彩香スペシャル〜恋の必殺技

by七度柚希

目次

    第一話

    1.高校一年生

    2.英会話部には負けられない

    3.援助交際の取材

    4.ブルマー盗まれる

    5.盗まれたアンダースコート

    6.スクープ

    7.もう止められない

    8.チアリーダーのオーディション

    9.早朝の通学で痴漢

    10.決勝戦に勝って甲子園出場

    11.三度目の如来棒

    12.彩香スペシャルは恋の必殺技

    第二話

    13.先生はノーパン

    14.ブラジャーはCカップ

    15.痴漢盗撮

    16.ラブシーン

    17.セクハラ面接

    18.出会い系喫茶

    19.ハプニングバー

    20.観覧車

    21.合宿

    22.監禁調教

    23.AV撮影

    24.真っ赤なTバック

12.彩香スペシャルは恋の必殺技

あらすじ
 翌朝の新聞を見て有紀はびっくり。監督と吉田さんが逮捕された。江実矢君がビデオチャットしながらデートクラブのコンピュータをハッキングして警察に届けたんだ。彩香ちゃんが江実矢君にお礼をしたいと言うと、江実矢君の希望は彩香スペシャル。

 有紀がラブホテルから家にもどったのは夜中すぎだった。
 甲子園の出場が決まった祝宴会で遅くなったと親に言い訳をしてなんとか誤魔化したが、体はもう疲れ果ててすぐに布団に潜り込んだ。
 眠ろうとしても体が熱くて燃え上がるような感触がずっと続いて、半分目が覚めたまま眠れなかった。
 有紀の体は子宮の奧からわき出す電流で震えを繰り返し引きつって止まらなかった。
 あまりに力強い感触がこみ上げて来るので有紀はそっと大事な所に指をあてがって見た。
 すると急に指先から痺れるような感触が襲いかかるとまた急にからだ全体が熱くなった。
 有紀はもう止められなくて自分が援助交際をさせられる場面を想像した。
 相手は会って見るまでは分からない。
 きっと50代もすぎたおじさんで、禿げていてお腹も出ているんだ。
 最初はきっとカラオケなんかで体を触られて、胸も好きなだけいじらせるんだ。
 どんな相手にどんなことをされても言われたとおり逆らわずに気持ちいい振りをしないといけないんだ。
 それが援助交際なんだ。
 何度も自分に言い聞かせるようにして想像を繰り返すとその度に体中が熱くなって、指を使うのが止められなくなった。
 繰り返し体が震えると、波間に漂う体が小さな波と大きな波を漂いながらに次第に高まって行った。
 終わることのない快楽の楽園が有紀の体を包み込んで至福の時を満たした。

 朝起きると、有紀はすぐには昨日のことが思い出せなかった。
 しかし目が覚めて頭がはっきりしてくると、今日から援助交際をさせられるんだと思って泣き出したい気持ちが有紀を襲ってきた。
 有紀は何度もため息を吐いたがもうどうにもなるはずの事ではなかった。
 朝ご飯代わりの豆乳を飲み干してコップをテーブルに置くと、お母さんが「ねえ、あなた、この監督ってあなたの学校の監督じゃないの」と新聞を読みながら呟いた。
 届いたばかりの朝刊には、野球部の監督が逮捕のニュースが流れていた。
 痴漢倶楽部を経営して儲けを脱税していたというとんでもない話しだった。
 よくよく新聞を読み直して見ると、逮捕されたのは我が校の立志館学園野球部監督だった。
 新聞社の記者も共犯で逮捕されたという。
 大変なことになったと、有紀は慌てて急いで学校に出かけた。
 教室に入ってみるともうニュースは伝わっていて、あちこちで噂話しをしていた。
「野球部が甲子園に行けなくなっちゃったんだって壁新聞に出てたわよ」声が聞こえたので有紀は急いで図書館に行ってみると英会話クラブの英字新聞にニュースがでていた。
「野球部の甲子園出場は中止」という大きなタイトルがあって、前には生徒が大勢詰めかけていた。

