長編官能小説(女子高生強制調教)スケコマシのジョー

by七度柚希

目次

1.上野で拾った家出少女

2.強制輪姦

3.出会い系喫茶

4.夜這いプレー

5.テレクラ狂い

6.人妻痴漢地獄

7.淫乱女子高生

8.強制露出調教

9.レズ淫乱調教

10.デリヘル面接

11.レズ殺し

12.女の喜び

13.デリヘル志願

14.SM調教ビデオ

15.担保は裏ビデオ

16.ビデオチャット

17.ブルセラビデオ

18.美人局

19.レズビアン

20.カーセックス

21.恋人交換

22.強制調教

23.スキャンダル

20.カーセックス

あらすじ
 有紀から助けて欲しいとのメールが来た。また客とトラブルにでもなったらしい。
 たまたま通りかかった健ちゃんの車で奥多摩の峠まで有紀を助けにいった。
 有紀を探していると、怪しい男達に襲われたが健ちゃんが一人でやっつけた。


 ラブホテルの玄関から逃げ出した後、俺は気になって携帯に届いたメールを確かめてみた。
 有紀からのメールで今すぐ助けに来て欲しいという短い文章だ。
 また客とトラブルにでもなって、とんでもないことになってるらしい。
 さっきの女が勝手に書いた返事は「お前なんてさっさと死んじまえ」という随分酷い台詞だ。
 他のメールも確かめてみるとあの女「助けて欲しければ一億円だせ」なんてとんでもないメールまで送ってやがる。
 有紀は「お金なら幾らでも出します」と返事をよこしたが、それっきりメールは着信がない。
 もしかして携帯を取り上げられてもうメールが打てないのかもしなれい。
 それはそうと有紀のやつ本気で一億円出すって言ってるんだろうか。
 一億円と言えば相当な金だが有紀の家は金持ちだからそのくらいは出せる金だ。
 そんだけあれば一生遊んで暮らせるし遊び放題でその上毎日レバニラ炒めが食える。
 有紀を助けて本当に有紀が一億なんて大金が手にはいるならこれは絶対助けるしかない。
 俺は有紀にメールを送って今どこに居るかを確かめようとしたが返事は来ない。
 これは大変だと思って俺は有紀の居る場所をGPSで調べた。
 地図をよく見るととんでもない場所だ。
 東京の都心からは随分遠い奥多摩の山の中だ。
 すぐに行ける場所ではない。
 いったいどうしようかと思っていると、急に目の前でクラクションの音がした。
 車が狭いラブホテルの路地を通り抜けようとしてるらしくて俺が邪魔らしい。
 車の運転席を見ると、さっき俺に声を掛けてナンパしようとした男だ。
 すぐ隣の助手席に座ってるのは派手な化粧の女でどう見てもデリヘル女だ。
 俺はこれはちょうど都合がいいと思って、車の助手席のドアを開けて女を引きずり出した。
 女は大声で「なにすんのよ」と大声を出したが、俺が蹴飛ばしてやると歩道に倒れ込んだ。
 四つんばいになった女の尻は、スカートがめくれ上がってTバックの真っ赤なパンティーが丸見えだ。
 俺が女の尻を思い切り蹴飛ばしてやると、女は必死で逃げようとして四つんばいのまま電信柱にしがみついた。
 運転席の男は驚いた顔でだまって俺も見てるだけ。
 俺は車に乗り込んですぐに助手席に座った。
 男はさっき「10万払う」と値段の交渉をした相手が俺だと気が付いたらしい。
 男の癖に妙に怯えた声で「あの、済みません、10万でいいんでしたよね」といいやがる。
 俺は頭に来て「幾らでもいいから、これから奥多摩まで行くんだ」と怒鳴りつけた。
 男はなにか勘違いしたらしくて「あ、奥多摩は良いところですね、山はあるし。夜は夜景も綺麗だし、それにラブホテルもちょうどいいのが一杯ありますよ」
「ロマンチックな建物もあるし、SMっぽいお城なんてのもあってプレーもいろいろ楽しめますよ」と勝手に話しを始めた。
 俺が「いいから黙って運転しろ」と厳しい口調で言ってやると男は「そうですね、いや楽しみだ」とトンチンカンな返事をしやがる。
「どんなラブホテルがお好きなんですか」とまだ男が言うので俺は「黙れって言ってるだろう、ぶっ殺すぞ」と怒鳴りつけてやった。
