長編官能小説(女子高生強制調教)スケコマシのジョー

by七度柚希

目次

1.上野で拾った家出少女

2.強制輪姦

3.出会い系喫茶

4.夜這いプレー

5.テレクラ狂い

6.人妻痴漢地獄

7.淫乱女子高生

8.強制露出調教

9.レズ淫乱調教

10.デリヘル面接

11.レズ殺し

12.女の喜び

13.デリヘル志願

14.SM調教ビデオ

15.担保は裏ビデオ

16.ビデオチャット

17.ブルセラビデオ

18.美人局

19.レズビアン

20.カーセックス

21.恋人交換

22.強制調教

23.スキャンダル

15.担保は裏ビデオ

あらすじ
 秀美の奴店の金を持ち逃げしたとヨシちゃんから電話があった。俺がその金を返せとヨシちゃんに迫られた
 金を工面しようと有紀の客の評論家をヨシちゃんに売り込んだがすぐには金にはなりそうにない。
 デリヘル店に謝りに行くと、借金の担保に裏ビデオを撮られちまった。なんとも情けない話しだ。


 翌日の昼頃にヨシちゃんから電話があった。
 いつもと口調が違うので変だと思ったがやっぱりだ。
 俺がデリヘルに紹介した秀美が店の金を持ち逃げしたと言って来た。
 事情はよく分からないが、秀美の奴うまく店長に取り入って経理を任されたらしい。
 俺が紹介した女だから俺にその金を返せと店長が言ってるからとの話し。
 あの秀美という女、どうも変だと思ったがやっぱり女子高生の振りをしてただけで本当は大変なあばずれだったってこと。
 俺も上手く騙されたって訳だ。
 秀美が持ち逃げしたという金は店の売り上げで結構な金額だ。
 手持ちの金をかき集めてもとてもそんな金はすぐには用意できない。
 なんとかいい手はないかと思って、昨日の有紀の事を思い出した。
 あの階段で盗撮していた男はテレビでよく見かけた顔だ。
 上手く売り込めば話はなんとか金になりそうだ。
 さっそく電話口でヨシちゃんいいネタがあるんだけどと売り込んだ。
 もちろんすぐに全部話してしまっては金にはならない。
 ド変態男を見つけたけどニュース番組で有名な評論家なんだぜとだけ言って誰かはすぐには教えなかった。
 ちょっと待っててくれと言われてしばらくして待たされてから、ヨシちゃんがその情報を買ってくれそうな相手がいるからと教えてくれた。
 ヨシちゃんの話しではどっかの週刊誌らしいがそれだけでは無さそう。
 裏に情報を欲しがってる所があるらしいが、金になりさえすれば俺にはどうだっていい。
 金を払うという相手はひとまず50万でどうだと値段を付けてきたそうだ。
 なんとかして値段をつり上げるのが腕の見せ所だ。
 俺は痴漢の男がトイレから出てくるところを撮した写真の一枚をヨシちゃんの携帯に送った。
 上手くいけばもっと金になるはず。
 ヨシちゃんはなんとか売り込んで見るからと言って別の電話と話をしてる様子。
 秀美が使い込んだ金もなんとかそれで埋め合わせはできそうだ。
 俺はひとまずなんとかピンチを切り抜けてほっとしたが、このままだとあの秀美のやつ何をしでかすか分からない。
 だがヨシちゃんの話しでは金はすぐには入らないという事だ。
 それで取りあえずデリヘル店には俺が謝りに行って、もらった金を返さなければならない事になった。
 俺は秀美を売り飛ばしたときにもらった金の入った封筒を持ってデリヘル店の事務所に行った。
 店長は封筒の中身を確かめると、金額が少ないと言い出した。
 変だと思って俺が金を確かめると確かに金は半分しかない。
 あのレズ殺しの鉄の奴、俺を抱いたときに封筒の金を半分抜き取ったらしい。
 とんでもない奴だと思ったが今頃気づいても遅すぎる話しだ。
 俺は芳恵の鞄から抜き取った金をズボンのポケットから出して渡したがそれでも全然足りない。
 店長は酷く腹をたてて大声で怒鳴り散らす、俺に借用証書を書けと言い出した。
