長編官能小説(女子高生強制調教)スケコマシのジョー

by七度柚希

目次

1.上野で拾った家出少女

2.強制輪姦

3.出会い系喫茶

4.夜這いプレー

5.テレクラ狂い

6.人妻痴漢地獄

7.淫乱女子高生

8.強制露出調教

9.レズ淫乱調教

10.デリヘル面接

11.レズ殺し

12.女の喜び

13.デリヘル志願

14.SM調教ビデオ

15.担保は裏ビデオ

16.ビデオチャット

17.ブルセラビデオ

18.美人局

19.レズビアン

20.カーセックス

21.恋人交換

22.強制調教

23.スキャンダル

8.強制露出調教

あらすじ
 ピンクローター入れさせて虐めながら、エッチな会話を向けると秀美は今までの体験をすらすらと白状しやがった。
 ゲームセンターの中央の螺旋階段をパンティーを脱がせて歩かせると、秀美はよっぽど感じたらしいくて目が虚ろだ。
 あちこち連れ回した後、俺はラブホテルの前を通りかかったタクシーに秀美を乗せた。


 トイレから秀美が出てくるのが見えて俺は慌てて秀美の鞄を元の場所に置いた。
 秀美のやつバイブを入れただけで感じてきやがったのか足が震えて歩けないらしい。
 足を一歩前に踏み出す度に眉をぎゅっと歪ませて息を吐き出してやがる。
 左右に並んだ椅子にぶつかりそうななりながら、おぼつかない足取りでやっとのことで秀美は席に戻ってきた。
「おい、本当にちゃんと入れてきたんだろうな、スイッチ入れてみろよ」と俺が言うと秀美が手にしたリモコンスイッチを軽く押した。
 椅子に座った秀美の身体が一瞬震えて、飛び跳ねた足がテーブルの支柱にぶつかって音を立てた。
 すぐにスイッチから指を離すと秀美は目をきつく閉じて顔を歪めて肩で大きく息をした。
 この女馬鹿正直に言われた通りにピンクローターを入れてきやがった。
 俺は秀美の手からバイブのリモコンスイッチを取り上げると操作法を確かめた。
 入りと切りしかない押しボタンは間違いようがない。
「これから俺の聞いたことに素直に答えるんだ、嘘を言ったらこのスイッチを入れるからな」と俺が脅かすと秀美は怯えた目つきで頷いた。
 子猫みたいな目をしやがって、本当は感じてやがるのにと思うと俺はちょっと腹が立った。
 俺は秀美にさっき薬を混ぜたバニラシェークを勧めると、秀美は嫌な顔もせずに少しだけ口にした。
 俺はわざと秀美に見えるようにバイブのリモコンのスイッチの上に指を載せながら「最初に一人でやる遊びはいつ覚えたんだ」と聞いてみた。
 秀美のやつ眉を歪めて口を堅く閉じてすぐには答えようとはしない。
 一人でやる遊びと言われたら年頃の女子高生だったら何の事かは知らないはずはない。
「いつも一人でやってることがあるだろう」と俺が厳しい口調で問いつめても黙ったままだ。
 俺がリモコンのスイッチを入れる振りをして指先を軽く押しつけるように動かすと秀美は慌てて「小学校の時です」と答えた。
「何年生の時だ」と俺がしつこく問いただすと秀美はすぐに「三年生の時です」と答えた。
「気持ちよかったんだな」と俺が念を押すと秀美は黙って頷いた。
「誰に教わったんだ」と聞いてみると「触ってみたら気持ちよかったから」と言うので自然に覚えたみたいだ。
 俺もまだ小学生だったころは訳も分からずに自分で触ってみて気持ちが良くて止められなかったのを思い出した。
 俺だってレズに成る前には、普通の女の子らしい事をしてたこともある。
 男と付き合うのがどうもしっくり来ないと思うようになったのは、随分と大きくなってからだ。
 小学生の頃だったらちょっと触っただけで気持ちいいだけだが、年と共にだんだんと大胆な事をするように成るもんだ。
 男の子に入れてもらうと気持ちいいなんて話しを女友達から聞いて俺も何か入れてみたくなったりしたこともある。