 男は急にまた怯えた様子で喋るのを止めた。
 車はしばらくして中央高速に入って猛スピードで走り出した。
「ところで、フェラチオとクンニリングスとどっちが好きですか」と男が今度は恐る恐る小声で聞いてきた。
 この男まだ俺をラブホテルに連れ込めると思いこんでるらしい。
 俺はまた怒鳴りつけてやろうかと思ったが、うっかり機嫌を損ねて車から降りろなんて言い出されてもこまる。
 俺はちょっと甘えた声で「フェラチオってあまり上手じゃないんです」と言ってみた。
 男はそれを聞いてちょっと嬉しそうな顔をして「僕が教えてあげますよ、いや、フェラチオって一度好きになったらもう止められないんですよ」と講釈を垂れやがる。
「いや、女の人はね、どうすれば男が気持ちよくなるのかってなかなか分からないでしょう」
「だから僕がフェラチオ教えた女はみんな感謝してありがとうって言ってくれますよ」となんとも調子の良い話し。
「じゃあ、私もお願いしますね」と言ってやると「それはもうもちろん」と顔が綻んだ。
 これは上手いこと丸め込めたと思って俺が一安心してると男も少しは気が楽になったのか前の日に付き合ったデリヘル女の話を始めた。
「安く買える女はね、フェラチオも下手なんですよ、高い女は値段の分だけの価値があるのはもう当たり前ですよね」
「この間は、芸能人専用の高級デリヘル嬢を紹介してもらってね、もう下着からして着てる物が違うんですよ」
「一目で高級なブランド物と分かるスケスケのシュミーズにね、ブラジャーもパンティーもスケスケでね」
「部屋に入るともうすぐしゃぶらせて下さいって言われちゃってね」とどうでもいいような自慢話が延々と続く。
「いやあ、僕みたいな男性は男らしい雰囲気がたまらないらして一目見ただけでもう、しゃぶりたく成っちゃって我慢できないらしくてね」
「即尺って知ってますか、それがもう絶品でね、舌の使い方が」と男が言うので俺も思わず唇に唾がたまってきやがった。
 風俗の女がしゃぶらせて下さいなんて言うのは当たり前の話しなんだが、この馬鹿男本当に自分が女に惚れられちゃってるんだと思いこんでやがる。
 男はすっかり調子になって「いやあ今夜も、こんな素敵な女性にしゃぶってもらえるなんて僕は幸せだな」と俺が即尺をするものと決めてかかってやがる。
 俺は返事をするのも面倒なので黙って聞いていた。
「所でお名前聞いてなかったですよね、僕は健一でね、みんな健ちゃんて呼んでるんですよ」
「だから行くときは、『健ちゃん大好きー』と言ってくださいね」とかまた余計なことをいいだしやがる。
 俺はわざとカマトトぶって「あたしのことはみんなジョーって呼んでるんですよ」と少し甘い声で答えた。
「ああ、あの若草物語の主人公の名前ですね」と健ちゃんが言うので俺はびっくりした。
 大抵の男はジョーと聞けば「明日のジョーですね」とか言うもんだ。
 若草物語なんてのは少女小説だ。
 男が読むはずなんかない。
 女みたいな男だと思ったけどうっかり変なことも言えない。
「ジョーさんは、激しいのと、甘いのとどっちが好きですか」と健ちゃんが聞いてきた。
 そりゃあ、俺はレズだから甘ったるいほうが良いが、いざと成ったら最後のフィニッシュはやっぱ男らしく激しい方がいいに決まってる。
「どっちも好きですよ」と俺がうっかり答えると健ちゃんのやつ「そうですよね、まず最初は甘く、こってりとした感じで最後のとどめは思い切り激しくないと駄目ですよね」と分かったような事をいいやがる。
 こうやってエッチな会話をしてると、恋人同士が初めてデーとした時みたいな感じでなんだか尻がかゆくなる。
 俺だって最初のデートがこんな甘ったるい雰囲気だったら、レズになんかに成ったりはしなかったはず。
 生まれて初めて男と付き合う気分に成れば、俺だって普通の女と同じに男が好きになるに違いないと思えてきた。
 俺は今車を運転しているのがレズ殺しの鉄だったらどんなに良いだろうと思うと、急に涙がこみ上げてきた。
「ジョーさんは本当の女の喜びってまだ経験したことがないでしょう」と健ちゃんが俺の様子を見て話しかけてきた。
