長編官能小説(女子高生強制調教)スケコマシのジョー

by七度柚希

目次

1.上野で拾った家出少女

2.強制輪姦

3.出会い系喫茶

4.夜這いプレー

5.テレクラ狂い

6.人妻痴漢地獄

7.淫乱女子高生

8.強制露出調教

9.レズ淫乱調教

10.デリヘル面接

11.レズ殺し

12.女の喜び

13.デリヘル志願

14.SM調教ビデオ

15.担保は裏ビデオ

16.ビデオチャット

17.ブルセラビデオ

18.美人局

19.レズビアン

20.カーセックス

21.恋人交換

22.強制調教

23.スキャンダル

3.出会い系喫茶

あらすじ
 有紀を出会い系喫茶のサクラに売り飛ばしたが、有紀は逃げて戻ってきた。席に座って待ってるのが嫌だと抜かしやがる。
 有紀をSMマニアの変態男に紹介してやると、有紀は故郷に帰ると言い出した。
 俺は有紀の母親を騙して金を巻き上げることにした。


 デリヘル店を出てから俺はどうしようかと困ってしまった。
 なんとか今日中に金を作らないと、たまったクレジットのキャッシングが払えない。
 他のデリヘル店に有紀を連れて行っても、生フェラができなきゃ追い返されるだけだ。
 かといって有紀に生フェラを仕込むなんてのはレズの俺にはできない相談だ。
 さてどうしようかと思ったがちょうどいい店を思い出した。
 最近できたばかりの「出会い系喫茶」だ。
 やってることはデリヘルと同じで、女の子を部屋に用意しておいて男に選ばせるというだけだが「シロート」の女子高生が自由に部屋に出入りできるという趣向だ。
 もちろん「シロート」の女子高生がそんな店に男を捜しに来る訳もなくて、男と付き合うのはサクラのデリヘル女なんだがそんなことはどうだっていい話し。
 さっそく俺は「出会い系喫茶」の裏口から事務所に入った。
 有紀を店長に紹介すると、生フェラの面接もなくてすぐに店に出て欲しいと言われて俺はほっとした。
 デリヘル店程の金にはならなかったが、取りあえずそこそこの金にはなった。
 俺が隣の部屋で待ってるからと適当に言いくるめると、有紀は大人しく女の子用の部屋に入った。
 俺もどんな店か様子を見ようと思って男用の部屋に入ってみた。
 俺はしばらく有紀の様子を見ていたが、有紀は漫画を見てるだけでのんきな物。
 シロートの女子高生が自由に出入りがしやすいようにサクラで居るだけなので、すぐには男と付き合わなくてもいいらしい。
 部屋は半分の壁が全部マジックミラーになっていて、隣の部屋に男が居るかどうかは女の部屋からは判らない。
 マジックミラーの前には女の子の部屋にはカウンターがあって丸椅子が一列に並んでる。
 よく考えた物で女の子の部屋は男の部屋より床が一段高く作ってある。
 椅子に女子高生が座れば、マジックミラーの反対側からはパンツが丸見えという寸法だ。
 適当に足を組み直したりしてるだけで、男が喜ぶなんてのは見ていてあほらしいが良い商売だ。
 この店は女の子は無料だけど男がお茶を飲むだけでも結構な金を払わないといけない。
 旨いこと思いついた物だと感心して見ていたが、まだ昼の時間らしくて店に来るのは高校生くらいの男ばかりだ。
 これじゃあ飲み物代くらいしか儲けにはならないがデリヘルに比べたら楽な商売には違いない。
 しばらく店の様子を見ていると、高校生らしい男の子が有紀の前に来てはスカートの中を覗いて興奮してはしゃいでる。
 スカートの中を覗き見するくらいで大喜びするなんてのはさすがにまだ子供だ。
 そのうち他の女子高生も店に来ては、出たり入ったりをするようになった。
 近所で宣伝のビラを配ってるので、それを見て来るシロートの女子高生も居るみたいだ。
 急に女の喘ぎ声が聞こえてきて、男の子達が一斉に奥の席の女の子の前に移動した。
 何があったのかと思ってると、さっき入ってきた女子高生が股を開いて自分で指で触ってる。
 これも見せ物のショーらしいと思ってると、どうやら女子高生は備え付けのノートパソコンを使ってビデオチャットしてるらしい。
 お互いにビデオで顔を見ながらビデオチャットしてるがそれだけじゃない。
 ビデオチャットをしながら、テレホンセックスと同じ事をしてるんだ。
 それを店のマジックミラーごしに見られるなんてのはなるほど旨い商売だ。
 これもやっぱりやらせのサクラだとばかり思ってたが、どうもそうでもないらしい。