「指は何本いれてるんだ」と意地悪く聞いてみると初体験が済むまでは入れたことがなかったらしい。
 これならまだ色々聞き出せそうだと思って「初体験はいつだ」とまた俺はエッチな質問を続けた。
「中学一年の時です」と秀美のやつが答えたので俺はちょっとびっくりした。
 初体験が中学一年というのはちょっと早すぎるが、嘘を言ってるようにも見えない。
「相手は誰だ」と聞いてみると「塾の先生です」と答えやがった。
 なるほど初体験の相手が塾の先生というのは結構よく聞く話しで、それほど珍しい事でもない。
 教え子に手を出すというのは先生なら結構よくある話し。
「今彼氏はいるのか」と聞いてみると「決まった人はいません」という答えだ。
 彼氏はいないけど付き合ってる男は何人かいるらしい。
 付き合った男の事を詳しく聞こうと思ったが、どうせ誘われて一晩遊んだだけの相手。
 いちいち一人づつ覚えてるはずなんかない。
 秀美のやつを男狂いにした相手を聞き出そうと思って「今までで一番よかったのはいつだ」と聞いてみた。
「昨日です」と秀美が答えたので、俺はなるほどとそうゆう事かと思った。
 昨日よっぽどいい思いをしたから、今日も遊ぶのがやめられないって訳だ。
 女が淫乱になって男と遊ぶのが止められなくなるのは大概がそんなきっかけだ。
「何処で知り合った相手なんだ」と聞くと「さっきあの店です」という答え。
 やっぱり秀美のやつあの出会い系喫茶で遊ぶのが止められないらしい。
「立ちバックは昨日が初めてか」と鎌を掛けて聞いてみると秀美の顔が泣き出しそうに歪んだ。
 やっぱり昨日遊んだ相手に立ちバックを初めてやられたらしい。
 立ちバックなんてのは普通に遊んでる男なんかじゃあ滅多にやるやつはいない。
 腰の使い方が難しくてよっぽどテクニックがないと上手くはできないもの。
 だいたいがドスケベの中年男が、女の身体を男狂いにするのが目的でやるプレーだ。
「男の年は幾つぐらいなんだ」と俺が聞いてみると「年上です」と答えやがる。
「どのくらい年上かきいてるんだ」とすこし脅してやると「一回りくらい上です」という答え。
 やっぱり昨日の相手は中年のドスケベのド変態男だったらしい。
 自分ではちょっと遊んでるつもりの女子高生なんかが、立ちバックで責められたらもう堪ったもんじゃない。
 下付の女は普通の正常位のセックスじゃあまり感じないが、中年男になんかに上手く立ちバックなんかやられたらもう大変だ。
 見た目は不格好な背の低い男の方が、立ちバックで女を責めるには腰の位置がちょうど良いからなおさらだ。
 男の腰の使い方が次第で、入る角度が変わるので女の感じ方がまるで違う。
 膝が震えてしゃがみ込みそうに成るところを下から奥まで突き上げられたらもうたまらない。
 そのまま天国まで行きっぱなしにされちまうって寸法だ。
 昨日は立ちバックのほかにも変態プレーを山ほど仕込まれたに違いない。
 中年男が女子高生をオモチャにして遊ぶ時にする事と言ったらだいたい見当が付く。
 きっと財布に入っていた紫色の錠剤もその時に飲まされたに違いない。
 薬をやってセックスなんかやったりすると、まるで別の身体みたいに感じまくるはず。
「昨日は身体の震えが止まらなかったんじゃないか」と俺が聞いてみるとやっぱりそうだったらしい。
 薬を使って普通のセックスじゃもう感じない淫乱な身体に仕込まれたって訳だ。
 それで今日も男と遊ぶのが止められないって訳だとやっと秀美の胸の内が俺にも読めてきた。
 一度男に遊ばれたら女の身体というのはもっともっと遊ばれたくて我慢できないのが当たり前。
 墜ちれば墜ちるほどもっと墜ちたくなるというのが女の性という物。
 この秀美って女はデリヘルに売り飛ばすにはまったくちょうどいい女子高生だ。
