長編官能小説(女子高生強制調教)スケコマシのジョー

by七度柚希

目次

1.上野で拾った家出少女

2.強制輪姦

3.出会い系喫茶

4.夜這いプレー

5.テレクラ狂い

6.人妻痴漢地獄

7.淫乱女子高生

8.強制露出調教

9.レズ淫乱調教

10.デリヘル面接

11.レズ殺し

12.女の喜び

13.デリヘル志願

14.SM調教ビデオ

15.担保は裏ビデオ

16.ビデオチャット

17.ブルセラビデオ

18.美人局

19.レズビアン

20.カーセックス

21.恋人交換

22.強制調教

23.スキャンダル

17.ブルセラビデオ

あらすじ
 芳恵の裏ビデオで親から金を巻き上げようと、さっきのブルセラショップに行ってみが飛んでもない値段を吹っ掛けられた。
 これなら芳恵を使って美人局でもしたほうが手っ取り早く金になる。
 芳恵が出会い系喫茶の客に連れ込まれたラブホテルの近くでしばらく時間を潰した。


 高校生らしい男の子が数人店に入ってくると芳恵が足を広げてるのに気が付いて、すぐにマジックミラーの前にかぶりついた。
 男の子の一人がすぐにパソコンを操作して芳恵に誘いのメッセージを送ったらしくて、芳恵がマイクで返事をしてる。
 男の子がそれとなく話題をエッチな方へと誘うと、芳恵は俺に教えられた通りにわざとはぐらかしながら応じてる。
 まだ高校生の男の子は女の口説き方など知らないらしい。
 すっかり調子に乗って芳恵にマイクで指示を出して指を使わせてる。
 芳恵は男の子に言われた通りに足を大きく開いて、もうセーラー服のスカートの中は丸見えだ。
 さっそく男の子たちは芳恵の前に群がって芳恵がピンクローターを使うの見物してる。
 俺は芳恵に鏡がマジックミラーになってるのを話してなかったのに気が付いた。
 また後で芳恵に何で教えてくれなかったと怒られるのかなわないが、今は放っておくしかない。
 目の前で女子高生がオナニーする場面など裏ビデオでしか見たことがないらしくて男の子達がため息を吐き出しながらズボンの前を押さえてる。
 芳恵がピンクローターを使うのを男の子達は何も言えずに見てるだけだ。
 もともと出会い系喫茶というのは女がオナニーをするのを見るだけのところじゃない。
 その後は待ち合わせをしてラブホテルに連れ込むのがナンパというもの。
 芳恵がしばらくピンクローターを使うのを見ていた男の子達ももラブホテルに芳恵を連れ込む相談を始めた。
 芳恵もさっき俺が教えたから、ピンクロータでオナニーしたあとはどんな話しになるのかは知っているはず。
 ピンクロータを持つ手を休めると芳恵は男が話しかけてくるのを待ってわざと大きく喘ぎ声を繰り返した。
 男の子の一人がしばらく芳恵と話しをしてると、誘いの話しがまとまったらしくて芳恵はセーラー服のスカートをなおして店を出て行こうとしている。
 男の子達はまず一人が芳恵と待ち合わせしてラブホテルに連れ込んで、そのあとに残りの連中が部屋に乗り込んで大勢で輪姦してしまおうと話しがまとまったらしい。
 まったくとんでもない事をする連中だが、出会い系喫茶なんかで男と付き合えばこのくらいの事は当たり前だ。
 高校生の男の子達は一斉に部屋を出て行ったが、しばらくしてまた戻ってきた。
 口汚い台詞をわめきちらす所を見ると、どうやら芳恵は他の男とどっかに行ってしまったらしい。
 トンビに油揚げをさらわれたってことだ。
 俺はさしあたってどうしようかと思って良いことを思いついた。
 さっき芳恵がバイブの使い方をブルセラショップの店長に教わったとき裏ビデオを撮影してるはず。
