長編官能小説(女子高生強制調教)スケコマシのジョー

by七度柚希

目次

1.上野で拾った家出少女

2.強制輪姦

3.出会い系喫茶

4.夜這いプレー

5.テレクラ狂い

6.人妻痴漢地獄

7.淫乱女子高生

8.強制露出調教

9.レズ淫乱調教

10.デリヘル面接

11.レズ殺し

12.女の喜び

13.デリヘル志願

14.SM調教ビデオ

15.担保は裏ビデオ

16.ビデオチャット

17.ブルセラビデオ

18.美人局

19.レズビアン

20.カーセックス

21.恋人交換

22.強制調教

23.スキャンダル

9.レズ淫乱調教

あらすじ
 アパートに秀美を連れ帰ってたっぷり可愛がってやったがどうも変だ。女子校生にしては淫乱すぎる。
 秀美に誘いを掛けてみると風俗で働きたいとすぐに言い出したが話しが上手すぎる。
 デリヘル店に面接に行く途中で痴漢プレーをやらせてみたら感じまくってやがる。


 タクシーがラブホテル街のある路地裏を抜けて大通りにでると、俺はさっそく秀美の腿の間に手を差し入れた。
 最初は膝頭を軽くくすぐると秀美の奴、膝がすぐに震えだしやがった
 俺はしばらく秀美の腿の内側を指先で軽くなぞり続けた。
 すぐに秀美の足が引きって震えてきたので、俺は指先を腿の上で進ませて花園の手前まで来ると指を逆方向に戻した。
 わざとすぐには一番感じる所を責めないのは、女を責める時の鉄則だ。
 秀美のやつ身体をくねらせて、肩で息をして来たのでそろそろ頃合いだ。
 俺は手のひらを秀美の腿にあてがうと、左右いっぱいに開かせた。
 初めはいやがって腿を閉じようとしたが、一旦開いてしまえばもう逆らえるわけがない。
 俺が腿の内側を左の膝から右の膝まで左右交互にくすぐるように指を動かすともう感じっぱなしになってやがる。
 秀美のやつ自分から思い切り足を左右に開きやがってみっともない格好で腰を震わせてやがる。
 一番感じるところを軽く指先でなでると、もうぐちょぐちょで洪水が溢れてる。
 指を中まで少しだけ差し入れてみると「うぁ」と喉の奥から喘ぎ声が漏れてた。
 喉が詰まったようになって息を吐き出すと運転手も気になるのかちらちらとバックミラーごしにこっちをみてる。
「お客さん大丈夫ですか」と運転手が声を掛けてきたがもちろん心配していってる訳じゃない。
 秀美のやつ運転手に気づかれたと思うとまた急に身体が熱くなったらしくて、顔が真っ赤になってる。
 タクシーがアパートの前に着くと秀美のやつ腰が抜けたように動けない。
 俺は秀美の身体を抱えて車から降ろして、階段を上らせると部屋のドアの前まで連れてきた。
 ドアを開けて秀美を中に入れるとすぐに両手でドアに向かって立たせて郵便受けをつかませた。
 秀美の腰を両手で引きつけて前屈みの姿勢を取らせると、そのまますぐに立ちバックでせめてやった。
 秀美のやつもうとても堪らない様子で、身体ごと震えが止まらない。
 膝から崩れ落ちてしゃがみ込みそうになるのを腰を下から突き上げて立たせてやると秀美のやつ腰を振りながら泣きじゃくってる。
 取りあえずたっぷり虐めてやった後は、すぐに秀美を部屋の中に引っ張り込んだ。
 まずは四つんばいにさせて後ろからバックでたっぷり責めてやる。
 そのあとは仰向けにして両膝が肩に着くくらいの位置に引っ張り上げて腰の下には枕を押し込んだ。
 上から叩き込むように腰を使うともう秀美のやつ訳の分からない事を口走ってやがる。
 疲れて動けなくなるまでたっぷり秀美を可愛がってやると俺もさすがにしんどくなってきた。
 秀美の上に身体を重ねたまま少し身体を休めようと思ったらいつの間にか俺も疲れて寝てしまった。
 翌朝のまだ明け方近くに半分目が覚めてみるとなんだか部屋の様子が変だ。
 耳元でごそごそと微かに物音がする。
 薄明かりの中で音のする方に目をやると秀美が四つんばいの姿勢で枕元で何か探してる。
 何か無くしたのかと思ってぼんやりした目で見ていると、秀美の奴俺のケータイをいじってる。
