彩香スペシャル〜恋の必殺技

by七度柚希

目次

    第一話

    1.高校一年生

    2.英会話部には負けられない

    3.援助交際の取材

    4.ブルマー盗まれる

    5.盗まれたアンダースコート

    6.スクープ

    7.もう止められない

    8.チアリーダーのオーディション

    9.早朝の通学で痴漢

    10.決勝戦に勝って甲子園出場

    11.三度目の如来棒

    12.彩香スペシャルは恋の必殺技

    第二話

    13.先生はノーパン

    14.ブラジャーはCカップ

    15.痴漢盗撮

    16.ラブシーン

    17.セクハラ面接

    18.出会い系喫茶

    19.ハプニングバー

    20.観覧車

    21.合宿

    22.監禁調教

    23.AV撮影

    24.真っ赤なTバック

3.援助交際の取材

あらすじ
 江実矢君に女装をさせて渋谷109前でナンパされるのを待ってると、新聞記者の吉田さんに見つかってお説教された。帰り道にライバル校の大浜学院野球部の男の子達と出会う。取材のつもりで男の子達と一緒にカラオケに行ったけど大変な目に。

 井の頭線に乗って渋谷まで出ると、さっそくセンター街へ上がる階段から109の前にでた。
 ここに立っていれば援助交際をしている女の子だと思われて男の子が声を掛けてくるとテレビやっていた。
 すぐ近くには髪の毛を染めて派手なお化粧をした女子高生らしい女の子が大勢居た。
 きっと男の子に声を掛けられるのを待っているのに違いないと有紀は思った。
 見た感じサラリーマンくらいの二人づれの男の子が、彩香ちゃんの前にきて「ねえ君たち」と声をかけてきた。
 すると彩香ちゃんはいきなり「はい、援助交際ですか」と返事をした。
 いくら何でもいきなりそんな言い方はないと有紀は思ったが、男の子は「それで、いくら」と問いかけてきた。
 彩香ちゃんは急にそんなことを聞かれるとは思ってなかったようで、目が飛び出しそうになりながら「五十万です」とやっとのことで答えた。
 男は笑いながら江実矢君のお尻に手を当てながら「この子まだ中学生だろう、バージンだったら五十万でもいいよ」と言って笑った。
 いきなりお尻を触られた江実矢君はびっくりして階段を駆け上がって逃げた。
 男の子は二人で笑いながら、周りの女の子達を見回した後、通りを下っていった。
 男の子が居なくなるのを見計らってようやく江実矢君が階段から下りてくると、また別の男が声をかけてきた。

 すらりと背が高くてちょっと細めの背広姿だったが、髪の毛を染めていてちょっと遊んでいる雰囲気だった。
「ねえ、君たちちょっと話し聞かせてくれないかな」と言われてさっそく近所のマクドナルドに入った。
 適当に飲み物を頼んで席に座るといきなり「君たち立志館学園の生徒なんだろう、あんなところで何をしてたの」と聞かれた。
 まずい、きっと生徒指導の補導係の先生だと有紀は思った。
 先生方がこっそり渋谷や新宿を見て回って、生徒がうろついていないか見て回っているという話しは先輩からも聞いたことがあった。
 それもいろんな学校の先生が共同でお互いの学校の生徒がいないか見て回っているという話しだった。
 彩香ちゃんは正直に言うしかないと思ったらしく「新聞の取材なんです、学校新聞を作ってるんです私達」と答えた。
 すると「よくまあ、そんな都合のいい言い訳考えるものだね、正直にちゃんと言いなさい何をしてたんだ、それにその子はまだ中学生だろう」と江実矢君の方を見た。
 彩香ちゃんが黙っていると男は名刺をだして「僕は新聞記者でね、こうして実際に女の子に声を掛けて記事になるニュースを探してるんだ」と言いながら渡してくれた。
「援助交際してる女の子はこの辺には一杯居てね、気軽にお金になるから埼玉や千葉からわざわざ高校の制服着て出てくるんだ」
「だけどそうゆう田舎の女の子はね、騙されて二本差しにされたりして大変な目に遭うだけだからね」とお説教されて有紀は「二本差しってなんのことだろう」と思ったが彩香ちゃんが知っていると思って黙っていた。

