彩香スペシャル〜恋の必殺技

by七度柚希

目次

    第一話

    1.高校一年生

    2.英会話部には負けられない

    3.援助交際の取材

    4.ブルマー盗まれる

    5.盗まれたアンダースコート

    6.スクープ

    7.もう止められない

    8.チアリーダーのオーディション

    9.早朝の通学で痴漢

    10.決勝戦に勝って甲子園出場

    11.三度目の如来棒

    12.彩香スペシャルは恋の必殺技

    第二話

    13.先生はノーパン

    14.ブラジャーはCカップ

    15.痴漢盗撮

    16.ラブシーン

    17.セクハラ面接

    18.出会い系喫茶

    19.ハプニングバー

    20.観覧車

    21.合宿

    22.監禁調教

    23.AV撮影

    24.真っ赤なTバック

17.セクハラ面接

あらすじ
 彩香ちゃんと有紀は監督に女優にならないかと誘われる。オーディションをするからと監督に都内のラブホテルに連れ込まれた。女優に成るには何でも体験しないと駄目だと言われてレズ調教までされちゃった。

 しばらくしてやっと彩香ちゃんが有紀の身体を離すと、有紀も立ち上がって辺りの様子をみた。
 さっきまで撮影をしていたテレビカメラや、監督の姿はもうどこにも見あたら無い。
 ガストン君がまだいるかと思って、彩香ちゃんが校庭まで駆け出した。
 有紀も慌てて彩香ちゃんの後を追いかけた。
 体育館の裏から校庭に出ると、さっきまであった白いテントはもう無い。
 江実矢君は朝礼台の前で立って彩香ちゃんの戻ってくるのを待ってたみたい。
 江実矢君は体育館の裏で何があったのか知らない様子なのでほっとした。
 校門をでて坂道を降りていくと、ガストン君が校門の先の交差点を歩いているのが見えた。
 大通りには車の列が並んでいてガストン君が来るのを待ってる様子。
 ガストン君が車に乗るとすぐに走り出して行ってしまった。
 結局ガストン君にはいいようにもて遊ばれただけだと分かって彩香ちゃんもやりきれない顔で校門を出ようとした。
 二人で大通りを地下鉄の駅まで歩き始めたとき、すぐ横で止まっていた車の運転席から声を掛けられた。
「君たちちょっと話したい事があるから来て貰えないかな」と言う声を聞いて運転席の
顔を確かめるとさっきの監督だ。
 監督がいったい何の話しがあるんだろうとどきっとした。
 きっとさっきのガストン君との出来事を見ていたに違いない。
 なんて言われるか分からないけど一応は話しを聞かないとどんな事になるのか分からない。
 監督が用があるのは彩香ちゃんと有紀の二人だけらしい。
 先に江実矢君を帰して、彩香ちゃんと有紀が車に乗った。
 しばらくして車が高速に乗ると都心に向かって走り出した。
 彩香ちゃんは不安な顔で窓の外の景色を見てる。
 監督は疲れた顔で車の運転をしながら煙草を吸ってるだけ。
「話しってなんなんですか」と彩香ちゃんが恐る恐る監督の顔色をうかがいながら前の運転席に話しかけた。
 きっとさっきのガストン君との事に違いないとは思ったけど、いい話しなのか悪い話しなのか見当もつかない。
「いや、こんど撮影でね、合宿の場面があるんだ。それでね君たちも合宿に来て貰えないかと思ってね」
「ほら、恵美ちゃんだけじゃあ、いろいろと君たちも心配だろうと思ってね」と監督に言われたら断わる訳にもいかない。
 なにしろあのガストン君は手が早くて、そのうえ絶倫。
 江実矢君がどんな目に遭うかも判らない。
