長編官能小説(女子高生強制調教)スケコマシのジョー

by七度柚希

目次

1.上野で拾った家出少女

2.強制輪姦

3.出会い系喫茶

4.夜這いプレー

5.テレクラ狂い

6.人妻痴漢地獄

7.淫乱女子高生

8.強制露出調教

9.レズ淫乱調教

10.デリヘル面接

11.レズ殺し

12.女の喜び

13.デリヘル志願

14.SM調教ビデオ

15.担保は裏ビデオ

16.ビデオチャット

17.ブルセラビデオ

18.美人局

19.レズビアン

20.カーセックス

21.恋人交換

22.強制調教

23.スキャンダル

7.淫乱女子高生

あらすじ
 たまたま通りがかったロッテリアで淫乱女子校生の秀美をナンパした。
 エッチな会話で探りを入れてみると、出会い系喫茶で相当遊んでるらしい。
 これは上手いこと金になりそうだと俺はほくそ笑んだ。


 道を戻ってさっきロッテリアの前を通りかかると、ちょうどさっき有紀の母親が座ってた席にセーラー服を着た小柄な女が座ってる。
 随分と化粧が派手でスカートも短くてとても普通の女子高生には見えない。
 足が開いて真っ赤なパンティーが見えてるので変だと思って隣に座ってる男の顔を確かめるとさっきと同じあのテレクラ男だ。
 このテレクラ男今度はこの女子高生と遊ぶつもりらしい。
 もしかして面白いことに成るかもしれない。
 俺はロッテリアに入ってコーヒーを頼むと、男から少し離れた向かい側の席に座った。
 手元でケータイを操作してる振りをして隠し撮りをするにはちょうど良い場所だ。
 急に女子高生が笑いながら頭を振って仰け反った。
 男がどこか触ったらしいが、普通の女子高生が身体を触られて笑ったりはしないものだ。
 この女はどう見ても女子高生の格好をしたデリヘル女に決まってる。
 男がなにか別の注文を取りにカウンターに向かって歩き出した。
 俺は慌て手にした携帯を隠して、顔を横に向けてやり過ごした。
 男は飲み物をもって戻る途中で、カウンターの上にトレーを置いた。
 ポケットから小さな紫色の錠剤を出す、飲み物に混ぜてかき混ぜてる。
 変だと思ったが女を淫乱にする薬でも飲ますつもりらしい。
 有紀の母親にもさっき飲み物に同じ薬を混ぜて飲ませたに違いない。
 薬が効いてくれば女の身体は雌豚みたいなもの、もう男に何をされても逆らえなくなるって寸法だ。
 どんな女でもこんな手を使われたんじゃあ、ひとたまりもない。
 テレクラで遊んでる男なんて危ない連中ばかりだが、やっぱりこの男も裏では何をしてるのか分かったものじゃない。
 こんな男にうっかり関わるとろくな目には遭わないと思って俺は席を立とうと腰を浮かした。
 テレクラ男の後から別の女子高生がトレーを持って店の中を見回してながら歩いてきた。
 背が高くてすらっとしていて顔立ちもそこそこだし胸もでかい。
 どこか近くの有名私立校の制服らしくて随分とお洒落なセーラー服だ。
 女子高生は急に俺の前に立ち止まるといきなり「待たせてごめんなさいね」と俺に声を掛けてきた。
 俺は何のことか分からずに女子高生の顔を確かめてみたが知らない顔だ。
 もしかして以前付き合った事があるかもしれないと思い出そうとしてみたが、思い出せない。
 女子高生は馴れ馴れしい態度で俺の隣に勝手に座るともう一度「ごめんなさいね、遅くなって」と甘えた声で話しかけてきた。
 ちらっと見た感じではこの女、雰囲気は普通の女子高生で化粧もそんなに派手じゃない。
 どうやら俺の事を待ち合わせをした別の男と間違えてるらしいとなんとなく気が付いた。
 相手を間違えるってことは、まだ顔も見たことのない男と待ち合わせしたってこと。
 たぶんテレクラかなんかで男と会う約束をしたデリヘル女かなんかだろう。
 だが手に鞄を持ってる所をみると、本当に学校帰りの女子高生かもしれない。
 着てるセーラー服をよく見ると近所の有名な私立の名門女子高の制服だ。
 スカートは短くしてるが一応学校の校章も付けてる。
 そうなるとさっきの出会い系喫茶に居た女に違いないと俺は見当を付けた。
