彩香スペシャル〜恋の必殺技

by七度柚希

目次

    第一話

    1.高校一年生

    2.英会話部には負けられない

    3.援助交際の取材

    4.ブルマー盗まれる

    5.盗まれたアンダースコート

    6.スクープ

    7.もう止められない

    8.チアリーダーのオーディション

    9.早朝の通学で痴漢

    10.決勝戦に勝って甲子園出場

    11.三度目の如来棒

    12.彩香スペシャルは恋の必殺技

    第二話

    13.先生はノーパン

    14.ブラジャーはCカップ

    15.痴漢盗撮

    16.ラブシーン

    17.セクハラ面接

    18.出会い系喫茶

    19.ハプニングバー

    20.観覧車

    21.合宿

    22.監禁調教

    23.AV撮影

    24.真っ赤なTバック

2.英会話部には負けられない

あらすじ
 入学式でクラブの紹介があったけど、彩香ちゃんのお姉ちゃんが作ったはずの新聞部がない。教頭先生に新聞部は廃止になったと聞かされて彩香ちゃんはびっくり。新聞部を再建するために援助交際の取材をすることになる。

 入学式の会場に入ると正面に大きく入学式と貼り紙がしてあり、新入生はもう大勢詰めかけていた。
 最初にブラスバンド部の演奏で校歌を歌ったがもちろん初めてなのでちゃんと歌える人などいなかった。
 校長先生が最初に学校の歴史を長々と始めた。
 立志館学園高校の創立は明治時代で、大隈重信先生が中心になって作られたとか。
 それから新入生の代表、PTAの会長、最後に生徒会の会長の順で挨拶が続いた。
 そのあとはクラブの紹介が始まった。
 最初に野球部から始まり、今年は必ず甲子園に出場を目指しますと怒鳴るような大声で挨拶をして、会場は盛り上がってきた。
 野球部は以前は毎年必ず甲子園に出ていたのだが、ここ数年はライバル校の大浜学院に負けて出場できない年が続いている。
 それで去年から新しい監督が来たので今年こそは出場する意気込みだと彩香ちゃんが教えてくれた。
 次にサッカー部が出てくると、ボールを渡された男の子がリフティングを始めた。何回続くのか見ているうちにだんだん盛り上がってきて、会場は大変な騒ぎになってきた。
 紹介の言葉が全部終わるまでリフティングが続くと、最後には一斉に拍手が起きた。
 運動部も一通り終わると、今度は文化部の順になった。
 最初に演劇部がでてきて、大げさな身振りで寸劇を始めたので会場は今度は大笑いになった。
 英会話部が次にでてくると、英語でクラブの紹介が始まった。
 部長は去年アメリカから転入してきた希美ちゃんだとまた彩香ちゃんが教えてくれた。
 希美ちゃんは長い髪の毛をポニーテールにしていて、体が小柄な割には足がすらりと長くてスタイルがいい。
 雰囲気もアメリカの女の子みたいに積極的で、男の子達には評判がいいが女の子達にはあまり好かれてはいない様子だった。
 希美ちゃんの英語はあまりにも上手な発音なので、聞いていて意味が分かる人はいなかったみたいで、拍手もまばらだった。
 一通りクラブの紹介が終わり、校長が閉会の言葉を述べるとやっと入学式は終わった。
 有紀は彩香ちゃんと一緒に席を立ったが「変ねえ、新聞部の紹介があるはずなんだけど、なかったわよね、変よね」と言いだした。
 新聞部は彩香ちゃんのお姉さんが作ったクラブで、お姉さんは人気があったので男の子の部員も多くて、去年の高校の文化祭でも壁新聞がたくさん展示されていた。
 確かになかったような気がしたが理由は分からなかった。

