長編官能小説(女子高生強制調教)スケコマシのジョー

by七度柚希

目次

1.上野で拾った家出少女

2.強制輪姦

3.出会い系喫茶

4.夜這いプレー

5.テレクラ狂い

6.人妻痴漢地獄

7.淫乱女子高生

8.強制露出調教

9.レズ淫乱調教

10.デリヘル面接

11.レズ殺し

12.女の喜び

13.デリヘル志願

14.SM調教ビデオ

15.担保は裏ビデオ

16.ビデオチャット

17.ブルセラビデオ

18.美人局

19.レズビアン

20.カーセックス

21.恋人交換

22.強制調教

23.スキャンダル

16.ビデオチャット

あらすじ
 なんとか芳恵をネタに金を作ろうと思って、芳恵をブルセラショップに連れて行った。
 都内の有名女子高のセーラー服を着せたら芳恵だって男にナンパされるはずだ。
 ブルセラショップで裏ビデオを撮られてから、芳恵はすっかりその気になって出会い系喫茶でビデオチャットに夢中だ。


 ラブホテルから一人で抜け出すと、俺は駅までの道を歩きながら考えた。
 借用書を書いてしまった以上は金を返せないと大変なことになる。
 借用書というのは怖い物で返さないで知らん顔をしたりすると、危ない取り立て屋の手に渡ってそれこそ命も危ない。
 なんとか金を作るしかない、となると取りあえず金になりそうなのは昨日の芳恵だ。
 あの芳恵は金を一杯もってた所を見ると、上手くやれば親から金は引き出せそうだ。
 芳恵が昨日あの出会い系喫茶で男にでも誘われてたら、まだどこかで男と一緒かもしれない。
 携帯にメールを送って芳恵に居場所を聞くと、あの出会い軽喫茶にまだ居ると返事がきた。
 またあの出会い軽喫茶で客待ちをしてるらしいので俺は様子を見に行ってみることにした。
 男の部屋に入って女の部屋の様子をマジックミラー越しに見ると芳恵のやつテーブルに顔を突っ伏して寝てやがる。
 俺は女の部屋に入って芳恵を起こそうとしたがテーブルの上にはコミック雑誌やエッチな雑誌が積み上げてある。
 女が縛られてる写真が目に入ったので気になって手にとって見ると「SM人妻スナイパー」という飛んでもない雑誌だ。
 他のコミックも「人妻淫乱調教」だの「人妻奴隷不倫調教」だのと人妻調教もののばかり。
 デリヘルの事務所で調教の場面を見せられて、興味を持ったらしいが困ったもんだ。
 芳恵を起こして昨日はどうしてたのか聞いてみた。
 一晩コミックを読みながら男に誘われるのを待ったけど結局声がかからなくて、昼間は疲れがで寝てたらしい。
 こんな雑誌を読んでたらまともな男が声をかける訳がない。
 パソコンの画面を確かめてみると男が声をかけてきたメッセージがいくつも並んでる。
「調教中のドヘンタイ雌豚か」とかエッチなメッセージがでていてるが芳恵が返事を書いた様子はない。
 芳恵の奴ビデオチャットのやり方が分からなかったらしい。
 これじゃあ幾ら待っても男に誘われる訳がない。
 まだ飯もくってないというので、しょうがないので俺はまたあのロッテリアに芳恵を連れ出した。
 取りあえず腹一杯食べさせてやると「どうして私だけいくら待っても誘われないんですか」と俺に食ってかかってきやがる。
 昨夜は女子高生が夜遅くまで一杯店に来て、つぎから次へと男に誘われて店から出て行ったらしい。
 芳恵は自分もすぐ誘われると思ってまってたが、結局一人だけ誘われずに店に残って朝になったという事。
 俺は芳恵にビデオチャットのやり方を知らなかったのかと言いそうになったが、変態男に誘われてたなんてことはちょっと言えない。
 それに男にナンパされない一番の理由はブスで身体がでかいからなのは一目で誰でも分かる話だがさすがに本人を目の前にしてはとても言い出せない。
「あの店はね女子高生をナンパする店なんだ。それも名門の私立女子校生が人気なんだよ」と俺が言い逃れのつもりで言うと芳恵のやつなるほどと納得した。
 そう言えばあの店、アルバイトのデリヘル女もみな女子高生の制服を着てる。
 芳恵が着ていた田舎の高校のセーラー服なんかとは違って、東京の私立の女子校はしゃれたデザインのセーラー服で見た目もいい。
