長編官能小説(女子高生強制調教)スケコマシのジョー

by七度柚希

目次

1.上野で拾った家出少女

2.強制輪姦

3.出会い系喫茶

4.夜這いプレー

5.テレクラ狂い

6.人妻痴漢地獄

7.淫乱女子高生

8.強制露出調教

9.レズ淫乱調教

10.デリヘル面接

11.レズ殺し

12.女の喜び

13.デリヘル志願

14.SM調教ビデオ

15.担保は裏ビデオ

16.ビデオチャット

17.ブルセラビデオ

18.美人局

19.レズビアン

20.カーセックス

21.恋人交換

22.強制調教

23.スキャンダル

6.人妻痴漢地獄

あらすじ
 有紀の母親は出会い系喫茶で必死になって有紀を探したが居るわけがない。
 いつのまにか男に囲まれて痴漢プレーに醜態をさらす有紀の母親。
 ナンパされて近くの公園のトイレに連れ込まれたらしい。トイレの中で廻されてるが俺には関係ない。


 角を曲がると細い路地のビルに出会系喫茶の看板が見えた。
 見た目は喫茶店だが周りにはどう見てもいかがわしい店の看板ばかり。
 誰がみたって風俗店だとすぐわかる場所だ。
 俺が店に入ろうとすると「この店どうゆう店なんですか」と有紀の母親が俺の腕を抱えて引き留めながら言った。
 さすがに変な店だと困ると思ったらしい。
「女の子が無料で利用できる喫茶店でね、深夜は泊まるところがない女子高生なんかがよく来るんだ」と説明すると一応は判ったような顔で頷いた。
 だが無料の喫茶店なんて商売に成るわけはないのは誰だって判る。
「それで、どうやって店が儲けてるんですか」とすぐに有紀の母親が問いつめてきた。
「男は結構高い料金を払うんだ」と俺が説明すると「カップルで来る店なんですか」とまた聞かれた。
 カップルで来る店だったら、女の子だけ無料にしたって意味はない。
「男でも、女でも、誰でも自由に入れる店なんですよ、奥さん」と俺が言うとそれでどんな店かはだいたい見当が付いたらしくてそれ以上は何も言わなくなった。
 さっそく男性用の部屋に入ろうとしたが受付で店員に断られた。
 女性は男性用の部屋には入れないと言われて有紀の母親は不満顔。
「見学させて下さい」と言うと有紀の母親はバックから財布をだして札束を店員に渡した。
 店員は何も言わずに金を受け取った。
 知らない振りをしてるから黙って通れと言うことらしい。
 狭い通路を通って男性用の部屋に入ると有紀の母親と入ってみると細長い部屋は男で一杯。
 マジックミラーを通して見える女性用の部屋にも女の子が大勢いる。
 セーラー服を着た女の子ばかりカウンターの席に並んでるが、もう真夜中近い時間に普通の女子高生など居るわけはない。
 だいたいがデリヘル女だと一目で分かる濃い化粧の顔だ。
 ずらっと並んで座った女の前には、スカートの中を覗き見する男が群がってる。
 有紀の母親は驚いた顔で部屋の様子を見ていたが、壁がマジックミラーになっていて女の子の部屋からはこちらが見えないのに気が付いた様子だ。
 すぐにマジックミラーの向こうに並んだ女の子の顔を一人一人確かめて、有紀が居るか探し始めた。
 何度も細い部屋を行ったり来たりして、娘の有紀を探し回ったが結局見つからないでため息をついてる。
 急に男の喋る声がすぐ近くから聞こえてきた。
 すぐ横のテーブルの上にはパソコンが置いてあって、男がマイクで誰かと話してるらしい。
 男が女を選んでビデオチャットをしてナンパして店の外に連れ出すんだと教えてやると、なる程と言った顔で有紀の母親は頷いた。