 入学式も終わると今度は大勢で、高校まで列を作って歩いて移動することになった。
 しばらく歩くと立志館学園高校の近くまで来た。
 立志館学園高校は駅の前の小高い丘の斜面に作られていて、回りはほとんど雑木林に取り囲まれている。
 校門を入って細い階段を上がっていくと、両側の木立の間から光が漏れて輝いて見えた。
 坂道を上りながら横を見ると、丘の斜面にそって校舎が並んでいた。
 ちょうど階段を登り切った正面に新しくできた建物が朝の光で輝いていた。
 去年できてばかりのコンピューターセンターで、図書館も一緒に改築された。
 去年までは商業科があったのだが、今年からは情報科に衣替えをしてそのために新しい建物を造ったのだ。
 しかしその分グランドは削られて狭くなってしまった。
 去年までは野球部がグランドの半分を使い、残りの半分でラグビー部とサッカー部が練習をしていたのだが、いまでは野球部が練習をする時は他のクラブはグランドは使えない。
 最初のホームルームの時間には一人一人が簡単な自己紹介をして、あとはロッカーや下駄箱や体育の時の着替えの注意などで終わった。
 先生が教室を出て行こうとするとき彩香ちゃんが先生の前に立ちふさがった。
「あの、新聞部どうなったんですか、新聞部がどうしてないんですか」と彩香ちゃんが聞くと先生は「あ、新聞部だったらもう無くなったから、ほら部長の吉永さんが卒業したら部員がいなくなってね」
「それで今年はもうないんだよ」と言って教室を出ようとした。
 彩香ちゃんは急に目に涙を浮かべて「どうしてなくなっちゃうんですか」と先生に食い下がった。
 先生はびっくりして「あ、君も吉永っていう名前だったよね、もしかして新聞部の部長だった吉永さんて、君のお姉さんだったのかな」と気が付いたようだった。
 彩香ちゃんは「そうなんです、さっき自己紹介で言ったのに先生聞いてなかったんですか」とまた泣きながら言うので「ちょっと職員室まで来てくれるかな」と困った様子だった。

 二人が一緒に先生と職員室までいくと教頭先生が出てきた。
 担任の先生が事情を話すと教頭先生は「もう新聞部は廃止になったんだけどね、なんとか今年部員が集まれば、廃止は取りやめにしてなんとかできると思うんだけど」
「部員は最低でも五人いないといけないんだけど集められるかな、君たちで」と彩香ちゃんをなだめながら言ってくれた。
 彩香ちゃんは「絶対集めます、絶対集めますから新聞部は潰さないで下さい」と教頭先生に頭を何回も下げた。
 さっそく昼休みに一年生の各教室を回って部員集めをしようと、お昼御飯を急いで食べて一年A組の教室に行ってみた。
 新入生の男の子や女の子達はまだ神妙な顔つきでお弁当を拡げていた。
 これはちょうどいいと思って彩香ちゃんが「私達新聞部でーす」と大声をあげたとき、急に教室のドアがあいて英会話部の希美ちゃんが入ってきた。
「ちょっとあなた達なにやってんのよ」と怒鳴りつけられて彩香ちゃんは「新聞部の宣伝に来たんです」と答えた。
 すると希美ちゃんは「なに言ってるのよ、昼休みのクラブの宣伝はもう生徒会で時間の割り当てが決まってるのよ、今は英会話部の時間なんだから、さっさと出て行きなさいよ」とまた怒鳴りつけてきた。
 彩香ちゃんはなにか言い返そうとしたが、時間の割り当てなどというのは教頭先生にも全然きいていなかった事なのでどうにもならなかった。
「どうしようか、これじゃ部員集めなどできないわね」と有紀が弱音を吐くと彩香ちゃんは「大丈夫、放課後に校門の外でやれば誰も文句など言えないはずだから」とまだ頑張る意欲だった。

 授業が終わったあと二人はさっそく校門の外に出て、新入生らしい生徒に声をかけては「今度新聞部に入りませんか、新聞部は楽しいですよ、友達もいっぱいできるし」と宣伝を始めた。
 しかし新入生の女の子達は目の前を通り過ぎるだけで、誰も新聞部に入ってくれる様子はなかった。
 するとちょうど江実矢君が校門を出ようとしているのを彩香ちゃんが見つけた。
 ちょうどよかったと言わんばかりに彩香ちゃんは江実矢君の前に立ちはだかった。
 江実矢君はすこしおびえた様子で立ち止まったまま困った様子で固まったように動けなくなった。
「ねえ江実矢君さ、クラブはどこに入るのかもう決めたの」と彩香ちゃんに言われて江実矢君は、半分震えた声で「まだです」と消え入りそうに答えた。
「じゃあ、江実矢君、新聞部はどうかしらね、とってもいいクラブなのよ、みんな仲がよくて楽しくて」と彩香ちゃんが言うと、江実矢君はまた小さな声で「考えて置きます」と言って彩香ちゃんの横を避けて通りすぎようとした。
「ちょっと、いますぐ決めてよね、私がお願いしてるのよ、すぐ決めなさいよ」と彩香ちゃんがちょっとだけ大きな声で怒鳴ると江実矢君はすぐに「は、は、入ります、入ります」と飛び上がりそうになって答えた。
 彩香ちゃんは「そう、それでいいの、早くそう言えばいいでしょう」と言いながら江実矢君の腕を掴むと校門から出ようとする江実矢君をひっぱってすぐ横に並ばせた。
「じゃ、江実矢君、一緒に新聞部の会員の勧誘をしてね、五人集まるまでは今日は帰さないからね」と江実矢君に命じると彩香ちゃんはまた「新聞部に入りませんか」と通り過ぎる新入生に声を掛け始めた。

