彩香スペシャル〜恋の必殺技

by七度柚希

目次

    第一話

    1.高校一年生

    2.英会話部には負けられない

    3.援助交際の取材

    4.ブルマー盗まれる

    5.盗まれたアンダースコート

    6.スクープ

    7.もう止められない

    8.チアリーダーのオーディション

    9.早朝の通学で痴漢

    10.決勝戦に勝って甲子園出場

    11.三度目の如来棒

    12.彩香スペシャルは恋の必殺技

    第二話

    13.先生はノーパン

    14.ブラジャーはCカップ

    15.痴漢盗撮

    16.ラブシーン

    17.セクハラ面接

    18.出会い系喫茶

    19.ハプニングバー

    20.観覧車

    21.合宿

    22.監禁調教

    23.AV撮影

    24.真っ赤なTバック

9.早朝の通学で痴漢

あらすじ
 江実矢君が毎朝痴漢に遭ってると聞いて、有紀も彩香ちゃんと一緒に早朝の地下鉄に乗った。江実矢君が着てるチアリーダーのジャンパーが目印らしい。新聞記者の吉田さんに痴漢の取材に協力して欲しいと頼まれた。

 数日たって彩香ちゃんが「ねえ、有紀ちゃんも朝一緒に来てくれないかしら」と言い出した。
 どうしてなのかわからずに有紀が「どうして私も朝早くいかないといけないの」と聞くと「それがちょっとね」と言って彩香ちゃんははっきり答えてはくれなかった。
 なにか事情がありそうだったが有紀はきっと彩香ちゃんと江実矢君が一緒に仲が良さそうに電車で通ってるのが噂にでもなるのが困るのだと思った。
 翌朝彩香ちゃんが江実矢君と一緒に有紀を迎えに来ると、彩香ちゃんは普通の制服姿だったが、江実矢君は体操用の紺のハーフパンツに上は、チアリーディングのジャンパーを着ていた。
 もともと女の子用のジャンパーなので、真っ赤な生地に学校のマークが背中に入っていて、サイズは小柄な江実矢君にはちょうどぴったりだった。
 三人で電車に乗ると、途中の駅で急に電車が混み始めた。
 江実矢君がドアの隅に押し込まれると急にいやな顔をして眉を歪めた。
 すると彩香ちゃんが江実矢君の後ろに回って江実矢君に体を寄せた。
 そのとき有紀のお尻にへんな感触があった。
 すっとくすぐるように微妙な動きでお尻の下を何かが動いている。
 きっと鞄がお尻にぶつかっているんだと思ったが急にその動きが小刻みに震えながらスカートの下に入ってきた。
 指先が軽くお尻に触るとお尻を下から上へとくすぐるようにしてなぞってきた。
 間違いなく痴漢だと思ったとき、急に足が震えてきた。
 彩香ちゃんの足も震えているのが、有紀の体に伝わってきた。
 有紀は江実矢君が痴漢に狙われて、それを彩香ちゃんが自分の体で守っているのだとやっと気が付いた。

 江実矢君の着ているチアリーディングのジャンパーが痴漢の目印になっているようだった。
 有紀のお尻を触る指先は今度は小刻みに震えながら、丸く動き始めた。
 なんでこんな事されるのと有紀は思ったが、男の指先は有紀の気持ちには関係なく動き続けた。
 彩香ちゃんは眉を歪めて必死で堪えていたが、何をされているのかは分からなかった。
 電車が止まってやっと駅のホームに降りたとき、有紀は怖くてとても後ろを振り返る勇気はなかった。
 ようやく学校の体育館まで江実矢君を送り届けると彩香ちゃんと有紀は体育館の隅でチアリーディングの練習を見学した。
 チアリーディングは見た目には簡単そうに見えるが、一人一人にちゃんと役目があり、フォーメーションもいろいろで、それをリーダーの手の合図によって見分けながら素早く動かなければいけない。
 位置を間違えたの、手の動きが少し遅れたのと繰り返し何度も怒鳴られながら、女の子達は一生懸命練習を続けていた。
 練習も大体終わりに近づいた頃彩香ちゃんが「ねえ、今朝の事だけどね」と重い口を開いた。
「きっとこの前までトップパーソンをしていた恵美ちゃんもね、朝練習の時痴漢にあってたんだと思うの」
「それであのチアリーディングの赤いジャンパーを着ていると痴漢に遭うんだと思うんだけど」
「だけどそれだけじゃないと思うのあたし」
「きっとあの痴漢が、ほかの誰かと関係があって、それが大浜学院の野球部の監督と恵美ちゃんの間の謎を解く鍵じゃないかと思うんだけど」そう言われて確かに彩香ちゃんの言うことももっともな気がした。
 この前までチアリーデーディングのトップパートンをしていた恵美ちゃんは今盲腸で入院していることになってる。
 もしかしたら盲腸で入院中というのはただの言い訳で何か大事な秘密があるのかもしれない。
 とは言う物の朝の電車の痴漢と、大浜学院の野球部の監督の間にすぐには結びつくような関係があるとは有紀には思えなかった。

