彩香スペシャル〜恋の必殺技

by七度柚希

目次

    第一話

    1.高校一年生

    2.英会話部には負けられない

    3.援助交際の取材

    4.ブルマー盗まれる

    5.盗まれたアンダースコート

    6.スクープ

    7.もう止められない

    8.チアリーダーのオーディション

    9.早朝の通学で痴漢

    10.決勝戦に勝って甲子園出場

    11.三度目の如来棒

    12.彩香スペシャルは恋の必殺技

    第二話

    13.先生はノーパン

    14.ブラジャーはCカップ

    15.痴漢盗撮

    16.ラブシーン

    17.セクハラ面接

    18.出会い系喫茶

    19.ハプニングバー

    20.観覧車

    21.合宿

    22.監禁調教

    23.AV撮影

    24.真っ赤なTバック

8.チアリーダーのオーディション

あらすじ
 応援部でチアリーダーの募集してるのを知った。応援部に入部すればきっと何か秘密を探れるに違いない。英会話部の希美ちゃんもチアリーダーに応募してきたのでオーディションで決めることになった。だけどチアリーダーに選ばれたのは江実矢君だった。

 翌日の放課後図書館に行ってみると、希美ちゃんがほかの英会話部の女の子達となにやらひそひそ話しをしていた。
 希美ちゃんは、彩香ちゃんと有紀が来たのを見て伏し目がちに図書館から出て行った。
 いったい何なんだろうと思って希美ちゃんが見ていた掲示板を確かめると、チアリーダー募集のビラが貼ってあった。
 なんでも今度の野球部の試合には、甲子園出場がかかっていてチアリーダーの女の子が足りないから急募するということらしい。
 チアリーダーの女の子と言えば、前の壁新聞で盲腸で入院している子が居ると書いてあった。
「そんなに都合よく盲腸になんか成るはずはないのよ、その裏にはまだ隠された謎があるに違いないわ、それを探ればきっとすごいスクープ記事が書けるけるのよ」というのが彩香ちゃんの意見だ。
 有紀もそれはもっともだと思って彩香ちゃんと一緒に謎をあれこれ推理してみた。しかしいくら考えても考えただけで謎が解ける訳もなかった。
「この際、私達チアリーダーに応募しましょうよ、そうすればきっと謎が解けると思うの、きっと大変な秘密が隠されてるのよ応援部には」と彩香ちゃんが言いだした。
 そんなわけで有紀は彩香ちゃんとチアリーダーの募集に応募することにした。

 さっそく応援部の部室にいって「チアリーダーの募集読んだんですけど」と部長に話しを付けようとすると部室にはもう希美ちゃんが、他の英会話部の女の子達と部長を取り囲んでいた。
 希美ちゃんが先に応援部にチアリーダーに入れてもらう話しをしていたので、部長は困った顔をしていた。
「応援の上手な方が、チアリーダーにはいいはずでしょう、先着順なんておかしいわよ絶対」と彩香ちゃんが部長に迫った。
 希美ちゃんはそんなことさせないとばかりに「私達が先に来たんだから、私達に決めてよね」と言うと部長にしがみつくようにして英会話部の女の子達で回りを取り囲んだ。
 部長は女の子達に迫られてさすがに困った様子でマネージャーと相談してオーディションをするといいだした。
 一時間後に体育館でダンスのオーディーションをするからそれまでに体操着に着替えてダンスの練習をして置くようにとマネージャーに言われて二人は体育館を出た。
 教室に戻って、二人は体操着のブルマーでダンスをすれば男の子は喜ぶはずだと相談した。
「男ってなんでブルマーに弱いのかしらね」と彩香ちゃんは理由がよく分からない様子だったが「ともかくなんでもいいから、オーディションに受かればこっちのものよ」と言ってさっそくブルマーをロッカーから取りだした。
 着替えに体育館に行くともう希美ちゃんが着替えをすませて、体育館の鏡の前でダンスの練習をしていた。