 その裏ビデオをネタに親を脅せばそこそこの金にはなりそうだ。
 俺はさっそくさっきのブルセラショップに戻って店の奥の裏ビデオの棚を探したが芳恵の裏ビデオは見あたらない。
 さっき撮影したばかりなので、まだ棚には置いてないらしい。
 ちょうど店長がレジに座っていたのでさっき女子高生を裏ビデオに撮影しのがあるだろうと聞いてみた。
 店長はそんな物はないといいやがる。
 俺がしつこく食い下がると今日撮ったビデオがあるから確かめて見てくれと言うと、店長は仕方なさそうな顔で奥の部屋に入った。
 俺は店長の後から奥の部屋に入ってみると、店長がモニターテレビに裏ビデオを写して見せた。
 ビデオの画面を見てこれは芳恵じゃないとすぐ分かった。
 映ってるのはさっき俺と芳恵が店にはいるとき階段を降りてきた女子高生らしい。
 派手な化粧をした女子高生を座らせて、店長がバイブの使い方を教えている所だ。
 しばらくビデオを見ていると、女子高生の座ったソファーの横に店長が座って女子高生の胸を触り始めた。
 やっぱりこの裏ビデオ、バイブの使い方を教えてるだけじゃないらしくて続きがまだまだありそうだ。
 芳恵もさっき店長にこのビデオと同じ事をされたに違いない。
 俺は芳恵が店長に何をされたのか確かめたくて、しばらくビデオの画面を眺め続けた。
 女子高生の喘ぎ声がスピーカーから大きく聞こえてきたとき、俺の後ろから俺の尻をそっと撫で上げてきた。
 まるで地下鉄の痴漢みたいな手つきは随分とやり慣れてる。
 俺がだまったままじっとしていると、店長の指先が震えながら俺の股間に入ってきた。
 店長が何をするか確かめようとしてじっとしていると今度は店長が後から抱きついてきた。
 片手でしっかりと俺の身体を押さえつけて、もう一方の手で俺の胸をくすぐるように軽く包んで揺すってくる。
 指先の動かし方が随分と手慣れていて、今までにもさんざん女子高生を餌食にしてきたんだとすぐ分かった。
 うっかり店長の機嫌をそこねて芳恵の映ってるビデオをだしてもらえないと困るので俺は仕方なく我慢した。
 店長の指先は俺の乳首をつかんで、軽くつまみながらひっぱったり廻したりと随分と芸が細かい。
 こんなことをされたら経験の少ない女子高生なんてのはすぐに言いなりになって何でもさせてしまうに違いない。
 目の前のビデオの画面では女子高生が生フェラを始めてる。
 店長がやり方を教えているが、随分と生フェラのやり方を教えるのが上手い。
 俺はレズだから生フェラはよく知らないし下手だが、店長が女子高生に教えるのも見ていてなるほど上手いもんだとすっかり感心してしまった。
 女子高生の口の中で、店長の大きくなったものがビデオの画面に大写しになってる。
 俺はもうとてもビデオを見ていられなくて目を閉じた。
 ぴちゃぴゃという生フェラの音がしばらく続いた後、こんどは女子高生が訳の分からない言葉を大声で叫び始めた。
 思わず目を開けてビデオを見ると今度は立ちバックで店長が腰を使ってるのが見えた。
 シロート女子高生が本気で喘ぎ声をだして叫んでる声は、アダルトビデオ女優なんかの演技で出す声とはちがってすごい迫力だ。
 俺は思わず身体に寒気がしてきたが、店長はそれを見逃すはずはない。
 すぐに俺の身体を抱き寄せて耳の裏に舌先を這わせてきた。
 ねっとりとした舌先が俺の耳の裏を嘗め回されて急に俺の身体から力が抜けてきた。
 こんなドスケベのドヘンタイ親父にセクハラされて感じてくるなんて自分でも情けなくて悔しくなる。
 ビデオからはリズミカルな音でぴちゃんぴちゃんと音が聞こえてきた。
