彩香スペシャル〜恋の必殺技

by七度柚希

目次

    第一話

    1.高校一年生

    2.英会話部には負けられない

    3.援助交際の取材

    4.ブルマー盗まれる

    5.盗まれたアンダースコート

    6.スクープ

    7.もう止められない

    8.チアリーダーのオーディション

    9.早朝の通学で痴漢

    10.決勝戦に勝って甲子園出場

    11.三度目の如来棒

    12.彩香スペシャルは恋の必殺技

    第二話

    13.先生はノーパン

    14.ブラジャーはCカップ

    15.痴漢盗撮

    16.ラブシーン

    17.セクハラ面接

    18.出会い系喫茶

    19.ハプニングバー

    20.観覧車

    21.合宿

    22.監禁調教

    23.AV撮影

    24.真っ赤なTバック

4.ブルマー盗まれる

あらすじ
 インターネットで一年生の智恵ちゃんブルマーが売りに出てたけど犯人は智恵ちゃんのお兄ちゃんの信夫君。それでブルマーを売れば最新式のデジカメが買えるはずと彩香ちゃんが思いついたけど上手くいくはずない。

 今回の新聞では決着がつかづに次回の新聞で勝負することになったので、彩香ちゃんはまた元気を取り戻して次は何の記事を書こうかとまたみんなで相談することにした。
 彩香ちゃんの意見では「私達も望遠の電子カメラを使わないとだめなのよ。望遠なら、遠くからでも盗み撮りができるから、だから英会話部に負けるのよ」ということで、有紀もそれはもっともだと思った。
 どうやって望遠のついた電子カメラを手に入れたらいいのかあれこれ考えた末、新品ではとても買えないのでネットオークションで安いのを探してみようと相談がまとまった。
 学校のパソコン室でパソコンの得意な江実矢君が検索を書けていると、検索の一番上に女子高生ブルマー売りますのメッセージが突然出てきた。
 学校名もちゃんと書いてあって立志館学園と間違いなく内の高校だった。
 なんで内の学校のブルマーが売りにでてるんだろうと思って掲載されているブルマーの写真を見てみると名前が入っていて「中島智恵」と書いてあった。
 たしかに一年には中島智恵という女の子はいるけれど、いったいどうしてその子のブルマーが売りにでているんだろうと彩香ちゃんは不思議そうな顔をしていた。
 これはなんとか記事になるかもしれない、電子カメラどころの話しではないと有紀にはピント来た。

 ともかく取材にいってみようと彩香ちゃんが言うので図書館から出て一年C組に行ってみると、もうすでに先回りして希美ちゃんが智恵ちゃんとなにやらひそひそ話しをしていた。
 二人で智恵ちゃんに声をかけてみると「ブルマーが盗まれたんです、それで先輩が話しを聞きに来たんです」と事情を話してくれた。
 一通り取材をすませて図書館に帰るともう壁新聞が張ってあり、ブルマーが盗まれてその犯人は学内の男の子らしいと記事が書いてあった。
 一緒に犯人と見られる男の後ろ姿が張り出してあり、音楽の時間にこっそり教室に男の子が忍び込んだと書いてあった。
 小柄で華奢な体つきは、髪がすこし長めでうす茶色だった。
 誰が見ても江実矢君にしか見えなかった。
 さっき取材に智恵ちゃんの所にいったとき写真を撮られたのに違いなかった。
「このままだったら江実矢君がまたブルマー盗んだ犯人にされちゃうわ、かわいそうよそんなの」と彩香ちゃんが怒り狂った口調で言った。
「ともかく犯人を見つけるのよ、真犯人を私達で捕まえてやるの」と彩香ちゃんが言うのであれこれ相談した結果、インターネットのオークションに出ていたブルマーを買って売り主を突き止めるのが一番ということになった。
 電子メールで何度かやりとりをして渋谷のロッテリアで待ち合わせをすることになった。