 時間が経つにつれて門をでる生徒もいなくなり、結局部員になったのは江実矢君だけだった。
 翌日三人は授業のあと図書館に集まると、どうやって部員を集めるのか相談をした。
 図書館の掲示板には入学式の写真があり、演劇部の寸劇やサッカー部のリフティングの写真が大きく引き延ばして貼り付けてあり、英語の解説が付いていた。
 彩香ちゃんは顔を近づけてじっくりと英語を繰り返し読んで「なんで英語で書いてあるのかしら、普通に日本語で書けばいいのにこれじゃ読めないじゃないの」と文句を言った。
 する側にいた図書館の司書の先生が「これは英字新聞なのよ英会話クラブで作ってるの。写真も英会話部の部長が撮影して、カラープリンターで印刷したのよ。クラブのみんなで力を合わせて壁新聞作るんだから偉いわね」と教えてくれた。
 彩香ちゃんはこれは負けては居られないと思ったらしく「新聞部で壁新聞作ったら図書館の掲示板に貼ってもいいでしょうか」と司書の先生に頼み込んだ。
「そうね、構わないけど」と司書の先生が言ってくれたので、三人はさっそく模造紙とマジックを買いに駅前の文房具屋に行ってきた。
 図書館に戻ってさっそく模造紙を拡げて三人で「入学式の記事はもう英会話部がやったから、各クラブの紹介記事でも作ろうかしらね」と相談していると司書の先生が「壁新聞作るんだったら準備室でやってくれないかしら、ほら図書館は本を読んだり、自習しにきたりするから、じゃまになるしテーブルも広い方がいいでしょう」と言ってくれた。
 三人はさっそく職員用の奧の準備室に入れてもらった。
 ようやく壁新聞が出来上がって英字新聞の隣に張ると彩香ちゃんはこれで一仕事したという満足感で意気揚々と学校を引き上げた。

 駅の近くまで来ると彩香ちゃんが「お腹すいたから、ロッテリアに寄っていきましょうよ」と言いだした。
 三人で駅前のロッテリアに入ると、店は随分と混んでいて席は空きそうになかった。
 仕方ないので近所のコンビニでジュースを買うと、コンビニの前で立ち飲みしてその日は解散になった。
 翌日に昼休みに図書館に行ってみると、掲示板の前に大勢人だかりがしていた。
 きっと新聞部の壁新聞を見に集まっている生徒だと思って彩香ちゃんが近づいてみると、隣の英字新聞に昨日はなかった写真が追加してあり「コンビニで買い食いする立志館学園の生徒」となっていた。
 顔は後ろ向きではっきり見えなかったが、昨日三人でコンビニの前でジュースを飲んだ時の写真だ。
 望遠のカメラで撮したらしくて、駅前横の歩道橋の上から撮影したらしいとだいたい見当がついた。
 彩香ちゃんは一度は泣き出しそうな顔になったが、すぐに今度は怒り狂って「なんなのよ、誰がこんな写真撮ったのよ、彩香スペシャルかけてやるわ」と怒鳴り散らした。
 ちょうど側で様子を見ていた女の子の一人が「何かしら、その彩香スペシャルっていうの。そんなエッチなことよく知ってるわね」と意地悪そうに声を掛けてきた。英会話部の部長の希美ちゃんだった。
 これはまずいことになると思ったのか司書の先生が「二人とも、静かにしなさい、ここは図書館なのよ」と声を掛けてくれた。