 これは変だと思ってしばらく様子を見てると、携帯の次には俺の財布を手にとって中を調べてる。
 金を盗もうとしてるのかと思ったが、そうでもないらしい。
 これは普通に遊んでる淫乱な女子高生にしてはやることが変だ。
 俺はそっと手を伸ばして後ろから秀美のパンティーをひっぱって膝まで降ろした。
 秀美のやつ驚いて四つんばいのまま這って逃げようとしたが、そうはさせない。
 俺はすぐに秀美の腰をしっかりつかんで引きつけるとそのままいきなりバックで責め立てた。
 繰り返し腰の角度を変えて押し込んでやるとすぐに秀美が頭を仰け反って喘ぎだした。
 腰の動きに強弱をつけて責め続けるとすぐに秀美も感じてきて腰を使い始めた。
 昨日は気が付かなかったがこの秀美って女は女子高生にしては腰の使い方が上手すぎる。
 俺はわざと自分で腰を動かすのを止めて秀美の様子を見た。
 秀美は四つんばいの姿勢て身体を前後に揺すりながら腰を廻すように回転させてる。
 普通に女がよがる時の動きとは違うまるでプロのデリヘル女並の腰使い方だ。
 俺がなにもしなくても勝手に自分で腰を前後に動かしながら喘ぎ続ける秀美を見てるとやっぱりどうも変だ。
 おれはちょっと秀美を試してみようと思った。
 取りあえず俺が思いきり腰を使って秀美を何度も行かせると、秀美はそのまま仰向けに布団に倒れ込んだ。
 俺はそのまましばらく秀美の様子を見てみた。
 秀美は腰が震えたまま、足が引きつって足の指が一本一本開いて変な格好で動いてる。
 両手で布団を握りしめて胸を揺するように体をくねらせて、腰も捻りながら上下に動き続けてる。
 確かに女の喜びを感じたすぐ後の体の動きだが、こんなに上手くできるのはプロの女くらいなもの。
 普通の女子高生がいくら良かったからって終わった後にこんなに体の動かし方をするわけない。
 俺は気になってしばらく秀美の様子を確かめてみた。
 秀美の奴、目頭がつり上がってしばらく涙を浮かべていたが、次第に息が落ち着いてきた。
 見てると秀美の奴しばらく息使いが静かになったあとに、急にまた体が引きつると激しく震えだし、また落ち着いてくるのを何度も繰り返してる。
 それでもまだ足りないのか、秀美の奴今度は自分で指を使い始めた。
 終わった後にまだこんな事が続くのは、どう見ても普通の女じゃない。
 どうも正体の分からない怪しい女だ。
 このままアパートに置いておいたらろくな事にはなりそうにない。
 さっさとデリヘルに売り飛ばした方が良さそうだ。
「おい、秀美、お前まだやり足りないんだろう」と俺は秀美の身体を撫でながら耳元でささやいた。
「男が欲しくてたまらないんだろう、それだったらいい仕事紹介してやるぜ。毎晩男に可愛がって貰えるんだぜ、それも一晩何人もだ。こんないい仕事ないだろう、お前にはぴったりだ」と言いながら身体をくすぐって一番感じるところを軽く撫でるように責めた。
「男が欲しい女にはこんないい仕事ないんだぜ」と何度も繰り返し耳元に叩き込むように繰り返すと秀美のやつ「どんな仕事なんですか」と喘ぎながら聞いてきた。
「デリヘルって知ってるだろう」と俺がそれとなく話しを向けると「はい」と秀美がまたかすれた声で返事をした。
「デリヘルには、なかなか簡単には勤めさせて貰えないんだぜ。普通の女子高生が行ったって断られるだけなんだ。だけど俺が特別に紹介すれば働かせて貰えるんだ」と言ってやると秀美も納得した顔。
「俺が紹介してやるから、面接を受けてみろ」と俺が勧めると秀美は大人しく「そうします」と答えた。
 いつものデリヘル店の事務所にこれから行くと電話をしてから俺は秀美を連れ出した。
 もう昼近くだが地下鉄の駅は結構混んでる。
 秀美が地下鉄に乗ろうとして財布からスイカを取り出して改札を通った。
 俺は秀美のやることを見ていてなんだか変な気がした。
 普通の女子高生だったら定期券をスイカ代わりに使うはず。
 わざわざ定期券の別にスイカのカードを持ってるはず無い。
