彩香スペシャル〜恋の必殺技

by七度柚希

目次

    第一話

    1.高校一年生

    2.英会話部には負けられない

    3.援助交際の取材

    4.ブルマー盗まれる

    5.盗まれたアンダースコート

    6.スクープ

    7.もう止められない

    8.チアリーダーのオーディション

    9.早朝の通学で痴漢

    10.決勝戦に勝って甲子園出場

    11.三度目の如来棒

    12.彩香スペシャルは恋の必殺技

    第二話

    13.先生はノーパン

    14.ブラジャーはCカップ

    15.痴漢盗撮

    16.ラブシーン

    17.セクハラ面接

    18.出会い系喫茶

    19.ハプニングバー

    20.観覧車

    21.合宿

    22.監禁調教

    23.AV撮影

    24.真っ赤なTバック

5.盗まれたアンダースコート

あらすじ
 テニス部の部室にアンダースコートを盗みに入ったら、ラグビー部の男の子達に見つかった。野球部が甲子園でられないように壁新聞に記事を書くと約束して見逃してもらった。

 翌日授業の後、彩香ちゃんと有紀はこっそり体育館の裏で相談した。
 二人ともテニスウェアなど持ってないので、汗の匂いのついたアンダースコートを手に入れるにはテニス部から盗んでくるしか方法はない。
 テニス部の練習は今日の午後四時からで、体育館の隣のテニスコートで男女一緒にする予定になっていた。
 テニス部の女子の部室には今なら誰もいないはずで、アンダースコートが置いてあるかもしれない。盗むに入るのなら今しかないのは絶対間違いない。
 そしてもしアンダースコートを男に渡さなかったら今度はどんな命令が待ち受けているのか分からない。
「やるしかないわ、今しかないのよ」と彩香ちゃんが言うので、二人はひとまず女子の着替え室に入って、ブルマーに着替えることにした。
 ブルマー姿なら、テニス部の女の子が練習の途中でなにか取りに部室に戻ったと思われるだろうし、アンダースコートを持っていても怪しまれる事はないというのが彩香ちゃんの意見だった。
 昨日男にいつも着ているブルマー渡したので、二人は買ったばかりの新しいブルマーに足を通した。
 有紀はまだ体が大人になりきれなくてまだ細い足だが、彩香ちゃんはもうすっかり大人の体で太い腿の肉がブルマーからはみ出していた。
 上に着るシャツは白地に襟と袖に赤い縁取りがある学校指定のシャツで胸には大きくクラスと名前が書いてある。
 彩香ちゃんは大きな胸がシャツの下から盛り上がって、女の子が見てもすごい迫力だった。
 長い髪をゴムで留めて、靴も運動靴に履き替えて二人は着替えを済ませた。

 体育館で練習をしているバレー部に見つからないように体育館の裏を通ってテニス部の部室のドアの所までこっそり誰にも見つからずに来れた。
 ドアに鍵がかかっていたらどうしようと心配したが、ドア半分開いたままだった。
 こっそりドアを開けて中の様子を確かめると誰もいない。
 今しかない、そう思って有紀はすばやくテニス部の部室に入ると、彩香ちゃんもすぐ後から回りの様子を確かめたあと部室に入ってドアを閉めた。
 練習が終わってテニス部の女の子達が戻るまでにはかなり時間がある。しかし気分が悪くなったりしていつ誰かが戻って来るか分からない。
 二人はすばやく部室を見回してみたが、ちょうどいい具合に部室の奧に洗濯の紐が張られていてアンダースコートが2枚干してあった。
 これはちょどいいと有紀はすぐにその二枚のアンダースコートを取ろうとして洗濯ハサミを掴んだ。
 その時彩香ちゃんが「ねえ、有紀ちゃんそのアンダースコート洗濯してあるんじゃないの」と言いだした。
 確かに干してあるということは洗濯してあるから干してあるに違いないと有紀はアンダースコートを手にとって鼻先を近づけて匂いを嗅いでみた。
 石鹸の匂いは確かに洗濯したばかりのアンダースコートに違いなさそうだった。
「洗濯してあるアンダースコート持っていったりしたらまたお仕置きされちゃうわよ」
「女子高生の匂いが染みこんだアンダースコートでないと買ってもらえないんだから」と彩香ちゃんが言うので二人はひとまず干してあるアンダースコートは諦めることにした。
 こうなればありそうな所を順に調べていくしかない。なんとかして探し出さなければ今度こそ大変な目に遭わされる。
 しかしロッカーを一通り開けては調べてみるたが、どうにも汗の染みこんだアンダースコートは見つからなかった。

