彩香スペシャル〜恋の必殺技

by七度柚希

目次

    第一話

    1.高校一年生

    2.英会話部には負けられない

    3.援助交際の取材

    4.ブルマー盗まれる

    5.盗まれたアンダースコート

    6.スクープ

    7.もう止められない

    8.チアリーダーのオーディション

    9.早朝の通学で痴漢

    10.決勝戦に勝って甲子園出場

    11.三度目の如来棒

    12.彩香スペシャルは恋の必殺技

    第二話

    13.先生はノーパン

    14.ブラジャーはCカップ

    15.痴漢盗撮

    16.ラブシーン

    17.セクハラ面接

    18.出会い系喫茶

    19.ハプニングバー

    20.観覧車

    21.合宿

    22.監禁調教

    23.AV撮影

    24.真っ赤なTバック

10.決勝戦に勝って甲子園出場

あらすじ
 大浜学院が出場を辞退したおかげで、立志館学園の野球部は決勝戦に勝って甲子園出場を決めた。祝勝会の帰りに大浜学院の男の子達に見つかって逃げ込んだ先はビデオチャット倶楽部の個室。店で働けと脅されてもう逃げられない。

 甲子園に出場が決まる最後の試合が近づくと、今年はいつも甲子園に出ている大浜学院が出場辞退しているので、今年は立志館学園が出場できるに違いないと学校中が期待で一杯になってきた。
 グランドも野球部が優先的に使うようになり、ラグビー部とサッカー部はグランドの隅で柔軟体操をするくらいしか割り当てはなくなってしまった。
 ラグビー部とサッカー部の男の子達は酷く怒っていたが、とてもそんなことを学校で言える雰囲気ではなかった。
 いよいよ後一週間で出場が決まるという時に、彩香ちゃんと有紀は昼休みに応援部の部長にに呼び出された。
 応援部の部室に行ってみると、希美ちゃんも来ていてなんだかいやな雰囲気だった。
「さて、話しというのはチアリーダーのことなんだけどね」
「今年は甲子園に行けそうだというのでね、父兄がお金を出し合って応援団のお揃いの衣装を揃えてくれることになってね」
「それでチアガールの人数分、チアリーダーの衣装を新調することになってね」
「それでまあ、人数分作ってくれるというので、人数は多い方がいいからね」
「それでなんと言うのか、今から練習しても間に合わないのは分かってるんだ」
「だから衣装着て、立ってるだけでいいからメンバーに成ってくれないかな」
「いや、オーディションなんかやって断っておいてなんだけど」と言いだした。
 こんなことなら最初っからオーディションなんかやること無かったのにと彩香ちゃんはすっかりご機嫌斜めで、希美ちゃんと一緒になって「今頃何いいだすのよ」と部長に食ってかかった。

 部長は二人に責められてすっかり困り果てて何度も頭を下げてなんとかその場を切り抜けようとした。
 しかし彩香ちゃんと希美ちゃんの怒りはすぐには収まりそうになかった。
「そうだこうしよう、応援にはブラスバンド部も出るんだけどね、その指揮をするのに、バトンを使って踊りながら指揮をする女の子が必要なんだ」
「今までは、ブラスバンドの子が陰でこっそり指揮してたんだけどね」
「それじゃあ、見栄えが悪いから、チアリーダーの女の子がバトンを持って指揮をしてくれと頼まれてるんだ」
「二人にはそれをやってもらおう、ほら疲れるから交代でやるんだ」
「もちろん指揮だからね、衣装も特別に豪華で、襟に金のモールが着いた超豪華な衣装なんだ、バトンも宝石がついた超豪華なブランドものでね」となんとか二人を言いくるめた。
 ブランド物のバトンなどあるはずもないが、彩香ちゃんと希美ちゃんはそれでひとまず納得したので、部長はやれやれと一息付いた。
 試合の前日に注文していた衣装がやっと届いた。
 開けてみると、随分と高かったらしくて豪華な衣装だったのでチアリーダーの女の子達は大喜びだった。