 約束の時間より少し早めに行って二人は不安な気持ちで相手が来るのを待った。
 学校でブルマーが盗まれたらきっと盗んだのは生徒に違いない、でももしかして誰かが学校に忍び込んで盗んだのならどんな男の人かはまったく見当がつかない。
 もし学校に忍び込むのが常習の痴漢にでも出会ったらいったいどんな話しになるのか、怖くてとても想像もできない。
 しかしその位の覚悟はできていなければ記事は書けないというのが彩香ちゃんの意見で、有紀もそれももっともだと思った。
 約束の時間が迫ると二人は不安な気持ちでいらいらしながら当たりをきょろきょろ見回してはシェーキのストローを口に当てた。
 約束の時間が来ても誰も二人に声を掛けてくる様子はなかった。
 やっぱり相手も用心して約束をすっぽかしたのかしらと思っていると、両手でトレーを持ってストロベリーのシェーキを載せた男の子が急に二人の前の席で立ち止まった。
 男の子は二人に軽く会釈をすると「どうも遅くなって」と声を掛けてきた。
 ほかに声を掛けてくる男の子が居るわけでもないので、ブルマーを盗んだのはこの男の子に間違いないと有紀は思った。
 彩香ちゃんもこの男の子が犯人に間違いないと確信したようで、有紀に目で合図をした。

 男の子はまだ高校生くらいで制服は大浜学院だったがどうもどっかで見たような気がした。
 よくよく顔を見ると、智恵ちゃんのお兄さんの信夫君だった。
 信夫君はまだ二人とは初対面だと思っていたようで「さっそくですが、ブルマーの件で」と話しを切り出した。
 彩香ちゃんが「ちょっとあんたなんで智恵ちゃんのブルマーなんか売ってるわけ」と言い返すと信夫君はすぐに女の子がブルマー買うわけがないと気が付いたようだった。
 信夫君は二人の顔を何度も確かめて、以前会ったことのある顔だと分かると急に顔が青ざめた。
 彩香ちゃんが強気で「なんでブルマー売ってるのよ、どうゆうことなの」問いつめると信夫君はすぐに白状した。
 信夫君はいま大浜学院の生徒会で会計をしているという。
 前から欲しかったセーラームーンのDVDをネットオークションで買ったので、お金がなくなったというのだ。
 足りないお金は生徒会の会費の通帳からおろしたので、お金を戻しておかないといけないらしい。
「セーラームーンのコンプリートセットですよ、コンプリート、もう絶対手に入りませんからね」と信夫君はオタクの本領を発揮して力説した。
 これではとても新聞の記事にはできないので、彩香ちゃんもすっかり困った様子だった。
 信夫君もこのままでは拙いことになると気が付いたのか「妹には内緒にしてくださいよ、なんとかお願いします」と言うので、ついでにいろいろ詳しい事情を聞くことにした。

 彩香ちゃんが問いただすと信夫君は「ブルマーとかセーラー服の販売専門の裏サイトがあって、そこに書き込みをするとメールが来て待ち合わせをしてお金と引き替えにブルマーを渡すんですね。これが結構いい金になる」と得意になって話しを始めた。
 なかにはブルマーを盗んで売ってる人もいるようだけど、女子高生が自分のブルマーを売ったりすることもあるという。
「待ち合わせをしたりすると、ブルマーを売る以外にも、あれやこれやと他にお金をもらうらしいんだけど」と信夫君がいろいろ話してくれた。
 彩香ちゃんが「ブルマーを売った後、あれやこれやとはどうゆうことなの、言いなさいよ」と問いつめたが、信夫君は「僕はブルマー売る方だから、買う方の男のことはよくわからない」とはっきりしない返事だった。
「じゃこれで」と言って信夫君が席を立とうとすると、彩香ちゃんはこのまま帰す訳にはいかないと「ちょっとあんたブルマーはどうすんのよ、盗んだブルマーはどうすんの」と詰め寄った。
 信夫君が「ブルマーはこっそり妹に返しておくから、今回だけはなんとか見逃してください、なんとかお願いします」と言うので「今日の所はひとまず帰っていいけど、ブルマーちゃんと返しておいてね」と彩香ちゃんが念を押してからみんなでロッテリアを出た。