 翌日も三人で早朝電車に乗ったが、やっぱり痴漢は前日と同じように彩香ちゃんと有紀の体を弄んだ。
 今度は昨日よりも大胆に指先が動いて、パンティーの中まで指が入ってきた。
 後ろから回された手は、有紀のブラジャーの上から胸をこっそりと包むように押さえてきて、有紀は頭が熱くなって目を閉じて必死で我慢した。
 待ち伏せされて狙いを付けられているのは間違いなかった。
 きっと恵美ちゃんも毎朝痴漢に狙われて待ち伏せされていたのに違いない。
 そう思うと彩香ちゃんの言うことも的はずれではないのかもしれないと有紀は思った。
 電車を降りると彩香ちゃんはやっと一息付いた様子でスカート直した。
 有紀が彩香ちゃんに何か言おうとするとそれより先に彩香ちゃんが有紀の耳元に唇を寄せて囁いた。
「いい、何をされても我慢するのよ、そうすればきっと痴漢も安心してしっぽを出すに違いないから」
「それまで、じっと待つのよ、それしか方法は無いんだから」と彩香ちゃんに言われて、有紀は何も言い返せなかった。
 夕方学校から帰ると明日の英語の予習をしたあと有紀はパジャマに着替えてお布団に潜り込んだ。
 なんとなくうつぶせになったとき、有紀の携帯にメールが届いた着メロが鳴り出した。
 てきっり彩香ちゃんからのメールだと有紀は思ったが、彩香ちゃんのメールなら着メロはミニモニ。のはずだった。
 いったい誰からだろうと思って携帯をあけるとメールには「明日パンティーを穿かずに電車に乗れ、そうしないとこの写真を学校に送るぞ」と書いてあった。
 一緒に送られてきた写真は、スカートの下を隠し撮りした写真で、有紀が履いていた熊のイラストの入ったパンティーが見えていた。

 どうして携帯のアドレスが分かったのか有紀には分からなかったが、もしかして誰かの悪戯かもしれないと思い、彩香ちゃんにメールを送ってみることにした。
「へんなメール来なかった」と試しに送ってみると「来たけど、有紀ちゃんの所にも来たの」とすぐ返事が来た。
 やっぱり痴漢が彩香ちゃんにも同じメールを送ったんだとすぐ有紀には分かった。
「それでどうするの」と彩香ちゃんにまたメールを送ると「言われた通りにしてちょうだい、しばらく様子を見ればきっとしっぽを出すから」と返事が来た。
 明日朝電車にパンティーを穿かずに乗ったらどんなことになるのか、考えるだけで体が震えてきた。
 きっとスカートの下から手を入れられて、直に指を奧まで入れてくるに違いない。そう思っただけで、有紀は急に体が熱くなって止まらなくなった。
 翌朝になって学校に出かけるとき、玄関を出ようとして有紀はパンティーを脱いで行けと命令されているのを思い出した。
 彩香ちゃんからはパンティーを脱いで電車に乗って何をされるのか確かめようと昨日電子メールで言われた。
 きっと彩香ちゃんはパンティーをはかずに今日はやってくる、自分だけパンティー脱がない訳には行かない。
 そう思うとそれだけで膝が震えそうになってきた。有紀は部屋に戻って制服のスカートの下のパンティーを脱いで押入に隠した。
 彩香ちゃんはいつもと同じ時間に江実矢君と一緒に迎えに来た。
 駅までの道を歩き始めようとしたとき彩香ちゃんが一言「脱いできた?」と小さい声で有紀の耳元でささやいた。
 江実矢君に気づかれないように有紀はちいさく頷いて返事をした。