「君たちにぴったりの役があるんだ、誰でも出来る端役なんだけど」と監督が途中まで言ってから「いや、そうじゃなくて君たちにしか出来ない大事な役なんだ」と言い直した。
「チアガールの女の子達も大勢来るんだけど、それでも人数が足りなくてね」と監督が言うのは本当のことらしい。
「私も有紀ちゃんも行きます」と彩香ちゃんが答えてから慌てて「行かせていただきます」と返事をした。
「二人とも演技が上手なんだってね、ガストン君が驚いてたよ」と監督に言われて彩香ちゃんはドキッとした。
「二人とも、すぐにでも女優さんになれるよ、いやもう間違いない」とまで言われてもうびっくり。
 本気で言ってるのか、お世辞で調子の良いことをいってるのかどっちなのかさっぱり分からない。
「だけどね、撮影に参加してもらうんだからね。役者さんに成るんだから、役者さんに成る前には一応オーディションを受けてもらわないといけないんだ」と監督に言われてなるほどそれもそうだと有紀は思った。
「オーディションといっても、面接なんだけどね、二人ともこれから一緒に来てくれるよね」と監督に言われたら断れるわけ無い。
「はい」と彩香ちゃんが答えると、急に車が高速を降りて横の道を降り始めた。
 大きなビルの間を抜けて下の大通りに降りると、車は角を曲がって小道に入った。
 細い道の先に建物が見えてきたけど、なんだか変。
 看板がでてるけど、並んでる建物は全部ラブホテルらしい。
 この監督は適当に口実をつけて二人をラブホテルに連れ込むらしいと判って彩香ちゃんは呆れた顔。
 オーディションというのは、ラブホテルで監督相手にエッチな事をさせられるんだ。
 困ったことになったとは思ったけど、江実矢くんと一緒に合宿に参加するためには仕方ない。
 車が地下の駐車場に入ると、車を降りてから歩いて地下道を上がってラブホテルの前に出た。
 監督はすぐに「ご休憩」の看板の出てるラブホテルの玄関に入っていった。
 あわてて彩香ちゃんが付いていくと監督はもう部屋の鍵をもらってる。
 エレベータに乗って部屋にはいると監督が携帯を取りだしてからベッドに座った。
 ベッドの横のソファーに座るように指示されて、有紀は彩香ちゃんと一緒にソファーに座った。
 監督は携帯をこちらに向けながら「二人とも女優さんになりたいんだね」と切り出した。
 ラブホテルに連れ込んだんだからエッチな事をするのだとばかり思ってたけど、携帯で面接の様子を撮影するのが目的だったらしい。
 何もラブホテルになんかで面接をしなくてもいいのにと思ったけど、ラブホテルの方が便利だからかもしれない。
「はいそうです」と彩香ちゃんが答えた後「私女優になりたいんです、本当です」と付け加えた。
「有紀ちゃんもそうだね」と監督に言われて有紀もあわてて「そうなんです、絶対絶対女優になりたいんです」と返事をした。
「二人ともどんな女優さんになりたいのかな」と次に監督に聞かれたけどどう答えていいのか判らない。
「すごい、女優さんになりたいです、とにかく凄くなりたいんです」と彩香ちゃんが答えると監督はちょっと呆れた顔をしたけどすぐに話しを続けた。
「女優さんはね、どんな演技でもできないといけないんだ、そのためにはどうしたらいいか判るかな」と監督に言われて「はい、がんばります」と彩香ちゃんが答えた。
 監督は彩香ちゃんの答えに不満そうな口ぶりで「どんな演技でもできる女優さんになるには、いろんな体験をしないといけないんだ。普通の女の子じゃ経験しないことをいっぱい経験してないといけないんだ」と監督に言われて「私いっぱい経験してます」と慌てて彩香ちゃんが答えた。
