彩香スペシャル〜恋の必殺技

by七度柚希

目次

    第一話

    1.高校一年生

    2.英会話部には負けられない

    3.援助交際の取材

    4.ブルマー盗まれる

    5.盗まれたアンダースコート

    6.スクープ

    7.もう止められない

    8.チアリーダーのオーディション

    9.早朝の通学で痴漢

    10.決勝戦に勝って甲子園出場

    11.三度目の如来棒

    12.彩香スペシャルは恋の必殺技

    第二話

    13.先生はノーパン

    14.ブラジャーはCカップ

    15.痴漢盗撮

    16.ラブシーン

    17.セクハラ面接

    18.出会い系喫茶

    19.ハプニングバー

    20.観覧車

    21.合宿

    22.監禁調教

    23.AV撮影

    24.真っ赤なTバック

7.もう止められない

あらすじ
 駅前でナンパされて近くの公園に連れ込まれた所を大浜学院の野球部の男の子達に助けられた。野球部の男の子達に聞いてみると、大浜学院の野球部の監督が交際した相手のチアガールは内の学校の女の子らしい。

 なんとなく暇そうにしながら少し歩くと二人は、見たことのあるゲームセンターの前に来た。
 壁のおかしな模様を見て、以前来たことのある吹き抜けの階段のあるゲームセンターだと有紀は気が付いた。
 あの時パンティーを脱がされて階段を降りさせられた時の感触がいきなり有紀の体によみがえってきた。
 膝が中に浮いたように震えると、「おい今すぐパンティー脱ぐんだ、逆らえると思ってるのか」と言う男の声が聞こえて来るような気がした。
 だがあの時の男が目の前に現れるはずはなかった。
 彩香ちゃんが急に「ねえトイレ寄っていきましょう」と言いだした。
 ゲームセンターに入ると、奧のエレベータまで行ってエレベータが降りてくるのを待った。
 一番上まで上がると、以前来た休憩室があり奧にはトイレがあった。
 有紀には彩香ちゃんが何をするつもりなのかピンときた。
 彩香ちゃんが小走りにトイレに駆け込むと、有紀も慌てて後から付いていった。
 彩香ちゃんが個室から出てくると手にしているのは、白いパンティーだった。
「やっぱり」と有紀は思ったが、すぐに個室に入ると彩香ちゃんがしたようにパンティーを脱いだ。
 トイレを出てあのときの螺旋階段の前まで来ると足が震えてきた。
「私から行くね」と彩香ちゃんが小さい声で言うと、震える足取りでゆっくりと階段を降りていった。
 階段の下の一階には、ゲームセンターの客がこちらを見上げるのが分かった。
 有紀は大きく息を吸い込むと思い切って階段に足を踏み入れた。その途端に足が震えだして、体中が急に燃え上がるように熱くなった。
 吹き抜けの中央にせり出した階段をわざと下から一番よく見える場所を選んで足をゆっくりと動かすと、頭のてっぺんから熱い熱湯を浴びせられたように体が燃え上がった。
 階段の下で男の子が話す声がかすかに聞こえたが何と言っているのかは判らなかった。
「あのドスケベ女みろよ、男が欲しくてたまらないんだぜ」と言っているらしい声が有紀の耳に聞こえた気がした。

 一歩一歩階段を降りて、夢のような時がすぎると有紀は最後の階段を降りて一階のフロアーに居た。
 先についた彩香ちゃんが有紀の方に振り返ると、二人の目が合った。
 彩香ちゃんの目は潤んで泣き出しそうになって、まだ体が震えているのが判った。
 ようやく気分が落ち着いてきたとき二人組の男性が近づいてきた。
 きっとナンパされるんだ「一緒にカラオケ行かないか」と誘われるんだと思って有紀は胸がドキドキしてきた。
 誘われたら絶対断らずにどこにでも付いていくんだと心を決めて男の子が話しかけるのを待っていると男の一人が彩香ちゃんに「おい、いくらでやらせるんだ」と声を掛けてきた。
 有紀は私達そんなつもりじゃないのに、援助交際だと思われてるんだと判って急に胸が締め付けられるような気持ちで息を飲んだ。
 お金なんかもらえない。でも誘われて断れる訳はない。いますぐどこにでも連れていって欲しくて体はうずうずしている。
 どうするんだろうと思っていると彩香ちゃんは「五万円です」と蚊の鳴くような声で答えた。
 やっぱりそれしかないんだ、援助交際だってなんだっていい、今すぐ気持ちよくさせてもらえればそれが一番なんだと有紀は自分で自分を納得させた。
 でも本当に一人五万円ももらえるんだろうかと有紀が思ったとき「二人で五万ならいいぜ」と男が言いだした。
 二人で五万じゃちょっと安いんじゃないかしら私達そんなに安っぽく見られたのかしらとがっかりした気持ちで聞いていると、彩香ちゃんは「それでいいです」と小さい声で答えた。
 男の一人が財布からお金をだすと「これで五万あるぜ」と数えてから彩香ちゃんに渡した。
 これで私達は金で体を買われるんだと思うと有紀はまた胸がドキドキして足が震えてきた。
 男達と一緒にゲームセンターを出ようとすると急に横から「おいお前ら、誰に断って商売してるんだ」と声が聞こえた。