 英会話部の女の子達はテニス部から借りてきたらしいお揃いのテニスウェア姿だった。
 希美ちゃんはさっそく他の女の子達にダンスの振りを教えていたが、足を大きく前にけり出すとプリーツスカートの下のアンダースコートが丸見えになっていた。
 あんな格好で恥ずかしくないのかしらと有紀は思ったが、それどころの話しではなかった。
「男の子って、ブルマーよりはやっぱアンダースコートよね、あのひらひらのレースに弱いのよね」と彩香ちゃんが困った顔で独り言のようにつぶやいた。
 これではオーディションに負けてしまう、そうしたら大浜学院が甲子園に出られなかった秘密も希美ちゃんに握られてしまう。
 こうなったら色気で迫るしかないと、彩香ちゃんは「スクール水着あったわよね、この間の水泳の時間で着たのあれ着ましょうよ、アンダースコートよりはスクール水着の方が絶対男の子は好きなのよ絶対よ」と言いだした。
 体育館の更衣室でスクール水着に着替えたが、そのままの格好でオーディションが始まるまで体育館で待っている訳にもいかない。
 彩香ちゃんが「そうだ、スクール水着の上にブルマーと体操着を着ましょうよ、そしてさ、踊りながら脱ぐのよこれならもう絶対よ」とすごいアイデアを出した。
 有紀もこれなら絶対負けるはずがないと思い二人でスクール水着の上に体操着のシャツとブルマーを着ることにした。

 時間前に体育館に行くと、希美ちゃんたちはテニスウェア姿でオーディションが始まるのを待っていた。
 ちらっと横目で彩香ちゃんと有紀のブルマー姿を見て、希美ちゃんはもう自分たちがオーディションに受かったように鼻先でせせら笑った。
「私達から先に踊るわね、どうせあなた達は落ちるのは決まってるんだから」と言いながら希美ちゃんは「じゃ、音楽お願いしますね」と応援部のマネージャーに合図をした。
 ラジカセから聞こえてきたのはアメリカのダンスミュージックらしいテンポの速い曲だった。
 希美ちゃん達は得意そうに手足を動かすと、何度も足を高く蹴り上げてはアンダースコートのレースのひらひらを応援団長に見せつけた。
 ダンスが終わると「あんた達に負けるはず無いわよ」という顔つきで、わざとアンダースコートが見えるように膝を立てて座った。
 彩香ちゃんもいまに目に物見せてやるという顔つきで「音楽お願いします」とマネージャーに合図した。
 音楽に合わせてなんとか体を動かしたが、もともとダンスなど得意でないのでどう見ても希美ちゃん達よりは見劣りがするのは仕方ない。
 希美ちゃんも鼻先でせせら笑って、曲が終わるのを待ちかねていた。
 ちょうど曲の半分の所まで着たところで彩香ちゃんが「いまよ」と小声で合図した。
 彩香ちゃんがブルマーを膝まで脱ぐのが見えると、有紀もあわててブルマーを脱いでマネージャーに放り投げた。
 ブルマーがマネージャーの頭にぶつかるとマネージャーは、目の玉が飛び出しそうなくらい驚いて目を見開いていた。
 希美ちゃんもなにがあったのか訳がわからないような顔で、目の玉が大きく見開いた。

 上に着ていた体操着のシャツも手早く脱ぐと、その下にはスクール水着の紺色が露わになり、白い太股がまぶしいくらいに輝いて見えた。
 男の子達の目はまん丸と開いたまま、スクール水着の胸と盛り上がった秘所に釘付けになり点数を付けているエンピツも手から滑り落ちた。
 どうみたって胸の大きさは、希美ちゃんよりは彩香ちゃんの方が断然大きい。
 こうなればもう音楽なんか関係ない。
 両手を胸から腰の当たりを撫で回すように動かしながら、腰を廻すと男の子達はもう目が点になったまま身動きもできずに二人を見つめた。
 今度は腰を廻しながら、思い切り後ろに仰け反ってみせると男の子達が瞬きもできずに食ってかかるように彩香ちゃんの秘所に目が張り付いた。
 もうこっちのものよという顔で彩香ちゃんが踊るのを見て、希美ちゃんは頭から火がでそう顔だった。
 ラジカセの音楽が終わると、希美ちゃんは急に立ち上がって「あんた達何よ、そんなのずるいわよ、そんな手使うなんて」と泣き出しそうになりながら、彩香ちゃんに食ってかかった。
 慌てて応援部の部長とマネージャーが間に入ると、今度は希美ちゃんは「こんなのずるいわよ、なんなのよこれ」と部長を突き飛ばした。
 半分ひっくり返りそうになりながら、部長は「いや、いや、これはその」と何を言っていいのか分からない言葉を繰り返して口ごもった。
 マネージャーの女の子がすぐに気を利かせて「踊りでは決着が付かないということで、次は面接します」と言うと部長の腕を引っ張って希美ちゃんから引き離した。

