彩香スペシャル〜恋の必殺技

by七度柚希

目次

    第一話

    1.高校一年生

    2.英会話部には負けられない

    3.援助交際の取材

    4.ブルマー盗まれる

    5.盗まれたアンダースコート

    6.スクープ

    7.もう止められない

    8.チアリーダーのオーディション

    9.早朝の通学で痴漢

    10.決勝戦に勝って甲子園出場

    11.三度目の如来棒

    12.彩香スペシャルは恋の必殺技

    第二話

    13.先生はノーパン

    14.ブラジャーはCカップ

    15.痴漢盗撮

    16.ラブシーン

    17.セクハラ面接

    18.出会い系喫茶

    19.ハプニングバー

    20.観覧車

    21.合宿

    22.監禁調教

    23.AV撮影

    24.真っ赤なTバック

22.監禁調教

あらすじ
 秀美ちゃんがハプニングバーで働いてるという記事が写真週刊誌に載った。だけど写真に写ってるのは江実矢君だ。江実矢君を助けにガストン君と一緒にハプニングバーに乗り込んだが今度はガストン君が女王様に監禁調教されちゃった。

 翌日の朝に撮影隊の車は一斉に撮影場所の合宿所を出発した。
 今度はガストン君と一緒のワゴン車ではなくて、タイムキーパーの芳恵さんの車に一緒に乗った。
 車の運転は芳恵さんで彩香ちゃんは助手席、後ろの席の奥に江実矢君と有紀が座った。
 タイムキーパーの芳恵さんは、普段は真面目な顔してるけど話す話題はエッチな事ばかり。
 穣治さんが江実矢君の事をとっても気に入ってるみたいと教えてくれた。
 出演してる女の子達も監督と親しくなるといい役が貰えるので、生フェラくらい当たり前と聞かされてびっくりしてしまった。
 昨夜のパーティーでカップルがいくつもできたけど、また別の撮影が始まるとすぐ別れちゃうらしい。
 ドラマの撮影ではそれが普通だし女の子が恋をするのはあたりまえだからと言われて彩香ちゃんはまたまたびっくりして何も言えなかった。
「それで、昨日は誰と一緒だったの」と芳恵さんに聞かれたけど最初からそれが聞きたくてエッチな話しを向けてきたんだとなんとなか気が付いた。
「芳恵さんは誰と一緒だったんですか」と彩香ちゃんが逆に聞き返した。
 芳恵さんは一瞬言葉に詰まると「男の子は、やっぱり生フェラが得意な女が好きなのよ、今度教えてあげましょうか」と逆に切り替えされた。
 やっぱり大人の女性の会話は、普通に話しをしてるつもりでも何を言われるのか怖い。
「生フェラ上手な女の子ってやっぱモテモテですよね」と彩香ちゃんが上手く話しを合わせるとあとは生フェラ談義がしばらく続いた。
 芳恵さんから秀美ちゃんも生フェラが得意だと聞かされて、彩香ちゃんは随分と驚いた顔をしてたけど、芸能界って裏では色々と怖いことがあるらしくて詳しい事はとても聞けなかった。
 そのうち昨夜の疲れが出たのか彩香ちゃんが居眠りを始めると、芳恵さんも黙って運転を続けた。
 まっすぐ東京に帰るのかと思ったら、車は途中で二手に分かれた。
 ガストン君を乗せたワゴン車とチアリーディングの女の子達の乗ったマイクロバスはそのまま東京に戻る道に進んだが、他のスタッフを載せた車はもっと山の奥まで曲がりくねった道を登ると湖の近くで止まった。
 しばらく休憩ということで車はサービスセンターの駐車場に入ったので有紀は江実矢君を連れて自動販売機で珈琲を買ってきた。