「君たちも、簡単な気持ちで援助交際なんかしたら駄目だよ、今日はさっさと帰りなさい」と念を押されて、よくよく名刺を見ると東日新聞記者吉田剛と書いてあった。
 彩香ちゃんは本当の新聞記者と知り合いになれたと判って興奮気味に「あのあの」と口ごもりながら「新聞記者ってどうすれば成れるんですか」と問いかけた。
「新聞記者になりたいなら、まず今学校の勉強をしっかりやることだよ、そうすれば将来は自分の好きな仕事に就けるようになるから」と吉田さんが答えると「僕は取材で忙しいから、君たちはもう帰りなさい、渋谷は危ない所だからうろうろしてたらだめだよ」と言って席をたった。
 吉田さんが店を出たあと、有紀は「ねえ、二本差しって何のことなの」と彩香ちゃんに聞いてみた。
「なんなのかしらね、今度お姉ちゃんに聞いてみるわね」と彩香ちゃんが言うので有紀は「聞かなくていいから、もう判ったから」と慌てて口止めした。
 彩香ちゃんも納得できない顔つきだったがうっかりお姉ちゃんに聞いたりは出来ない事らしいと思ったようで「そうね」と言って口をつぐんだ。
 もう取材は出来そうもないので三人は諦めて駅まで帰る事にした。
 途中で彩香ちゃんが通りに可愛い服を飾ってあるショーウィンドを見つけて店に入ろうとした。
 店の中は中学生や高校生の女の子達でいっぱいだ。江実矢君はさすがに店に入るのに尻込みした。
 彩香ちゃんに「もうあなたは帰っていいから、今日はどうもありがとう」と言われて江実矢君は急ぎ足で通りを駆け出して行った。

 可愛いミニスカートを何着かハンガーから選ぶと彩香ちゃんが試着してみた。どうしても欲しいミニスカートを見つけて、お財布を確かめたが、お金が足りなくて買えなかった。
 諦めて店を出て渋谷の駅まで大通りを歩いていると、大浜学院の制服を着た男の子達が四人ほど通りかかった。
 持っている大きなバッグからはバットの柄が飛び出しているのが見えた。
 髪の毛は丸刈りにして、白いシャツを着た胸板も厚く、日焼けした肌は見るだけでも男らしかった。
 大浜学院の野球部の男の子達に間違いなかった。
 次の試合で我が校の立志館学園の野球部が試合に勝てば次には決勝で大浜学院と当たる。
 去年も決勝の試合で大浜学院に負けて立志館学園は甲子園に行けなかったのだ。
 ここでなんとか大浜学院の男の子達に話しを聞いておけば、壁新聞のニュースにはちょうどいい。
 男の子達も二人に気が付いたらしくて、なにやらひそひそ話しをしていた。
 これはチャンスだと思い彩香ちゃんはさっそく「ねえ、大浜学院の野球部でしょう」と声をかけた。
 野球部の話しを聞き出そうとして「今年はどうですか、甲子園」と彩香ちゃんが話しを向けると「決まってるだろう、今年も決勝で勝つのは俺たちだ」といって随分な言い方だった。
 彩香ちゃんは「次の試合に私達応援にいきますよ、ホントに絶対応援に行きます」と調子を合わせて話しを続けた。
 すると「お前ら、自分の学校の応援すればいいだろう、それとも俺たちのこと気に入ってるのか、つき合いたいのか」と男の子の一人が言いだした。
 彩香ちゃんは「つき合」ことの意味がよくわかってないらしくて、すぐに「あ、つき合いたいです、つき合いたいんです」とまた愛想よく笑顔を作って「よかったらプリクラ撮って下さい」と言い出した。

