長編官能小説(女子高生強制調教)スケコマシのジョー

by七度柚希

目次

1.上野で拾った家出少女

2.強制輪姦

3.出会い系喫茶

4.夜這いプレー

5.テレクラ狂い

6.人妻痴漢地獄

7.淫乱女子高生

8.強制露出調教

9.レズ淫乱調教

10.デリヘル面接

11.レズ殺し

12.女の喜び

13.デリヘル志願

14.SM調教ビデオ

15.担保は裏ビデオ

16.ビデオチャット

17.ブルセラビデオ

18.美人局

19.レズビアン

20.カーセックス

21.恋人交換

22.強制調教

23.スキャンダル

12.女の喜び

あらすじ
 アパートに戻ると、レズ殺しの鉄の事が忘れられない。男の感触があんなに気持ちいいなんて初めての経験だ。
 俺はレズ殺しの鉄の男らしい逞しさを思い出しながら、自分で指を使って自分を慰めた。
 俺はレズなのに男の事が忘れられないなんて、自分でも情けなくなってくる。


 布団の中で目が覚めたとき、俺は自分のアパートに居るとすぐ分かった。
 子宮の奥に痺れるような鈍い感触があって、まだあのレズ殺しの鉄に奥までぶち込まれてるみたいな気がする。
 もしかして鉄が部屋に居るかもしれないと半分期待する気持ちで部屋を見回したが誰もいない。
 起き上がろうと体を動かそうとしたが、頭が重くて目眩がする。
 体もだるくてとても起きあがる気力が出ない。
 昨夜の事を思い出そうとしたが、ベッドの上でレズ殺しの鉄に女の悦びを体に叩き込まれたあと何がどうなったのか思い出せない。
 たぶん鉄がタクシーで俺を部屋に運んでくれたんだろうが、他に考えようがない。
 俺は目が覚めると嫌なことを全部思い出してしまうと思って、また眠ろうと布団を被った。
 目をつぶっていると、初めて男に抱かれた時の事を思い出した。
 高校三年の夏の出来事は思い出したくもない最悪の初体験だった。
 大して好きでもない同級生の男に体育館の裏に呼び出されて、コンクリートの上で背中が痛かっただけだ。
 そのあと何度経験しても自分が惨めになるだけでとても男に抱かれて嬉こぶ気持ちになんか成れなかった。
 俺は本当はレズじゃないと鉄がいっていたのはあながち的はずれな事でもない。
 初体験がもっと良かったら、俺だって普通に男と付き合うのが楽しかったに違いない。
 あれこれ思い出してる内にまた俺は気が遠くなって沈み込むように寝ていた。
 半分夢の中で体育館の裏の景色と昨夜鉄に教えられた女の悦びが混じり合って何がなんだか分からなくなった。
 思い出したくないことが次から次へと夢の中に浮き上がってきて俺は寝てるのもいやになった。
 目が覚めそうになる度にまた今度は必死で眠ろうとしてる内にだんだん腹が減ってきた。
 とても腹が減って我慢できなくなって、俺は仕方なく布団から起き出したが昨日の鉄の身体を思い出して目眩がしそうになった。
 いくらなんでも男がオールインワンを着て胸を膨らませて、スリップまで付けて女装して俺を抱くなんてのはあり得ない話しだ。
 そんなことまでして鉄が女の悦びを俺に教えてくれたんなら鉄に感謝しないといけないような気がしてきた。
 あれこれ考えるうちに今の俺には鉄の女になるのが一番幸せな気がして来たが、いつまた鉄に逢えるかは分からない。
 いったいどうすればまた鉄に逢えるんだろうと思ってる内に腹が減ってもう我慢できなくなった。
 俺は冷蔵庫を探して食パンが残っているのを見つけてバターを付けて食べた。
 なんとか空腹が収まると俺は気分がやっと落ち着いてきた。
 他にも何か食べた方がいいとは思ったが、胃が苦しくてとても食べられない。
 俺はまた布団に戻ると、毛布を被って寝続けた。
 夢の中で俺はずっと鉄の身体に抱きついてすすり泣きを続けていた。
 鉄に抱かれていると思うといやな事も忘れられる気がした。
 翌朝まで寝るとまた食パンの残りを食べたがやっぱりとても起きては居られない気分で夕方まで寝続けた。
 三日目くらいになっても昼頃まで寝ていたが毎日寝ていたのでもうとても寝られなくなった。
 起きれば鉄に抱かれた事を思い出すので起きるのはやだが、寝ようとしても目が覚めてどうにもならない。
 諦めて布団から起き上がって見た物の、しばらくは心臓が押しつぶされたように苦しくて息をするのもつらい。
 すこしは気持ちが落ち着くだろうと思ってコーヒーを入れて飲んでみたが胃が苦しくて吐き出しそうになった。
 毎日食パンだけ食べていてたらとても体が持たない。
 俺は駅前までいって何か少しは腹の足しになるものを食べようと思った。
 アパートを出て裏通りを歩いてると、目がくらくらしてすぐにでも倒れてしまいそうだ。
