彩香スペシャル〜恋の必殺技

by七度柚希

目次

    第一話

    1.高校一年生

    2.英会話部には負けられない

    3.援助交際の取材

    4.ブルマー盗まれる

    5.盗まれたアンダースコート

    6.スクープ

    7.もう止められない

    8.チアリーダーのオーディション

    9.早朝の通学で痴漢

    10.決勝戦に勝って甲子園出場

    11.三度目の如来棒

    12.彩香スペシャルは恋の必殺技

    第二話

    13.先生はノーパン

    14.ブラジャーはCカップ

    15.痴漢盗撮

    16.ラブシーン

    17.セクハラ面接

    18.出会い系喫茶

    19.ハプニングバー

    20.観覧車

    21.合宿

    22.監禁調教

    23.AV撮影

    24.真っ赤なTバック

1.高校一年生

あらすじ
 主人公の有紀は親友の彩香ちゃんと一緒に家を出て立志館学園高校の入学式に出かけた。途中で小学校と中学校が一緒だった江実矢君を見つける。江実矢君はお爺ちゃんがロシア人で色が白くて目も青くて見た目は女の子にしか見えない。

 四月七日の朝、有紀はいつものお布団の中でぼんやりと目を覚ました。今日は何の授業だったかしら、木曜日だからあのいやな社会科の野口先生だったはず。あの先生の授業はいつもぼそぼそとしゃべるので全然わからない。今日もさぼってやろうとお布団の中に潜り込もうとしたとき有紀は大変なことに気が付いた。
 今日から高校生。いつもの区立北川中学に歩いて通うのではなく、立志館学園高校の入学式が今日の九時からだった。
 入学式は高校の近くの区立の公会堂で行われるのだが、駅からは遠いので八時には家をでないと間に合わない。
 慌ててお布団から飛び出してパジャマを脱いで昨日部屋に用意しておいた制服に着替えた。
 真新しい制服は、紺のブレザーにスカートで、ブレザーの胸には大きなワッペンが付いてあって一目で立志館学園高校だと分かる。
 スカートはチェックの柄のプリーツスカートで、いかにも女子高生らしいデザインだ。
 慌てて朝食を済ませて出かけようとすると、同じ立志館学園高校に通う彩香ちゃんがもう玄関に迎えに来ていた。
 彩香ちゃんは小学校からの同級生で、小柄な有紀とは対照的に体格がしっかりしていて胸も小学生の時からびっくりするくらいに大きかった。
 彩香ちゃんのお姉さんが今年立志館学園高校を卒業したので、彩香ちゃんはお姉さんのお下がりの制服を着ていた。
 小柄なお姉さんの制服は彩香ちゃんにはちょっと小さめで、彩香ちゃんの大きな胸は制服のブレザーから飛び出しそうに脹れていた。
 スカートのウエストもきつくくびれて、短いスカートから見える太い腿はとても高校一年生には見えないほどのお色気だった。
「なにやってんのよ、遅れちゃうじゃないのよ」と彩香ちゃんにせき立てられて、二人は急ぎ足で駅まで歩き始めた。

 ちょうど旗の台の駅の改札口を入ったとき正面のトイレから江実矢君が出てきた。
 江実矢君は彩香ちゃんに気が付くとちょっと伏し目がちに顔を下に向けて、逃げるように階段を上がって行った。
 江実矢君の着ているブレザーは立志館学園高校の制服だった。
 有紀が不思議そうな顔をしているのを見て「江実矢君も立志館学園高校なのよ」と彩香ちゃんが教えてくれた。
 今日初めて着たばかりらしい制服は上は女子と同じブレザーで下のズボンは折り目がきっちりとついたチェックの柄だ。
 小学生の時から小柄だった江実矢君は高校生だというのに、まるで中学生の女の子が制服を着せられたようにしか見えなかった。
 江実矢君はおじいちゃんがロシア人だとかで顔立ちも男の子にしては可愛らしく髪がちょっと薄茶色だ。
 名前の「エミヤ」もおじいちゃんのエミヤンスキーという名前にちなんだロシア語からとって名付けたとお誕生会の時に江実矢君のお母さんに教えてもらった。
 その上目の色が薄い青色なので小学校のときからクラスでは虐められていた。
 見た感じが女の子みたいなので、江実矢君はいつも「エミ」と呼ばれていてランドセルには大きな文字で「恵美」と落書きがあり、いくら消しても消えなかった。
 ちょうど小学校五年生の終業式の前の日に、彩香ちゃんのブルマーが無くなった事があった。
 男の子達は、あいつがやったんだあいつしか犯人はいないと行って江実矢君を理科室に呼び出すと「解剖」を始めた。
 「解剖」というのは、みんなで江実矢君を実験台の上に載せて体を押さえつけて服を脱がせ、体中をくすぐったりつねったりするという乱暴な遊びだ。
 そのとき有紀が彩香ちゃんを呼びに行くと、彩香ちゃんは大変な剣幕で男の子達を突き飛ばして足で踏んづけてやった。
 男の子達も彩香ちゃんにはかなわないらしくてほうほうのていで逃げ出した。