 駅の階段を上がるとき、有紀は鞄をスカートの後ろに持ち替えたが、それでも足が震えてきた。
 電車が入って来ると、いつものように三人で乗客を押しのけるようにしてドアの近くに立った。
 しばらくして有紀はスカートの下から手が入れられてくる感触に気が付いた。
 きっと指を入れられるに違いない、きっと奧まで指を入れてくるんだそう思って有紀は急に膝が震えだして止まらなくなった。
 彩香ちゃんも半分目を閉じて眉をよせいつもとは違う表情で震えてるのが体で伝わって来た。
 時が止まったように体が凍り付き、屈辱の儀式が有紀の体を捉えつづけた。
 ようやく降りる駅についたとき、彩香ちゃんも有紀も体中が震えだしてほとんど歩けなくなっていた。
 駅のホームに降りると、電車のドアはすぐホームから遠ざかって行った。
 やっと痴漢から逃れられたんだと思うと有紀は急に体から力が抜けていってしばらくは動けなかった。
 ようやく気持ちが落ち着いた頃、三人は駅の改札口を出た。
 数歩歩きかけたとき急に目の前に男が進み出て行く手を遮ったので、有紀はどきっとした。
 また痴漢なのと思ったとき男が「やあ、君たち久しぶりだね」と声を掛けてきた。
 以前渋谷で会ったことのある東日新聞の記者の吉田剛さんだった。

「みんな、元気そうだね」と吉田さんに声を掛けられて、有紀は急に気持ちが楽になった。
 なんで吉田さんがこんな所にいるのかは判らなかったが、ともかく吉田さんに会えて良かったと有紀は思った。
「なにか最近変わったことでもないかな」と吉田さんが言いかけると、彩香ちゃんが「今日私痴漢に遭ったんです」と半分泣き出しながら訴えた。
 吉田さんは驚いて顔色を変えながら「ほんとう、それは大変だったね」といかにも物わかりがよさそうな態度で彩香ちゃんをなだめた。
「本当なんです、酷いことされたんです」と彩香ちゃんが言うと江実矢君も今朝なにがあったのか事情が飲み込めたらしくて顔色を曇らせた。
 すると吉田さんは「その中学生の子も痴漢にあったの、酷いことするんだね」と今度は江実矢君に話しかけようとした。
 まずい吉田さんは江実矢君の事を女の子だと思っている、これ以上話したら余計なことまでばれてしまう。
 有紀が彩香ちゃんの制服の袖を引っ張ると彩香ちゃんもこれはまずいと気が付いたらしく「今日これからチアーリーディングの朝練なんです、今は時間がないんです」と言って誤魔化した。
 吉田さんが「練習はいつ終わるのかな、放課後にでもまた話しを聞かせてもらえないか」と言うので駅前のロッテリアで放課後に会う約束をした。