 いったいどうして急に監督が逮捕されたのか有紀には見当も付かなかったが、彩香ちゃんが江実矢君に聞いたと言って事情を話してくれた。。
 江実矢君が大浜学院の男の子に追い回されて、ゲームセンターの個室に逃げ込んだ所ちょうどパソコンに彩香ちゃんのビデオチャットの画面が映っていたという。
 それも他のお客さんとエッチなビデオチャットをしている所のだったとか。
 それで江実矢君は彩香ちゃんが援助交際のクラブで働いているとピント来て、ネットワークのサーバーをハッキングしてクラブの帳簿と、女の子の名簿をまんまと盗み出して電子カメラのメモリーカードにコピーして持ち出したという。
 あのとき下を向いてこそこそしてたのはそうゆう訳だったのねと有紀は今頃になって納得した。
 江実矢君が校長にメモリーカードを届けてすぐに校長が警察に連絡したという話しだった。
 江実矢君は気を利かせて、彩香ちゃんが困ったことに成らないように名簿からは彩香ちゃんの名前を削除しておいてくれたらしい。
 警察の方も前々から監督には目を付けていて、江実矢君が持ってきた帳簿のファイルを見てすぐ逮捕に踏み切ったとの事だった。
 監督は痴漢倶楽部を経営していて、痴漢の被害にあった女の子を脅してデートクラブに紹介してお金を稼いでいたという。
 新聞記者の吉田さんも、痴漢にあった女の子に「取材に協力して欲しい」と声を掛けて、罠にはめては紹介料をもらっていたという事だった。
 チアリーダーをしていた恵美ちゃんも痴漢の被害にあった後、吉田さんに罠にはめられ、お母さんも一緒にデートクラブで働かされていたという事らしい。
 恵美ちゃんは大浜学院の監督と援助交際をさせられて、それをネタに吉田さんが大浜学院の監督を脅していたのが真相だった。
 テニス部の部室に隠してあったアンダースコートはやっぱり恵美ちゃんが処女を大浜学院の監督に奪われたときのアンダースコートで、それが証拠で大浜学院の監督は言い逃れが出来なかったという。

 詳しい事情を知っているのは校長先生だけで、とても壁新聞に書けるような事ではなかった。
 結局のところ新聞対決は英会話部の勝ちと言うことになり、全国学生新聞コンテストには希美ちゃんの英会話部の壁新聞で応募することになったと図書の司書の先生が教えてくれた。
 一月ほどたって、立志館学園が全国学生新聞コンテストに入賞したという記事が新聞に載っていた。
 彩香ちゃんと有紀はやっぱり英会話部の壁新聞が入賞したものとばかり思って二人でがっかりした。
 これで部室は英会話部の物になり、新聞部は部室のないジプシー部に落ちぶれるのが決まってしまったのだ。
 しかし急に彩香ちゃんと有紀は校長先生に呼ばれて、全国学生新聞コンテストの授賞式に出席するようにと言われた。
 すぐには事情が飲み込めなかったが、学生新聞コンテストに応募するとき校長先生が勝手に英会話部の「甲子園出場中止」の壁新聞を、新聞部の「学校での虐めの実態」の壁新聞に差し替えていたのだった。
 監督が逮捕された裏の事情をしっているのは校長先生ただ一人だったので、ほかの先生は英会話部の壁新聞を推薦したのだが、学校の恥をコンクールで公表できないということで校長先生が独断でやったことだった。
 表彰式の当日、彩香ちゃんと有紀と江実矢君の三人は校長先生と一緒に渋谷のNHKホールで行われた全国学生新聞コンテストの授賞式出席した。
 授賞式の写真は江実矢君が舞台の手前の客席からデジカメで撮影した。