 すぐ目の前にあるゲームセンターに入ると男の子達と入れ替わりながらみんなでプリクラを撮った。
 男の子が顔を近づけると、練習後の男の汗の匂いが有紀の回りを包み込んで有紀は目眩がしそうだった。
 彩香ちゃんも男の匂いに圧倒されたのか、急に言葉が少なくなって目つきも半分夢の中だった。
 男の子達は彩香ちゃんが気に入った様子で「おい、お前らこれからカラオケ行こうぜ」と言いだした。
 彩香ちゃんは誘われてすっかり舞い上がったような気分らしく、すぐに「あ、行きましょう、行きましょう」と何も考えもしないで男の子達に答えた。
 ゲームセンターを出て少し行った先に、カラオケの店がありすぐに奧の個室に通された。
 さっそく彩香ちゃんがマイクを持って踊り出すと、男の子達も大騒ぎしながら声を張り上げた。
 彩香ちゃんが調子に乗って、足を前に蹴り上げる歌の振りをしようとしたとき足が滑ってそのまま転んでしまった。
 お尻からすとんと床に落ちた彩香ちゃんの制服のチェックのスカートが広がってめくり上がり、パンティーが丸見えになった。
 男の子達は何が起きたのか分からない様子で、息を飲み込んで一瞬静まりかえった。
 彩香ちゃんのパンティーはどうしたことか、ピンク色のレース模様の入った可愛らしいパンティーでお姉ちゃんからもらったといつか自慢していた勝負パンティーだった。

「おい、お前男が欲しいんだろう、男が欲しくてそんなパンティーはいてるんだろう」と男の子がいきなり大きな声を張り上げて、彩香ちゃんの両足を掴もうとした。
 彩香ちゃんは倒れ込んだ姿勢のまま足で男の子を蹴飛ばした。
 勢いで後ろ向きに倒れ込んだ男の子は体を起こそうとしながら「お前ら、このままじゃ済まないからな分かってるのか」と言って彩香ちゃんを睨み付けた。
 すると彩香ちゃんは「あんた達こそ私に逆らえると思ってるの」と怒鳴り返しながら、男の子の上に後ろ向きに馬乗りになった。
 男の子達は彩香ちゃんが何をしようとしているのか呆気にとられて見ていたが、有紀にはすぐに彩香スペシャルだとすぐ分かった。
 彩香スペシャルはまだ女の子の方が男の子よりも体格がよくて力も強い小学生だから通じる技で、もう高校生にもなれば男の子の方が力が強いに決まっている。
 それでも彩香ちゃんはまだ彩香スペシャルが必殺技だと思いこんでいるようで、男の子の足を抱え込むようにして引きつけながら股間を蹴ろうと足を動かした。
 しかしすぐに回りを取り囲んだ男の子が彩香ちゃんの両足を押さえて左右に一杯に開かせてしまった。
「いいか、俺たちに逆らうんじゃない、なんでも言うとおりにするんだ」と男の子が言うと「すぐに男狂いにさせてやるからな、このドスケベ女、さあ始めようぜ、いつものやつだぜ、前やったときと同じだ」と他の男の子達に指示した。

 男の子達は顔を見合わせて互いに役割を確かめるとすぐに二人に襲いかかった。
 屈辱の時が終わると有紀はこみ上げてくる涙が止まらなかった。
「さて、やることはやったんだから、あとはたっぷり楽しませてもらおうか」と男の子が言うのが聞こえた。
 もう終わったのにまだ何があるのと、彩香ちゃんは不審そうな顔つきで有紀を見た。
「これで終わりな分けないだろう、初体験ていうのは、まだ他にもあるんだぜ」そう言うと男の子の一人が有紀の前に立ちはだかった。
 何をすればいいのか判って有紀は必死に唇を動かした。
「この女、なんでこんなに上手いんだ」と言うのを聞いて有紀は急に楽しくなってきた。
「おい、こっちの女も何とかしろ、お前らだけ楽しんで、こっちはどうしてくれるんだ」と彩香ちゃんを取り囲んでいた男の子達が文句を付けてきた。
 彩香ちゃんも困った顔で「お願い教えて、私どうやっていいのか分からないの」と真顔で有紀の顔を見つめた。
 有紀はすっかり得意な気分で「自分でいろいろ工夫してみなさいよ、自分で工夫しなかったら上手にはなれないのよ」と彩香ちゃんを叱りつけた。
 彩香ちゃんは口を使いながら男の子の表情を見上げて、男の子が気持ちのよくなる顔を確かめては舌の使い方を変えていろいろ試し始めた。
「すげえ、上手すぎるぜこの女」といきなり男の子が大きな声を上げるのが聞こえた。
「すぜえぜ、この女、この技は何て言うんだ」と男の子がまた叫ぶと彩香ちゃんは口を離しながら「彩香スペシャルって言うのよ、私しか出来ないの」と得意そうに答えた。
 男の子達が全員満足するまでそれほど時間はかからなかった。
 終わった後彩香ちゃんはまだ腰の震えが止まらなくて、すぐには立ち上がることが出来なかった。
 ようやく彩香ちゃんが立ち上がると、三年生の男の子が「おい、お前ら今日のことは誰にもいうなよ」
「余計なことをしたら、この写真学校に送りつけてやるからな」と言って小さな写真のプリントを見せた。
 さっきの二人の初体験をデジカメで撮って、携帯用のプリンターですぐにプリントした写真だった。
 彩香スペシャルの場面も全部撮影してあった。
 随分と手回しがいい。
 きっと同じようなことをしょっちゅうやっているに違いないと二人にはすぐ分かった。
 こんな写真を学校に送り付けられたら大変なことになる、新聞部の部室どころの話しではない。
 二人とも退学だ。
 だけどもう済んだことを後悔してもどうにもならない事だった。
「これもらっていいですか」と彩香ちゃんが写真を男の子から奪い取ろうとした。
 男の子は笑いながら「これはプリントしただけで、もとの写真はデジカメのメモリーカードに入ってるんだからな」と言って写真を数枚彩香ちゃんに渡してくれた。
 男の子達が先に帰ったあと、二人はこっそりとカラオケ店を出た。

