長編官能小説(女子高生強制調教)スケコマシのジョー

by七度柚希

目次

1.上野で拾った家出少女

2.強制輪姦

3.出会い系喫茶

4.夜這いプレー

5.テレクラ狂い

6.人妻痴漢地獄

7.淫乱女子高生

8.強制露出調教

9.レズ淫乱調教

10.デリヘル面接

11.レズ殺し

12.女の喜び

13.デリヘル志願

14.SM調教ビデオ

15.担保は裏ビデオ

16.ビデオチャット

17.ブルセラビデオ

18.美人局

19.レズビアン

20.カーセックス

21.恋人交換

22.強制調教

23.スキャンダル

11.レズ殺し

あらすじ
 デリヘル店に秀美を売り飛ばした帰り道、気分が悪くなって目眩がした。
 気が付いたらラブホテルのベッドの上。レズ殺しの鉄に捕まって女の悦びを身体に叩き込まれちまった。
 俺はレズで男は大嫌いだが、レズ殺しの鉄になら何度抱かれてもいいくらいに気持ちがよかった。


 しばらく裏通りをあるいている内に、なんだか頭がぼうっとしてきた。
 急に眠気がしてきて、酒を飲み過ぎて酔いが回ったような気分だ。
 さっきの秀美が調教されていた部屋のアロマランプから変な匂いがしていたのを俺は思い出した。
 あの匂いは乱交パーティーなんかでよく使う媚薬の匂いだ。
 女にだけに効く媚薬だったはずだが俺がその媚薬をうっかり吸っちまったらしい。
 部屋には他に男もいたけど、調教師も店長も平気な顔をしていた。
 俺はレズで身体は女だから俺にもあの媚薬が効くのはありそうな話しだ。
 一歩足を動かすたびに目眩がして、身体がよろけそうになってきた。
 これは不味い。
 さっき店長からもらった金を財布に入れたままで倒れて寝込んだりしたら大変なことになる。
 俺はなんとか歩き続けようとしたが、次第に気が遠くなって来てとても立っていられない。
 目眩がして倒れ込むと、誰かが側に駆け寄って「だいじょうぶか、しっかりしろ」と声をかけてきたが俺はそのまま気を失った。
 目が覚めて気が付くと天井の蛍光灯が目に入った。
 いつもの俺の部屋じゃない。
 天井の壁紙も見たことのない模様だ。
 俺はベッドの上に寝かされているのに気が付いたが側に男がいる。
 見たことのない顔で偶然通りかかって俺を助けてくれただけらしい。
 普通に背広をきたごく普通の中年男だが、背が低い割には随分と太めの身体だ。
 男が座ってる椅子に俺の服が畳んで置いてあるのが見えた。
 部屋の様子ではここはラブホテル、しかも俺は裸の上に毛布を掛けられてベッドに寝かされている。
 気分が悪くて助けただけなら、俺を裸になんかする理由がない。
 ラブホテルの部屋に男と一緒だったらこのまま済むわけがない。
 とりあえず「どうもありがとうございました」と男に言ってみたが「なにがありがとうございますなんだ」とぶっきらぼうな口調で逆に言い返えされた。
「助けて頂いてありがとうございます」と俺が下手に出て礼を言うと「助けたわけじゃないからな」と男が言うのでこれはまずいことになったと寒気がした。
「聞きたいことがあるから、答えてもらおうか」と男が低い声で脅すような口調だ。
 知ってる事を答えるだけですむなら、それで一安心だがそれだけで済みそうにない。
「あの、女とどこで知り合ったんだ」と男がまず最初に聞いた。
「あの、女ってどの女ですか」と俺は恐る恐る聞き返した。
「さっきマクドナルドで生フェラしていた女だ」と男に聞かれて俺は秀美の事を聞かれてるらしいと気が付いた。
 この男さっきマクドナルドで秀美が生フェラした相手かと思ったが、見た感じ体つきが違う。
 秀美の何が聞きたいのか、秀美のことを何処まで知っていて聞いているのか訳が分からない。
 マクドナルドで生フェラしてたのを知ってるってことは痴漢掲示板を見たからかもしれない。
 もしかして地下鉄で秀美に痴漢をしてたのもこの男かもしれないと思ったがはっきりとは思い出せない。