「毎朝痴漢にあって気持ちよくなって、毎晩オナニーしてます。ホント凄いんです私のオナニー」と彩香ちゃんが自慢げに話した。
 さっき監督に毎晩オナニーしてないと女優さんは演技ができないと言われたのを覚えていてとっさに話しを思いついたらしい。
 有紀も「私も毎朝彩香ちゃんと一緒に痴漢に遭ってます、痴漢に遭うととっても気持ちが良くて、それで毎晩オナニーが止められないんです。私本当にもうオナニー大好きなんです」と大げさに話した。
「他に色んな経験一杯してるよね。どんな経験なのかな、一つ一つ話しを聞かせてくれないか」と監督に言われて彩香ちゃんは困ってしまった。
「全部ですか」と彩香ちゃんが確かめると「とっても感動した体験だとか、人にはできない経験とかだけ話してくれたらいいよ」と監督が言ってくれた。
 だけどなんの話しからしたらいいのか判らない。
「そうだね、今まで一番気持ちよかった体験はどんなのかな」と監督がまた言った。
「エッチな経験の事ですか」と彩香ちゃんが聞くと「それも聞きたいね」と監督がまた落ち着いた口調で答えた。
 どうやら最初からエッチな経験の話しを聞きたかったみたいと彩香ちゃんも気が付いたみたい。
「エッチな経験ならいっぱいしてます」と言って監督の様子を伺った。
 監督の眉がぴくっと動くと「じゃあ、全部話してくれないか」と囁くような口調で監督が言った。
 どれから話して良いのか分からなくて彩香ちゃんは一瞬言葉に詰まった。
 少し間を置いてから「私ブルマー売ったことがあるんです」と彩香ちゃんが喉の奥から絞り出すような声でやっと言った。
「インターネットの掲示板にブルマー売りますと書き込んで、待ち合わせをしたんです、どうしてもお金が欲しかったんです」
「写真部で電子カメラがとうしても必要だったんですだから仕方なかったんです」と彩香ちゃんが泣き出しそうな声で言うと監督は「いくらで売ったんだ、電子カメラは高かったんだろう」と冷たい口調で聞き返した。
「五万円です」と彩香ちゃんが答えると「ブルマーだけで五万円貰えるわけがないよね、他に何をしたのかちゃんと言いなさい」と相変わらず冷たい口調。
 あの時の出来事が頭に浮かんでくると、何をどう話していいのか分からない。
「ちゃんと話してくれないなら、面接はもうこれで終わりにするよ」と監督が半分脅すような口調で彩香ちゃんを問いつめた。
 急に彩香ちゃんの顔色が変わると、身体が寒くて凍えたように震え始めた。
 せっかく女優さんになるチャンスをここで逃がす訳にはいかない。
「生フェラしたんです、いや、違います、させられたんです」と彩香ちゃんが言うととうとう泣き出してしまった。
 監督は彩香ちゃんが目の前で泣き出してるのに平気な顔で煙草を吸ってる。
「大変だね、そうゆうのって援助交際って言うんだよ、援助交際なんかする女子高生が女優さんになれるわけがないよね」と監督に言われて彩香ちゃんはもうどうしていいのか判らずに涙が止まらなくなった。
「援助交際なんかする女子高生は本当にサイテーだね」と監督に言われて彩香ちゃんの顔が歪んだ。
「援助交際って、いったいどんなことするのかな。やったことがないからね。知らないんだ。教えてくれないか」と監督が意地悪そうな口調で彩香ちゃんに聞いた。
 監督が知らないはずないので、わざと彩香ちゃんを虐めてるんだと有紀にも分かった。
「エッチなことです」と彩香ちゃんが言うと「エッチなことってどんなことするのかな」とまた監督に問いつめられた。
「生フェラなんかです」と彩香ちゃんが仕方なく答えると監督は苦笑いして煙草を灰皿に置いた。
「彩香ちゃん、生フェラ大好きなんだね」と監督がからかうような口調で言うと彩香ちゃんが黙って頷いた。
