長編官能小説(女子高生強制調教)スケコマシのジョー

by七度柚希

目次

1.上野で拾った家出少女

2.強制輪姦

3.出会い系喫茶

4.夜這いプレー

5.テレクラ狂い

6.人妻痴漢地獄

7.淫乱女子高生

8.強制露出調教

9.レズ淫乱調教

10.デリヘル面接

11.レズ殺し

12.女の喜び

13.デリヘル志願

14.SM調教ビデオ

15.担保は裏ビデオ

16.ビデオチャット

17.ブルセラビデオ

18.美人局

19.レズビアン

20.カーセックス

21.恋人交換

22.強制調教

23.スキャンダル

22.強制調教

あらすじ
 芳恵に密告されて俺が隠れているラブホテルに有紀の母親が踏み込んできた。レズ殺しの鉄に責められて俺は有紀の居場所を教えた。
 レズ殺しの鉄に可愛がってもらって俺は嬉しかったが、隣の部屋には芳恵が縛られてた。
 俺はレズ殺しの鉄が芳恵を調教してる隙に逃げ出してアパートに戻った。


 ラブホテルの入り口前の門を出ると、ちょうど黒塗りの車が入ってきた。
 急ブレーキを掛けて車が目の前で止まると、運転手が前につんのめりそうになってる。
 芳恵が客の車で迎えに来たと思って、車の近くに歩み寄るとドアがあいて女が出てきた。
 随分と派手な服装だが、こちらを向いた顔はかなり年を食っているババアだ。
 俺はどっかで見た顔だと思って思い出そうとしたがすぐに誰だか気が付いた。
 こともあろうに有紀の母親だ。
 こんな所で有紀の母親に偶然出くわすわけはない。
 てことはもう俺の居場所が誰かにたれこまれてるってことだ。
 振り返って後ろを見ると、入り口の門の陰にはもう男が二人待ち構えている。
 車が入ってきた門の向こうにももう一台別の車が見える。
 男が二人づつ前と後の車から飛び出だすと、一斉に俺めがけて駆け寄ってきた。
 これじゃあもう逃げられない。
 男達の顔つきを見る限りではどうも危ない世界の連中だがそれにしては服装がきちんとしてる。
 いずれにせよ下手に逆らうとどんな目に遭わされるかわからない。
 男達はすばやい身のこなしで前後から俺に近づいてきた。
 俺はてっきり車に乗せられるのだと思って自分から有紀の母親に近づいた。
 俺の後ろから急に男が飛びかかってきて俺の両腕を掴んだ。
 俺の両腕はきつく締め上げられて、腕の骨が折れそうなくらいに痛くて涙が出そうになった。
 もっと優しくしてくれと言いたいところだが、何か言って通じる相手でもなさそうだ。
 母親は俺の顔をじろっと見た後に顎をしゃくって男達に合図した。
 強引に腕を引きづられて歩かされて俺は足がもつれて転びそうになった。
 俺はラブホテルの受付に戻されるとさっきの部屋のドアの前まで連れて来れれた。
 中にはまださっきの女がいるのだろうか、それとももう従業員が連れ出したのだろうか。
 俺は心配になったが心配してもしょうがないことだ。
 どうせ途中で引っかけた女、どうなっても俺には関係ない。
 ドアが開くと部屋の奥で女のうめく声が聞こえてきた。
 部屋に入って女の前まで連れてこられると女は縛られ、頭からトラックの運転手のパンツをかぶせられたままだ。
 さっき有紀と着ている物を交換したので女が着ているのは有紀のセーラー服だ。
 有紀の母親も目の前の女は有紀だと思いこんでる様子だ。
「さあ、出してもらおうかしらね、もってる写真は全部だすのよ」と有紀の母親がゆっくりとした口調で俺に命じた。
 うっかり逆らえば男達に何をされるか分からないので俺は黙って横を向いた。
「痛い目には遭いたくないでしょう」
「もちろん、痛いだけで済む訳じゃないけど」
