長編官能小説(女子高生強制調教)スケコマシのジョー

by七度柚希

目次

1.上野で拾った家出少女

2.強制輪姦

3.出会い系喫茶

4.夜這いプレー

5.テレクラ狂い

6.人妻痴漢地獄

7.淫乱女子高生

8.強制露出調教

9.レズ淫乱調教

10.デリヘル面接

11.レズ殺し

12.女の喜び

13.デリヘル志願

14.SM調教ビデオ

15.担保は裏ビデオ

16.ビデオチャット

17.ブルセラビデオ

18.美人局

19.レズビアン

20.カーセックス

21.恋人交換

22.強制調教

23.スキャンダル

13.デリヘル志願

あらすじ
 次にナンパした家出娘の芳恵は、不細工で失敗だった。
 風俗店でバイトしてるはずの有紀から助けて欲しいとケータイにメールが来た。上野公園のトイレに行ってみると、露出プレーでトイレに縛り付けられてた。
 有紀の客らしい男はどっかで見覚えがあると思ったらテレビで有名な評論家だ。


 いつまでも毎日アパートで寝ていてもしょうがない。
 俺はまた家出女を捜しに上野の地下道に行ってみることにした。
 駅の階段を降りると、手近な場所から順に家出女を捜して歩き始めた。
 いつもだったら一人くらいは地下道に座り込んでる女が居るはず。
 田舎臭い顔で、座ったまま動かないのは大抵は家出してきた女だ。
 駅の階段から少し離れた奥の通路で俺はちょうど良さそうな女子高生を見つけた。
 膝を立てて座り込んでる女はどう見ても田舎から出てきたばかりの家出女だ。
 そばに荷物を入れた鞄をもってるからまず間違いない。
 俺は何気なく近くを通りかかった振りをして「こんにちは」と話しかけてみた。
 女子高生が顔を上げて俺の目を見つめて「はい」と小さい声で答えたが、俺は不味いことをしたとすぐ気が付いた。
 目が細くて顔が四角、おまけに唇が厚い。
 一目でブスだと分かる顔はとてもデリヘル女なんかは勤まらない。
 俺は慌てて女子高生の顔から目をそらせて歩き出そうとしたが、女子高生がすぐに立ち上がって俺の後から付いてきた。
 俺は女子高生の体つきを見て、やっぱりこれは駄目だと思った。
 身体が大柄で骨太なデブだ。
 ブスでデブじゃあどう間違ったってデリヘル女なんかできるわけない。
 俺が知らん顔をして駅の地下道を出ようとすると女子高生も俺のあとからぴったり吸い付くように着いてくる。
 これじゃあ、男に声を掛けられたら誰にでも付いていってしまうに違いない。
 幾らブスな女でも、女子高生ならどんな女でもいいって男に捕まったら大変だ。
 俺は取りあえず「腹減ってるんじゃないか、飯食わせてやろうか」と声を掛けてみた。
 女子高生はすぐに「はい、私お腹すいてるんです」とあっさりと誘いに乗ってきた。
 こうも不用心な女は危なくてしょうがない。
 すぐ目の前に焼き肉屋の看板が目に入ったので俺は「ここの焼き肉は旨いんだぜ」と誘ってみた。
 女子高生は急にニコニコ顔になって「わあ、凄い、食べたい」と大声で叫んだ。
 さっそく席について適当に注文すると、肉の皿が出てきた。
 俺がガスコンロに火をつけて肉を焼き始めたが女子高生は黙って見てるだけ。
 焼き肉屋に来たことがないらしい。
 俺が焼き上がった肉を皿に載せてやると上手そうに食い始めた。
 一通り食べるだけ食べた後、俺は「お前、家出して来たんだろう名前はなんていうんだ」と聞いてみた。
「私、芳恵って言うんです、黒崎芳恵です、高校三年です」と女子高生が話しを始めた。
 やっぱり田舎から出てきた家出娘らしい。
 こんなブスじゃ東京に出てきてもろくな目には遭わない。
 俺はお説教して国に帰らせようと思ったがどう話しを切り出していいのかすぐには言葉が浮かばない。
「私はデリヘルで働きたくて、家出してきたんです」といきなり芳恵が言い出したので俺はびっくりした。