 適当に誤魔化してやろうと思って「地下鉄で痴漢にあってたのを見つけたんです」と答えてみた。
「嘘いうんじゃねえ、その前から知ってたんだろう、いつから知り合いなんだ」と男に追求されて俺は困ってしまった。
 俺だって偶然に秀美に話しかけられたのでナンパしただけで、秀美の事は何も知らない。
 男が俺から何を効き出したいのかさっぱり分からない。
 うっかり嘘をついたら、何をされるか分からない。
「出会い系喫茶で声かけたら、ついてきたんです本当です」と仕方なく俺は答えて男の顔色をうかがった。
「名前は何て言うんだ、知ってるんだろう」と言われて素直に答えた方がいいと思って「田中秀美です」と名前を言った。
「どうして、その田中秀美って女がその出会い系喫茶になんか来てるんだ」とまた聞かれた。
「友達に面白い店があるからって誘われたといってました」と言うと男は一応納得した顔。
「それでその女、いくらになったんだ」と男に言われてどうもまずい話しになりそうだと感づいた。
 俺がすぐには返事をしないでいると「いくらで売ったんだって聞いてるんだよ」と男が声の口調を変えてきた。
 男は俺の財布をもう見てるはず。
 秀美をデリヘルに売り飛ばしていくらもらったかは知ってるはずだ。
「40万もらいました」と俺は正直に答えた。
「他にもデリヘルに売り飛ばした女がいるだろう、えっ、誰を売り飛ばしたんだ」と言われて俺は答えに困った。
 今までデリヘルに売り飛ばした女など一杯居ていちいち覚えてなんかいない。
 それに下手に名前を教えたりすれば、この男何をしでかすか分かったものじゃない。
「秀美が初めてだ、他に紹介した女なんかいないぜ」と俺が返事をすると「嘘を付くんじゃない、他にもあの店に女を紹介したことがあるだろう」と男に怒鳴りつけられた。
 もしかしてこの男俺が以前売り飛ばした女の事を知ってるのかもしれないだとすると下手に嘘を付いたりすればかえって不味いことになる。
「もうずっと前だから覚えてない」と俺はしらをきった。
「いつも何やってるんだ」と男が話しの矛先を変えてきた。
「何もしてません」と俺が答えると「じゃあ、どうしてこんな所を歩いてるんだ」と問いつめられた。
「いつもの女に声をかけてるんだろう。家出してきた女子高生か、それとも遊びたくてうろついてる女か」と言われて俺は答えに困った。
「お前、誰に断ってそんな商売してやがるんだ」と急に男が脅すような口調で大声をだした。
「誰に断ってスケコマシなんかやってやがるんだ。レズのくせしやがってスケコマシか」
「それより俺の女にしてやる、そうすれば毎日好きなだけ遊んでくらせるぜ。お前みたいな女は、スケコマシよりデリヘルの方がお似合いだぜ。デリヘルの方がもっと稼げるしな」と男が畳みかけるように怒鳴りつけてきた。
「御免なさい、もうしません」と俺はわざと泣きそうな声で男に言ってみた。
「勝手なこと言うんじゃない、俺の女にして下さいと言うんだ」と男がまた大声で怒鳴りつけてきた。
「お前、スタイルもいいし、胸だっていい形してるじゃないか、足だって綺麗なもんだ。男だったら一目惚れするようないい女だぜ」
「見た目は男っぽくしてるけど、本当は女らしくて可愛い女だ。俺はお前に本気で惚れてるんだ。だからお前と一緒にいつも居たいんだ。お前だって俺の気持ちが分かるだろう」と今度は猫なで声で俺を口説きにかかった。
「お前みたいな上玉はデリヘルでも大人気で良い稼ぎができるぜ」と随分と言うことが調子が良い。
 脅したかと思えば、優しい言葉で口説くのは大概は質の悪い男のやり方だ。
「私レズなんです、わかってるでしょう、レズは女しか相手にしないって」と俺が仕方なく男に分かるようにと言ってみた。
 男は急に俺の身体にまたがるようにして身体を重ねてくると、「俺は、レズ殺しの鉄っていうんだ。レズの女を男狂いの身体にするのが趣味なんだぜ。今までレズ女大勢を男狂いの身体にしてやったんだ」