 しばらく話しをしてる間に、秀美もバニラシェークをだいたい飲み終わった。
 薬はまだ効いてきてはいない様子だが、エッチな会話のせいで秀美のやつ感じてきてるのが顔付きで分かった。
 目が宙に浮いて眉が少しつり上がって歪んでるのは女が感じてる証拠だ。
 そろそろラブホテルに連れ込もうと思って「じゃあ、そろそろ行こうか」と声を掛けてみた。
 秀美は待ちきれない様子で「ハイ」と答えて立ち上がったので俺も席を立った。
 ロッテリアの出入り口前で俺は「何処に行きたいんだ」と秀美に聞いてみた。
「お任せします」と秀美が答えたので俺が「ラブホテルでいいんだな」と念を押すと秀美は頷いた。
 俺はラブホテルの方に半分歩きかけたが目の前にゲームセンターがあるのが目に入って急に気が変わった。
 どうせ遊ぶなら面白い方が良い。
 俺はバイブのリモコンを秀美の手から横取りすると、秀美の背中を押しながらゲームセンターに入った。
 うるさい音とけばけばしいネオンの色が建物一杯を包み込んでる。
 中央の階段は鉄骨だけの造りで、下から見上げると階段を上がる女のスカートの中が丸見えだ。
 俺は秀美の背中を押しながら、ゆっくりと秀美に階段を上らせた。
 階段の二階まで登って踊り場にまで来たとき俺は「下から丸見えだぜ」と秀美の耳元で囁いた。
 秀美のやつ足が震えてるらしくて顔も強ばって今にも泣き出しそうだ。
 俺はリモコンのスイッチを何度も軽く押して秀美の様子を見た。
 秀美のやつ身体の震えが止まらないらしくて、まるでしゃっくりでもするように何度も息を飲み込んでる。
 そのままゆっくりと一番上の階まで秀美を歩かせると、自動販売機の横の前にまで連れてきた。
 秀美はようやく気持ちが安心したのか今度は身体から力が抜けて、そのまましゃがみ込みそうになってる。
 俺は秀美の腿をそっと撫で上げて確かめてみた。
 本当に感じてるなら腿の内側に愛液が溢れて流れてるはず。
 腿の内側を一回りなぞって確かめたが、溢れてるはずの愛液の感触がない。
 この女感じてる振りしてやがっただけだと俺はピンときた。
「おいお前、俺をだましただろう。バイブをちゃんと中に入れてないだろう」と俺は秀美の髪を掴んで耳元で厳しい口調で怒鳴った。
 秀美は何も言わずにだまったままで、顔色も変えずにしらをきるつもりらしい。
「パンティー脱いでみろ、ちゃんと奥までいれてるか見せてみろ」と俺が言うと今度は「いやです、だめこんな所で」と俺に逆らって言い返してきた。
 俺は秀美のスカートを捲りあげて、パンティーを膝の下まで一気にずりさげた。
 やっぱり秀美のやつバイブをパンティーの中に入れてただけで、ちゃんと奥までは入れてなかった。
 俺は指先でピンクローターをつかむと、花園の奥まで指で一気に押し込んだ。
 秀美は身体を震わせると小さい声で「あ、」と言っただけで素直にされるままになってる。
 試しに軽くスイッチを入れてみると秀美のやつびっくりしたように顔が歪んで身体を震わせた。
 今にも泣き出しそうな顔をしてるが、どうせ心の中じゃを半分笑ってるに違いない。
 このまま秀美を甘やかして置くわけにはいかない。
 俺は秀美のパンティーを足首まで降ろすと、足を片方づつ上げさせてパンティを奪い取った。
「おい、スカート短くしろ、腰で丸めて短くするんだ」と俺が厳しい口調で秀美に命じると秀美は怯えた顔。
「やらないなら、このスイッチいれるからな」と俺がリモコンのスイッチを入れる振りをした。
 秀美は慌ててスカートを腰で丸めて短くしたが、短くしすぎでお尻が丸見えになってる。
 このままの格好でさっき登ってきた階段を下まで歩いて降りたらいい見せ物になる。
 俺は秀美のお尻を手で押して階段の手前まで歩かせた。
 すぐ目の下にはゲームセンターの客の姿が大勢見えてる。
