長編官能小説(女子高生強制調教)スケコマシのジョー

by七度柚希

目次

1.上野で拾った家出少女

2.強制輪姦

3.出会い系喫茶

4.夜這いプレー

5.テレクラ狂い

6.人妻痴漢地獄

7.淫乱女子高生

8.強制露出調教

9.レズ淫乱調教

10.デリヘル面接

11.レズ殺し

12.女の喜び

13.デリヘル志願

14.SM調教ビデオ

15.担保は裏ビデオ

16.ビデオチャット

17.ブルセラビデオ

18.美人局

19.レズビアン

20.カーセックス

21.恋人交換

22.強制調教

23.スキャンダル

4.夜這いプレー

あらすじ
 有紀の母親を上野駅まで呼び出すと、駅前のラブホテルに案内した。
 母親は有紀が縛られて猿轡されてる夜這いプレーの様子を見てびっくり仰天してる。
 身代わりになれと騙して母親をセーラー服姿で縛付け、有紀に鞭で叩かせると有紀は大喜び。


 これでやっと有紀の面倒を見なくて済むと思うと俺はほっとした。
 有紀と二人で夜を過ごすのもこれが最後の見納めだ。
 翌日の昼過ぎまで有紀をたっぷり可愛がってやったあと、俺は有紀と上野まで出かけた。
 有紀は俺に声をかけられた地下道を歩くと、なんだか思い入れのあるような気分らしくて顔をしかめて足早に通り過ぎた。
 駅前のビルのすぐ裏手にあるラブホテルに入ると、有紀がSM風の部屋を選んだ。
 部屋には大きな産婦人科の出産椅子が置いてあるので、有紀は面白そうな顔をして見ていた。
 俺はちょうどいいと思って有紀をその産婦人科の出産椅子に縛り付けることにした。
 部屋には自動販売機もありバイブやコンドームの他にSM用の責め具もいろいろ置いてある。
 猿轡も何種類かあったので白いボールで出来たギャグと黒い皮の目隠しを買った。
 俺は有紀に目隠しをして白いボールのギャグを口に銜えさせた。
 セーラー服を着て出産椅子に縛られた女というのはまるでSM風の裏本そっくりの構図だ。
 椅子は回転のハンドルを回すと、角度が好きな位置に変えられる。
 ちょうど花園が一番よく見える位置で止めると俺はデジカメで写真を何枚も撮った。
 すぐに何に使うかは思いつかなかったが、この手の写真は撮っておけばいろいろと使い道がある物だ。
 ひとまず用意ができたので、後は有紀の母親が来るのを待つだけだ。
 新幹線の着く時刻までは少し時間がある。
 上野の駅の改札口近くまで行くと、新幹線が着いた頃を見計らって母親に携帯をかけた。
 母親はちょうど新幹線を降りて、改札口に歩いている途中だった。
 改札口で待っていると、教えられた通りのピンクのスーツの女が出てきた。
 靴もバックもしゃれた高級なブランド品で化粧もかなり濃い。
 女子中学生の親にしては随分と派手な服装だ。
 まあこの親なら娘に嫌われるというのもありそうな話しだ。
 さっそく俺は母親をさっきのラブホテルの部屋に案内することにした。
 部屋のドアを開けるとすぐに足を広げて花園が丸出しになった有紀の体が目に入った。
 母親はさすがにびっくりして腰が抜けたように動けなくなった。
 俺は母親のお尻を後ろから押して有紀の前まで連れてきた。
 セーラー服で大きく足を開いた娘の姿を見てどうしていいのか分からない顔でしばらく立ち尽くしていたが、やがて気分が落ち着いたのか有紀の足を縛っている金具を解き始めた。
 金具を全部外して有紀を立たせると、有紀は床にしゃがみ込んでしまった。
 もちろん芝居だと分かっていたが、なかなか上手いもんだと感心して見ていた。
 最後に目隠しを外すと有紀は母親の顔を見るなり急に泣き出してしまった。