 店長が腰を奥まで突き上げるたびに、女子高生の濡れた花園がぴちゃんと音をだしてるんだ。
 よっぽど腰の使い方がうまくなけりゃ、こんなに音が大きく響いて聞こえてくるわけなんかない。
 ぴちゃんという音の合間に、女子高生が喉を絞るようにして震わせながら喘ぎ声を響かせてる。
 初めての女の悦びを味わってる声は、聞いているだけで鳥肌が立ってくる。
 ビデオの画面では店長が腰のリズムを早めると、腰の捻り方を変えながら一気に突き上げた。
 立ちバックというのは男の腰の位置と角度が上手く合うと奥まで突き上げられる感触が凄いことになる。
 女子高生は何度も悲鳴を上げては泣きじゃくると、大きな声で叫びつづけた。
 女が初めて女の悦びを経験する瞬間というのは、レズの俺が見ていてもうらやましい。
 俺だって初体験がこんなに気持ちよかったらレズになんかならなかったはず。
 もう一度初体験をやり直せるなら、今すぐこの店長にバックから奪われたいという気持ちが心の奥から沸き上がってきた。
 急に身体が熱くなると自分でも訳が分からずに身体を捩って尻を店長に突き出すように押しつけた。
 何度も大きく息をすると、急に喉の奥から喘ぐような叫び声が飛び出した。
 テレビ画面の腰の動きに合わせて、店長が俺の後から腰を押しつけてきた。
 店長のズボンの下で大きくなった物が俺の尻に押しつけられてくるともうとても欲しくて堪らない。
 俺はたった今自分が立ちバックでレズ殺しの鉄に責められてるような気分になって膝が震えてきた。
 俺は喉が詰まって息が苦しくて目眩がしてきて今にも気絶しそうになった。
 俺の様子を見て店長は腰の動きを止めると、ゆっくりと俺の脇腹を撫でてくれた。
 すこしづつ女子高生の息が落ち着いてくると、やっとビデオは終わったらしくて画面は真っ暗になった。
 店長は俺の身体から手を離して離して、ビデオをデッキから取りだした。
 俺はやっと一息ついてから「この女じゃない、他にもっと田舎臭臭い女子高生の裏ビデオがあるはずだからそれを出してくれ、金はちゃんと払うから」と頼んでみた。
「もう一本今日とったビデオがあるからそれかもしれない」と店長が言い出した。
 そうならそうと最初から言えばいいのにと思っていると、見せる前にしてもらうことがあると言いだしやがった。
 俺がたったいまここで生フェラすれば芳恵が映ってる裏ビデオを売ってくれると店長が言いやがる。
 俺はさっきラブホテルで男に言われたことを思い出した。
 生フェラが下手なのは俺がレズのせいだからそんな事はしょうがない。
 だがレズ殺しの鉄に生フェラが下手だと言われるのは、やっぱり嫌だ。
 俺だってこの店長に生フェラを習って上手になれば、レズ殺しの鉄にも喜んで貰える。
 そうすればレズ殺しの鉄だって俺のことを可愛がってくれるに違いない。
 そう考えると、いま店長に生フェラを教えてもらうのは願ったりかなったりだ。
 店長がズボンを降ろすと、もうでっかく成った物が目の前にそそり立った。
 俺が口を近づけようとすると、駄目だとすぐに叱りとばされた。
 最初はまず、手のひらで下からすくうように根元から責めろと教えられた。
 言われた通りにやってみると、すぐに目の前で店長の物が大きくなって反り返った。
 今度は優しい猫撫で声で「上手いじゃないか、そうそう、そうやるんだ」と店長に言われてなるほど教えるのが上手いもんだと感心した。
 店長に言われるままに舌を使って居る内になんだか、レズ殺しの鉄を相手にしてるような変な気分になってきた。
 頭が熱くてぼうっとなって来ると、しゃぶらせて貰えるなら相手なんか誰でも言いような気がしてきて舌を使うのが止められなくなった。