「まあ、どうなるかはよく知ってるでしょうけどね。死にたくはないでしょう」とわざと俺をからかうように脅してきた。
 もちろん痛い目に遭うのはまったくもって遠慮したいし死ぬのはまっぴらだ。だが何を出せばいいのかが分からない。
 思い当たると事と言えば俺がいいネタがあるといってヨシちゃんに電話したことくらいだ。
 あの時の芸能人だか評論家の話は金になりそうだと思ってヨシちゃんに言って見ただけのことだ。
 ヨシちゃんが上手く、ネタを売り込む先を探してくれたら儲け物。
 だがヨシちゃんは俺をたれ込んだほうが手っ取り早く金になると思ったかもしれない。 だとすると何で有紀の母親が出てくるのか話しが合わない。
 他の写真だとすれば有紀と有紀の母親が写ってる写真の事なんだろう。
 考えても分からないが俺が携帯のカメラで撮った写真だったら今ここで俺の携帯を渡せばそれで済む。
 俺はひとまずズボンのポケットから携帯をだして写真の一覧を見せて、持ってる写真はこれで全部だと言ってみた。
 男の一人が腕を伸ばして俺の携帯を受け取ると、有紀の母親が写真をたしかめ始めた。
 一通り全部見た後に「他にもまだ写真があるはずでしょう。隠すと為にならないわよと言いだした。
 俺がヨシちゃんに売り込もうとした写真は全部ケータイに入ってるはず。
 他の写真となるといったいどの写真の事なのか俺にはさっぱり分からない。
「あんたが素直に白状しないなら、有紀に痛い目にあってもらうしか無いわね」と有紀の母親が言い出した。
 確かに目の前でベッドに縛られてる女は、有紀のセーラー服を着ていて体つきもちょうど同じくらいだが全然別の女だ。
 こんな女を責めたところで写真の在処など白状するわけもないし、だいたい母親が自分の娘を痛い目に遭わせるなんてのも訳の分からない話しだ。
 男がケータイでどこかに連絡すると、しばらくしてドアを開けて男が入ってきた。
 変な飾りが付いた黒い皮の覆面をしてる男はSMの調教師らしい。
 ずんぐりとした身体にぴったしと張り付いたような黒い皮の衣装は見た目にも気味が悪い。
 調教師は大きな鞄から鞭を何本か取りだして、女の目の前でぴしゃりと風音を立ててしならせた。
 まずは鞭の音だけで女を脅かして、震え上がらせようと言う魂胆だ。
 調教師の思惑通りに女は身体をガクガクと震わせて声もでない。
 縮こまったように身体を引きつらせると、半分開いた口からは涎が止まらなくなってやがる。
「写真のあり場所を言わないなら、痛い目にあってもらうって事よ。分かってるわね」と有紀の母親が女を怒鳴りつけたが女は怖くて震え上がって返事もできない。
 有紀の母親が顎でしゃくって合図をすると、調教師の鞭が鋭い音をたてて女の腿に叩きつけられた。
 最初は手始めに軽く叩きつけるだけだが、女の身体はそれでも鞭の音がするたびに引きつってる。
 強弱を付けながら何度も繰り返し責め続けると、女は涙が枯れたらしくてもう声もでない。
「写真が何処にあるか、白状すればいいのよ、痛い目には遭いたくないでしょう」と母親が猫撫で声で女の耳元で囁いたが、女は頭を振るだけで返事もできない。
 調教師はそろそろ頃合いと思ったのか、思い切り鞭を大きく振り上げて渾身の一撃を打ち下ろした。
「うぎゃー」と声にならない叫び声を聞いて有紀の母親は顔色が曇った。
 さすがに自分の娘を痛い目に遭わせると言うのは気が引けるらしい。
 有紀の母親が調教師に何か耳打ちした。
 調教師が今度は俺に鞭を渡すと、女をこの鞭で叩けと言いだした。
 俺に叩かせれば、俺がすぐにでも白状すると思ったらしい。
 どうせ途中で拾った女だ。