 もう夜遅いのに遊びに来た女子高生が男の子に声をかけられてキャーキャーと言ってる声も響いてくる。
「さっさと降りろよ、またスイッチいれてやろうか」と俺が秀美の口元で囁くと秀美はもう目が宙に浮いて上気した顔になってる。
 さっきの飲ませて薬が効いてきたらしくて秀美の顔は赤くなって湯気が出そうだ。
 俺が秀美の手を取ってゆっくりと歩き出すと、秀美も諦めたのか階段に足を一歩踏み出した。
 一歩階段を降りるたびに秀美の足が震えるのが俺の手にも伝わってきた。
 階段の中程で俺は秀美の腿の間に手をいれて下からそっと撫で上げた。
 さっき飲ませた薬のせいで愛液がたっぷり腿を濡らしてる。
 俺はわざときつい口調で「さっきだましやがったからお仕置きだ」と言ってバイブのスイッチを入れた。
 秀美のやつ顔を歪めて悲鳴を上げそうになって、膝が震え出すと身体全体が小刻みな痙攣を繰り返してやがる。
 しばらく秀美の様子を楽しんだ後俺は、スイッチを切って秀美を階段の下まで歩かせた。
 一歩く度に膝の震えが止まらない秀美の様子を見て俺はおかしくて笑いがこみ上げて止まらなくなった。
 すぐ側ではさっきから様子を見ていたらしい女子高生が、怯えた目つきで秀美のスカートからはみ出した尻を見てる。
 秀美と似たようなセーラー服を着てるのでよく見たら、襟の色が違うだけで同じ学校の生徒らしい。
 そりゃあ先輩が階段の上からパンティーも履かずに尻丸出しで降りてくるのを見れば同じ学校の生徒だったらびっくりするのも当たり前だ。
 これは面倒な事に成る前にさっさと秀美をラブホテルに連れ込むに限る。
 とりあえずやることをやっちまえばあとは何とでも言い逃れができるってもんだ。
 ゲームセンターから出て二人で歩き出すと、さっき秀美の尻を見ていた女子高生が後からついてくる。
 このあと秀美がどうなるのか気になってるのか、こっそり後をつけるつもりらしい。
 俺はすぐ横の路地に入って女子高生が付いてくるのか様子を見た。
 暗い路地の奥はラブホテル街に通じていて紫やピンクのネオンも見えてる。
 女子高生はさすがに暗い道に入るのは怖いと思ったのか遠くで様子を見てるだけだ。
 俺は秀美を路地の横の壁に押しつけると、秀美の胸に手をあてがってゆっくりと揉んでやった。
 秀美のやつもう身体から力が抜けて何をされても夢でも見てるような顔だ。
 もう一度ゲームセンターの方向を確かめると、さっきまで覗き見していた女子高生はもう居ない。
 どこに行ったのだろうと辺りを確かめたが急に電柱の陰で「ああ、」と喘ぐ女の声が聞こえた。
 暗がりの電柱の陰をよくよく見ると、さっきから俺と秀美の後を付けてきた女子高生が男達に取り囲まれてる。
 両手を引っ張られて電柱にしがみつくような格好をさせられて、後ろからはスカートを捲りあげられてやがる。
 痴漢か何かに捕まりやがったらしい。
 どうにも逃げられないらしくて胸を強く揉まれて顔を歪めてやがる。
 こんな所を一人で歩いてたら痴漢に捕まるのも当たり前の話しだ。
 女子高生の顔がふとこっちを向いて俺と視線があった。
 うっかりこんな女と関わるとろくな事はない。
 痴漢の男達は女子高生のスカートの下に手を差し入れてパンティーを脱がしにかかった。
「止めてよ、誰かタスケテー」と女子高生が大声で叫ぶともう一度俺の方に顔を向けた。
 必死で助けを求める顔はを見てうっかり情け心でも持つとあとでやっかいなことになる。
 だいたい秀美と同じ学校の女子高生なんて助けたら、こんどは俺が秀美にしたことが学校に告げ口されちまう。
 そんなことになったら余計やっかいだ。
 俺は黙って女子高生から顔を背けた。
「大人しくしろ、大人しくしないとぶっ殺すぞ」と男のドスのきいた低い声が聞こえた。
 女子高生は観念したのか、泣きじゃくるだけでもう男達に逆らおうとはうない。