 店長が立ち上がって腰を前後に揺すり始めると、俺は何だか嬉しい気分になって一緒になって頭を動かした。
 一気に店長の腰の動きが早くなると、終わった瞬間に俺の顔に飛沫が飛んだ。
 息が苦しくて目眩がしそうになって俺はしゃがみ込んでしばらく動けなかった。
 店長が俺の耳元に口を近づけて「どうだ生フェラが大好きなら何度でもやらしてやるぜ」と小声で囁いた。
「生フェラするだけでいい金になるんだぜ、こんな楽なバイトはないだろう」と店長が畳みかけるようにそそのかしてきた。
 店に来る女子高生をいつもこうやってたぶらかしてるらしい。
 俺はどう返事をしていいのか分からずに思わず「本当ですか」と言ってしまった。
 店長は嬉しそうな顔で何度かうなづいたあと、俺の顔をじっと見つめて「可愛いじゃないか、生フェラしたあとの顔は本当にいい顔してるぜ」と言ってくれた。
 俺はなんだか嬉しくて「ありがとうございます」と答えてしまったが不味いことを言ってしまったとすぐ後悔した。
「生フェラだけじゃ、物足りないだろう」と店長が引き出しからバイブを取りだして俺に渡した。
 裏ビデオでよく見る、紫色のパールの入った特大バイブだ。
 こんなバイブは使えと言われてもとても使えるもんじゃない。
「生フェラが大好きなら、バイブも好きにならなきゃ、男には可愛がってもらえないぜ」と店長が訳の分からないことをいいだした。
 バイブを使えばその後にこの店長がもっと良い事をしてくれるって事らしい。
「いやならやらなくてもいいんだぜ、これでおしまいにしても良いんだ」と店長が意地悪そうな口調で呟いた。
 まったくとんでもない話しだと俺は腹が立ったが、言い返す訳にもいかないのが情けない。
 ここまでやらせておいて、ここで止められちまってはとても我慢できない。
 俺がバイブを受け取ってスイッチを入れると取っ手にプーンと振動が伝わってきた。
 だがこんなでかいの入れようったって入るわけない。
「まずは、腿の内側に軽く当てるんだ」と店長に言われて、俺は言うとおりにバイブの先を腿に押し当てた。
 軽い振動が腿の筋肉を揺さぶると、花園に微かな振動が伝わってきた。
「最初は軽く当てるんだ、バイブの先でくすぐるように動かすんだ」と店長に言われて俺は成るほどと思った。
 レズ同士でバイブを使うときも最初は軽くくすぐるように使うもんだ。
 この店長バイブの使い方を教えますという張り紙をしてるだけあって、バイブ使いも名人らしい。
 店長に言われるままにバイブを操作してるうちに、いつのまにか花園の奥まですっぽり入って死にそうなくらい気持がいい。
 俺が何度も身体を震わせて大声を上げると、店長が俺の手からバイブを取り上げた。
 せっかく気持ちよくなったところを途中で止められては堪らない。
 店長の指先が俺の花園に伸びてくると、俺は自分から足を広げて腰を前に突き出した。
「いい身体してるじゃないか」と言って店長が俺の花園を軽くくすぐると俺の身体は震え上がって気絶してしまいそうになった。
 軽く指先で触れただけなのに、まるで稲妻に打たれたような電流が流れたような激しい感触に俺は身体を震わせた。
 店長の指先が離れるとまた少し場所を変えて指先を軽く触れてきた。
 微かに触れただけなのに、また激しい電流が流れたような感触が俺の花園を襲った。
 店長は落ち着いた顔で俺の目の前に立ったまま俺の様子を見続けている。
 店長の指が繰り返し動くたびに俺は身体の震えが止まらなくて、何度も喘ぎながら叫び声を上げた。