 声のした方を見ると、髪型がちりぢりにパーマを掛けてサングラスを掛けた男の子が怖い顔で睨み付けていた。
 有紀は怖くて背筋が冷たくなった。
 彩香ちゃんは怖くて怯えたままどう答えていいのか分からずに黙っていた。
 するとまた「おい、お前らどこの店かって聞いてるんだ、勝手に商売なんかされたら困るんだぜ分かってるのか」とまた男の子が低い声で脅かすように言った。
 すると彩香ちゃんはとっさに「原口さんの店です」と慌てて答えた。
 原口というのはあの、ブルマーを買ってくれた男が電子メールで使っていた名前だ。
 どうせそんな名前はデタラメに違いないと有紀は思ったが急に若い男の態度が変わって「あ、失礼しました」と言うと今度は金を渡した男に向かって「どうぞ、たっぷりお楽しみ下さい」と頭を下げた。
 彩香ちゃんはなにが何だか分からなくて口を開けたままぽかんとしていたが、男達に手を捕まれてゲームセンターを出た。
「どこにする」と男の一人が彩香ちゃんに聞いた。
「どこのラブホテルにするか」という意味だと有紀にもすぐ分かった。
「この先に公園があるんです」と彩香ちゃんがいうと「あ、あの歩道橋の先の公園か」と男が答えた。
 どうやら男もその公園のことはよく知っている様子だった。歩道橋の下の交差点を渡って、あのときの公園まで来ると、高速道路の下の公園は薄暗くて空気も冷たかった。
 男達は二人をトイレの側のベンチまで連れてきた。あのときと同じベンチだった。
「じゃあ、やってもらおうか」と二人はズボンの前のチャックを下げて二人並んでベンチに座った。
 やっぱり私達お金で買われたから、言われた通りしないといけないんだと有紀は自分に言い聞かせた。

 彩香ちゃんはすぐに男の前に跪くと男が拡げた股の間に口を近づけた。
 男の子達は遊び慣れた様子で、二人の舌技を楽しむだけ楽しむと「おい、そろそろぶち込んでやろうか」と一人が彩香ちゃんに声をかけた。
「お願いします」と彩香ちゃんが素直な口調で答えると男は「どこがいい、ここじゃいやだろう」と聞いてきた。
 有紀は彩香ちゃんが「ラブホテルに連れて行って下さい」と答えるものとばかり思って、二人の会話を聞いていた。
「お願い、待てないの今すぐここでやって」と彩香ちゃんが甘えた声で言うと、男は半分呆れた様子で小さな笑い声を漏らした。
「いつもそこでしてもらってるんです私達」と彩香ちゃんはベンチの後ろの木陰にある銀杏の木を指さした。
 彩香ちゃんがベンチから立ち上がろうとしたとき「おい、お前らなにやってんだ」と急に男の子の声が植え込みの奧から聞こえてきた。
 いったい誰が声を掛けてきたのだろうと思って声の方を見ると大浜学院の野球部の男の子達だった。
 いったいどうしてここが判ったのかすぐには理由が判らなかったが、途中から後を付けられたらしい。
 野球部の男の子の持っているバッグにはバットの柄が見えていて、どうもこれは都合が悪いことになったと男はいやな顔をしながら顔をそらせた。
「おい、お前ら、どうしてこんな所にいるんだ」と大浜学院の男の子が声を掛けると、二人の男は急に急ぎ足で公園の出口まで駈けだして行ってしまった。
 大浜学院の男の子達が、こっそりと茂みの裏で盗み見していたのは間違いない。このまま余計な事を喋られたらやっかいなことになる。
 二人が壁新聞の取材を言い訳にして、援助交際してたなんて話しをされたらそれこそ大変だ。
 有紀が心配するより早く「お願い、やらせて、私このままじゃ帰れないの」と急に彩香ちゃんが甘えた声をだした。
「そんなにやりたいならやらせてやるぜ」と男の子が彩香ちゃんの前に立った。
 大浜学院の男の子達は最初からそれが目的で、上手い口実を作ろうと二人の後を付けていたようだった。
 得意の舌技を繰り出しながら彩香ちゃんが「ところで監督がつき合っていた、相手の女の子って誰なの、教えてくれたら彩香スペシャルやって上げるわよ」と言ってみると、男の子は「あ、お前の学校のチアリーダーの女だとかいう噂だぜ」とすぐに教えてくれた。
「どの女かは知らないけど、もし誰だか分かったらたっぷり可愛がってやるぜ、野球部全員でな」と随分と腹を立てているのが有紀にも分かった。
 その時急に街灯のかげが動いて急に人相の悪い男が数人、歩道橋を渡ってこちらに来るのが見えた。
 一人はさっきゲームセンターで声をかけてきたちりぢりのパーマ頭の若い男の子のようだった。

