彩香スペシャル〜恋の必殺技

by七度柚希

目次

    第一話

    1.高校一年生

    2.英会話部には負けられない

    3.援助交際の取材

    4.ブルマー盗まれる

    5.盗まれたアンダースコート

    6.スクープ

    7.もう止められない

    8.チアリーダーのオーディション

    9.早朝の通学で痴漢

    10.決勝戦に勝って甲子園出場

    11.三度目の如来棒

    12.彩香スペシャルは恋の必殺技

    第二話

    13.先生はノーパン

    14.ブラジャーはCカップ

    15.痴漢盗撮

    16.ラブシーン

    17.セクハラ面接

    18.出会い系喫茶

    19.ハプニングバー

    20.観覧車

    21.合宿

    22.監禁調教

    23.AV撮影

    24.真っ赤なTバック

16.ラブシーン

あらすじ
 秀美ちゃんの代役で江実矢君がガストン君とラブシーンを撮ることになった。江実矢君は男の子だからラブシーンは苦手。有紀が代わりにガストン君の相手をしたがガストン君は巨根でテクニシャン。彩香ちゃんと一緒に生フェラさせられちゃた。

 監督が大きな声で「お疲れさん」と叫ぶとチアガールの女の子達は渡されたタオルで汗を拭いてペットボトルの飲み物を手にしながら一休みしてる。
 テントの中で監督がスタッフとなにやら困った顔で話しをしてるのが聞こえた。
 まだ残りのシーンがあるけど、秀美ちゃんが帰ってしまったので江実矢君を代役にして撮影するしかないらしい。
 由美子先生も江実矢君が代役にはぴったりと言ってくれたので話しはすぐまとまったらしい。
 すぐに次のシーンが始まるらしくてハンディーカメラを持ったカメラマンがチアガールの女の子達に撮影をしながら近づいていった。
 グランドで休んでいたチアガールの女の子達は近くにまとめておいてある手荷物に近寄るとセーラー服を取りだして着替えを始めた。
 江実矢君もセーラー服を手に持って困った顔をしてる。
 他の女の子達は着替えにも慣れてるからセーラー服のスカートをチアガールの衣装の上に履いて上手に着替えてるけど江実矢君は男の子だからそんな器用な着替えなんかやったことがない。
 困った顔でいきなり真っ赤なチアガールの衣装を頭の上からすっぽりと脱ぐと下着だけの姿で丸見えになってしまった。
 胸には白いレース模様の可愛らしいブラジャーをしてるけど下はぴっちぴっちにきついガードルをはいてる。
 ブラジャーとお揃いの可愛らしいレース模様のガードルだけど、女の子が人目につく場所でそんな格好になんかしたら大変だ。
 彩香ちゃんが慌てて江実矢君に駆け寄ろうとしたが由美子先生が彩香ちゃんを引き留めた。
 着替えのシーンもテレビドラマの撮影らしい。
 他の女の子達に手伝ってもらって江実矢君もセーラー服に着替えると、しばらくして着替えは終わった様子。
 女の子達がきてるセーラー服は見た目は普通のデザインだけど、タータンチェックのプリーツスカートが超ミニの丈で随分とお色気たっぷりだ。
 江実矢君の履いてるスカートもウェストが細く締め付けてあって丈も短い。
 もともと秀美ちゃんが着るはずの衣装だったからお色気満点なのは仕方ない。
 カメラマンが女の子達が着替えてる周囲を一回りしながら低い位置にカメラを構えて見上げる様にして撮影を続けてる。
 まるでスカートの下を盗撮でもしてるみたいな撮り方を見て有紀はなんだか変だと思ったけど彩香ちゃんは何も言わない。
 チアガールの衣装の片づけも終わって女の子達は校舎の正門に向かって歩き出した。
 一応は着替えのシーンも終わったらしくてその後は、校舎の前や正門近くで撮影が続いた。