 それでもなんとかしなくしちゃと思ってあちこち探し回っていると引き出しの奧に隠してある汚れたアンダースコートを見つけた。
 持っていくにはこれしかない。
 アンダースコートを持って部室を出ようとしてドアを開けると、ちょうど目の前に男の子達がドアの向こうに待ち構えているのが見えた。
 そろいのジャージーを着た男の子達はラグビー部の男子だった。
 まだ練習の途中らしく、ラグビー用の短パンにラガーシャツ姿で体中泥だらけになったまま汗の匂いが立ちこめていた
 あわてて彩香ちゃんがドアを閉めようとしたが、男の子達はドアを押しのけてすぐ部室に入ってきた。
「おい、お前らなにやってんだ、そのアンダースコートはなんなんだ」と先頭に立ったラグビー部の部長が怒鳴りつけてきた。
 有紀の手にはさっきのアンダースコートが握られたままだった。
 彩香ちゃんはとっさになんとか言い訳をしようとしたが「あの、それは」と途中まで言って言葉が続かなかった。
「お前らだな、女子のアンダースコート盗んでる犯人は」
「テニス部の女の子から頼まれたんだ、最近アンダースコートがよくなくなるって」そう言われて彩香ちゃんは訳も分からずに「取材なんです、新聞部の取材なんです」ととっさに言い訳をした。
「お前ら自分達でアンダースコート盗んでそれを記事にするのか」そう言い返えされて彩香ちゃんは返事に困って「お願いなんでもしますから見逃して下さい」と泣き出しそうになりながら叫んだ。
「見逃せる分けないだろう」と男の子が怖い顔で言い返してくると彩香ちゃんは「口でやりますから許して下さい」と必死で言った。
 それを聞いて男の子達は急に態度が変わってお互いに顔を見合わせた。
 先頭に立った部長がゆっくりとした口調で「そうだな、許してやってもいいぜ」と言うので彩香ちゃんはさっそく部長の前に膝を付いて唇を部長の股間に寄せた。
 男なんか簡単よと有紀が思って、ふと口元に笑いが浮かんだ。
 それを見た部長は急に「おい、こいつらやっちまえ、この生意気な女、調子にのりやがって」
「こんなことででごまかせると思ってるのか」と大声で怒鳴りつけてきた。
 すぐにラグビー部の男の子達は二人を床に押し倒すと、手足をしっかりと押さえつけてきた。
 二人を襲う嵐が終わったとき、二人の体は床に倒れ込んだまま動けなかった。

 しばらくして「おいお前ら、新聞に載せるニュースが欲しいんだろう」とラグビー部の部長が言いだした。
「ちょうどいいニュースがあるんだぜ、ほら野球部なんだ、内の高校の」
「去年、コンピュータセンターが出来てから、グランドが狭くなって、野球部が週四日練習の割り当てになって、他のクラブは残りの時間をみんなで分けて使ってるんだ」
「今年野球部が甲子園に行けたら、来年からは毎日野球部がグランドを使わせるって校長が約束したんだ」
「そしたら俺たちラグビー部もサッカー部も、グランドを使える日なんかなくなっちまうだろう」
「去年来た新しい野球部の監督は、今年必ず甲子園に出場させると言って、自分の家を合宿所にしてるんだ」
「それに父兄が差し入れしたメロンを生徒に食わせずに自分で食ってるんだぜ」
「父兄の寄付だって何に使われたのかわかりゃしないんだ」
「だけど、噂ばかりじゃ、野球部を潰せないだろう」
「作り話しでもいいからニュースにして壁新聞にして張り出すんだ、そうすれば出場できなくなる」
「なんでもいいから野球部を甲子園に行けなくしてやるんだ」
「それが出来なければお仕置きしてやるからな、今日やったくらいじゃ済まないからな、分かってるんだろうな」と部長はすっかり調子に乗って言いだした。
 彩香ちゃんは「なんとかするから、今日のことは内緒にしてね、私達の事は内緒にしていてね」と答えるしかなかった。

