彩香スペシャル〜恋の必殺技

by七度柚希

目次

    第一話

    1.高校一年生

    2.英会話部には負けられない

    3.援助交際の取材

    4.ブルマー盗まれる

    5.盗まれたアンダースコート

    6.スクープ

    7.もう止められない

    8.チアリーダーのオーディション

    9.早朝の通学で痴漢

    10.決勝戦に勝って甲子園出場

    11.三度目の如来棒

    12.彩香スペシャルは恋の必殺技

    第二話

    13.先生はノーパン

    14.ブラジャーはCカップ

    15.痴漢盗撮

    16.ラブシーン

    17.セクハラ面接

    18.出会い系喫茶

    19.ハプニングバー

    20.観覧車

    21.合宿

    22.監禁調教

    23.AV撮影

    24.真っ赤なTバック

11.三度目の如来棒

あらすじ
 彩香ちゃんが吉田さんと助けにきたけど、吉田さんは監督と最初からぐるだった。江実矢君が女の子の振りをしてビデオチャットをしてるので慌てて逃がしたけど、今度は彩香ちゃんと有紀がお仕置きをされてしまう。

 監督は有紀から取り上げた携帯をしまうと、暇そうにしながら冷蔵庫からビールを取りだした。
 冷たい表情で笑顔をうかべながら、監督はビールを口にしながら有紀の様子を見張り続けた。
 すぐにドアを叩く音が聞こえて「私です」と彩香ちゃんが小声で言うのが聞こえた。
 なんだか来るのが随分早い。まだ近くに居たのかしらと有紀はちょっと不安になった。
 監督がドアを開けるとバトントワリングの真っ赤な衣装のまま彩香ちゃんが部屋に入ってきた。
 そのすぐ後から新聞記者の吉田さんも部屋に入り込んできた。
 これで助かった吉田さんに全部報告すればあとは吉田さんがなんとかしてくれると有紀は気持ちが一気に楽になった。
「ねえ、彩香ちゃん。私いま援助交際しろって脅されてるの」
「ここは、ビデオチャットで交際相手を見つける、援助交際のクラブなのよ」
「監督がお金欲しさに、恵美ちゃんのお母さんをここで働かせてるの」
「ね、すごいニュースでしょ、吉田さんに記事にしてもらって」と有紀は一気にまくし立てた。
 ようやく話し終わって有紀が一息つくと今度は彩香ちゃんが落ち着いた口調で話しを始めた。
「ねえ、有紀ちゃんの言ってることは間違ってるわ」
「ここは援助交際のクラブなんかじゃないの、ただ友達が欲しい男の子や女の子がビデオチャットしに来てるだけなのよ」
「それにね、誰も脅されたりしてないの」
「みんな、友達が欲しくて、遊び相手を見つけに自分から進んでビデオチャットをしてるの」
「ここには脅かされてる人なんか一人もいないのよ」と言って彩香ちゃんが有紀の顔を見つめた。

「何言ってるのよ、ここでは援助交際してるのよ」と有紀が慌てて言い返すと彩香ちゃんの後ろに立って話しを聞いていた吉田さんが彩香ちゃんの胸に手を回して下から支えるようにして持ち上げた。
 彩香ちゃんは別に驚いたそぶりもなく、吉田さんに胸をいじられても平気な顔をしていた。
 有紀は吉田さんが最初から監督とグルになって彩香ちゃんを騙したんだと気が付いた。
「騙されちゃ駄目よ、彩香ちゃん、吉田さんに何を言われたのよ」と有紀が大声で叫んだ。
「有紀ちゃんね、吉田さんは将来はすごい新聞記者になる人なの」
「だからね、こんなデートクラブみたいなどこにでもある記事は書かないのよ」
「戦争があった外国に特派員で行って、もう大変な大スクープ記事を書く人なの」
「だけどね、取材にはお金がかかるのよ」
「ただ、話しを聞かせて下さいと頼んだだけで取材ができる訳じゃないのよ」
「それなりのお礼をしないとね、裏の話しは聞かせてもらえないの」
「だから、私はすこしでも吉田さんの力になって、吉田さんが取材できるように協力してるの」
「私は吉田さんが、良い記事を書いてくれたらそれが一番嬉しいの」と彩香ちゃんがしゃべり続けるのを聞いて、有紀には彩香ちゃんが何を言ってももう聞く耳を持たないのが分かった。
 吉田さんが彩香ちゃんの胸を捻り上げると彩香ちゃんの眉がつり上がって顔がゆがんだ。
「今日中にあと10万稼いでくるんだ、分かってるんだろうな」と吉田さんが彩香ちゃんの耳元で囁いた。
 彩香ちゃんは素直に「はい」と言いうと体を翻して部屋から出て行った。

