長編官能小説(女子高生強制調教)スケコマシのジョー

by七度柚希

目次

1.上野で拾った家出少女

2.強制輪姦

3.出会い系喫茶

4.夜這いプレー

5.テレクラ狂い

6.人妻痴漢地獄

7.淫乱女子高生

8.強制露出調教

9.レズ淫乱調教

10.デリヘル面接

11.レズ殺し

12.女の喜び

13.デリヘル志願

14.SM調教ビデオ

15.担保は裏ビデオ

16.ビデオチャット

17.ブルセラビデオ

18.美人局

19.レズビアン

20.カーセックス

21.恋人交換

22.強制調教

23.スキャンダル

10.デリヘル面接

あらすじ
 デリヘル店で店長に面接を受けた秀美だが女子校生にしては生フェラが上手すぎると疑われた。
 SMの調教師が秀美を鞭で打ちながら尋問したが、秀美はよっぽどの淫乱女らしい。
 あれこれ聞かれた後にやっと秀美がデリヘル店に売れて俺はいい金になったと一安心だ。


 しばらく歩いて俺は裏通りにあるデリヘル店の事務所に秀美を連れて行った。
 狭いエレベーターを登っていくと秀美の奴不安そうな顔。
 初めてデリヘル店の面接を受けるなら落ち着いた気分ではいられないのは当たり前だ。
 ドアを開けて事務所に入ると、奥から店長が出てきた。
 俺は秀美を店長の前に押し出すと「いい女見つけたぜ」と軽い口調で話しかけた。
 店長は一目秀美を見ると足の下から頭のてっぺんまで視線動かした。
 たったいまトイレで生フェラしてきたばかりの秀美の顔はどう見てもドスケベ女そのままだ。
 何度か頷いた後、店長は俺の顔を見て軽く頷いて合図した。
 取りあえず見た目は合格ということなので後は面接だ。
 面接といっても生フェラのテクニックを確かめるだけ。
 デリヘル女ってのは生フェラが上手でないと勤まるわけはない。
 さっそく店長がズボンを膝まで降ろした。
 派手な色のトランクスを見て、秀美はすこし戸惑った顔。
 店長が秀美に「じゃあ、口でやってもらうおか」と話しかけてきた。
 秀美もすぐに何をすればいいのか分かったらしくて店長の前に膝をついてしゃがみ込んだ。
 店長がトランクスを下げると、すぐに黒い茂みに隠れた物が目に入った。
 まだ小さい店長の物は俺から見ても可愛らしいくらいだ。
 秀美は手のひらを店長の物の下に軽くあてて、持ち上げながら揺すり始めた。
 俺はびっくりして秀美の手の動きに見とれていた。
 俺はレズだから男に生フェラなんかしたこともないし、生フェラのテクニックなんか全然分からないんだがこの秀美は普通じゃない。
 生フェラの得意な女は、普通ならすぐに舌を絡ませるもんだ。
 最初に玉から責める女なんて普通の素人女とは思えない。
 男に生フェラのテクニックを仕込まれでもしなきゃ、こんなやり方を知ってるはずはない。
 秀美が店長の玉を軽く握って転がすように動かすと、すぐに店長の物は大きくなった。
 次に秀美の手が根元を握って上下に揺するとすぐに店長の物は堅く反り返ってきた。
 よく見ていると秀美のやつ揺する手つきを毎回変えて捻ったり、震わせたりと随分と芸が細かい。
 秀美の手の動きに合わせて店長の腰が時折ひきつって震えはじめた。
 早く口の中に入れて欲しくてたまらないのが見ていても店長の顔色で分かる。
 秀美が今度は舌を使って根元から上へと嘗め上げてきた。
 時折顔を上げて店長の顔色を確かめてるが目の動きがどうも怪しい。
 ちらっと盗み見でもするように視線を頭の上に動かして一瞬だけ真剣な目つきになってる。