 何も知らないで店に入ってきたシロートの女子高生を店の男が旨く誘ってるらしい。
 女子高生はビデオチャットの相手の男と待ち合わせの約束をしたらしくて身支度を直して出て行った。
 俺は帰るのにちょうどいいと思って、女子高生が店を出た後をこっそりつけてみた。
 すこし先のラブホテルの前で女子高生を待ってたのは、さっきの「出会い系喫茶」の店長だった。
 やっぱりと思ったがこうやって「シロート」の女子高生を旨く商売に引きずり込んでるらしい。
 旨く商売してるつもりらしいが、店の維持費とやらせのサクラに払う人件費を考えるととても儲かるとは思えない。
 だが店が潰れようがどうなろうと俺には関係の無いことだ。
 こんな所に長居は無用と、俺はそのままの足でアパートに帰った。
 どうにかクレジットのキャッシングの返済もできて、俺は一安心して楽衆軒に電話して出前のレバニラ炒め定食を頼んだ。
 しばらくしてドアをノックする音がするので、てっきり出前が来たのだと思ったがなんと有紀のやつが帰って来た。
 あの出会い系喫茶の店は出入り自由だから有紀が店から出ても何も言われなかったらしい。
 普通だったらシロートの女を商売に使うときはしばらく監禁して常連の客に遊ばせて、男が欲しくて商売が止められないドヘンタイ女に仕込むもんだ。
 あの店はなかなか商売が旨いと思ったが、実際に経営してるのはドシロートらしい。
 何で逃げ出してきたのか有紀を問いつめると「座ってるのがやだ」といいやがる。
 座って漫画を読んでれば良いだけの楽な仕事なのに「じっと座ってるのが退屈でいや」とはなんて言い草だ。
 デリヘル女だって客がいないときはずっと待ってるだけの仕事。
 待ってるのがいやなんて言いだしたら、どんな商売だって勤まるわけはない。
 俺は腹が立って有紀の横っ面をはり倒したくなった。
 だが商売物に傷をつける訳にはいかない。
 こうなったら親から金を巻き上げるしかない。
 そう言えば有紀の母親は私立学校の理事長だとか言ってた。
 金を巻き上げるには都合が良い。
 俺はさっそくヨシちゃんに電話して手はずを整えた。
 SMクラブに紹介すればうまく行くはず。
 もともとSMというのはお互いに合意の上で脅したり虐めたりする芝居をするのが本来のプレーだ。
 あくまでも芝居で本当に痛い思いをさせる訳ではない。
 だが芝居ではなく本当に女が嫌がったり、痛がったりするのを見るのが好きなドヘンタイ男もいる。
 有紀の相手には中学生相手に過激な調教プレーをやるのが大好きなマニアの男を用意した。
 夕方になって有紀に電話がありヨシちゃんからだとすぐ判った。
 電話口で有紀が「300万ですか」と言う声が聞こえて俺は大体の話の見当は付いた。
 有紀は電話ですこし話しをしたあと「ちょっと行ってくる」と言って出かけていった。
 電話の様子では有紀を輪姦したときに撮影した裏ビデオを親に見せるからと言ってヨシちゃんが有紀を脅したらしい。
 300万とは高くふっかけたもんだが、そのくらいの金額を言わなければ脅しにはならない。
「金が払えなければ、働いて返せ」という事にして客を紹介したらしいが、風俗で女を働かせる時はいつも使う手口だ。
 翌朝になって戻ってきた有紀は顔色が冷たく凍り付いて何も言わなかった。
 体のあちこちに紫色のアザが見えて、何があったのかすぐ判った。
 まる一晩SMプレーの相手をさせられたら普通の女だったら相当応える。
 俺が抱きしめて優しく体を撫で回しても、体は冷え切ったまま反応はなかった。
 客を取るってことがどんなことか身にしみて判ったらしい。
 もうこれで東京で暮らそうなんて気は無くなったに違いない。
 これなら上手く行くと俺はさっそく「おい、親が心配してるんじゃないか。故郷に帰った方が良いんじゃないか」とそれとなく言ってみた。
 有紀はすぐには返事をしなかったが「そうしたいけど、帰れない」とやっと思いで口を開いた。
「300万を稼がないと、裏ビデオが親にばれるからだめなの」と有紀に泣きつかれて、これで旨くいったと俺はほくそ笑んだ。
 俺は有紀に母親に電話させて風俗で働かせられているから、帰るには金がいると有紀に言わせた。
 有紀が電話を代わってくれと母親に言われたとらしくて受話器を俺に渡した。
 うっかり母親に有紀が裏ビデオを撮られたなんて言える訳がない。
 俺がヨシちゃんに頼んで裏ビデオを撮らせた事がばれたらそれこそやぶ蛇だ。
 何でもいいからともかくもっともらしい作り話をして金を出させるようにし向けるしかない。