 翌日の午後に英会話部の新聞がまた張り出されていた。
「ブルマー見つかる」という見出しで、見つかったブルマーの写真もあった。
「英会話クラブのニュースを見て、犯人が自分でブルマーをこっそり返しました。またもや英会話クラブのお手柄」と勝手な記事が書いてあった。
 今回もまた「こっそりブルマーを返しにきた犯人の後ろ姿」と称する写真が貼り付けてあり、またもや江実矢君の後ろ姿だった。
「どう、これで壁新聞対決は英会話部の勝ちね」と希美ちゃんの声がした。
 彩香ちゃんはすっかり頭に来て「なに言ってんのよ、全部でっち上げの嘘の記事じゃないの。なによ、こんな写真」と言って壁新聞の写真を剥がしてビリビリと破り捨てた。
「なにひがんでるのよ、写真の一枚もとれないくせしてそれでよく新聞なんか作れるわね」と言うと希美ちゃんは彩香ちゃんの髪を掴んで引っ張ろうとした。
 彩香ちゃんが悲鳴を上げると、奧から司書の先生がでてきて「二人とも何をしてるの、やめなさい」とすごい剣幕で怒鳴りつけられた。
「望遠のデジカメを手に入れるしかないわ、そうすればあんな希美ちゃんになんか馬鹿にされない」そう彩香ちゃんは言い出したがオークションでも良さそうなデジカメは高くてとても買える値段ではなかった。
 彩香ちゃんは急に思い切った口調で「ブルマー売りますの書き込みをインターネットにしてみましょう」
「そうすればお金にもなるし、記事にもなるでしょう」
「これなら絶対すごい記事になるわ、絶対よ」と言い出した。

 彩香ちゃんは一度言いだしたらもう誰にも止められない。
 さっそく江実矢君がブルマー売りますの書き込みを信夫君が教えてくれた掲示板に書き込んだ。
 信夫君から前話しを聞いたときには値段は高く付けたほうがいいと言っていたのでブルマーを一枚五万という値段を付け見た。
 ブルマー一枚にこんな値段で買う人がいるのかしらと思ったがともかくやってみることにした。
 しばらくして電子メールが来たので携帯の番号を教えてあとは携帯のメールでやりとりをした。
 どこかで待ち合わせをしてブルマーを渡すということになり、この間信夫くんと会ったロッテリアで会うことになった。
 学校の帰りに二人でまた渋谷のロッテリアに行くと、不安な気持ちで相手の男を待った。
 いったい女子高生のブルマーを買うなんてどんな男なんだろう。
 中学生や高校生が買うわけもないし、だとすると四十代くらいの男の人なんだろうか。
 そんな歳の中年の男が女子高生のブルマーを買うというのは想像しただけでも寒気がしたが、他に考えようがなかった。
 約束の時間が近づくと二人は交わす言葉もすくなくなり、黙り込んだまま店のレジの方に視線を向けた。

 有紀はレジでコーヒーを買って、店の中を誰か探してきょろきょろと見回す男を見つけた。
 真っ黒なサングラスを掛けてマスクをしていかにも怪しげな雰囲気だった。
 どうやらブルマーを買ってくれるのはこの男らしいと彩香ちゃんも気づいたようだった。
 背が低い割には太っていて、頭は半分禿げ上がり、お腹も突き出た格好はどう見ても中年の変態男だった。
 二人はさっさとお金をもらってすぐに帰りたい気持ちで一杯だった。
 男は二人を見つけると「やあ、遅くなって」とマスクの下から呟くように言うとう二人の座った席の向かいにコーヒーの紙コップを置いて座った。
 彩香ちゃんはどう話しを切り出していいのか分からずに少し困った様子だったが思い切って「先にお金下さい」と大胆にもいきなり話しを始めた。
 男が「ここではゆっくり話しができないから、空いてる席に行こう」と言うのでロッテリアの三階に狭い階段を上がった。
「こっちだから」と言われて窓際に行くと、ちょうど窓の外は歩道橋でその横には歩道橋にでる出口があった。
 男が先に歩道橋に出てこっちを振り返ったので、二人は慌てて後から付いていった。歩道橋は大きな交差点の上を渡って反対側にある大きなビルの入り口まで続いていた。すぐ横に下に降りる階段があったが、男はビルの中に入った。

