長編官能小説(女子高生強制調教)スケコマシのジョー

by七度柚希

目次

1.上野で拾った家出少女

2.強制輪姦

3.出会い系喫茶

4.夜這いプレー

5.テレクラ狂い

6.人妻痴漢地獄

7.淫乱女子高生

8.強制露出調教

9.レズ淫乱調教

10.デリヘル面接

11.レズ殺し

12.女の喜び

13.デリヘル志願

14.SM調教ビデオ

15.担保は裏ビデオ

16.ビデオチャット

17.ブルセラビデオ

18.美人局

19.レズビアン

20.カーセックス

21.恋人交換

22.強制調教

23.スキャンダル

18.美人局

あらすじ
 美人局をしようと芳恵が男と一緒に居るはずの部屋に乗り込んだが芳恵が居ない。
 部屋を間違えたと気が付いたが、男に捕まってもう逃げられない。
 デリヘル女だと勘違いされて、さんざんな目に遭わされる。


 受付の窓口で「先客がいるんです」と試しに言ってみると、客に呼ばれたデリヘル女だと思ったらしくて受け付けの女は何も言わない。
 すぐにホールの奥のエレベータに乗って三階に上がってみた。
 芳恵からのメールでは302号室にいるはず。
 エレベータを降りて廊下を奥に進むと302号室の表示が見えた。
 ひとまずドアの前で中の様子を伺ってみると、女の泣き叫ぶ大きな声が響いてくる。
 これはちょうど美人局には好都合だ。
 今部屋に乗り込めば上手いこと金になるに違いない。
 美人局なんかやったことは無いが、金を作るにはこれしかない。
「おい、開けろ、居ることは分かってるんだ」と俺はドアを叩いて大声をだした。
 何度か繰り返しドアを叩くとドアの取っ手を廻す音が聞こえて俺は手を止めた。
 ドアが開くと大柄な男がパンツ一枚で立ってる。
 俺はすぐに中に入ると「おい芳恵が居るだろう、よくも俺の女に手をだしやがったな」と怒鳴りつけた。
「芳恵なら、まだ来てないぜ」と男が苦笑いしながら答えたので俺はそんなはずはないと思って部屋を見回した。
 ベッドの上には誰も見あたらない。
 部屋の中を見回したが、隠れる場所なんか無い。
 だが部屋には女の叫び声が大きく響いてる。
 俺は壁際の大きなテレビの画面を見て声はアダルトビデオだと気が付いた。
 部屋を間違えたかそれともホテルを間違えたかどっちにしろ不味いことになった。
 俺は慌てて部屋を出ようとしたが男に手をつかまれた。
 そのままベッドに引き倒されると男がすぐに上から体を重ねてきた。
 男の体を押しのけて逃げようと俺は手足をばたつかせたが男の重い体はびくとも動かない。
 男が俺の胸を強引な手つきで押し回すように揉むと俺は痛くて悲鳴を上げた。
 いきなり男の口が俺の唇に被さってくるとすぐに舌が入ってきた。
 どうにも逃げようがないと分かって俺は体から力が抜けていった。
 これはもう言いなりになるしかないと思って、俺は男の背中に腕を廻して自分から抱きついた。
 急にドアをノックする音がして男が体を起こした。
 せっかく良い気分の所だったのにと俺が男にしがみつこうとすると、男は俺を手で押しのけてベッドから降りた。
 男がドアを開けるとすぐにけばけばしい化粧の女が部屋に入ってきた。
「おい、芳恵ってお前のことか」と男が女に声を掛けた。
 女は訳の分からない顔をしてベッドに近寄ると俺の顔をまじまじと見た。
「よくもさっきは商売の邪魔してくれたわね」と女に怒鳴りつけられて俺はさっきラブホテルの前で客引きをしていた女だと気が付いた。
「この女、ちょっと痛めつけてやってよ、まったく腹が立つんだから」と女に言われて男が俺に近づいて来た。