「上野の駅の地下道で待ってれば、男の人に声を掛けられてデリヘルを紹介してもらえるって聞いたんです」
「私どうしてもデリヘルで働きたいんです」と芳恵が言うので俺は困ってしまった。
 いくら本人がデリヘルでは働きたいと言っても、ブスでデブじゃデリヘルは無理だ。
 そうは言っても相手はまだ高校生だ。
 はっきりとブスでデブだから駄目だとはとても言えない。
 俺は取りあえず「何で、デリヘルで働きたいんだ」と聞いてみた。
 すると芳恵の奴「私レズなんです、レズだからデリヘルで働くしかないんです」と飛んでもない事を言い出した。
 レズだからデリヘルで働きたいなんて、いったい何を言い出すのかまったく訳が分からない。
「どうしてレズだとデリヘルで働かなきゃ行けないのかな」と俺は芳恵の顔色を見ながら恐る恐る聞いてみた。
「私子供が好きなんです、結婚して子供が欲しいんです。だけどレズだからデリヘルで働かないと行けないんです」と芳恵が訳の分からない事を言う。
「だからなんでレズはデリヘルで働かなきゃ行けないのか聞いてるんだよ」と俺はもう一度聞いてみた。
「レズを直すにはデリヘルで働くしかないんです、デリヘルで働けば必ずレズは直るってみんな言ってます」と芳恵がまた変なことを言い出した。
「みんなって、誰が言ってるの」と俺が聞いてみると「友達はみんなそう言ってます。毎晩男に抱かれたらレズなんてすぐ直るって」と芳恵が答えた。
 なるほどそう言われて見たら確かにに理屈はあってる気がした。
 この女自分じゃレズだなんて言ってるけどどうせまだ子供だ。
 男がちょっと苦手で、女同士の方が気が楽だなんてのは女なら普通のこと。
 一度くらい女同士でキスしたこと位はあっても不思議はない。
 それで自分がレズだと思いこむ女も結構いるけど、大概は一度でも男に抱かれればすぐに男の方が良いと気がつくもんだ。
 だがレズを直したくてデリヘルで働きたいなんて言い出す女なんて聞いたこともない。
「私今夜寝るところがないんです、今夜からデリヘルで働かせて下さい」と芳恵が言いだすので俺はなんとか誤魔化して芳恵から逃げるしかないと思った。
「俺は画家でね、今日は絵の展覧会を見に来たんだ、ほら印象派のバルビゾンの絵だ」と口から出任せを言った。
「どうして私なんかに声かけたんですか」と芳恵が不満そうな顔で言うので俺は「絵のモデルにちょうど良いかなと思ったんだけど、デリヘルで働きたいなら絵のモデルは駄目だよね」と言ってやった。
 芳恵はがっかりした顔をして唇をすぼめた。
 俺は先に店を出ようとして席を立ったが、芳恵もすぐに立ち上がった。
 店の前で俺は「じゃ、これから俺は絵の展覧会を見に行くから」と言って芳恵と別れて歩き出そうとした。
 だが芳恵もすぐに「私も絵が大好きなんです」と言って俺から離れようとはしない。
 取りあえず美術館まで二人で歩くと絵を見ながら俺がいろいろと講釈してやった。
「この色遣いと、このモチーフの選び方はとても参考になるね」ともっともらしい口調で話すと芳恵は納得した顔で頷いてる。
 一回り美術館の中をもっともらしい顔で案内した後、ちょうど奥の庭先に喫茶店があるのが見えた。
 展覧会の最中なので、喫茶店は見物客で混んでるが空いてる席はまだある。
 俺がレジで食券を買おうとすると芳恵が「私が払います」と言って財布を出した。
 さっきはお金がないと言ってたはずだが嘘をつきやがって金はあるらしい。
 横目で財布の中を確かめると一万円札が結構一杯入ってる。
 家を出るときに持ち出したらしいが、家出なんかすればそんな金はすぐに無くなっちまう。
 席に座るときに俺は芳恵から鞄を取り上げて空いてる席に置いた。
 芳恵がトイレに行った隙に鞄の中を探ってみた。
 やっぱり金の入った封筒が、鞄の奥のポケットに入ってる。