 彩香ちゃんは助手席で寝たままだったけど、車に戻ってみるとなんだか様子が変。
 芳恵さんが彩香ちゃんの助手席に身体を傾けて顔を近づけてる。
 すこし近づいてみると芳恵さんが彩香ちゃんにキスしてるんだと分かった。
 彩香ちゃんの眉が歪んで苦しそうな顔をしてるけど、車の中で何が起きてるのかは判らない。
 これじゃあとても車には戻れない。
 すぐ近くのスタッフの車に立ち寄ると、ほかのスタッフも芳恵さんが彩香ちゃんにキスしてるのは気が付いている様子だが何も言わない。
 しばらく待つと別の車が駐車場に入ってきた。
 秀美ちゃんがマネージャーと一緒に撮影のため合流しに来たのだ。
 監督がクラクションで合図すると芳恵さんは慌てて彩香ちゃんから顔を離した。
 有紀が江実矢君と一緒に車の後の席に乗り込むと彩香ちゃんは慌てた様子でスカートを直してる。
 居眠りしてるだけでスカートの裾が乱れるはずはないから、やはり芳恵さんになにかされてたらしい。
 江実矢君は眠そうな顔で黙って下を向いてるだけで何も言わない。
 有紀も芳恵さんに何をされたのか彩香ちゃんに聞く勇気はとてもないので黙っていた。
 車はすぐ出発して湖の奥の道へと走り出した。
 しばらく走って車が止まると監督が降りてきて、スタッフに指示するとすぐ撮影の準備が始まった。
 小型のハンディーカメラを持ったスタッフが先に細い山道を登っていくと、他のスタッフは道路際で待ちかまえてる。
 山の中は危ないからと江実矢君が代役で撮影する予定だったらしくて、江実矢君は危ない足取りで山の中を登り始めた。
 山の途中ではハンディーカメラを持ったスタッフが、江実矢君が迷子になってるシーンを撮影してるらしくて、監督が携帯を使って指示をだしてる。
 途中で山道にでて車に拾われるシーンの撮影をする手順らしい
 江実矢君が山道を疲れた様子で降りてくると、手を振って車を止めた。
 車のドアが開くと江実矢君が車に乗ってそのまま動き出した。
 そのあと秀美ちゃんが車に拾われるシーンを秀美ちゃん本人で撮影したけど、秀美ちゃんが乗ったマネージャーの車は撮影のあとはすぐに帰ってしまった。
 それで撮影が終了ということで、すぐにスタッフが車に乗って帰り支度を始めた。
 だけど江実矢君が乗った車が帰ってこない。
 江実矢君がいないのは判ってるはずなのに誰もなにも言わない。
 彩香ちゃんも変な顔をしてたけど、さっきの車で先に帰ったのかもしれないと思って何も言わなかった。
 芳恵さんに聞いてみても「先に帰ったんじゃない」と言うだけで、はっきりしない返事だった。
 翌日になって彩香ちゃんがコンビニで見つけたと言って写真週刊誌も持ってきた。
 写真週刊誌には水原秀美ちゃんが危ない店でバイトしてるとの写真が載ってる。
 ゴスロリのワンピースは秀美ちゃんがいつも来てる服だ。
 喫茶店らしい店は風俗の店らしくて男の人と一緒に写ってる。
 週刊誌には怪しいバイトとしか書いてないけど、風俗店だったらやることはだいたいどこでも同じはず。
 人気のテレビタレントが風俗でバイトしてるなんて記事が週刊誌に載るなんて大変な話しだ。
 そんなことあるはず無いと思ってよくよく週刊誌の写真を確かめてみるとやっぱり秀美ちゃんじゃない。
 秀美ちゃんによく似てるけど、江実矢君だと一目で分かった。
 変だと思って江実矢君のママに確かめてみると、江実矢君はまだ家に帰ってきてない。
 やっぱり江実矢君は撮影のとき本当の迷子だとだと思われてどっかに連れて行かれちゃったらしい。
 それとも秀美ちゃんと間違えて誘拐されちゃったのかもしれない。