 試合の当日は市営の競技場に朝早くから行くことになり、ひとまず駅前に応援団が集まってまとまって行く手はずだった。
 競技場では衣装を着替える場所がないので、みなジャージの下に応援団の衣装を着てくることになっていた。
 男の子は学生服姿で、大きな学校の旗と応援団の旗を持つと随分と重たそうだった。
 競技場に着いてみると、甲子園行きが決まる試合なので、テレビの中継車が来ていて、父兄もいい席を取るために早めに集まっていた。
 まだ試合開始までずいぶんと時間があるのに、ブラスバンド部はさっそく楽器を取りだして演奏を始めた。
 対戦相手の高校もこの試合で勝てば甲子園なので張り切って応援の練習を始めた。
 彩香ちゃんがさっそくバトンを取りだして、くるくる回す練習を始めると新聞記者の吉田剛さんも取材に来ていて彩香ちゃんに話し掛けてきた。
「いや、今日の試合は勝てるといいね、応援してるよ」と吉田さんに言われて彩香ちゃんも嬉しそうに「頑張ります」と答えた。
「ところでさ、何か噂でもいいから聞いたこと無いかな、監督の事とか、応援団の事とか」
「ほら、父兄が集めた寄付金の事とか何でもいいから」と吉田さんに聞かれて「この衣装は父兄の寄付金で買ったんだそうですよ」と彩香ちゃんが答えた。
「ふうんそうなんだ他にはないのかな、ほら応援団だと女の子もいるからセクハラとかよくあるだろう、監督にセクハラされたとか」となんだ変な事を聞き出そうとしているみたいなので、彩香ちゃんは「私よく知らないので団長に聞いて下さい」と中途半端に答えた。

 吉田さんのあとには、今度はテレビカメラを肩に担いだテレビ局の人が来て、父兄にインタビューをしたあと応援団長の所にもインタビューに来た。
 チアリーダーの女の子達が一斉にジャージを脱いで、チアリーディングの衣装でテレビカメラの前に立つと、彩香ちゃんも慌ててジャージを脱いだ。
 急いでテレビカメラの前に集まると、彩香ちゃんは江実矢君の衣装を見てびっくりして目を丸くした。
 江実矢君が身につけていたのは女の子用のチアリーディングの衣装で、ひだひだの真っ赤なプリーツスカート姿だったのだ。
 きっとスカートの下にはひらひらのレースのアンダースコートも穿いてるに違いない。
 髪の毛は左右に分けて後ろで結んで、真っ赤な口紅に頬にはうっすらとピンクの頬紅まで付けている。
 小柄な江実矢君は一目見た感じでは、中学生の女の子くらいにしか見えなかった。
 テレビのアナウンサーも江実矢君の事をすっかり女の子だと思った様子で、今日は応援頑張って下さいと激励していた。
 応援団長にマイクが向けられると「うちには秘密兵器がありますから最後には秘密兵器で勝ちます」とアナウンサーに答えていた。
 秘密兵器ってなんのことだろうと有紀は思ったが、団長が何のことを言ってるのかは見当も付かなかった。

 いよいよ試合が始まると、スタンドは緊張した雰囲気で、声を合わせて応援を始めた。試合は立ち上がりにピッチャーが打たれて初回に二点とられてしまった。
 有紀は彩香ちゃんと交代で、ブラスバンドの指揮をしながら手の空いている時間にはデジカメで試合の様子を撮影した。
 選手だけでなく応援に来ている観客も撮影したほうがいいと思ってデジカメをスタンドに向けると、相手側の応援席にどこかで見た男と子達が居た。
 大浜学院の野球部の男の子達だ。
 もう甲子園には出場辞退したのになんで大浜学院の男の子達が試合を見に来ているのか、理由は分からなかった。
 カメラを今度は自分たちの応援席に向けるとチアリーダーのトップパートンをしていた恵美ちゃんのお母さんが来ているのが目に入った。
 恵美ちゃんはあれから学校を休んだままだ。
 どうしてお母さんだけ応援に来ているのだろうと思って、望遠ズームの倍率を上げてみた。
 恵美ちゃんのお母さんは超ミニスカート姿だったがどうも変だ。
 有紀はデジカメのズーム倍率を最大の20倍に上げてみた。
 すると恵美ちゃんのお母さんがミニスカートの下にパンティーを穿いていないのがデジカメではっきり見えた。
 監督がこちらを向いて手を振ると、恵美ちゃんのお母さんも手を振り返していた。
 どうもへんだ、いくら恵美ちゃんのお母さんとはいえ、監督とそんなに仲がいいはずはない。
 なんだか変だ、いったいどうゆう事なんだろう思いながら、有紀はまた交代でブラスバンドの指揮をした。