 応援部の部室で、順に面接をすることになり、今度は最初に彩香ちゃんと有紀が部屋に入った。
 正面には応援部の部長と、副部長が座っていて、二人は前に置かれた椅子にスクール水着の姿のまま座った。
 部長と副部長の視線が、彩香ちゃんの大きな胸に吸い付けられるように注がれるのが見えた。
「それで、どうしてチアリーダーに成りたいんですか」と部長が最初の質問をした。
「私、みんなに喜んでもらいたいんです」と彩香ちゃんが大きな声で答えると、わざと水着の足をすこしだけ左右に拡げた。
 部長の眉毛がぴくっと動くのが見えた。
 これは上手くいきそうだ、そう思って有紀もわざと姿勢を直すような仕草で腰を捻りながら腿の間を副部長に見えるように拡げた。
 今度は副部長の眉がゆがんで、口が半分開いてよだれが出そうになった。
「私、みんなに喜んでもらえるチアリーダーになりたいんです、私どうすれば男の子が喜ぶのかよく知ってます、ホントに喜んでもらいたいんです」とまた思わせぶりな台詞で笑顔を作りながら今度は指先をスクール水着の股間にあてがって、そっと撫で上げた。
「あっ、」という小さなうめき声を彩香ちゃんが口からこぼすと、部長と副部長はもう我慢の限界だった。
「どうすれば、男が喜ぶんですか、何をすれば男が喜ぶんですか」と荒い息で部長が素っ頓狂な声で聞いてきた。
 ここぞとばかりに「得意なんです私、口でするのが大好きなんです、得意技は彩香スペシャルです」と彩香ちゃんが精一杯甘えた声で囁いた。

 部長と副部長はもうとても我慢しきれなくて、すぐに席を立つと二人の前に立ちはだかった。
 彩香ちゃんが得意の秘術を繰り出すと、有紀も負けずに唇すぼめて舌を使った。
 副部長の顔を見上げると、もう目の先がどこを見ているのか分からなくなった表情だ。
 もうとても我慢出来ない様子で部長は腰を前後に揺すり始めた。
 とうとう部長の頭が仰け反って震えながら「もうやめてくれ、もうだめだ」とうめき声を上げた。
「これで、チアーリーディングの面接は二人に決まった」と心の中で確信して有紀は有頂天になった。
 二人が部屋からでると、入れ替わりに希美ちゃんともう一人の新聞部の部員の女の子が部屋に入った。
 二人ともまださっきのテニスウェア姿のままで、汗がポロシャツに染みこんで下のブラジャーが透けて見えた。
 彩香ちゃんは自信たっぷりの顔で、面接が終わるのを待った。しかし希美ちゃんはなかなか部屋から出て来なかった。
 面接がそんなに長くかかるわけはないまたきっと希美ちゃんがずるい手管を使って部長をたらし込んで居るに違いないと彩香ちゃんは心配顔になってきた。
「ねえ、ちょっと体育館の裏に回って、様子を見てみましょうよ」と彩香ちゃんが言い出した。
 体育館の裏に回ればさっきの部屋の裏口の横の窓まで行ける。窓は磨りガラスだが以前ボールがぶつかってできたひび割れがあり、そこから中がのぞけるはずだ。そう思ったとき有紀はとんでもない事に気が付いた。

 きっと希美ちゃん達も、二人が面接をしている時に体育館の裏から覗いていたに違いない。
 彩香ちゃんもそれに気が付いたらしくて、急に不安そうに下を向いた。
 諦めて体育館に戻ると随分と時間がたってから、希美ちゃん達が面接から戻ってきた。
 すこし遅れて応援部の部長が出てくると「面接の結果を発表します」と言って応募者全員を集めた。
 合格したのは希美ちゃんだった。
 彩香ちゃんはどうにも腹に据えかねた様子で部長を睨み付けたが、部長はわざと顔をそらせて知らん顔をして体育館の天井を見上げた。
 希美ちゃんがなにか汚い手を使ったのははっきりしてるが、いったいどんな手を使ったのか見当も付かなかった。
 彩香ちゃんは突然、希美ちゃんの前まで歩み寄ると「ちょっとあんた汚い真似してくれたわね」と怒鳴りつけた。
 すると希美ちゃんは「あら、汚い真似ってどうゆうことかしらね」と彩香ちゃんに背を向けながら捨て台詞を飛ばした。
 あわてて部長と副部長が二人の間に入って、どうにか彩香ちゃんをなだめたが、彩香ちゃんは納得の行かない様子でまだ何か言い足りない顔だった。
 急に体育館の入り口が騒がしくなり、応援部のチアーリーディングの女の子達がジャージ姿で大勢押しかけてきた。