 正面にエレベータがあり一番上の階に上がると、目の前は休憩室になっていて大きな吹き抜けの階段の下はゲームセンターだった。
 エレベータの脇には貸しロッカーが並んでいて、男はそこから小さな鞄をだした。
 鞄から財布をだして小銭で自動販売機でファイブミニを買うと二人に渡した。
 彩香ちゃんが「五万下さい、そうしたらブルマー差し上げます」とまた言ってみると男は「じゃあ、ブルマー見せてもらおうか」と言いながらファイブミニを自分で一本飲み干した。
 彩香ちゃんが用意してきたブルマー男に渡すと男はいきなりブルマーをマスクーした鼻先に押しつけた。
 思ってもみない出来ごとに彩香ちゃんはびっくりして男の様子を見つめた。
 男の人がブルマーを買うのは、匂いが嗅ぎたいからなんだ、女の子の体に匂いがきっとたまらないんだと分かって有紀は身震いがしてきた。
「おいなんだこのブルマー、洗濯してあるじゃないか」
「洗濯済みのブルマーに一枚五万も払えるわけ無いだろう、冗談じゃない」
「匂いの染みついたブルマーだから高い金で買うんだ、こんなブルマー五万なんて値段で買う奴はいるわけないだろう」と怖い顔で男が怒鳴りつけてきた。
 彩香ちゃんはまさかこんな事になるとは思っていない様子で困り果てた顔をしていた。
「私達どうしてもお金が欲しいんです、五万円なんとかなりませんか」と恐る恐る彩香ちゃんが男に聞いてみた。
「五万欲しければ、それだけの事はしてもらわないとな、なにするかくらい分かってるんだろう」と男に言われて二人は返す言葉がなかった。

 しかしいくらお金のためとは言え援助交際なんかとても出来るわけはない。
 これはあきらめて帰るしかないと有紀が思ったとき、彩香ちゃんが「だったら面白い写真があるんですけど、よかったら買って下さい」と言って鞄からなにか小さい写真をだした。
 男が手にとってみると「なかなか面白いじゃないか、他にもあるんなら買ってやってもいいぜ」と言いだした。
 彩香ちゃんが他にも数枚写真を取りだすとテーブルに置いた。
 この間のカラオケで野球部の男の子達と一緒だった時の写真だった。
 こんな写真渡しても大丈夫なのかしらと有紀は思ったが彩香ちゃんは平気な顔だった。
 彩香ちゃんはお金になりさえすれば何でもいいと思っているようでデジカメを買うためには仕方ないということらしかった。
 男は写真をしまいながら「これだけじゃあ、五万は払えないな、あともう一つ売って欲しい物があるんだけど、それを渡してくれれば五万払ってやってもいいんだぜ」とゆっくりとした口調で言いった。
 やっぱり簡単には五万円もの大金は手に入らないのだと分かったが、援助交際だけはするつもりはなかった。
「売って欲しいってなにが欲しいんですか」と彩香ちゃんが心配そうな口調で聞くと「いま履いてるパンティーだよ、それを今すぐ脱いで渡せば五万で買ってやる、ブルマーと写真と全部いっしょで五万だどうだこれで」
「いやならいいんだぜ、いやならもうこの話は無かったことにしよう」そう言うと男は写真を彩香ちゃんに押し返してすぐに席を立とうと半分立ち上がった。

 彩香ちゃんは慌てて「待って下さい、パンティー脱ぎますから」と男にすがりつくように頼んだがそれが最初から男のやり口だったのだ。
「トイレで脱いできていいですか」と彩香ちゃんが蚊の鳴くような声で言うと「ああ、いいよ、今すぐ脱いでくるんだ、トイレはそこの奧だぜ」と男が顎でエレベーターの奧のトイレを合図した。
「有紀ちゃんも一緒に来てよね、二人で五万なんだから」と彩香ちゃんに言われて有紀はしかたなく席を立った。
 二人でトイレから出ると、これで五万円もらえるんだと思って有紀は必死で我慢してさっきの休憩室に戻った。
 男に今脱いできたばかりのパンティーを渡すと男は「じゃあ金を渡すから、来てもらおうか、金はこの下に行かないとないから」と言って席を立った。
 男が自動販売機の横を通って正面に歩き出すと、彩香ちゃんは慌てて後を追った。
 有紀もすぐあとから足早に追いつこうと歩き始めた。
 男が吹き抜けの正面まで来るとこちらを振り返った。
「ここを降りてもらおうか、俺の後から付いて来るんだ」そう男に言われて、二人はどうしてパンティーを脱がされたのか判った。
 目の前のには急な螺旋階段が一階まで降りていて、下から見上げるとスカートの下が丸見えだ。
 一階にはゲームセンターの客が大勢、あちこちを歩き回っているのが見えた。