 確かに健ちゃんの言うとおりなどで、俺は頷いて答えた。
「女性の身体はね、最初の体験が一番大事なんですよ。最初の体験で女の喜びを感じたらその次からは何度でも女の喜びを体験するようになるんでね」
「最初の体験が駄目だったらあとは、何度やってもだめ。女の身体ってそうゆう風にできてるんですよ」と健ちゃんは知ったかぶりで得意顔。
「風俗やってる女性でもね、本当の女の喜びを知らない女性って多いんですよ。感じた振りをしてるだけで、実際には感じてないんだなこれが」
「だけどね、僕はそうゆう可愛そうな女性に女の喜びを教えるのが上手くてね」と得意そうに話しを続けてる。
「ジョーさん一番感じるのは何処ですか」と健ちゃんに聞かれて俺は「耳の後ろなんか感じます」と適当に答えた。
「女の身体はね、何処でも全部感じるんですよ、本当なんですよ。僕の指先が触れたところは全部性感帯になるんですよ、本当の話ですよ」とまた健ちゃんが言い出した。
 いったい俺の事を口説くつもりなのか、ただの自慢話なのか聞いていてもアホらしくなってくるが男とエッチな話しをするというのも面白くてついついやめられない。
 話しをしているうちに車が高速を降りると、険しい山道に入った。
 しばらく坂道を登ると、両側にラブホテルの看板が出てる一帯にさしかかった。
「どこにしますか」と健ちゃんが聞いてきたので俺はもう一度携帯のGPSを確かめてみたが、まだ少し先みたいだ。
「この辺はおしゃれなホテルがいろいろあるんですよ、ちょっと変わったのとかね」と健ちゃんはすっかり俺をラブホテルに連れ込む気だ。
「もうちょっと先まで行ってくれますか」と俺が返事をすると、車は急にまた坂を上がり始めた。
 すこし先の峠にでると、車が何台か並んでるのが見えた。
「ここは、夜景が綺麗なんですよ、いや女の子を口説くのにはぴったしの場所でね」と言われて確かにそんな気がした。
 峠の角の手前で車を止めると、俺は先に外に出た。
 少し先まで歩くと峠の曲がり角は強い風が吹いていて髪が吹き飛ばされそう。
 ガードレールの下はネオンの光る夜景が広がっていて見晴らしはすばらしく綺麗だ。
 少し先には恋人らしいカップルも見える。
 この辺りに有紀がいるはずだと思って、俺は健ちゃんの手を引っぱりながらカップルの顔を確かめて歩いた。
 後ろを車が通りすぎるたびに、カップルの姿がヘッドライトにてらされて丸見えになってるけど誰も気にしてる様子はない。
 峠の横には車も何台か止まってるが、車の中ではカップルが抱き合ってる。
 目に付く場所をあれこれと歩いてみたが有紀らしい女は見あたらない。
 俺は立ち止まるともう一度携帯をだしてGPSの位置を確かめてみたが、この場所に間違いない。
 もしかして崖の下に突き落とされたのかと思って手すりに両手をついて真下を見下ろしてみたが真っ暗なだけで何も見えない。
 もしかしたら携帯だけ、この崖の下に捨てたのかもしれないと思って振り返ろうとすると急に後ろから脇の下に健ちゃんの手が入ってきた。
 すっとくすぐるように脇腹を撫で上げられて俺は思わず身体が震えた。
 何度も繰り返し健ちゃんの手が指先を震わせながら俺の脇の下を撫で上げてくると俺はも思わず大きくため息をついた。
 すると健ちゃんは今度はもう一方の手を俺のすぐ胸の下にあてがうと、すくい上げるように俺の胸を揉み始めた。
 健ちゃんの自慢話はあながち嘘でもなかったようで、なかなか手つきが上手だ。
 軽く手の平で包み込むようにしながらゆっくりと胸を押し回したかと思うと、今度は指先で揉みながら押しつぶしてくる。
 何気げない手つきだが、よっぽど女と遊んだ経験がなければこんなに上手にできるわけがない。
 不意に俺の耳元で健ちゃんが「いい胸してるじゃないか、感じるだろう」と低い声で呟いた。
 身体の芯に杭が打ち込まれるような感触が耳から子宮まで伝わってじんと来た。
 タイミング良くこんな台詞を言われたら感じて来ちゃうのはもう止められない。
 思いがけなく遊び慣れた健ちゃんのテクニックに俺は目眩がしてきた。
 女は誰だって上手に口説かれたもんだ。
