長編官能小説(女子高生強制調教)スケコマシのジョー

by七度柚希

目次

1.上野で拾った家出少女

2.強制輪姦

3.出会い系喫茶

4.夜這いプレー

5.テレクラ狂い

6.人妻痴漢地獄

7.淫乱女子高生

8.強制露出調教

9.レズ淫乱調教

10.デリヘル面接

11.レズ殺し

12.女の喜び

13.デリヘル志願

14.SM調教ビデオ

15.担保は裏ビデオ

16.ビデオチャット

17.ブルセラビデオ

18.美人局

19.レズビアン

20.カーセックス

21.恋人交換

22.強制調教

23.スキャンダル

14.SM調教ビデオ

あらすじ
 芳恵を売り飛ばそうとデリヘル店に連れて行ったが、一目見ただけで断られた。
 ちょうどSM調教物の裏ビデオ撮影の最中で、自分も同じ目に遭わされると思ったのか芳恵はデリヘルで働くのは諦めた様子だ。
 俺は芳恵を出会い系喫茶に置き去りにして、やっかい払いをした。


 俺が地下鉄の駅の階段を降りようとしたとき芳恵がちょうど竜と手をつないでこっちにやってくるのが見えた。
 芳恵が俺に気が付くとすぐ竜の手を振り解いて俺に駆け寄ってきた。
 竜の奴もさすがに芳恵の話に呆れて、手出しはしなかったらしい。
「竜さんが教えてくれたんですけど、デリヘルならジョーさんが紹介してくれるからジョーさんに頼めって」といきなり芳恵が大声で話しかけてきた。
 こんな所でデリヘルなんて言葉を大声で言われてはかなわない。
 竜の奴も俺が芳恵の金をかすめたことは言わなかったみたいだが、余計なことを吹き込んだらしい。
 デリヘルの面接を受けたって断られるにきまってるが取りあえずデリヘル店の事務所に連れて行くことにした。
 地下鉄で渋谷まで行くと、裏通りにあるいつものデリヘルの事務所に芳恵を連れて入った。
 店長はちらっと芳恵を見ただけで面接もする気はないらしい。
 一目見てブスでデブと分かる女、いくら女子高生でも客の相手なんか勤まるわけがない。
「内じゃ女子高生は使わないから、帰んな」と店長に言われて俺が帰ろうとしたが、芳恵は店長に「ここで働かせてください、今日泊まるところがないんです」と何度も頭を下げてすぐには帰ろうとはしない。
 店長も芳恵がなかなか帰らないので困ってはいるが相手は女子高生、怒鳴りつける訳にもいかない。
 ちょうどドアをノックする音がして「すいません、遅くなって」と紺のスーツを着た中年の女が必死で俺に頭を下げた。
 地味な濃紺のスーツを着てる割に、派手なブランド物のハンドバックはどう見ても変だ。
 俺は女の顔を見てアダルトビデオを販売してる会社の女社長だと思い出した。
 以前旦那がやってた会社をその女が引き継いだとかいう話しだ。
 一時期は大儲けして羽振りもよかったがそのうち売れなくなって、裏物にも手を出したとかいう話しを聞いたことがある。
 仕事の話しでもしに来たかと思ってると店長が「おい、なんだと思ってるんだ、みんな待ちくたびれてるぜ」と女社長を叱りとばした。
 女社長を奥の部屋にいれると「いいもの見せてやるからこっちに来な」と芳恵をモニターテレビの前に座らせた。
 俺が芳恵の後ろからモニターテレビのを見ていると女社長がすぐにスーツを脱いで下着だけの格好になるのが見えた。
 黒のレース模様のひらひらのブラジャーとパンティーは最初から着てくるように言われていたらしくてお色気たっぷりだ。
 男の声で「どうして裏ビデオになんか出る気になったのか説明してもらおうか」とスピーカーから聞こえてきた。
「すいません、借金が返せないんです、返せなかったら身体で払うって約束したんです」と女社長が泣きそうな声で言い訳してる。
 どうもこのビデオはヤラセじゃなくて、本当に社長が借金を返せないらしい。