「私セーラー服に着替えますね、そうすれば男の子にナンパしてもらえるんでしょう」と芳恵が言い出した。
 確かに芳恵の言うことももっともだ。
 あの出会い軽喫茶は本物の名門女子高生だって遊びにくるくらいな場所だ。
 男だってお目当ては女子高生だってのは間違いないこと。
 そうは言っても芳恵の持ってるセーラー服は地味でスカートは丈も長すぎて、とても男の子にナンパなんかして貰えるわけがない。
 セーラー服のスカートの丈を短くしてる女はナンパされたい女だってのは常識だ。
 女子高生はたいてい腰でスカートを丸めてスカートの丈を短くしてるもんだ。
 だが芳恵のセーラ服のスカートは丈が長すぎて腰で丸めるようがない。
 俺はちょうど近所にブルセラショップがあるのを思い出した。
 有名私立女子校の超ミニのセーラー服でも着せてやれば、この芳恵でも上手いことデリヘルに売れるかもしれない。
 ロッテリアを出て一つ先の裏通りに芳恵を連れて行くと、アダルトビデオ店の二階にブルセラショップの看板が出てるのを見つけた。
 狭い階段を上がろうとすると、ちょうど女子高生らしい女の子が二人降りてきた。
 女子高生がブルセラショップになんか買い物に来るはずはないので、おおかた古いセーラー服かブルマーでも売りに来たに違いない。
 芳恵を連れて店に入ると狭い店内には女性の下着や、女子高生のブルマーを並べた棚が並んでる。
 ブラジャーもパンティーも着古したものばかりだ。
 奥まで進むセーラー服が一面に壁に並べて飾ってあるのが見えた。
 近所の有名私立女子校のセーラー服はどれも見覚えがある。
 手頃なセーラー服を選んで、レジまで持っていくとレジの横にバイブが置いてあるのを見つけた。
 芳恵はデリヘル店で女社長がバイブ使うのを見ていて興味をもったらしい。
 面白そうな顔付きで並んでるバイブの箱をひとづつ手にとって確かめてる。
 ちょうど秀美が使ってたようなピンクローターも置いてある。
 ピンクローターなら芳恵が使うにはちょうどいい。
「おいこれも買ってやるぜ」と俺がピンクローターを手にとって芳恵に見せると芳恵も嬉しそうな顔をして頷いた。
 バイブを並べた棚の中央に張り紙がしてあって「使い方教えます。無料」と書いてある。
 わざわざ無料と書いてあるのはなんだか怪しいと俺はピンときた。
 俺は手にしたピンクローターを店ながら「これ使い方教えてもらえますか」と店長らしい男に頼んでみた。
 中年の禿げた頭の店長は顔を上げて「はい、いいですよ」と気軽に返事をくれた。
 俺は芳恵にピンクローターも持たせると、店長は芳恵を奥の部屋に案内した。
 しばらくして芳恵の喘ぎ声が微かにドアの向こうから聞こえてきた。
 使い方を教えるなんてのは上手く考えた物だ。
 店長が芳恵に実際にピンクローターを使わせてるんだとすぐ分かった。
 使い方を教えるなんて名目で実際にピンローターを目の前で使わせてるなんてのは随分と酷いやり口だ。
 だいたい女子高生にピンクローターなんか使わせてそれだけで済むわけがない。
 狭い部屋の中に連れ込まれ男と二人っきりになったらそれこそしたい放題だ。
 俺はバイブが並んだ棚の奥に、ビニールのカーテンが垂れてるのを見つけた。
 カーテンの奥はアダルトビデオが沢山並んでるが普通の奴じゃない。
 この店で女子高生にバイブを使わせてるのを裏ビデオにしてやがると俺はすぐに見当が付いた。
 おまけに女子高生の学生証までコピーしてビデオの表紙に貼り付けてやがる。
 本当の学生証かどうかは怪しいもんだが、確かにこれなら高く売れそうだ。
 上手いこと考えやがったもんだと俺はすっかり感心した。
 芳恵が連れ込まれた部屋の前に戻ってしばらく待ったが、芳恵のやつなかなか出てこない。
 しばらくする内に芳恵が大声で叫ぶ声がドアの向こうから聞こえてきた。
 俺は何があったのか心配な気もしたが、どうせあの店主にセクハラまがいの事までさせられてるに違いない。
 しばらくして声が静かになると、今度はぴちゃぴちゃと舌の音が聞こえてきた。
 男の声であれこれ指図する声も聞こえてきたので、これは生フェラをやらせてる音らしい。