 どうも全部が全部芝居という訳ではなかったみたいだ。
 母親が持ってきた鞄から500万をだして「あとはこれで何とかしてくださいお願いしますね」と言って俺に渡した。
 有紀はその金を見てこれで上手くやったという顔を見せたがすぐにまた泣き顔を作った。
 大きな鞄の中には娘の着替えに持ってきたセーラー服が入っているのが見えた。
 俺はこれは使えるととっさに思った。
 もちろんこのまま有紀を返す訳には行かない。
「客が来るまでこうやって縛られて待つのが夜這いプレーでね。もうすぐ客が来るんだ」
「今度の客は上得意の暴力団の組長でね。もし、部屋にきて有紀が逃げ出したとわかったら大変なことになるんだぜ」とあらかじめ有紀と口裏を合わせておいた話しを始めた。
「誰か代わりの身代わりを置いておかないと大変なことになるんですぜ奥さん」と俺はわざと大げさな口調で言った。
 有紀も心得た物で「ほんとに大変なことになっちゃうの、誰か代わりの女の子をここに縛り付けておかないと飛んでもでもないことになっちゃうのよ」と調子を合わせた。
「だけど代わりの女の子なんてどうすればいいんですか、すぐには見つからないし」と母親が困った顔で言いだした。
 ここが決め所だと俺は「そうだ、奥さんがぴったしですぜ、背格好も同じくらいだし。他にもう方法はないから、いますぐここに寝てくれませんかね、いやそれしかない」とまた大げさに言ってやった。
 有紀も「ママ、それしかないのよ。でないと大変なことになるの」と母親を言いくるめた。
 だいたい母親が夜這いプレー身代わりになるなんて馬鹿な話しはあるわけないのだが、慌てて気が動転してるせいもあって、母親はすっかりその気になって出産椅子に背を向けて体を載せようとした。
 俺は「おい、セーラー服に着替えるんだ、そうしないとばれちまうだろ」と母親を怒鳴りつけた。
 母親は確かにそれもそうだと思ったらしく服を脱いで、鞄の中からセーラー服をだして着替え始めた。
 まだ若いとはいえもう30代の女がセーラー服なんかを着ると、裏本のモデルの女みたいで見ていて気分が悪くなるが、本人は得意そうな顔をしてやがる。
 ともかく縛り付けた後、目隠しをして口にさっきのギャグを噛ませた。
「これから組長が来るからな、何をされても逆らわずに大人しくしているんだぜ分かってるな」
「組長はいつ来るか分からない、いつくるのか分からないのが夜這いプレーなんだ」
「組長は大変なドヘンタイだから何をされるか分からないぜ」と言って俺は母親を脅かしてやった。
 さっきから小刻みに震えていた母親の体が、急にがたがた震えて椅子の金具が音たてて鳴った。
 有紀はそれを見て満足そうに半分舌をだして笑うと先に部屋を出て行った。
 ひとまずラブホテルのロビーでしばらく時間を潰した後、俺は有紀と一緒に母親の縛られている部屋の前まで行った。
 静かにドアを開けて中を確かめた後、今度はわざと大きな音を立ててドアを閉めた。
 ドアの音を聞いただけで、母親の体がびくりと震え上がるのが見えた。
 有紀はそれがよほど面白かったらしくて、笑い出すのを堪えて体をくねらせた。
 俺は一歩一歩足音を立てて母親の前まで来ると、部屋に置いてあるプレー用の鞭を有紀に渡した。
 黒い皮で出来た鞭は先が幾重にも別れていて、汗と血が混じり合ったような匂いがした。
 有紀はまず最初に鞭の先母親の鼻先に押し当てると、その匂いが分かるように何度も鼻先に擦りつけた。
 母親は嫌な顔をして顔をそらせたが、その度に有紀は鞭の先を母親の鼻先に押しつけ直した。
