長編官能小説(女子高生強制調教)スケコマシのジョー

by七度柚希

目次

1.上野で拾った家出少女

2.強制輪姦

3.出会い系喫茶

4.夜這いプレー

5.テレクラ狂い

6.人妻痴漢地獄

7.淫乱女子高生

8.強制露出調教

9.レズ淫乱調教

10.デリヘル面接

11.レズ殺し

12.女の喜び

13.デリヘル志願

14.SM調教ビデオ

15.担保は裏ビデオ

16.ビデオチャット

17.ブルセラビデオ

18.美人局

19.レズビアン

20.カーセックス

21.恋人交換

22.強制調教

23.スキャンダル

2.強制輪姦

あらすじ
 ヨシちゃんに頼んでいつもの手口で有紀を騙して輪姦させた。
 有紀は根性が座ったせいかデリヘルで働くのを承諾した。
 デリヘルの面接を受けさせたが、生フェラが下手で断られちまった。


 翌日昼過ぎに俺は有紀を原宿に連れていくことにした。
 地方から出てきたばかりの中学生にとっては原宿は夢みたいな場所。
 山の手線の電車を降りてホームに立つと、周りに原宿に買い物に来た女の子で一杯だ。
 竹下通りを二人で歩くと有紀は見る物がなんでも珍しいらしくて店のショーウィンドーを見たり、通り過ぎる女の子の服を見たりと顔色がすっかり明るくなった。
 竹下通りを通り抜けて大通りに出るとあらかじめ話しを付けておいたヨシちゃんがいつもの場所で待っていたので俺は目で合図をした。
 ヨシちゃんが「すみません、タレント事務所の者なんですけど」と有紀に話し掛けてきた。
 有紀はちょっとびっくりした顔をしたが、渡された名刺を見て顔がほころんだ。
「ちょっと話しきいてもらえませんか、是非スカウトさせて頂きたくて」とヨシちゃんが話しを向けた。
 芸能プロダクションの名刺を見たら女の子だったら誰だって喜ぶ。
 田舎からでて来て行く場所もない女の子だったらなおさらだ。
「最初はグラビアアイドルなんかどうでしょうかね、きっと人気出ますよ」とヨシちゃんがいつもの出任せを並べた。
 いきなりグラビアアイドルなんて言葉を聞いて、有紀は目の玉が飛び出しそうに驚いてる。
「いますぐ、オーディションをしますから一緒に来て下さいね」とヨシちゃんがいつもの台詞で有紀を誘った。
 これで断る女の子はまず居ない。
 俺はわざと知らん顔で有紀を置いたまま、人混みに紛れて姿を消した。
 有紀はちらりと俺を見たがすぐにヨシちゃんに案内されて大通りに面した喫茶店に入っていった。
 もちろんタレント事務所なんてのは嘘っぱちだ。
 最初に契約書にサインさせるけど、契約書にはビデオを撮られても構いませんと同意書も書いてある。
 いちいち契約書を詳しく読む女などいないから、一度契約書にサインさせてしまえばあとはやり放題だ。
 あとはオーディションと称して女をラブホテルに連れ込んで裏ビデオを撮るのが目的だ。
 もちろん裏ビデオといっても普通のじゃない。
 シロート女を本当に輪姦しちゃう過激なやつだ。
 一度輪姦されると女というのは根性が座って何をされても平気になる。
 風俗で女を働かせるには、一度は輪姦されて酷い目に遭わせる必要があるってこと。
 逆らったり逃げだそうとしたらどんな目に遭うのかたっぷり身体に叩き込んで思い知らせるってわけだ。
 それに取りあえず裏ビデオを撮っておけばあとあと役に立つこともある。
 裏ビデオをネタに脅してデリヘルで働かせるってのも都合が良いし、それとも親から金を巻き上げるか。
 まあどっちにしろ金にはなる。
 ひとまず有紀をヨシちゃんに預けて、一人で飯をくったあと俺はアパートに戻った。
 夕方になってヨシちゃんが俺のケータイにかけてきた。
 今ちょうど有紀を輪姦してる最中だと報告してきやがった。
 有紀の悲鳴が聞こえてきて、俺は耳を塞ぎたくなった。
 輪姦されるときの女の声は男が聞けば喜ぶだろうが女が聞いたって楽しい物じゃない。
 それを知っていてヨシちゃんはわざと俺に有紀が輪姦されてる様子を携帯で聞かせてるんだ。
 ヨシちゃんから金をもらうんだから、俺もそれくらいの事は我慢しなきゃいけない。