 男にバイブを渡されてまずはオナニーシーンから始まると芳恵のやつ興味津々といった顔でくいいるようにビデオを見つめてやがる。
 中年女のオナニーは腰を振って足をおっぴろげて男とセックスしてるときと同じ格好で激しく腰を使う飛んでもない代物だ。
 おまけにバイブを自分で花園の奥に押し込んでぐいぐいと捻ったり捻り回したりと出し入れの仕方も凄い。
 男に激しく責められてるのと同じ事をバイブを使って自分でやるんだから男性経験が豊富な女はやることが凄い。
 高校生のオナニーなんかとはまるで別物で芳恵も唖然とした顔をして画面に見入ってる。
 カメラの位置に合わせて姿勢を変えながら女社長のオナニーシーンが続くと何だか芳恵の顔付きがおかしい。
 変だと思って芳恵の手元を見ると、制服のスカートの下に手を突っ込んで自分で指をつかってやがる。
 やっぱり中年女のオナニーシーンは女子高生には刺激が強すぎたらしい。
 一通りオナニーのシーンが終わると、今度は調教師が画面に映った。
 中年の女のオナニーシーンだけ撮影したって裏ビデオになんかなる訳がない。
 調教物の裏ビデオを撮るというのが最初からの約束だったに違いない。
 まずは調教師が怒鳴りつけながら鞭で尻を叩きつけて、女社長が顔を歪めて泣き出すシーンから始まった。
「借金かえせなけりゃ、身体で払って貰うって約束だぜ」と調教師が怒鳴りつける声が聞こえてきた。
「ごめんなさい、今日はお金が出来なくて、身体で払いますから許して」と女社長が必死で台詞を読み上げるような棒読みで答えてる。
 どうにもこんなへたくそな芝居は見ていても笑ってしまうが、裏ビデオなら台詞が下手でも商売には成る物だ。
 調教師は鞭の先を女社長の花園にめがけて叩きつけてきた。
「ひいーーー」と女社長が叫び声を上げて身体を仰け反らすと身体を震わせて引きつってる。
 これはSMの調教で調教師も女社長もわざと大げさに演技してるのは見ていてもすぐ判る。
 芳恵の奴は調教なんて見たことがないらしくて、怯えた顔でテレビの画面を見つめてる。
 一通り鞭で打ち付けるシーンが終わると今度は女社長の身体が縄で縛られて天井から吊された。
 きりきりと調教師が滑車を巻き上げると、最初は床に転がされていた女社長の身体が宙に浮いて次第に高く釣り上げられた。
 海老ぞりの様な格好で身体に縄が食い込んで、女社長は今にも死にそうな顔で呻き声を上げてる。
 腿を縛った縄は足が一杯に開くように肩まで伸びてきつく引っ張って縛ってある。
 調教師が女社長の身体を廻してちょうど花園がカメラの方から丸見えに成るように動かした。
 中年女の紫色にどすぐろい色をした花ビラは見ていても気持ちが悪い。
 まずは浣腸の太い注射器を尻から押し込むと女社長の顔は脂汗で引きつってる。
 芳恵はテレビの画面を見ていても何をしるのか判らないらしい。
 平気な顔でテレビの画面を見つめて不思議そうな顔をしている。
 調教師が思い切り強く女社長の背中を鞭で叩くと、女社長の悲鳴がスピーカーから響いてきた。
 さすがに芳恵もこれにはびっくりして声も出ない様子。
 もうとても見てはいられないという顔で椅子から立ち上がった。
 ここで働いたりすれば自分も同じ目に遭うと思って怖くなったらしい。
 俺の腕をつかんで「もうこっから出たい」と言い出した。
 取りあえず芳恵の奴デリヘルで働くのは諦めたらしいのであとはどうやって故郷に返すかの算段だ。
 駅に通じる大通りを歩いていると芳恵のやつ「あの女の人なんで、縛られて鞭で打たれたりしてるんですか」と俺に聞いてきた。
「あれは、打たれて痛がってるんじゃなくて喜んでるんだぜ」と俺が言うと芳恵は変な顔をしてる。
 何も知らないらしいので俺が「あれは、調教といってね、大声で泣き叫んでるけど、だんだん痛いのが快感になるんだ」と教えてやった。