 俺がビデオカメラの用意が出来たのを目で合図して知らせると、有紀はいきなり母親のお腹めがけて鞭をぴしゃりと叩きつけた。
 母親が口にしたギャグの奥から悲鳴を上げると、有紀はちょっととまどった様子で今度はさっきより軽く叩いてみた。
 だがあまり反応が無いのを見て今度はさっきよりも強く叩きつけた。
 母親がまた体を震わせて喉の奥から叫び声を上げるのを聞いて有紀は満足した様子で次から次へと母親の手や足を鞭で叩きつけた。
 体中が鞭の跡で紅いあざができるのを有紀は面白そうな顔で楽しんでいるようだった。
 目が半分つり上がった有紀の顔を横から見ていると、つくづく女というのは恐ろしいものだと俺は思った。
 有紀が思う存分母親を鞭で叩きのめしたあと、俺は有紀にバイブを渡した。
 一つは黒人並の巨大なバイブ、もう一つはア×ル用のバイブだ。
 二本のバイブを手にして有紀は顔色が変わった。
 有紀が相手をしたあのSM調教プレーマニアの客もバイブが大好きだ。
 きっと有紀の奴も特大バイブとア×ルバイブの二本差しをされたに違いない。
 自分がされたのと同じ事を母親にしてやるつもりだと俺はピンと来た。
 有紀はまずア×ルバイブゆっくりと押し回しながら深く差し込んだ。
 ア×ルバイブは慣れてないと簡単には入らないが、有紀はよっぼど上手にア×ルを責められたらしくて、ローションを先に付けて廻しながら少しずつねじ込むやり方を何処で覚えたのかうまくやってのけた。
 もちろんすぐに特大バイブをいれたりはしない。
 ア×ルバイブは団子の串刺しみたいな形をしていて、それ出し入れするのがたまらなく快感だ。
 だが入れてすぐ気持ちよく成るわけではない。
 何度も繰り返して少しづつ微妙なテクニックで責めていくのが手順だ。
 もちろんすぐにはバイブレーションのスイッチを入れずに責めるのが上手な使い方だ。
 バイブレーションなしでも十分快感が高まったところで、スイッチを一瞬だけ入れる。
 最初はすぐにスイッチを切り、また出し入れを繰り返して頃合いをみてスイッチをいれる。
 そうするとスイッチを入れたり切ったりを繰り返す度に快感が強くなり、最後にはもうア×ルでないと感じない体になっちまう。
 有紀の手つきを見て俺は有紀が母親をア×ル狂いに調教しようとしているのが見て取れた。
 母親が母親なら娘も娘だ。
 本当に女の恨みというのは親子でも底無しだ。
 一通りア×ルが慣れて来たところで、次は特大バイブだ。
 これもすぐには奧まで入れたりはしない。
 花園に先端を軽く触れさせて押し回しながら、少しつづ快感を高めていく。
 すっかり奧まではいったら、今度は二本のバイブのスイッチを交互に入れながら動かしていく。
 有紀の手つきはすっかりプロの調教師なみだ。
 もうこれで完璧にア×ル狂いに体が仕上がった頃、有紀は俺の顔を見て指を突き出して合図してきた。
 今度は俺にやらせるつもりらしい。
 俺は有紀にビデオカメラを渡すと、スキー用の顔が隠れる帽子を頭から被った。
 有紀はまた指で合図してきた。
 俺は有紀の指示通りに自慢のペニバンを母親のア×ルにぶち込んでやった。

3.出会い系喫茶<< ページトップ >>5.テレクラ狂い

人妻調教アダルトビデオ

人妻 奴隷契約 高坂保奈美
人妻調教~人妻奴隷志願~
調教されてゆく人妻 10人 快楽に溺れてゆく日常
人妻熟女被虐総集編 熟れ肉奴隷たちの虐辱
人妻奴隷全集4時間 襲いかかる悲劇、怒濤の陵辱アクメ
緊縛 8時間総集編 縄マニア
緊縛 厳選 4時間 vol.2 [DVD]
緊縛拷問、ベストコレクション 杉浦美由 長谷川あゆみ 南ゆの 星野めぐ 結城綾音