 こんな女がどうなろうと俺の知ったことじゃない。
 俺は調教師に渡された鞭で女を叩き始めたが叩き方が下手だったらしい。
「何すんのよ」と女が今度は大声で怒鳴り声を上げた。
 俺は打ち所が悪かったととっさに気づいたけどもう遅い。
 それにこの女本気で怖がってるんじゃなくて、プレーのつもりで遊んでやがったんだ。
 有紀の母親は女の声を聞いてすぐにこの女が自分の娘だじゃないと気が付いたらしい。
 調教師の男が俺から鞭を取り上げると、女の頭に被ったパンツを脱がした。
 派手な化粧で不細工な顔は一目で有紀じゃないとすぐ分かる。
 有紀の母親が慌てて、女に駆け寄ると顔を確かめてる。
 女の着ているセーラー服は確かに有紀の着ていた服だし体つきも似てるが、有紀じゃないってのはどう見たって分かる。
 有紀の母親が女の髪の毛を引っ張って「どうゆうことよ」と問いつめたが、女が答えるはずもない。
 腹立ち紛れに有紀の母親が女の頬を往復ビンタで叩きつけると女の顔が歪んだがどうみても感じて行っちゃってる顔だ
 有紀の母親が調教師の顔を見上げたとき、俺は有紀の母親の足元に鞭が転がってるのが目に入った。
 鋭く先のとがった鞭はうっかり触れば怪我をしそうだ。
 こいつはちょうどいいと俺はすばやく屈み込んで、有紀の母親の身体を押しのけると鞭を拾い上げた。
 鋭い鞭の先を有紀の母親の頬に突きつけて「おい、しずかにしろ」と怒鳴りつけてやると有紀の母親の顔色が変わった。
 こうなったらもう立場は逆転して今度は俺が怒鳴りつけてやる番だ。
「大人しくしないと、痛い目に遭わせてやるぜ」と俺が大声を出すと有紀の母親は身体を引きつらせて俺を睨みつけた。
 俺の周りを取り囲んだ男達も一瞬動きが止まった。
 逃げ出すなら今しかない。
 俺は有紀の母親の手を引っ張ってねじり上げようと捻って力を入れた。
 有紀の母親は俺の手を振り解こうとしたが、俺は力を込めて逃がさないように押さえつけた。
 調教師の男が急に「おい、俺を忘れたのか」と覆面を取りながら、落ち着いた口調で俺に声を掛けてきた。
 聞き覚えのある声に俺は男の顔を見上げた。
 覆面を取った顔は忘れもしないあの「レズ殺しの鉄」だ。
 なにがどうなってるのか分からないが、レズ殺しの鉄は最初から有紀の母親とグルだったらしい。
「俺の言うことを聞けば、俺の女にしてやるぜ。お前だってその方が良いだろう」と言いながら鉄が一歩俺に近づいた。
 男らしく堅い筋肉がついて、そのうえ無駄な肉でふくれあがった鉄の身体は、気持ち悪くて寒気がする。
 鉄は腕を伸ばすと「その身体俺のことが忘れられないはずだぜ」と言いながら鉄の指先が俺の脇腹を撫で上げてきた。
 俺の身体にいきなり電流が流し込まれたように痺れると鉄に上からのし掛かられた時の感触がよみがえってきた。
 あの身体が俺の中に入って奥まで届いてくる快感は一度味わったらとても忘れられない。
 体中が一気に熱くなるともう駄目だ。
 鉄の腕が上下に動いて俺の脇腹をくすぐりながら撫で続けると俺はもうとて鉄には逆らえなくなった。
「俺の女にしてやるってあのとき言っただろう、なんであのときハイと言わなかったんだ」
「今からでも遅くないんだぜ、有紀の居所を白状すれば俺の女にしてやる」と言いながら鉄が俺に顔を近づけてきた。
 鉄の粗い男の肌が目の前に見えて、俺は目をつぶった。
 舌先の感触が俺の体中を捕らえると俺は頭の中が吹き飛ばされて空っぽになった。
 口の中で鉄の舌が俺の歯茎を探りながらねっとりと動くと俺は身体の力が抜けてもう動け無い。
 鉄が口を離すと「どうだ、有紀の居場所を教える気になったか」と俺の耳元で囁いた。