 男の反応を確かめながら、わざと感じてきた所で途中で止めて男を焦らすつもりらしい。
 繰り返し嘗め上げるたびに、舌の動かし方を変えて舌先を震わせたり渦をまくように動かしたりしてる。
 こんな舌の使い方をされたらいくらデリヘル店の店長でもたまったものじゃない。
 店長は秀美の舌技に我慢しきれなくて腰を前後に揺すり始めた。
 もう焦らすのは止めにしたのか、秀美が店長の先端をやっと口に含んだ。
 軽く歯を立てて噛みながら舌先を震わせると、ぴちゃぴちゃと舌が音を立てた。
 やっぱりこの秀美は普通の素人女じゃない。
 生フェラしながら舌で音を出すなんてのはAV女優でもなきゃ上手にできるはずはない。
 店長も秀美のフェラテクニックには驚いたらしく真っ赤な顔で腰が震えて止まらない。
 本当に感じてきてもうとても我慢できないくらいに店長の物はビンビンになって今すぐ爆発しそうになってやがる。
「もういいからやめろ、止めてくれ」と店長がお願いするような口調で秀美に言ったが秀美のやつ調子に乗ってすぐには止めようとしない。
 店長が慌てた顔で秀美の顔を押しのけて、後ろに下がるとズボンをはき直した。
 店長は情けないくらいに顔が真っ赤になって、しばらく腰が震えたまま動けなかった。
 秀美は床に尻をついてしゃがんだまま、口を半分あけて涎をたらしてる。
 まだしゃぶりたいらしくて店長の顔を恨めしそうに見上げてる。
 眉が上につり上がった顔は、アダルトビデオで女優が生フェラしたあとの顔そっくりだ。
 少したって落ち着いてたころテーブルの内線電話を取ると店長は誰かに「いますぐ撮影はじめられるか」と誰かに聞いてる。
 これから裏ビデオを撮るつもりらしい。
 すぐに話しがまとまったらしくて店長が電話を切った。
 店長が秀美を立ち上がらせたが秀美は足がもつれて動けない。
 そのまま秀美の腕をひっぱって歩かせると店長が奥の部屋のドアを開けた。
 ドアの向こうに待ちかまえていた男がすぐに秀美を部屋の中に連れ込んだ。
 店長が戻ってくると俺に「いいもの見せてやる」と言って机の横のモニターテレビを着けた。
 テレビには秀美が大きな焦げ茶色のソファーに座ってる姿を正面からテレビカメラで撮影した画像が映ってる。
 秀美は不安そうに部屋のあちこちに視線を向けていたがやがて男の声で「じゃあ始めます」と言うのが聞こえた。
 この裏ビデオはデリヘル面接現場という事らしくて「どうしてデリヘルで働きたいのか話してくれるかな」と男が秀美に声を掛けた。
「私毎晩男が欲しくて我慢できない身体なんです、デリヘルで働くしかないんです」と今朝方俺が言ったのと同じ言葉を秀美が答えた。
「今彼氏いるのかな」と男が聞くと「付き合ってる人はいません」と秀美が答えた。
「そう、じゃあ、最近エッチしてないんだね」と男に言われて「はい」と秀美が答えたので俺はおかしくて笑いそうになった。
 この女昨晩も今朝もやられっぱなしなのに、平気な顔して嘘をついてやがる。
 まあどうせ裏ビデオなんだから本当の事を言うはずもない。
 そのまま会話が続くと、今度はバイブを渡されて一人で遊ぶシーンになった。
 モニターテレビに映ったバイブは、撮影用の見栄えのいいやつで先端が紫色になってパールが入ってるかなり大型だ。
 男に指示をされて秀美のやつバイブを使い始めたが、どう見ても様子が変だ。
 いやがるそぶりも見せずに素直に言う通りにしてるのは普通の素人女らくしない。
 それにバイブの使い方も見ていて随分と慣れた手つきで上手過ぎる。