「生フェラが大好きで、女優さんに成りたいなんて笑っちゃうね」と監督に言われて彩香ちゃんは顔を伏せて下を向いた。
「彩香ちゃん女優さんに成りたいんだろう。本当に女優さんになりたいなら成れる方法は一つだけある。今僕に生フェラしてくれたら、援助交際の事は内緒にしてあげてもいいんだよ」と監督に言われて彩香ちゃんも監督の目的が最初からエッチな事だったと気が付いたみたい。
 監督がズボンを下げると紫色のパンツの前はもうすっかり大きくなってる。
 すぐに彩香ちゃんがソファーから立ち上がって、監督の前に膝を着いた。
 監督が足を大きく広げて、腰を前に突き出すと彩香ちゃんの目の前には大きくなったものがそそり立ってる
 彩香ちゃんは覚悟を決めた顔つきで唇を噛むと、監督の腰に口を近づけた。
 最初に軽く舌先を触れると、すぐに元気よく監督が腰を震わせた。
 男なんてみんな同じ、何をすれば喜ぶかは彩香ちゃんもよく知ってる。
 さっそく舌技を繰り出して監督の顔を見上げると男が気持ち良い時の顔をしてる。
 監督はさっきから持ってる携帯でまだビデオの撮影を続けてるけど、彩香ちゃんは生フェラしてるところを撮影されてるのには気が付いていない様子。
 彩香ちゃんは必死になって監督を喜ばせようと頭を前後に揺すりながら舌先を震わせた。
 監督も彩香ちゃんの舌技にはかなわないらしくてしきりに腰を震わせてる。
 こうなれば男なんて皆同じ。
 彩香ちゃんは絶妙な舌技で繰り返し、監督を責め上げた。
 しばらくして満足した様子で監督が立ち上がると携帯からメモリーカードを取り出した。
「今の生フェラは全部このメモリーカードに録画したんだぜ。女優になりたかったら何でも俺の言うとおりにするんだ。俺の言うことを聞かなかったらこのメモリーカードのビデオを裏ビデオの業者に売り飛ばすぜ」と監督が低い声で呟いた。
 今度は今撮影した生フェラビデオで彩香ちゃんの事を脅すつもりらしい。
 こんな卑劣なやり方をするなんて絶対許せない。
 彩香ちゃんは目に涙をためたまま、監督の顔をにらみ付けた。
 次の瞬間に彩香ちゃんが立ち上がると手を伸ばしてすばやく監督からメモリーカードを奪い取った。
 そのままの勢いで彩香ちゃんが監督に思い切り体当たりすると監督がよろめいた。
 監督は姿勢か崩して後ろに下がると、ドアの前で両手を広げて逃げ道を塞いだ。
 彩香ちゃんは急いでベッドの上の鞄を掴むと、部屋のドアの方に向かって逃げ出そうとしたが監督に行く手を阻まれた。
 ドア以外に逃げ道はないけどなんとかするしかない。
 彩香ちゃんはすぐに振り向いて、ベッドの後ろにある部屋の窓に駆け寄った。
 窓を開ければ窓から逃げられるかもしれないし、窓からメモリーカードを捨ててもいい。
 彩香ちゃんが部屋の窓を開けようとして窓の取っ手を引っ張ってみたけど窓が開かない。
 監督がゆっくりとした足取りで彩香ちゃんを部屋の隅に追いつめようと手を広げて近づいてきた。
 今度は有紀が監督に体当たりすると、監督の身体がまた少しだけよろめいた。
 そのすきに彩香ちゃんが洗面台に駆け寄ると、洗面台にメモリーカードを流して水道の蛇口を捻った。
 蛇口から洗面台に水がどっと流れ落ちてメモリーカードがすぐに見えなくなった。
 これで一安心と思ったとき監督がすぐに彩香ちゃんの後ろに回ると、スカートの中に手をいれてパンティーを掴んだ。
 パンティーの股を掴んで持ち上げると、彩香ちゃんの足がつま先立ちになってもう逃げられない
 彩香ちゃんの背中を監督が押すと、彩香ちゃんは両手を洗面台について前のめりになった。