 体育館で着替えてから鞄にアンダースコートを入れて渋谷の待ち合わせのロッテリアに行くと、男がマスクを付けてまた現れた。
 彩香ちゃんが「これは、内のチアリーダーが野球部の監督に処女を奪われたときのアンダースコートで、インターネットでも大人気なんですよ」と口から出任せを言うとなぜか男は身をすくませて驚いた顔をした。
 有紀はこのままで済むわけはないと、体が震えそうな気持ちで男が次に言い出す言葉を待った。
 きっとなにか言いがかりを付けられてラブホテルに連れ込まれ、またお仕置きをされるに違いないと思って膝が震えるのが止まらなくなった。
 男はアンダースコートを鞄にしまうと「こんな物に五万円も払える分けないだろう、いい加減にしろ」と怖い顔で言いだした。
 やっぱり言いがかりをつけてお仕置きされるに違いないと有紀が思った瞬間「今すぐパンティー脱いできます」と彩香ちゃんが言った。
 今ここでパンティーなんか脱いだらこのままで帰してもらえる訳はない。
 だけどそうかと言って何もなしで帰るのもいやだ。
 彩香ちゃんはすぐに席を立ってトイレに行った。有紀は自分もパンティーを脱がないといけないんだとすぐに気が付いて彩香ちゃんの後からトイレに入った。
 席に戻って、男にパンティーを渡すと「じゃあ、一緒に来てもらおうか」と言いながら男が立ち上がった。
「先にお金下さい」と彩香ちゃんが男を引き留めて、必死で大声だした。
 周りにいた店の客がいっせいに男の方に視線を向けていったい何があったのかと不審そうな目で様子を見た。
 男はさすがに都合が悪いと思ったのか席に座り直すと、財布からお金をだして彩香ちゃんに渡した。
 彩香ちゃんは今度はちゃんとお金をもらえたと得意げな顔だったが、お金をもらっただけですぐ帰れるはずはなかった。

 男に促されて二人は席を立つと、階段を上がって上に階に上がった。
 歩道橋に通じる出口から外にでると、風が吹き上げてスカートがめくれそうになった。
 すこし歩くと歩道橋の先はゲームセンターに通じていた。
 きっとまたゲームセンターに行って階段を降りろと命じられるものと思って、二人は歩きながら膝が震えてきた。
 少しあるいてゲームセンターの前に来た。
 またこの間のと同じに様に下から丸見えの階段を歩かせられるのに間違いない。
 有紀はもう立っていられないほど膝が震えて止まらなかった。
 だが男はそのまま通り過ぎて大通りの方に向かった。
 あれっと思って有紀は彩香ちゃんの方を見た。
 彩香ちゃんも、ゲームセンターの階段を降りるとばかり思っていたのか気が抜けた顔で有紀の方を見返した。
 歩道橋が高速道路の下の大通りの上をまたがる所を二人は不安な気持ちで男に付いていった。
 歩道橋の下には車がたくさん走りすぎていき、風も巻き上げるように吹き上げて二人はスカートの裾を押さえて歩いた。
 男は大通りを過ぎると歩道橋の階段を降りていった。
 歩道橋の下には薄暗い公園があり男は奧の木立の間に二人を連れ込んだ。
 公園の中からは木立の陰になっているが、歩道橋の上から丸見えの場所だった。
 二度目の如来棒、それは有紀には天国からの迎えがくる瞬間だった。
 体が宙に舞い、繰り返し雲の底まで落ちてはまた高く放り上げられる感触が有紀の体を包み込んだ。
 まるで天女になったように宙を舞う体は、もう元には戻れない喜びの虜だった。


4.ブルマー盗まれる<< ページトップ >>6.スクープ

チアガールアダルトビデオ

名門●●大学チアリーディング部在籍! 競技歴4年! 全国大会第8位! 美少女すぎる現役アスリート女子大生が超開脚セックスでAVデビュー! 三井ゆり(仮)19歳 kawaii [DVD]
チア少女をねぶり尽くす 梨乃 ラマコス/妄想族 [DVD]
現役チア部員の長身女子大生! 美人でドスケベ! 体育会系軟体ボディをいろんな体位で突かれ、絶頂チ●ポ穴化と化す! 内村りな SHRK-025 [DVD]
人気プロ球団専属チアリーダーkawaii*デビュー! YUNA kawaii [DVD]
羞恥!県大会優勝の現役テニス少女がデビューから衝撃の露出FUCK!
高校野球を熱心に応援する球場で一番可愛いチアリーダーのエッチなSEXをお見せします
裏ブロンド生ハメ 金髪チアリーダー犯す黒チン…青春よ、散れ!