 試合初回の得点の後はかなりの接戦でチャンスでも両チームはなかなか得点できなかった。
 向かい側のスタンドでもやっぱり応援がすごくて、こちらもそれに負けずに応援をするとまるで応援合戦の様になってきた。
 しかし、八回の裏に一点を返して逆転の望みを繋いだ。
 九回裏にツーアウト、ランナー一二塁で最後のバッターになりカウントもツーストライクノーボールと追い込まれた。
 もう一球空振りすれば試合は終わりで甲子園出場もなくなる。
 有紀はドキドキしながら彩香ちゃんと応援の声を張り上げた。
 投手が次のボールを投げようとすると、外野スタンドから応援部の男の子がハンカチを振って合図をした。
 球の握りを見て、次が直球だと合図をしてきたのだ。
 すると応援団の団長が両手を高く上げた。
 それを見て女の子達はすばやく四人集まって手を組んだ。
 その上に江実矢君が乗ると団長の「恵美、行け」の声と同時に、勢いをつけて高く飛び上がった。
 その頂点で足を左右に一杯に開くと後ろ回りに背をそらせた。
 いくら男の子が付けているとはいえ、ひらひらのレース模様のアンダースコートはお色気満点だ。
 投手の手からボールが離れる瞬間に相手チームの投手の目が、アンダースコートの白いレースに注がれた。
 その次の瞬間にはカーンと甲高い音がしてボールが高く飛び上がると、どこまでも飛んでいって場外ホームランになった。
 球を投げた投手は、まずいことをしたと顔がゆがんだ。
 応援団の団長が言っていた秘密兵器とはこの事だったのだ。
 だから、宙返りができるトップパーソンが絶対必要だったのだ。

 応援団が歓声をあげると、ベンチから選手達が一斉に飛び出してきて監督の胴上げが始まった。
 チアリーディングの女の子達も一斉にグランドに駆け出した。
 胴上げが終わると、グランドの前で記念写真をとってから今度はスタンドに集まって応援団と写真を撮った。
 一通り騒ぎも収まると甲子園出場の祝勝会に会場が移ることになった。
 会場は渋谷の居酒屋で、高校生なのに居酒屋に入ってもいいのかしらと思ったが、祝勝会で父兄が予約していたので女の子達もチアリーダーの服装のまま何事もなく入れた。
 新聞記者の吉田さんも取材の為に一緒に付いてきて、カメラを取りだして祝勝会の様子を撮影し始めた。
 最初に監督が挨拶をして、乾杯の音頭を取った。
 恵美ちゃんのお母さんもいつの間にか他の父兄の間に座っていた。
 吉田さんのカメラのフラッシュが光ると、他にもカメラを持ってきた父兄がフラッシュをたいた。
 宴会が始まると、さっそく父兄達がビールをあけてまず監督に勧めた。
 そのあと選手達にもビールが勧められたのでびっくりしたが、校長先生もなにも言わなかった。
 何度も繰り返し校歌を歌ったり応援歌を歌ったりしてやっとお開きの時間になった。
 男の子達は興奮してそのうえ飲み慣れないお酒も飲んでほとんど歩けないくらいだった。
 いつの間にか監督は先に店を出た様子で、恵美ちゃんのお母さんも見当たらなかった。
 店を出て駅に行こうとするとすぐ前に見かけたことのある男の子達が居るのが見えた。
 大浜学院の野球部の男の子達だった。

 彩香ちゃんも男の子達に気が付いて「あいつらなんなんだろう、なんで待ち伏せしてるんだろう」と言いだした。
「きっと江実矢君のこと狙ってるんだわ、チアリーダーのトップパーソンしてた恵美ちゃんのせいであいつら甲子園に行けなくなったんだから」
「それで江実矢君の事をトップパーソンしてた恵美ちゃんと思いこんで、狙ってるのよ。そうに違いないわ」そう言われて有紀も江実矢君が狙われているのは間違いない気がした。
 彩香ちゃんは、ほかのチアリーダーの女の子達の後から駅に行こうとしている江実矢君の腕を掴んで、駅とは反対側に引っ張ってなんとか逃げ出そうと歩き始めた。
 するとやっぱり大浜学院の野球部の男の子達がこちらに向かって来るのが見えた。
 有紀は慌てて江実矢君の反対側の腕を取って一緒に歩き始めた。
 しばらく歩くと見覚えのある建物の前に出た。
 何度か来たことのあるゲームセンターだ。
 ここで階段を上がると上の階から歩道橋に出られる。
 有紀は「ねえここで二手に分かれましょう、私達はゲームセンターで時間を稼いで、その間に江実矢君を上の歩道橋から逃がすのよ」と彩香ちゃんに思いついたアイデアを話した。
 彩香ちゃんもそれなら上手くいくと思ったのか、すぐにゲームセンターに江実矢君に連れ込んだ。
 中央にある階段を江実矢君が登っていくと、短いスカートの下からアンダースコートのレースが丸見えになって、近くにいた男の子達の目が一斉に注がれた。
 江実矢君は困った様子だったが、そんなことを気にしている場合ではなかった。
 なんとか上まで登り切るとすぐに、歩道橋への出口へと急いで駆け出した。
 これでなんとなる。あとは大浜学院の野球部の男の子達を引きつけておいてなんとかすればいいだけだと有紀が自分に言い聞かせた時、階段を上に上がっていく女性が目に入った。
 超ミニスカートの下からは黒い茂みが見えて、くっきりと視線に焼き付いた。
 恵美ちゃんのお母さんだ。