 これは不味いことになったと俺が慌てて男の横をすり抜けようとしたが、男が俺の体をつかんでベッドの上に押し倒した。
 俺が起きあがろうとすると男は俺の髪の毛をつかんで頭をベッド何度も叩きつけた。
 これはとても逆らえないと観念して俺は大人しくベッドに突っ伏したまま動けなくなった。
 男は部屋のスリッパを手に取ると、ズボンの上から俺の尻に叩きつけて来た。
 いくらスリッパでも、尻を叩かれた痛いに決まってる。
 何てことしやがると思ったが、下手に逆らうと何をされるか分からない。
 男が何度もスリッパで俺の尻を叩きつけるのを繰り返すと、次第に尻が熱くなって針でも突き刺したような痛みが突き抜けた。
 俺はもうとても我慢しきれなくて「やめてくれー」と叫んだがそんなことで止めてくれる訳がない。
 男は調子に乗って俺の尻の周りをぐるぐると回るように打つ場所を変えながらスリッパを叩きつけてきた。
 俺は「うぁえええ」と声にも成らない悲鳴を上げると、なんとか逃げようと腰を捻った。
 男の手が今度は俺の手をきつくねじり上げて来たので俺はまた痛くて悲鳴を上げた。
 横で見ていた女は俺のズボンを膝まで脱がすと、俺の黒いレース模様のパンティーを見て「このドスケベ女、色気づいてるじゃないの」と言って笑った。
 俺はレズだからいつもは男物のパンツをはいてるが、レズ殺しの鉄に犯されてからは黒いレースの女物のパンティーを履いてる。
 そうすればまたレズ殺しの鉄に逢えるかもしれない気がするからだ。
 レズ殺しの鉄が俺の黒いレース模様のパンティーを褒めてくれるに違いないと思うととても男物のパンツなんか履いてなんかいられない。
 レズのくせに女物のパンティーなんか履いてるのを見られて俺は、死にそうなくらい恥ずかしくなった。
 男の指がパンティーの上からレース模様の裾にそってくすぐるように動いてきた。
 さっき痛めつけられたばかりの尻がひりひりするような感触が妙に気持ちいい。
 すこしづつ感じるところを確かめながら、今度はレース模様の縁にそって直に肌に触れてきた。
 こうなるともうとても堪らない。
 思わず目を閉じて涙がこぼれそうになるのを堪えると「感じてるじゃないか、女の身体は正直だな」と男がまるでアダルトビデオみたいな台詞を口にした。
 感じちゃうのは俺のせいじゃない、男のテクニックが上手すぎるんだと思った瞬間にもうとても堪えきれなくて俺は大きく息を吐き出した。
 背中をそらせて大きく体を仰け反らすと、なんども息を吐き出すたびに涙がこみ上げてきた。
 女が俺のパンティーの裾に手を掛けて引きずり降ろすと、俺の尻をパンティーのレースの縁がくすぐる感触が襲った。
 俺の尻が思わず震えるのを見て女がまた「色気ずいてるんじゃないよ」と罵声を浴びせた。
 俺の尻が丸出しになると女がぴしゃりと平手で俺の尻を叩いた。
 さっき痛い目に遭わされたばかりの尻を叩かれて俺は思わず「ひぃーー」と声にならない悲鳴を上げて身体を全体を震わせた。
 女は面白がってまた俺の尻を叩こうとしたが、男が女の手を遮って「いい尻してるじゃないか」と猫なで声で俺に声を掛けた。
 優しい手つきで撫で回すように俺の尻をさすると今度は花園を指先でまさぐってきた。
 さっきブルセラ店の店長に責められたばかりの花園は感度が極限近くまで敏感になってる。
 男の指が触れた瞬間に燃え上がるような熱い電流が男の指先から俺の花園に流れ込んで俺は思わず身体が仰け反った。
 男の指先がさぐる様な動きで今度はア×ルの周りをなで始めた。
 そんな所を撫でられたって気持ち良いわけ無いが妙にくすぐったい。