 翌日彩香ちゃんと有紀は、昨日の体験取材を記事にまとめ壁新聞を作った。
 図書室の掲示板に張り出そうとすると、もう英会話部の壁新聞が張り出してあった。テーマは新聞部と同じ援助交際で、渋谷の109の前で男の子に声を掛けられるのを待っている女子高生という記事だった。
 遠くから望遠のカメラで撮したらしい写真も一緒に大きく貼ってあり、一目で彩香ちゃんと有紀だとすぐ分かった。
 きっと誰かが告げ口したんだと有紀は思った。
 もしかして江実矢君が小学校の時の事を根に持っていて、それで彩香ちゃんに仕返しするために告げ口したに違いない。
 しかし彩香ちゃんは「江実矢君はそんなことするはずないから、学校を出るとき英会話部の誰かに後を付けられていたに違いないわ」とすっかり腹を立てていた。
 結局の所、新聞部で作った壁新聞は張り出すわけにも行かずに、このままでは英会話部の勝利は間違いなかった。
 有紀はもうこれは仕方ないと諦めきった気分でため息を吐いたが、彩香ちゃんはまだ怒り狂っていた。
 翌日の朝、英字新聞の隣に「ここまでやるか、学校内の虐め」という新聞が張り出してあった。
 学校内の虐めのアンケートが実例と一緒に円グラフでわかりやすく説明してあった。
 いったい誰が書いたのだろうかと思って彩香ちゃんに聞いてみると「昨日私家で、徹夜して書いたのよ、あんまり腹が立ったから」と言って眠そうな顔で壁に寄りかかった。
「でもアンケートはどうしたの、いつアンケートとったのよ」と有紀が聞いてみると「アンケートなんか全部嘘っぱちよ、なにいいのよ英語部だってみんな嘘っぱち書いてるんだから」と言って相変わらず昨日の怒りが収まらないようだった。


2.英会話部には負けられない<< ページトップ >>4.ブルマー盗まれる

チアガールアダルトビデオ

名門●●大学チアリーディング部在籍! 競技歴4年! 全国大会第8位! 美少女すぎる現役アスリート女子大生が超開脚セックスでAVデビュー! 三井ゆり(仮)19歳 kawaii [DVD]
チア少女をねぶり尽くす 梨乃 ラマコス/妄想族 [DVD]
現役チア部員の長身女子大生! 美人でドスケベ! 体育会系軟体ボディをいろんな体位で突かれ、絶頂チ●ポ穴化と化す! 内村りな SHRK-025 [DVD]
人気プロ球団専属チアリーダーkawaii*デビュー! YUNA kawaii [DVD]
羞恥!県大会優勝の現役テニス少女がデビューから衝撃の露出FUCK!
高校野球を熱心に応援する球場で一番可愛いチアリーダーのエッチなSEXをお見せします
裏ブロンド生ハメ 金髪チアリーダー犯す黒チン…青春よ、散れ!