長編官能小説(女子高生強制調教)スケコマシのジョー

by七度柚希

目次

1.上野で拾った家出少女

2.強制輪姦

3.出会い系喫茶

4.夜這いプレー

5.テレクラ狂い

6.人妻痴漢地獄

7.淫乱女子高生

8.強制露出調教

9.レズ淫乱調教

10.デリヘル面接

11.レズ殺し

12.女の喜び

13.デリヘル志願

14.SM調教ビデオ

15.担保は裏ビデオ

16.ビデオチャット

17.ブルセラビデオ

18.美人局

19.レズビアン

20.カーセックス

21.恋人交換

22.強制調教

23.スキャンダル

19.レズビアン

あらすじ
 客に呼ばれて部屋に来たデリヘル女にお仕置きされそうになった。
 俺が勝手に商売してるのに腹を立てて、大変な剣幕で怒鳴りつけてくる。
 デリヘル女の隙を突いて逆襲し、なんとかラブホテルの部屋から逃げ出した。


 気が付とく俺はベッドの上で一人で寝てるだけで男達の姿は見あたらない。
 ベッドから身体を起こそうとすると、急に子宮の奥が痺れたように震えだした。
 なんとか起きあがろうとしたが、身体が震えだしてとても動けない。
 さっきまで男に可愛がられた感触が、まだ身体に残っていて身体に力が入らない。
 もう一度起きあがろうとしたが、また身体が震えてくるだけ。
 天井を見上げてすこし身体を休めると、口の中にまだ男のでかい物が押し込まれてるような感触があって顎が痛い。
 俺はとても我慢しきれなくて人差し指を口にくわえると、もう一方の手で花園をそっとなぞった。
 かっと熱くなるような感触が花園を襲うともう止められない。
 腿が左右に開いて勝手に腰が動き出すと、上下に揺れながら震えだした。
 いくら俺がレズだって、身体は女の身体。
 男に可愛がられたら気持ちいいのは仕方ない。
 さっき男が使ってたバイブがまだあるはずだと俺はベッドの周りを手で探った。
 不意に俺の手が誰かの手を探り当てて俺はどきっとした。
 女の手らしい小さな手を確かめようとして視線を動かすと、女が俺の顔を覗き込んだ。
 この女さっきから俺の様子を横で見ていたらしいと分かって俺は急に恥ずかしくなった。
 女に怒ったような顔で睨みつけられて俺は思わず視線をそらせた。
 俺がやっとの事でベッドから起きあがると、女は俺の前に立ちはだかってどこうとはしない。
 知らん顔をして女の横を通り過ぎようとすると「勝手に商売なんかするんじゃないよ」と女が大変な剣幕で怒鳴りつけてきた。
 これは取りあえず女の機嫌を取っておいた方がよさそう。
 俺は必死で頭を下げて「本当に申し訳ありません、ごめんなさい」と謝れるだけ謝った。
 女はまだ腹を立ててる様子だが、ここはともかく逃げるしかない。
 俺が部屋を出て行こうとすると女はまだ腹の虫が治まらないらしくて、俺の髪の毛をひっぱって引きずり回そうとしやがる。
 ここで下手に逆らっても不味いことになるので、俺は「許して下さい」とわざと嘘泣きをしてその場にしゃがみ込んだ。
 女は急に顔色が変わって「あんた、本当に客取ったことあるの」と俺の背中を撫でながら聞いてきた。
 俺はレズだから男の客なんか取るわけない。
「ないです」と俺が答えると女は今度は優しい口調で「一晩に20人も客とるなんて本当に大変なんだから。あんたなんかに出来るわけないよ」と慰めてくれた。
 俺はわざと肩を震わせて大げさに泣き真似を続けた。
 女は俺の背中を何度も優しく撫でながら
「シロートの女がこんな所うろつくんじゃないよ。商売は大変なんだから」と今度は説教じみた口調。
「いいんです、私やります、何人でも客取ります」と俺が言い返すと「あんたね、やったこともないのに出来るわけ無いだろ」と言うと急に俺に抱きついてきた。
 俺が慌てて女の身体を押しのけようとしたが、この女からだがでかいせいかやたらと力が強い。
 すぐにベッドに押し倒されてしまって女に上からのし掛かられた。