 いつものように朝のチアリーディングの練習を見学してから授業を受けて放課後待ち合わせのロッテリアに行くと吉田さんが待っていた。
 彩香ちゃんは席に付くなり「ほんとに凄い痴漢なんです、毎朝なんです」とすぐに吉田さんに話しを始めた。
 吉田さんは落ち着いた様子で彩香ちゃんの話を聞いていると「今日の痴漢が一番凄かったのは、どうしてかな」とすこし冷ややかな口調で彩香ちゃんを問いつめた。
 彩香ちゃんは一瞬言葉が詰まって固まってしまったが「パンティーはいてなかったからなんです」とやっとの事で答えた。
「そう、じゃあ、今もパンティーはいていないんだね」と吉田さんに念を押されて彩香ちゃんは小さい声で「はい」と答えた。
「それで今朝の痴漢がどんなことしたのかもっと具体的に聞かせてくれないかな」と言われて彩香ちゃんは泣き出しそうになりながら「指を入れられたんです」と答えると吉田さんは「どこに指をいれられたんだ、どこなのかはっきり言うんだ」とまた冷たく命じてきた。
 彩香ちゃんが「女の子の一番大事な所です」ですとやっとのことで答えると吉田さんはその答えに満足したようで「君たちね、今度また痴漢からメールが来ると思うんだ」と話しを矛先を変えて来た。
「それも画像つきのメールでね」
「今朝の出来事をスカートの下から隠し撮りした写真をきっと送ってくると思うんだ」
「いや、最近はそうゆう手口の痴漢がいるらしくてね」
「それでね、脅して呼び出すらしいんだ」
「僕も以前から取材をしてるんだけど、呼び出した後どうなるのかなかなか分からなくてね」
「それで取材に協力して欲しいんだ」
「だからつまり、君たちも呼び出されたら、呼び出しに応じて痴漢が何を要求してくるのか確かめて欲しいんだ」
「これもみんな取材なんだ、取材というのはね体当たりでしないと記事なんかかけないんだよ」と説得されて彩香ちゃんはなんだか分からないままに、吉田さんの取材に協力することになった。

 夕食の後、宿題を済ませてからお風呂にはいりパジャマに着替えると有紀の携帯にメールが届いた。
 吉田さんに言われたとおり昨日の痴漢に会ったところを下からデジカメで撮って痴漢が送ってきたのだった。
 やっぱり吉田さんの言った通りだった。
 メールには「今すぐ電話しろ」と書いてあり一緒に携帯の番号も書いてあった。
 きっと吉田さんが言っていたように、脅して呼び出すのが目的だと有紀にも分かった。
 震える指でボタンを押すと急に不安な気持ちが胸一杯に広がり、有紀の心臓は止まりそうになった。
 男の声がして「やあ、有紀ちゃんだね」といきなり言われた。
 なんで名前を知ってるのと有紀は心臓が急に締め付けられて死にそうなくらいになった。
「どう、毎日痴漢にあって、有紀ちゃんは痴漢に遭うのが好きなんだね」と男の声がして、有紀は「そんなことありません」と思わず言い返した。
「痴漢に遭うのが好きだから、毎晩痴漢にあったときのことを思い出して、いやらしいことしてるんだろう」
「夜寝るとき何してるのか、ちゃんと分かってるんだよ、本当にいやらしい娘だね」と男が勝手に話しを続けた。
「私そんなことしてません」と有紀が小さい声で言い返すと「今だってしてるんだろう、ほら気持ちいいこと、今もしてるんだろう」とまた言われた。
 有紀が半分泣き出しそうな声で「してません」とやっとのことで答えると「じゃあ、今すぐ指をパンティーの中に入れるんだ、言うとおりしないと写真を学校に送っちゃうからね」
「こんないやらしい娘が毎日痴漢にあって、毎晩オ×ニ×してるなんて、みんな知ったら驚くよ」と畳みかけるように脅しの言葉が聞こえてきた。
「指先でなぞるんだ、分かってるのかいつもやってるように指を動かすんだよ」と命じられて有紀は逆らったら大変なことになると思い指を花園に押し当てた。
 急に体中が熱くなり、いつもとは違う体の反応に有紀は戸惑いを感じた。なんでこんなに気持ちがいいの、いつもより気持ちがいいのってどうしてと思いながら有紀の体が小刻みに震えて止まらなくなった。
 頭のてっぺんまで突き抜けるような快感が体中を通り抜けると今度は、目に涙があふれ出して止まらなく成った。
「いいか、明日学校が終わったら渋谷に出てくるんだ」そう命じられて電話は切れた。
 しばらく体が落ち着いて来るのを待って、有紀は彩香ちゃんに電話してみた。