「良い調子で声だしてるじゃないか」と俺が言うと「金は来週にでも渡すから」とやっと金の話しを切り出してきた。
 結構いい金になったので取りあえず一安心だ。
 夜遅くになって俺の部屋のドアを叩く音がした。
 注意深くドアスコープを覗いて確かめると、有紀が帰ってきたらしい。
 ドアを少しだけ開けて有紀の他に男がいないか周りを確かめてみた。
 有紀のすすり泣く声だけが聞こえて他には誰もいない。
 帰ってきたのは有紀一人だと判って俺はドアのチェーンを外してドアを開けた。
 部屋に入るといきなり有紀は俺に抱きついてきた。
 すぐに肩を震わせて大きな声で泣き出すと、涙が溢れて床にこぼれ落ちた。
 よっぽど酷い目に合わされたにちがいない。
 とりあえず輪姦された後はたっぷり優しく可愛がってやると言うのがスケコマシの基本だ。
 有紀を布団に寝かして落ち着かせた後、身体を撫で回してやるとだんだんと有紀が身体をくねらせてきた。
 輪姦された後に優しく可愛がってもらうと女の身体はそれが忘れられなくなる。
 それが付け目というもの。
 有紀のスカートを脱がして花園に顔を近づけると、ねっとりした白い液体が花園から溢れてるのが見えた。
 有紀のやつ中出し輪姦されたらしい。
 中出しはしないって約束だったがもう後の祭りだ。
 ヨシちゃんに高く売ったつもりだが、高く売れたのはそれが理由だったんだ。
 有紀が身体をよじって腰をくねらせると、花園の奥からわき上がってくるように白い液体が漏れ出てくる。
 男の香りが鼻を突くと、俺の身体は急に震えだした。
 男達に囲まれて生フェラ輪姦されたときの記憶が急に俺の頭の中いっぱいに広がるともう駄目だ。
 後ろからア×ルにぶち込まれながら、口の中に繰り返し何度も出されたときの体験がいっきによみがえってきた。
 口の中に広がるあの香りを思い出すと、もう体中の震えが止まらなくなって目の前が真っ暗になった。
「フラッシュバック」と言うんだと以前神経科の医者から聞いたことがある。
 一度体験したトラウマがちょっとしたきっかけで思い出してしまうんだ。
 俺はもうとても我慢できずに、有紀の花園に顔を近づけて舌を押し入れた。
 舌先にあの味が触れるともう頭の中が爆発したように熱くなってもうだめだ。
 必死で有紀の花園に舌をいれて男の白液を吸い出すと、俺の周りを男達が取り囲んでる幻覚が襲ってきた。
「おい、七輪にしてやれ」とドスのきいた低い男の声が俺の耳に響いてきた。
 前と後ろから男達が円を描くように回りながら、口々に汚い言葉で俺を罵り続ける。
「この、ドヘンタイ女、レズの癖に生フェラ狂いだぜ」と耳に響く声は永久に忘れられない。
 男が俺の後ろからア×ルにぶち込んでくる幻覚が蘇ってきた。
 前と後ろから男が思いきり腰を使ってぶち込んでくると胃袋の真ん中あたりで先端同士がぶつかり合うような感触だ。
 思い切り奥まで貫き通されるのがこんなに快感なんて何度味わっても忘れられない。
「焼き鳥は七輪が一番旨いんだぜ」と男の声が耳に響いた。
 ア×ルで後ろから入れながら、口の奥まで入れるのが焼き鳥で、それを大勢で回りながらやるのが七輪だとか。
 旨く名前を付ける物だと関心してる余裕などない。
 体中が震えて寒気がして凍えそうになると、急に今度は身体が燃えるように熱くなる。
 苦しくて喘ぐ声が叫び声になると、繰り返し息を吐き出して目眩がしてくる。
 もう自分が何をしてるのか何処にいるのかも判らなくなって俺はひたすら有紀の花園を舌で探り続けた。
 朝になって気が付いたとき俺は布団の中で凍えたように震えながら目を覚ました。
 有紀はもう先に起きてコーヒーを入れて俺が起きるのを待ってた。
 しばらく有紀と一緒にアパートでの仲むつまじい毎日が続いた。
 一緒に買い物にいったり、テレビを見ながらくすぐり合ったりしてると一日がすぐ過ぎてしまう。
 有紀もだんだん気が利くようになって、自分から料理を作るといいだしたり、掃除洗濯も一人前にこなすようになった。
 だがいつまでも有紀を遊ばせている訳にもいかない。