 秀美が盗んだ金の全額を俺が返すという借用書だ。
 金を盗んだのは秀美だが、俺が紹介した女だ。
 俺が金を返せと言われたら、知らん顔をする訳にはいかない。
 断ればどんな目に遭わされるか判らないし、殺されるかもしれない
 しかたなく俺が借用書を書くと今度は保証人が必要だとか言い出した。
 こんな借金の保証人になんかなるお人好しなど居るわけ無い。
 俺が断ると店長の奴、保証人代わりにビデオを撮らせろと言い出した。
 俺が生フェラしてるところをビデオに撮って、それが保証人がわりだとぬかしやがる。
 裏ビデオを撮って保証人の替わりにするというのは、裏金融なんかがよくやる手口だ。
 もちろん裏ビデオなんか金に成るわけがない。
 だが素人あいてなら裏ビデオを撮ればそれで金を脅すくらいの事はできる。
 スケコマシの俺の裏ビデオなんか撮ったって金になるわけはないが、断るにしてもなにか口実がいる。
 店長が奥の部屋のドアを開けると、いつも裏ビデオの撮影をやってる連中が大勢いる。
 これは不味いことになったとは思ったが、うっかり店長にこの場では逆らえない。
 店長がアロマランプに火を付けたのでこのままじゃ大変な事になると思った。
 あのアロマランプは乱交パーティーなんかで使う、女を淫乱にする効き目が強力な香りのするやつだ。
 うっかりこのアロマランプの匂いを嗅いだりすれば、身体が動かなくなっちまうから何をされても逆らえない。
 輪姦される裏ビデオを撮られるくらいなら、店長に生フェラする方がよっぽどましだ。
「生フェラするから、そのアロマランプ消してくれ、お願いだ」と俺が頼み込むと店長は知らん顔。
 アロマランプは熱くなるまでは時間がかかるから、それまでは大丈夫だ。
 こうなったら手っ取り早く生フェラしてすぐに部屋から逃げ出すしかない。
 店長がズボンのチャックを降ろすと紫色のトランクスをずらした。
 どす黒い色の物を目の前にすると、俺はすぐには顔を近づけられなかった。
 レズの俺には男の物なんかとても口に出来るわけがない。
「おい早くしろ」と店長にせかされて俺は覚悟を決めて舌先を絡めて。
 生暖かくて気持ち悪い感触が俺の口の中で、すぐに大きくなった。
 俺が店長の顔を見上げると店長の奴俺を馬鹿に仕切ったような目で見てる。
 俺が舌先でくすぐるよう使うと、もう口の中には収まりきれないほどに大きくなった。
 逞しい感触が唇に触れてくる俺は急に嬉しくなって夢中で舌を使った。
 店長が腰を前後に揺すり始めると、俺も店長の動きに会わせて頭を必死で前後に動かした。
「なかなか上手いじゃないか、レズのくせに生フェラが大好きか」と店長に言われて俺は情けなくて涙がでてきた。
 部屋の中にアロマランプの香りが少しづつだが充満してきた。
 早くすまそうと思って俺は必死で舌を震わせると、前後に頭を揺すった。
 店長が一旦腰を引いた後ぐいと前に突き出した瞬間に喉の奥に飛び跳ねた感触が引っかかった。
 俺の喉が勝手に動いて店長の滴をゴクリと飲み込んだ。
 急に胃袋が熱くてひっくり返りそうになると、体中に熱い奔流が沸き上がった。
 俺がレズじゃなかったら飲み込むのは嬉しくて胸が一杯になるはずだと思った瞬間に急に俺の身体が天を舞い上がるような快感で一杯になった。
 アロマランプの香りが効いてきたらしい。
 生フェラの撮影が終わった後店長は俺に「ありがとうございます」と礼を言ってから急いで事務所から逃げ出した。
 何の礼なのかは自分でも分からないが、店長を怒らすとまずいのでともかく礼を言っておいた方がいいと思っただけだ。
 階段を降りて裏通りに出た後、俺は事務所の前に立ったまましばらく動けなかった。
 さっきのアロマランプのせいで頭がふらふらして今にも倒れそうだ。
 店長の堅く反り返った物がまだ口の中に残ってるような感触があって俺は唾を吐き出した。
