長編官能小説(女子高生強制調教)スケコマシのジョー

by七度柚希

目次

1.上野で拾った家出少女

2.強制輪姦

3.出会い系喫茶

4.夜這いプレー

5.テレクラ狂い

6.人妻痴漢地獄

7.淫乱女子高生

8.強制露出調教

9.レズ淫乱調教

10.デリヘル面接

11.レズ殺し

12.女の喜び

13.デリヘル志願

14.SM調教ビデオ

15.担保は裏ビデオ

16.ビデオチャット

17.ブルセラビデオ

18.美人局

19.レズビアン

20.カーセックス

21.恋人交換

22.強制調教

23.スキャンダル

5.テレクラ狂い

あらすじ
 母親と一緒に故郷に戻ったはずの有紀が、また家出して俺のアパートに訪ねてきた。
 夜這いプレーがしたいというので、ヨシちゃんに頼んで夜這いプレー専門の風俗店を紹介してやった。
 有紀を追いかけて今度は有紀の母親が訪ねてきた。俺は母親を騙して出会い系喫茶に案内した。


 一月ほどたって、俺は夜中遅くにアパート近くまで歩いて帰ってきた。
 遠くから俺の部屋の前に人影が見えた。
 俺は嫌な予感がした。
 俺に恨みを持つ女は山ほど居る。
 いきなり包丁かなんかで斬りつけられてこられては面倒だ。
 俺はひとまず近くのコンビニで漫画を立ち読みして時間を潰した。
 一時間程たってまたアパートまで行ってみるとまだ俺の部屋の前に人影がある。
 だが待ち伏せしてるなら、気が付かれないように隠れて待ち伏せするはずだ。
 わざわざドアの前に突っ立っているというのは、ただ俺が帰って来るのを待っているだけなんだろう。
 だがそれでも面倒なことになるのはいやだ。
 俺は注意深く階段の降り口から俺の部屋の前に立っている人影を確かめた。
 スカート穿いているから女だ。
 それもセーラー服だ。
 となれば相手は中学生か高校生。
 それなら待ち伏せされてもたいしたことにはならないはずだ。
 俺はわざと何も知らないふりで、女の近くまで歩いた。
 女が気が付いてこっちを振り返って嬉しそうに微笑んだ。
 一月前に家に帰した有紀だ。
 俺はなんだかいやな予感がしたがひとまず嬉しそうに微笑んで返した。
 たぶんまた家出をしてきたんだろう。
 だが二度目の家出ということは、もう前みたいにすぐ帰る気はないに違いない。
 だとすれば今度はうまく丸めこんで働かせてやればいい。
 俺はとっさに頭の中で作戦を練った。
 てことは、いきなりやっちまうのが一番だ。
 俺はドアを開けて有紀を中に入れるといきなり玄関で有紀を抱きしめた。
 すぐに舌を入れて、歯茎の内側を嘗め回すと有紀も舌を絡めてきた。
 手早く背中から脇の下を撫で上げると、すぐに部屋に引きずり込んで床に押し倒した。
 有紀は最初から期待していたらしく、すぐに体を捩らせてきた。
 こうなれば手っ取り早く入れてしまったほうがいい。
 すぐにパンティーを脱がすと、有紀は腰を前に突き出して催促してきた。
 だが腰の位置がどうも変だ。
 普通に入れるには高く上げすぎている。
 有紀のやつ誰かにア×ル狂いの女にされたんだとピンと来た。
 俺は望みどおりに、たっぷりとア×ルで責めてやった。
 翌朝になってコンビニの弁当を食べながら俺は有紀に様子を聞いてみた。
 母親は浮気相手とは別れたが、今はテレクラ狂いになったとか。
 毎週土曜日は夕方にどこかに出かけて帰りが遅いという。
 いつも駅前のテレクラで男あさりをしているのだという。
 なんでも有紀の彼氏の先輩がテレクラで有紀の母親の相手をして分かったんだとか。
 だが有紀に彼氏がいるなら、家出なんてする理由は無いはずだ。