 こうなるともう男なら誰でもいいから奥までぶち込んでもらいたく我慢できない。
 奥まで一杯に繰り返し責められている感触を想像するともう死にそうなくらいにでかい物をぶち込んで欲しくてたまらない
 俺が何度も体中を引きつらせて震えるのを店長は面白そうな顔をして俺の身体をもて遊ぶのを止めようとしない。
 俺はとうとう涙がこみ上げてきて喉の奥から喘ぐようなすすり泣きを始めてしまった。
 レズの癖に男に遊ばれてすすり泣きを上げるなんてみっともない話しだがどうしようもない。
 店長は不意に俺の花園から手を離すと俺の様子を見続けたまま何もしようとはしない。
 俺はもう我慢しきれなくて自分の指花園に押し当てて繰り返し押さえつけながら泣き叫んだ。
 繰り返しつま先から頭のてっぺんまで熱い奔流があふれ出すと俺は気が遠くなって自分が何処にいるのかも判らなくなった。
 息が苦しくて喉が詰まりそうになったとき、急に身体から力が抜けて今度は動けなくなった。
 息を大きく吐き出したあとしばらく息を止めてまた大きく吸うのを繰り返してるうちにだんだんと身体が楽になってきた。
 俺が一息ついたころ店長が「そうだったな」と言ってビデオを取りだして見せてくれた。
 確かに芳恵が映ってるビデオだ。
「このビデオ欲しいなら売ってやるが、条件を飲めばの話しだ。取引しようじゃないか」と店長がややっこしい話しを持ち出した。
 このビデオを俺が買い取れば、店長が俺をこのあとオ×ン×ンをぶち込んで天国まで行かせてやるって話しになった。
 俺はもう一度初体験をこの店長にやってもらえるんだと思うと嬉しくて堪らない。
 これはもう願ってもない話しだと俺はすぐにそうさせてくれと頼みこんだ。
 店長が笑顔で言うビデオの値段を聞いて俺はびっくりした。
 この店長俺の足元をみやがって、五百万円なんて金はどう逆立ちしたって払える金額ではない。
 こんな目にあわせやがって、まったく馬鹿にした話しだ。
「金がないなら、いいアルバイト紹介してやるぜ」と店長に言われて俺は頭に来た。
 こうやって素人の女子高生を騙してデリヘルに売り飛ばしやがるんだ。
 店長はあいかわらずにやにやしながら俺の顔を見てるだけ。
 最初っから俺から金を巻き上げる気だったのは間違いない。
 腹の立つ話しだが、うまくはめられたって訳だ。
 俺は起きあがろうとしたがすぐには立ち上がれない。
 店長が引き出しからピンク色の小さい棒を取りだして俺の目の前に突き出した。
「今度はこれの使い方教えてやろうか」と店長に言われて俺はそのピンク色の棒をよく見た。
 小さなウズラの卵くらいの玉を串で刺したような形の棒はア×ル用のバイブだ。
 店長のやつ今度は俺をア×ル調教する魂胆らしい。
 芳恵の奴もきっとこのア×ル用バイブで店長にア×ル調教されたに違いない。
 だからもうデリヘル店は嫌だなんていいだしやがったんだ。
 デリヘルではア×ルでやらされると思ったに違いない。
 俺は腹が立って店長の足を蹴飛ばしてやろうとしたが、うっかり仕返しされても面倒だ。
 店長は俺の目の前でア×ルバイブを丸めた指の中を通す仕草を何度か繰り返した。
 俺が黙っていると「気持ちよくなりたいんだろう」と甘ったるい猫なで声で俺を誘った。
 この店長は生フェラを教えるのも上手だし、バイブの使い方を教えるのも上手だ。
 ア×ルバイブの使い方もきっと名人に違いない。
 俺だって気持ちよくしてもらえるなら、いやだとは邪険には言えない。
 だがこんなブルセラ店の店長となんか付き合ったらろくな目に遭わない。
 しばらくして息が少し楽になったころ、俺はなんとか立ち上がってブルセラショップを出た。