 彩香ちゃんが部屋を出て行くと、恵美ちゃんのお母さんも後を追いかけるようにして部屋出て行った。
 膝をついてベッドに横にされた有紀の両手は後ろでさっき恵美ちゃんのお母さんが縛り付けたままだった。
 この後なにが起きるのか、有紀には判りすぎるくらい判っていた。
 監督が目で合図をすると、吉田さんがベッドに上がって有紀の目の前にあぐらをかいて座った。
 後ろからは監督の両手が有紀のお尻を押さえつけてきた。
 監督が吉田さんに小さな瓶を渡した。
 あのとき彩香ちゃんが飲まされた変なドリンク剤だと有紀はすぐ気が付いた。
 きっとあの薬を飲ませるつもりなんだ、絶対飲んだら駄目と有紀は自分に言い聞かせた。
 しかし吉田さんは有紀の顎を下から持ち上げるとドリンク剤の先を有紀の舌に押しつけてきた。
 苦い味が有紀の舌に染み渡ると吉田さんの手が喉をさすり上げて無理矢理飲み込ませた。
 胃袋がかっと熱くなるとすぐに目眩がして頭がぼんやりとしてきた。
 吉田さんの手が今度は有紀の胸を下から持ち上げながら小刻みに動いてきた。
 すぐに体中が痺れるような感触が胸に広がると今度は、監督が有紀のお尻に手をあてがってゆっくりと押し回してきた。
 有紀が逆らう気力を失ったのを見定めて、吉田さんと監督が前と後ろから入ってきた。
 これが以前吉田さんが言っていた二本差しのことらしいと思ったとき、有紀の奧に信じられない感触が襲いかかってきた。
 間違いなくあの、如来棒の感触だった。
 あのときインターネットでブルマーを買った男はこの監督だったんだと有紀は気が付いた。
 だがもう有紀の頭は半分溶けたようになって何を考えても熱い激流に流されるだけだった。
 三度目の如来棒は天国への入り口まで有紀の体を舞い上がらせた。

 「どうだった、よかったでしょう」と耳元で彩香ちゃんの声が聞こえて有紀はやっと辺りを見回した。
 いつの間にか部屋には監督も吉田さんも居なくなり彩香ちゃんだけが有紀のすぐ横に座って居るのが見えた。
 彩香ちゃんは有紀のすぐ側で優しい笑顔で微笑みながら有紀を見つめると、有紀の背中をさすってまだ震え続ける有紀の体を確かめた。
「あの薬はね、飲むと体がいつもの三倍も敏感になるの」
「だから、あの薬を飲んで二本差しをやってもらったらもうどうなるか分かるでしょう」
「それに監督さんの如来棒は有紀ちゃん三度目でしょう」
「如来棒は三度までって監督さんに教えてもらったでしょう」と一人で喋りながら今度は有紀の脇腹をそっとくすぐるように撫で上げた。
 急に電気が流されたように脇腹が震え上がると有紀は背中を仰け反らせて小さく叫んだ。
「女の体ってね、一度喜びを味わうと、もっともっと喜ばせて欲しくなるのよ」
「それが女の体なの」
「今まで知らなかった快感が、自分の体から思いがけなく燃え上がるの」
「今度はどんな快感を味わえるのか、それが楽しみになるのよ」
「だから、男の人と付き合うのがもう止められなくなるの」
「今度は、どんな凄いことされるのかしらと、体が男の人を欲しくなるのよ」と半分あやすような口調で有紀の耳元で囁きながら彩香ちゃんの指先は有紀の脇の下から首筋へと動いてきた。
 有紀は頭を左右に振りながら、指の動きから逃げようとしたが、縛られたままでは動きが取れなかった。
 指先でくすぐり続けながら今度は彩香ちゃんの舌が有紀の耳たぶに軽く触れてきた。頭の中が溶けてしまいそうになって有紀は思わず息を吸いこんだ。