 俺はすばやく封筒を鞄から取りだしてズボンのポケットに隠した。
 あとは知らん顔していれば芳恵だって俺が取ったとは気が付かないはず。
 芳恵がトイレから出てくるとき、そばの男が芳恵に声をかけた。
 芳恵が男に返事をしたらしくて、男がまた何か言ったが芳恵は少し苦笑いしただけで戻ってきた。
 声の方向を見るとトイレから少し離れた席に男が数人座ってるのが目に入った。
 俺と同業のスケコマシの竜だ。
 あいつとは同じ女の取り合いをしたこともあるがどうも馬が合わない。
 竜の奴いつも仲間を引き連れていて、女を見つけると手近なトイレに連れ込んですぐに廻しちまうという随分と乱暴な手口だ。
 俺は芳恵の鞄から金を抜き取ったのを竜に見られたかと心配になった。
 こうなったら芳恵を竜に押しつけて逃げてしまった方がいいと俺は思いついた。
 だいたいデリヘルで働きたいなんて理由で家出してくるなんてとんでもない話しだ。
 東京に着いてすぐに上野公園のトイレなんかで廻されたら、デリヘルで働きたいなんてもう言い出さないだろう。
 さっさと田舎に返すにはその方が手っ取り早い。
 俺はトイレに行く振りをして竜とは反対方向の出口まで歩いた。
 美術館の喫茶店は美術館の中からも外からも出入り自由なので逃げ出すにはちょうどいい。
 そのまま俺は芳恵を置き去りにして喫茶店の裏手から美術館の外に出た。
 美術館の裏通りを上野駅に向かって歩いていると携帯にメールが来た。
 開けてみると「助けて」と書いてあるが誰からのメールか分からない。
 もしかして芳恵が竜にとっつかまって廻されて「助けて」とよこしてきたのかと思ったが、そんなはずはない。
 メールのアドレスをよくよく確かめてみると以前有紀に渡したGPS携帯からのメールだ。
 俺は「いま何処にいるんだ」とメールで聞いてみたが返事がない。
 有紀の奴、変な客にでも捕まって困ったことになってるらしい。
 GPSで確かめてみるとすぐ近くらしいので助けにいくしかない。
 どうにかGPSの示す場所をたどってみると、それらしいのは上野公園の中のトイレだった。
 公園の林の少し奧に小さな建物があって左右に男女のトイレがあり真ん中が身体障害者用の広いトイレだ。
 だとすれば身体障害者用のトイレが一番怪しい。
 周りに誰もいないのを確かめて身体障害者用のトイレのドアのスイッチを押してみると、確かに中に誰か居るのが見えた。
 女の尻らしい肌色の丸みがすぐに目に入った。
 どうやら手すりに縛り付けられているらしくて、セーラー服のスカートがめくり上げられてお尻がむき出しになって突き出している。
 桃色の小さな尻と、細くてすっと伸びた足はまだ中学生くらいの少女だ
 俺は近寄って花園を見ただけですぐに縛られている女が有紀だと気が付いた。
 客がよっぽどの変態で公園のトイレに縛り付けてそのまま置き去りにしたらしい。
 有紀も誰かがトイレに来たのは気が付いたらしいが目隠しをされているので、トイレに入ってきたのが俺だとは判ってはいないようだ。
 だが縛られていて携帯でメールが打てるわけはない。
 俺は注意深くトイレの中を確かめた。
 トイレ便器のすぐ下の床に何か銀色の小さい箱が置いてある。
 盗撮用の隠しカメラだと俺はピンと来た。
 てことは客の男はわざと俺を呼び出して俺が有紀とやってるのを盗撮するつもりなんだろう。
 そうなれば客はこのトイレの近くにいるってことだ。
 俺はいつも持ち歩いてるスキー用のマスクを被って有紀の後ろに回った。
 有紀の花園にはご丁寧に小さなバイブが差し込んであり、時々有紀の腰が小刻みに震えるのが分かった。
 リモコンバイブを入れられているらしい。
 となればア×ルにぶち込めという事だ。
 せっかくの据え膳は食わない手はない。
 俺はさっそく有紀の体を後ろから抱きかかえて床に置いてあるカメラから見えるようにぶちこんでやった。