 歩いてる内に次第に腹がへってとても我慢できなくなった。
 やっと駅前の楽衆軒でいつものレバニラ定食を頼んだ。
 三日ぶりに食べるまともな飯は旨くて涙がでそうなくらいだ。
 腹一杯食べてやっと気持ちが落ち着いてくるとまた鉄に天国に行かされたときの感触が身体に戻ってきて胸が苦しくなった。
 しばらくお茶を飲んで休んだ後に楽衆軒を出ると帰りに道にランジェリーショップが目に入った。
 女物の下着などもう10年近く買ったこともないが、ショーウィンドに飾ってある黒いレースのネグリジェが気になった。
 俺は鉄に「今度は黒いレースのパンティーを着てこい」と言われたのを思い出した。
 デリヘル女は大抵黒のレース模様のブラジャーにパンティーを着てるのが相場だ。
 黒い下着というのは男に抱かれたくて堪らない気分の女に見えるから商売には都合が良い。
 鉄も黒い下着が好きというのはやっぱり普通の男だってこと。
 俺は店に入って黒のレース模様のパンティーを手に取ってみた。
 もう女物の下着なんて買ったことがないが鉄に喜んでもらうには買うしかない。
 ついでに鉄が喜びそうな下着もあれこれと探してみた。
 ネグリジェと、黒いパンティーとブラそれに男が一番喜ぶガーターベルトも買った。
 品物を包んでもらってる間に待っているのがなんだか気恥ずかしかった。
 アパートに戻るとまた布団に潜り込んだがさっき買ったネグリジェが気になって包みを開けてみた。
 黒いレースの短い丈のネグリジェは触ってみると生地がスリップみたいに滑らかだ。
 こんな女が着るようなお色気ネグリジェなんて一度も着て寝たことはない。
 鉄に抱かれるときはこのネグリジェを着た方が鉄が喜ぶに違いないと思うともう止められない。
 黒のレース模様のパンティーを履いてネグリジェを着てみると、すべすべの生地がまとわりついて自分の身体では無いような気がした。
 まるで男を欲しがってる夜の女みたいな格好で布団に横になると、今すぐにでもレズ殺しの鉄に抱きしめられそうな気がした。
 わざと足を開いて腰を突き出して、ネグリジェの裾をはだけてパンティを見せるのがデリヘル女が男を誘うときの仕草だ。
 腰をゆっくりと揺すりながら、上下に震わせて欲しがってるそぶりを見せれば男はすぐに飛びついてくる。
 もちろん俺を抱きしめる男はレズ殺しの鉄以外に考えられない。
 俺は急にからだが熱くなって自分で一番感じるところを指でなぞった。
 鉄のことばかり考えていたせいでもうすっかりぐしょぐしょに濡れてる。
 男の事を考えて濡れてくるなんて初めての経験だ。
 もうこうなると止められない。
 鉄の大きなからだが俺の上にのしかかって、腰を使いながら奥まで入ってくるのを想像して指を使った。
 一人で指を使うなんて中学生くらいのとき以来だ。
 こんな気持ちで指を使うのなんてのはそれこそ生まれて初めての事。
 俺はやっぱり鉄に感謝しなきゃいけないんだ。
 鉄の奴俺のことを可愛くていい女だなんて褒めてくれた上、本当に惚れてるんだとぬかしやがった。
 もしかしたら本気で惚れてるからあんなに俺のことを可愛がってくれたのかもしれない。
 そうでなきゃあんなにたっぷりと時間をかけて丁寧に相手をしてくれるはずがない。
 今度鉄に「俺の女に成れ」と言われたらもうとても断る気はしない。
「はい」と答えるよりは「私からお願いします」と答えた方が可愛い女だと思ってもらえるに違いない。
 そうしたら鉄の奴きっとすぐに俺を抱きしめてキスしてくるはず。
 鉄の分厚い胸板に抱かれると思うと、やっぱり女を相手にするより男に抱かれる方が良いとつくづく思う。
 鉄が俺を抱きしめながら、俺の口の中にあのねちっこい舌をいれてくると思うと気持ちが押さえきれない。
 一番感じるところに指を強く押しつけて廻すと感じっぱなしになって目眩がしてきた。
 なんども身体を仰け反らせて体中を震わせたがどうにも満足しきれない。
 疲れてしばらく横になって休んではまた繰り返し指を使い続けるうちにいつのまにか朝方になった。
 とても寝ていられなくてコーヒーを入れて飲んだが、疲れが出たのか今度は急に眠くなった。
 布団に入ると今度は昼まで眠り続けた。

11.レズ殺し<< ページトップ >>13.デリヘル志願

人妻調教アダルトビデオ

人妻 奴隷契約 高坂保奈美
人妻調教~人妻奴隷志願~
調教されてゆく人妻 10人 快楽に溺れてゆく日常
人妻熟女被虐総集編 熟れ肉奴隷たちの虐辱
人妻奴隷全集4時間 襲いかかる悲劇、怒濤の陵辱アクメ
緊縛 8時間総集編 縄マニア
緊縛 厳選 4時間 vol.2 [DVD]
緊縛拷問、ベストコレクション 杉浦美由 長谷川あゆみ 南ゆの 星野めぐ 結城綾音