 なんとか服を着直した江実矢君が小さい声で「ありがとう」と言って理科室を出ようとすると「ちょっとあんた待ちなさいよ、私のブルマー盗んだのあんたでしょう」と彩香ちゃんが言いだした。
 彩香ちゃんが江実矢君を突き飛ばすと、彩香ちゃんの両手が江実矢君の両足をつかんで股の間に足を入れた。
 電気アンマだ。
 プロレスでもやらない恐怖の技「電気アンマ」。
 男の子達が震え上がる「電気アンマ」の達人と言えばこの区立北川西小学校では彩香ちゃんがダントツだ。
 結局の所彩香ちゃんに電気アンマで責められても江実矢君は口を割らなかった。
 すると彩香ちゃんは「どうしても白状しないなら、アレをやるからね」と言いだした。
 アレと言うのは学校中の男の子が恐怖におののく彩香スペシャルのことだ。
 普通の電気アンマは両足を引っ張ってその間に片足を入れるのだが、彩香スペシャルは寝そべった男の子の腰に後ろ向きにまたがって、男の子の両足をひっぱりあげ、左右の足で男の子の股間を交互に叩くという大技だ。
 これを食らったらしばらくは立っていることもできない。
 しかし江実矢君はそう言われても頑として口を割らなかった。
 有紀はこのままじゃ大変なことになると思い「ねえ、江実矢君あなたが、彩香ちゃんのブルマーこっそり盗んだんでしょう、素直に白状したほうがいいわよ」と言ってみた。しかしそれがかえって彩香ちゃんの怒りに火を付けたみたいだった。
 彩香ちゃんは江実矢君の上に後ろ向きに馬乗りになると、両足で江実矢君の股間を蹴り始めた。
 すさまじい江実矢君の叫び声がしたと思うと、それより大きな彩香ちゃんの怒鳴り声が教室いっぱいに響いた。
 同じクラスの男の子達は廊下でこっそりと様子を伺うだけで、彩香ちゃんが怖くて黙ったままだった。
 その時の話しはもう昔のことで、彩香ちゃんも今はもう覚えては居ないだろうと有紀は思った。


ページトップ >>2.英会話部には負けられない

チアガールアダルトビデオ

名門●●大学チアリーディング部在籍! 競技歴4年! 全国大会第8位! 美少女すぎる現役アスリート女子大生が超開脚セックスでAVデビュー! 三井ゆり(仮)19歳 kawaii [DVD]
チア少女をねぶり尽くす 梨乃 ラマコス/妄想族 [DVD]
現役チア部員の長身女子大生! 美人でドスケベ! 体育会系軟体ボディをいろんな体位で突かれ、絶頂チ●ポ穴化と化す! 内村りな SHRK-025 [DVD]
人気プロ球団専属チアリーダーkawaii*デビュー! YUNA kawaii [DVD]
羞恥!県大会優勝の現役テニス少女がデビューから衝撃の露出FUCK!
高校野球を熱心に応援する球場で一番可愛いチアリーダーのエッチなSEXをお見せします
裏ブロンド生ハメ 金髪チアリーダー犯す黒チン…青春よ、散れ!