「ねえ、有紀ちゃんもやりたくなったでしょう」
「毎晩好きなだけ男に可愛がってもらえるのよ」
「こんなに、気持ちが良いこと毎晩できて、もう言うことないでしょ」と彩香ちゃんに言われて有紀はもう言い返せなかった。
 ドアが開いて部屋に誰かが入ってくる音がした。
 縛られたままの俯せの姿勢のまま頭を廻して後ろを見て確かめると、吉田さんだった。
 吉田さんのすぐ後から監督が入ってくるのが見えた。
 今度はいったい何をされるんだろうと有紀は寒気がして体が縮み上がった。
 吉田さんは彩香ちゃんのお尻を撫で上げながら「おい商売の仕方を教えてやれ」と彩香ちゃんに声を掛けた。
「はい」と素直に彩香ちゃんが返事をすると、有紀の両手を縛っていたストッキングを解いてくれた。
 きつく締め付けられていた両方の手首には赤い跡がついて痛みが残ったままだった。
 有紀が大きく何度も息をついていると、彩香ちゃんがノートパソコンを持って有紀をベッドの脇のテーブルに案内した。
「ここの店はね、シロートの女の子がチャットして、ナンパされるのを待っている事になってるのね」
「だからね、最初から女の子が誘っちゃいけないの」
 そう言いながら彩香ちゃんがメニューをの画面を出すと、チャット待ちの女の子達の画像がパソコンに映った。
 画面に並んだ女の子達はみなまだ高校生くらいで、服装も可愛らしいフリルの飾りが付いているのが見えた。
 彩香ちゃんがパソコンを操作すると、彩香ちゃんの画像も画面に映った。
 彩香ちゃんのお尻を触っていた吉田さんの手が今度は有紀の後ろから脇の下に入ってくると胸を軽く握りながら押し回してきた。
 もう吉田さんには逆らえないと思って、有紀はされるままになるしかなかった。

「この店ではね、コスプレの衣装も貸し出し出るからね」
「だから、いろいろ変わった格好の女の子もいるのね」
「男の人は、女の子を口説くのが楽しみなわけ」
「俺は口説くのが上手いんだと思わせるのが女の子の腕次第なのよ」と彩香ちゃんが色々と店のやり方を教えてくれた。
「男の子は大抵ね最初はまず、チャットセックスに誘うのよ」
「それもみんな誘い方が同じなんだけどね、本人は自分が上手く誘ってるつもりなんだから笑っちゃうの」と言って彩香ちゃんは笑顔を見せて舌をだした。
「それで、女の子が感じてきて、我慢できなくなって、ラブホテルに呼び出されるというストーリーなわけね」
「男に上手く誘われる芝居をするわけなのよ、ほら男はそうすると自分は口説くのが上手いと思いこんじゃうでしょう」
「男にとってはそれが勲章みたいに嬉しいってわけなの」
「大体が店の女の子なんだけどね、時々、本当のシロートの女の子なんかが何もしらずにチャットしてたりするのね」
「そのときは、店の男の子がうまく誘い出してね」
「ほら、店の男の子は口説くのが上手いし、セックスのテクニックもプロだから」
「すぐに男狂いのからだにさせられちゃうのよ」と言ってまた笑った。
 自分が男狂いの体にさせられてるのに、自分の事は棚に上げて、他の女の子の事を笑うのは有紀にはどうにも納得できなかったが、彩香ちゃんは自分だけは別だと思っているようだった。