 誘拐された後は、監禁されてこの変な店でバイトさせられてるって事かもしれない。
 どう考えても変な話しで訳が分からない。
 週刊誌をよく読むと、秀美ちゃんは以前アダルトビデオに出てたと書いてある。
 デビュー前にスカウトに声をかけられて、騙されて児童ポルノを撮影されたらしい。
 いったいなにがどうなってるのか判らないけど江実矢君が風俗店で働かせられてるのに違いないと有紀は思った。
 なんとか江実矢君の居場所を探しさなきゃいけないけど、江実矢君が女装して映画にでるなんてうっかりママには言えない。
 写真週間誌の記事を読むと江実矢君がアルバイトしてる店は池袋にあるハプニングバーという所らしい。
 ハプニングバーというのはいつかナンパされて連れ込まれたことのある店がハプニングバーだったはず。
 あの時の店には鉄格子のある監獄みたいな部屋があった。
 写真週刊誌に載ってる江実矢君の写真にも鉄格子が映ってる。
 江実矢君を助け出すには、あの時のハプニングバーに行ってみればすぐ見つかるはずだ。
 さっそく有紀は彩香ちゃんと池袋に行ってみたけど、週刊誌に載ってたハプニングバーがどこにあるか分からない。
 監督に連れ込まれたラブホテルの近くにハプニングバーがあるはずだがラブホテルはいっぱいあってどのラブホテルなのか全然判らない。
 ずっと前に来た辺りを歩いてみると、それらしいハプニングバーの看板を見つけた。
 前に来た店かどうか分からないけどともかく入ってみるしかない。
 不安な気持ちで入ってみると店の中は普通の喫茶店みたいな感じ。
 一通り店の中を眺め回してみたけど前に来た店かどうかは判らない。
 店の中をよく見回せるようにと一番奥の席につくと、ウェイトレスの女の子が注文を取りに来た。
 有紀はそのウェイトレスを見てはっとした。
 ゴスロリのワンピースを着てかわいらしくお化粧もしているけど男の子だ。
 この店だったらたしかに江実矢君が監禁されて働かされてるのもあるかもしれない。
 だけどいつまでたっても客らしい人影はない。
 飲み物が出てくるまでしばらく待っているとちょうどサラリーマン風の男が二人店に入ってきた。
 男はカウンターでマスターと少し声を交わすとすぐに二人の座った席の隣に座った。
 勝手に横に座るなんてと思ったけど、ハプニングバーではこれが普通らしい。
 すぐに男の手がスカートの上から腿を押さえつけてきた。
 これじゃあ席を立とうにも立ち上がれない。
「君達いつもこの店で遊んでるのかな」とすぐに男の人に話しかけられた。
「今日初めてなんです」と彩香ちゃんか答えると「この店はなんの店なのか知ってるのかな」と男に聞かれた。
「ハプニングバーという所でしょ」と彩香ちゃんが答えると「ハプニングバーってどんな所か知ってるのかな」とまた聞かれた。
 この間行ったハプニングバーでは酷い目にあってるので、うっかり答えたら大変だ。
 彩香ちゃんが黙ってると男が彩香ちゃんの耳元に口を寄せて来た。
 何か言ってるけど、彩香ちゃんを口説こうとしてるのには間違いない。
 彩香ちゃんが何度か首を横に振ったけど、構わずに男が彩香ちゃんに唇を重ねた。
 男がすぐに彩香ちゃんの口の中に舌を入れて来るともうとても逆らえない。
 男の手が制服の上から胸を揉み始めたけど、彩香ちゃんは黙ってされるままになってる。
 彩香ちゃんが苦しそうな息をすると、今度は男の手が彩香ちゃんの腿をくすぐるようになで始めた。
 こうなったら感じて着ちゃってもう駄目。
 彩香ちゃんが自分から足を大きく開くと、男がパンティーの股の所を掴んで花園に食い込ませてきた。