 翌日の午後に「全国学生新聞コンテストで優秀賞受賞」という壁新聞を図書館に張り出すと、すぐに大勢の人だかりが出来た。
 江実矢君に手伝ってもらって、いままで彩香ちゃんや有紀のロッカーにしまっておいた、新聞部の備品を部室に運び込むと、校長先生が「よかったらこの電気ポットを使いなさい、職員室で新しいポット買ったから古いのがいらなくなったんだ」と言ってすこし古くなった電気ポットを置いていった。
 だいたい部屋も片づいて三人でお茶を飲んでいると急に彩香ちゃんが改まった様子で「江実矢君本当にありがとう、みんな江実矢君のおかげよ」
「なにかお礼に出来ることがあったら、なんでもしてあげるから言ってちょうだい」と甘えた口調で江実矢君の耳元で囁いた。
 これはもしかして愛の告白かしら逆ナンってことなのかしらと有紀がドキドキした気分で見守っていると、江実矢君は「して欲しいことがあるんだけど」とおどおどしながら小さい声で返事をした。
 これはきっとキスをして欲しいに違いないと思って彩香ちゃんはそっと江実矢君の口元に顔を寄せた。
 すると江実矢君は「その、彩香スペシャルやって欲しいんだ、小学校の時にやられた彩香スペシャルをもう一度やって欲しい」と彩香ちゃんに頼んだ。
 彩香ちゃんが当惑して困った顔をすると江実矢君も言わなければよかったと思って下をうつむいて彩香ちゃんの顔から目をそらせた。

 彩香ちゃんは改めて江実矢君に向き直ると「どうしてなの」と問いつめるように声をかけた。
 すると江実矢君は小さい声で「彩香ちゃんが、好きだから」とやっとの事で言った。
 彩香ちゃんは急にニコニコしながら「やって上げるからズボン脱ぎなさいよ」と言いだした。
 それを聞いて江実矢君は「それは駄目、絶対だめだ」と今度は慌てて席を立とうとした。
 彩香ちゃんは急に「何いってんのよ、あたしに逆らえると思ってるの、いいからさっさとズボン脱ぎなさいよ」と今度は大声で怒鳴りつけた。
 いきなり彩香ちゃんは江実矢君を押し倒すと、ズボンのベルトを外して、江実矢君ズボンを腰から引きずって降ろした。
 江実矢君がズボンの下にはいて居たのは紺の下着だった。
「なんなのよこれ、あたしのブルマーじゃないの」と彩香ちゃんが大きな声をだすと有紀は自分の目を疑った。
 江実矢君がはいているのは確かに小学校の時、彩香ちゃんが盗まれた紺のブルマーで白い名札に名前が書いてあった。
「覚悟はできてるはね、彩香スペシャルでお仕置きよ」と叫んだ彩香ちゃんの顔は半分涙で泣き顔になっていた。
 彩香ちゃんが両足を江実矢君の股間にぶつけると江実矢君が悲鳴を上げた。
 有紀は彩香ちゃんと江実矢君を二人きりにしてあげた方がいいと思い、こっそりと部屋を出た。

                          完


11.三度目の如来棒<< ページトップ >>13.先生はノーパン

チアガールアダルトビデオ

名門●●大学チアリーディング部在籍! 競技歴4年! 全国大会第8位! 美少女すぎる現役アスリート女子大生が超開脚セックスでAVデビュー! 三井ゆり(仮)19歳 kawaii [DVD]
チア少女をねぶり尽くす 梨乃 ラマコス/妄想族 [DVD]
現役チア部員の長身女子大生! 美人でドスケベ! 体育会系軟体ボディをいろんな体位で突かれ、絶頂チ●ポ穴化と化す! 内村りな SHRK-025 [DVD]
人気プロ球団専属チアリーダーkawaii*デビュー! YUNA kawaii [DVD]
羞恥!県大会優勝の現役テニス少女がデビューから衝撃の露出FUCK!
高校野球を熱心に応援する球場で一番可愛いチアリーダーのエッチなSEXをお見せします
裏ブロンド生ハメ 金髪チアリーダー犯す黒チン…青春よ、散れ!