 俺はしつこく彼氏の事を問いただした。
 有紀の彼氏は高校三年生で、去年までサッカー部の部長をしていたカッコイイ男の子だとか。
 有紀が上手く誘ってカラオケに連れ出して、酔った振りをして逆ナンパしたんだとか。
 もっとも彼氏の方は自分が上手く口説いたと思いこんでるらしい。
 だけどあまりにセックスのテクニックが下手で、そのうえア×ルではやってもらえないから家出してきたんだとか。
 中途半端に身体をいじられるのはもうとても我慢できないとかぬかしやがる。
 どうりで昨夜の燃え上がり方は普通じゃないはずだ。
 よっぽど欲求不満がたまってたんだろう。
 だがそれくらいで家出なんかするはずはない。
 俺が問いつめると有紀はあっさり白状した。
 母親の携帯を使って母親がテレクラで付き合った男に電話して、有紀はその男と待ち合わせてラブホテルに行ったらしい。
 そしたら相手はドヘンタイのドスケベ男で、とんでもない目に遭わされたんだとか。
 有紀の奴この前家出したときに変態男にSMプレーをされて懲りたと思ったが、もっと凄いプレーをやらされたらしい。
 話しをしながら途中で涙ぐんでしゃべれなくてとうとう有紀の奴泣き出しやがった。
 よくよく有紀のをよく聞いてみると、一度会っただけじゃなくて何度も呼び出されてア×ル調教までされたみたいだ。
 ア×ル調教なんてのは、どんな女でも最初はいやがるものだ。
 よっぽど男の調教の腕がよかったに違いない。
 いやだと思えば思うほど身体が興奮して感じまくって、しまいには男の言いなりにどんなことでもやらされるのが快感になったらしい。
 俺もア×ル調教の現場を見学させてもらったことがあるが、上手な調教師だとア×ルだけ責めてそれ以外にはセックスは一切しない。
 ア×ル調教のプレーが済んだ直後は女は興奮して我慢ができなくて、自分からオナニーを始めて止められなくなっちまうんだ。
 それも裏ビデオなんかでよく見るような足をおっぴろげて腰を振るオナニーを一晩中やり続けるそうだ。
 そうなったらもう男が欲しくてたまらない身体になって、テレクラにでも電話して毎晩違う男に抱いて貰わないと我慢できなくなる。
 初対面の見知らぬ男に抱かれるというのは、普通のセックスより刺激が10倍どころか100倍も強くて一度はまったらもう止められない。
 母親がそんな男と付き合ってると思うともう母親の顔は見るのもやだし、有紀も刺激が欲しくて普通の高校生の彼氏なんかじゃとても満足できなくなったらしい。
 家出して風俗で働くのが一番だし、それしかないと有紀は思い詰めて家出してきたに違いな。
 それならそれで話しがてっとり早い。
「働く気はあるんだろうな、毎日只飯食えるなんて思ってないだろう」とそれとなく話しを向けてみた。
 もう家に帰るつもりはないらしくて、大人しく「ちゃんと働くから」という返事。
 だが待ってるのが退屈だからやだなんてまた言い出されてもかなわない。
 どんな店が良いのか一応は聞いてみた。
 すると夜這いプレーの店で働きたいから家出して来たんだと言いだした。
 確かにこの前は有紀が夜這いプレーの店で働いてると母親を騙したが、どうもそれを本気にしてるらしい。
 しょうがないからヨシちゃんに電話して、夜這いプレーやってる店で働きたいって中学生がいるんだかどと有紀の目の前で電話した。
 ヨシちゃんはそれならさっそく良い店を紹介してやると言ってくれた。
 だけどちょっと危ない店で、夜這いだけじゃ済まないかもしれないぜと脅かされた。
 普通じゃないプレーの方が有紀には良さそうだとヨシちゃんも思ったらしい。
 有紀に「夜這いだけじゃ、済まないみたいだけど」と確かめてみるとそれでもいいからとの返事。