「さあ来てもらおうか」と男がゆっくりと螺旋階段を降り始めると、彩香ちゃんがどうしていいのか判らないといった顔つきで有紀の方を見た。
 いまさら断ることもできないし、まだお金ももらってないので帰れないという有紀の気持ちをすぐに彩香ちゃんは感じ取った。
 もうするしかないと彩香ちゃんは諦めきった顔で、男の後から階段を降り始めた。
 しかし一歩階段に足を踏み入れた途端に彩香ちゃんの足が膝から震え出すのが有紀にも見えた。
「おい、お前もだ」と男が下に階段を降りながら有紀に声を掛けてきた。
 降りなければ階段を早く降りなければという思いが有紀の頭に浮かんで、有紀は足を一歩踏み出して下に降りた。
 下から男が見上げている視線が有紀のスカートの中まで届いてくるのがすぐ分かった。
 一歩づつ階段を降りるたびに、膝が小刻みに震えて止まらなかった。
 気が付くと彩香ちゃんは二階のフロアに男に導かれて進んでいた。
 有紀は彩香ちゃんの居る二階まで行けばいいんだと気が付いてやっとあと少しだとやっと気持ちが楽になった。
 階段からフロアに足を入れた途端、有紀は急に身体の力が抜けて座り込みそうになった。
 二階はよくよく見ると漫画喫茶になっていて、奧に小部屋が幾つか並んでいた。
 男はカウンターで部屋の鍵をもらうと、ずんずんと先に進んで部屋のドアを開けた。
 小さな部屋の正面にはテーブルの上にパソコンが置いてありその前には椅子が一つ置いてあった。
 細長い部屋に入ると狭い部屋は三人ですぐ一杯になった。彩香ちゃんはもう足がガタガタで立って居られなくて、すぐに床に座り込んでしまった。
 有紀もすぐに彩香ちゃんの横で座り込んで、やっとのことで息を吐き出した。

 パソコンの前に座った男が手にした鞄からなにかを出すのが見えた。
 これでやっとお金をもらったら帰してもらえるんだと有紀が思ったが、男はパソコンをなにやら操作しているだけでお金を渡す様子には見えなかった。
 どうやら鞄からだした小さな箱を、パソコンにケーブルで繋いでいるらしかった。
 パソコンを操作すると、突然画面にスカートの下から隠し撮りしたビデオが画面一杯に映った。
「なんなんですかこれ」と突然彩香ちゃんが突然大声で叫んだ。
 それを聞いて有紀も今映っているビデオが、たった今二人が階段を降りてきた場面だと気が付いた。
「今歩いてきた階段を下からビデオで撮ってあるんだ、これをインターネットに今から載せるんだ」と男が言いだした。
 騙されたんだ、最初から隠し撮りをするためにパンティーを脱がされたんだと有紀にも事情が分かってきた。
 そんなことをされたら大変だ。
 だけどもうどうにもならない。
「だめ、お願いなんでもしますから許して」と彩香ちゃんが泣き出しながら言った。
 なんでもしますなんて、そんなこと言ったら大変なことになるのに、何をさせられるのかわからないのにと有紀は体が震えてきた。

「おい何でもするんなら、何をするか自分で考えろ」と男が言うと彩香ちゃんすぐには返事ができなかった。
 しかしこのままでは大変だと思い詰めた様子で、彩香ちゃんは「口でやらせて下さい、二人でしますから許して下さい、得意なんです私」ととっさに言い放った。
 そんなことを言えば男の思う壺だと有紀は思ったがほかにどうしようも無かった。