 監督が指先で細く握ったパンティーの股を上下に揺すられると濡れた生地が花園に食い込んで来る。
 監督の手が思い切り激しい勢いで、彩香ちゃんのパンティーの股を揺すり続けた。
 たまらずに彩香ちゃんが洗面台に両手でしがみつくとすぐに監督はパンティーを膝まで降ろして彩香ちゃんの腰をしっかり掴んだ。
 監督が両手で彩香ちゃんの腰を後ろに引きつけると彩香ちゃんは洗面台にしがみついたまま腰を後ろに押し出す格好になった
 すぐに監督に後ろから責め上げられて、彩香ちゃんは背中を仰け反らせて泣き叫んだ。
 監督の腰の動きを見て、有紀はびっくりした。
 腰を捻りながら上下に揺さぶる動きははまるで蛇が頭をくねらせてるみたい。
 すぐに彩香ちゃんの腰が、監督の腰の動きにあわせて震えるように揺れだした。
 喉の奥から押し殺したような叫び声が部屋一杯に響くと有紀は見ているだけでも身体が熱くなって頭に血が上ってきた。
 彩香ちゃんが腰砕けになって洗面台の前に座り込むと、監督が振り向いて有紀にそそりたった鉄柱を向けた。
 大きく反り返ってピクピクと震える物を目の前に見せられてもう有紀は我慢できなくなった。
「有紀ちゃんも女優に成りたいんだね」と監督が有紀に声をかけると「私も生フェラ得意なんです。彩香ちゃんより上手です」と言いながら有紀は監督の前に膝をついた。
 唇を触れただけで火傷しそうな感触に有紀の身体は燃え上がってもう止められない。
 夢中で舌を使うと、喉の奥まで飲み込んだ。
 口のなかで反り返りながら震えるたびに大きく堅くなっていくのが分かって、有紀はもう嬉しくて堪らない。
 夢中になって頭を前後に動かしていると監督が不意に身体を入れ替えて今度は、有紀を洗面台の前に立たせた。
 有紀の足元には彩香ちゃんが座り込んだまま身体を震わせてまだ泣きじゃくってる。
 監督の巧みな腰の動きが始まると、有紀は何度も背中を仰け反らせた。
 やっと監督が有紀の腰から手を離すと、有紀は彩香ちゃんの上に倒れ込むようにしてしゃがみ込んだ。
 監督が洗面台の蛇口を止めて、メモリーカードを取り上げるとハンカチで拭いてまた携帯に差し込んだ。
 水で流れたとばかり思ってたけど、メモリーカードは途中で引っかかって流れてなかったみたい。
「このメモリーカードの中身、いますぐ消去してあげてもいいんだよ」と監督が二人に手に持った携帯を見せて言った。
 有紀はそれを聞いて嬉しくなって「消去してもらえるんですか、お願いします」と頼み込んだ。
「有紀ちゃんの生フェラが上手だったから、消去してあげるよ、せっかく頑張ったんだからね」と監督に言われて彩香ちゃんも嬉しそうに「有紀ちゃんありがとう」と有紀の耳元で囁いた。
 監督は携帯を操作してメモリーの消去画面を表示すると「その前にやって欲しいことがあるんだけどな、僕の言う通りにしてくれたら、いますぐこのボタン押してメモリー消してあげるよ」と言い出した。
「何をすればいいんですか」と彩香ちゃんが監督に恐る恐る聞いてみると「二人で抱き合ってくれるかな」と監督が言い出した。
 女の子同士で抱き合えと言われても何の事か分からない。
「言うとおりにしてくれたら、いますぐメモリーを消してあげるよ」ともう一度監督に言われて彩香ちゃんは有紀に抱きついた。
 彩香ちゃんの柔らかな体が、有紀の胸に押しつけられると有紀は思わず彩香ちゃんを抱き返した。
「そう、そうやってお互いに身体を撫でるんだ、女の子同士ならどこを撫でたら気持ちよくなるかよく知ってるだろう」と監督に言われて、有紀は彩香ちゃんの脇腹をそっと指先でくすぐるように撫で上げた。
