彩香スペシャル〜恋の必殺技

by七度柚希

目次

    第一話

    1.高校一年生

    2.英会話部には負けられない

    3.援助交際の取材

    4.ブルマー盗まれる

    5.盗まれたアンダースコート

    6.スクープ

    7.もう止められない

    8.チアリーダーのオーディション

    9.早朝の通学で痴漢

    10.決勝戦に勝って甲子園出場

    11.三度目の如来棒

    12.彩香スペシャルは恋の必殺技

    第二話

    13.先生はノーパン

    14.ブラジャーはCカップ

    15.痴漢盗撮

    16.ラブシーン

    17.セクハラ面接

    18.出会い系喫茶

    19.ハプニングバー

    20.観覧車

    21.合宿

    22.監禁調教

    23.AV撮影

    24.真っ赤なTバック

14.ブラジャーはCカップ

あらすじ
 由美子先生がチアリーダー部の顧問になって、今年は大会で優勝すると大張り切り。
バックフリップが出来るのは江実矢君しか居ないのでチアガールをやらされるはめに。江実矢君は由美子先生にブラジャーをしてくるように言われて大困り。

 入学式の次の日から入部希望の新入生が来るのを毎日部室で待っていたけど、誰もくる気配はない。
 壁新聞を見に新入生は集まることは集まるんだけど、新聞部に入部したいと言い出す新入生は居ないみたい。
 一週間ほど待っては見たけど結局入部希望の新入生は一人も来なかった。
 いつまでも待っていてもしょうがない。
 ともかくまた次の壁新聞を作るしかないと言うのが彩香ちゃんの意見。
 何もしないで待ってるよりは、次の壁新聞を作った方がいいに決まってる。
 さっそく新しくクラブに加わった新入生を取材するために各クラブを回ることにした。
 体育館ではバスケット部とバレー部が半分体育館を使って、その横でチアリーディング部が練習をしていた。
 チアリーディング部は、去年までは応援部と一緒だったけど今年からは由美子先生がきたので新しく別の部になったと校長先生からも話しは聞いていた。
 由美子先生は希美女子大の出身で、クラブもチアリーディング部だったと入学式の時も話してた。
 希美女子大と言えば、チアリーディングの名門校でコンテストにも毎年入賞してる。
 その由美子先生がチアリーディング部の顧問になってくれると聞いてチアガールの女の子達も大喜びだ。
 今年は夏のチアリーディング日本選手権に参加するといって由美子先生も大張り切り。
 入学式でも江実矢君がバックフリップの大技を披露したおかげでチアリーダー部は大人気だった。
 身体にぴったりとした真っ赤なチアリーディングの衣装は女の子にとってはあこがれの的だ。
 それに新任の由美子先生は大学を今年卒業したばかりで教室でもミニスカート姿だ。
 お化粧をばっちりしてるので見た目はオトナっぽくて色気があるけどけどまだ女の子らしい可愛らしい雰囲気がたっぷり。
 その由美子先生が指導するとあって、新入生が今年は大勢チアリーダー部に入部した。
 一人一人顔をみると、まだ高校一年生なのに中には身体も大柄で胸の大きい子もいる。
 ジャージから胸が飛び出しそうなほど大きくて目のやり場に困るくらい。
 さっそく新入生の写真を撮ろうと思って練習が終わるのを待ったけど、なかなか終わらない。
 しばらく練習の様子を見ていると、由美子先生が女の子達にバックフリップをやらせようとしてるらしいと分かった。
 バックフリップはこの立志館高校では、江実矢君しかできない大技。
 江実矢君は入学式では、チアリーダーの衣装を着て女の子の格好で演技をしたけど、実際は男の子だからチアリーディング部には入れない。
 だけど由美子先生はまだこの立志館高校に来たばかりで江実矢君の事までは知らないみたい。
 チアガールの女の子達が一斉に江実矢君を指さして「恵美ちゃーん」と声をかけた。
「恵美ちゃん」というのは江実矢君のあだ名だ。