 すると男は「じゃあ、まず上から触ってもらおうか」ともったいぶった口調で二人に命じた。
 男が腰を突き出すと、茶色と紺の混じった生地のズボンがすぐ二人の目の前に差し出された。
 ろくに洗濯もしていない古くさいズボンは顔を近づけただけで男の匂いが鼻をついた。
 男がズボンを膝まで降ろすと、男はトランクスを一緒に膝まで下げた。
 有紀は目の前に現れた異様な形に思わず息を飲んで、彩香ちゃんと顔を見合わせた。
 色がどす黒く紫色に近くて、その先端に小さな玉のような出っ張りが丸く輪になって取り囲んでいた。
「俺の珍宝はな、真珠を入れてあるんだ」
「全部で六個ある、女性の体は観音様だが、真珠の入った珍宝は如来様なんだぜ」
「『如来様は、三度まで』と言ってな、真珠を入れたやつでやられると三度目にはもう止められなくるんだ」と男は得意そうに言った。
 彩香ちゃんはいったいどうしたらいいのか判らない顔で、有紀の方を見つめ返したがいまさらどうなる訳もなかった。
「じゃあ、やってもらおうかな、得意なんだろう」と男に言われてもう断れるわけがない。
 彩香ちゃんは諦めて覚悟を決めたようで、舌先を左右に震わせながらすっぼりと口に含んだ。

 男はズボンを直しながら「今のは全部インターネットで生中継されてたんだぜ」と急に口調を変えて二人にいった。
 二人はすぐには男が何を言っているのか理解できてなかった。
「もう一度見せてやろうか」と、男がパソコンを操作するとたった今すんだばかりの場面がインターネットの動画でパソコンの画面一杯に映った。
「ほら、ここにテレビカメラがついるんだぜ」とパソコンの画面の上にある、小さな点くらいの穴を指さした。
 またまんまと罠にはまったんだと二人は気が付いたがもうどうにも成らない。
「今度はなにをすればいいんですか」と彩香ちゃんが泣き顔でお願いした。
「自分で考えろ、なにをされたいのか自分で言うんだ」と男に言われて二人はどうしていいのか判らなくなった。
 男が望むこ事と言えばこの先やることは決まっている。それを自分から言い出すしかないと判って彩香ちゃんは「ここじゃいやです。どこか他に連れてって下さい」と小さい声で言った。
「どこかってどこなんだちゃんと言え」とまた厳しい口調で男に言われて「ラブホテルに連れてって下さいお願いします」とやっとのことで彩香ちゃんが言った。
 男は満足そうな顔つきで身支度を直すと、パソコンを止めて部屋のドアを開けた。二人はなんとか立ち上がったが足が震えてとてもまともに立ってもいられかった。

 男が先に部屋をでると、すぐ二人は後から震える足で付いて行った。
 部屋をでるとすぐ奧に非常階段があり、その先は隣の建物と裏で繋がっていた。非常口から中に入るとそこはラブホテルの受付の裏手だった。
 最初からこのラブホテルに連れ込むつもりで、漫画喫茶に案内したのは男の策略だったのだ。
 好きな部屋を選べと言われて、写真の入った案内板を見せられて二人はびっくりした。
 ベッドに鉄格子がはまった部屋の写真が大きく正面に張り出してあったのだ。
 どの部屋を見ても、変な仕掛けが置いてあり選んだら何をされるか分からない。しかし一番端の部屋の写真を見ると、部屋にはなにもなく煉瓦の壁で囲まれているだけだった。
「この部屋にして下さい」そう彩香ちゃんが言うと、有紀はこれでおかしな目には遭わずに済むと思った。
 男の顔はマスクで表情が見えなかったが、きっとがっかりしているに違いないと二人は思った。
 部屋に入ると、回りの壁には何もなく少し広めの部屋には隅に冷蔵庫が置いてあるだけだった。
 二人は覚悟を決めて「じゃあ、お願いしますね」と言って床に座り込んだ。