「何で痛いのが快感になるんですか」と芳恵が言うので「一度体験してみれば分かるぜ、セックスの100倍くらい気持ちいいんだぜ」と少し大げさに言ってやった。
「私も体験すれば分かるんですか」と芳恵が呟いたので俺はまずいことをいったと慌てて「よっぽどの変態でなきゃ、あんなことはやったりしないからな」と言い直した。
 芳恵のやつ「私変態なんです」とまた変なことを言いだしやがった。
 またやっかいな事を芳恵が言い出すと俺も困った事になる。
「その調教っていうの、レズよりも気持ちいいんですか」と芳恵がまだ言うので俺は慌てて「芳恵ちゃん、原宿行ったことあるかな」と強引に話題を変えた。
「せっかく東京に出てきたんだから原宿で服でも見ていきたいだろう」と俺が言うと芳恵は「原宿っておしゃれなデリヘルがいっぱいあるんですよね」と言い出した。
 芳恵のがどっからそんな話しを聞いたのかしらないがそう言われて見ると、確かにそんな気もする。
「私やっぱりおしゃれなデリヘルのほうがいいな」と芳恵が呟いたが、デリヘルでやることはどこでも同じだ。
 場所がいくらおしゃれで着ている服が可愛くてもデリヘル女に変わりはない。
 原宿駅を降りて竹下通りを歩いていてると、女子中学生や女子高生で大変な混み具合だ。
 すぐ目の前をスケスケのキャミソールを着た女が歩いてるので、芳恵はびっくりした顔をしてる。
 裾にピンク色のレース模様のついたキャミソールはどう見ても下着にしか見えない。
「なんであんな格好で歩いてるんですか」と芳恵は不思議そうな顔で俺に聞いた。
「ああ、あれはキャミソール。キャミソール着てるのはデリヘル女だぜ、デリヘル女はああゆう格好で男を誘うんだ」と俺がいってやると「だから原宿のデリヘルはおしゃれなんですね」と芳恵も納得した顔で頷いた。
 すこし先のショーウィンドーにキャミソールが一杯飾ってあるのを芳恵が見つけると「私もこれ着たらデリヘルで働かせてもらえますよね」と言い出した。
 いくら芳恵がキャミソールなんか着たってデリヘル女なんか出来るわけはないが、本人はすっかりその気で店に入っていく。
 俺は不味いことになったと思った。
 さっき芳恵の鞄から封筒に入れた金を俺が掠め取ったのがばれるのは不味い。
 俺は気をきかした顔をして「俺が買ってやるから、どれがいいんだ」と芳恵に手近なキャミソールを勧めてみた。
 芳恵は喜んでキャミソールを受け取ると試着室のカーテンを閉じた。
 カーテンを開けて出てきた芳恵をみて俺はびっくりした。
 スケスケのキャミソールは生地が二重になってるが、芳恵の着てる白いパンティーとブラジャーが蛍光灯の明かりで下から透けて見える。
 大柄で太めの芳恵の身体に、サイズの小さいキャミソールがはち切れそうになってる。
 裾も短くて芳恵の太い腿が丸見えだ。
 似合ってるなんてとても言えない格好だが、ここで芳恵の機嫌を損ねてもまずい。
「これなら、私もデリヘルで働かせてもらえますよね、絶対そうですよね」と芳恵が言うので俺は仕方なく「超可愛いよ、本当に可愛い」と言いながら何度も頷いた。
 俺が店員に金を払うと、店員が芳恵の着てるキャミソールから値札を外してくれた。
 芳恵は恥ずかしいのか足が半分震えてるがそれでもキャミソールを着たまま、竹下通りを俺と並んで歩き始めた。
 芳恵は自分では目立ってるつもりで顔が強ばってるが、ここは原宿だ。
 もっと目立つ格好をしてる女は幾らでもいるので、誰も振り向きさえしない。
 しばらく歩いて大通りにでると、歩道にテーブルを並べた喫茶店の前に着た。
 俺は芳恵をテーブルに座らせて、カウンターに注文を取りに行った。
 飲み物を適当に選んで、テーブルに戻ろうとしたとき芳恵に誰か男が声を掛けてるのが見えた。