「おいあれよこせ」と男が言うと、女がバックから何か取り出して男に渡した。
 男が手にとって何か指先に付けたらしくて、ア×ルに冷たい感触が触れてきた。
 男の指先がゆっくりと揉みほぐすように動くと、すぐにア×ルが熱くなって急に力が抜けてきた。
 俺はすぐに男が何をしようとしてるのか気が付いた。
 この男は麻酔剤の入った軟膏を使って俺をア×ル調教するつもりだ。
 ア×ル調教に軟膏を使うなんてのは、ア×ル調教に慣れたプロのア×ル調教師にくらいなものだ。
 こんな男にア×ル調教なんてされては堪らない。
 俺は思わず身震いして身体を起こそうとした。
 すぐに「おいまだ痛い目に遭いたいのか」と男が脅すような口調で俺を怒鳴りつけてきた。
 ア×ル調教はやだが、尻を叩かれて痛い目に遭うのももっとやだ。
 俺が仕方なく大人しくしていると、男の指先が慣れた手つきで柔らかく揉みほぐすように動き続けてる。
 ア×ルの周囲の筋肉に麻酔剤の入った軟膏を擦り込んでいるらしい。
 麻酔剤がだんだん効いてくると次第にア×ルに力が入らなくなってきた。
 男の指先の感触が心地よくなってきたころ、不意に男の指先がア×ルを押し広げて奥に入ってきた。
 まるで当たり前みたいにすんなりとア×ルを押し広げると、ゆっくりと押し回しながら滑らかに指が動き続けてる。
 俺はいったい何が起きてるのか訳が分からなくて、頭の中がすっ飛んで空っぽになった。
「おい、あれだ」と男がまた言うと女がバックの中からまた何か取りだして男に渡した。
 細長くて団子みたいな形をしてるのはア×ル調教用のバイブだと一目で分かる。
 さっきブルセラ店の店長が見せてくれたア×ル用バイブより一回り大きい。
 こんなバイブで責められてはもうとても敵わないとは思ったが身体から力が抜けて動けない。
 バイブが俺のア×ルに押し込まれるとすぐに奥まですっぽりと入ってしまった。
 さっきア×ルの周りに男が擦り込んだ麻酔剤の入った軟膏が効いてきたらしくて、バイブを出し入れするたびに死んじゃいそうなくらい気持ちが良い。
 男がバイブを出し入れしながら「おい、何でも言うことを聞くって言え」と乱暴な口調で怒鳴りつけてきた。
 ここで下手に逆らったら何をされるか分からない。
「何でも言うとおりにします。あ、いえ、させて頂きます」と俺は大人しく自分から下手にでて答えた。
 すると男は俺の両足を抱え上げて、俺の身体をベッドの上に仰向けに転がした。
 俺は男がすぐに俺の身体の上にのし掛かってくると思って足を広げて膝を立てた。
 男はもう一本別のバイブを取りだして俺に渡すと「これを使え、使い方くらい知ってるだろう」と言って薄ら笑いを浮かべた。
 先にパールの入った紫色の大きなバイブはアダルトビデオでよく使う太いやつだ。
 さっきブルセラ店の店長に使い方を教わったのと同じくらいの大きさの大型のバイブだ。
 ア×ルにバイブを入れたまま、男に渡された花園にバイブをあてがうとブルセラ店の店長に教えられた通りに最初は軽く太股の内側をそっと撫でた。
 すぐに腿の内側の筋肉が小刻みに震えると、股が勝手に開いたり閉じたりの動作を繰り返した。
 少しずつバイブの先を花園に近づけると今度はおへその少し下をバイブで押さえつける。
 重苦しい感触がじわっと子宮まで伝わってくると、今度は先端を花芯に触れさせた。
 ここちよい感触がすぐに下半身に広がるともう気持ちよくて我慢できない。
 花園を押し広げるように押し回すともう腰が上下に動いて止まらない。
 ア×ルバイブの振動が一緒に加わると、もう気持ちよすぎて死んじゃいそうなくらいだ。
 小刻みに震わせるように出し入れを繰り返すと、まるで本物を奥までぶち込まれたような感触が伝わってくる。
