長編官能小説(女子高生強制調教)スケコマシのジョー

by七度柚希

目次

1.上野で拾った家出少女

2.強制輪姦

3.出会い系喫茶

4.夜這いプレー

5.テレクラ狂い

6.人妻痴漢地獄

7.淫乱女子高生

8.強制露出調教

9.レズ淫乱調教

10.デリヘル面接

11.レズ殺し

12.女の喜び

13.デリヘル志願

14.SM調教ビデオ

15.担保は裏ビデオ

16.ビデオチャット

17.ブルセラビデオ

18.美人局

19.レズビアン

20.カーセックス

21.恋人交換

22.強制調教

23.スキャンダル

21.恋人交換

あらすじ
 有紀をおとりにして俺を誘い出すのが目的らしい。俺が狙われる理由は見当が付く。
 ヨシちゃんがあの評論家に俺を売り飛ばしたらしい。確かにその方が金になるはず。
 居合わせたカップルの女を有紀の身代わりにして、なんとかうまく逃げ出した。


 俺がなんとか立ち上がると俺を後ろから責めていた男は腰を抜かしたように俺の後ろで座り込んでる。
 ナイフを突きつけられたのがよっぽど怖かったらしい。
 健ちゃんは有紀の手を取って気分を落ち着かせるために撫で回してる。
 有紀の両手には手錠がはめられているが、健ちゃんがひっぱると壊れて飛び散った。
 健ちゃんがよっぽどの力持ちかと思ったが、いくらなんでも手錠がひっぱっただけで壊れる訳はない。
 プレー用のオモチャの手錠らしい。
 そう言えばさっきの血糊のついたナイフもオモチャだったのかもしれない。
 女を脅してケツを丸出しにして手錠で縛り付けるというのも随分と乱暴なプレーだ。
 こんな遊びをするというのもまともな連中のやることじゃない。
 ナイフで脅されたりすれば有紀が一億円だしてでも助けてと言い出すのはもっともな事だ。
 逃げるとき駆けだして来たせいか、有紀は息が荒くてすぐには落ち着かない。
 俺はひとまず煙草をだして有紀に一服すわせてみた。
 有紀は震えた手で煙草を取ると、何度も吸い込んでは大きく煙を吐き出した。
 だがどうも変だ。
 体の震えが止まらないが、それだけではない。
 目がどうもいつもと違う。
 効き目の強い媚薬を飲まされたなと俺は感づいた。
 普通の変態プレーにしてはやることが変だと思って俺は辺りを見回してみた。
 すこし遠くに黒い車が止まっているのが見える。
 やはり、見張られているらしい。
 プレーの最中に見張りをしてるだけなんだろうか、それとも他に目的があるんだろうか。
 いずれにせよこんな所に長居はできない。
 健ちゃんが車に乗り込むと、俺は後ろの席に有紀を押し込んだ。
 俺たちの乗った車は動き出すと、峠を登っていく。
 さっきの黒い車がすこし離れて後から付いてくるのが分かった。
 俺たちの車を追いかけてるのには間違い無さそう。
 さっきからカタカタと音がしてるが、車の音にしては変だ。
 有紀の膝に手を載せてみると、有紀の足が震えて靴の踵がさっきからカタカタとなってたらしい。
 俺は有紀のスカートの下に手を入れて見た。
 パンティーは履いてないが、花園が濡れてまるでお漏らしでもしたよう。
 よっぽど興奮してるらしいが、このままにしておく訳にもいかない。
 俺が有紀の花園に指お押し当てて撫で上げると、少しだけ有紀の膝の震えが収まった。 俺は有紀の胸に手をあてがいながら、有紀の唇を吸ってやると口の中に男の味がする。
 ここに連れてこられる前に、たっぷりと可愛がられたらしい。
 俺が有紀の舌を吸い込むようにして口を重ねると、有紀も俺の口を吸ってきた。
 しばらく有紀の身体を撫で回していると、ようやく有紀の身体の震えも少しづつ収まってきた。
 健ちゃんはバックミラーで何度も後ろを見ながら運転を続けてる。
 後ろから後を付けてくる黒い車を確かめてるらしい。
 山頂上まで行くと小さな休憩所の建物があるのが見えた。
 健ちゃんは休憩所のすぐ脇の駐車場の車を止めた。
 休憩所に入ってベンチに有紀を座らせてから、俺は出入り口に戻って外の様子を確かめた。