 江実矢君はクラスでは「恵美ちゃん」とあだ名で呼ばれるのをいやがってるけど、チアガールの女の子達からはいつも「恵美ちゃん」と呼ばれてる。
 入学式の時にバックフリップをしたのは江実矢君だと由美子先生も分かったらしくて、「恵美ちゃんちょっと来て」と由美子先生が江実矢君に声をかけた。
 江実矢君が由美子先生の前まで駆け出すと、由美子先生はちょっと江実矢君の服装を見て変な顔をしてる。
 もちろん江実矢君は男の子だから制服もズボンだ。
 午後の体育の時間の後ジャージを着替えていないから青いジャージを履いてたけど普通にみたら男の子だと思うはず。
 由美子先生が真っ赤なチアガールの衣装を江実矢君に渡して「ちょっとこれに着替えてきてね、急いでよ」と指示してる。
 江実矢君は困った顔をして彩香ちゃんの顔を見てるけど仕方ないと思ったのか、いそいで横の更衣室に駆け込んだ。
 彩香ちゃんは由美子先生が江実矢君にチアガールの衣装を渡したのを見て、不審な顔付きをして口をへの字に曲げた。
 チアガールの衣装は昨年新調したけど赤い衣装は女の子用しかないはず。
 江実矢君に女の子用のチアガールの衣装を渡したって事は、江実矢君が女の子の格好をしろと言われたって事だ。
 すぐに急いで着替えて戻ってきた江実矢君は、チアガールの真っ赤なミニスカートから細い足が丸見えになってこっちに駆け出してくる。
 身体にぴったりとしたチアガールの衣装は胸の生地が少し前に飛び出るデザインになってるけど江実矢君は男の子で胸なんかない。
 ペッタンコの胸の前に衣装の生地が少しだけ盛り上がって見える。
 江実矢君はもともとお祖父ちゃんがロシア人なので色も白くて顔も可愛らしくてチアガールの衣装を着ると見た目は女の子にしか見えない。
 もうチアリーディングの衣装にも慣れたのか、他のチアガールの女の子達と同じようにきちんと髪を頭の後できつく結んである。
 江実矢君は身体も小柄で華奢なのでチアガールの衣装を着るとどこから見ても女の子だ。
 江実矢君はすぐに他の女の子の列に一緒に並ぼうとして駆け寄ったが由美子先生が江実矢君を呼び止めた。
 遠くて何を話してるのかは判らないけど江実矢君が由美子先生のすぐ前に駆け寄ると由美子先生の手が江実矢君の胸の膨らみをいきなり掴んだ。
 ゆっくりと押し回しながら撫でるように由美子先生の指先が江実矢君の胸を撫で回すのを見て彩香ちゃんはびっくりして腰を抜かしそうになった。
 まるで地下鉄の電車のなかで痴漢でもしてるような由美子先生の手つきはいったいなんのつもりなんだろうかまったく訳が分からない。
 由美子先生が今度は江実矢君の乳首を指先で探り当ててきつくつねり上げる動作を繰り返した。
 女の子だったら乳首を痴漢につねられたら痛くて顔が歪んで泣き出しそうになるはずだが江実矢君は男の子だ。
 乳首を掴まれたってちょっとくすぐったいくらいにしか感じない。
 由美子先生は不思議そうな顔で今度は江実矢君の足元を眺め回した。
 真っ赤なミニスカートの下から伸びた足は他のチアガールの女の子と比べても細くてしなやかだ。
 江実矢君は足だって色白ですべすべしていて女の子から見ても羨ましいくらいだ。
 由美子先生が江実矢君に何か言うと江実矢君はすぐに他のチアガールの列に加わった。
 何度か軽い準備体操をしてからさっそくバックフリップの練習が始まった。
 チアガール女の子達が作ったピラミッドの足場に乗ってくるりと後向きに宙返りして着地すると見事なバックフリップが決まった。
 由美子先生は満足した顔で見てたけど、江実矢君に何か耳打ちしてる。
 江実矢君はもう一度女の子達のピラミッドの足場に乗ると今度は身体を捻りながら落ちてきた。
 由美子先生に教えられた新しい技らしいけど、一度言われただけでそんなに上手に出来るわけはない。
 まっさかさまに頭から地面に落ちそうになって「きゃー」と彩香ちゃんが悲鳴を上げた。
 頭が地面に着きそうになったとき、ひらりと江実矢君が身をかわしてストンと床に降りた。
 彩香ちゃんは「ひいー」とため息をつくと、そのまま体育館の床に座り込んでしまった。