 冷たい床に尻を付いて上を見上げると有紀は大変なものを天井に見つけた。
 大きなフックがいくつも天井に取り付けてあり、そのフックには鎖が幾重にも絡まっていた。
 さっきの写真では天井が映っていなかっただけで、仕掛けは天井にあったのだ。
 男が壁にある戸棚を開けると奧にはスイッチがいくつも並んで居るのが見えた。
 手早くスイッチを動かすと、二人の回りに鎖が一斉に降りてきた。このままでは大変な事になると有紀は心の底から寒気がして体が震えてきた。
 二人の体は鎖で手足を吊されて宙に浮くまで持ち上げられた。
 男は壁の戸棚から鞭を取りだして、ピシッと音を立てて打ち下ろしてきた。
 体中が痛みに襲われて気が遠くなる程の時間が過ぎたと思ったとき、やっと男は鞭を置いた。
 男は満足げに壁際のスイッチを操作すると鎖がじゃらじゃらと音を立ててゆっくりと二人を床に降ろした。
 体が床につくと急に体中の力が抜けて、二人は床に寝ころんだまま起きあがる力も出なかった。
 休む間もなく如来棒が二人責め立てると、二人の体は歓喜に打ち震えた。

「おい、いつまでぐづぐづしてるんだ」と男に言われて彩香ちゃんはやっとの事で体を起こすと、服装を確かめて身支度を始めた。
 男が部屋を出ようとしたとき彩香ちゃんは男を引き留めると「あの、まだお金もらってません、五万円下さい」とすがりついた。
 今更お金なんかくれるはずはないのにと有紀は思ったが、彩香ちゃんはデジカメを買うのにどうしてもお金がいると必死だった。
 男は「ブルマー一枚で五万じゃ高すぎる、他になんかないか」とまた図々しいことを言いだした。
 二人の体を奪っておきながら、それでもまだブルマーを一枚が五万だと言い続ける男も随分だと思った。
 すると彩香ちゃんは「ブルマーをもう一枚差し上げます、一枚五万円のブルマーですよ」と思いつきで馬鹿な事を言い出した。
 もう本当に頭が空っぽになっているようで、自分で言ってる事の馬鹿馬鹿しさにも気が付いていないようだった。
 これはなんとかしないと思い有紀は「ブルマーよりも、スクール水着がいいんじゃないですか、一枚五万を二枚でどうですか」ととっさに言ってみた。
 男の表情がかすかに変わるのを見て、これはなんとかなりそうだと有紀は思った。

 すると今度は彩香ちゃんが「そうだアンダースコートなんかいいんじゃないですか、もう大人気ですよアンダースコートは」
「女の子の汗の匂いの染みついたアンダースコートはもう大人気商品なんです」と言うと、男はさらに顔つきがほころんで今度は随分と乗り気な様子だった。
 これだったらあと一押しだと思い有紀は「現役の女子高生のテニス部の女の子のアンダースコートですよ、もうこれを見逃したら絶対手に入りませんよ」と彩香ちゃんに調子を合わせて言ってみた。
 男はどうにもその手の品には弱味があるようで「そうだな、じゃあアンダースコートにしてもらおうか」と随分と控えめな態度で答えた。
「お金は今すぐ下さい、今すぐ五万円です」と彩香ちゃんは今度は強気で男に迫った。
 しかし男は「金はアンダースコートを確かめてからだ」と言ってお金を渡してはくれなかった。
 男は少し間をおいてから「おい、明日までにアンダースコートを持ってこなければ、またお仕置きだからな」と脅すような低い声で言った。
 彩香ちゃんはその声を聞いて急におびえた目つきになった。
 明日までにアンダースコートをなんとかするしかないと有紀は彩香ちゃんと目を合わせて頷いた。


3.援助交際の取材<< ページトップ >>5.盗まれたアンダースコート

チアガールアダルトビデオ

名門●●大学チアリーディング部在籍! 競技歴4年! 全国大会第8位! 美少女すぎる現役アスリート女子大生が超開脚セックスでAVデビュー! 三井ゆり(仮)19歳 kawaii [DVD]
チア少女をねぶり尽くす 梨乃 ラマコス/妄想族 [DVD]
現役チア部員の長身女子大生! 美人でドスケベ! 体育会系軟体ボディをいろんな体位で突かれ、絶頂チ●ポ穴化と化す! 内村りな SHRK-025 [DVD]
人気プロ球団専属チアリーダーkawaii*デビュー! YUNA kawaii [DVD]
羞恥!県大会優勝の現役テニス少女がデビューから衝撃の露出FUCK!
高校野球を熱心に応援する球場で一番可愛いチアリーダーのエッチなSEXをお見せします
裏ブロンド生ハメ 金髪チアリーダー犯す黒チン…青春よ、散れ!