 吸い付いたようにくわえ込んだかと思うと、急に身体の力が抜けて奥までぐんと届いてくる感触が何度もも繰り返して止まらない。
 男が時折二つのバイブのリモコンを操作して動きを変えると、その度に違った感触が奥の奥まで届いてくる。
 いくら俺がレズだって、身体は女の身体だ。
 ア×ルと子宮がいっぺんに壊れそうになるくらいに責められちまったらもう止められない。
 気持ちよくなるときは、気持ちよくなっちまうのは女なら仕方がない。
 背中が痛くなるくらいに反り返ると、バイブを入れままの身体がベッドの上に弾んだ。
「おい、オ×ン×ン大好きって大声で言ってみろ」と男がまた大声で怒鳴った。
 レズの俺にオ×ン×ン大好きなんて言わせるなんて、まったくとんでもないお仕置きだが言わない訳にはいかない。
 俺が肩を震わせながら何度も「オ×ン×ン大好き」と叫ぶと身体の震えがもう止まらない。
 なんで身体が震えるのか自分でも分からないが、本当にオ×ン×ンが大好きな気分になっちゃうのはもう仕方ない。
 今すぐにでもオ×ン×ンが欲しくてたまらなくなって体中が熱くなった。
 急に男が俺の身体を持ち上げて、男の目の前で俺を四つんばいの姿勢にさせた。
 目の前に男のおっきくなった物がそそり立つのが見えて俺は嬉しくなった。
「おい、大好きなんだろう、しゃぶらせてやるぜ」と言いながら、男は俺の髪の毛をつかんで引き寄せた。
 俺はついさっきブルセラ店の店長に教えられた生フェラのテクニックを思い出した。
 最初はまず玉を軽く握って揺さぶるのが手順だ。
 だが俺はもう口の中に入れたくて堪らない気分だ。
 口を寄せて唇に男の逞しい先っぽが触れるともうとても我慢できない。
 舌先を震わせながら絡ませると、男の物は俺の口の中でなんども反り返って固さをました。
 思い切って口を大きく開けてあけると俺は夢中で喉の奥まで飲み込んだ。
 子宮の奥からこみ上げてくる嬉しさで急に涙が止まらなくなった。
 こんな気持ちで男の物をくわえ込むなんて本当に初めての気持ちだ。
 女なら誰でも生フェラを大好きになる理由が初めて俺にも判った気がしてきた。
 バイブを前と後から二本も入れて生フェラさせて貰えるなんてもう天国そのままだ。
 俺の携帯にメールが届いた呼び出し音が聞こえたけど、こんな格好で携帯になんか出られる訳がない。
 女が勝手に俺の携帯を取り上げると、メールを読んで笑ってる。
 誰から来たメールか分からないが、女が俺の振りをして返事を書いてやがる。
 なんどかメールのやりとりをして女がまた笑い転げると、もうメールは来なくなったみたいで携帯の呼び出し音はしなくなった。
「もっと酷い目にあわせなよ、たっぷり思い知らせてやってよ」と女が男に言うと男も頷いてる。
 男が俺の頭を押さえつけて腰を前に押し出すと、喉の奥を通り過ぎて胃袋に突き刺さりそうなくらい奥まで届いてきた。
 胃袋がひっくりかえりそうになって、俺は息が苦しくて目眩がして何度も気を失いそうになった。
 苦しくてもうとても我慢できなくて、必死の思いで男の顔を見上げると男と視線があった。
 もう止めてくれと俺が目で訴えると、男はちょっとだけ頷いたがもう一度俺の喉の奥まで押し込んできた。
 また胃袋がひっくり返りそうになって、俺は気絶しそうになった。
 もう苦しくてとても駄目だと思ったとき、不意に俺の後ろでドアの開く音がした。
 男がもう一人部屋に入ってきた。
「その女か、ちょうどいいぜ」と男の低い声が俺の耳元で聞こえた。
 また何か始まると思ったが、それまではすこし休ませて貰えそうなので俺は一安心した。