 なんの騒ぎかしらと思っているとすぐにチアリーディングの練習が始まるらしくて「ちょっとあなた達邪魔だから、その辺にでも下がってよね」と女の子の一人が体育館の隅を顎でしゃくって指し示した。
 男の子には強気の彩香ちゃんも、女の子達の集団にはかなわないらしくて大人しく体育館の隅に引っ込んだ。
 希美ちゃんはさっそくテニスウェア姿のままでチアリーディングの女の子達と準備運動を始めた。
 そのあとすぐにバックフリップの練習をすると言われて急に希美ちゃんは座り込んでしまった。バックフリップというのは四人で手を組んで土台を作って、そこから上に放り上げられた後、宙返りして着地するという大技だった。
「ちょっと早くしてよね」と大柄の三年生の女の子に叱りつけられて「私、できません」と希美ちゃんは泣き出してしまった。
「何いってんのよ、早くしなさいよ」と怒鳴りつけられても希美ちゃんが動かないので、チアリーディングの女の子達は困った顔をして応援部の部長に駆け寄ってきた。
 部長はちょうど練習を見に来ていた江実矢君に目をつけて「おい、お前いいからちょっと来い」と呼びつけた。
 江実矢君は急に呼ばれて構えていたカメラを降ろすと、なんで呼ばれたんだろうときょとんとした顔をしていた。
 彩香ちゃんが「恵美、はやく来るのよ」と叫んだので江実矢君はあわてて女の子達の前まで駆け出してきた。

 応援団長の指示で江実矢君を試しに女の子の組んだ腕に乗せて立たせると、女の子達が組んだ腕を上に力一杯押し上げた。
 江実矢君の体は真上に放り上げられると、天井近くまで飛んでそのあと、背を伸ばしたままくるっと背中から回るとそのまま頭から下に落ちてきた。
 このまま落ちたら大変だ。
 希美ちゃんが「キャー」と大きな悲鳴を上げた。
 もうだめと有紀が思った瞬間に江実矢君は体育館の床に着く瞬間にくるりと体を回転させて宙返りしてストンと地面に立った。
 女の子達は呆気にとられて口を開けたまま見ていたがやがて手を解くと顔一杯に笑みを浮かべて手を叩いた。
「おい、お前に決まりだ、今度の試合ではお前がトップパーソンだ分かったな」と応援団長に言われ江実矢君は困った顔をしていた。
 トップパーソンというのは、チアリーディングで一番目立つ花形のポジションだ。
 しかし彩香ちゃんが「恵美あんたがやるのよ、あたしの言うことを聞かないとどうなるかわかってるわね」と怒鳴りつけると江実矢君はおびえた様子で頷いた。
 結局チアリーダーのオーディションには、江実矢君だけが合格ということになり試合の当日まで練習することになった。
 しかしいくら甲子園の応援とはいえ、体育館はほとんどの時間がバレー部やバスケット部で使うので練習時間が足りない。
 そこで朝早くに練習をするのだが彩香ちゃんは、きっとなにかニュースにできるような秘密がつかめるに違いないからと言って江実矢君を毎日家まで迎えに言って、一緒に電車に乗って早朝の練習を一緒に見守った。
 有紀はちょっとそこまでやることはないと思って「そこまで一緒につき合わなくてもいいんじゃないの」と彩香ちゃんに言ってみた。
 彩香ちゃんは「練習で怪我したりしたら困るじゃない。私の為に江実矢君は一生懸命やってくれてるんだから、だから私もいつも側にいて、困った時にはすぐ助けてあげられるようにしてあげるのよ。当たり前のことでしょう」と言って怒った口調で言い返すだけだった。


7.もう止められない<< ページトップ >>9.早朝の通学で痴漢

チアガールアダルトビデオ

名門●●大学チアリーディング部在籍! 競技歴4年! 全国大会第8位! 美少女すぎる現役アスリート女子大生が超開脚セックスでAVデビュー! 三井ゆり(仮)19歳 kawaii [DVD]
チア少女をねぶり尽くす 梨乃 ラマコス/妄想族 [DVD]
現役チア部員の長身女子大生! 美人でドスケベ! 体育会系軟体ボディをいろんな体位で突かれ、絶頂チ●ポ穴化と化す! 内村りな SHRK-025 [DVD]
人気プロ球団専属チアリーダーkawaii*デビュー! YUNA kawaii [DVD]
羞恥!県大会優勝の現役テニス少女がデビューから衝撃の露出FUCK!
高校野球を熱心に応援する球場で一番可愛いチアリーダーのエッチなSEXをお見せします
裏ブロンド生ハメ 金髪チアリーダー犯す黒チン…青春よ、散れ!