 何で恵美ちゃんのお母さんがこんな所に居るのか訳が分からなかったが、そんな事を考えている暇はなかった。
「二手に分かれるのよ、ぎりぎりまで引きつけて二手に分かれたらきっと江実矢君が上に逃げたのには気づかれないわ」と彩香ちゃんが慌てた声で有紀に言った。
 すぐ入り口に男の子達の姿が見えたとき、彩香ちゃんはゲームセンターの裏口に駆け出していった。
 有紀はすぐに正面入り口から少し横の出入口から出ようとした。
 だが男の子が有紀の出ようとした出入口からゲームセンターの中に入ってくるのが先だった。
 行く場所がない、このままでは捕まる。
 有紀はゲームセンター中央の階段に駆け寄ると必死で階段を駆け上がった。
 男の子達の「おい、居たぞ」と言う声が聞こえて、下から階段を大勢で上がってくる足音が聞こえた。
 二階まで上がると有紀は階段からフロアに降りて、トイレに駆け込めばいいと思った。
 トイレのマークを目で探してフロアを走ったがトイレには見当たらない。
 これはまずいと思って有紀はどこでもいいから、手近なドアを開けた。
 開いたドアから部屋の中に飛び込むと、ドアを閉めてからゆっくりと部屋の様子を確かめた。
 狭い部屋には正面にパソコンがあり一人用のリクライニングシートに座った男がパソコンを操作していた。
 男は有紀の方にシート廻して向き直ると有紀の服装をつま先から頭のてっぺんまで確かめてから「困るなあ、セーラー服にしてくれって言ったじゃないか」と言いだした。
 有紀はいったい何の事か判らなかったがひとまず誤魔化せばいいと思って「すいません」とだけ言って男の返事を待った。

 男は「ちょっと来てくれる」と言って有紀を椅子の側に呼び寄せた。
 いきなり有紀のスカートをめくり上げると「困るなー、下はブルマーでなくちゃ」とまた訳の分からないことを言いだした。
 有紀はスカートの下に履いたレース模様のアンダースコートを見られて恥ずかしくなって思わず飛び退いた。
「悪いけど着替えてきてくれるかな、セーラー服にブルマーでなきゃだめだからね」と男に言われて有紀はともかく時間を稼がなければいけないと「すみません、今日はこれじゃだめですか」と言ってみた。
 男の不満そうな顔を見て有紀はくるりと一回りして応援団のバトントワリングの衣装を見せて男の機嫌を取ろうとしてみた。
 可愛らしいミニのプリーツスカートの裾が広がって宙に舞うのを見たらきっと気に入って貰えるに違いないと思ったがどうも駄目らしい。
 男は口を膨らまして怒り出すと「何いってるんだ、注文通りでなければ駄目に決まってるだろう、わざわざ金払ってるんだから」と言いだした。
 どうも変だ、きっと何かあると有紀は気が付いた。
 いろいろ聞いてみたほうが良さそうだと有紀は何を聞こうかと思って少し黙り込んだ。
 すると後ろでドアが開いて「お待たせしました」という女の子の声がした。
 振り返って見ると女子高生のセーラー服を着た女の子がドアを開けて中に入ってきた。
 セーラー服のスカートは中に履いた紺のブルマーが丸見えになるくらいに短くて、一目で普通の女子高生ではないと有紀にも分かった。
 女の子は有紀に気が付くと怪訝な顔で「ここ205号室ですよね」と男に確かめた。
「あ、この娘ね、部屋を間違えたらしいんだ、じゃあ行こうか」と言うと男は女子高生の手を取って部屋から出て行ってしまった。
 部屋に一人残された有紀は今のはいったいなんだったのかしらと不思議に思った。
 男が操作していたパソコンはまだ付けっぱなしになっていて、パソコンの画面には女の子が数人映っていた。