 身体が震えちゃって我慢しきれなくて、彩香ちゃんが大きく肩で息をしながら喘ぎ出すともう止まらない。
「このドスケベ女、毎日男が欲しくてたまらないんだろう」と男に言われて急に彩香ちゃんが我に返ったように目を開けて男の顔を見つめた。
「男が欲しいんだろう、今すぐ欲しいんだろう」とまだ男がお腹のそこから出すような低い声で彩香ちゃんの耳元に囁いてきた。
 普通に女の子を口説いてる口調じゃない。
 この店はやっぱり変な男の人しか来ないらしい。
 彩香ちゃんが返事をしないでいると、いきなり男は彩香ちゃんの胸をきつく握って絞り上げてきた。
 彩香ちゃんがびっくりして男の手を押しのけてソファーから立ち上がったけど、このまま帰る訳にもいかない。
 もしかしてこの二人江実矢君のことを知ってるかもしれない。
 彩香ちゃんがバックから週刊誌の写真を出して見せて「この女の子見たことないですか」と聞いてみた。
「あ、みたことあるよ」と男の一人が返事をしたので彩香ちゃんは急に嬉しそうな顔をして男の顔をもう一度確かめた。
「どこで見たんですか」と彩香ちゃんが場所を聞こうとすると「教えてあげるから、その前にやって欲しい事があるんだけどな」と言われた。
「何をすればいいんですか」と彩香ちゃんが聞いてみると「女の子の大好きなことだよ、誰でもみんな好きなんだ」とはっきりとは言ってくれない。
 彩香ちゃんが困った顔をしてると「今すぐしたいよね、大好きなんだろう」とまた男に言われた。
 女の子が大好きで今すぐしたいと言われたらやっぱり生フェラしかない。
 江実矢君の居所を教えてもらうには仕方ないと彩香ちゃんは男の前に膝を付いた。
 有紀も仕方なく隣に座ってる男の前に膝をついた。
 目の前に大きくなった物を見せられて有紀はもうとても我慢できずにすぐに舌を絡ませた。
 口の中で大きく反り返る物をたっぷり楽しんでから有紀は男の顔を見上げた。
 男が満足そうに何度も頷いて見せたので、有紀は嬉しくなった。
 取りあえずやることが済んだ後、これから一緒に行こうと男に誘われた。
 江実矢君の居る場所に連れて行ってくれるという話しだ。
 男の言ってることが本当かどうかともかく確かめてみるしかない。
 両側を男の子に挟まれてついていくと、裏通りのラブホテルの前まで来た。
「本当にここに居るんですか」と聞いてみると「ここに居るのは間違いない、いいから部屋に入ろう」と男の子に言われた。
 江実矢君がこのラブホテルで働かせられてるのかもしれない。
 でも江実矢君はいくら女装してたって男の子だ。
 働くと言っても役になんか立たないはず。
 何だか変だけどともかく聞いてみようと思って写真週刊誌を受付でひろげて見せた。
「あのお、この写真の子この辺で見かけませんでしたか」と丁寧な口調で彩香ちゃんが受付で聞いてみた。
「見たこと無いですね」と受付のおばさんに言われて、帰ろうとすると男の子に手をきつく握られた。
「いいから、部屋に来いよ、ここまで来て帰れるわけないだろう」と男の子に乱暴に怒鳴りつけられた。
 やっぱり適当に話しを作ってラブホテルに連れ込むのが最初から男の子達の目的だったみたいだ。
 必死で逃げようとしたけど、受付のおばさんは知らん顔。
 いやがってるのに力ずくで引っ張られて逃げられない。
 狭い通路を引きずるようにして歩かせられると、突き当たりはエレベータだ。
 男が上に上がるボタンを押したときに、ちょうどエレベーターが降りてきてドアが開いた。
 ドアから出てきた男の子の顔を見て、びっくりした。
 ガストン君だ。
「何だ君たちなんでこんな所にいるんだ」とガストン君が驚いた顔で彩香ちゃんに声を掛けた。