 急にあのレズ殺しの鉄に今すぐにでも抱かれたくてたまらない気持ちがこみ上げてきた。 どうにもならない気分でこの間レズ殺しの鉄に連れ込まれたラブホテルの近くをしばらく行ったり来たりとうろついた。
 レズ殺しの鉄に女の悦びを教えられてからは、俺はいつまた鉄と会ってもいいように黒いレースのブラジャーとパンティーを身につけてる。
 それまではずっと男物の下着を付けていたから女物のパンティーなんか履いてた日には男に抱かれたくて色気づいてる気分だ。
 もしかしてこの辺を歩いていれば、またレズ殺しの鉄の逢えるかもしれない。
 どっかのラブホテルの部屋から俺の携帯に「いまから部屋に来い」とメールをくれるかもしれない。
 だがそんなことはあるはずもないのは分かり切った事。
 諦めて帰ろうかと思ったとき、不意に横を通りがかった男が俺に近づいてきて「付き合わないか」と声を掛けてきた。
 さっきから俺の事をちらちらと横目で伺っていた男だ。
 レズ殺しの鉄よりは体つきが大柄だが顔付は田舎臭くてナンパするような男には見えない。
 ラブホテルの前をうろついていたから商売女だとでも思われたらしい。
 このままアパートに帰る気持ちにはとてもなれないし、それに少しでも金になるならその方が良い。
 俺はだまって頷いて手を伸ばして男の手を握った。
 男はすぐに俺の身体を引き寄せると俺の尻を撫で回してきた。
 気持ち悪くて寒気がしてくるがここは我慢するしかない。
 男は何度も俺の尻を両手で撫で回すと、俺の事を気に入ったらしくて「いい身体してるじゃないか、たまんねえな」と下手な台詞で褒めてくれた。
 俺は気に入って貰えたのが嬉しくて、男の横っ腹に身体をすり寄せた。
 目の前はラブホテルだ。
 行く場所は他にあるはずはない。
 俺がラブホテルの入り口に男の手を引っ張って歩きかけると男もすぐに歩き出した。
 受付で部屋を選んでいる最中も男は俺の尻をずっと撫で回してる。
 エレベータで三階に上がって部屋に入るとすぐに男は俺を抱きしめてきた。
 立ったまま俺の尻を抱え込むようにして撫で回すと、唇を重ねて舌を入れてくる。
 男臭い息が俺の口の中に入ってくると俺は目眩がして気が遠くなった。
 男の舌先が俺の舌に重なると、ねっとりとした感触が俺の口の中で動き回った。
 俺はこの男がレズ殺しの鉄だったらどんなに良いだろうと思ってされるままになっていた。
 男が急に俺の身体を離すとズボンを膝まで脱いでベッドに座った。
 足を大きく開いて座った股間には大きくなった物がまっすぐ上を向いてる。
 男は何も言わずに黙ったままだが口でやれと言うことらしい。
 生フェラはさっき店長にやらされたばかりだが、目の前に男の物を見せられるともう我慢できない。
 俺はすっかり嬉しくなって、男の膝の間に座り込むと舌を使った。
 男の物がすぐ俺の口の中で大きくなると、俺は嬉しくて堪らない気分になった。
 あのデリヘルの店長だって俺の生フェラで喜んだ顔をして口の中に出してくれた。
 よっぽど俺の生フェラが気に入ってくれたに違いない。
 そうでなけりゃ、デリヘルの店長が俺の口の中に出して飲ませくれるはずなんか無い。
 男に喜んでもらうのは女だって誰だって嬉しいもんだ。
 レズの俺だって男に喜んで貰えたら嬉しいに決まってる。
 さっきのアロマランプの香りを嗅いだせいで俺は自分でも不思議なくらいに生フェラしてるのが嬉しくて堪らない気分になっちまった。
 生フェラを続けながら男の顔を見上げると、男は天井を見上げたまま目が虚ろだ。
 きっと俺の生フェラが気持ちよくてうっとりした気分になってるに違いない。
 俺が舌先を上手く震わせると男の物が俺の口の中で反り返って震え始めた。
 たっぷりと男に楽しんでもらって俺もやっと気分が落ち着いてきた。
 そろそろ頃合いと思ったのか、男は立ち上がって俺の服を脱がしにかかった。