 後から付いてきた黒い車が駐車場の入り口からすこし離れた路上に止まった。
 俺たちを見張るつもりらしくて、車から降りてくる様子はない。
 健ちゃんが休憩所の自動販売機でジュースを買って有紀に勧めたが有紀は飲もうとしなかった。
 まだ薬が効いている様子で、何度も大きく息をつくと今度は足を広げて感じる所に指を当てて押さえながら腰動かしつづけてる。
 どうも困った事になったと俺は休憩所を見回してみた。
 ちょうど背格好が有紀と同じくらいの女が一緒のカップルがすこし離れた向かいに居た。
 俺はそれ見てこれはちょうど良いと事を思いついた。
 健ちゃんに車に先に戻ってるように頼んで、俺は有紀の横に座った。
 俺は有紀の腿に手をあてがってそのカップルに見えるように足を広げさせた。
 カップルの視線が有紀のスカートの下にそれとなく向けられるのが見えた。
 しばらくしてカップルが向かいのベンチに座ると女が俺に見えるように足を広げた。
 こうなれば後は簡単だ。
 俺は有紀のスカートをめくり上げて指を使って責め立てた。
 有紀はすぐ目の前にカップルが居るのも構わずに何度も頭を仰け反らせては息を吐き出した。
 するとカップルの男も調子に乗って、女のスカートをめくり上げて指を使い始めた。
 俺は頃合いを見計らって「よかったら恋人交換しませんか、こいつ好きなんですよ恋人交換ゴッコが」と言ってみるとすぐに調子よく話しがまとまった。
「ついでに服も交換したいってこの女が言ってるんですよ、いや困ったもんで」と言ってみると男は「それなら構いませんよ」とあっさりと同意した。
「こいつもセーラー服が着たいらしくて」と言って女の胸を突っつくと女は苦笑いでもするような顔で有紀を見た。
 すぐに洗面所に行くと有紀は女と服を取り替えて出きた。
 髪型も変えてお化粧も直すと、派手なキャミソールドレスは有紀にはよく似合って別人のように見えた。
 これなら上手く行きそうだと俺はセーラー服に着替えた女を連れて外に出ようとした。
 だが男に引き留められた。
 この上の展望台でやりたいのと女が言いだしたらしい。
 下手に断って一騒動起こされてもかなわない。
 俺は「あ、いいですよ」と気軽な返事で答えた。
 ひとまず休憩所の横の階段から屋上に上がると、建物の上は展望台になっていて周りには鉄の柵がある。
 男は有紀をその鉄の柵の前に立たせると、後ろからキャミソールドレスをたくし上げた。
 有紀のセーラー服を着た女も自分から有紀の横に並んで俺が制服のスカートをめくり上げるのを待っている。
 据え膳は食わないわけにはいかない。
 とは言ってもさっきから後を付けてきた黒い車からは展望台の上が見えないのはよく確かめた。
 だがすぐ下の駐車場の隅から見上げる男が二人いる。
 俺はまずいことになったと思ったが、二人は後を付けてきた男達ではなく運送トラックの運転手のらしい。
 水色の制服を着てどこかの運送会社のマークの入った帽子を被っている。
 有紀のお尻を後ろから撫で上げていた男も、下から見上げている運送会社の男に気が付いたらしい。
 今度は有紀のキャミソールドレスの前も思い切り胸までたくし上げると、有紀の体を鉄柵に押しつけた。
 有紀の体は鉄柵から前のめりに突き出してたが、下を見ている余裕はないらしくて目をつぶったまま頭を反り返らせては大きくため息をつくだけだ。
 男が有紀の胸を押しつぶすと有紀の悲鳴が山に響いた。
 下から見上げる男達の視線が有紀の体に釘付けになった。
 俺も女の制服のスカートを腰までめくり上げて、下からよく見えるように足を拡げさせた。
 女の濡れ具合を確かめると、もうぐちょぐちょですぐにでも欲しがってるのが指先の感触で分かった。
 これならすぐにぶち込んでやった方が手間が省ける。
 俺はペニバンをまず花園の入り口に押し当てた。
 ゆっくり押し回しながら軽く触れさせただけで、女が身体を捩らせて喘ぎだした。
 そのまま真上に突き上げるように奥までぶち込んでやると女はつま先立ちをしたまま膝を震わせて泣き出しやがった。