 俺が微かに頷いて返事をすると鉄は「お前はいい女だぜ」と言いながらもう一度俺の脇腹を撫で上げた。
 俺は思わず涙がこみ上げてきたが、有紀の母親が鋭い目つきで俺を睨みつけているのに気が付いて目をそらせた。
 俺は有紀を預けた男に携帯で電話をして「これから車で有紀を迎えに行かせる」と話しを付けた。
 写真も全部渡したし有紀の居場所も教えたのでもう俺には用はないらしい。
 男達は女を連れて母親と一緒に出てすぐに部屋から出て行った。
 部屋に鉄と二人だけになると、俺はもう堪らなくなって鉄に抱きついた。
 これで俺は鉄の女にしてもらえるんだと思うと、体中がかっと熱くなった。
 鉄の腕が俺の身体を包み込むようにして抱きかかえながら、ねじり上げるように締め付けてきた。
 俺が鉄の口に唇を重ねようとすると、鉄はわざと顔をそらせて俺の耳の裏側を責めてきた。
 くすぐったいような心地よい感触が俺の体中を包み込むと俺は鉄に自分の身体を何度もこすり付けた。
 鉄はしばらく俺を撫で回したあと「面白い所に連れてってやる」と言い出した。
 鉄の話しでは、ちょっと面白い趣向のラブホテルがこの近くにあるらしい。
 そこで朝まで一晩可愛がってもらえるってことなので願ってもない話しだ。
「俺の言うことは何でも聞いてもらうからな、言われたことは何でもしますと約束すれば連れてってやる」と鉄に言われて、どんなプレーをするのか気持ちがくらくらしてきた。
 もちろん返事は「何でも言うこと聞きますから、連れ行って下さい。お願いします」と甘えた声で答えるのがお約束だ。
 鉄と一緒にラブホテルの部屋を出て車に乗ると、裏通りをしばらく走り始めた。
 曲がりくねった道をもどって大通りにはいると「お前は、まだ本当の女の喜びを知らないだろう」と鉄が車の運転を続けながら話しかけてきた。
「女に生まれてきて本当によかったと、そう心底思うのが本当の女の喜びなんだぜ」
「だが女は自分一人じゃその女の喜びを見つけられない」
「男に教えてもらうしかないんだ、それが女の性ってものなんだ」とまるでお説教でもするみたいに鉄に教えられて、俺は何度もうなづいて確かにその通りだと思った。
「これが本当の女の喜びだと思っても、それより何倍もすごい喜びを感じるのが女の身体なんだ」
「それを何度も何度も繰り返すのが、本当の女の喜びなんだぜ」と鉄に言われると鉄の方が俺よりも女の身体のことをよっぽどよく知っている気がしてきた。
 角を曲がるとすこし先に大きな城のようなレンガ造りの建物が見えてきた。
 ずいぶんと大きな建物の入り口はしゃれた造りになっていて、まるで古いヨーロッパのお城みたいだ。
 受付のホールの前も大広間になっていて、ショーが出来るくらいの舞台も付いてる。
 廊下に飾ってある大きな絵には縛られた女の姿が見える。
 ずいぶんと大がかりな造りのラブホテルだが、SM専門のラブホテルらしい。
 レズ殺しの鉄はもともとSMの調教師なんだから、この手のラブホテルの常連だってのはもっともな話しだ。
 廊下を奥に進むと、鉄が大きなドアを開けて俺を部屋の中に入れた。
 部屋の中は四方の壁がレンガで囲まれていてベッドには鉄の鎖が付いている。
 一目でSM用の調教部屋だと分かる部屋の造りを見て、俺は思わず足がすくんだ。
 鉄の奴いったい俺をどうするつもりなんだろう、女の喜びを教えてやるなんて調子の良いこといいやがって、やることは調教ってことらしい。
 だからさっき「何でも言うこと聞きます」と俺に言わせたんだ。
 だが鉄のやることだ、普通の調教なんかじゃなくて女の喜びを教えてくれる特別な調教に違いない。
 部屋の中央まで進むと、左側の壁が大きな鏡になっていて俺と鉄の姿が映った。