 あの店は大抵はアルバイトのデリヘル女しかいないが、勘違いして普通の女子高生も出入りしてる話しだ。
 男の子とビデオチャットした後に待ち合わせるにはこのロッテリアはちょうど良い場所だ。
「さっきはパンティー丸見えだったぜ」と俺はわざとスケベそうな口調で言ってみた。
「やだ、見てたんですか」とすぐに笑いながら返事をする所を見るとやっぱり図星らしい。
「お前いつもあそこで、パンティー見せてるだろう」とわざと試しに言ってみた。
「お前なんて言い方しないでね、私秀美です田中秀美、秀美って呼んでね」とまた女が返事をした。
 どうせ名前なんか嘘に決まってるが「秀美ちゃん今日は随分とおしゃれして可愛いね」と取りあえず適当に話しを向けた。
「ええ、私いつもと同じですよ、いつも可愛いいですよ」とまた調子のいい返事。
 これはよっぽど男と遊び慣れてるか、まったくのドシロートかどっちかだ。
「あの店には、いつも遊びに来てるんだろう、これで何回目くらい」と俺はそれとなく話しを向けてみた。
「そんなにしょっちゅうは来てないですよ今日で三回目くらいです」と秀美が答えたけど適当にはぐらかしてるだけみたいな答え方だ。
「男に誘われたら、いつも何処に遊びに行くんだ」と俺はまた探りを入れた。
「カラオケとかですね、他に何かありますか」と秀美のやつ逆に俺に聞き返してきた。
 この女、どうも話しの仕方が変だ。
 のらりくらくりと答えながら、逆に俺の様子を探ってるみたいなしゃべり方だ。
「いきなりラブホテルに誘われたりとかもするだろう」と俺がちょっときつい口調で問いつめると「まあ、そうですね」と秀美のやつ今度は曖昧な返事だ。
「いつもどこのラブホテルに行ってるんだ」と俺は秀美がどう答えるか試しに聞いてみた。
「誘ってくれるなら、どこでもいいですよ私」と秀美がわざと遊んで女みたいな口調で答えたが、上手く言い逃れをしてるようにしか聞こえない。
 どうもこの秀美という女、本当に遊んでるだけの女子高生なのかそれとれ何か目的があって俺に声をかけてきたのか怪しげな感じではっきりしない。
「お前真面目な顔してて、クンニリングスしてもらうのが大好きだろう。それに好きな体位は立ちバックだ。付き合った男は10人は越えてる。今までで一番良かったのは腹の出た中年のドスケベ親父だろう」と立て続けに思いついたことを言ってみた。
 何でもいいから出鱈目を並べて、秀美のやつがどんな顔をするか確かめて見たかっただけだ。
 秀美のやつ急に顔をしかめて「誰に聞いたんですか」と急に声が小さくなった。
 どうやら俺の言ったことがみんなずばり的中したらしい。
 遊んでる女なら大抵はそんなもんだから、当たるのは当たり前だ。
「今夜も、遊んで欲しいんだな、楽しみたいんだろう、その身体で」と言ってやると秀美のやつ素直に頷いた。
「大好きな物をたっぷり奥までぶち込まれたいんだろう」とまた俺がきつい口調で言うともう秀美のやつ感じて来やがったらしくて唇を震わせながら小さい声で「はい、そうです」と答えた。
 あの出会い系喫茶で男とビデオチャットしてるなら、他の女みたいにバイブを持ってるはずだ。
 ビデオチャットしながらバイブを使ってるのを見せるくらいの事をしないと、男が寄りつくわけがない。
「さっき使ってたバイブ出してみろ」と俺はわざと冷たい口調でぶっきらぼうに言った。
 秀美のやつもう逆らえないと思ったのか、鞄からティッシュに包んだバイブをだしてテーブルの上に載せた。
 手に取ってみると小さなピンクローターには細いコードの先にリモコンのケースが付いてる。
 小さな繭の玉くらいの大きさのこのピンクローターはアダルトショップならどこでも売ってるやつだ。
 触ってみると指先に絡みつくぬっとりした液体は間違いなく女の愛液だ。
 ついさっき出会い系喫茶でビデオチャットした時に使ってたのに間違いない。
 だからこんなに愛液でべとべとって訳だ。
 プロのデリヘル女だったら、もっと太めのおっきなバイブを持ってるはず。
 男が見て喜ぶのは極太のバイブだとよく知ってるから見た目の派手なパールが入りなんてのを大抵使うもんだ。
 ピンクローターなんて使ってるのは、マジでこれでオナニーするのが止められない女だ。