 俺は秀美を試して見ようと思って、良い事を思いついた。
 普通の女子高生なら、毎朝通学の途中で痴漢に遭うくらい当たり前だ。
 だが普通の痴漢はせいぜいちょっとお尻を触るくらい。
 もっと凄いプロの痴漢になんか遭ったら秀美がどんな反応をするか見てみるのも面白い。
 俺は改札のすぐ奥のトイレに入る振りをして携帯の痴漢掲示板に「これから痴漢して下さい」と駅名を書き込んだ。
 痴漢の掲示板はインターネットの人気掲示板で、携帯からも読み書きが出来る。
 痴漢マニアが痴漢の情報を交換したりするのに使ったり、痴漢志願の女が自分で書き込みをしたりする場所だ。
 毎日大勢の痴漢マニアが掲示板を見て、痴漢志願の女が書き込むのを監視してる。
 痴漢して下さいなんて書き込みは、痴漢が見逃す訳がない。
 制服姿の秀美の写真も一緒に投稿したからこれなら絶対間違いない。
 階段を降りて地下鉄をしばらく待っていると、数人の男が秀美のすぐ後ろに並ぶのが見えた。
 さっき俺が書き込んだ痴漢掲示板の書き込みを見て集まってきた男達らしい。
 すこし離れた男が携帯を取りだして、俺が投稿した秀美の写真と見比べて何度も確かめてる。
 地下鉄の電車が入ってくると、昼近くの時間なのに車両の中は結構混んでる。
 秀美が電車に乗るとすぐに後ろから痴漢の男達が乗り込んで秀美を取り囲んだ。
 俺はわざとすこし離れたドアの近くで秀美の様子を伺った。
 しばらくは何事も起きなかったが、やがて秀美が俺を探して顔をこちらに向けた。
 眉が歪んで半分つり上がった顔は、やっぱり痴漢に遭ってる顔だ。
 俺がわざと横を向いて知らん顔をすると俺の携帯に「今痴漢にあってるんです」と秀美からメールが来た。
 痴漢の奴らやっぱり秀美を取り囲んでやりたい放題を始めたらしい。
「本当に痴漢なのか、本当なら携帯で写真を撮って送って見せろ」と書いて秀美の様子を確かめた。
 秀美のやつ本当に携帯をスカートの下に差し入れて痴漢の写真をとって送って来やがった。
 俺はその写真をそっくりそのまま痴漢掲示板にアップロードして「指を奥まで入れて、お願い」と書いてやった。
 足が震えてるのかスカートがぶれて写真に写ってる。
 次の駅でまた数人の痴漢が乗り込んできたらしくて秀美は痴漢に囲まれてもう動けない。
「お願い助けて」と秀美からまたメールが来た。
 また写真を撮って送るように命じると、秀美のやつ痴漢にあってる写真をもう一度メールで送ってきた。
 今度は指が花園の奥までしっかりと付け根まで入ってる写真だ。
 腿に愛液がしたたって流れてるのまでしっかり写ってる。
 この女痴漢にあって気持ちがいいって事はやっぱりドヘンタイのドスケベ女に違いない。
 だがすぐにデリヘルで働きたいなんて言い出すのもやっぱり変だ。
 降りる駅が近づいてきて、俺はまた痴漢掲示板に「もう降ります、また明日お願いします」と書き込んでみた。
 すると秀美を取り囲んでいた痴漢は、誰かが合図したらしくて急に秀美のそばから離れた。
 地下鉄の電車が止まって秀美がホームに降りると俺はもう一度秀美の様子を確かめた。
 まだ足が震えていて眉が歪んで顔をしかめてるが嫌な目にあったという顔じゃない。
 この女痴漢にあって感じやがったと思うと俺はおかしくて笑いそうになった。
 地下鉄の駅を出て駅前の大通りを歩きながら俺は秀美に話しかけた。
「デリヘル女ってのはな、待ってるだけじゃ、客の指名は取れないんだ。自分で客を誘うのが上手く出来ないとデリヘル女はとても勤まらない。お前、客を誘うなんて言われてもできないだろう」とそれとなく話しを向けた。
「客を誘うってどうすればいいんですか、教えて貰えれば私でもできるんですか」と秀美のやつやけに素直な態度だ。
「今すぐやってみろ、それが出来ないようじゃとてもデリヘルになんか紹介できないからな」と俺が言うと秀美も「そうですね」と言って頷いた。
 ちょうど大通りの横にマクドナルドが見えたのでこれは都合が良いと一人で店に入らせた。