 有紀は訳が分からなくて必死で体をくねらせていたがすぐに自分からに腰を使い出した。
 たぶん変態の客は今どこかで、ビデオカメラに写っている画像を喜んで見ているはずだ。
 だがこのまま客の望みどおりにしておく手はない。
 俺は有紀から体を離すとわざと床の上のビデオカメラを蹴飛ばしてやった。
 ビデオカメラはカラコロと音を立てて洗面台の下まで飛んでいった。
 俺は急いでトイレをでると、素早く近くの茂みに駆け込んで身を潜めた。
 しばらくじっと身体を伏せて待っていると誰かが近づいてきた。
 トイレの近くで立ち止まって周りを伺うように様子を確かめてるのはどう見ても怪しい。
 しばらく辺りを見回してからやっぱり男がトイレに近寄ってきた。
 有紀をトイレに縛り付けて盗撮しようとした客の変態男に違いない。
 男はトイレの真ん前で辺りを何度も見回してる。
 俺は必死で身体を地面に伏せて隠れながら男の顔を確かめた。
 どっかで見た顔だ。
 すぐには思い出せない。
 だがテレビのニュース番組でよく見る顔だと思い出した。
 男がトイレに入るとしばらくしてトイレから出てきた。
 すぐに有紀もトイレから出てきたが手に札束を持ってるのが見えた。
 有紀は客から割り増しのお金をもらったらしくトイレの前で金を数えてるが、嬉しそうな顔はしていない。
 セーラー服のスカートを直すと有紀は男と別れて美術館の方に歩き出した。
 俺は地面に伏せたまま有紀が通り過ぎるのを待った。
 男は有紀とは反対の方角に歩き出した。
 有紀と別れて上野駅の方に帰るつもりらしい。
 俺は男が見えなくなる頃合いを見計らって茂みの陰から立ち上がって男のあとをつけた。
 少し歩くと男は上野公園から上野駅へと降りる階段を降りていった。
 俺も少し送れて階段を降りていったが男が階段の下で立ち止まった。
 俺は知らん顔で男の横を通り過ぎるとずっと先まで歩いて信号機横の電柱に隠れた。
 これから上野駅に行くのかそれとも地下鉄に乗るのかと思っ見ていると、男は階段の下でしばらく立ち止まって上を見上げている。
 ちょうど地下鉄の駅から客が数人降りてきた。
 短いスカートの女子高生が階段を上がって行くのが見えた。
 男はすぐ女のすぐ後から階段を登り始めた。
 ポケットから何か取りだして、すぐ上を歩く女子高生のお尻の真下にかざすのが見えた。
 さっきトイレに置いてあった盗撮用のカメラらしい。
 女子高生のセーラー服のスカートの下を盗撮するつもりらしい。
 だがカメラは俺が蹴飛ばしたせいで調子が悪いらしくて男は何度かカメラを揺さぶっていた。
 結局上手く行かなかったらしくて、階段の一番上まで上がる前に男は階段を降りてきた。
 このド変態男はテレビによく出てる結構有名な評論家だと俺は気が付いた。
 名の売れた評論家が女子高生のスカートの中を盗撮するのが趣味とは驚いた話し。
 これは上手くやればいい金になると俺は思った。
 俺は男の様子を遠くからカメラでしっかりと撮影した。
 女子高生のスカートの下に後から手を伸ばしているのは誰が見たって盗撮だとすぐ判る。
 望遠で撮れば遠くからでもはっきりと顔が写るから言い逃れなんか出来るわけがない。
 男は何度か階段を上がったり下ったりを続けたが、そのうちどこかに姿を消したので俺もさっさと帰ることにした。

12.女の喜び<< ページトップ >>14.SM調教ビデオ

人妻調教アダルトビデオ

人妻 奴隷契約 高坂保奈美
人妻調教~人妻奴隷志願~
調教されてゆく人妻 10人 快楽に溺れてゆく日常
人妻熟女被虐総集編 熟れ肉奴隷たちの虐辱
人妻奴隷全集4時間 襲いかかる悲劇、怒濤の陵辱アクメ
緊縛 8時間総集編 縄マニア
緊縛 厳選 4時間 vol.2 [DVD]
緊縛拷問、ベストコレクション 杉浦美由 長谷川あゆみ 南ゆの 星野めぐ 結城綾音