 ズボンの前のチャックを降ろすと尻からズボン脱がそうとしたが途中で急に手を止めた。
 俺の黒いレースのパンティーをじっと見つめてる所を見ると色気たっぷりのパンティーが気に入ったらしい。
 男が手を伸ばすと俺の股間を探ってきた。
 何度も握りしめるような動作で男の指が開いたり閉じたりするのは何だか変だ。
 男が女の股間を探るときは、濡れ具合を確かめるためにそっと花園の縁にそって指をなぞって動かす揉んだ。
 あれっと思ってると男はふっと息をついてから俺の股間から手を抜いた。
 男は今度は俺の胸をぎゅっと握りしめて、感触を何度も確かめた。
 俺はブラジャーはしてないが、ジョギング用のランニングシャツ風の下着を着てる。
 普段は胸は潰れて見えるが、握りしめたりしたらそこそこの胸はある。
 男はすっと立ち上がると、面倒くさそうな顔で俺の顔振り返ってちらりと見た。
 俺のことをずっと男だと思ってたらしい。
 さっきからどうも変だとは思ったがこの辺は男娼もよくうろついてる通りだ。
 女なんて相手にする気はないらしくて男は俺をベッドに放り出してシャワーを浴び始めた。
 俺もいっしょにバスルームに入ろうかと思ったが、どうせいやがられると思って止めた。
 男が風呂に入ってる間に部屋から逃げ出そうと思って、俺はバスルームの前を忍び足で通り過ぎようとした。
 そのときちょうど男が脱いだ服の間から財布が見えた。
 俺はそっとしゃがみ込んで男の財布の中を確かめると分厚い札束だ。
 一枚ぐらい失敬してもばれないはずだ。
 すばやくズボンのポケットに押し込むと俺は部屋から逃げようとした。
 急にシャワーを浴びながら男が一人で大声をだしたので俺はぎょっとた。
 金を盗んだのがばれたのかと思ったが、金の話しではないらしい。
「生フェラがもっと上手でないと、それじゃ商売なんかできないぞ」と男が大声で俺に話しかけてる。
 生フェラが上手なら金をやるということなんだろうか。
 それとも金をやるから逃げるなと言うことなんだろうか。
「商売女ならもっと生フェラが上手でないと、良い金はもらえないぞ、そうだろう」と男にまた言われて俺は急に腹が立った。
 さっきから天井を見上げていたのは俺の生フェラが下手だと思ったかららしい。
 そりゃあ男娼のほうが生フェラが上手なのは当たり前の話しだ。
 レズの俺が生フェラなんて上手に出来るわけがない。
 だいたい生フェラが得意な女なんてのは、男に生フェラを仕込まれて生フェラ狂いにされたような女だ。
 ドヘンタイのドスケベ女で男に遊ばれてすぐ捨てられちまうような女と相場は決まってる。
 俺は何か言い返そうかと思ったがうっかり男を怒らせたら何をされるか分かったものじゃない。
 俺は返事をせずに忍び足でドアに近づいた。
 男が急にバスルームからでてくると「おい、金が欲しいんだろう」と俺を見下したような目つきでいいやがった。
 やっぱり金を盗んだのがばれたんだろうか。
 だとするとここで逃げ出すのはまずい。
 俺は逃げたらいいのか、このまま男の相手をしていいのか一瞬迷った。
「いい身体してるじゃないか、顔も可愛いし、どっからみてもいい女だぜ」と男が今度は俺を褒めだした。
 これは俺と付き合いたいと言うことなのか、付き合えば金をくれるという話しならそのほうが良いに決まってる。
「こんな商売なんかしないで、もっとちゃんと働けば普通の男とも付き合えるのに」
「男が欲しくてこんな商売してるのか」と男に言われて俺は答えに困った。
「私は生フェラ大好きなんです、毎晩でもしゃぶりたくて」と俺は適当に誤魔化して答えた。
「金が欲しいんだろう」と男がもう一度言った。
「いくら貰えるんですか」と俺が男に聞き返すと
「ア×ルでやらせるなら遊んでやってもいいんだぜ」と男に言われて俺は困った。
 男からそれなりの金を貰えるならその方がいいに決まってるがア×ルを責められるのはやはり嫌だ。