「レズ女には神様みたいなひとだと、感謝されてるんだ」と勝手な言い分を並べ立てた。
「俺の女にしてやるって言ってるんだ、ありがたくて涙がでるだろう」とよほど自信があるのか随分な言い方だ。
「デリヘルで稼いだ金を半分よこせば、その代わりに俺がたっぷり可愛がってやるぜ」と鉄が言うので俺はやっぱりと思った。
 どうもこの鉄、俺の紐になって俺の稼ぎを横取りするつもりらしい。
 だいたい俺はレズなんだ、レズの俺の紐になろうなんてまともな男の言い出す事じゃない。
「いい加減にしやがれ」と俺が思わずタメ口を叩いて起きあがろうとしたが身体が動かない。
 デリヘル店で嗅がされたアロマランプの媚薬がまだ効いてるらしい。
 頭ははっきりとして意識はあるのに、首から下が動かそうとしても動かない。
「じゃあ、始めるか」と鉄が言うと服を脱ぎ始めた。
 背が低い割には太った鉄の身体は、肉がお腹にぷっくりとついて前に突き出してる。
 丸裸になると見たくも無い物が目に入って俺は目をそらせた。
 鉄は鞄から肌色の下着を取りだして、被るようにして着始めた。
 すっぽり被って突っ張った生地を直すと、鉄の奴女性用のオールインワンの下着を着てやがる。
 今度は鞄から大きなシリコンのパッドを取り出すと胸に押し込んで位置を直した。
 オールインワンのブラカップの下で盛り上がったパッドは、まるでFカップはあるくらいの巨乳だ。
 その上に白いスリップをすっぽり被ると、今度はカツラを着けて化粧を始めた。
 どう見ても気味が悪い顔付きは、色気のない中年女に見えないこともない。
 レズのタチだと言われたらそんな感じもしないではない男勝りの女みたいな顔だ。
 鉄は口の中になにか放り込むと何度か口で噛んでるがチューインガムらしい。
 一通り女装もすんだらしく、鉄は俺の身体に被さっていた毛布をはぎ取った。
 俺は自分が下着も脱がされて真っ裸にされてるのに気が付いて寒気がしてきた。
 鉄が俺の身体の上にのし掛かるとゆっくりと大きな胸を押しつけてきた。
 シリコンの胸だとは分かっているが、下着のスリップのこすれる感触がくすぐったくて妙に気持ちが良い。
 男の下着と違って女の下着は肌触りがいいから一度感触を味わうと癖になる。
 鉄が胸を押しつけたままゆっくりと身体をこすりつけて来ると俺の胸と押し合ってレズプレーそのままだ。
 どうもこれはまずい事になりそうだと思って俺は凍えたように身体が縮こまった。
 鉄が俺の顔を真上に向けさせると、唇を重ねてきた。
 イチゴの香りが俺の鼻先に突き刺さるように届いてきた。
 鉄の奴イチゴ味のチューインガムを口に入れてやがる。
 舌先を絡ませながら鉄の指先が俺の脇腹をくすぐるように撫で回してきた。
 軽く指先を震わせて軽く触ったり離したりを繰り返すテクニックだ。
 わざと感じない所を触りながら少しづつ感じる所に指先を近づけてまたすぐ遠ざけるのは俺がいつもやってるやり方だ。
 鉄のやつレズが使うテクニックで俺を責めてきやがる。
 その上鉄が身体を動かすたびにスリップのさらさらする感触が俺のお腹の上に触れて来て妙に心地よい。
 これじゃあ、まるでレズ同士のプレーそのままだ。
 これはまずいことになったと俺は冷や汗をかいてきた。
 鉄の指先はしだいに俺の感じるところを探り当てて、巧みに軽いタッチで責めてくる。
 俺の身体は勝手に反応して、ぴくぴくと震えて来やがった。
 男が相手なら絶対に感じるはずのない身体だと自分では思っていても、レズに責められてると思うと感じてしまうのが自分でも情けなくなる。
 俺が体を捩りはじめると鉄はもう頃合いだと思ったのか、俺の足元に座ると俺の両足首をつかんで広げさせた。
 鉄の顔が俺の花園に近づくと、俺の腿の内側に鉄の舌先が触れてきた。
 思わず俺が足を震わせて体を仰け反らせると、鉄の奴を広げた腿の左右に舌先を使い始めた。