 裏通りを歩きながら金をどう工面しようかと考えたがこうなったら俺が自分で芳恵の裏ビデオを撮影するしかない。
 芳恵にメールを送って今どこに居るのか聞いてみると、男に誘われて近所の映画館にいると抜かしやがる。
 どんな男なんだとメールで聞いてみると、ドスケベな中年男と映画館の中で痴漢プレーの真っ最中らしい。
 出会い系喫茶でビデオチャットして誘われたのは高校生だったはずだが、待ち合わせの場所にちょうど中年男が居合わせてその男に声を掛けられたらしい。
 高校生なんかと遊んだってどうせ面白くもないし、中年男の方が金になるってのは芳恵にも分かってるらしい。
 だが映画館の中じゃ盗み撮りをして裏ビデオなんか撮影するのは無理だ。
 俺は裏ビデオを撮影できそうな所をあれこれ考えてみた。
 公園のベンチで男と居るところを盗み撮りするのは、街灯の明かりが暗くて無理そうだ。
 どっかのラブホテルにでも芳恵を連れ込んでそこで裏ビデオを撮るしか方法は無さそうだ。
 芳恵にメールを送ろうとした時に芳恵が「これから男とラブホテルに行くの」とメールを送ってきた。
 これはちょうど都合がいいと俺は思いついた。
 こうなったら芳恵が男と居るところに乗り込んで、美人局で金を巻き上げるほうが手っ取り早い。
 芳恵にラブホテルに着いたら場所を教えろとメールすると折り返し画像を送ってきた。
 映画館のトイレで取った写真らしくて、相手の男に生フェラしてる所だ。
 さっきブルセラショップで店長に生フェラさせられせいで生フェラ狂いになっらたしい。
 田舎からでてきたばかりの女子高生なんてのは、上手く仕込んでやれば生フェラ狂いにするなんてのは簡単だ。
 生フェラ顔の芳恵の写真を見て、俺は自分がその中年の変態男に生フェラさせられてるのを想像して吐き出しそうになった。
 眉毛が変な形に歪んでる男の顔というのはとても見ていられない。
 続けて何枚も芳恵が写真を送ってきたが、もう見るのはいやですぐ消去した。
 しばらくメールが来ないと思ったが、きっとトイレで他にもいろいろやらされてるんだろう。
 これはしばらく待たされると思って俺は通りの角の生け垣に座り込んだ。
 座って一息ついてると、見かけない女が話しかけてきた。
「煙草の火を貸して欲しいんだけど」と言う台詞はデリヘル女が客を誘う時の台詞だ。
 うっかり返事なんかしたら不味いことに成りそうだと思って俺が知らん顔してると女はすぐに他の男を捜しに離れていった。
 とりあえずやっかい払いができたと思ってまた座ってると今度は黒い背広をきた男が声を掛けてきた。
 服装でカラス族だと一目で分かる。
 カラス族というのは女をナンパしてキャバクラや風俗店に売り飛ばすスケコマシと似たような商売だ。
 スケコマシは女とセックスしてセックス狂いにさせてから売り飛ばすが、カラス族は金で女を誘うという上品な手口だ。
 カラス族の男なんか、俺には関係ないはずだと思って俺は知らん顔をした。
 男はしつこく俺につきまとって話しかけてくる。
 カラス族の男は女を見慣れてるので俺みたいな女はレズバーで働かせるのはちょうどいいと思ったらしい。
 適当に断るとまたしばらくして今度は野暮ったい顔付きの中年の男が話しかけてきた。
 今度はナンパだ。
 こんな所で座ってるのを見て、デリヘル女が客引きでもしてるんだと思ったらしい。