 なるほど調教されてるのを自分で見れば、それだけ興奮して快感もますって仕掛けらしい。
 部屋の壁には大きな十字架の木枠が取り付けてあり、部屋の中央には木馬の形をした変な道具も置いてある。
 鉄は俺を木馬の前に座らせると、戸棚から赤いロープ取りだして器用に俺の足を縛り始めた。
 鉄が俺のズボンを膝まで脱がすと、黒いレース模様のパンティーを見て鉄が薄笑いを浮かべた。
 俺は鉄が喜んでくれているとんだと思って、嬉しくなった。
 鉄に会いたい一心でレズの俺が女物の黒いレース模様のお色気パンティーを履いてるんだ。
 こうして鉄に見て貰えるなんて、本当に夢がかなって嬉しくて涙が出そうだ。
 鉄は俺を木馬を背にしてM字開脚のポーズで縛り上げると、今度は戸棚から鞭を取りだした。
「俺の命令にはなんでも従うんだ、一言でもさからったらお仕置きだ」と怖い口調で俺を脅しながら鉄は鞭を打ち付けてきた。
 プレー用の鞭は先が柔らかく成っていて、叩かれても見た目ほどには痛くはない。
 スケコマシなんかやってると売り飛ばした女が調教される場面にはよく出くわすが、自分が調教されちまうなんて今まで考えたこともなかった。
 実際にやられてみると、なんだかぞくぞくしちゃう気分でそんなに悪いもんじゃない。
 叩かれるのが気持ちいいんじゃなくて、もう自分はこの男にはに逆らえないんだと、自分で自分に言い聞かせるのが快感なんだと体験してみて初めて分かった。
 自分が惨めだと思えば思うほど気持ちよくなっちゃうのが女の身体なんだ。
 一通り鞭が終わると、今度は鉄は大きなガラスの注射器を取りだしてきた。
 注射器をお湯で暖めると、俺のレース模様の黒いパンティーを膝までずらして尻をださせた。
 生ぬるくてちょうど良い暖かさのグリセリンをたっぷり詰めて俺に押し入れて来た。
 お腹がいっぱいになるまで注入すると、鉄は満足そうな顔で俺の顔を見つめてる。
 苦しくて俺の顔が歪んでるのを見てるのが楽しいらしい。
 しばらく俺の様子を眺めて確かめたあと、鉄は俺を置いたまま部屋を出て行ってしまった。
 目の前の鏡には俺が足を拡げて、顔を歪めて額に脂汗をかいてる姿が映ってる。
 俺はそのまま鏡を見ながら、鉄が戻ってくるのを待ったがすぐには来る気配がない。
 このままいつまで我慢していれば良いんだろうと思っているとだんだん腹具合がつらくなってきた。
 鏡の中の自分の顔が苦しくて歪んでくるのを見てなんだか変な気がした。
 もしかしてこの鏡、あの出会い系喫茶店みたいにマジックミラーなのかもしれない。
 鏡の裏側で客の男達が見物してるってのもありそうな話しだ。
 俺は耳を澄ませて部屋の様子を確かめてみたが、確かに鏡の向こうから怒鳴るような声が聞こえてくる。
 俺は縛られたまま身体をすこしづつずらして、壁際まで行って頭で部屋の照明スイッチを押してみた。
 スイッチは一杯ついていてどれがどれだか分からないが何度か試しにやってみると、部屋が暗くなった。
 半分薄暗くなった部屋から鏡をもう一度よく見ると、鏡の向こうには隣の部屋が薄暗く見えた。
 やっぱりこの部屋の壁の鏡はマジックミラーだったらしい。
 マジックミラーの向こうの部屋の床で縛られてるのはあの芳恵だ。
 芳恵がここに居るって事は、さっき俺が芳恵に携帯で電話したとき、芳恵がこのラブホテルにいたってことだ。
 ってことは芳恵がさっきまで付き合ってた男はレズ殺しの鉄ってことになる。
 なんで気が付かなかったんだろうと、俺は自分の馬鹿さ加減に呆れてきた。
 鉄が被ってる黒い皮の覆面をみて、俺は大変なことに気が付いた。