 練習も終わって女の子達が着替えに更衣室に入ろうとしたとき、由美子先生が江実矢君を呼び止めた。
「恵美ちゃん、ちょっと一緒に来てくれる」と由美子先生が江実矢君の手を取ると、更衣室の隣の用具室に連れて行った。
 これは絶対変だ。
 いくら先生でも、由美子先生と江実矢君は男と女。
 二人きりになんかなったら何が起きるか分からない。
 有紀は彩香ちゃんと一緒に体育館の裏手に回った。
 割れた窓の間から、用具室の様子をこっそり覗き見するとやっぱり変。
 由美子先生が、江実矢君のチアリーディングの衣装の上着を上に捲って胸を出させてる。
 男の子なんだから胸はぺったんこで見てもしょうがないはず。
 細い紐を出して、江実矢君の胸に巻き付けるときつく締め付けた。
 いったい何をしてるのか分からない。
 こんどは由美子先生が、江実矢君のスカートを捲りあげてアンダースコートを膝まで降ろした。
 スカートの裾を持ち上げて、由美子先生が江実矢君の腰の前に顔を近づけてる。
 由美子先生の手が江実矢君の股間に差し入られると下から持ち上げるよう指をあてがった。
 軽く指先を震わせるようにして手の平をゆっくり廻しながら上下に動かす手つきを見てこれは変だと有紀も思った。
 アダルトビデオか何かでナンパされた女子高生が男優さんに身体を弄られてるみたいな場面そっくり。
 彩香ちゃんのお誕生会で仲良しの久美子ちゃんがこっそり持ってきた裏ビデオそっくりだ。
 いくらなんでも由美子先生がそんな事をするなんて絶対あり得ない。
 江実矢君が困った顔で眉を歪めると大きく何度も息を吐き出して苦しそうに呻いた。
 由美子先生の顔が江実矢君のペッタンコの胸の先端の小さい乳首に近づくと舌先で乳首を嘗めようとしてるみたいだ。
 これはどう見ても危ないことになりそう。
 彩香ちゃんがいきなり立ち上がると、体育館の裏から用具室の入り口まで急いで駆けだした。
 思い切って用具室のドアを開けると、由美子先生がびっくりした顔で彩香ちゃんを見つめてカエルみたいに飛び上がりながら仰け反った。
 江実矢君が慌てた様子でアンダースコートを元の位置に戻そうとひっぱりあげてる。
 急いでアンダースコートを直したのでスカートの裾がアンダースコートに挟まって変なかっこになってる。
 由美子先生は目を大きく見開いて口を半分あけたまま身体をクルリと回して後に振り向くとくと、すぐに用具室から出て行ってしまった。
 江実矢君は一人で真っ赤なチアガールの衣装を着たまま立ちつくしてるだけで目が虚ろだし、足が微かに震えてる。
 由美子先生にしてもらったことがよっぽど気持ちよくて、足の震えが止まらないのかそれとも彩香ちゃんに見つかったのが怖くて震えてるのかはどっちなのか判らない。
 彩香ちゃんに踏み込まれてばつが悪そうな顔をして下を向いたまま江実矢君は動かないがやっぱり変だ。
「ねえ、江実矢君、由美子先生に何を言われたの」と彩香ちゃんが怒鳴りつけると江実矢君は身体ごと震え上がった。
「言わなきゃ、彩香スペシャルでお仕置きよ」と彩香ちゃんが大声で怒鳴った。
 彩香スペシャルは彩香ちゃんが電気アンマを工夫して作った必殺技だ。
 小学校ではこの「彩香スペシャル」を恐れて彩香ちゃんに逆らう男の子は一人もいなかった。
 彩香ちゃんは一度だけ江実矢君にもこの彩香スペシャルの技を掛けたことがある。
 それ以来、江実矢君は彩香ちゃんに逆らったことなんか一度もない。
 だけどこの彩香スペシャルは江実矢君にとっては忘れられない体験だったらしい。
「彩香スペシャルでお仕置きよ」と彩香ちゃんに怒鳴りつけられると、嬉しそうな顔をすることが今までにも何度かあった。