 部屋に入ってきたもう一人の男は服を脱ぐとすぐにベッドの上に乗って俺の尻を後ろから抱え上げてきた。
 男の指先がバイブの入った俺の花園に沿って動くと、指先を花びらにこすりつけながら濡れ具合を確かめてる。
 今度はア×ルのバイブを引っ張って抜くと、ア×ルの周囲の筋肉を揉みほぐすようにして指先が動く感触を感じた。
 それからすぐ急に何か柔らかくて熱い先端が俺のア×ルに触れてきた。
 最初は軽く押し当てるだけだったが、すこしづつ押し回しながら先端が奥まで入ってくる。
 男が急に腰に力を込めていっぱいに押し込んでくると、男の玉が袋ごと花園に押しつけられてくる感触がある。
 なにがなんだか分からない内に俺は後ろから滑るようにア×ルを奥まで貫かれていた。
 俺は自分が今あの「焼き鳥」をやられて居るんだと気が付いて身震いがした。
 悪夢で何度もうなされて、トラウマになっていたあの焼き鳥。
 俺は焼き鳥で輪姦されたからレズになんかなっちまったんだ。
 大勢に廻されながら、後ろと前から責められる「焼き鳥」は苦しいだけの屈辱的な体験なはずだが、今その「焼き鳥」が天国に登るほど気持ちいい。
 おまけに今は花園にはバイブまで入れられてる。
 こんなはずはないと思っては見ても今自分の身体が気持ちいいのは間違いない。
 なんでこんな事になってるのか訳が分からないが気持いいんだから喜ぶしかない。
 男が急に身体の動きを止めると「おい、お前毎晩でも男が欲しくてそれで客取ってるんだろう」とでかい声をだした。
 俺のことをデリヘル女だと思ってるらしい。
 俺が口を塞がれたまま頷いて答えると「客ならいくらでも紹介してやるぜ。この辺りじゃ勝手に客なんか取れないんだぜ」と当たり前な口調で脅された。
 どうもこの辺りはどっかの組の縄張りらしくてうっかりうろつくとろくな事にはなりそうにない。
 俺はレズのスケコマシだから、客なんか取る気はないんだが、下手に逆らうとどんな目に遭わされるか分からない。
 俺が頷いて返事をすると男達は満足した様子で、二人で腰の調子を合わせてまた俺を責め始めた。
「どうだ気持ちいいだろう、毎晩客を取ればもっと気持ちよくなれるんだぜ。一晩で10人でも20人でも好きなだけ客を取らせてやるぜ」と男に言われて借金を返すなら全くもって都合の良い話しだと俺は思った。
 一晩で20人も相手をするのは相当大変だがそれはそれで結構な金になる。
 取りあえず借金を返してしまわないと、今度はまたどんな目に遭わされるか分かったもんじゃない。
 男の相手をするだけで金になるなら悪い話しじゃないと思うと急に気分が楽になった。
 俺がまた何も大きく頷いて返事をすると急に男が優しい声で「良い身体してるじゃないか、良い金に成るぜ」と言ってくれた。
 俺はちょっと嬉しくなって男の物に軽く歯を突き立てると口の中で反り返ってまた大きくなった。
「本当にとびきりいい身体してるぜ、細い身体なくせしやがって胸も尻もでかいぜ。たまんねえな」と男がまた言うと、腰をぐいと突き出して喉の奥に突き立ててきた。
 前と後ろから強く責め立てられると俺の身体はもう溶けてしまいそうに気持ちが良い。
 急に動きを早くしたり、そうかと思うと少し休んだ後にゆっくりとまた動き出したりと二人の男は慣れた手順で次第に調子を上げてきた。
 俺の様子を見ながらすぐには絶頂に行かせずに少しづつ焦らしながら時間を掛けて責める気だ。
 レズの俺も女を仕込む時は同じようにわざとじらしながら時間を掛けて責めるのが得意だ。
 同じ事をされているんだと分かってはいるが一度でも気持ちよくなってしまえばもう逆らえるわけがない。