 普通の女子高生だったらいやがってとても出来ないはずなのに、平気な顔でバイブを奥まで入れてる。
 すっかり気持ちが良くなってバイブを出し入れする手つきは堂に入った物。
 喘ぎながら足を開いてカメラに向かって腰を突き出す仕草は上手すぎる。
 バイブを握りしめて何度も頭を仰け反らせて体を震わせるとようやくバイブのシーンの撮影は終わった様子だ。
 今度は男優との絡みのシーンらしくて秀美の左右に男が座った。
 左右から手が伸びて、秀美の胸や足を撫で回すと秀美も感じてきたらしい。
 体をくねらせて喘ぎ声を上げると、自分から足を広げてソファーの上に踵を載せた。
 男優が立ち上がると秀美の広げた足の前から腰を寄せる後ろ姿がテレビに映った。
 そのまま奥まで入ったらしくて、男優が秀美の膝を抱え上げるような姿勢で腰を捻りながら前後に揺すり始めた。
 秀美の大きな声がスピーカーから聞こえてくると、店長も満足した顔付きで俺を見た。
 俺はこれなら結構な金になると思うとようやく気分がほっとした。
 秀美が何度も絶叫を繰り返すと、もう一人の男優が体を入れ替えてまた秀美を責め始めた。
 今度の男優は腰の動かし方が激しくて、秀美はソファーから転げ墜ちそうなくらいに体を捩ってる。
 三人目の男が体を入れ替えると、秀美は体ごと震え続けて涙が止まらなくなった。
 さすがに裏ビデオの男優だけあってよっぽど腰の使い方がうまいらしい。
 秀美の顔が引きつって目が白目になっちまって見ていても気持ち悪いくらいだ。
 何度も行かされた後に涙が枯れるくらいに秀美が泣き続けると次第に声が静かになった。
 小刻みに体を震わせながら目を閉じて肩で息をしている秀美の肢体は色気があって結構可愛く見える。
 不意にモニターの画面が真っ黒に消えてようやくこれで撮影が全部済んだらしい。
 ドアが開いて奥の部屋からビデオを撮影していた男が出てくると店長と何か話してる。
 俺はすぐにでも金をもらって帰りたくて、店長と男の話が済むのを待った。
 店長はどこかに電話すると、俺の方をちらっとみただけで何も言わない。
 俺はすぐにでも金が欲しくて「いくら貰えるんだ」と店長に手のひらを差し出した。
 すると店長は「うん、ちょっと待ってくれないか」と素っ気ない口調。
「何か不満でもあるのか、デリヘルにはちょうどいい女だろう」と俺が言うと店長は「まあ、確かにそうなんだが、女子高生にしてはどうも男に慣れすぎてる」と変な言い掛かりを着けた。
「どうゆう事なんだ」と俺が聞き返すと「いや、あそこのしまりが良いんだが、締まりが良すぎるってね、相手をした男優が言うんだ」と店長が説明を始めた。
「素人の女子高生で、あんなに締まりが良いはずがないから、どっかあの女には裏があるんじゃないかってね」と店長に言われて俺もそう言えばそんな気がするとなるほどと思った。
 店長だってデリヘル女の扱いには慣れてるはず、俺が変だと思った女を見逃すはずもない。
 店長と話しを続けている時に急に裏手のドアがあいて男が入ってきた。
 俺はその男の姿をみてびっくりした。
 黒い皮のズボンにぴっちりした皮のシャツ、それに顔には骸骨のマークの入ったマスクをしてる。
 手にした黒い皮の鞄は随分と大きくて重そうな古びた造りだ。
 男は店長に軽く会釈すると、鞄を開けて中から鞭と縄を取りだした。
 どうやらこの男はSMの調教師ってやつらしい。
 秀美がこれからこの調教師に調教されると分かって俺はこれは大変なことになりそうだと思った。
 デリヘル女の面接で調教師が出てくるなんてのはこれが初めてだ。