 パソコンの画面に映っている女の子達はセーラー服を着ていたり、エプロン姿だったりといろいろな服装で画面に映っている。
 女の子の顔が動くのを見て有紀は男がビデオチャットをしていたのだと判った。
 どうもビデオチャットの相手を呼び出せる仕掛けになっているらしい。
 男が女の子を呼び出すと言えばやることはもう決まっている。
 このゲームセンターは、見たところは二階が漫画喫茶の個室になってはいるが実際はビデオチャットで相手を選べるデートクラブなんだと有紀は思いを巡らした。
 だとすればきっと恵美ちゃんのお母さんもここでつき合う男を捜しているのに違いない。
 有紀は画面に映った女の子の顔を一人一人確かめてみた。
 女の子達はみなまだ女子高生くらいの年頃で、恵美ちゃんのお母さんの年代の女性は見当たらない。
 有紀はよくよくパソコンの画面の表示を確かめてみた。
 すると人妻というタグが画面の端に付いていた。
 きっとこれだと思って有紀が「人妻」のタグをクリックしてみると画面が替わった。
 数人の女性が画面に映っていて、相手の男性が話し掛けてくるのを待っている様子だった。
 二番目の画面に映っているのは確かにさっき見かけた恵美ちゃんのお母さんだった。
 やっぱり恵美ちゃんのお母さんはここで男とつき合ってるんだと判って有紀は胸がドキドキしてきた。
 有紀はきっと恵美ちゃんのお母さんがなにか弱味を握られてそれで脅されてここで働かされてるんだと思った。
 そうしか考えられない、ほかに理由があるわけない。
 だったら、あの新聞記者の吉田剛さんに相談すればきっとなんとかしてもらえる。
 有紀は思いきって、マウスのカーソルを恵美ちゃんのお母さんの画面に動かしてクリックしてみた。

 画面が切り替わると恵美ちゃんのお母さんの顔が大写しになり、ビデオチャットのモードに入ったらしいと判った。
「ねえ、恵美ちゃんのお母さんでしょう」と有紀は大きな声で話し掛けてみた。
 画面に映った恵美ちゃんのお母さんは急に驚いた表情で「あれ、有紀ちゃんどうしてここに居るの」と応じてきた。
「今すぐ会えませんか、知り合いに新聞記者が居るんです、事情を話してくれればきっとなんとかしてくれると思うんです」と有紀が早口で言うと恵美ちゃんのお母さんは「じゃあ、いま隣のホテルの309号室が空いてるから来てくれないかしら、聞きたいこと何でも話してあげるからすぐ来てね」と返事をしてくれた。
 有紀は部屋を出ると隣のラブホテルへ通じる非常階段から3階に上がって、309号室を探した。
 順番に部屋の番号を探して309号室を見つけるとドアのノブを廻してみた。
 鍵はかかっていない。
 静かにドアの隙間から部屋にはいると、明かりのついていない部屋には奧に人影があった。
 部屋にルームランプの薄明かりが付くと、恵美ちゃんのお母さんが「来てくれたのね」とれしそうに顔をほころばせて微笑んだ。
「ねえ、ちょっとこっちに来て」と言われて有紀がベッドの脇に腰掛けると恵美ちゃんのお母さんが「ねえ、ちょっといいから、ここに俯せになってくれない」と有紀をベッドの端に押し倒した。
 床に膝をついたまま有紀がベッドに横向きに上半身を載せると「ねえ、ちょっと腕を後ろにしてね」と言って有紀の両腕を掴んで後ろで組むと手にしていたストッキングで素早く縛り上げた。
 有紀は恵美ちゃんのお母さんの意図が分からなくてされるままになっているだけだった。