「彩香スペシャル」と聞いて江実矢君の頬の肉が引きつったけど、怖がってるというよりは嬉しがってるようにも見える。
 彩香ちゃんもこれはまずいことを言ってしまったと気が付いた。
 江実矢君は彩香スペシャルでお仕置きなんかされたらきっと喜ぶだけ。
 彩香スペシャルでお仕置きするなんて言ってもそう簡単に江実矢君が口を割るわけはない。
 彩香ちゃんは、これは作戦を変えようと思ったのか「ねえ、江実矢君、男の子と女の子じゃ胸の大きさが違うのしってるわよね」と今度は猫なで声で江実矢君の耳元でささやいた。
「私の胸と江実矢君の胸を比べてみたら、どっちが大きいか比べてみようよ」と言うと、白いブラウスの胸のボタンをひとつづつ外していった。
 ブラジャーの下までボタンを外すと、今度はブラウスの前を左右にひっぱって広げた。
 真っ白なブラジャーはレースの飾りが付いた大人びたお色気たっぷりのデザインのブラジャーだ。
 彩香ちゃんのおっきな胸がブラジャーからはみ出しそうになってるのを見て江実矢君は目を丸くした。
 男の子だったら女の子の胸を見たら興奮しちゃうのは当たり前。
 それも彩香ちゃんは普通の女子高生より大きいGカップと超巨乳だ。
 彩香ちゃんが軽く肩を振ると、胸が大きく弾んでブラジャーから飛び出しそうになった。
 江実矢君の視線が、彩香ちゃんの胸に釘付けになった。
 いくら大人しくても江実矢君は男の子。
 女の子のブラジャー姿を目の前にして興奮しない訳がない。
 それも特大のGカップの巨乳となればなおさらだ。
 彩香ちゃんが得意になって何度も肩を揺すると彩香ちゃんの胸は半分ブラジャーから飛び出して乳首が見え隠れした。
 こうなったらもう江実矢君は彩香ちゃんの巨乳の魅力に勝てる訳がない。
 彩香ちゃんが江実矢君のすぐ目の前に胸を広げて立つと、江実矢君は目のやり場に困って下を向いた。
 彩香ちゃんが身体を寄せてGカップの巨乳を江実矢君の胸に押しつけると、胸の谷間が潰れて乳首が押しつぶされてへこんだ。
 ゆっくりと身体を揺すりながら彩香ちゃんが胸を押し回すと江実矢君はもう気絶しそうな息づかいで目も虚ろになってる。
 彩香ちゃんがそっと江実矢君のチアリーディングの衣装のスカートを捲ると、下に着けたアンダースコートの前が大きく膨らんでる。
 女の子用のぴっちぴちのアンダースコートは男の子の江実矢君にはきつすぎて、履いてると痛く成っちゃいそう。
「ねえ、江実矢君、新彩香スペシャルって知ってる」と彩香ちゃんが江実矢君のアンダースコートの上に手をあてがいながら囁いた。
「由美子先生に何を言われたのか、白状すれば新彩香スペシャルを今すぐ江実矢君にやってあげてもいいのよ」と彩香ちゃんが言うのをきいて有紀はドキッとした。
 新彩香スペシャルは彩香スペシャルとは全然別の技。
 有紀が彩香ちゃんに教えた生フェラを彩香ちゃんが工夫して改良した生フェラの新技だ。
 口の奥での舌先の動かし方が絶妙で一度でもこの技を味わったらもうとても忘れられなくなるという大変な技だ。
 江実矢君も新彩香スペシャルがどんな技なのかはなんとなく知ってるはず。
「知らないなら教えてあげるわよ」と彩香ちゃんが甘えた声で言うと、江実矢君の腰がぴくっと動いて彩香ちゃんの手に吸い付くように押しつけられた。
 これはもう江実矢君が白状するのはもう目前。
 彩香ちゃんは思わず舌で唇を嘗めると「先に新彩香スペシャルをやってあげて、白状するのは後でもいいのよ」と言って江実矢君のアンダースコートを手をかけた。
 すると江実矢君が小さな声で「ブラジャー」と呟いた。
 それを聴いた彩香ちゃん「江実矢君ももう大人ね、ブラジャーを脱げ何て言い出すなんて」と甘い声で呟き返した。