 一目見てナンパだとすぐ分かった。
 こんなところでナンパする男なんてのは、裏ビデオの業者かキャバクラのスカウトくらいなもの。
 俺は席を探す振りをして立ち止まるとしばらく男の様子を見た。
 男は何か言いながら芳恵のすぐ隣に座るとすぐ芳恵の膝の上に手を載せた。
 声をかけたらすぐに女の身体にタッチするというのはナンパの手口としては常套手段だ。
 男の手が芳恵の膝頭をくすぐるように何度も動くと、芳恵の口がだらしなく半分開いた。
 すぐに男の指先が芳恵のキャミソールの裾をめくってパンティーの下に滑り込んだ。
 芳恵は半分夢の中みたいな目つきで男に逆らう様子もない。
 ナンパされてこんなにすぐ落ちる女も珍しい。
 よほどナンパ上手な男なのか、それとも芳恵がよっぽどだらしない女なのか。
 男の指先がパンティーの下で小刻みに震えるように動くと、芳恵は自分から足を大きく広げ頭を仰け反らせて目を閉じた。
 男は芳恵の耳元に顔を近づけて何か囁いてるが、上手いこと口説き文句を並べてるに違いない。
 これなら芳恵は男に誘われてたらどこにでも付いて行きそうな気配だ。
 これはまったくちょうど良いと思って俺は飲み物を近くのテーブルに置いて芳恵に見つからないように喫茶店の裏手から逃げ出した。
 俺は裏道を通り抜けて、原宿の駅まで戻ろうとしたがいつもは通ったことのない道だ。
 どっちに曲がればいいのか分からなくていつの間にか道に迷ってしまったらしい。
 原宿駅前の大通り着いたつもりがさっきの大通りの喫茶店の真ん前にでてしまった。
 これは不味いと思って慌ててまた逃げようとしたがすぐ目の前にキャミソールを着た女が立ちはだかった。
 誰だと思ったがさっき俺が芳恵に買ってやったキャミソールだ。
「ジョーさんたらすぐ居なく成っちゃうんだから」と芳恵に言われて俺はため息をついた。
 男にナンパされたと思ったが、やっぱり男に逃げられたらしい。
 芳恵は俺の手を取ってニコニコしながら俺に身体をすり寄せてきた。
 キャミソールのすべすべの感触が俺の腕にすりつけられて気色悪いったらありゃしない。
「デリヘルに連れてってくれるんでしょう」と芳恵がまだ言うので俺はため息がでた。
 こんな女にキャミソールを着せたってデリヘルの面接に受かるわけがない。
 俺はあの出会い系喫茶を思い出した。
 そもそも出会い系喫茶というのは、女子高生なら誰でも店に入ってただで飲み物が飲めるというのが建前の店だ。
 店に入るだけなら芳恵でも店長から文句は言われないはず。
 俺はちょっと気を利かせて「芳恵ちゃんは可愛いから、もっといい店を紹介してあげるよ」と話しを向けた。
「やっだあ、私こんなに可愛く成っちゃっていいのかしら。さっきもいい店紹介してくれるって言われたけどデリヘルじゃないから断ったの」と芳恵が言うので俺はびっくりした。
「ファッションヘルスってデリヘルじゃないですよね」と芳恵が言うのでさっきの男にはファッションヘルスに誘われたらしい。
 確かにこんなキャミソールなか着てればファッションヘルスの女にしか見えない。
「ファッションヘルスは仕事が大変だからね、芳恵ちゃんにはもっといい店紹介する」と俺が芳恵を丸め込むと芳恵も納得した様子。
 原宿駅まで行って渋谷までの山の手線で電車に乗ると、原宿駅だけあって満員の混雑だ。
 他の客に押し込まれて車両の奥まで入るとしばらくして芳恵が顔を歪めてる。
 芳恵のすぐ後ろにいる男の様子が何だか変だ。
 それに他にも芳恵の周りに男が数人いて芳恵を取り囲むように身体を押しつけてる。
 芳恵の奴スケスケのキャミソールなんて着てるから痴漢にあってるらしい。
 田舎の電車なんかじゃ痴漢なんていないから、芳恵も痴漢に遭うのは初めての様子。
 俺は痴漢にでもあって嫌な思いをすれば、故郷に帰る気になるはずだと思って放って置くことにした。
