長編官能小説(女子高生強制調教)スケコマシのジョー

by七度柚希

目次

1.上野で拾った家出少女

2.強制輪姦

3.出会い系喫茶

4.夜這いプレー

5.テレクラ狂い

6.人妻痴漢地獄

7.淫乱女子高生

8.強制露出調教

9.レズ淫乱調教

10.デリヘル面接

11.レズ殺し

12.女の喜び

13.デリヘル志願

14.SM調教ビデオ

15.担保は裏ビデオ

16.ビデオチャット

17.ブルセラビデオ

18.美人局

19.レズビアン

20.カーセックス

21.恋人交換

22.強制調教

23.スキャンダル

1.上野で拾った家出少女

あらすじ
 上野駅の地下道で家出娘の有紀をナンパした。飯を食わしてやると大喜びだ。
 アパートに連れ帰ってたっぷり可愛がってやった。
 いろいろ事情を聞いてやると有紀もすっかり俺になついた。


 朝方夢を見た。
 男達に取り囲まれて殺されそうになった夢だ。
 毎晩のように繰り返し同じ夢を見る。
 夢の中でこれは夢だと気が付いてまたそのまま寝込むとまた同じ夢みた。
 いやな夢を見ると起きるのが嫌になる。
 昼過ぎに起きるといつもの楽衆軒に電話して出前のレバニラ炒め定食を頼んだ。
 腹は減ってるが食欲はない。
 だがなんとか食べないと、あとでまた腹が減るだけだ。
 夕方になって今日はどこに行こうかと見当を付ける。
 今はもう3月でちょうど春休みだ。
 家出が増える時期なので、今日は上野にいってみることにした。
 しばらくぶりに行ってみる上野の駅前は随分と前とは変わってる
 上野駅のうす汚い地下道を歩いていると、通路に座り込んでいる女の子がいた。
 一目見て家出娘だと判る。
 地方の中学の制服らしいが、その割にはスカートが短い。
 これはちょうど良さそうだとすぐぴんと来た。
 だがすぐに声を掛けるのも怪しまれるだけだ。
 俺はすこし離れて様子を見た。
 しばらくして女の子は立ち上がって上野公園の方に歩き始めた。
 上野は初めてらしくて何度も看板を確かめてから、上野公園に上がる階段を上がり始めた。
 急な階段の下から見上げるとピンク色のパンティーが丸見えだ。
 東京の女の子ならたいていスカートの下に体操着のショートパンツを穿いてるが、パンティー丸見えってことはよっぼどど田舎の女の子に違いない。
 女の子はそのままゆっくりとした足取りで国立西洋美術館の前で立ち止まった。
 俺はちょうどいいと思って「よかったら、一緒にレンブラント展を見ませんか、いや僕は画家でね」と話し掛けた。
 取りあえず受付で入場券を二枚買って、あとは知ったかぶりで絵の解説を始めた。
 適当に話しを並べた後「所で名前聞いてなかったね」とさりげなく話しを向けた。
 女の子は名前を有紀といって言葉に訛りがあってやっぱり東京の女の子では無かった。
「僕は、印象派よりは古典派の方が好きでね」と出任せに話し続けた。
「やはり女性は古典派のほうが生き生きと描けているから、印象派は見栄えがいいだけでね」とまた適当に話し掛けると有紀はなるほどという顔で頷いていた。
 最初のつかみはこれでいい「僕は画家をしていてね。いや君みたいな素敵な女性の絵を描くのが大好きでね、是非モデルになってほしいな」とまた適当に話しを並べた。
 有紀は曖昧な態度で頷いただけだけど、これで俺のアパートに連れ込む口実はできた。
 ちょうど見たことのある有名なレンブラントの絵の前に来た。
 俺は何気ないそぶりで「いや、この赤はレンブラントのうまさだね、この赤はとても僕には描けない」といかにも画家みたいな口調で解説してみせた。
「随分前だが僕がニューヨークに行ったときは世界が変わったよ。まるで違うんだ」とまた出任せを言った。
 もちろん俺がニューヨークなど行ったこともないし、もともと英語など話せない。
「ジョージパーキンの作品はやっぱりニューヨークでしか見れないからね」と適当に名前をでっち上げた。