「ガストン君こそ何でこんな所にいるんですか」と彩香ちゃんも驚いた顔で聞き返した。
「昨日撮影が遅くっなてね、それで疲れてたから取りあえずすぐ寝られる場所に入っただけなんだ」とガストン君が慌てて言い訳をした。
 ガストン君のすぐ後ろから女の子が一人でてきて慌てて逃げるように出て行った。
 どっかで見覚えがあると思ったけど、女の子は撮影のタイムキーパーをしてる芳恵さんだ。
 ラブホテルに男と女が一緒に泊まったりして何もないなんて訳がない。
 どうもガストン君撮影の合間にもやることはちゃんとやってるらしい。
 芳恵さんも真面目な顔してて服装もいつも地味だけど、遊びの方はそこそこ上手らしい。
「これからここで休んでいくの」とガストン君が彩香ちゃんを見てびっくりした顔で聞いた。
 男の子の手が彩香ちゃんのスカートを後ろから捲りあげてるのが見えたらしい。
「私は恵美ちゃん探してるんです、ここに恵美ちゃんがいるって聞いて」と彩香ちゃんがガストン君に大声で聞いた。
「ここは、ラブホテルだからね、探すなら、ドアを一件づつ叩いて聞いて回らなきゃ判らないよ」とガストン君がいうのでそれももっともだ。
「じゃまするんじゃねえよ」と彩香ちゃんの手を引っ張って、男の子がガストン君の横を通り過ぎようとした。
「ちょっと待ちな」とガストン君が芝居がかった台詞で声を掛けると男の子が急に様子が変わった。
 震え上がってびくびくしてるみたいで妙に神妙な顔をしてる。
 どうもガストン君をこの辺りのヤクザのお兄ちゃんかなんかと間違えたらしい。
 ガストン君もさすがに役者だけ会ってこんな時でも芝居が上手い。
「誰にいってるんだ、おい女子高生なんかをラブホテルに連れ込んでいいと思ってるのか」とガストン君がドスのきいた低い声で怒鳴ると男の子達は「すいません、もうしません」と蚊の鳴くような声で逃げ出した。
 もしかしてガストン君が知ってるかもしれないと思って週刊誌に載ってる写真を見せるとガストン君が行ったことのある店だという話し。
 さっそくガストン君と一緒にそのハプニングバーに行ってみると、チアリーダーの服装やテニスウェアを着た女の子が一杯いた。
 取りあえず席に着いて飲み物を頼んでから店の様子を確かめてみた。
 店の造りが週刊誌に出てた写真と一緒なのでこの店に間違いなさそう。
 店で働いてるウェートレスの女の子を一通り眺めてみたけど、江実矢君らしい姿はない。
 客の姿も確かめてみたけど、女子高生らしい女の子が数人いるだけで江実矢君は見あたらない。
 もしかしてどこかに監禁されてるのかもと思ったけど、そんな雰囲気は全然ない。
 ガストン君が急に立ち上がってカウンターの前に歩み寄った。
 マスターに直接聞くつもりらしくて、写真週刊誌をマスターに見せてる。
 マスターの話しでは、写真週刊誌のスタッフが店にきて撮影していったということ。
 名刺をもらってるからと中村プロダクションという名前を教えてもらった。
 変だと思って中村プロダクションという名前を携帯のインターネットで調べてみると、アダルトビデオの会社。
 秀美ちゃんの裏ビデオを撮影したのもその会社に違いない。
 だとすると秀美ちゃんと脅してお金を取ろうという魂胆だとピンときた。
 ガストン君と一緒に帰ろうとすると、いきなり目の前に黒い皮の服を着た女性が立ちはだかった。
「私の足をお嘗め、女王様に逆らえると思ってるの」と女性が言うと手にした鞭をぴしゃっとガストン君に叩きつけた。
 ガストン君が「ぎゃあ」と叫ぶとその場に倒れ込んだ。