「いや、お宅のお嬢さん、悪い連中に捕まりましてね」
「借金をさせられて、それを返すために体で働かされてるってわけですよ」とひとまず言ってってみた。
 すると「いったい娘がなんで借金なんかしたんですか、いったいどうしてですか」と聞き返された。
 確かに田舎から出てきたばかりの小娘が簡単に借金なんか作る訳がない。
「ホストクラブですよホストクラブ」
「一晩で300万ですよ、ドンペリって洋酒知ってるでしょう」と口から出任せに言ってみた。
 どうも田舎の女教師でもドンペリは知ってるらしくてそれで女は黙り込んでしまった。
「それで300万払えば娘は帰してもらえるんですか」と言うので「利息が付いて500万ですよ全額払ってもらいましょうか」とまた畳込むようにして言った。
 有紀の母親はよっぽど世間知らずの馬鹿女らしくて話しはすぐにまとまった。
 翌日に500万もって新幹線で上野まで出て来るからそこで金を渡して娘を返す約束だった。
 有紀もだいたいの話しは側で聞いていて分かったらしくて、このまま脅されて風俗で働くよりは家に帰った方が良いと納得した様子だった。
「あとは、俺が話しを全部つけてやるから、500万あれば、裏ビデオをもみ消すぐらいなんでもないぜ」と言って安心させてやると有紀は俺に抱きついてきた。
 俺は最後の一晩たっぷり有紀可愛がってやるつもりで、優しくくすぐるように有紀の背中を撫で回した。
 だが有紀は俺の手を押しのけると「私このまま帰りたくないの」と言いだした。
 せっかく500万にもなる話しをここで壊されてはたまらない。
 なんとか有紀を言いくるめて故郷の栃木に返すしかない。
「今夜はたっぷり可愛がってやるから、それにこれからだっていつでも東京にでてくればいつでも会えるんだぜ」
「なんなら、俺が栃木まで行ってやってもいいんだぜ」と有紀を説得した。
 だけど有紀のやつは飛んでも無いことを言いだした。
「私このまま帰りたくないからね、ママも私と同じ目に遭わせてよ。男に体を売るってどうゆうことか、ママにも体で知ってもらうのよ」という言い分だ。
 これはなにか事情があるに違いないとさっしのいい俺はすぐ気が付いた。
 自分の母親を酷い目に遭わせたいと言い出すのはよっぽどの事に違いない。
 子供のころからよほど母親にきつく躾られたのかと思って「子供の頃、お尻でも叩かれたのか」とひとまず聞きいて見た。
「叩かれるのはしょっちゅうだったけど、私はそんなんで言ってるんじゃないの」
「ママ浮気してるのよ、相手は中学の時の同級生らしくて先生してるんだって」
「それで時々相手の男が栃木まで帰郷したとき、車でラブホテルまで行ってるの、私知ってるんだから」
「それに、付き合っている男なんか、他にもいっぱいいるの私知ってるんだから。ともかく何でもいいからママをもう不倫なんて出来ない体にしてやってよね」と有紀に言われてなるほど有紀のやつが母親を恨む気持ちも分かってきた。
 これはなんとかしてやろうとは思ったが俺はすぐには思案が浮かばなかった。
 だが、男と女の事にかけては俺は自分でも感心するくらいアイデアが出る。
「おい、夜這いプレーなんてのはどうだ」と俺は有紀に言ってみた。
「夜這いプレーってどうゆうこと」と有紀に聞き返されて「まずお前がラブホテルで縛られている所に母親を案内するんだ」
「そして、これから客がこっそり来てレイプすることになってると説明する」
「身代わりに誰か置いておかないと、それこそ今度は娘は殺されてしまうと脅せばいい」
「身代わりになるのはお前の母親だ」
「縛り付けておいて目隠ししておいて置き去りにして、しばらくしてから俺が一発ぶち込んでやるって寸法だ」
「ついでにビデオも撮っておけばいい」と自分でも感心するくらいすらすらと筋書きが浮かんできた。
 有紀も俺のアイデアが気に入ったらしくて、明日が楽しみだと言って俺に抱きついてきた。

2.強制輪姦<< ページトップ >>4.夜這いプレー

人妻調教アダルトビデオ

人妻 奴隷契約 高坂保奈美
人妻調教~人妻奴隷志願~
調教されてゆく人妻 10人 快楽に溺れてゆく日常
人妻熟女被虐総集編 熟れ肉奴隷たちの虐辱
人妻奴隷全集4時間 襲いかかる悲劇、怒濤の陵辱アクメ
緊縛 8時間総集編 縄マニア
緊縛 厳選 4時間 vol.2 [DVD]
緊縛拷問、ベストコレクション 杉浦美由 長谷川あゆみ 南ゆの 星野めぐ 結城綾音