「一度男が欲しい体にされたらもう我慢できなくてね、大抵は自分から働きたいと言い出すんだけどね、なかには強情な女の子もいるからね」
「そうゆう時は裏ビデオでも撮って脅したりね」
「それでもだめなら二本差しにして痛めつけてやるのよね」
「それにさっきの薬より10倍も効き目がある薬があってね、それを飲まされると体が感じっぱなしになってもう止まらなく成っちゃうの」
「そこまでやられて逆らえる女はいないから」と彩香ちゃんが随分と当たり前のような口調で話すのを聞いて有紀はびっくりして何も言えなかった。
「じゃあ、まず私がチャットセックスのやり方教えて上げるわね」と言うと彩香ちゃんは男の子の画面に切り替えてくれた。
 カッコイイ男の子がいると良いなと思って有紀が見ていると画面に映ったのは女の子にはもてそうもない余り見栄えのよくない風体の男の子ばかりだった。
「変ねえ、いつもならすぐ声をかけてくるのに、今日はどうしたのかしらね」と彩香ちゃんが独り言を言いながら画面を女の子の一覧に切り替えた。
「今日はなんだか人気のある女の子が来てる見たいなんだけど誰かしらね」とまたつぶやきながら画面を切り替えるとチアリーダーの衣装を着た女の子の顔が画面に映った。
 髪の毛を頭の左右できゅっと結って、頬には頬紅をさして口紅も着けている顔はどっかで見たような気がして有紀ははっとして画面を見つめた。
 画面に映っている女の子はさっきまで試合の応援をしていた江実矢君だった。
 なんで江実矢君がこんなところで男の子とエッチなチャットをしているのだろうと有紀は訳が分からなくなった。
 吉田さんも江実矢君に気が付いたが吉田さんは江実矢君と最初に会ったときからずっと中学生の女の子だと思いこんでいるようで困った事にならないといいけどと有紀は心配になった。

 江実矢君は随分と人気が有るようで、ビデオチャットの人気を独り占めして男の子達が入れ替わり立ち替わりエッチな話題へと誘っていた。
「おい、この女なんとかしろ」と監督が言うと、吉田さんが店の男の子に連絡をして「シロートの中学生の女が来てるからナンパしろ」と指図をだした。
 店の男の子が他のチャット客をシャットアウトしたらしくて、画面には江実矢君と店の男の子がチャットを始める様子が映し出された。
「今日暇なんだ、いつもは何して遊んでるの」と店の男の子が声を掛けると、江実矢君は女の子の声を作って「いつも買い物したりしてるんです、この近くは可愛い服置いてある店いっぱいあるから」と上手く話しを合わせて答えた。
「ところで彼氏いるのかな」と店の男の子が話しを振ると「今彼氏はいません」とまた江実矢君が調子を合わせて答えた。
「そう彼氏いないと寂しいね、寂しい時はどうしてるの」と男の子が誘いをかけると「あのチャットしたりしてます」と江実矢君はうまく返事をした。
「そう、チャットではどんな話しをしてるのかな」とまた男の子がエッチな話題に誘い込もうとした。
「そうですね、いろいろ何でも話します」と江実矢君がまたはぐらかすと「エッチな話しなんかもしてるんだろう、本当は大好きなんだろうエッチな話し」とまた上手く誘い込もうとした。
「エッチな話しをしてると、気持ちもエッチな気持ちになっちゃうね」
「そんな時って女の子はどうなるのかな、どうなるのか言ってご覧」と畳みかけるように男の子が言うと江実矢君も答えに困ったのか「そうですね、あの」と言葉を濁した。
「あのじゃ分からないよ、ちゃんと言いなさい、ちゃんと言うんだ」と今度はすこし脅すような口調で男の子は揺さぶりを掛けてきた。
 だけど江実矢君が黙ったままだ。
 男の子は今度は「朝学校に行くとき痴漢に遭ったりするよね」とまた別の話題を切り出した。