「おい、お前いつまでも只飯くってんじゃねえ、良いからだしてるんだからその体で金を稼げ」と朝起きた時わざと怖い顔で脅してみた。
 有紀は俺が急に怖い顔をしたのでなにが何だか判らない顔でしばらく俺の顔を見つめていた。
 もういちど俺が「おまえ、ここに居たいなら金稼ぐんだよ、わかってるだろう」とでかい声で怒鳴りつけてやった。
 ようやく有紀も自分の立場が少しは判ってきたらしい。
 有紀は困った顔で「何でもします、ご免なさい、お金稼ぐからここに居させて」と言って泣き出した。
 素直な態度はなかなか可愛いがここで甘い顔はしてられない。
 デリヘルで働けと言ったらすぐに二つ返事で「ジョーチンの為なら、なんでもします」と答えた。
 デリヘルがなんなのかは良くは知らないようだが、女がすぐに金を稼げるのとどんな商売かは有紀もだいたいは判っているらしい。
 さっそく俺は渋谷まで有紀を連れ出すことにした。
 地下鉄の中では、有紀が逃げ出さないようにしっかり手を握って、ずっと有紀の尻をなで続けた。
 有紀は不安で顔が強ばっていたが、尻を撫でられているので取りあえずは大人しくしてる。
 急に有紀の手が震えだしたと思うと、痴漢らしい手が有紀の身体をまさぐるのが見えた。
 痴漢に触られるのはこれが初めてらしくて有紀の身体は小刻みに震えて止まらない。
 これならうまいことデリヘルに売り込めそうだと思って、俺はわざと有紀のスカートを捲りあげた。
 すぐに痴漢の手が有紀のスカートの下からに入ってきた。
 地下鉄を降りたときは、有紀の目は虚ろに宙に浮いていてこれは都合がいいと俺は思った。
 渋谷のセンター街を登って小道に入ると、裏通りのビルにあるデリヘル店に入った。
 店長はいなかったが店長代理とかいう男がでてきて有紀に面接すると言い出した。
 デリヘルで面接と言えばもちろん生フェラをやらせるって寸法だ。
 初対面の男にもためらわずに上手に生フェラできなきゃデリヘル女は勤まらない。
 さっそく店長代理がズボンの前を開けて有紀の前に立った。
 有紀はさっき痴漢にあったばかりで半分口元が開いただらしない顔でまだ目が虚ろだ。
 店長がパンツを降ろすともう半分大きくなったものが有紀の目の前に現れた。
 まだ若い割には使い込んだようなドス黒い色は女から見たらとてもたまらない逸物だ。
 有紀は茫然とした顔で店長代理の前に立ってるだけで、すぐには何をしていいのか気が付かないらしい。
「生フェラするんだ、わかってるだろう」と店長代理に言われて有紀は顔を店長代理の腰に近づけたが一向に始めようとしない。
「おい、しゃぶるんだ、しゃぶりかたぐらい知ってるだろう」と店長代理に怒鳴られてやっと有紀が店長代理を口を近づけた。
 だが口の中にいれたはいいものの、それから先はどうしていいのか判らないらしくて一向に先に進まない。
 俺はやっとこれはまずい事をしたのに気が付いた。
 東京の女子高生だったら生フェラくらいはたいていやった事があるし、友達同士でテクニックを教え合って結構耳年増だ。
 その場でやれと言われたら、玉を口に含んで転がしたり、先端を舌先で軽く嘗めてくすぐったりと一通りはできるもの。
 口に唾をためてくちゃくちゃと音を立てたり、時折男の顔を見上げたりするというテクニックもアダルトビデオなんか見てて大抵は知ってる。
 有紀は本当にド田舎育ちらしくて、東京の女子高生だったら普通に出来ることをなにも知ないらしい。
 生フェラができないようでは、デリヘル女なんて勤まるわけがない。
 結局面接は不合格ということで追い返された。

1.上野で拾った家出少女<< ページトップ >>3.出会い系喫茶

人妻調教アダルトビデオ

人妻 奴隷契約 高坂保奈美
人妻調教~人妻奴隷志願~
調教されてゆく人妻 10人 快楽に溺れてゆく日常
人妻熟女被虐総集編 熟れ肉奴隷たちの虐辱
人妻奴隷全集4時間 襲いかかる悲劇、怒濤の陵辱アクメ
緊縛 8時間総集編 縄マニア
緊縛 厳選 4時間 vol.2 [DVD]
緊縛拷問、ベストコレクション 杉浦美由 長谷川あゆみ 南ゆの 星野めぐ 結城綾音