 一通り撮影も終わると由美子先生に呼ばれて、江実矢君は監督のいるテントの前に来た。
「じゃ、次のシーン」と言いながら監督が椅子から立ち上がると「ガストン君出番だよ」と大きな声を出した。
 すぐ後ろで寝ていた男の子が立ち上がって「はーい」と眠そうな声をだした。
 秀美ちゃんの相手役のアメリカ人のガストン君だ。
 テレビドラマでは、交換留学生ということになってるけど、ガストン君は日本育ちの二世だ。
 昨日は撮影で夜が遅かったらしくて、秀美ちゃんの撮影の間はずっと寝てたらしい。
 ガストン君は欠伸をしながら監督の前まで来ると、江実矢君に気が付いたらしくて。
「いやあ、秀美ちゃん、昨日ぶり。今日も可愛いねお化粧ばっちりだよ」と言いながら江実矢君に近づいた。
「おはようサンバはマンボでチンポ」とガストン君はおかしな口調で訳の分からない言葉を叫びながら手のひらを変な風に曲げて廻しておどけて見せた。
 何かのギャグらしいけど笑う人は誰もいない。
「いや、すべっちゃった。ところで秀美ちゃん今日のパンティーは何色かな」と言いながら今度は江実矢君のセーラー服のスカートを後から捲りあげた。
 江実矢君は慌てて飛び退いたがスカートがめくれて下に履いたガードルの白いレース模様が丸見えになった。
「恵美ちゃんに何するんですか」と彩香ちゃんが大声をだすとガストン君は「恵美ちゃんて誰、秀美だろお前は秀美」と言いながら江実矢君の顔を見つめた。
「この子は秀美ちゃんの代役でね、恵美ちゃんて言うんだ」とすぐに監督がガストン君に説明してくれたけどガストン君はすぐには納得しない顔付きで江実矢君をじっと見つめた。
「そう言えばお前白いパンティーなんか履いたことなかったよな」とガストン君が呟くとやっと秀美ちゃんではないと気が付いたらしい。
 急におどけた顔付きで「ごめんちゃいちゃい、チャイナタウンは夜の街」と言って頭を何度もぺこぺこと動かした。
 江実矢君が黙ってるのを見て今度はガストン君急に地面に頭をすりつけて土下座をすると「堪忍してちょ、ちょちょちょっとだけなら許してね」と上目使いに江実矢君を見上げながらおどけて見せた。
 まるで江実矢君のミニスカートを下から覗き見でもしてるような格好だ。
「ラブシーンは恵美ちゃんが代役でやるからいいね」と監督がガストン君に言うとガストン君は江実矢君のスカートをもう一度見上げながら「あ、誰でもいいですよ。一発ぶち込むだけなら」と今度は随分と適当な返事だ。
 ガストン君はきっと秀美ちゃんとのラブシーンを楽しみにしてたに違いないけど撮影の都合だから仕方ない話しだ。
 最初に撮影したのは、女の子達が集まってる所に、ガストン君がやってきて江実矢君に話しかけるシーン。
 そのあと女の子達が居る前を前を二人で手を繋いで歩くシーンを撮影した。
 ドラマの撮影では順番が実際のストーリーとはバラバラに撮るので、見ていてもなんの場面かは全然分からない。
 とりあえず撮影が済んだ後に胸にストップウォッチを下げた女の子が監督に歩み寄ってなにか言ってる。
 ストップウォッチを持ってる女性はタイムキーパーという役目で、撮影の手順や時間配分を仕切ってるんだと由美子先生が教えてくれた。
 タイムキーパーに言われたらしくて監督がチアリーダーの女の子達に「君たち今日はご苦労さん、ほんとうに助かったよありがとう」と声を掛けてる。
 監督に言われてチアリーダーの女の子たちはもう出番が済んだので着替えて帰ることになった。
 女の子達は監督や他のスタッフの男性の目の前で平気な顔で着替えを始めたので彩香ちゃんも有紀もただびっくり。
 だけど江実矢君はまだ出番が残ってるのですぐには帰れないらしい。
「いやね、ラブシーンなんだけど、演技ができないとだめだから」と監督がちょっと困った顔で呟いた。