 有紀は黙ったまま時々頷きながら俺の話を聞いていた。
 俺は絵を見るそぶりをして、有紀の襟元に鼻先を近づけた。
 体の匂いでどんな女かはだいたいの見当は付く。
 有紀の身体は中学生の匂いでまだ男は知らない爽やかで甘い香り。
 たぶん東京に出てきたのは今朝で、男にはまだ声を掛けられていないはず。
 これなら上手く騙せそうだし良い金になりそうだと俺はほくそ笑んだ。
 美術館を出た後はひとまず飯を食わせることにした。
 上野駅にもどって裏通りの中華料理屋で定食を頼んだ。
 普通の東京の女子高生なら不味くて食えないような中華定食だが有紀は腹がすいてるらしくて文句も言わずに食べてる。
「こんな美味しいのはじめて」と有紀が真顔で言うので驚いた。
 食事あとで俺は元気が出るからと言ってドリンク剤を鞄から出した。
 最初の一本は俺が飲み、もう一本を有紀に渡した。
 もちろん中には女が淫乱になる薬が入ってるってわけだ。
 有紀は何も知らずにドリンク剤を飲んだ。
 しばらく有紀の様子を眺めていたが、目がだんだん重たくなって薬が効いてきたみたいだ。
 いつもだったら近場のラブホテルに連れ込む所だが、ラブホテル代がないのでアパートまで連れて帰ることにした。
 上野駅から地下鉄に乗ると有紀はなんだか居心地悪そうにしてる。
 田舎の中学生なので地下鉄に乗ったことがないらしい。
 それほど混んでるわけでもないが、駅でドアが開くたびに乗客が身体を押し分けて乗り込んでくるのが気に入らないらしい。
 急に有紀の顔色が変わった。
 有紀のすぐ後ろから痴漢がスカートの下に手を入れてきたのが見えた。
 俺はすばやく身体を入れ替えて痴漢と有紀の間に身体を入れた。
 今度は痴漢が俺の尻を撫で回してくるので、痴漢のつま先をふんづけてやった。
 俺は痴漢から有紀を守る振りをして、有紀の身体をドアの隅に押しつけた。
 電車が揺れてる度に俺は身体を有紀の胸に押しつけた。
 有紀はいやがる顔もせずに、目が細くなって泣きそうな顔。
 さっきのドリンク剤が効いてるらしくて、口元が半開きになってる。
 地下鉄が駅に着くと、俺は有紀の手を取って階段を上がった。
 駅を出てからは俺は逃げられないように有紀の手をしっかり握って歩き続けた。
 しばらく裏通りを歩いてから俺のアパートの前まで来た。
 階段を上がってドアを入ると有紀は部屋に上がってすぐ座り込んでしまった。
 よっぽど疲れてるらしい。
 ひとまず俺はインスタントコーヒーを用意すると有紀に勧めた。
 もちろんこっそりと、女を淫乱にする薬を今度も入れておいた。
 しばらく休ませた後、俺は有紀の横に座って耳元で囁きながら手を取った。
 手のひらを撫でながら口説き文句を並べていくと有紀の目つきが変わってきた。
 まぶたが半分閉じてきて、眉毛がつりあがったような顔は女が感じてきた顔。
 あとはゆっくりと脇腹や脇の下を責めながら耳の裏を嘗めてやった。
 有紀の身体から力が抜けて俺に倒れ込むように身体を寄せてきた。
 俺は有紀の身体を後ろに倒して寝かすとゆっくりと胸を揉み始めた。
 すしづつ息が荒くなってくる。
 たっぷりと時間をかけて体中を撫で回してやると有紀はもう我慢できないらしくて大きな声を出し始めた。
 女のこの声は何度聞いても楽しい物。これがあるからレズのタチはやめられない。
 あとはゆっくりと服を脱がしながら、感じるところを責め上げるだけ。
 服の上から触っていた場所に今度は直に指先で触れられると、感度は10倍くらいに跳ね上がる。
 その場所を今度は舌先で丹念に可愛がってやると声がでかすぎてかなわないので、ほどほどにしないと大変だ。
 最初は服を脱がされるたびに恥ずかしそうにしていた有紀の奴とうとう丸裸になると今度は嬉しくて堪らないのか身体をくねらせて震えだした。
 まだバージンだが、とりあえずやってしまわないと後々都合が悪い。
 俺はズボンを降ろして愛用のペニバンを有紀の花園に押しつけた。