 この秀美って女は本当にシロートの女子高生で、男に遊んでもらいたくて出会い系喫茶になんかに出入りしてる馬鹿女らしい。
「いつもこれ使ってるのか」と俺が問いつめると秀美のやつ小さく頷いて答えた。
「一度使ったら止められないだろう、これは気持ちいいからな、毎日使ってるんだろう」お俺がまた問いただすと、今度は小さな声で「はい」と秀美が答えた。
「どこが気持ちいいのか言ってみろ」と俺がまた厳しく問いつめると秀美は蚊の鳴くような声「オ×××です」で答えた。
 かすかに肩が震えて息が喉につまりそうになってるのを俺は見逃さなかった。
 目も半分宙に浮いたような顔つきになって、この女感じてきやがったんだとすぐ分かった。
 エッチなことを言われただけで、もう濡れ濡れになるなんて相当のドスケベ女だ。
「おい、いますぐこのピンクローター入れてくるんだ」と俺はわざと脅すような口調で言った。
「どこにですか」と秀美が聞き返すので「決まってるだろう、オ×××の奥だ」と言ってやった。
 秀美は口元をすぼめて困った顔をして、そのまま凍り付いたように身体が動かなくなった。
 俺はもう一度「いますぐこのピンクローターをオ×××に入れろって言ってるんだ、聞こえねえのか」とさっきより大きな声で言ってやった。
 こんな話しが周りの客に聞かれたら困ると思ったのか秀美は「止めて下さい」と小さく呟いて下を向いた。
 俺がピンクローターを秀美の手に押しつけて渡すと秀美は「トイレに行って来ていいですか」と俺にやっと聞こえるようなかすれた声で言った。
「ああ、行ってこい」と俺が返事をすると秀美はピンクローターを受け取ってハンカチで隠した。
 席を立つとき秀美は足が震えてるらしくて危ない足取りでトイレに歩き出した。
 俺は秀美がトイレに入って姿が見えなくなると秀美の鞄を開けて確かめてみた。
 インチキなナンチャッテ女子高生ならもってる鞄は新品だし鞄の中は空なはず。
 秀美の持っている鞄は何年も使って生地がよれよれになってる鞄でどう見ても普通の女子高生の持ち物だ。
 中身を確かめてみると英語や数学の教科書がノートと一緒にはいってる。
 青い表紙の生徒手帳を手にとってみると、学生証もちゃんと中に入ってる。
 開いて確かめてみると名前は確かに田中秀美で学年も高校三年だ。
 秀美のやつ確かに本物の私立の名門女子高の女子高生だ。
 これはとんでもない掘り出し物を見つけたと俺はほくそ笑んだ。
 真面目な顔してちょっと遊びたい女子高生なんてのはデリヘルに売り飛ばすにはちょうど良い。
 男狂いの身体にしてやれば、自分から商売したいと言い出すくらいに仕込むのは簡単だ。
 ついでに携帯も調べてみたが、まだ買ったばかりらしくメモリーには何も入ってない。
 財布の中も確かめると小さな紫色の四角い錠剤が入ってるのを見つけた。
 普通の薬にハートのマークなんかが刻印してある訳がない。
 アメリカの製薬会社が開発したあの女性用バイアグラだとすぐにピンときた。
 俺も女を淫乱にする薬は使ってるが漢方薬をいろいろ混ぜた薬でそんなに誰にでもすぐ効く薬じゃない。
 この女性用バイアグラは製薬会社が開発しただけあって効き目が凄いと評判の薬だ。
 さっきのテレクラ男が使っていたのもこれと同じ薬らしい。
 日本でも手にはいるが値段が高くてとても女子高生が買える値段ではない。
 きっと男と遊んだときにもらったに違いない。
 こんな薬を女子高生に渡すなんてとんでもない男もいたもんだ。
 だが今はちょうど都合がいい。
 俺は錠剤を一つ指先で砕いて秀美のバニラシェークに入れてかき混ぜた。

6.人妻痴漢地獄<< ページトップ >>8.強制露出調教

人妻調教アダルトビデオ

人妻 奴隷契約 高坂保奈美
人妻調教~人妻奴隷志願~
調教されてゆく人妻 10人 快楽に溺れてゆく日常
人妻熟女被虐総集編 熟れ肉奴隷たちの虐辱
人妻奴隷全集4時間 襲いかかる悲劇、怒濤の陵辱アクメ
緊縛 8時間総集編 縄マニア
緊縛 厳選 4時間 vol.2 [DVD]
緊縛拷問、ベストコレクション 杉浦美由 長谷川あゆみ 南ゆの 星野めぐ 結城綾音