先生が探偵さんと乗り込んでくればあとは全部うまく行くはず。
「はい、分かりました」と彩香ちゃんが答えると、鈴木さんは奥の部屋に二人を連れ込んだ。
 今度の部屋はさっきの部屋よりは大きくて、中央に大きなソファーが置いてある。
 すぐに部屋の奥から裏ビデオの男優さんらしい男が数人でてきた。
 鈴木さんが何か言うと男達はすぐに服を脱ぎ始めた。
 筋肉の盛り上がった身体は見ているとまぶしくて目が潰れそう。
 鈴木さんがカメラを構えると、すぐに撮影が始まったらしくて男が彩香ちゃんをソファーに押し倒した。
「止めてお願い」と彩香ちゃんが小さな声で呟いたけど、誰も止めようとはしない。
 すぐに服を全部脱がされると、両側から男が顔を近づけて有紀の乳首を嘗め始めた。
 軽く舌先で乳首を噛みながら舌先で転がすように嘗められると気持ちよくて感じて着ちゃう。
 身体がすぐに熱くなってくると、有紀は勝手に身体が動き出してくねくねと腰が震え始めた。
 もうとても駄目と思ったとき男の顔が今度は有紀の花園に近づくと、舌先でなぞるようにべっとりと嘗め上げてきた。
 我慢しきれなくて思わず有紀の喉の奥から吐き出すような叫び声がでるともう止まらない。
 何度も身体を仰け反らせながら、大きな声で喘ぎ続けると目眩がしてきちゃう。
 急にギューンという大きな音が聞こえたので有紀が思わず音のする方をみると、馬鹿でかい機械を男が持ってる。
 先端が赤ん坊の頭くらいもある大きさで、激しい勢いでピストンみたいに前後に動いてる。
 裏ビデオの撮影用に使う特別製の特大バイブらしい。
 こんな化け物みたいなバイブを入れられたら大変。
 彩香ちゃんも顔が引きつって「止めてー」と大声で叫んだ。
「誰かー、助けてー」と彩香ちゃんが大声で叫び続けたけど誰も助けになんか来てくれない。

22.監禁調教<< ページトップ >>24.真っ赤なTバック

チアガールアダルトビデオ

名門●●大学チアリーディング部在籍! 競技歴4年! 全国大会第8位! 美少女すぎる現役アスリート女子大生が超開脚セックスでAVデビュー! 三井ゆり(仮)19歳 kawaii [DVD]
チア少女をねぶり尽くす 梨乃 ラマコス/妄想族 [DVD]
現役チア部員の長身女子大生! 美人でドスケベ! 体育会系軟体ボディをいろんな体位で突かれ、絶頂チ●ポ穴化と化す! 内村りな SHRK-025 [DVD]
人気プロ球団専属チアリーダーkawaii*デビュー! YUNA kawaii [DVD]
羞恥!県大会優勝の現役テニス少女がデビューから衝撃の露出FUCK!
高校野球を熱心に応援する球場で一番可愛いチアリーダーのエッチなSEXをお見せします
裏ブロンド生ハメ 金髪チアリーダー犯す黒チン…青春よ、散れ!