 ちょうどいいドヘンタイの客を紹介するとヨシちゃんに言われて有紀は喜んで笑みを浮かべてる。
 変態男と付き合うのが嬉しいなんて、有紀もずいぶんと前とは変わった物だ。
 付き合う男が悪いと底なしの地獄に落とされるというのは女の性だ。
 俺だって底なしの地獄に女を何人も落としてきたので人の事など言えない。
 取りあえず話しがまとまったので俺は一安心して朝まで有紀を可愛がってやった。
 翌日になって昼前にヨシちゃんから有紀に電話がありこれから客と会わせると言ってきた。
 俺はちょっと心配な気がしてこないだ買ったばかりのGPS付の携帯を有紀に渡した。
 有紀は最初の客だというのでさすがに不安そうな顔つきだったが、俺は「さっさと金稼いで来るんだ、途中で逃げ出したりするんじゃないぞ」と怒鳴りつけた。
 すると有紀は急に顔が引きつって泣き出しそうになった。
 これはちょっと言い過ぎたかと思って今度は「なんか、あったらその携帯で俺を呼べばすぐ助けにいってやるから」と今度は俺が優しい口調で言うと有紀も納得した顔。
 有紀はまだ何か言い足り無さそうな顔だったが渋々出かけていった。
 俺はこれで有紀が金を稼いでくれると一安心して久しぶりにパチスロに行った。
 夜中近くにアパートに戻って、夜食のピザを食べてるときドアを叩く音がした。
 もしかして有紀が戻ってきたのかもしれないと思って、ドアスコープで覗いてみると派手な服装の女が立ってる。
 夜遅くのこんな時間に普通のシロート女が訪ねて来るわけはない。
 訪ねて来るとすればデリヘル女が部屋を間違えたとしか考えようがない。
 ドアを半分開けて「部屋が違いますよ」と言おうとして女の顔を確かめると俺はどきっとした。
 有紀の母親だ。
 娘がまた家出をしたので俺の所に探しに来たらしい。
 取りあえずドアを開けて部屋に入れると「有紀が何処にいるか知ってるでしょう」とさっそく有紀の母親に問いつめられた。
 有紀が家出したら行く場所は俺の所しかないとは母親にもちゃんと判ってるらしい。
「心当たりがあったら教えて下さい」と母親が今度は泣きそうな顔。
「たぶん、有紀だったらきっとあそこに居るぜ、あそこしかないからな」と俺は適当に言ってそれとなく母親の反応を確かめた。
「教えて下さい、お礼は差し上げます」と母親は鞄からブランド物の財布をだして札を数え始めた。
 せっかくのチャンスに金だけ貰うって手はない。
「金で済む話しじゃないんだぜ、奥さん。身体で払ってもらおうか」とわざと脅すような口調で言ってみた。
 身体で払うと言えば何の事かは誰でも知ってる。
 母親はちょっと困った顔をしたが「わかりました」と言うとすぐに俺の目の前でスカートを脱ぎ始めた。
 パンティーストッキングも脱ぐとその下の派手なパンティーは紫色のレース模様のスケスケだ。
 男が喜びそうなパンティーを履いてるってことはよっぽどの男好きって事。
 有紀の言ってたことは嘘じゃ無さそうだ。
 俺は有紀に聞いていた事を思い出した。
 この女テレクラ狂いなはず。
 本当にテレクラ狂いなら、面白いことになりそうだ。
 俺はテレクラに電話して、受話器を母親に渡した。
 母親はすぐに有紀が電話にでると思ったらしくて「もしもし有紀ちゃん、いま何処なの」と言い出したがすぐに言葉が止まった。
 相手の男に何か言われて急に有紀の母親の身体が凍り付いたように震え上がった。
 俺が電話したのがテレクラだと気が付いたらしい。
 しばらく男と話しが続いたが、男になにか言われたらしくて俺の顔を見上げた。
 テレクラに電話すれば、男と話しをすることは決まってる。