 彩香ちゃんにも痴漢の男から電話があったらしくて「明日渋谷に行ってみようよ」と話しがまとまった。
 翌日は学校の授業が終わったあと、渋谷のロッテリアでシェークを飲みながら二人で誰が来るか確かめようと待っていた。
 約束の時間前に携帯に電話があり、これからすぐ来るからと連絡があった。
 呼び出されたからはそのままで済むはずはない。
 きっとカラオケにでも誘われてそのあとはきっとラブホテルだ。
 縛られたりするんだろうか、それとも公園でわざと見られながらさせられるんだろうか。でもその程度の事で済むはずはないし、いったい何をされるんだろうと二人は胸がドキドキしながら痴漢の男が来るのを待った。
 しばらくして「君たちが彩香ちゃんと、有紀ちゃんだね」と見かけない若い男性が声をかけてきた。
 彩香ちゃんが頷いて返事をすると男はすぐに彩香ちゃんの隣に座った。
 コーヒーを一口すすると男は鞄から封筒を出して「いや、君たちお金欲しいだろう」と言うなり一人十万づつ封筒からお金を渡した。
 いったい何がなんだか訳が分からなくて、お金を受け取りながら彩香ちゃんは怪訝な顔で有紀を見た。
 男はまたコーヒーを一口飲むと、二人の顔をもう一度確かめてから話しを始めた。
「内はインターネット痴漢倶楽部でね」
「あらかじめ目印をインターネットの掲示板に載せてあるから、その女の子に自由に痴漢をしていいという倶楽部なんだ」
「もちろん、いつも君たちが朝あう痴漢はみんな内の倶楽部の客でね」
「ほら、目印にチアーリーディングのジャンパー使ってたからね」
「それで間違えたらしいんだよ、君たちの事を内の倶楽部のバイトの娘だと思ってね」
「もちろん写真を送って脅かすとかいうのも痴漢プレーの内でね」
「本当に脅かしてる訳じゃないんだよ」
「いや、迷惑かけちゃったね、まあこれはお礼ということで取っておいてくれないかね」
「ところで朝の痴漢の男の人なんだけどね、君たちとその援助交際したいっていっててね」
「だけど痴漢倶楽部じゃあ、援助交際まではしないことになってるから。だからね、まあ君たちが援助交際したいなら自分たちで勝手にするのは別に構わないんだけどね」そう言われて彩香ちゃんと有紀は顔を見合わせた。
 毎朝痴漢に遭ってそれがきっかけで痴漢につけ狙われてとばかり思いこんでいたのだが、予期していたのとは全然違った展開に二人は頭の中が訳が分からなくなっていた。

「君たちなんだか疲れてるんじゃないか、これ飲んでご覧元気でるから」と男が鞄から小さな瓶を出してきた。
 ドリンク剤らしい小さな黒い瓶は漢方薬らしい名前が付いてあった。
 彩香ちゃんは男から小瓶を受け取ると何も考えずに口に付け、そのまま全部飲み下した。
 有紀はなんだか怪しい飲み物だと思って、口に付けて飲む振りをして、こっそり床にあった観葉植物の鉢植えに中身を捨ててしまった。
「ところで君たち、面白い録音があるけど聞いてみないか」と男が急に言いだした。
 有紀が彩香ちゃんの方を見ると、彩香ちゃんもなんのことか分からない様子で有紀の方を見た。
 小さなヘッドホンを二人で半分づつ渡されて男がスイッチを入れると急に「もう駄目、駄目」と言う声が耳に響いてきた。
 有紀はびっくりしてヘッドホンを耳から外した。
 電話でオ×ニ×させられたときの録音だ、それも自分の声に間違いないと気が付いて有紀は彩香ちゃんの方を見た。
 彩香ちゃんもびっくりした様子で有紀を見返した。
「どうだい、君たち痴漢倶楽部でアルバイトしてみないか」
「お金欲しいだろう、洋服買ったり、ブランド物のバッグも欲しいだろう」
「朝ちょっとだけ気持ちいいことするだけなんだ」と男が話しを始めると急に彩香ちゃんの目が涙ぐんだ。
 男がテーブルの下で、彩香ちゃんの腿の上に手を載せると腿の内側を指先でくすぐるように動かし始めたのが有紀にも判った。
 彩香ちゃんは、何度も肩を上下に震わせて息を吐いたあと今度は目を閉じた。
 さっき飲んだドリンク剤にはやっぱり変な薬が入ってたんだと有紀は気が付いた。
 だからもう彩香ちゃんは何をされても逆らえないんだ。
 このままだったら大変なことになると有紀は思ったがどうしていいのか判らなかった。