 急に目の前の女子高生が顔を歪めて叫び声でもあげてるような表情で頭を振り出した。
 足を左右に大きく広げるとセーラー服のスカートの下の真っ赤なパンティーが見丸見えだ。
 女子高生が自分で指を使ってるのが見えて、有紀の母親はびっくりしてる。
 ビデオチャットの相手の男とチャットセックスを始めたらしい。
 チャットセックスというのはテレホンセックスと同じだが、ビデオ画面が見える分刺激が強い。
 相手の女は女子高生らしいセーラー服を着てるが、化粧が濃くてヤラセのバイトをしてる女だと一目で分かる。
 手にはバイブまで持ってるからチャットセックスにもやり慣れてる感じだ。
 裏ビデオなんかで使うような紫色のパール入りのバイブは見た目も迫力がある。
 男にビデオチャットで指示されて女がバイブの電源が入れると、プーンという低い音が男の部屋にも聞こえてきた。
 バイブの先をパンティーの上から花園にあてがって軽く触れさせると女の子の身体が仰け反って肩が震えた。
 有紀の母親がマジックミラーの目の前で驚いた顔で女子高生を見つめたまま動けなくなった。
 マジックミラーごしに女子校生の様子をさっきから見ていた男の子達も呻くような歓声をあげて自分の股間に手を当ててる。
 女が椅子から降りると、セーラー服のスカートの下に手を入れてしゃがみ込んだ。
 ビデオチャットで男に指示されてパンティーを脱いだらしい。
 レース模様でヒラヒラの真っ赤なパンティーがテーブルの上に載せられるのが見えた。
 女はセーラー服のスカートをたくし上げて、尻まで丸見えになる格好でストールに座り直した
 部屋にいた男の子達がいっせいに女子高生の前に集まってスカートの下を覗き込んでる。
 女子高生もマジックミラーで見られてることは知ってるらしくて、よく見えるようにわざと腰を前に突き出して足を開いた。
 有紀の母親は心配そうな顔をして俺の腕にしがみついてきた。
 娘の有紀がここで同じ事をしてるんじゃないかと心配してるらしい。
 栃木の田舎じゃあ、こんな風俗の店なんかある分けないので有紀の母親がびっくりするのももっともな話だ。
 男の子の一人が携帯を取りだして、女の子のスカートの中を隠し撮りしようと前に突き出した。
 他の男の子がじゃまだと言って携帯を持った手をどかそうとすると、今度は別の男の子がしゃがみ込んだ姿勢で携帯をマジックミラーの前に突き出した。
 こうなるともう誰も止められない。
 男の子達がお互いに身体を押しのけながら、携帯で写真を撮り始めると今度は女子高生が指を使って左右に花園を広げてみせた。
「すっげえ、丸見えだぜ」と男の子の声が聞こえると、興奮しきった顔で自分のズボンの前を押さえてる。
 とても我慢できないのか自分でズボンの上を押さえてこすりつけてる動作は見ていて笑いたくなる。
 女子高生が足を広げてバイブを奥まで一杯に押し込むのを見て男の子達は興奮しきって身体を揺すってとても我慢仕切れない感じだ。
 急に有紀の母親が手にしたバックから携帯を取りだした。
 有紀の母親まで目の前の女子高生の写真を撮るつもりなのかと思ったが電話がかかってきただけらしい。
 一言二言話した後に携帯をしまおうとしたとき急に有紀の母親の周りを男の子達が取り囲んだ。
 電話の声で男の部屋に女がいるのがばれたらしい。
 もうすっかり興奮しきった若い男が目の前に女が居て我慢できるわけない。
 すぐに男の子達の手が有紀の母親の身体を撫で回し始めた。
 まるで電車の中で痴漢に取り囲まれた女みたいな仕草で有紀の母親は顔をしかめて身体を捩った。