 上手に誘われたら気分がもうめろめろになっちゃって気持ちよくてもうどうにでもしてって気分になるもんだ。
 そうすれば後は女の身体は気持ちよくなるだけ気持ちよくなって最後には幸せな気分で一杯になれる。
 俺だって最初の体験で男に上手に口説かれてればレズになんかにはなったりしなかった。
 もういちど初体験をやり直せたらといいのにと思うと、悔しいような情けない気持ちでまた思わず涙ぐんだ。
 俺のすぐ耳元で女の喘ぎ声が聞こえたので横を見ると隣のカップルの声だ。
 女が手すりに両手をついて男が後ろから責めてるのが見えて俺はびっくりしたがこの峠ではカップルがみんな普通にやってることらしい。
 健ちゃんの手が俺のズボンのジッパーを外して、直に指先を黒いレース模様のパンティーの上から押しつけてきた。
 こうなるともうとても我慢しきれなくて、俺は自分からズボンを膝まで下げた。
 健ちゃんの指先が俺の尻を何でも撫で回すと、パンティーの股の所を後ろから指先で捻って引っ張り上げてきた。
 軽く揺すりながら時折力を入れて引っ張られると、花園に食い込んできちゃってもう駄目。
 もうたまんなくなって俺は自分からパンティーを降ろすと両手を目の前の手すりについた。
 健ちゃんが後ろから腰を近づけてくると、花園に熱い感触が押しつけられた。
 思わず俺が腰を震わせると、健ちゃんは俺の尻をしっかりとつかんで引きつけてきた。
 少しだけ先端が入ってくると俺は嬉しくてもう涙がでてきて止まらない。
 これが健ちゃんじゃなくて、あのレズ殺しの鉄だったらいいのにと思うと今度は膝が震えだした。
 健ちゃんは俺の感触を楽しみながら、次第に奥まで進んでは戻すのを繰り返してくる。
 リズムを早くしたり遅くしたり、かとおもうと急に反り返って震わせたりと随分と芸が細かい。
 俺はもう構わないから奥まで一杯に突き上げて欲しくて自分から腰を後ろに付きだした。
 俺のすぐ横で女が大声で苦しそうに喘ぐ声を出し始めた。
 よっぽど気持ちいいらしくて、肩を震わせて泣きじゃくってる。
 俺もすぐその女と同じに気持ちよくして貰えると思うともう嬉しくて堪らない。
 健ちゃんが腰を使い出すと俺はもう嬉しくて体中からわき上がる喜びで脳みそが吹き飛んじゃいそうなくらい。
 思い切り背中を仰け反らせて大きく叫ぶともう気持ちよくて堪らない。
 健ちゃんが力任せに何度も突き上げてくると、時間が止まったように天国の楽園が俺の身体を包み込んだ。
 不意に健ちゃんが腰の動きを止めると、俺のア×ルの周りを健ちゃんの指先がなぞるように動いてきた。
 ゆっくりと堅くなった筋肉を揉みほぐすようにして押しながら揉み続けるとしだいにア×ルから力が抜けてゆるく開いてくるのが自分でも分かった。
 健ちゃんの指先がするりとア×ルに滑り込むと今度は押し回しながらゆっくりと拡げてきた。
 俺はうっとりとした気分で健ちゃんにされるままになっていたが、健ちゃんが腰の動きをまた繰り返してきたとき、思いがけない感触に身体ごとはち切れそうに震え上がった。
 尻がきゅっとしまるのと同時に花園が健ちゃんの物を締め付けるように動いてもう止まらない。
 ア×ルに入れた指の動きと、奥を突き上げるタイミングを上手く合わせてリズムを取って繰り返し責めてくる。
 こんなテクニックを使うなんて健ちゃんは見かけに寄らずに相当な遊び人だ。
 息が出来なくなるくらいに喉の奥から叫び声を上げると、膝が震えて転びそうになっちまう。
「もう止めて」と思わず口走りそうになったが、止めてなんか欲しくはない。
 なんでこんなに気持ちいいのか分からないが、今はこの感触をたっぷりと楽しむしかない。
 健ちゃんが少しずつリズムを早くしながら、腰の動きを強くしてきた。
 激しく責められるのを期待して俺が腰を後ろに突きだしたとき、「タスケテー」と言う女の叫び声が遠くから聞こえてきて俺ははっとした。
 もしかして有紀かもしれないが、どうせ男に遊ばれて叫んでるだけだ。
 俺には関係ない事だし、今の俺には健ちゃんのほうが大事だ。