 男は彩香ちゃんの顔色を確かめながら指先をさらにスカートの奧に届くまで入れた。
 彩香ちゃんの眉がゆがんで、目を曇らせながらまた涙がこぼれてきた。
「いや、断ったからってこのテープを学校に送ったりはしないよ、そんなことは暴力団のすることだからね」そう男が落ち着き払った様子で話し始めると有紀にはようやく呼び出された理由が分かってきた。
 いきなり10万円もお金を渡して、そのあとは言葉巧みに脅かして言うなりにさせてそれでも言うことを聞かなければ、あの変な薬を飲ませてしてまうのだ。
「すぐに返事しないといけませんか」と有紀が恐る恐る聞いてみた。
「いや、すぐでなくてもいいんだよ、返事はいつでもいいんだ」
「だけど、また痴漢に遭うかもしれないけど、その時は我慢してくれないか、なにお金はまたちゃんと払うから」と男に言われて二人は返事に困った。
 有紀はどう返事していいのか分からずに黙り込むと、彩香ちゃんが「分かりました、痴漢は我慢します」と蚊の鳴くような声で返事をした。
 そんなことしたら、援助交際までさせらせると有紀は急に怖くなった。
「あとのことは、ともかく考えさせて下さい」と有紀がなんとか答えると男は別に困った様子もなく「じゃあ、今日はこのくらいにしておこうか」と言って席を立った。
 なんとかその場は切り抜けられたと思って、有紀は彩香ちゃんを無理やり立たせると二人はロッテリアを出た。
 思いもよらない展開になって、彩香ちゃんは何がなんだかわからないと言った様子だった。
しかしそれでも痴漢倶楽部というすごい取材が出来たのは収穫だった。

 チアリーディングのトップパーソンをしていた恵美ちゃんも同じような手口で「痴漢」のアルバイトに誘われて援助交際をして、そのお客が大浜学院の監督らしいとまでは分かってきた。
 とはいうものの、そんなにうまく偶然の出来事が重なる訳もなく、裏で糸を引いて操っている人物が誰なのかは見当が付かなかった。
 大通りまで出ると彩香ちゃんが「悪いけど先に帰っててくれない、私今日のこと吉田さんに報告するから、吉田さんが近くで待ってるの」と言いだした。
 有紀は吉田さんが一緒なら安心と思って、先に帰ることにした。
 翌日の朝学校に行く途中で彩香ちゃんが「昨日吉田さんにね、今度はその痴漢と援助交際というのをやってくれって頼まれたんだけど」と有紀に報告した。
 もしかして彩香ちゃんはもうこっそり援助交際をしているのではと有紀は心配な気持ちになった。
「だけどそんなこと頼まれたって、出来るわけないわよね」と彩香ちゃんが言うので、有紀は少しだけ安心した。
 電車に乗るとき前日ロッテリアで「痴漢にあっても我慢してくれないか」と言われた事を思い出して有紀は不安な気持ちだった。
 だけど不思議なことにその日は痴漢に遭うこともなく、次の日もその次の日も痴漢は現れなかった。


8.チアリーダーのオーディション<< ページトップ >>10.決勝戦に勝って甲子園出場

チアガールアダルトビデオ

名門●●大学チアリーディング部在籍! 競技歴4年! 全国大会第8位! 美少女すぎる現役アスリート女子大生が超開脚セックスでAVデビュー! 三井ゆり(仮)19歳 kawaii [DVD]
チア少女をねぶり尽くす 梨乃 ラマコス/妄想族 [DVD]
現役チア部員の長身女子大生! 美人でドスケベ! 体育会系軟体ボディをいろんな体位で突かれ、絶頂チ●ポ穴化と化す! 内村りな SHRK-025 [DVD]
人気プロ球団専属チアリーダーkawaii*デビュー! YUNA kawaii [DVD]
羞恥!県大会優勝の現役テニス少女がデビューから衝撃の露出FUCK!
高校野球を熱心に応援する球場で一番可愛いチアリーダーのエッチなSEXをお見せします
裏ブロンド生ハメ 金髪チアリーダー犯す黒チン…青春よ、散れ!