長編官能小説(女子高生強制調教)スケコマシのジョー

by七度柚希

目次

1.上野で拾った家出少女

2.強制輪姦

3.出会い系喫茶

4.夜這いプレー

5.テレクラ狂い

6.人妻痴漢地獄

7.淫乱女子高生

8.強制露出調教

9.レズ淫乱調教

10.デリヘル面接

11.レズ殺し

12.女の喜び

13.デリヘル志願

14.SM調教ビデオ

15.担保は裏ビデオ

16.ビデオチャット

17.ブルセラビデオ

18.美人局

19.レズビアン

20.カーセックス

21.恋人交換

22.強制調教

23.スキャンダル

23.スキャンダル

あらすじ
 アパートに戻ると翌朝になって有紀が平気な顔をして訪ねてきた。母親に捕まったはずだが上手く逃げてきたらしい。
 テレビをつけてみると有紀の母親の不倫相手が新政権の大臣で大スキャンダル。ニュースを読み上げてるのはあの秀美で、その隣にはあの健ちゃんまでいた。


 明け方頃になって半分夢の中で、俺は縄で縛られて釣り上げられて男達に囲まれていた。
 夢だとすぐ分かったが、目を覚まそうとしても夢の中に閉じこめられたようになって目が覚めない。
 すぐに男のでかいのが俺の口を塞ぐと、後ろからも強引に押し入れられてきた。
 いつもなら吐き気がするくらいいやなあの焼き鳥の夢だが今度のはいつもと違って気持ちが良い。
 こんなはずはないと思ったが、気持ちがいいのは仕方がない。
 こんな事ならあのSMホテルから逃げ出すんじゃなかった。
 あのまま本当に焼き鳥にされてたほうがよっぽどよかったと思うと体中が熱くなった。
 今度レズ殺しの鉄に捕まったらそのときはもう絶対に逃げないぞと心に決めると気持ちが楽になった。
 このまま夢が覚めずに夢の中でレズ殺しの鉄に可愛がってもらえたらいいのにと本気で思った。
 男達の激しい腰の動きの感触が続いた後しばくらくしまた意識がなくなると、昼頃になって目が覚めた。
 もしかしてレズ殺しの鉄が居るかもしれないと思って、部屋を見回してみたが俺一人で他に誰もいない。
 鉄に抱きしめられた感触が急に身体によみがえってきて、すぐに身体が熱くなった。
 俺はもうとても我慢しきれなくて、指を使って一番感じる所を押さえつけた。
 いつの間にか腰が勝手に上下に動き出すともう止められない。
 レズ殺しの鉄が俺の上からのし掛かって、あのでかいのを押し込んでくるのを想像すると身体が一気に熱くなってもうとても駄目だ。
 俺は手足の先端が小刻みに振るえつづけるなかで、鉄のいい所を一つづつ数え上げてみた。
 まず一番魅力があるのは、あの鉄の男らしいがっしりとした身体だ。
 肩幅があって胸板も厚くて、お腹がずんぐりと太い体型は本当に逞しい男そのままだ。
 それにあの分厚い舌がまた堪らない。
 俺の口の中で、歯茎や舌の裏を這い回る感触はもう絶品としか言いようがない。
 それにあのぶっとい指先もまたたまらない。
 不器用に見えてそれでいて、巧みな動きで俺の身体をくすぐりながら撫で回してくる感触は思い出すだけで震えて来ちゃう。
 それに一番すごいのはあの反り返ったぶっとい持ち物だ。
 根元からぐいと反り返って先端が紫色に光るあの形は本当に凄い。
 口の中にいれて舌を絡ませるだけでもう嬉しくて涙ものだがそれだけじゃない。
 あれが奥までいっぱいに入ってに子宮を押し上げて動く感触は本当にもうたまったもんじゃない。
 あんなに女の扱いが上手ければ、女から別れてなんか言われたことがあるはずがない。
 俺が鉄の事を忘れられなくても、俺が普通の女だってことだけで俺がドスケベ女だからってわけじゃない。
 だけど普通の女の身体がこんなに感じちゃう訳がない。
 俺はやっぱりドスケベ女なんだ、ドスケベ女じゃなきゃ鉄の女にしてもらえない。
 あれこれ考えてる内にもうなにがなんだか分からなくなって息が苦しくて死んじゃいそうだ。
 身体の震えが止まらなくなって繰り返し涙が溢れてきて止まらなくなったとき、急にドアがあいて誰か入ってきた。
 昨日帰ってきたときドアの鍵をかけ忘れたと気が付いて俺はびっくりして飛び上がりそうになった。
 一人でやってるのを見つかったら恥ずかしいが、誰かが俺を捕まえに来たのならもっと大変だ。
 ドアが半分あいて人影が見えたので慌てて俺は起きあがろうとしたが身体が震えてすぐには立てない。
「ジョーチンいる」と女の声が聞こえてきて俺は、あれっと思った。
 スケスケのキャミソールを着て部屋に入って来たのは有紀に間違いない。
 有紀はもうとっくにとっ捕まったと思ってたが、そうでもなかったらしい。
 有紀は平気な顔で俺の部屋に上がり込むと、勝手にお茶の支度を始めやがった。
 俺はスケスケの黒のレースのパンティーを履いてるのが有紀に見つからないようにと、慌てて布団を被った。