 台詞は後でスタジオで録音するので、適当に口をあけて喋ってる振りをすればいいだけらしいがラブシーンなのでよっぽど上手に演技ができないと駄目らしい。
「演技だったら恵美ちゃん得意です」と彩香ちゃんが口をとがらせたけど、江実矢君がラブシーンの演技などとても出来そうにない。
 下を向いて足元を見つめて江実矢君の尻込みする様子をみてガストン君が急に真面目な顔になった「大丈夫だから、ラブシーンは普通の女の子の気持ちになれば誰でも出来るんだ。それに俺ラブシーンは得意だから恵美ちゃんが演技なんかしなくてもちゃんとラブシーンが撮れるよ」と言ってくれた。
 ガストン君はいつもふざけた口調でおどけて見せるけど俳優さんとして真面目な所もあるらしい。
 だけど江実矢君は男の子だ。普通の女の子の気持ちになんか成れるわけがない。
 すると監督が「ラブシーンができたら女優さんは一人前だからね、最初のラブシーンは緊張して上手く演技ができないのは、誰でも当たり前なんだよ」
「でもその不器用な演技がかえって新鮮な演技に見える事だってあるんだ」
「ともかく経験を積むしかない、そうすれば恵美ちゃんだって一流の女優さんにだって成れるんだ」
「チャンスがあったら逃さないこと、出来ないと思ってた事でも、やれば出来ると思ってやってみるのが女優なんだ」と江実矢君に語りかけてきた。
 もしかしたらこのラブシーンがきっかけで江実矢君がテレビドラマの女優にデビューしちゃうかもしれない。
 急に彩香ちゃんの目が嬉しそうに輝いた。
「恵美ちゃんやるしかないのよ」と彩香ちゃんに言われて江実矢君もやる気がでたらしくて顔を上げて何度も頷いた。
「いいね、最初はびっくりするような事が一杯あるけどそれが女優さんの仕事なんだ」
「今日紹介されたばかりの男優さんとラブシーンをするなんて、普通の気持ちだったらとても出来るはずないけど、女優になりたいなら何でもしますと覚悟を決めるんだそれしかないからね」と監督さんが江実矢君に言い聞かせてる。
 なんでそんな大げさな事を言うのか有紀は不思議な気がしたけど、ラブシーンの演技は女優に成るにはとても大事なことらしいと何となく判った。
 ラブシーンの撮影場所の体育館の裏のベンチだ。
 機材を抱えてスタッフが撮影場所が移るとすぐにカメラと照明の準備を始めた。
 江実矢君がベンチの前で準備が済むのをまってると、ガストン君が江実矢君のすぐ横に近づいて身体を寄せた。
 変だと思って見ているとガストン君の右手が江実矢君のお尻を撫で回してる。
 撮影の前に気分を盛り上げるためにわざとやってるらしいけど江実矢君は困ってる。
「準備オッケーです」とスタッフが監督に報告すると、さっそく立ち位置を決めてリハーサルの開始。
 ガストン君と江実矢君が二人でベンチに座ると、ガストン君が江実矢君の肩を引き寄せてキスをしようとした。
 そこで一度江実矢君がいやがって顔を背けると、ガストン君の台詞のあと江実矢君が今度は自分からガストン君にキスをするという演技らしい。
 その後にガストン君が江実矢君を抱き寄せて胸を押し回してきたので彩香ちゃんはびっくりして腰が抜けそうになった。
 その上ガストン君は監督の方からは見えないのを良いことに、ズボンの前のチャックを開けて大きくなったものを江実矢君に握らせようとしてる。
 これはとんでもないと思ったけど、撮影をじゃまする訳にはいかない。
 監督がまた「カット、カット」と大声をだして、撮影が中断した。
「君ね、大好きな男の子にキスされてるんだよ、嬉しくて気持ちよくて天国に行ってる気分なんだ」
「そんなとき女の子がどうなるのか判るだろう、それを身体で表現するんだよ」と監督が怒鳴りつけたけどそんなの江実矢君に出来るわけ無い。
「いいから、もっと胸を揉んで感じさせろ、どこでもいいから触って感じさせるんだ」と監督がガストン君に指示したので彩香ちゃんはまたまたびっくりした。