 しばらくして今度は芳恵がすすり泣くような声が聞こえて来たがいったい中でどうなってるのか俺にはさっぱり分からない。
 しばらくして今度は静かになって物音も聞こえなくなった。
 そのまま随分と時間がすぎても芳恵は部屋から出てこない。
 俺はいい加減芳恵をこの店に置き去りにして帰ろうかと思ったがそうも行かない。
 もう一度店の中を歩いて見て回っていると不意にドアがあいて芳恵のやつが出てきた。
 さっき買ったセーラー服に着替えていて、顔には派手な化粧をしてる。
 店長が教えて化粧をさせたらしくて、口紅にアイシャドーに付け睫毛と見た目には東京のお洒落な女子高生並だ。
 髪の毛も後ろで束ねて結んでいるのでまるで別人みたいに見える。
 俺を見て芳恵が苦笑いのような顔をしてみせたが、店に入る前とはまったく感じが違うので俺はびっくりした。
 いままでの少し恥ずかしそうな顔付きとは違って、男と遊び成れた淫乱女の顔になってる。
 この店の店長になにをされたか知らないが、よっぽど上手いこと仕込まれたらしくて体つきまで別の女みたいに見える。
 ドスケベでド変態の淫乱女の雰囲気そのままの芳恵を見て俺はこれならデリヘル店に連れて行けば金にはなりそうだとピンと来た。
 近所のデリヘル店の事務所に電話を入れて、これから女子高生を連れて行くから面接してくれと話しを付けた。
 芳恵の手を取って「これからデリヘルの面接だぜ、一緒に来い」と誘ったが嫌だと言い張る。
 せっかく良い金に成る話しを無駄にするわけにもいかないので俺が「ぐづぐづ言うんじゃねえ」と怒鳴りつけてやると、芳恵の奴俺の目の前で急に涙を目から流して泣き出した。
 あれだけデリヘルで働きたいと言い続けていた芳恵が、今度は急に嫌だというのもおかしな話しだ。
 さっきブルセラ店の店長は女の扱いが上手いだけじゃなくて芳恵をよっぽどの酷い目に遭わさせたに違いない。
 ド変態の男というのは女が本気で嫌がる顔が見て喜ぶもんだが男と女の遊びなんてのはそんな物だ。
 俺は芳恵の背中を何度も撫でてなんとかなだめようとしたが、すぐに泣きやむ様子はない。
 これじゃあしょうがないと俺は芳恵が泣きやむまで待つしかなかった。
 しばらくして芳恵の奴が泣きやんだので俺は「これからどうするんだ」と一応聞くだけ聞いてみた。
 デリヘルで働く気があるなら、どこかに紹介してもいいがもう働く気がないなら故郷に帰すしかない。
 芳恵の奴またこれからすぐあの出会い系喫茶にまた行きたいと言いだした。
 可愛いミニのセーラー服に着替えたから今度こそ男の子に誘ってもらえるはずだと思いこんでる。
 他の女子高生がみんなすぐ誘われたのに、自分だけ誘われなかったのがよほど不満らしい。
 ビデオチャットのやり方を知らなければ、男に誘われても相手なんかできるわけない。
「お前、ビデオチャットってやったことないのか」と俺が芳恵に聞いてみると芳恵はきょとんとした顔で俺を見つめた。
 やっぱりビデオチャットなんてのは知らないらしい
「女の子がマイクとヘッドホン付けてただろう、あれでパソコンの画面に映った相手と話しをするんだ」と俺が教えてやるとやっと分かったらしい。
 芳恵の奴ヘッドホンで音楽でも聴いてるんだと思ってたみたいだ。
 他の女子高生がヘッドホンを付けて喘ぎ声を上げてるのがなんだか分からなかったけど、やっと意味が分かったらしくて今度は「なんで教えてくれなかったんですか」と怒り出した。
「最初から教えてくれればいいのに、なんで今まで黙ってたんですか、酷すぎます」と顔色を変えて大声でまくし立てられて俺は困ってしまった。
 さっきまで泣きやまなくて困ってたら、今度は怒り出してまったく手間のかかる女だ。
 田舎から家出して東京に出て来たばかりでまだ気持ちに不安があるせいだろうが、こうも手間のかかる女は相手をするのが大変だ。
 芳恵の奴ビデオチャットがどうしてもやりたいと言い張るので俺はどうにも困ってしまった。
 他の女子高生がビデオチャットしながらバイブを使ってたので、芳恵も真似してみたいらしい。
 芳恵は一度思いこむともう何を言われても他のことが目に入らなくなる性格だ。