 さすがに秀美が調教されるなんて事になったら相当大変な目に遭わされる。
 店長も俺の顔色が変わったのを見て「いや、ちょっと念のためにやってみるだけだ、あとあと面倒なことになるとやだからな」と声を掛けてきた。
 調教師は秀美がいる部屋に入るとテレビのモニターにまた秀美の姿が映った。
 秀美のすぐ目の前に調教師が歩み寄るのがテレビのモニターで見えた。
 調教師はさっそく鞭の音をびゅんびゅんと響かせて秀美の顔色を伺った。
 さすがに秀美は怯えた顔で調教師の顔を見上げてる。
「おい、なんでデリヘルなんかで働きたいんだ、ちゃんと答えろ」と秀美を問いつめると秀美は「男に毎晩可愛がってもらいたいんです、デリヘルが一番だって言われたんです」と必死で答えてる。
 調教師は秀美の答えにはまだなにか裏があっ、隠し事をしてると思ったらしい。
「嘘を付くんじゃねえ、ちゃんと答えるんだ、答えないとどんな目に遭うか分かってるのか」と言う調教師は今度は本当に秀美を鞭で叩きつけた。
「本当です、毎晩男が欲しいんです」と秀美が震えた声で答えたが、調教師は容赦しない。
「嘘だろう、本当の理由を言うんだ」と秀美を鞭を叩きつけて責め立てた。
 秀美は頑固に同じ答えを繰り返すと、調教師は苛立った声で怒鳴りつけては繰り返し秀美を鞭で打ち付けた。
 秀美の甲高い悲鳴がスピーカーから聞こえてくると、その声は次第に泣き声になり声がかすれてくると今度は小さなうめき声しか聞こえなくなった。
 この男はプロの調教師らしくて、声がでなくなるまで鞭を使うのが調教の手順らしい。
 秀美が鞭で打たれても動かなくなると、調教師は秀美を縛り上げて天井の梁からつるし上げた。
 縄の具合を何度も確かめると今度は調教師は太いガラスの注射器を取りだしてきて、宙に浮いた秀美の後から押し込んだ。
 秀美は顔を歪めて苦しそうにしていたが、その顔は眉や頬の形が変に曲がっていて快感を感じてるんだと俺にも分かった。
「おい来てみろ」と店長が俺を呼んだ。
 秀美の吊された部屋に入ってみると、調教師が俺を秀美のすぐ前まで案内した。
 部屋の中にはむっとする煙のような香りが充満してる。
 アロマランプから香ってくる香油の匂いらしい。
「見てみろ、この女調教済みだぜ」と調教師が指さした秀美のア×ルはぽっかりと大きく開いてるのが一目で判る。
「おおかた、男が欲しくてたまらない身体に調教されて、そのあとは男に捨てられたんだろう」
「だからデリヘルで働きたくてもう我慢できないんだぜ」と調教師に言われてなるほどと俺は思った。
 さすがにプロの調教師だけの事はあって目の付け方が違う。
 調教済みの女はすぐに分かるってのはたいしたもんだ。
 秀美がこんなに淫乱な理由もこれで納得できる話しだ。
 出会い系喫茶で知り合った変態男にでもア×ル調教されたに違いない。
 俺が店長の顔を伺うと店長も納得した顔だ。
 さっそく店長が金庫から金を出して俺に渡してくれた。
 数えて確かめてみるといつもよりかなり多い。
 俺は良い金になったとすっかり良い気分で事務所を出た。

9.レズ淫乱調教<< ページトップ >>11.レズ殺し

人妻調教アダルトビデオ

人妻 奴隷契約 高坂保奈美
人妻調教~人妻奴隷志願~
調教されてゆく人妻 10人 快楽に溺れてゆく日常
人妻熟女被虐総集編 熟れ肉奴隷たちの虐辱
人妻奴隷全集4時間 襲いかかる悲劇、怒濤の陵辱アクメ
緊縛 8時間総集編 縄マニア
緊縛 厳選 4時間 vol.2 [DVD]
緊縛拷問、ベストコレクション 杉浦美由 長谷川あゆみ 南ゆの 星野めぐ 結城綾音