「おいまずいぜ」と誰かが言うと野球部の男の子達は足早に公園の裏の出口から駆け出して逃げてしまった。
 歩道橋から降りて男達はベンチまで来ると「おいお前ら金だけとって、逃げようとしたそうじゃないか」と急に怒鳴りだした。
 さっきの男達が告げ口したのだと二人にはすぐ分かった。
「もらった、金返すんだ」と脅されて彩香ちゃんはさっきもらった五万円を返した。
「おいお前らまだ高校生だろう」
「お前らは学校で勉強してればいいんだ、勝手に商売なんかするんじゃない、さっさと帰れ」
「どうしても、援助交際したいなら、俺たちの店で働いてもいいんだぜ、一晩で十万は稼げる」
「その替わり毎晩五人は客をとってもらうからな」
「どうだ、やる気があるのか、ないならさっさと帰って勉強しろ」と男は怖い顔で畳みかけるように怒鳴りつけてきた。
 彩香ちゃんは泣きながら「もう二度としませんから許して下さい」といきなり土下座した。
 有紀も慌てて地面に座り込んで、頭を何度も地面にこすりつけた。
「まあ、いいだろう、さっさと帰りな、二度とこんな真似するんじゃないぞ」と捨て台詞を残して男達が去っていく足音が聞こえて、二人はしゃがみ込んだまましばらく動けなかった。
 しばらく立って当たりに人影がないのを確かめてから、二人は公園を出て駅まで帰ることにした。
 駅までの道を歩きながら、彩香ちゃんと有紀は二人であれこれ考えてみた。
 大浜学院が甲子園に出られなければ誰が一番得をするのか、それは我が校の野球部の監督だ。
 そして大浜学院の監督がつき合ったは我が校のチアリーダーの女の子だ。そのチアリーダーが誰なのかはまだ分からないが、なにかとんでもない秘密があるに違いない。
 それを突き止めればスクープになる。きっと大変な大スクープになるんだと二人は確信した。


6.スクープ<< ページトップ >>8.チアリーダーのオーディション

チアガールアダルトビデオ

名門●●大学チアリーディング部在籍! 競技歴4年! 全国大会第8位! 美少女すぎる現役アスリート女子大生が超開脚セックスでAVデビュー! 三井ゆり(仮)19歳 kawaii [DVD]
チア少女をねぶり尽くす 梨乃 ラマコス/妄想族 [DVD]
現役チア部員の長身女子大生! 美人でドスケベ! 体育会系軟体ボディをいろんな体位で突かれ、絶頂チ●ポ穴化と化す! 内村りな SHRK-025 [DVD]
人気プロ球団専属チアリーダーkawaii*デビュー! YUNA kawaii [DVD]
羞恥!県大会優勝の現役テニス少女がデビューから衝撃の露出FUCK!
高校野球を熱心に応援する球場で一番可愛いチアリーダーのエッチなSEXをお見せします
裏ブロンド生ハメ 金髪チアリーダー犯す黒チン…青春よ、散れ!