彩香スペシャル〜恋の必殺技

by七度柚希

目次

    第一話

    1.高校一年生

    2.英会話部には負けられない

    3.援助交際の取材

    4.ブルマー盗まれる

    5.盗まれたアンダースコート

    6.スクープ

    7.もう止められない

    8.チアリーダーのオーディション

    9.早朝の通学で痴漢

    10.決勝戦に勝って甲子園出場

    11.三度目の如来棒

    12.彩香スペシャルは恋の必殺技

    第二話

    13.先生はノーパン

    14.ブラジャーはCカップ

    15.痴漢盗撮

    16.ラブシーン

    17.セクハラ面接

    18.出会い系喫茶

    19.ハプニングバー

    20.観覧車

    21.合宿

    22.監禁調教

    23.AV撮影

    24.真っ赤なTバック

6.スクープ

あらすじ
 大浜学院が甲子園に行けなくなったというニュースが伝わって、ラグビー部の部長に怒られた。大浜学院のスキャンダルを探るため信夫君を呼び出して聞き出したが、詳しい事情は判らない。

 翌日になって彩香ちゃんが江実矢君に五万円を渡してピックカメラにいってデジカメを買って来てもらうことにした。
 江実矢君が出かけている間に、ラグビー部に頼まれた野球部のスキャンダル記事をどうしようかと二人で相談したがいいアイデアは浮かばなかった。
 嘘を書いてもすぐばれるような嘘ではしょうがない、なんとか言い逃れが出来ないような嘘の記事をでっち上げようとは思ってもかなかなか思いつかない。
 図書館に行くと英会話部の壁新聞が張り出されていて、大浜学院が甲子園出場辞退という記事が大きな文字で書いてあった。
 希美ちゃんがどっからニュースを仕入れて来たのかは分からなかったが、大スクープに間違いなかった。
 詳しい話しは書いてなかったが、不祥事があって学校側が出場を辞退したと書いてあった。
 ちょうどチアリーダーの女の子が一人盲腸で入院して困っているというニュースもあった。
 二人がラグビー部の部長に頼まれたのは、自分の学校の立志館学園の野球部を甲子園に行けなくするという企みだった。
 しかし大浜学院が甲子園辞退してしまえば、甲子園出場は立志館学園になってしまう。いったいなにがどうなったのか訳が分からなかった。

 騒ぎは学校中に伝わったらしくてラグビー部の男の子が壁新聞を読みに集まってくると、今度は彩香ちゃんと有紀の居る新聞部の方にやってきた。
「おい、どうなってるんだ、俺たちが頼んだのは俺たちの学校の野球部だぞ、これじゃ逆さまじゃないか、俺たちの学校の野球部が甲子園にでてどうすんだ」と言われてすっかり困ってしまった。
 不祥事ってどんなことなのよと女の子達が噂していて有紀には思い当たることがあった。
 あのときブルマーと一緒に「彩香スペシャル」の写真を買ってもらったけれど、もしかしてその写真が大浜学院に送られて「金をよこせ」とでも脅されたのかもしれない。
 そう思うと急に怖くなって彩香ちゃんに「ねえあのときの写真のせいじゃないの、きっとそうよ」と聞いてみると彩香ちゃんもやっぱりそうかもしれないと思った様だった。
「そうだ信夫君に聞いてみよう、駅前から電話すればいいわ」と彩香ちゃんが言うのでさっそくコンビニの前で信夫のいる大浜学院の生徒会に電話してみた。
「あ、もしもし、その話しだったら、今朝の新聞に出ていて、内の学校でも大変な騒ぎなんですよ」と信夫君がいうので、やっぱり英会話部の壁新聞は間違いないようだった。
「詳しい話しはまだよく分からないんですけどね、いや、野球部の父兄に誰か裏の事情を知っている人がいるかも知れないので聞いてみましょうか」と信夫君がいうのでともかく事情を調べてもらうことにした。