 どこでもいいから触れなんてまるでアダルトビデオの撮影。
 ガストン君の手が江実矢君の膝の上に載せられると腿の内側を撫でながらスカートの奥まで届いてきた。
 これは大変だ江実矢君が男の子の大事な所をガストン君なんかに触られたらもう一生結婚できなくなっちゃう
「恵美ちゃんには、出来ません、恵美ちゃんには無理です」と彩香ちゃんが大声で監督に食ってかかった。
「じゃあ、撮影はどうするんだ、今日中に撮らなきゃいけないシーンなんだぞ」と監督が怒鳴り返してきた。
「恵美ちゃんはまだ体験したことないんです」と彩香ちゃんがまた言い返すと、監督が急に目つきが変わってガストン君の方を見た。
 ガストン君もあれっという顔で監督を見るとやはり顔付きが変わった。
「体験してないって」と監督が途中まで言うと一旦言葉ととぎれた。
 体験と言えば男の人が聞いたら女の子の初体験の事だと思うに決まってる。
「恵美ちゃん、女子高生だよね、痴漢にあったことなんかもあるよね」と今度は監督が変なことを聞いた。
 痴漢ならさっき江実矢君も電車の中で遭ったばかりだから江実矢君もすぐに頷いて返事をした。
「女の子なら痴漢に遭ったら気持ちいいよね、それが普通の女の子だよね。女の子なら痴漢に遭うのはいつもの事だよね」とまた監督が変な事を言い出した。
 江実矢君が返事をせずにだまっていると監督が「痴漢に遭って気持ちよく成っちゃったら、そんな時てどんな気分になるか考えてごらん。オナニーしたくなっちゃうよね」
「普通の女の子だったらおる寝るときオナニーしちゃうよね、だって気持ちいいんだから。朝痴漢に遭った日の夜は寝るときオナニーやりたくなるよね」とまた変な言い方で江実矢君からオナニーの話しを聞き出そうとしてきた。
「オナニーをする時は女の子の一番大事な所を触るんだよね、気持ちよく成りたいから触りたくなるんだよね」と監督に言われたけど江実矢君は男の子だから「女の子一番大事な所」なんてあるわけ無い。
 江実矢君が頭を左右に大きく振って無言で返事をすると監督は困った顔をして言葉に詰まった。
「女優さんが演技をするにはね、体験がいっぱいないとだめなんだ、もちろんエッチな体験もいっぱいね」
「演技と言うのはオナニーと同じなんだ。みんなの前でオナニーするのが演技なんだ。
それがラブシーンの演技なんだ。だから毎日オナニーしてないと女優さんには成れないんだよ」と監督が訳の分からないことを言い出した。
「オナニーなら私毎晩してます、私毎朝痴漢にあってるから毎晩オナニーがやめられないんです」と彩香ちゃんが急に大声で監督に叫ぶと今度は監督が彩香ちゃんの方を振り向いた。
「彩香ちゃん、いまここでみんなの見てる前でオナニーできるかな」と監督がわざと意地悪い口調で彩香ちゃんに聞いた。
 いくらなんでもそんなこと出来るわけ無い。
 だけどこのラブシーンの演技が上手にできれば将来はテレビドラマの女優さんになれるかもしれない。
「私やります、今すぐオナニーします」と今度は彩香ちゃんがまた大声で返事をした。
「恵美ちゃんは、ラブシーンなんかできません、だからが私が今オナニーします」と彩香ちゃんがきっぱり言うと、監督も納得した顔で「君なら確かにラブシーンはぴったしだね」と彩香ちゃんの身体を嘗め回すように眺めた。
「だけど、秀美ちゃんと同じ体格でないと代役はできないから」と半分言いかけて「そうだそこの有紀ちゃんやってみないか」と彩香ちゃんの横で話しを聞いてい有紀に声をかけた。
 いきなり監督に言われて有紀は困った顔をしたが「有紀ちゃんも毎晩オナニーしてますだからラブシーンの演技だって出来ます」と彩香ちゃんがすぐに言葉をつないだ。
 彩香ちゃんにそこまで言われて有紀も「私も毎朝痴漢に遭って、気持ちよくて。それで毎晩オナニーしてます」と慌てて言い足した。