「痴漢に毎朝遭ってるんだろう恵美ちゃんは可愛いからね」
「どこを触られると感じちゃうのかな、いつも触られてるところ今自分の指で触ってご覧」と店の男の子が言葉巧みに話しを向けた。
 普通の女の子だったらちょっとエッチの気分になって言われた通り自分で触ってしまうところだ。
 だけどもちろん江実矢君が男の子の言いなりに成る訳はない。
 江実矢君はちょっと下を向いて、目頭を寄せると半分泣き出しそうな顔をして見せた。
 もちろん女の子なら気持ちいいときにする顔だ。
 江実矢君がわざと女の子が感じてる顔をしてみせてるのだと有紀にも分かった。
「そうだね、気持ちいいよね、いつも気持ちいいことしてるんだよね」と男の子が畳みかけるように甘い声で囁いた。
 こんな声で囁かれたら普通の女の子だったらもう気持ちが舞い上がって何が何だかわからなくなって何でも言いなりになってしまうに違いない。
 だけど江実矢君はうつむき加減に下を向いたまま「そうですね」と曖昧な返事を返すだけだった。
「どう、これから気持ちいいことしてあげるよ、気持ちよくなりたいだろう」
「すぐ近くにカラオケができる部屋があるから、そこで二人きりになれるよ」
「今すぐ二人きりになりたいだろう」と男の子が巧みに誘っても江実矢君ははぐらかすだけだった。
 同じような会話が何度も繰り返されたが、江実矢君はのらりくらりと返事をするだけで誘いに応じようとはしなかった。
 今度は男の子は作戦を変えて「言われた通りにしないなら、もうチャット止めちゃうからね」と言って画面から体をずらして姿を見えなくした。

 今度は江実矢君はすこし慌てた様子で「あ、言うとおりにします、お願い止めないで」と言って小さく叫んだ。
 男の子はわざとすぐには姿を現さずに、すこし時間をおいてじらしてから「じゃあ、言うことを聞くね、言うとおりにしないとすぐ止めちゃうからね」と言ってまたビデオチャットに顔を見せた。
「さあ、いつもやってることがあるだろう。朝電車で痴漢に遭った夜は気持ちいいことしてるんだろう」
「今すぐ足を開くんだ。思い切り開いてスカートめくるんだ。いいね言われた通りにしないとすぐチャット止めるよ」と男の子が命令口調で言うと、江実矢君は仕方なく言われた通りに足を開いてスカートの裾をめくった。
 アンダースコートのレースがスカートの下から見えると男の子は「さあ、一番感じるところを触るんだ」と畳みかけてきた。
 江実矢君がスカートの下に片手を入れると、眉毛が寄って苦しそうな顔をした。
「そうだその調子。気持ちいいだろう、もっと気持ちよくなりたいだろう」と男の子が声をかけると江実矢君は返事ができなかった。
「じゃあ、カラオケで二人切りになろうね、分かってるね」と男の子がまた誘った。
 だが江実矢君は小さく首を振ってまた苦しそうな顔をした。
「おい、いつまでやってんだ」と吉田さんが呟くのが耳元で聞こえた。
 吉田さんはイライラした様子でいきなり有紀のお尻をつねったので有紀は小さく叫び声を上げた。
「もうチャット止めるからね」と言って男の子はまた画面から姿を隠したが今度は江実矢君は何も返事をしなかった。
 とうとうしびれを切らしたのか吉田さんが彩香ちゃんに向かって「おいあの女連れてこい、知り合いだろう、お前が連れてくるんだ」と怒鳴りつけた。