 しばらくたって信夫君から「調べがついたので会って話しがしたいんですけど」と携帯にメールが来た。待ち合わせの場所は前と同じで、渋谷のロッテリア前だった。
 約束の時間より少し早めに店の前に付くと、まだ信夫君は来ていない様子だった。
 店は混んでいてすぐには空いた席が見つかりそうにないので、二人は店の前で信夫君を待つことにした。
 店の前には他にも待ち合わせらしい女の子が数人立っていて、男の子が時々声を掛けていた。
 どうも女の子は待ち合わせの振りをして、ナンパ待ちをしているらしいとなんとなく分かってきた。
 私達にも声を掛けてくる男の子が居るのかしらとちょっとドキドキした気分で通りを歩く男の子達を眺めていると、人混みのなかに見たことのある男の子達を見つけた。
 すこし遠くから通りを歩いてくるのは大浜学院の野球部の男の子達だった。
 有紀は慌てて彩香ちゃんの背中をつっついたが彩香ちゃんはちょうど通りがかりの男の子に声をかけられて「カラオケいかない」と誘われている最中だった。
 これはまずいと思って彩香ちゃんの手を取って引っ張ろうとしたとき、野球部の男の子達が私達を見つけて近づいてきた。
 きっと信夫君が私達のことを野球部に知らせたんだ。
 大浜学院が甲子園に行けなくなったのはやっぱりあの「彩香スペシャル」の写真のせいなんだ。
 それで野球部の男の子達が仕返しをするために私達を罠にはめたんだと思って有紀は足が震えてきた。

「おい、お前らこんなところで突っ立ってると変な男に声かけらせるぜ、付いていくんじゃねえぞ」と大浜学院の野球部の部長が彩香ちゃんに大声で話しかけた。
 彩香ちゃんをカラオケに誘っていた男は野球部の男の子達をみてばつが悪そうに逃げ出してしまった。
 彩香ちゃんはせっかく声を掛けられたのに邪魔をされて迷惑そうな顔で振り返った。
 声を掛けてきたのが大浜学院の野球部の部長だと判ると、急に彩香ちゃんの顔が引きつって凍り付いた。
 そのあと部長が何を言い出すのか有紀は怖くて膝が震えて止まらなかった。
 きっとまたこの間みたいにカラオケに連れ込まれて今度は前よりももっと酷い目にあわされるに違いない。
 いったいどんな目に遭わされるのだろうかと思っただけで有紀の体は頭のてっぺんまで熱くなった。
 次の瞬間には腰の奧が急に熱くなり熱湯が吹き上がるような感触が体の芯から沸いてきた。
 だが野球部の男の子達は野球のバットの入った大きな鞄を持ったまま、何も言わずに二人の前を通り過ぎて行こうとした。
 どうやら野球部の男の子達はたまたま通りかかっただけらしいと分かって有紀は急に足の力が抜けていった。
 「ねえ、あなたたち甲子園に行けなくなったんでしょう」と彩香ちゃんが恐る恐る言うと「監督が何かしでかしたらしくて、俺たちのせいじゃないぜ」
「それよりお前ら余計なこと告げ口するんじゃないぞ、あのときの写真はまだちゃんととってあるんだからな」とまた言われた。
「なによ、写真がばれたら困るのはあなた達でしょう」と彩香ちゃんが食ってかかると「何言ってんだ、お前ら自分からやらせてくれって頼んだからやらせたんじゃないか」とまた言い返された。
 そばで待ち合わせをしている女の子が怒鳴り合う二人のやりとりを変な顔をして聞いているので都合が悪いとおもったのか、野球部の男の子達はすぐに遠ざかっていった。
 しばらく待っていると信夫君が来るのが見えて二人はほっとした。

「ちょっとここでは話せない事なんですが」と信夫君が言うので近くのカラオケボックスに行くことにした。
 受付を済ませて三人でカラオケボックスに入るとさっそく信夫君が「いやはや、大変なことになりまして」
「監督が、その、不純異性交遊というか、児童買春というか、そんなことをしでかしまして」
「どこか他の高校のチアリーダーの女の子が相手でして」
「相手の女の子がですね、交際を断ろうとしたところですね、内の監督がですね」
「学校に写真を送ってやると脅したんですね」
「いやもちろんエッチなことをしている写真ですよ」
「それがね、どうゆうわけか写真が送られて来たのは、私の大浜学院の方でしてね」
「それでまた間の抜けたことに、うちの学校の名前入りのジャージの背中がバッチシ映ってましてね、それを監督用の生徒とは色違いの奴なんです」
「それで校長先生が、監督のロッカーを調べたら、アンダースコートが出てきましてね」
「それも血が付いた、もちろん処女の血ですよね」
「それでまあ、大変お恥ずかしい話しですが、甲子園辞退と言うことで」そう立て板に水で話し終わると信夫君はジュースを一杯のんで一息ついた。
「それで相手の女の子というのは、どこの高校の女の子なのか分かったの」と彩香ちゃんが聞くと「いやそれが、名前を言うとその女の子に迷惑がかかるからということで秘密になっていまして、いろいろ聞いてみたんですがどうにも分からなくて」そこまで言ってまた信夫君がジュースを飲んだ。