「ジョーチン早く来て」ともう一度今度はすぐ近くから大きな声が聞こえた。
 俺の事をジョーチンなんて呼ぶのは有紀しかいないはず。
 俺が体を起こそうとすると、健ちゃんが俺の身体から離れた。
 不意に身体が楽になると、健ちゃんが駆けだして声の方角に突進してるのが見えた。
 俺もすぐ健ちゃんの後を追いかけようとしたが、足にズボンが絡まって地面に四つんばいになった。
 慌てて立ち上がろうとしたとき、俺は腰を後ろから押さえつけられて動けなくなった。
 いきなりア×ルに押し込まれる感触があって、俺はてっきり健ちゃんに責められてるんだと思った。
 だが健ちゃんは俺の目の前を駆けだしてる背中が見える。
 俺の横でいちゃついてたカップルの片割れの男が余計な事をしやがったらしい。
 俺は立ち上がろうと手足をばたつかせたが、後ろからがっちりと責められてとても身動きできない。
 健ちゃんに助けを呼ぼうとしたが、健ちゃんは少し先の看板の裏手に走り寄った。
 懐中電灯の光が手すりの近くを照らすと有紀らしい人影が手すりに縛り付けられてるのが見えた。
 セーラー服を着た小柄な身体が懐中電灯の光の中に浮かび上がった。
 スカートを腰までたくし上げられて白い尻が丸見えになってる。
 健ちゃんが有紀の側に歩み寄った瞬間に男が三人ほど看板の横から飛び出して、健ちゃんにいっせいに飛びかかった。
 男の一人はナイフを持っているらしくて、健ちゃんののど元にナイフを突きつけてる。
 これはもう駄目だと思ったが、健ちゃんの身体が素早く動くと、あっという間に男達の身体はくるっと回って地面に叩きつけられた。
 男達は立ち上がろうとしたが、その度にまた身体が一回転して地面に倒れこんでる。
 誰かが合図すると男達は一旦健ちゃんから少し離れて、健ちゃんの周りを取り囲んだ。
 男達はゆっくりと健ちゃんの周りを回りながら少しづつ健ちゃんに近づいていった。
 急に懐中電灯の光が宙に飛んで地面に落ちると、明るい光が俺の目に飛び込んできた。
 もう何が起きてるのか懐中電灯の光に目が眩んで何も見えない。
 男達は今度は俺の方に一斉に駆け寄ってきた。
 すぐ目の前に男がよろめきながら走ってくると、俺の目の前にナイフを突きつけた。
 ナイフの先から血らしい物が垂れているが見えて俺は寒気がして、体中が震え上がった。 その瞬間に後ろからアナルを強く奥まで貫かれて俺は体中が気絶しそうな程の快感に気を失いかけた。
 アナルがきゅっと締まったときに真ん中をでかい物が突き抜ける感触が飛んでもなく気持ちいい。
 こんな気持ちいいのなら今すぐ死んでもいいくらいの快感が身体の隅々まで一気に走り抜けた。
「じゃまだ」と男の声が耳元で聞こえた後俺は目眩がして気が遠くなった。
 俺はもう死んでるんだと思ったが目を開けてみるとまだ俺はまだ生きてる。
 男達は俺のすぐ横のワゴン車の脇を通り抜けて、坂の下に止めてある車に乗り込むと逃げ出して行くのが見えた。
 こっちを向いていた懐中電灯を誰かが拾ったらしくて、辺りを見回すように明かりが照らされた。
 すぐ目の前まで懐中電灯の明かりが近づくと俺は殺されると思ってまた体中が震えて縮こまった。
 懐中電灯の光が消えると、人影が月明かりに浮かんで見えた。
 恐る恐る顔を上げて、目の前の人影を確かめると「だいじょうぶか」と健ちゃんの声が聞こえた。
 てっきり健ちゃんがやられてそれでナイフに血がついていたんだと思ったが、健ちゃんは無事だったらしい。
 健ちゃんが有紀を連れて俺のすぐ目の前に立っているのが見えて俺は身体から力が抜けて口が開いたまま涎を垂らした。

19.レズビアン<< ページトップ >>21.恋人交換

人妻調教アダルトビデオ

人妻 奴隷契約 高坂保奈美
人妻調教~人妻奴隷志願~
調教されてゆく人妻 10人 快楽に溺れてゆく日常
人妻熟女被虐総集編 熟れ肉奴隷たちの虐辱
人妻奴隷全集4時間 襲いかかる悲劇、怒濤の陵辱アクメ
緊縛 8時間総集編 縄マニア
緊縛 厳選 4時間 vol.2 [DVD]
緊縛拷問、ベストコレクション 杉浦美由 長谷川あゆみ 南ゆの 星野めぐ 結城綾音