 芳恵が抵抗しないと思ったのか痴漢が数人芳恵の周りを取り囲んで、やりたい放題に芳恵の身体を触り始めた。
 キャミソールの裾をまくって前と後からパンティーの下に指が差し入れられてるらしい。
 普通の痴漢なら軽くお尻を触るくらいだが、東京ではプロの痴漢はやることが凄い。
 抵抗しないと思われたら、指を奥まで入れてきて大変な事になる。
 芳恵が今にも泣き出しそうな顔をしてる所をみると、指を入れられてるに違いない。
 痴漢に酷い目に遭わされて、田舎に帰ると言い出してくれたほうがよっぽど助かる話しだ。
 電車が渋谷の駅に着いたとき、芳恵は足が震えてるのかまともに歩けないくらいに身体が強ばっていた。
 俺は知らん顔して先に進むと芳恵も慌てて俺の後を付いて来た。
 渋谷駅前からしばらく歩いて、裏通りの出会い系喫茶に着くと俺は芳恵を店の中に連れ込んだ。
 女の子用の部屋にはセーラー服を着た女子高生があちこちに数人座ってだけで席はガラガラだ。
 化粧の濃い派手な感じの女はセーラー服を着てるがサクラのデリヘル女らしい。
 まだ客の男が少ない時間らしくて、サクラのデリヘル女も暇そうにしてる。
 芳恵は女の子用の部屋の壁際に並んだコミックの本棚を見て急に目を輝かせた。
 やっぱりまだ高校生なのでコミックは大好きらしい。
 普通の少女向けのコミックの他にもエッチなコミックがいっぱいある。
 俺が適当に本棚からコミックを一冊取って芳恵に渡すと、芳恵も本棚から何冊か手にとってめくりはじめた。
 飲み物も中央のテーブルに沢山用意してあるので、勝手に好きな物を飲んで良いと芳恵に教えた。
 空いてる席に勝手に座っていいと教えると芳恵も納得した顔。
「ここで、コミックを読んでれば、男が声を掛けてくるから、気に入った相手とどこにでも行けば良いんだぜ」と俺が説明すると芳恵も意味が分かったらしい。
 待ってるだけでナンパしてもらえるなんてのは女にとっては楽な商売だ。
「どこでもって、ほんとうに何処でもいいんですか」と芳恵が言うので「もちろん男に誘われたら何処にでも行って良いんだよ」と俺が教えてやった。
「じゃあ、焼き肉がいいな、さっき食べた焼き肉美味しかったから」と芳恵が見当はずれの事を言うので「じゃあそう男におねだりすればいいんだ、どこにでも連れてってくれるから」と教えてやった。
 芳恵がコミックと飲み物を両手に持って近くの空いた席についた。
 席の前の壁が大きな鏡になってるけど、芳恵は何で目の前に鏡があるのか気にしてる様子はない。
 スケスケのキャミソール姿なのに平気な顔で足を広げて座ってる。
 鏡がマジックミラーで、裏から男達が女の品定めをしてるなんてことは言わない方がよさそうだ。
「じゃあ、また俺はまたくるから」と言って俺は芳恵を店に置き去りにして帰ることにした。
 いくらブスでデブでもあんなスケスケのキャミソールなんて着てれば、誘う男だっているに違いない。
 あんな店にくる男なんてのは大概は、ド変態のドスケベ男だ。
 ド田舎から出てきたばかりの家出娘がそんな一晩男に遊ばれたらそれこそ大変だ。
 芳恵はデリヘルで働きたいなんて事は忘れてすぐに故郷に帰るにきまってる。
 俺はやっかい払いが出来たと一安心して店をでた。

13.デリヘル志願<< ページトップ >>15.担保は裏ビデオ

人妻調教アダルトビデオ

人妻 奴隷契約 高坂保奈美
人妻調教~人妻奴隷志願~
調教されてゆく人妻 10人 快楽に溺れてゆく日常
人妻熟女被虐総集編 熟れ肉奴隷たちの虐辱
人妻奴隷全集4時間 襲いかかる悲劇、怒濤の陵辱アクメ
緊縛 8時間総集編 縄マニア
緊縛 厳選 4時間 vol.2 [DVD]
緊縛拷問、ベストコレクション 杉浦美由 長谷川あゆみ 南ゆの 星野めぐ 結城綾音