 これ以上聞いても謎は解けないみたいだし、どうしようかと思っていると「じゃ、話しはそう言うことで」と言って信夫君が席を立とうとした。
「ねえ、ちょっとまってよ、お礼したいんだけど」と彩香ちゃんが言いだした。
「お礼なんてとんでもないことです、いや、妹のブルマーを盗んだ件を秘密にしていただければ」と信夫君が言いながら半分逃げだそうと後ろを向いたとき彩香ちゃんが「ねえあなたフェ×チ×って知ってる」といきなり信夫君の背中にめがけて問いかけた。
 有紀はどうして彩香ちゃんがそんな事をいきなりいいだしたのか、理由がすぐに判った。
 彩香ちゃんもさっきの大浜学院の男の子達声を掛けられた時、きっとまた酷い目にあわされると思って体が熱くなってしまったのだ。
 いったん体に火がついてしまったら、このまま何もせずに大人しく帰れるわけはない。
 信夫君でも誰でも良いから、ともかくやりたいことをやらせてもらうしかないのだ。
「めめめ、めっそうもない、そんな事してもらったことないです」と信夫君がひどく慌てた様子で答えるので彩香ちゃんはこれはいいチャンスだと思ったらしく「ねえ、私得意なのよ、やってあげてもいいのよ」甘えた声でねだった。
「そそ、そんなことしてもらっていいんですか」と信夫君がまた慌てて振り向くと彩香ちゃんはもう唇を舌で舐めながら口を半分開いていた。
 彩香ちゃんはもうとても我慢しきれなくて、体の火照りをなだめる方法は他に無いのだと有紀にも判った。
 彩香ちゃんが信夫君のズボンのベルトを外そうと前屈みになると、ちょうど信夫君の視線からは彩香ちゃんの胸の谷間が見えたらしくて信夫君は顔を真っ赤にしてされるままになてっていた。
 信夫君のズボンの前のチャックを下まで降ろすと、彩香ちゃんはズボンを膝の下まで引きずって降ろした。

 彩香スペシャルの秘術の前に信夫君は目を白黒させてすぐに昇天した。
 遊び慣れた男の子だったら何度でも繰り返し楽ませてくれるのに初めての信夫君ではもう二度目は無理のようだった。
 もっと楽しめたらいいのにと思っても信夫君にはとてもこれ以上は期待できそうになかった。
 彩香ちゃんも同じ気持ちらしくて、がっかりした様子で信夫君のブリーフを直してズボンを穿かせ直した。
「今日のことは妹には内緒にしておいて下さいね、お願いしますよ」と信夫君が急に真剣な口調で言い出した。
 彩香ちゃんはわざと意地悪に「あら、どうして内緒にしないといけないのかしら」と言って信夫君をからかった。
「おお、お願いします、なんでもしますから、なんでもします」と信夫君が必死で頼み込むので彩香ちゃんも笑いながら「そうねえ、内緒にしてあげてもいいわよ」となだめるような口調で答えた。
 信夫君はそれで安心したらしくて、鞄を持って帰り支度を始めた。
 有紀はこのままじゃ帰れない、もっとなんとかして欲しいと体が疼いたが信夫君が相手ではこれ以上はどうにも成らなかった。
 カラオケボックスを出て、信夫君と別れると二人は先に道を急ぐ信夫君の後からゆっくりと歩いた。
 誰か誘ってくれたらいいのに、カラオケにでも誘ってくれたら、すぐに楽しめるのにと思って有紀は当たりを見回した。
 通りには大勢の女の子や男の子が歩いていたが、二人に声を掛けてくれそうな男の子はすぐには現れなかった。


5.盗まれたアンダースコート<< ページトップ >>7.もう止められない

チアガールアダルトビデオ

名門●●大学チアリーディング部在籍! 競技歴4年! 全国大会第8位! 美少女すぎる現役アスリート女子大生が超開脚セックスでAVデビュー! 三井ゆり(仮)19歳 kawaii [DVD]
チア少女をねぶり尽くす 梨乃 ラマコス/妄想族 [DVD]
現役チア部員の長身女子大生! 美人でドスケベ! 体育会系軟体ボディをいろんな体位で突かれ、絶頂チ●ポ穴化と化す! 内村りな SHRK-025 [DVD]
人気プロ球団専属チアリーダーkawaii*デビュー! YUNA kawaii [DVD]
羞恥!県大会優勝の現役テニス少女がデビューから衝撃の露出FUCK!
高校野球を熱心に応援する球場で一番可愛いチアリーダーのエッチなSEXをお見せします
裏ブロンド生ハメ 金髪チアリーダー犯す黒チン…青春よ、散れ!