 有紀の母親はもう一度携帯を耳元に当てて何やら話しの続きを始めた。
 痴漢に触られながら携帯で話しをするなんてのは、まったくやることがド変態女だ。
 男の子の手がスカートを捲りあげると、パンティーの上から感じるところを指で押さえてつけて震わせてきた。
 有紀の母親が喉を詰まらせて息を吐き出すと、うめき声とも喘ぎ声ともつかない怪しげな声が聞こえてきた。
 周りを取り囲んだ男の子達もすっかり調子に乗って、有紀の母親の身体を好きなように撫でつづけてやがる。
 しばらく有紀の母親の様子を見ていたが、電話で話してる会話がなんだか変だ。
 今何をされてるのか電話で詳しく説明してるみたいなしゃべり方だ。
 男の子達に囲まれて痴漢にあってる話しを電話で報告するなんてのは普通の女のすることじゃない。
 有紀の母親は電話を続けながらもう一方の手をパンティーの中に差し入れた。
 指を使いながら何度も息を吐き出すと、周りを取り囲んだ男の子も母親のパンティーの中に差し入れてきた。
 電話でまた何か言われたらしくて有紀の母親は「気持ちいいの、本当に気持ちよくてし死んじゃいそう」と周りの男の子達にも聞こえるように大きな声で叫んだ。
 男の子の手が後から有紀の母親のパンティーを膝まで押し下げると、股の間に指を突っ込んできた。
 有紀の母親は膝が震えてしゃがみ込みそうに成ると今度はすすり泣きのような声を上げ始めた。
 有紀が言ってた母親の悪口はやっぱり全部本当の話だったらしい。
 しばらくして携帯をしまうと有紀の母親は半分震えた声で「これから用事があるのでこれで失礼いたしますね」とぬかしやがった。
 娘の有紀の居場所を探しているってのに、これから用事がありますなんて話しがあるわけ無い。
 電話の様子では相手の男と待ち合わせの約束をしたらしいがどうも変だ。
 相手の男はさっき俺の部屋でテレホンセックスをしたテレクラの男らしい。
 有紀の母親が周りを取り囲んだ男の子達を押しのけてなんとか店を出ようとしたがとても駄目だ。
 周りを取り囲んだ男の子達は興奮しきってとても収まる様子はない。
 強引に男の子の身体を押しのけようとしたとき、有紀の母親は後から手を掴まれた。
 手をひっぱられて転びそうに成ったところを他の男の子の手が有紀の母親の腰を両手で掴んだ。
 男の子が自分の腰を後ろから有紀の母親の尻に押しつけようとしてきた。
 ズボンの前には大きく上を向いた物が薄暗い部屋の中で一瞬だけ霞んで見えた。
 すると他の男がすぐ横から手を伸ばしながら男を突き飛ばそうとした。
 別の男が有紀の母親の手を引っ張って抱き寄せようとすると「この野郎」と大きな声がして目の前で喧嘩が始まった。
 有紀の母親が床にしゃがみ込むと、頭上で男の子達が押し合いながら怒鳴り声を上げてる。
 俺は上手く母親の手を取って引き寄せながら床を這って受付まで逃げ出した。
 店の外にでると有紀の母親は服装を直してからもう一度ぺこりと頭を下げて「これで失礼します」とぬかしやがる。
 有紀の母親は俺から逃げ出すように急ぎ足で裏通りを抜けて大通りに小走りで駆け出していった。
 変だと思って有紀の母親の後をこっそり付けてみると、駅前近くのロッテリア前で男に声をかけられてる。
 出会い系喫茶で電話して待ち合わせの約束をした相手の男らしい。
 男はやけに馴れ馴れしい態度で、有紀の母親の尻を撫で回してる。
 やっぱり俺の部屋でテレホンセックスをしたテレクラの男に間違いなさそうだ。
 だとするとこれからすぐラブホテルに直行というわけだ。