「なんでもいいからラブホテルまで連れてくるんだそうすればあとは俺たちがなんとでもしてやる」と監督にも言われたが彩香ちゃんはすぐには返事をしなかった。
「言うことが聞けないのか、このドスケベ女、言うとおりにしなければどうなるのか分かってるんだろう」
「さっさと連れてこい」と監督が今度はものすごい剣幕で怒鳴りつけてきた。
 彩香ちゃんはさすがに困って「あの子はまだ中学生だしまだバージンだから、とても男の子の相手はできないから」と言って誤魔化そうとした。
 監督と吉田さんは江実矢君が女の子だと信じ込んでいて「バージンならちょうど良い、裏ビデオでロストバージンを撮影してそれで脅かしてやればいい」とまた飛んでもないことを言いだした。
 彩香ちゃんはもうこれは命令に従うしかないと、ラブホテルの部屋を出て行って非常階段から隣のビルの江実矢君がチャットしている小部屋に行った。
 彩香ちゃんがドアを開けると、江実矢君がチアリーディングの衣装でパソコンの前に座っていた。
 ミニスカートを腰までたくし上げて両足を拡げた格好で、下のアンダースコートのレースが丸見えになってた。
 江実矢君は振り返ると不思議そうな顔で彩香ちゃんを見たが説明なんかしてる暇はない。
「いいから、何も聞かないで一緒にきて」と言って江実矢君を部屋からラブホテルへ通じる非常階段へと連れ出した。
 すぐ下の裏通りにはクレープ屋さんに女の子が行列を作っているのが見えた。
 有紀がラブホテルに通じるドアを開けたとき「逃げて、私はいいから逃げて」と彩香ちゃんが江実矢君の背中を非常階段に向かって一杯に押した。

 江実矢君が非常階段を駆け足で降りようとすると階段の下から男が数人顔を出した。
「何だお前」と男が江実矢君を見上げた瞬間に江実矢君の体が非常階段の踊り場から外に飛んだ。
「キャーーーー」と彩香ちゃんの悲鳴が響いた次の瞬間には江実矢君の体は後ろ向きに回転しながら、鉄柵を飛び越えてすっと地面に立った。
「おい、居たぞ」と男の子の怒鳴り声がすぐ下から聞こえた。
 今度は大浜学院の野球部の男の子達が江実矢君を見つけたらしい。
 江実矢君が駆け出す足音のすぐ後から大浜学院の男の子達が追いかける足音が聞こえてきた。
 なんとか上手く逃げてと有紀は心の中で祈るしかなかった。
 彩香ちゃんが部屋に戻ると「おい、お前わざと逃がしたな」と監督が怒鳴りつけてきた。
「命令に従わなければお仕置きだ、判ってるのか。お前お仕置きされたくてわざとあの中学生逃がしたんだろう」と言うと今度は「お前も一緒だ二人でお仕置きだ」今度は有紀に向かって怒鳴りつけた。
 部屋の外から男が数人入ってくると二人の両腕をねじり上げて逃げられないように押さえつけた。
 監督が先に立って廊下を進んでいくと一番奥のドアが開いた。
 部屋の中はベッドもなく、灰色のコンクリートの床がむき出しになっていた。
 上を見上げると天井には滑車があり縄が垂れ下がっているのが見えた。
 見覚えのある部屋だった。
 以前ブルマーを売ろうとして連れ込まれた部屋だと気が付いて有紀は体に寒気がしてきた。
 今度もまた吊されて鞭で打たれるんだと思うと有紀は体が震えてきた。
 男達が有紀の口にドリンク剤の瓶をあてがった。
 彩香ちゃんが言っていた10倍効き目のある薬に違いないと有紀は思った。
 なすすべもなく苦い液体が喉を通りすぎた。
 胃袋の中が急に熱くなると体中が震えて止まらなくなった。


10.決勝戦に勝って甲子園出場<< ページトップ >>12.彩香スペシャルは恋の必殺技

チアガールアダルトビデオ

名門●●大学チアリーディング部在籍! 競技歴4年! 全国大会第8位! 美少女すぎる現役アスリート女子大生が超開脚セックスでAVデビュー! 三井ゆり(仮)19歳 kawaii [DVD]
チア少女をねぶり尽くす 梨乃 ラマコス/妄想族 [DVD]
現役チア部員の長身女子大生! 美人でドスケベ! 体育会系軟体ボディをいろんな体位で突かれ、絶頂チ●ポ穴化と化す! 内村りな SHRK-025 [DVD]
人気プロ球団専属チアリーダーkawaii*デビュー! YUNA kawaii [DVD]
羞恥!県大会優勝の現役テニス少女がデビューから衝撃の露出FUCK!
高校野球を熱心に応援する球場で一番可愛いチアリーダーのエッチなSEXをお見せします
裏ブロンド生ハメ 金髪チアリーダー犯す黒チン…青春よ、散れ!