 彩香ちゃんはブラジャーの肩の紐を外せばいいと思ったのかブラウスの形を半分脱ぎかけた。
「そうじゃなくて、由美子先生に言われたんだ。ブラジャーしなさいって」と江実矢君が思いきって彩香ちゃんに小さな声で告白した。
 それを聞いて彩香ちゃんは不思議そうな顔付きで有紀を見上げた。
 ブラジャーをしろと由美子先生に言われたってどうゆうことなんだろう。
 江実矢君は男だって事は、由美子先生もパンツを脱がして確かめたはず。
 それなのにブラジャーをしろってことは何のことか判らない。
 どうみたって、江実矢君の胸はぺったんこでブラジャーなんかする必要はない。
 江実矢君が嘘をいってるようにも見えないしなんでそんな話しに成るのかさっぱり判らない。
 とは言っても江実矢君が白状したってことは、ご褒美に新彩香スペシャルをやって欲しいからに違いない。
 彩香ちゃんが江実矢君のアンダースコートをひっぱって降ろそうとしたとき、急に窓の外で音がした。
 変だと思ってガラスの窓の割れ目から外を見るとチアリーディング部の女の子達がこっちを覗き見してる。
 さすがにこれはまずいと思ったのか、慌てて彩香ちゃんは江実矢君を置き去りにして用具室を出て行ってしまった。
 有紀が彩香ちゃんの後を追いかけると、江実矢君も更衣室に戻って着替えてる様子。
 着替えが終わって更衣室から出てきても、江実矢君の様子が変だ。
 江実矢君が必死になってズボンの前を隠そうとしてる。
 さっき彩香ちゃんのブラジャーからはみ出した巨乳が揺れるのを見せられてから、大きくなったままなんだ。
 彩香ちゃんもすこし顔を赤らめて、江実矢君の手を取って歩き出した。
 駅で地下鉄の電車に乗り込むと、江実矢君はまだ恥ずかしそうにしてる。
 彩香ちゃんが江実矢君のズボンの前を隠そうとして、江実矢君の真ん前に立った。
 今度は彩香ちゃんの胸が江実矢君に押しつけられて、江実矢君がまた困った顔をした。
 またまたさっきより大きくなっちゃったみたい。
 江実矢君は彩香ちゃんと向かい合わせのまま、そのまま動けずにじっとしたまま。
 電車を降りた後は、江実矢君は彩香ちゃんの体操着の入ったバッグを抱えてなんとか前を隠してる。
 彩香ちゃんはバッグを返してもらおうとしたけど、江実矢君が困った顔をして返そうとしない。
 しょうがないから彩香ちゃんが江実矢君を家まで送って行くことにした。
 江実矢君の家は駅から結構遠い。
 彩香ちゃんと江実矢君が並んで歩き始めたけど、肩を寄せ合って危ない雰囲気だ。
 有紀は二人と別れた後、気になって江実矢君と彩香ちゃんを後ろからこっそり追いかけてみた。
 駅前近くの小さな公園に江実矢君と彩香ちゃんが寄り道したのが見えて、やっぱりと思った。


13.先生はノーパン<< ページトップ >>15.痴漢盗撮

チアガールアダルトビデオ

名門●●大学チアリーディング部在籍! 競技歴4年! 全国大会第8位! 美少女すぎる現役アスリート女子大生が超開脚セックスでAVデビュー! 三井ゆり(仮)19歳 kawaii [DVD]
チア少女をねぶり尽くす 梨乃 ラマコス/妄想族 [DVD]
現役チア部員の長身女子大生! 美人でドスケベ! 体育会系軟体ボディをいろんな体位で突かれ、絶頂チ●ポ穴化と化す! 内村りな SHRK-025 [DVD]
人気プロ球団専属チアリーダーkawaii*デビュー! YUNA kawaii [DVD]
羞恥!県大会優勝の現役テニス少女がデビューから衝撃の露出FUCK!
高校野球を熱心に応援する球場で一番可愛いチアリーダーのエッチなSEXをお見せします
裏ブロンド生ハメ 金髪チアリーダー犯す黒チン…青春よ、散れ!