 俺は女の身体を押しのけようとしたが、しっかりと抱きしめられて身動きもできない。
 女は「さっきはそんなに気持ちよかったのかい」と俺の耳元で甘い声を出すと、俺の耳の裏を嘗め回しながら俺の胸を揉み始めた。
 女の舌が俺の口の中に入ってきたとき俺はこの女が俺と同じレズだとすぐ分かった。
 俺の口の中を舌先が探りながら、俺の口の中に残った男の香りを味わってる。
 レズ女でなきゃこんな真似をするわけがない。
 俺はわざと身体の力を抜いてしばらく女にされるままベッドに横になった。
 女の指先が俺の脇腹をくすぐるように動いてくると、次第に顔の位置を下に移動しながらへその辺りを嘗め回してきた。
 何度もくすぐるように舌先を震わせながら、少しづつ花園に舌先が近づいてくる。
 これは不味いと俺は思ったが、身体を捻って逃げようとしても女の手がしっかりと俺の腰を捕まえて話さない。
「あんた、前付き合った男に酷い目に遭わされたんだろう。だからもっと酷い目に会えば前の男の事ことが忘れられると思ってるんだろう」と女が訳の分からないことを言い出した。
「私もそうだったんだよ、この商売を自分からやりたいなんて女はみんな同じだからさ」
「そうでなきゃ、よっぽど借金があるかどっちかだからね」と女が親しげな口調でささやくように話しかけてきた。
「私もね、付き合った男が最初から私を売り飛ばすつもりだったんだけどね。私は馬鹿だからそれに気が付かなくてね」と今度は身の上話しを始めた。
 この女、タチの悪いスケコマシに引っかかって売り飛ばされたらしいが俺もレズのスケコマシだなんて言えるわけがない。
 俺はわざとしんみりした顔をして「うん、私、どうしても忘れられない男が居るんです」と適当に返事をしたがその途端にあのレズ殺しの鉄を思い出して思わず涙がこみ上げそうになった。
「さっきは、どうだった」と今度は女が真顔で聞いてきた。
「こんなの初めて」と俺がとっさに本当の事を言うと「あいつら慣れてるからね。よっぽどの天国いかされたんだね」と女が相づちを打った。
 この女もやはり同じ目に遭わされた事があるらしい。
「こんなスゴイのホント初めてなんです」と俺はわざとカマトトぶって言ってやった。
 女は納得した顔で俺の脇腹を撫でつづけると「あんただったらとびきり上等のお客を紹介してやるよ」と猫なで声でささやいてきた。
「毎晩嫌な客の相手するより、同じ相手にずっと可愛がってもらって良い思いした方がいいだろう」
「上手な男に、たっぷり女の喜びを教えて貰えれば前の男の事も忘れられるってもんだよ」と女に言われて俺は仕方なく「そうですね。ホントにそうですよね」と調子を合わせて答えた。
「惚れた男に可愛がってもらうのも良いけど、金で買われた男に可愛がってもらうってのはそれはそれでまた別だからね」
「相手が客だから逆らったりできないと思うと、それだけで感じちゃうのが女の身体なんだよ」と随分と分かったような口ぶりだ。
「気持ちよくしてもらってお金も貰えるんだから、いい商売だろ」と女に言われてなるほど商売女というのは本気でそう思ってるんだとアホらしくなった。
「さっきはそんなに良かったのかい」と女に言われて俺はまた肩を震わせて嘘泣きをしながら小さい声で「はい」と答えた。
「そうなんだ、気持ちいいのが大好きなんだね」と女はちょっとだけ薄笑いを浮かべた。
 俺は不味いことを言ったと思ってちょっと顔をしかめてしまったが女は気が付いた様子はない。
 女は嫌らしい口元で笑顔を作ると「もっと気持ちよくしてやるよ」と言いながら身体を起こした。
 女は足元を見回してさっき男達が使ったバイブを二本とも手に取った。
 またあんなバイブで責められては堪らない。
 女が俺に振り返った一瞬を逃さず、俺は素早く女に抱きついて女の脇の下を指先でくすぐった。
 女は俺の行動に戸惑った様子で息を飲み込んで一瞬身体の動きが止まった。
 この隙を逃す訳にはいかない。