 有紀が動けなくなったの確かめると恵美ちゃんのお母さんはゆっくりとした口調で話しを始めた。
「ねえ、私ねこの店で働いてるの」
「ここはデートクラブでね、女の子とお客さんがビデオチャットしてね、それでお客さんが女の子を選ぶ仕組みになっていてね」
「一応はテレクラみたいにね、シロートの女の子が自分からビデオチャットに出てるってことになってるんだけどね」
「ほら、そうしないといろいろ都合が悪いでしょう」
「だけど実際はほとんど全部店の女の子なのよね」
「もちろんシロートの女の子がたまたま店でビデオチャットしてナンパされたりすることもあるんだけどね」
「まあ、そうゆう訳なの」と聞いて有紀は「私、知り合いに新聞記者がいるんです、今の話し全部します。そうすればもうこんな店で働いたりしなくていいんです」と縛られたままの格好で後ろを向いて話した。
 きっと恵美ちゃんのお母さんも喜んでくれると信じて「もう大丈夫ですよ」と畳みかけるように大きな声で叫んだ。
 しかし恵美ちゃんのお母さんは眉をすこしつり上げた表情で有紀を見つめると「そうゆうことしてくれなくなくて良いのよ有紀ちゃん」と冷たい口調で言い放った。
「あなたも、今日からこの店で働くの、だからそんなことしなくて良いのよ」と言われて有紀は急に体に寒気がしてきた。
「いいから、このままじっとしてるのよ」と言って奧のドアまで行くドアから男が出てきた。
 その顔みて有紀はあまりの驚きに息を飲んだ。
 さっきまで会場で宴会をしていた野球部の監督だ。
 いったいどうなっているんだろうと有紀は訳が分からなかった。

 監督がこの店の客で来てビデオチャットをしていて、恵美ちゃんのお母さんとつき合うようになったんだろうか。
 チアリーダーのトップパーソンをしていた恵美ちゃんもこの店で働いていて、それで客で来た大浜学院の監督と援助交際をして、それを誰かに密告されたんだろうか。
 だけどなんで恵美ちゃんと、恵美ちゃんのお母さんまでこの店で働いてるんだろう。
「ねえ、この店ではね、店で働く女の子を紹介するとお金をもらえるのよ」
「私が有紀ちゃんを紹介すると十万円もらえるの、それも毎月よ」
「だから有紀ちゃんにはちゃんとこの店で働いてもらわないと困るのよ」
「私をこの店に紹介したのはね、監督さんなの、監督さんはその半分の5万毎月もらえるの」
「ねえ、いい商売でしょう」と恵美ちゃんのお母さんが、店の仕組み得意げな口調で説明してくれた。
 なるほどそうゆうことなのか聞きながら有紀はすごいアイデアを思いついた。
「私も女の子紹介したいんです、いますぐ来てもらっていいですか」と言ってみると監督が「ああ、いいよ。今呼んですぐくるなら早いほうが良いぜ。お前も金が欲しいんだろう」と平然と答えた。
 監督が有紀のバッグから携帯電話をだすと有紀は彩香ちゃんの番号を押してもらった。
 彩香ちゃんがすぐに携帯に出た。
「ねえ、私だけど、すぐ来てくれない、吉田さんも一緒にね、彩香スペシャルやりにきてね」と早口で言うと彩香ちゃんは「わかったわ、待ってて、すぐ行くから」と返事をくれた。
 監督がすぐに有紀の口元から携帯を取り上げたので、話しはそれ以上は続けられなかった。
 きっと彩香ちゃんは有紀が言った「彩香スペシャルやりにきてね」という言葉に男の人と一緒だと気づいたはずだ。
 察しのいい彩香ちゃんだったら、いま援助交際を迫られてると分かるはずだから吉田さんと一緒に助けに来てくれるに違いないと有紀は期待した。



9.早朝の通学で痴漢<< ページトップ >>11.三度目の如来棒

チアガールアダルトビデオ

名門●●大学チアリーディング部在籍! 競技歴4年! 全国大会第8位! 美少女すぎる現役アスリート女子大生が超開脚セックスでAVデビュー! 三井ゆり(仮)19歳 kawaii [DVD]
チア少女をねぶり尽くす 梨乃 ラマコス/妄想族 [DVD]
現役チア部員の長身女子大生! 美人でドスケベ! 体育会系軟体ボディをいろんな体位で突かれ、絶頂チ●ポ穴化と化す! 内村りな SHRK-025 [DVD]
人気プロ球団専属チアリーダーkawaii*デビュー! YUNA kawaii [DVD]
羞恥!県大会優勝の現役テニス少女がデビューから衝撃の露出FUCK!
高校野球を熱心に応援する球場で一番可愛いチアリーダーのエッチなSEXをお見せします
裏ブロンド生ハメ 金髪チアリーダー犯す黒チン…青春よ、散れ!