 ガストン君のシャツの生地がぴしっと破けて血がにじんでる。
 本気で鞭で叩いてると判って有紀は女王様の姿をよく確かめて見てみた。
 黒い皮の衣装は水着みたいに身体にぴったりとして銀色の金具が沢山飾りについてる。
 足元は網タイツで十センチもあるピンヒールを履いてるけど、それが女王様のコスプレらしい。
 女王様の持ってるのは細い棒の先に皮の細長い紐がついてる本物の鞭だ。
「私に逆らえると思ってるの」と女王様が大声で叫ぶと、手にした鞭をぐるぐると頭の上で廻した。
 鞭の先がぴしっと鋭い音を立てて目の前の空気を切り裂いた。
 慌てて彩香ちゃんが逃げ出そうとしたけど、怖くて足がすくんで動けない。
 他のお客達もなにかのショーだと思ってるらしくて、黙って見てるだけ。
 ガストン君が抵抗しようとしたけど鞭で叩かれて痛い目に遭わされてとても女王様には逆らえない。
 女王様がガストン君の首に丸い紐を巻き付けるとガストン君はもう諦めたのか大人しくなった。
 カーテンで隠れたドアから奥の部屋に連れ込まれると、以前見たのと同じ鉄格子のある部屋だ。
 前に来たときは裏口から入ったので分からなかったけど、あの時の店と同じ店だったんだ。
 女王様がガストン君の首を引っ張るようにして牢獄のなかに引きづりこんだ。
 牢獄の中でガストン君があの変な形の椅子に縛り付けられた。
 鞭の音が牢獄の中で響くと、ガストン君の悲鳴が聞こえてきて耳を塞ぎたくなった。
 彩香ちゃんがこっそりと逃げ出そうとして四つんばいになって店のカウンターの前を通り抜けようとした。
 有紀も彩香ちゃんの真似をして四つんばいの姿勢でテーブルの間を抜けてこっそりと逃げだそうとした。
 ちょうどカウンター前の横のテーブルを通り過ぎようとしたとき、急に誰かが有紀の制服のスカートを捲りあげてパンティーを掴んだ。
 パンティーを掴んだ手が有紀の身体を持ち上げると有紀の手足が注に浮いた。
 テーブルの上に載せられた有紀の身体は手足を縛られて身動きできなくなった。
 彩香ちゃんも逃げだそうとした途中で見つかって同じようにパンティーを掴まれたらしい。
 テーブルの上に載せられた有紀の身体の上に彩香ちゃんの身体が向かい合わせで重なった。
 彩香ちゃんの身体が急に震え出すと、彩香ちゃんの涎が有紀の顔にかかった。
 有紀がテーブルの周りを見回すと。スカートから出た足とニーソックスが見えた。
 彩香ちゃんを責めているのは男の娘らしい。
 目の前のテニスウェア姿の男の娘がアンダースコートを膝まで降ろした。
 おっきい物がすぐ有紀の頬に押しつけられてきた。
 気の遠くなる時間が過ぎて、有紀は自分がどこに居るのかも判らなくなった。

21.合宿<< ページトップ >>23.AV撮影

チアガールアダルトビデオ

名門●●大学チアリーディング部在籍! 競技歴4年! 全国大会第8位! 美少女すぎる現役アスリート女子大生が超開脚セックスでAVデビュー! 三井ゆり(仮)19歳 kawaii [DVD]
チア少女をねぶり尽くす 梨乃 ラマコス/妄想族 [DVD]
現役チア部員の長身女子大生! 美人でドスケベ! 体育会系軟体ボディをいろんな体位で突かれ、絶頂チ●ポ穴化と化す! 内村りな SHRK-025 [DVD]
人気プロ球団専属チアリーダーkawaii*デビュー! YUNA kawaii [DVD]
羞恥!県大会優勝の現役テニス少女がデビューから衝撃の露出FUCK!
高校野球を熱心に応援する球場で一番可愛いチアリーダーのエッチなSEXをお見せします
裏ブロンド生ハメ 金髪チアリーダー犯す黒チン…青春よ、散れ!