 俺が指先を渦を巻くように動かしながら、脇の下をそっと撫で上げると女の身体から力が抜けるのが分かった。
 俺はすぐに女の口に舌を入れて、歯茎の奥を嘗め上げた。
 こうなると女の身体は弱い物。
 まるでナメクジみたいに、女はベッドに横になって骨が抜かれたみたいに寝そべってる。
 脇腹を丁寧にくすぐりながら責めるとすぐに女が引きつるような息をして声を出し始めた。
 俺はベッドの横に赤い縄が落ちているのを見つけて、女の足首を縛るとベッドの枠を通して引っ張った。
 恥ずかしい格好でベッドに縛り付けられて動けなくなると女は目が中に浮いてトロンとした顔。
 ベッドの横には女の持っていたバッグがまだ置いたままになってる。
 バッグの中を確かめるとさっき男が使った軟膏の小さなケースを見つけた。
 俺は蓋を開けて、軟膏を指先にすくってみた。
 指先の皮膚が痺れるような感触が冷たい軟膏から伝わってくる。
 やっぱり麻酔薬が入ってるア×ル調教用の軟膏らしい。
 俺はそのまま指先を女のアナルに押しつけて、軟膏を粘膜の中までこすり付けた。
 急に女の息が荒くなると身体全体が何度も小刻みに震えだした。
 どうやら軟膏には麻酔薬の他にも女を淫乱にする薬がはいってるらしい。
 それでさっきは俺も気持ちよくて気が狂いそうになったんだ
 これは都合が良い。
 俺はバッグに小さな鞭が入ってるのを見つけて、女の尻を叩いてみた。
 女は甘い叫び声を上げて何度も身体を揺すると、今度は涙を流して泣き出しやがった。
 俺は調子にのって女の尻を何度も叩きつけたが、それだけじゃあ仕返しにはまだ足りない。
 俺はベッドに転がってるバイブを二本取り上げて女に入れようとした。
 女の花園にバイブを押し当てようとしたとき、俺は変なことに気が付いた。
 バイブには黒い紐が巻き付けてあり所々にタコの吸盤みたいなシリコン製のゴム版が張り付いてる。
 電気のコードもバイブの電源とは別の所に繋がっている。
 ベッドの下から電気コードの繋がった先を確かめてみると、低周波治療器みたいなダイアルがついてる。
 これはあの低周波治療器を改造した低周波バイブらしいと俺は気が付いた。
 さっき俺があんなに天国みたいにな快感を味わったのはこの低周波のせいだったんだ。
 アナルと花園に同時にバイブを突っ込まれて低周波なんか流されたりしたらとんでもない事になるなんてのは当たり前だ。
 俺は試しに女にバイブを二本突っ込んで電源を入れてみた。
 少しづつダイアルを廻していくと、女の身体か震えだした。
 ダイアルの横にオートと書いたボタンがある。
 試しに押してみると、なんだか女の様子が変だ。
 小刻みに身体が震えたかと思うと急に大声をだして泣き叫んだり。
 肩を震わせながら目から涙をいっぱい流したりとさっきの俺そっくりだ。
 麻酔剤の入った軟膏と言い、この低周波バイブと言いやり口があんまりだ。
 女の声がまた急に大きくなって、部屋一杯に叫び声が響いた。
 その時になって俺は自分が不味いことをしてるとすぐに気が付いた。
 もしかしてさっきの男達が女の声を聞きつけて部屋に戻って来るかもしれない。
 そうなったらこんな場面をうっかりでも見つかったら大変な事になる。
 今度は俺が縛られてこの女みたいな格好で鞭で打たれるってことに成るに違いない。
 俺はベッドの上に女を置き去りにしたまま忍び足で部屋から抜け出した。

18.美人局<< ページトップ >>20.カーセックス

人妻調教アダルトビデオ

人妻 奴隷契約 高坂保奈美
人妻調教~人妻奴隷志願~
調教されてゆく人妻 10人 快楽に溺れてゆく日常
人妻熟女被虐総集編 熟れ肉奴隷たちの虐辱
人妻奴隷全集4時間 襲いかかる悲劇、怒濤の陵辱アクメ
緊縛 8時間総集編 縄マニア
緊縛 厳選 4時間 vol.2 [DVD]
緊縛拷問、ベストコレクション 杉浦美由 長谷川あゆみ 南ゆの 星野めぐ 結城綾音