 腰の動きを少しずつ早めたり緩めたりするたびに女は身体を捩って甲高い声で泣きわめいてやがる。
 女の声が次第にかすれてすすり泣くような泣き声になったころ、下から見上げていた運送屋の二人はいつの間にか休憩室に戻ったようだ。
 俺の隣で男が有紀から体を離すと有紀は膝からしゃがみ込みそうになった。
 俺も女から身体を離すと、女はまた大声で泣きじゃくってすぐには歩けそうにない。
 男が有紀の体を支えて階段を降りると有紀はそのまま男に抱えられて外に出ていった。
 出口のすぐ前に止めた車に歩み寄ると、男は有紀を助手席に押し込めてすぐに車を出した。
 車はすぐに駐車場から出て坂を下って行ったが、俺達の後を付けてきた車は有紀に気が付かなかったらしくてそのまま止まったままだ。
 俺は女の背中を撫で続けながら少し遅れて階段を降りた。
 俺はまだ腰が震えたままの女を休憩室に連れ込むと辺りを見回した。
 さっきの運送会社の運ちゃん二人は自動販売機の前でドリンク剤を飲んでいる。
 俺はわざと自動販売機の側に女を座らせると、トラックの運ちゃんに見えるように女の足を広げさせた。
 セーラー服のスカートを腰までたくし上げると、真っ赤なパンティーが丸見えになった。
 俺は女の膝頭を軽くくすぐると、そのまま腿の内側を撫でながら反対側の膝頭まで手を動かした。
 わざと一番感じるところを飛ばして左右の膝頭の間を交互にくすぐりながら撫でると、女はたまらずに自分から大きく足を拡げた。
 トラックの運ちゃんは最初は何度か咳をして迷惑そうな顔をしてたが、すぐに顔付きが変わると女の下半身から視線が離れなくなった。
 俺が女の真っ赤なパンティーをずらすと、花園がびしょ濡れになってるのが丸見えだ。
 女は自分から指を使い始めると、腰を震わせながら悲鳴の様な喘ぎ声を何度も上げた。
 運送会社二人は女の様子を見ながら互いに目を見合わせると、飲み終わったドリンク剤の瓶をゴミ箱に放り込んでから近くまで歩み寄った。
 俺は二人が近くに来ると「ちょっと頼みたいことがあるんだけど」と言って話しをつけた。
 俺が上手いこと作り話をでっちあげて運転手に話すと二人とすぐに話しに乗ってきた。
 話しがまとまると先にトラックの運ちゃんが出て行った。
 すこし待ってから俺は女を抱え込んで立たせると出入り口まで歩かせた。
 外の様子を確かめたが俺たちの後を着けてきた黒い車はまだ同じ位置に止まったままだ。
 健ちゃんが車の運転席で俺が戻るのを待ってるのが見えた
 俺はセーラー服を着せた女を有紀の身代わりに抱きかかえて車に戻った。
 女は足元がおぼつかなくて気分も苦しそうだ。
 俺は後の席のリクライニングシートを倒して女を寝かせった。
 健ちゃんが懐中電灯を持って、車から降りた。
 駐車場の入り口付近で健ちゃんが懐中電灯を光らせながら捜し物でもするような振りをしてしばらく時間を稼いでる。
 先にトラックに乗り込んでいた運ちゃんがトラックを動かすと、俺の乗った車の横にトラックが横付けになった。
 うまく見張りの車の陰に成ったのを確かめて合図すると、トラックから出てきた運ちゃんが手早く女をトラックの荷台の荷物の間に乗せた。
 俺は女がさっきまで寝ていたリクライニングシートに旅行鞄を乗せてその上に俺の上着を乗せた。
 これで外から見れば、俺が女の上に体を載せてるように見えるはずだ。
 すぐに俺もトラックの荷台に載ると、荷物の間に横ばいになった。
 健ちゃんはしばらくして車に戻ってくると、何事もなかったようなそぶりで運転席に乗り込んだ。
 健ちゃんが車を動かして駐車場を出ると、俺たちの後をさっきから付けていた黒い車は健ちゃんの車を追いかけて坂道を下り始めた。
 なんとか上手く行ったみたいだ。
 トラックが動き出すとしばらく走ってから俺は体を少し起こして、後ろの窓に近づき後ろからさっきの黒い車が後を付けて来ていないか確かめてみた。
 どうやら大丈夫みたいだ。
 俺はこれでなんかなったと一安心した。
 トラックが山道を下って大きな通りに出ると、すぐに後ろから車がたくさん並んで走り始めた。