 仕方なく俺は芳恵を連れてさっきの出会い系喫茶に戻るとパソコンの操作を一通り教えた。
 男は大抵話すことはきまってるから甘えた声で返事をしろと言ってやると芳恵は納得した顔で頷いた。
 話しの要領はテレクラと同じだからと言ってやると、テレクラってなんですか芳恵に聞き返された。
 テレクラに電話したこともないみたいなので、仕方なく会話の手順を教えることにした。
 男は何も知らない女に上手く話しを向けて口説くのが楽しみだから、すぐには女の方からはエッチな話題を切り出さないのがテクニックだ。
 最初に必ず「彼氏はいるか」と聞かれるから「いない」と答えた後は「寂しいときは一人でなにしてるの」と必ずエッチな話しに持ち込もうとしてくるはず。
 後は適当にうまく話しをはぐらかしながら誘いに乗った振りをするんだと教えてやると芳恵もなるほどと納得した。
 昨日も他の女子高生がヘッドホンを付けながら、一人で足を開いて指を使ってるのを見て理由が判らなくて変だと思ってたらしい。
 初対面の男に誘われてすぐオナニーまでしちゃうなんて信じられないだろうけど、実際は男の誘い方は判で押したように同じだって教えてやると芳恵はすっかり乗り気になってる。
 最初は俺とビデオチャットをして練習したいと芳恵が言うので、俺は男の部屋に入ってパソコンを操作した。
 最初にパソコンのキーボードから誘いのメッセージを送ると、すぐに芳恵が返事をしてきた。
 俺は普通の男がビデオチャットで話すような会話をすればいいと思って「今は彼氏いるのかな」と聞いてみた。
「彼氏いないんです」と芳恵が答えたので「じゃあ、寂しいだろう一人でしてることがあるだろう」とすぐに話しを向けた。
「なんの事ですか」と芳恵がとぼけて話しはぐらかすので「毎晩一人でやってるんだろう、男に抱かれたくて我慢できなくて、毎日やってるのは分かってるんだぜ」と言ってやると「そんなあ」と甘えた声で返事をしてきた。
 俺は「ピンクローター持ってるだろう、いますぐ出してみろ」ときつい口調で言うと、芳恵は素直に鞄からピンクローターを出して手に持った。
「いつも使ってるんだろう」と俺が半分冷やかして言うと「今日が初めてです」と芳恵の奴急にしおらしい声で本気で答えやがった。
 伏し目がちにちょっと恥ずかしがった顔付きは結構可愛いもんだ。
「一番感じる所にピンクローターを押しつけるんだ」と俺がいうとさっそく芳恵の奴足を広げてピンクローターを使い出した。
 さっきブルセラ店の店長に使い方を習ったせいか、あとは俺が言わなくても勝手にピンクローターを使い続けてる。
 俺は芳恵が震えながら足広げてるのを見て良いことを思いついた。
 俺は携帯を撮りだして芳恵が足を広げてピンクローターを使ってるところをビデオ撮影した。
 このビデオを親に送れば、びっくりして金ぐらいは送ってくるだろう。
 一通りうまく撮影が終わって俺は携帯の画面に画像を映し出して確かめてみた。
 芳恵の顔も映ってるしスカートの奥に指を入れてるのもばっちしだ。
 だが俺は困った事に気が付いた。
 芳恵の着てるセーラー服がブルセラショップで買った東京の有名私立校の制服だ。
 服が違ってたらたら親が見ても別の女だと思うかもしれない。
 顔だって化粧で誤魔化してるから誰の顔だか判りゃしない。
 ピンクローターだって知ってれば判るが知らないければ何を使ってるのかわからない。
 だいたいケータイで撮ったビデオじゃ画面がぼんやりしてるから、本当に芳恵かどうかなんて親が見ても区別がつくわけはない。
 これじゃあ親から金を脅し取ると言うのもそう簡単には行きそうにない。


15.担保は裏ビデオ<< ページトップ >>17.ブルセラビデオ

人妻調教アダルトビデオ

人妻 奴隷契約 高坂保奈美
人妻調教~人妻奴隷志願~
調教されてゆく人妻 10人 快楽に溺れてゆく日常
人妻熟女被虐総集編 熟れ肉奴隷たちの虐辱
人妻奴隷全集4時間 襲いかかる悲劇、怒濤の陵辱アクメ
緊縛 8時間総集編 縄マニア
緊縛 厳選 4時間 vol.2 [DVD]
緊縛拷問、ベストコレクション 杉浦美由 長谷川あゆみ 南ゆの 星野めぐ 結城綾音