「じゃあ、ラブシーンは有紀ちゃんにやってもらおうか」と監督が言ってくれたので有紀も一安心した。
 とりあえずリハーサルだと言われて有紀はガストン君とならんでベンチに座った。
 カメラは遠くから隠れて撮ってるので雰囲気は放課後の体育館の裏に二人で出会ってる感じそのまま。
 遠くからスタートという監督の声が聞こえてくると「有紀ちゃん俺初めて会ったときから有紀ちゃんが大好きだったんだ」とガストンが耳元で囁いてきた。
 ここで有紀もなにか台詞を言わなければ行けないと思ったが何と言っていいのか判らない。
「あなたも撮ってもすてき、キスが上手だし、お尻だって触るの上手だし」と自分でも訳が分からない事を言ってしまった。
 ガストン君は「有紀ちゃん俺もう我慢できない、一発やりてぇんだ」と言うと有紀の手を取った。
 ガストン君の手が有紀を引き寄せると唇を重ねてきた。
 ドラマの撮影なのにガストン君、キスの最中に本気をだして舌を入れてきた。
 なんでこんな目に遭わなきゃいけないのか訳が分からないけど、舌を吸われると頭が熱くなってぼっとして来ちゃう。
 ガストン君の舌先が有紀の口の中でくねくね動きながら有紀の歯茎をくすぐり始めた。
 こんなキスなんか今まで一度も体験がない。
 有紀は気絶しそうなくない気持ちよくなって体中から力が抜けてしまった。
 ガストン君の手が有紀のスカートの下から奥まで入れられてきた。
 くすぐるように腿の内側を撫でられただけでもう目眩がしてきちゃう。
 遠くから監督の「カット」という声が聞こえてまたすぐに「本番行きます」と監督が大声で叫んだ。
 さっきと同じ台詞をガストン君が有紀の耳元でささやくと有紀はもう何も言えなかった。
 ガストン君は手慣れた様子で、もう一度有紀の唇を奪って舌を入れてきた。
 口の中でくねくねと動くガストン君の舌先はとてもまだ高校生とは思えない抜群のテクニックだ。
 ガストン君が腰を有紀に押しつけながらズボンのチャックを外した。
 こんな所がテレビに映ったら大変と有紀は思ったけど、ガストン君は平気な顔。
 元気に大きくなった物を有紀の手に握らせた。
 有紀の小さい手に余るくらいに大きくなった物は今まで体験したことがないくらいの大きさで太くて硬い。
 びゅくびゅくと波打つように動く逞しさに有紀はもうとても我慢し切れない。
 今すぐにでもしゃぶりたいけど、カメラが撮影してるから我慢するしかない。
 ガストン君の指が有紀の制服のスカートをたくし上げて、パンティーが丸見えになった。
 指先を小刻みに振るわせながら、有紀の腿の間をガストン君の指が動くともうだめ。
 震える手でガストン君の物をしっかりと握りしめると、熱くて波打つような感触に手が火傷しそう。
 ガストン君の指先が有紀の一番感じるところを探り当てて、押しつけるように捻った。
 頭のてっぺんまで快感が突き抜けて吹き上がるともう身体が震えて止まらない。
 涙がこみ上げて泣きそうに成ったとき、遠くで「カット」と言う監督の声が聞こえてきた。
 やっと撮影は終わりと思ったけどガストン君平気な顔でキスを続けて止めようとはしない。。
 とろけるような舌触りが有紀の舌に重なると、熱い唾液が口の中で混じり合った。
 頭に溶岩が流し込まれたみたいに熱くなると、ガストン君が口を離して「口でやれよ、いますぐしゃぶらせてやるから」乱暴な口調で有紀に言い放った。
「しゃぶらせてやる」なんて事を言われたら女の子だったら何のことかスグ分かる。
 こんなにまでされてこの上生フェラなんて思ったけど、もうしゃぶりたくてたまんない気分なのは止められない。
 口の中が乾いて涎が出てきちゃうともう欲しくてたまらない。
 撮影も終わってるはずだし見てるのは彩香ちゃんしか居ないはず。
 彩香ちゃんになら見られたってどうってことないと思うともう気持ちが押さえ切れない。