 だが男の財布から金を抜き取ったことがばれるともっとやっかいな事になる。
 俺はベッドに戻ると、ズボンを膝まで降ろした格好で四つんばいになった。
 男が俺の足元にあぐらをかいて座ると、ゆっくりと俺の尻を掴んで揉みながら廻してきた。
 俺は男にいきなりア×ルにぶち込まなかったので一安心した。
 ア×ルは上手にやってもらえばとっても気持ちよくなれるが乱暴な男はいきなりぶち込んできやがる。
 女を虐めて痛い目に遭わせるならいきなりぶち込んでやるのがちょうどいいが、俺だって痛い思いをするのは遠慮したい。
 指先で唾にたっぷり付けると男は俺のア×ルの周りを丁寧に揉み始めた。
 女をア×ル狂いにするには手順がある。
 俺もよく知ってるが、最初はア×ルの周りの筋肉をやらかく揉んでほぐしていくのが上手いやり方だ。
 するとだんだんとア×ルの筋肉がゆるんで来るので、そこでア×ルに指を入れて少しづつ押し広げていくのが上手い手順だ。
 男の指先が俺のア×ルの粘膜に直接触れると、くすぐるように軽く揉み始めた。
 俺は次第に気持ちよくなって、あのレズ殺しの鉄に可愛がってもらってるような気がして嬉しくなってきた。
 男の指先がすこしづつア×ルを押し広げては探るような動きでア×ルに浸入しきた。
 俺の尻がきゅっと縮こまると、男の指を締め付けるようにア×ルがきつく閉じるのを繰り返した。
 男は不意にア×ルから指を離すと、俺の花園を指でそっとなぞり始めた。
 俺だってア×ルでやられちまうよりは花園に入れてもらったほうがずっと有りがたい。
 レズの俺がア×ル狂いにでもされちまったら、箸にも棒にもかからない。
 俺はわざと喉の奥から大きな声をだして喘いで見せた。
 裏ビデオの女優がやるように腰をいっぱいに突き出して捻りながら廻すと男の指が花園の中に入ってきた。
 これはまったく都合が良い。
 男だったら女が興奮してよがり狂うのを見たらすぐにでも花園にぶち込みたくなるはずだ。
 俺はわざと身体をくねらせて、繰り返し大声をだして感じてる振りをした。
「いい眺めだぜ」と男が言うと俺の花園から指を離した。
「いつもやってることがあるだろう、一人でやるのが」と謎かけみたいな口調で呟いた。
 俺に一人でオナニーをしてみせろと言うことらしい。
 男というのはよく分からないものだが、男なら誰でも女のオナニーを見るのが面白いらしい。
 金を貰えるならそれでも仕方ないと思って俺は身体を揺すって腰をくねらせた。
 一人で頭をベッドの上に押しつけながら必死で指を使っているとさっきの生フェラした時の男の逞しい感触が口の中によみがえってきた。
 女だったら口の中に入れて貰った物を花園の奥まで入れて貰いたくなるのは当たり前だ。
 レズの俺だって身体は女なんだから、気持ちよくなりたいのは普通の女と同じだ。
 すぐにでも入れて欲しいという思いで頭の中が一杯になると俺は夢中で腰を振った。
 レズ殺しの鉄が後から奥まで入れてくるのを想像すると腰が勝手に動いて止まらなくなった。
 気が付いたときにはすぐ頭の前の枕の上に金が置いてあるのが目に入った。
 男はいつのまにかホテルの部屋から出て行ってしまったらしい。
 たいした金額の金じゃないが、ズボンのポケットを確かめると俺が男の財布から抜き取った金もある。
 当面の飯代くらいにはなると俺は少しは嬉しい気分になった。

14.SM調教ビデオ<< ページトップ >>16.ビデオチャット

人妻調教アダルトビデオ

人妻 奴隷契約 高坂保奈美
人妻調教~人妻奴隷志願~
調教されてゆく人妻 10人 快楽に溺れてゆく日常
人妻熟女被虐総集編 熟れ肉奴隷たちの虐辱
人妻奴隷全集4時間 襲いかかる悲劇、怒濤の陵辱アクメ
緊縛 8時間総集編 縄マニア
緊縛 厳選 4時間 vol.2 [DVD]
緊縛拷問、ベストコレクション 杉浦美由 長谷川あゆみ 南ゆの 星野めぐ 結城綾音