「俺の目の前で、いつもやってる事をやるんだ。でなきゃ、有紀の居場所は教えないぜ」と俺が言ってやると有紀の母親も俺が何をさせたいのかは判ったらしい。
 この馬鹿女すぐに足を開いて、大きな声で喘ぎ始めた。
 俺は母親の身体を後ろから抱きかかえながら胸を揉んでやった。
 狂ったように身体を捩る母親の喘ぎ声が、俺の耳元でうるさいくらいに響いた。
 電話を続けながら母親が床に四つんばいの姿勢になった。
 後ろからたっぷり可愛がってやると、母親の身体は震えが止まらなくなった。
 俺が途中で電話を切ると、母親は腰を抜かしたように座り込んだまま動けなくなった。
 俺は有紀の母親を渋谷の出会い系喫茶に連れて行くことにした。
 タクシーを呼んで母親を奥の席に押し込めると、まだ身体の震えが止まらないらしい。
 タクシーが動き出すと俺は身体を押しつけながら母親の腿の内側に手をあてがって小刻みに震わせた。
 顔がみるみる赤くなってくるのが判って、俺はわざとじらしながら今度は首筋をそっと舌先で嘗めてやった。
 身体ごと震え上がるようにぴくっと反応してくるので面白くなった。
 なんどか舌先をかするように首筋を這わせるたびに、有紀の母親は小さく呟くように喘ぎ声をあげた。
 運転席で運ちゃんがゴホンと空咳をするのが聞こえた。
「お客さん止めて下さい」と言いたいらしいが、深夜の時間だったら男と女がタクシーのなかでいちゃつくなんてのは見慣れてるはず。
 俺は知らん顔して指先を有紀の母親の腿にあてがってくすぐりながらなで続けた。
 しばらく有紀の母親の身体を楽しんでるうちにタクシーは渋谷駅近くの裏通りに着いた。
 タクシーを降りるとちょうど目の前にはラブホテルが並んでる。
 タクシーの運ちゃんが気をきかしてラブホテルの前で降ろしてくれたらしい。
 有紀の母親はこれからラブホテルに連れ込まれると思ったのか、身体を堅くしてるが逃げる様子もない。
 俺が有紀の母親の腰に手を廻して引き寄せると、母親の方も気分がその気らしくて自分から身体を俺の身体によせて来た。
 このままいい雰囲気でラブホテルに連れ込みたい所だが、そんな事をしてる訳にもいかない。
 すこし先のビルまで歩いていくと「イメクラ」の看板をもって立っているサンドイッチマンとぶつかりそうになった。
 有紀の母親は不思議そうな顔で「イメクラ」ってなんですかと俺に聞いてきた。
 栃木の田舎じゃ、「テレクラ」はあっても「イメクラ」は無いらしい。
「人妻がセーラー服着て男の相手するんだ」と俺が説明すると納得した顔でテレビで見たことがあると言って頷いた。
「映画館で待ち合わせをして、痴漢プレーとかするんでしょう」と有紀の母親が言うので俺はびっくりした。
 何にも知らないと思ってたが結構いろいろ知ってる。
「刺激が欲しい人妻が、痴漢に遭いたくてセーラー服着て映画館に来るそうですね」とか知ったようなことを言いやがる。
 どうやらテレビの深夜番組かなんかで見ただけらしい。
 俺は調子を合わせて「そうなんだ、この辺りの深夜映画館は、セーラー服着た人妻でいつも満員なんだ」と言ってやると、さすがに嘘だと判ったのか黙ってしまった。

4.夜這いプレー<< ページトップ >>6.人妻痴漢地獄

人妻調教アダルトビデオ

人妻 奴隷契約 高坂保奈美
人妻調教~人妻奴隷志願~
調教されてゆく人妻 10人 快楽に溺れてゆく日常
人妻熟女被虐総集編 熟れ肉奴隷たちの虐辱
人妻奴隷全集4時間 襲いかかる悲劇、怒濤の陵辱アクメ
緊縛 8時間総集編 縄マニア
緊縛 厳選 4時間 vol.2 [DVD]
緊縛拷問、ベストコレクション 杉浦美由 長谷川あゆみ 南ゆの 星野めぐ 結城綾音