 俺はもう後ろを気にしても仕方ないと思い女の様子を確かめた。
 女は荷物の間に体を寝かせながら、片足を荷物にのせ足を開いて指を使っていた。
 どうもこの女は飛んでもないドヘンタイ女らしいと分かってきたがどうでもいいことだ。
 道がまた大きな通りに合流すると、ちょうど山の間の谷間を走り始めた。
 山の向かい側には大きな看板がたくさんならんでいたが、どれもラブホテルの看板ばかりだ。
 トラックが急に大通りから横の小道に入った。
 通りに沿ってはラブホテルの看板が並んでいるのが見える。
 どうやらトラックの運転手の二人は、このままでは俺たちを真っ直ぐ帰してはくれないらしい。
 だがまあここまで来たら仕方がないと俺は諦めた。
 トラックは手近なラブホテルに入ると俺は女をトラックの荷台から連れ出して、部屋に連れ込むのを手伝った。
 トラックの運転手はもう待ちきれない様子で、すぐに女をベッドの上に転がすと両脇に作業着のまま寝ころんで女の胸を押し回し始めた。
 女が体を捩って頭を少し仰け反らせると、すぐに運転手の一人が女のスカートをめくり上げて股間に顔を埋めた。
 舌を使っているらしくて男の頭が何度も回るとその度に女が小さく叫んだ。
 まあ女の事はどうでもいいと思い、俺は側のソファーで一休みしながら終わるのを待った。
 トラックの運転手は何度も二人で位置を入れ替えながら女の体を楽しむと、今度は女を四つん這いにして前と後ろから責め始めた。
 女の背中が面白いように上下に跳ねるのを繰り返すと、男も負けずに腰を突き出しては震わせた。
 女の口からよだれがベッドのシーツに垂れてシーツがぐちゃぐちゃになった。
 もうやることはやったと思ってると今度は男の一人が女を縛り始めた。
 さすがに運送屋だけあって、縛るのはお手の物。
 見事に亀甲縛りで縛り上げたのを見ていてすっかり感心してしまった。
 ベッドの支柱に縛った縄の先を結びつけると、女の身体が釣り上げられて半分中に浮いてる。
 縛った後は鞭で叩きながら女が泣き叫ぶのを見て愉しんでる。
 俺が女だと気づかれたら、俺も同じ目に遭わされてしまうと分かっているので俺は大人しく側で見ているだけだった。
 やるだけやって気が済んだのかトラックの運転手は一休みしてお茶を飲み始めた。
 もうそろそろラブホテルを出るつもりらしいが、どうも俺たちをトラックに乗せるのは都合が悪いらしい。
 この先すぐに荷物の積み替えがあるらしくて、時間も遅れているから俺たちを送っている余裕はないと言われた。
 まあこれだけ楽しめば余分な時間がないというのも無理のない話だ。
 部屋を出て行く時に男の一人が女の頭に男が脱いだパンツを被せて出て行った。
 女は縛られたままの格好で何度も身体を引きつらせて震わせてる。
 こんな目に遭わされたら行きっぱなしになっちまうのももっともな話。
 これ以上この女と一緒にいてもろくなことにはなりそうにない。
 タクシーを呼ぼうと部屋の電話を取り上げようとした時、俺はうっかりしたことに気が付いた。
 さっき健ちゃんの車に上着を財布を入れたまま置いてきてしまった。
 これじゃあ、タクシーを呼んでも払う金がない。
 どうしようかと思って俺は芳恵の事を思い出した。
 芳恵は出会い系喫茶で知り合った客とラブホテルに行ったはずだが、もしかしてこの近くかもしれない。
 芳恵の携帯にメールを送って返事を待つと、やっぱり今ちょうどラブホテルから帰る所でこれから客と一緒にこっちに車で迎えにくるとメールが来た。
 俺は女を部屋に置き去りにして部屋を出ることにした。

20.カーセックス<< ページトップ >>22.強制調教

人妻調教アダルトビデオ

人妻 奴隷契約 高坂保奈美
人妻調教~人妻奴隷志願~
調教されてゆく人妻 10人 快楽に溺れてゆく日常
人妻熟女被虐総集編 熟れ肉奴隷たちの虐辱
人妻奴隷全集4時間 襲いかかる悲劇、怒濤の陵辱アクメ
緊縛 8時間総集編 縄マニア
緊縛 厳選 4時間 vol.2 [DVD]
緊縛拷問、ベストコレクション 杉浦美由 長谷川あゆみ 南ゆの 星野めぐ 結城綾音