 彩香ちゃんの身体が小刻みに震えると、喘ぐようなため息が彩香ちゃんの口から有紀の耳元に吐きかけられた。
 彩香ちゃんの指も有紀の脇腹を下から軽くくすぐるようにして脇の下まで動いてきた。
「じゃあ、キスしちゃおうね、女の子同士でキスするのって気持ちいいよね」と監督に言われて彩香ちゃんの唇が有紀の唇に重ねられてきた。
 女の子の甘い香りが有紀の口の中に広がると有紀は我慢できでずに彩香ちゃんの身体にしがみついた
 すぐに彩香ちゃんの舌が有紀の唇の間から入ってきた。
 ねっとりとした甘酸っぱくて甘い香りが有紀の口の中で弾けるようにして喉の奥まで届いてきて有紀は目眩がして気が遠くなりそうになった。
「女の子同士って気持ちいいよね」と監督の声が聞こえたけどもう耳に入らない。
 夢中でお互いに舌を絡ませて唇を吸い合いながら身体を撫で回してると夢の中に居るみたいに気持ちが良い。
 彩香ちゃんの身体がくねくねと動きながら有紀の身体に押しつけられてくると、有紀の身体はもう溶けてちゃいそう。
「じゃあ、これ使ってもらおうかな、とっても気持ちいいんだよこれ使うと」と監督が言うとバッグから何かだした。
 監督が手にしてるのはピンク色をした細長い棒が二本だけど変な形をしてる。
「バイブレータって知ってるよね」と監督に言われて有紀は裏ビデオか何かで同じような物を見たことがあるのを思い出した。
 監督が彩香ちゃんと有紀にバイブレータ一本づつ渡すと「このバイブはね、レズ用でね、二つをつなげて使うんだよ」と教えてくれた。
「つなげる角度が変えられるからね、いろいろな使い方ができるんだ」と言われてバイブをよく見ると、確かにバイブの根元の所でつなげられる形になってる。
「じゃあ、ベッドに向かい合わせになって寝てごらん、お互いに花園を向け合っておしつけあうんだ」と監督に指示された。
 彩香ちゃんが戸惑った顔で監督を見ると監督はまださっきの携帯を手にして「言われたとおりにすれば、さっきのビデオを消去してあげるよ、ホントにちゃんと消去するから」と身振りで合図した。
 こうなったらもう仕方なく二人で監督に言われた通りの格好でベッドに横になった。
「バイブも一緒に使うんだよ、使い方は分かるよね」と監督に言われて彩香ちゃんは二つのバイブを一つに繋いでから花園に押し込んだ。
 バイブの両方の先が彩香ちゃんと有紀の花園に押し込まれるとその次には監督が「お互いに腰を押しつけ合うんだ」と命じてきた。
 監督がバイブのリモコンのスイッチを入れると目眩がするようなくすぐったい感触が花園から身体全体に伝わってきた。
 時間が止まったような女の子同士の甘い感触が彩香ちゃんと有紀の身体を支配すると、夢の中で至福の快楽が深い泉の奥から溢れ続けた。

16.ラブシーン<< ページトップ >>18.出会い系喫茶

チアガールアダルトビデオ

名門●●大学チアリーディング部在籍! 競技歴4年! 全国大会第8位! 美少女すぎる現役アスリート女子大生が超開脚セックスでAVデビュー! 三井ゆり(仮)19歳 kawaii [DVD]
チア少女をねぶり尽くす 梨乃 ラマコス/妄想族 [DVD]
現役チア部員の長身女子大生! 美人でドスケベ! 体育会系軟体ボディをいろんな体位で突かれ、絶頂チ●ポ穴化と化す! 内村りな SHRK-025 [DVD]
人気プロ球団専属チアリーダーkawaii*デビュー! YUNA kawaii [DVD]
羞恥!県大会優勝の現役テニス少女がデビューから衝撃の露出FUCK!
高校野球を熱心に応援する球場で一番可愛いチアリーダーのエッチなSEXをお見せします
裏ブロンド生ハメ 金髪チアリーダー犯す黒チン…青春よ、散れ!