 有紀は俺の分までお茶を入れると、疲れた顔で床に尻を着いた。
 俺の目の前であぐらをかいて座るので、キャミソールの下が丸見えだ。
 パンティーを履いてない上、アンダーヘアも剃ってあるので花園がまるで中学生みたいに見える。
 有紀は俺に見られても恥ずかしくないと思ったのか、隠そうともしない。
 昨夜はよっぽど酷い目にあったのか、有紀の身体はあちこちがあざだらけだがその割には機嫌が良い。
 お茶を飲みながら、俺の部屋を見回して様子を伺ってるのがなんだか怪しい。
 変だと思って俺が「何で来たんだ」と聞いてみると有紀のやつメールの事を確かめたかったらしい。
 俺が本気で「勝手に死んじまえ」とメールしたのかと有紀に聞かれて俺は困ってしまった。
 俺が美人局をしようとして男にお仕置きされたなんて言える訳がない。
 誰かが勝手に携帯を使ったんだと俺が誤魔化して答えると有紀はやっぱりという顔をした。
 俺が有紀を命がけで助けに行ったんだから、俺がそんな事をメールするはずないと有紀はずっと俺を信じてたらしい。
 俺は有紀が金になりそうだから助けに行ったなんてうっかり言えるわけがない。
「金なんかより俺には、お前の体の方がよっぽど大事だぜ」と俺が言うと有紀は嬉しそうな顔をして「やっぱりそうだと思った、ジョーチンはお金なんか欲しがる人じゃないって私よく知ってるから」と答えた。
 俺は不味いことを言ったとすぐに気が付いた。
 これじゃあ有紀を助けたお礼に金を巻き上げるという企みも台無しだ。
 それよりも俺の所になんか来たら有紀の身の方が危ないはずだと俺心配になった。
 俺の部屋にはいつ奴らが有紀を探しにやってくるかも分からないし、レズ殺しの鉄がいつ来るかも分からない。
 もちろんレズ殺しの鉄が来たら素直に有紀を引き渡して俺は鉄に可愛がってもらうつもりなんだがそんな事を有紀に言うわけにもいかない。
 さっさと逃げろと俺がいうと、有紀の奴テレビを付ければ判かると言いやがる。
 俺は不思議な気がしてテレビを付けると映っていたのは有紀の顔だった。
 母親の不倫の相手を告発する娘というニュースで、母親の不倫の相手は連民党の大臣だとか。
 そう言えばちょっとまえに衆議院の総選挙があって、政権交代して連民党が政権を取ったなんて話しがあった。
 スケコマシの俺には関係ないことだと思ってたが、有紀の母親の不倫相手はその内閣の新大臣らしい。
 その上その大臣の弟はテレビで有名な評論家だとか。
 大臣の弟が上野公園前の階段で女子高生のスカートを盗撮している写真もあった。
 母親が探していたのは、有紀が撮った母親とその大臣とのニャンニャン写真だった。
 有紀が今目の前にいるってことはこのテレビの放送は録画らしい。
 俺はテレビで原稿を読み上げるアナウンサーの顔を見て腰を抜かす位びっくりした。
 あの淫乱女子高生の秀美に間違いない。
 変だとおもったがやっぱりテレビ局の報道部の女だったんだ。
 取材のためにセーラー服なんか着て女子高生の振りをしていやがったんだ。
 おまけに隣にたってる男は俺をデリヘル女と勘違いしたあの健ちゃんだ。
 なるほどと思ってあれこれ思い返してみると確かに納得できる出来事ばかりだ。
 有紀は腹が減ったと言ってコンビニに買い物に出て行った。
 すぐに戻ってきたが菓子パンの他に何か包みを隠そうとした。
 無理矢理取り上げて確かめてみると、今日出たばかりの写真週刊誌の表紙に「有名政治家がのめり込んだ人妻夜這いプレー」と赤い文字が見えた。
 なんで有紀のやつ週刊誌を隠すんだろうと思って、拡げて見ると大写しで映っていたのは有紀の母親があの産婦人科の椅子に縛り付けられてる場面で、その前に立ちはだかっている男が被っているのは俺が使っていたスキー帽だった。
 あの夜這いプレーの時の俺の写真だ。
 俺が有紀の手を掴んで床に引っ張ると有紀は力無く自分から床に転がった。
「おいどうゆうことなんだこれ」と俺が厳しく問いつめると「写真は他にもいっぱい渡したんだけど」と言い訳をしやがる。
 とんでもない女だと俺は有紀の体に厳しくお仕置きをしてやることにした。
 もちろんお仕置きをされても喜ぶだけだってのはよく分かってるんだが。

          完

22.強制調教<< ページトップ

人妻調教アダルトビデオ

人妻 奴隷契約 高坂保奈美
人妻調教~人妻奴隷志願~
調教されてゆく人妻 10人 快楽に溺れてゆく日常
人妻熟女被虐総集編 熟れ肉奴隷たちの虐辱
人妻奴隷全集4時間 襲いかかる悲劇、怒濤の陵辱アクメ
緊縛 8時間総集編 縄マニア
緊縛 厳選 4時間 vol.2 [DVD]
緊縛拷問、ベストコレクション 杉浦美由 長谷川あゆみ 南ゆの 星野めぐ 結城綾音