 女の体というのは都合良くできているもので、男にやりまくられるとそれが当たり前の体になる。
 どんな女でも同じ事。
 最初は痛がって泣き出しやがったが、奥までぶち込んでやるとすぐにもっと欲しがりやがる。
 こうなれば後は、やるだけやるしかない。
 繰り返しぶち込んでは、わざと間隔を置いて焦らしてはまた責めあげる。
 一度経験したらもうこの快感からは逃げられないのが女の性という物。
 有紀も朝までには頭が空っぽになって体はただのメス豚になった。
 翌日は有紀を昼頃まで寝かせておいて、その間にコンビニにおにぎりを買いに行った。
 さすがに一晩中女をやり続けるというのは、これが商売とはいえかなり疲れる。
 アパートに戻って来ると、有紀はまだ布団の中で眠そうにしている。
 いつまでも寝かせておくわけにはいかないので、布団を引っぱがすと有紀は仕方なく起きあがった。
 インスタントコーヒーを飲ませて、取りあえず家の事情を聞くことにした。
 家出をする中学生というのは皆それぞれ事情があるもの。
 それ親身に聞いてやれば、家出をしていい人に出会ったと思いこむ。
 そうすればあとは何でも言うことを聞くという寸法だ。
 だが最初から簡単に口を開く女はなかなかいない。
 だが本当は話しを聞いて欲しくてたまらない。
 上手く聞き出してくれるのを待っているのだ。
「今夜何が食べたい、好きな所に連れてってやるぜ、この辺は上手い店がいっぱいあるからな、なんでも言ってみろ」とまず最初はそれとなく切り出した。
「ホントに何でもいいの」と有紀がすこし戸惑いながら重い口を開いた。
 最初は誰でもそうだが初対面の相手には何を話していいのか分からないものだ。食べ物の話しなら無難に話しが切り出せる。
「どうだ、焼き肉が食いたいか、それとも寿司がいいか」とちょっと軽い口調で言ってみた。
 有紀は少し顔をほころばせて「焼き肉がいい」と言いだした。
 ひとまずコンビニから買ってきたお握りを出して、目の前でラップを外して海苔を巻いてた。
 有紀はラップでくるんだおにぎりを見たことがないらしくて、俺がラップを外して海苔を巻くのを面白そうな顔でみていた。
 どうもコンビニのおにぎりは食べたことがないみたいだ。
 まあ田舎の中学生ならそれが普通なんだろう。
 おにぎりを渡すと有紀はお腹が空いているらしくてすぐに食べ始めた。
「所で故郷はどこなんだ、東京じゃないだろう」
「東京の中学生だったら、コンビニのおにぎり食べた事無いなんてことは無いからな」と言ってみると「あたし、栃木からでてきたの。昨日電車に乗って。お金無いから普通電車に乗って」と話し始めた。
 家出するような中学生というのは話しを聞いて欲しくてたまらないものだ。
 だから一度話しが始まればもう止まらない。
 だが家出の原因となるとすぐには口を開かない。
 しばらく学校や友達の話をして時間を潰す打ちに、次第に有紀の顔が明るくなり表情も自然と微笑むようになった。
 家出女の身の上話はいつも長くなる。
 一度に話しを全部聞いてる訳には行かない。
 俺はまた有紀の体を布団の上に押し倒した。
 有紀はすぐに俺の体に手足を巻き付けるようにして抱きついてきた。
 夕方まで感じっぱなしにしてやったあと、近所の焼き肉屋に連れて行った。
 有紀は焼き肉をうまそうにたらふく食った後もう眠いと言い出した。
 家出したあと気分がだんだんと落ち着いてきたらしい。
 俺はアパートに有紀を連れ帰ると一晩ゆっくり寝かしてやった。

ページトップ >>2.強制輪姦

人妻調教アダルトビデオ

人妻 奴隷契約 高坂保奈美
人妻調教~人妻奴隷志願~
調教されてゆく人妻 10人 快楽に溺れてゆく日常
人妻熟女被虐総集編 熟れ肉奴隷たちの虐辱
人妻奴隷全集4時間 襲いかかる悲劇、怒濤の陵辱アクメ
緊縛 8時間総集編 縄マニア
緊縛 厳選 4時間 vol.2 [DVD]
緊縛拷問、ベストコレクション 杉浦美由 長谷川あゆみ 南ゆの 星野めぐ 結城綾音