「次の壁新聞作るからね」と彩香ちゃんが準備室に入ろうとすると希美ちゃんが「この準備室に入るのは止めてくれる、ここは英会話部の部室なんだから勝手にはいらないでよ」と言いだした。
 彩香ちゃんはまたみるみる顔色が変わった。
 すぐに司書の先生が「みんなで使えばいいでしょう、みんなの図書館なんだから」と言ってくれたが希美ちゃんは「ここは英会話部の部室なのよ、もう決まったんだから」と譲らなかった。
 司書の先生は「まだ職員会で決まった訳ではないのよ、生徒会からそうゆう申し込みがあっただけなんだから、職員会ではね、活動の実績があるクラブでないと部室は割り当てしないことになってるのよ」と言ってくれた。
 希美ちゃんは帰国子女で去年の九月にアメリカの高校から転校してきて、英会話部も今年正式に発足したクラブで活動実績と言えば何もない。
 新聞部は今年で潰れそうに成ったとはいえ、去年までは彩香ちゃんのお姉さんの佐織ちゃんが頑張ったおかげで、全国学生新聞コンクールにも入賞している。実績と言えば当然新聞部だ。
 しかし希美ちゃんがそれで黙って引き下がるような女の子ではなかった。
 司書の先生も困った様子で、職員会議で決まるまではどちらが図書の準備室を部室に使うのかは決まらないと繰り返し言うだけだった。
 結局職員会でも結論が出なかったようで、壁新聞の活動実績を二つのクラブで競って、成績がよかった方に部室を割り当てるということになったと言う。
 そしてどちらかの壁新聞を去年新聞部が入賞した、全国学生新聞コンクールに出すことになった。
 全国学生新聞コンクールは一校からは一つしか応募できないので、よかった方の新聞を学校の代表としてコンクールに出すということだった。

 彩香ちゃんは司書の先生に頼んで去年全国学生新聞コンクールに入賞した新聞を見せてもらった。
「高校生の避妊と、性教育」についての記事だったので彩香ちゃんは目が丸くなってしばらくは口がきけなかった。
 まだ高校一年の彩香ちゃんはまだキスもしたことがなく、初体験だってまだ済んではいない。
 去年は避妊と性教育のテーマだったので今年はもっとそれより進んだテーマでないと入賞はできない。
 避妊と性教育のさらに先を進んだテーマと言えば妊娠、出産を取り上げる訳にもいかないし彩香ちゃんは「これはもう援助交際を取り上げるしかないわ、ええそうよ、援助交際よ絶対」と言いだした。
 しかしこの高校で援助交際をしているなんて話しは聞いたこともないし、援助交際してますかとアンケートを取るわけにもいかない。
「渋谷に取材にいきましょう、渋谷だったら援助交際してる女子高生がいくらでも居るって話しをテレビでやってたわ、渋谷に取材に行けばいいんだわ」と彩香ちゃんが言うので、三人で渋谷まで行くことにした。
 図書室を出ようとするとき彩香ちゃんが「ちょっと江実矢君その格好はなによ、援助交際の取材に行くのに男の子が来たってしょうがないでしょう。これに着替えなさいよ」と言って制服のスカートを持ってきて江実矢君に渡した。
 チェックのプリーツスカートを渡されて江実矢君は困った顔をしていたが、彩香ちゃんに逆らえる訳もなく「ちょっとトイレで着替えてくる」と言って素直にスカートに着替えてきた。
 江実矢君は普段から髪の毛が少し長めで、目が青くて髪も茶色なせいでスカートを履くとまるで中学生の女の子に見えた。
 彩香ちゃんは鞄から赤いカチューシャをだして江実矢君の前髪に付けさせた。
「これなら、誰が見ても女の子ね」と彩香ちゃんは自慢げに江実矢君を眺め回してた。
 江実矢君は、まるでお人形のように彩香ちゃんにされるままになっていた。
 まだ小学校の時の彩香スペシャルが怖くて彩香ちゃんに逆らえないのがありありと見て取れた。


1.高校一年生<< ページトップ >>3.援助交際の取材

チアガールアダルトビデオ

名門●●大学チアリーディング部在籍! 競技歴4年! 全国大会第8位! 美少女すぎる現役アスリート女子大生が超開脚セックスでAVデビュー! 三井ゆり(仮)19歳 kawaii [DVD]
チア少女をねぶり尽くす 梨乃 ラマコス/妄想族 [DVD]
現役チア部員の長身女子大生! 美人でドスケベ! 体育会系軟体ボディをいろんな体位で突かれ、絶頂チ●ポ穴化と化す! 内村りな SHRK-025 [DVD]
人気プロ球団専属チアリーダーkawaii*デビュー! YUNA kawaii [DVD]
羞恥!県大会優勝の現役テニス少女がデビューから衝撃の露出FUCK!
高校野球を熱心に応援する球場で一番可愛いチアリーダーのエッチなSEXをお見せします
裏ブロンド生ハメ 金髪チアリーダー犯す黒チン…青春よ、散れ!