 繰り返すリズムが、心地よく俺の身体を突き上げると次第に快楽の天国に近づきながら落ちてゆくのを繰り返した。
 毎晩こんなに気持ちよく成れるなら、客を取った方が絶対に得だと俺は本気で思いこんだ。 不意に男達が俺の身体を離すと、目の前に男が一人寝そべった。
 俺はその男の上にまたいで腰を載せる格好をさせられた。
 後にもう一人の男が立つと、俺の脇の下を抱え上げ腰を宙に浮かせた。
 花園のバイブを引き抜かれて、今度はア×ルにア×ル用のバイブが押し入れられた。
 俺を抱えた男が、俺の両脇に差し入れた手をゆっくりと上下に動かし始めた。
 俺はエレベーターというテクニックを仕掛けられてるんだとすぐ気が付いた。
 デリヘル女に腰の使い方を教える時にやるテクニックで、これをやられたらオ×ン×ン狂いの身体にされちまうのは間違いない。
 男の先端が花園の入り口に届く位の位置に俺の腰を抱え上げてから、ゆっくりと揺すりながら下まで降ろす動作を繰り返してくる。
 花びらが男のでかい物にこすられるたびに、勝手にきゅっと締め付けるようにくわえ込んできつくなる。
 急に力が抜けたかと思うと、またきつくくわえ込むのを繰り返してもう止まらない。
 俺が男をくわえこむ度に男のでっかい物が俺の中でひくひくと反り返って暴れる感触がもう嬉しくて涙がでてくる。
 こんなのをやられてはもうとても堪らない。
 レズの俺がオ×ン×ン狂いになんかに成ったらどうしようもない話しだ。
 だがもう気持ちよくなっちゃってる俺の身体はもう止められない。
 頭を仰け反らせて喘ぎ声が喉の奥から溢れ出るともう嬉しくて涙が止まらない。
 なんでこんなに嬉しいのか自分でも訳が分からないが、男に可愛がってもらうのが嬉しいってこと以外理由なんかある訳が無い。
「おい何処が気持ちいいんだ、言ってみろ」と男に言われて俺は思わず「オ×ン×気持ちいい」と口から勝手に言葉が飛び出した。
「もっと気持ちよくなりたいだろう」と男が言うと、下から腰を突き上げてきた。
 するどい振動が俺の子宮を下から押し上げると俺の身体全体が震えだしてもう止まらない。
 男が俺の脇の下から手を離すと、もう自分で腰を使うのが嬉しくて仕方ない。
 これじゃあ、まるでデリヘル女と同じだと自分でも思ったが腰が勝手に動き続ける。
 繰り返し頭を仰け反らせて大声で叫ぶと、その度に奥までずしんと響くような快感が繰り返し襲ってくる。
 俺を抱きかかえていた男の手が俺の背中を押すと、俺は前のめりになって両手をついた。
 男が俺の背中に身体を押しつけるようにして重ねてきた。
 ア×ルバイブを抜くとすぐ男の物が奥まで入ってきた。
 急にまた天国に登ったような快感が俺のア×ルから頭まで突き抜けて来た。
 二本差しがこんなに気持ちいいなんて、まるで夢でも見てるような気分の中で俺は身体が激しい震えて止まらなくなった。
 俺の身体の中で、男の物二本一緒にリズムを合わせてぶつかりあう感触はもう天国を通り越すくらいの至福の快楽だ。
「気が向いたら今度事務所の方に来い」と男の言葉が耳に残ったまま俺は気が遠くなった。

17.ブルセラビデオ<< ページトップ >>19.レズビアン

人妻調教アダルトビデオ

人妻 奴隷契約 高坂保奈美
人妻調教~人妻奴隷志願~
調教されてゆく人妻 10人 快楽に溺れてゆく日常
人妻熟女被虐総集編 熟れ肉奴隷たちの虐辱
人妻奴隷全集4時間 襲いかかる悲劇、怒濤の陵辱アクメ
緊縛 8時間総集編 縄マニア
緊縛 厳選 4時間 vol.2 [DVD]
緊縛拷問、ベストコレクション 杉浦美由 長谷川あゆみ 南ゆの 星野めぐ 結城綾音