 ガストン君の腰に顔を近づけると見たこともないような立派な形が目の前にそそり立ってる。
 そっと顔を寄せて先端を口に含むともう嬉しくてたまらない。
 夢でも見てる気分で必死になって舌先を動かすと、そのたびにおっきくなるのでもう嬉しくて止められない。
 急にガストン君がベンチから立ち上がると、有紀の身体を立たせてベンチに両手をつかせた。
 さっきから様子を見ていた彩香ちゃんもこれは大変と気が付いたらしい。
 生フェラだけならともかく、こんなことまでされたら大変だ。
 彩香ちゃんはそっと近づいてきて足元の石をひろって思い切ってガストン君めがけて投げつけた。
 だけど拾った石は大き過ぎて、彩香ちゃんの力ではそんなに遠くまでは投げられない。
 ガストン君の足元にどしんと石が落ちるとガストン君がこっちを振り向いた。
 ともかくなんとかしないと思って彩香ちゃんがガストン君めがけて駆け寄ったが、ガストン君が両手を広げて、腰を大きく振って彩香ちゃんに自慢の物を見せつけた。
 ガストン君のすぐ手前まで駆け寄った彩香ちゃん、ガストン君の股間の立派な物を見せつけられて急に身体の力が抜けちゃったみたい。
 どうしていいのか判らずに、立ち止まった動けずにガストン君の顔を見つめてる。
 それでもまたもう一度彩香ちゃんがガストン君めがけて走りだそうとした時、足元の地面の木の根にぶつかって彩香ちゃんがよろめいて倒れ込んだ。
 座り込んだまますぐには立ち上がれない彩香ちゃんの前に、ガストン君が歩み寄った。
「お前にもしゃぶりたいんだろう、しゃぶらせてやるぜ」とガストン君が彩香ちゃんの目の前に立ちはだかった。
 ガストン君が彩香ちゃんの肩に手をかけると、彩香ちゃんは目が虚ろで口から涎がでてる。
 ガストン君の腰が彩香ちゃんの目の前に突き出されるともう彩香ちゃんはガストン君の意のまま。
 脅かすようなきつい口調で指示されるともう逆らえない。
「おい、こっちに来るんだ」とガストン君に言われて、彩香ちゃんは有紀のすぐ横でベンチの背中に両手をついた。
 すぐにガストン君が腰を使って突き上げてくると、彩香ちゃんの悲鳴のような声が響いた。
 彩香ちゃんと有紀の身体を交互に責め続けるガストン君の腰の動きに翻弄されて二人の泣きじゃくる声が止まらなくなった。
 気が付いたときは、彩香ちゃんと有紀はベンチの上で折り重なって抱き合っていた。
 彩香ちゃんのすすり泣く声を聞いて、有紀も涙が止まらなくなった。
 彩香ちゃんの唇が不意に有紀の唇に重なると、有紀は思い切り彩香ちゃんに抱きついた。
 ガストン君が彩香ちゃんの口の中に残した香りが、有紀の舌に絡みつくと舌が痺れちゃいそう。
 体ごと震えて死んじゃいそうになって有紀は気が遠くなった。
「おい、撮影はとっくに終わってるぞ」とガストン君の大声が遠くで聞こえてたが、二人は抱き合ったまま動けなかった。

15.痴漢盗撮<< ページトップ >>17.セクハラ面接

チアガールアダルトビデオ

名門●●大学チアリーディング部在籍! 競技歴4年! 全国大会第8位! 美少女すぎる現役アスリート女子大生が超開脚セックスでAVデビュー! 三井ゆり(仮)19歳 kawaii [DVD]
チア少女をねぶり尽くす 梨乃 ラマコス/妄想族 [DVD]
現役チア部員の長身女子大生! 美人でドスケベ! 体育会系軟体ボディをいろんな体位で突かれ、絶頂チ●ポ穴化と化す! 内村りな SHRK-025 [DVD]
人気プロ球団専属チアリーダーkawaii*デビュー! YUNA kawaii [DVD]
羞恥!県大会優勝の現役テニス少女がデビューから衝撃の露出FUCK!
高校野球を熱心に応援する球場で一番可愛いチアリーダーのエッチなSEXをお見せします
裏ブロンド生ハメ 金髪チアリーダー犯す黒チン…青春よ、散れ!