 俺が返事をしなくても話しかけてくるので座る場所を変えてみたが、やっぱり追いかけて付いてくる。
 話しを続けながら俺のすぐ横に座ると、体を押しつけて来やがった。
 俺が立ち上がろうとすると、俺の股の間に手を押しつけて立ち上がらせない。
 何とか逃げ出そうとしたが、とても男の力にはかなわない。
 男の手が俺の胸を揉み始めたが、力一杯握りしめてくるので痛くてかなわない。
 そのうち芳恵からメールが来た。
 男に胸を握られながら必死で携帯を見ると、ラブホテルの名前を送ってきた。
 芳恵がいま男と一緒に居るのは「レッドチェリー」とい名前のラブホテルだ。
 辺りを見回してみるとすぐ近所に「レッドチェリー」の看板が見えた。
 芳恵の奴が連れ込まれたのはこのラブホテルらしい。
 俺は男の耳元で「お願い、レッドチェリーに連れてって」と小さく呟いた。
 男はさっそく俺を連れて歩き出したが、俺の両手をしっかり握って離さない。
 レッドチェリーのすぐ真ん前まで行くと男は俺に「いくら欲しいんだ」と聞いてきた。
 俺はこれはちょうどいいと「10万だせ」とわざと高い金額をふっかけた。
 いくら何でも一晩10万なんて相場はあるはずがない。
「それじゃあ、6万でどうだ」と男が返事をして俺の顔を見つめやがった。
 だいたい一晩6万なんて金を女に払う男なんて聞いたことがない。
 俺が断るとすぐ横に通りがかりの女が側に近づいてきた。
 男に体を寄せて耳打ちすると、すぐに男は女と歩き出した。
 変だと思ってよく見ると、さっき俺に声をかけてきたデリヘル女だ。
 もっと安い値段の女を紹介するとか男に声をかけたらしい。
 俺はこれで一安心と思って、レッドチェリーの玄関をくぐろうとするといきなり後ろから腕を捕まれた。
「8万ならだすぜ」とさっきの男が戻ってきたんだ。
 俺がまた断るともう一度さっきの女の所に戻っていって何か話してる。
 もう話しは済んだと思って、俺が玄関に歩み寄るとまた男が来て「十万出す」とぬかしやがる。
「もう先客がいる」と断ろうとすると男は俺の手を取って「十万でいいっていったじゃないか」と怒った顔で怒鳴りやがった。
「いい加減にしやがれ」と俺がでかい声で怒鳴りつけると急に男は怯えた顔で震え上がった。
 俺がもう一度「いい加減にしやがれって言ってるのが聞こえねえのか」と調子に乗って怒鳴りつけてやると男は慌てて小走りに逃げていきやがった。
 以外と気の小さい男らしい。
 まるで男にナンパされそうになった小娘みたいな格好に俺はおかしくて笑いが止まらなくなった。
 急に俺の目の前にさっきのデリヘル女が歩み寄った。
「ちょっとあんた、商売のじゃまするんじゃないよ」と女にものすごい剣幕で怒鳴りつけられて俺はまずいことになりそうだと感づいた。
 女に腕を捕まれそうになって、俺はすぐにラブホテルの玄関を入った。

16.ビデオチャット<< ページトップ >>18.美人局

人妻調教アダルトビデオ

人妻 奴隷契約 高坂保奈美
人妻調教~人妻奴隷志願~
調教されてゆく人妻 10人 快楽に溺れてゆく日常
人妻熟女被虐総集編 熟れ肉奴隷たちの虐辱
人妻奴隷全集4時間 襲いかかる悲劇、怒濤の陵辱アクメ
緊縛 8時間総集編 縄マニア
緊縛 厳選 4時間 vol.2 [DVD]
緊縛拷問、ベストコレクション 杉浦美由 長谷川あゆみ 南ゆの 星野めぐ 結城綾音