 カウンターの席に座れと秀美に指示して、俺は少し離れた大通りの反対側の小道に隠れた。
 俺は秀美がちょうど大通りに面したカウンターの席に座ったのを確かめるとメールを送って「足を広げて座れ」と指示した。
 秀美が少し膝の間を離して座ると、通りの外からは腿の上まで短いスカートの中が見えた。
 俺は秀美に「もっと思い切り左右に広げるんだ。外を歩いてる男に見せて客を誘うんだ」とまたメールで指示した。
 秀美のやつまたさっきより大きく足を広げたがまだ足りない。
「もっと広げろ、ちゃんと出来なけりゃデリヘルに紹介してやらないぞ」とまたメールを送ると秀美のやつ今度は股をまたもっと大きく左右に開いた。
「ケータイで写真を撮って送れ」と秀美に指示すると、折り返しパンティーが丸見えの写真を送ってきた。
 俺はさっきの痴漢掲示板に「待ってますから声をかけてください」また書き込みをして一緒に写真も載せた。
 すぐに他の男から「何をして欲しい」と書き込みがあったので「いますぐトイレで生フェラさせてください」と返事を書いた。
 しばらく様子を見ていると、秀美のちょうど目の前に中年の男が立ち止まった。
 窓のガラス越しに秀美が足を広げているのを見て携帯の画像と何度も見比べをしてる。
 掲示板に書き込みした女に間違いないと何度も確かめた後に男は店の中に入った。
 男が秀美の横に座ると、秀美になにか話しかけてるのが見えた。
 しばらく話しが続いた後に秀美が手にしたバニラシェークの紙コップを置くと、指をスカートの下に入れた。
 横に座った男も手を伸ばしてきて、秀美の腿の内側を撫で回してる。
 男の指の動きがしだいに大胆にスカートの奥まで届いてきたらしい。
 秀美が身体を捩るようにして頭を何度も仰け反らせてる。
 感じるところを責められてるのが遠くから見ていてもはっきりわかる。
 急に男が立ち上がると、秀美の手をとって奥のトイレに連れて行った。
 さっき俺が「トイレで生フェラさせて下さい」と痴漢掲示板に書き込んだから、それを見た男は本気にして秀美をトイレに連れ込んだらしい。
 これは面白いことになったと俺は、二人がトイレから戻ってくるのを待った。
 秀美が本当に淫乱な女子高生か、それとも淫乱な振りをしてるだけなのかこれではっきりするはずだ。
 普通の女子高生なら男に声を掛けられてすぐにトイレで生フェラなんかとてもできないはず。
 しばらく待っても二人がトイレから出てこないので、俺は気になってさっきの痴漢掲示板を確かめてみた。
 動画が投稿してあって、再生してみると秀美がトイレで生フェラしてる画像だ。
 秀美をトイレに連れ込んだ男が携帯で撮影して痴漢掲示板に投稿したらしい。
 俺はちょっと驚いたが、痴漢掲示板ではよくある事だ。
 秀美のやつ最後には口の中に出されて、飲み込んでるのまではっきり映ってる。
 やっと二人がトイレから出てくると、男は秀美を店に残したまま去っていった。
 秀美が少し送れて店を出てくるのが見えた。
 俺は周りの様子を確かめてから、秀美に近づくと秀美も俺に気が付いて歩み寄ってきた。
 口が半分開いて目が宙に浮いてる顔は、たった今生フェラしたばかりのフェラ顔そのままだ。
 秀美は手にした札束を俺に差し出した。
 なるほど男からちゃんと金を受け取ったらしい。
 トイレで生フェラしただけにしては結構な金額だ。
 俺はこれで秀美をデリヘルに売り飛しても商売がやって行けそうだとひと安心した。

8.強制露出調教<< ページトップ >>10.デリヘル面接

人妻調教アダルトビデオ

人妻 奴隷契約 高坂保奈美
人妻調教~人妻奴隷志願~
調教されてゆく人妻 10人 快楽に溺れてゆく日常
人妻熟女被虐総集編 熟れ肉奴隷たちの虐辱
人妻奴隷全集4時間 襲いかかる悲劇、怒濤の陵辱アクメ
緊縛 8時間総集編 縄マニア
緊縛 厳選 4時間 vol.2 [DVD]
緊縛拷問、ベストコレクション 杉浦美由 長谷川あゆみ 南ゆの 星野めぐ 結城綾音