 ホテルに入る所をデジカメで写真にでも撮っておけばあとで何かと役に立つと俺はとっさに思った。
 ロッテリアでお茶を飲んでる所もついでに撮して置けば何かと都合が良い。
 顔がはっきり映ってる写真を撮っておけば誤魔化しようがないはず。
 通りの反対側から二人が座ってる席にカメラを向けてズームで拡大してみた。
 並んで座ってる男の手が有紀の母親のスカートの下で腿をさするように撫でてるのが見えた。
 これはちょうど良いと男の顔が上手く映るように場所を変えて何枚も写真を撮った。
 二人とも通りの反対側から写真を撮られてると気が付かないらしくて、べたべたとお互いに相手の身体に手を伸ばしていちゃついてやがる。
 ロッテリアを出て二人が歩いていく後をこっそりと追いかけていくと行った先は近所にある公園だ。
 二人でベンチに座るとさっそく男が有紀の母親の唇を奪いながら足を広げさせた。
 紫色のレース模様のパンティーが明るい街灯の光で丸見えになってる。
 これは都合がいいと俺は遠くからデジカメで何枚も写真を撮った。
 しばらくして男がベンチの裏手にあるトイレに有紀の母親を連れ込んだ。
 トイレの中ですることと言えば、ドスケベ女なら大概たかがしれてる。
 もうこれ以上は写真を撮れそうもないので俺が諦めて帰ろうとすると、公園の裏手から男が数人入ってきた。
 公園なんてのはカップルで来るところで、男が大勢でくるなんてのは大抵冷やかしだ。
 うっかり冷やかしの相手にでもなったら大変だと俺は木陰に隠れた。
 男達が通り過ぎるのをやり過ごしていると不意に俺の尻に何かが触れてきた。
 軽く手の平を押しつけながら指先をくすぐるように動かす感触は痴漢だ。
 公園にはカップルがエッチな事をするのを覗き見する連中が大勢隠れているが、痴漢のチャンスも狙ってる連中だ。
 これは不味いと思ったがすぐ目の前に男達が通り過ぎるのでうっかり声を出せない。
 痴漢に遭うなんて高校生の時以来だが、あまり気分の良い物じゃない。
 しばらくじっとしていると、俺が抵抗しないと思ったらしくて俺のズボンの前を指がまさぐってきた。
 俺は不味いことになったと気持ちが動揺して足が震えた。
 いつものペニバンを股間に付けてるのがばれたらやっかいだ。
 痴漢の対象が女じゃないなんて事になればどんな目に遭わされるか分かったものじゃない。
 俺が腰を捻って逃げようとしたが腕を捻り上げられて身動きができない。
 痴漢の指が俺のペニバンに触れると不意に痴漢が大きく息をついた。
 不味いことになったと俺が体を捩ろうとすると痴漢は俺のペニバンを掴んでゆっくりと指先でなで始めた。
 なんてこった。
 男だと思われてるらしい。
 女だって事がばれるのも不味いが、男だと思われちまうのもそれはそれでやっかいだ。
 俺は何とか痴漢の手を押しのけようとしたが、腕を強くねじり上げられてとてもだめだ。
 すぐ奥のトイレから有紀の母親を連れ込んだテレクラの男が出てくると、ちょうど男達が入れ替わりにトイレに入っていく。
 俺はテレクラ男に気づかれないように必死で息を押し殺した。
 痴漢の手が今度は俺のお尻を撫で回しながら掴んで揉み始めた。
 俺はレズだがそれでもお尻を揉んだりされると身体が勝手に感じてきちまう。
 痴漢の足を踏んづけてしまおうと思ったが、痴漢の男も慣れた物で足を大きく開いて立ってるのでとてもできない。
 痴漢の両手が俺の腰を掴んで後に引き寄せようとしてきた。
 さすがにこれは不味いことになると俺は必死で目の前の木に両手でしがみつこうとした。
 だが痴漢が俺の手首を強くねじり上げてくると痛くてもうとても逆らえない。