 舌の使い方も俺がいつもやってるみたいに舌先を軽く震わせて触れたり離したりを繰り返すレズのテクニックだ。
 これじゃあ俺の体はもうとても堪らない。
 腿が震え出すと自分でも花園が熱く濡れてきたのが分かった。
 鉄の舌先が不意に花園に触れてくるともう俺はとても我慢できなくて息を吐き出しながら涙がこぼれてきた。
 鉄はオールインワンの下着の股のクロッチを外して、熱い鉄柱を俺に押しつけてきた。
 オールインワンを着たままの鉄の体は、まるでレズがペニバンを使ってるのとまるでそっくりだ。
 先端をわざと花園を押し広げるようにして廻しながら軽く触れてくるのはレズがペニバンを使う時のテクニックそのままだ。
 俺は何度も体を捩ろうとしたが、鉄のでかいFカップの胸が上からのし掛かってきて動けない。
「さっさと入れろ、入れたいんだろう」と俺が鉄に吐き出すよう言うと鉄の奴「入れて下さいとお願いするんだな」と冷たい口調で返した。
 俺はここまでやったらさっさと終わらせて欲しいと思って「お願い入れて」と鉄に懇願した。
「お前自分から入れて下さいって言ったんだ、よく覚えておけよ」と鉄は半分笑いながら俺の花園に熱い鉄柱の先端を軽くまた押し当ててきた。
 花園がもう熱くて濡れ濡れになってるのを確かめると鉄は腰を使って少しづつ奥ままで押し込んできた。
 花園がきゅんと閉まって待ち望んだ物をきつく締め付けるのが自分でも分かった。
 鉄は腰を廻しながらゆっくりとした動きで体を離すとまた軽く廻しながら押し込むのを何度も繰り返した。
 中途半端に焦らされたりするのはとても我慢しきれない。
 やるなら思い切って奥までぶち込まれたほうがよっぽどいい。
 俺が思わず「奥まで入れてくれ」と口走ると、鉄の奴「俺の女になれ、そうすれば奥まで入れてやるぞ」と俺の耳元で低い声で囁いた。
 レズの俺がこんな男の女になるなんてとんでもない話しだ。
「馬鹿にするんじゃねえ」と俺が鉄に言い返すと鉄はまたゆっくりと腰を使い始めた。
 何度も繰り返す鉄の動きは、次第に俺の体を女の喜びに登り詰めるまでに舞い上がらせて行った。
「お前は本当はレズなんかじゃない、本当の女の喜びを知らないだけだ」
「俺の女になれよ、そうすれば思い切り天国に行かせてやるぜ」と鉄は俺の耳元で何度もささやいた。
 俺はレズなんだ鉄の女になるなんて絶対にやなこったと俺は「いやだ」と何度も叫び続けた。
「おい、後悔するぜ、俺の女になりたかったとお前はずっと後悔する事になるんだぜ」と最後の捨て台詞を俺の耳元に吐き付けると鉄はいっきに腰の動きを激しくしてきた。
 ぐいぐいと奥まで一杯に押し込むと体ごと震わせながら、鉄は一気に力強いストロークを加速させた。
 俺の体の子宮の奥から火山が噴火したような熱い溶岩が吹き上がると体中に雷が落ちたような電流が走った。
 これが本当の女の喜びなんだ、俺がいままで一度も経験したことのない女の快楽の絶頂なんだと俺は思い知らされた。
 最後の一撃を食らって俺は、天国の上まで空高く舞い上がると、今度は深い谷底に果てしなく墜ちていった。
 俺が鉄の体にしがみついて震え続けると、鉄は満足そうな顔で俺の顔を見つめた。
「今度また俺に抱かれたいと思ったら、下着は女物をつけてこいよ。黒のレース模様のスケスケのパンティーとブラジャーだ、分かったな」と鉄が言う声が聞こえた後俺は気が遠くなった。


10.デリヘル面接<< ページトップ >>12.女の喜び

人妻調教アダルトビデオ

人妻 奴隷契約 高坂保奈美
人妻調教~人妻奴隷志願~
調教されてゆく人妻 10人 快楽に溺れてゆく日常
人妻熟女被虐総集編 熟れ肉奴隷たちの虐辱
人妻奴隷全集4時間 襲いかかる悲劇、怒濤の陵辱アクメ
緊縛 8時間総集編 縄マニア
緊縛 厳選 4時間 vol.2 [DVD]
緊縛拷問、ベストコレクション 杉浦美由 長谷川あゆみ 南ゆの 星野めぐ 結城綾音