 男の一人が女子高生の身体を後から両手で抱き上げると、他の男が女子高生の両足を左右に開かせた。
 女子高生の目の前に腹の突き出した背の低い男がしゃがみ込むと、鼻先を女子高生の花園におしつけてやがる。
 舌先でぴちゃぴちゃと嘗め回す音が聞こえてきた。
 女子高生のが泣きじゃくる声が聞こえてきたが、すぐに喘ぐようなうめき声に変わった。
 よっぽど男のテクニックが上手いらしくて、女子高生はヒイヒイとかすれた息をしながら身体を震わせてる。
 頃合いを見計らって男が立ち上がると今度は指先を上手く使って女子高生を責め始めた。
 指を奥まで入れられるともう女子高生は逆らう気力も失せたのかすっかり大人しくなった。
 少しづつ男が指先の動かし方を変えると、すぐにまた女子高生の喘ぎ声が聞こえてきた。
 急に女子高生の声が大きくなったので何がされてるのか気になって横目で見るとクリトリスとGスポットを同時に責める「潮吹き」の真っ最中だ。
 指を三本入れてバイブレータ見たいに震わせてスポットを責められては、シロートの女だったらもうとても堪らない。
 あっという間に女子高生の喉の奥からあふれ出す叫び声が止まらなくなった。
「入れて欲しいんだろう、入れて下さいってお願いしろ」と男の声がまた聞こえてきた。
 入れて下さいと女子高生が返事をするまで「潮吹き」で責め続けるつもりらしい。
 まあ俺もいつも同じ事をしてるので、人の事は言えないが手口がやり慣れてる。
 随分と遊び上手な男達だが、遊ぶだけが目的ではないはず。
 このあと近場のラブホテルにでも連れ込んだ後、裏ビデオでも撮ってその後は女子高生をデリヘル店にでも売り飛ばすのが目当てなはずだ。
 俺もその方が秀美の事を学校に告げ口されるよりずっとましだ。
 それにいつまでもこんな所にいるとろくな事はない。
 俺は秀美をひっぱって路地の先に歩き出した。
 少し先のラブホテルの前まで秀美を連れてきたが、ラブホテルの入り口の前に別のカップルが居る。
 男は背広を着た普通のサラリーマン風だが女の服装は少し派手目だ。
 金が少ないとか女が言い張るので、やっぱりデリヘル女らしい。
 男がラブホテルに入る前にデリヘル女ともめて言い争いって訳だ。
 女がでかい声で怒鳴ると、男も負けずに怒鳴り返してる。
 目の前でこんな喧嘩を見せられては興ざめだ。
 すぐ後ろで「やめて下さい」と今にも泣き出しそうな女の声が聞こえてきた。
 さっき痴漢に囲まれていた女子高生が、今度はラブホテルに連れ込まれそうになってる。
 薄暗い裏通りは歩く人もまばらで、みな知らん顔をして通り過ぎるだけだ。
 ちょうど目の前にタクシーが通りがかってドアが開くと客を降ろした。
 痴漢に囲まれた女子高生が必死な顔でタクシーの方に走り寄ろうとしてるが身体を押さえつけられて逃げ出せない。
 なんとか手を振り解いてタクシーに駆け寄ろうとしたが躓いて転んでしまった。
 タクシーのドアが閉まり掛けたとき俺は素早くドアを押さえてそのまま秀美を連れてタクシーに乗った。
 ドアが閉った時にはさっきの女子高生がドアの側まで駆け寄ってきたけど俺の知った事じゃない。
「運転手さん早く出して下さい」とタクシーの運転手に声をかけるとタクシーはすぐに動きだした。

7.淫乱女子高生<< ページトップ >>9.レズ淫乱調教

人妻調教アダルトビデオ

人妻 奴隷契約 高坂保奈美
人妻調教~人妻奴隷志願~
調教されてゆく人妻 10人 快楽に溺れてゆく日常
人妻熟女被虐総集編 熟れ肉奴隷たちの虐辱
人妻奴隷全集4時間 襲いかかる悲劇、怒濤の陵辱アクメ
緊縛 8時間総集編 縄マニア
緊縛 厳選 4時間 vol.2 [DVD]
緊縛拷問、ベストコレクション 杉浦美由 長谷川あゆみ 南ゆの 星野めぐ 結城綾音