 こうなったらなんとか上手いこと誤魔化すしかない。
 俺は身体を起こして背中を痴漢に押しつけると「トイレに連れてって」とかすれるような低い声でささやいた。
 痴漢はまた俺のお尻を何度も撫で回してきた。
 俺の反応を確かめてるんだと気が付いて俺は大げさに身体を震わせて何度も頭を仰け反らせた。
 痴漢は調子にのった手つきで俺の尻を撫で続けてきた。
 痴漢の手の動きに合わせて俺は必死で痴漢が喜びそうな喘ぎ声を喉の奥からしぼりだした。
 これでもう痴漢も俺が本気で感じてるんだと信じ込んだらしい。
 痴漢の手がようやく俺の手首を緩めてくれたので俺はやっと息が楽になった。
 俺がもう逆らわないと思ったのか、痴漢は俺のズボンのベルトを外そうとしてきた。
 さすがにペニバンがばれるのは不味いので、俺はわざとお尻を突き出して前屈みの姿勢をとった。
 痴漢の手がゆっくりと俺のお尻を撫で回してくると俺は急に目眩がして身体が熱くなってきた。
 急に初めて男と付き合ったときの情景が目の前に浮かんできた。
 フラッシュバックだ。
 初体験があんなに悲惨な出来事じゃなかったら俺だって普通に男に可愛がられて幸せな女に成っていたはず。
 初体験の相手の同級生の男の子が今の痴漢くらいに上手だったら俺の人生は全然違っていたはず何だ。
 もう一度初体験をやり直せるなら、いまこの痴漢相手に体験したいと思うと体中が痺れて動けなくなった。
 不意に痴漢の舌先が×ナルをズボンの上から嘗め始めると、俺はもう堪らずに本気で声がでてきちまった。
 レズお俺が痴漢なんかに可愛がられて感じたりしたら様にならない。
 逃げ出すしかないと思ったが身体が痺れてとても足が動かない。
 痴漢は俺の身体をすぐ目の前の立木に押しつけて立たせた。
 何をされるのかと思って身構えると痴漢の舌先が俺の耳の裏に触れながら息を吹きかけてきた。
「もっと気持ちよくさせてやるぜ」と痴漢が低い声で俺の耳元で囁いた。
 こうなるといくら俺がレズでも痴漢の男にはとても敵わない。
 もうどうなってもいいと思ったとき痴漢が俺の身体を押し出すようにして木陰から公園の街灯の下に連れ出した。
 俺は痴漢の手を取って少し先のトイレに案内するとトイレの入り口で中の様子を伺った。
 狭いトイレの蛍光灯のきらめく明かりの下に異様な光景が目に入った。
 有紀の母親がさっきの男達に囲まれて下半身を脱がされてる。
 一目見ただけでは何が起きてるのかさっぱり判らないが怪しげな雰囲気だ。
 痴漢の男もさすがにこんな場所に入るのは不味いと思ったのかすぐに俺の手を離すと裏の木陰に逃げ込んだ。
 さっきのテレクラ男ときたらまったくとんでもない遊びをやってるらしい。
 俺も男達に気づかれる前にすばやく身を隠してトイレの裏に回り込んだ。
 トイレの中からは男達の怒鳴り声や有紀の母親の泣き叫ぶ声が聞こえてくる。
 なにが起きてるのかはっきりとは判らないが普通の遊びじゃないらしい。
 うっかり関わるとこっちが大変なので俺はすぐに公園から逃げ出した。

5.テレクラ狂い<< ページトップ >>7.淫乱女子高生

人妻調教アダルトビデオ

人妻 奴隷契約 高坂保奈美
人妻調教~人妻奴隷志願~
調教されてゆく人妻 10人 快楽に溺れてゆく日常
人妻熟女被虐総集編 熟れ肉奴隷たちの虐辱
人妻奴隷全集4時間 襲いかかる悲劇、怒濤の陵辱アクメ
緊縛 8時間総集編 縄マニア
緊縛 厳選 4時間 vol.2 [DVD]
緊縛拷問、ベストコレクション 杉浦美由 長谷川あゆみ 南ゆの 星野めぐ 結城綾音