 このレズ殺しの鉄はあのデリヘル店で淫乱女子高生の秀美を調教してた調教師と同じ男に違いない。
 だとすると、あのとき帰り際に気分が悪くなって、レズ殺しの鉄に助けてもらったのも最初から筋書きが出来てたってことになる。
 俺がデリへル店の事務所を出た後からあのレズ殺しの鉄が俺をラブホテルに連れ込もうと隙をうかがってたってことだ。
 それに芳恵が見てる前で、あのアダルトビデオ会社の女社長を調教したのもこのレズ殺しの鉄だ。
 芳恵の奴あの女社長みたいに調教してもらいたくて、俺を売り飛ばしたってことだ。
 あのときは女社長が調教されるのを見ていて怖くて震えてたくせしやがって、芳恵のやつとんでもないあばずれだ。
 芳恵の奴さっきから俺が鉄に調教されるのをこのマジックミラー越しに見てたに違いない。
 俺は腹がたつらやら情けないやらで涙がでてきた。
 調教師の男が芳恵を鎖で繋いで、滑車を廻して上に釣り上げるのが見えた。
 さすがにSMプレー用のラブホテルだけ遭って、随分と大がかりな仕掛けだ。
 芳恵が四つんばいになった格好で釣り上げられると、急に裏手のカーテンが開いた。
 普通のカーテンだとばかり思ってたが、紗の透けたカーテンらしくてその奥が広くなってる。
 変だと思って見てると、奥は客席になってるらしくて客の男らしい人影が見える。
 さっきから紗のカーテン越しにずっと見物してたらしくて、客の中にはカップルらしい女の姿もある。
 男の何人かがいきなり服を脱ぎ捨てると裸になって、芳恵が吊された周囲を取り囲んだ。
 もうすでに大きくなった物は薄暗い明かりの中で不気味に上を向いてそそり立ってる。
 調教師が何か叫ぶと、芳恵の身体は前と後ろから串刺しにされるように貫かれた。
 喉の奥いっぱいに押し込まれて、後ろからはずっしりとした男の持ち物がぶち込まれてる。
 声に成らない声を喉の奥から漏らすと、芳恵は身体を震わせながら必死で快感に耐えてる。
 あの焼き鳥プレーをすぐ目の前で見せつけられて俺は目眩がして目の前がくらくらしてきた。
 芳恵は焼き鳥にされても奴嫌がるどころか気持ちよくて死んじゃいそうだと見ていても分かる。
 縛られたまま身体を震わせて泣きじゃくる芳恵を見ていて俺はとんでもないことに気が付いた。
 次は俺の番だ。
 芳恵が済んだ後はこの俺が今目の前で見てるのと同じ焼き鳥にされちまうに違いない。
 これはまったくとんでもないことになっちまう。
 いくら芳恵が焼き鳥にされて気持ちいいからって、俺は焼き鳥なんか大嫌いだ。
 これはなんとかこの場から逃げ出すしかない。
 俺はなんとか縄を解くと、慌ててトイレに駆け込んだ。
 用を済ますとやっと身体が楽になったが、こんな所にゆっくりなんかしてられない。
 急いで部屋をでると、ラブホテルの玄関を出て必死で駆けだした。
 近所にある他のラブホテルの前まで逃げてくると、ちょうどタクシーが空車で出てくる所だ。
 俺はタクシーに乗ってなんとかアパートまで逃げて帰った。
 台所で一息水を飲むと急に疲れが出てきて、とても立っては居られない。
 今にも倒れそうになりながら布団に潜り込むと、目眩がしてきてすぐに意識がなくなった。

21.恋人交換<< ページトップ >>23.スキャンダル

人妻調教アダルトビデオ

人妻 奴隷契約 高坂保奈美
人妻調教~人妻奴隷志願~
調教されてゆく人妻 10人 快楽に溺れてゆく日常
人妻熟女被虐総集編 熟れ肉奴隷たちの虐辱
人妻奴隷全集4時間 襲いかかる悲劇、怒濤の陵辱アクメ
緊縛 8時間総集編 縄マニア
緊縛 厳選 4時間 vol.2 [DVD]
緊縛拷問、ベストコレクション 杉浦美由 長谷川あゆみ 南ゆの 星野めぐ 結城綾音