人妻不倫露出調教

by七度柚希

目次

1.涙のチアガール
2.突然のプロポーズ
3.フェラチオ狂い
4.痴漢プレー
5.テレホンクラブ
6.ビデオチャットの女
7.人妻チャット調教
8.奴隷調教
9.セクハラ
10.誘惑
11.陵辱
12.痴漢願望
13.バイブレータ
14.スケスケネグリジェ
15.セーラー服
16.ガーターベルト
17.不倫疑惑
18.強制生フェラ
19.強制レイプ
20.ランジェリーパブ
21.温泉調教
22.ドスケベ女
23.低周波バイブ
24.真っ赤なパンティー

17.不倫疑惑

 旦那は翌朝早くに帰ってきて昨日は徹夜だったらしい。
 以前担当していた銀行の決済系のソフトにトラブルがあって急に呼び出されたとか。
 疲れた顔でお風呂に入ってあとはまたパソコンの部屋に籠もった。
 旦那はしばらくは疲れた様子で夜遅くに帰る日が続いて、いつもパソコンの部屋で一人で寝ていた。
 私が寝ているのを起こしたくないから言うのが口実だったけど、私との夫婦生活を避けてるってのは疑いようもなかった。
 実験医学研究所のアルバイトの話は、学会が一通り終わった頃になっても連絡がなかった。
 私から長崎くんに連絡してアルバイトの話がどうなってるのか確かめようかとも思ったけど自分から長崎君に電話するのは気が引ける。
 どうしようかと思ってると徹夜明けでいつもより早めに帰ってきた旦那がもう実験医学研究所のアルバイトには行かなくていいと言い出した。
 なんで行かなくていいのか理由はわからなかったけどいろいろと事情があるらしくて私は詳しく聞くのは諦めた。
 夕食の後に大学の時の先輩の芳恵さんから電話があり「こないだ友達からもらったパソコンなんだけど具合が悪くて動かないんだけど見てくれないかしら」と言ってきた。
 旦那と電話を代わってもらうと、旦那は何やら芳恵さんと話しをしてから電話を切った。
「これから芳恵が家にパソコン持って来るから、やっぱり実際にノートパソコン見ないと故障の原因は分からないから」と旦那が言うので私はびっくりした。
 旦那は芳恵さんのことを「芳恵」と呼びつけにしてる。
 これはもう芳恵さんとつきあってたってことは絶対間違いない。
 もしかしたら毎晩帰りが遅いのは、仕事なんかじゃなくて芳恵さんと付き合ってるからかもしれない。
 確かに仕事で疲れてる顔をして帰ってくるけど、仕事をすれば疲れるのは当たり前。
 いくら忙しくてもそんなに毎日帰りが遅いなんて絶対変だ。
 前々から怪しいと思ってたけど、やっぱり思い過ごしではなかったみたい。
 旦那は自分が言ってる事に気がついてない様子なので私は黙ってた。
 こうなったら絶対に証拠をつかんでとっちめてやると心の奥に決意を堅く決めて私は旦那をにらみ付けた。
 あと30分ほどで芳恵さんが来るはずだったけど、旦那に携帯が入り緊急の用事らしい。
「また、客先でトラブルだ、近くだからちょっと行ってくる」と言って家を出て行こうとするので私はびっくりした。
「明日にしてもらえないの、芳恵さんがこれから来るんだから」と私が旦那を引き留めると「明日キャッシュカードが使えなくなったら困るだろう」と旦那が面倒くさそうに言い訳をした。
「明日使えなくても、とりあえずお金はあるから別に困らないわよ」と私が言うと旦那は呆れた顔をして「お前は、日本中でキャッシュカードが使えなくなるんだぞ」と言って不機嫌な顔で吐き捨てるような口調で怒鳴った。
 私はうっかり旦那を怒らせたら大変だと思ってそれ以上は何も言えなかった。
「プログラムを直したらすぐに帰るから芳恵には待ってもらえばいい」と旦那に言われたけどいつ帰るのかなんて分かるわけ無い。
 芳恵さんになんて言えばいいのか私は困ってしまったけど旦那にはもう何も言えない。
 旦那は慌てた様子でネクタイもせずにいつもの鞄を持って飛び出していってしまった。
 旦那と入れ違いに芳恵さんが私の家に来ると私は仕方なく「旦那はちょっと用事があってすぐ帰ります」とだけ言っておいた。
 芳恵さんは旦那が近所に買い物にでもいってると思ったのか別に変な顔もせずに玄関を上がった。
 私はリビングに芳恵さんを案内してひとまずコーヒーとクッキーを出した。
 とりあえず私も芳恵さんと一緒にクッキーを食べたけど、どうも変だ。
 だいたい今日旦那の帰りが早いのを芳恵さんが知ってるのが怪しい話。
 あらかじめ芳恵さんが旦那と今日来るのを約束してたとしか思えない。
 大学の時の友達の話をしながら、芳恵さんの顔色をうかがってみたけどいつもと変わらない。
 なにか裏に魂胆でもあるんじゃないかと勘ぐってはみたけどなんの魂胆なのかは見当もつかない。
 世間話しもすんでパソコンの部屋に案内しようとすると芳恵さんが寝室の前で立ち止まった。
 芳恵さんの視線の先は寝室の壁に掛けてあるセーラー服。
「ねえ、信ちゃんどお、やっぱりセーラー服は効き目有ったでしょう」と芳恵さんが言うので私はびっくりした。
 旦那は確かに信彦だが旦那を信ちゃんなんて言う友達はいない。
 やっぱり芳恵さんが旦那と不倫してるってのは絶対確かだ。
 今日来たのも二人が不倫してることをわざと見せつけるためなんだ。
「私には似合わなかったみたいなの」とそれとなく言ってみると「そうよねセーラー服の下はむっちむちの豊満なはち切れそうな身体じゃないとだめなのよ」
「有紀ちゃんじゃ旦那も物足りないわよね」と随分な言い方だ。
「芳恵さんならきっと似合うと思うんだけど着てみる」と私はわざと嫌味で言ってみた。
 すると芳恵さん何を思ったのか「そりゃ私なら似合うわよ、なんなら私がそのセーラー服着て旦那が浮気してるのか調べて上げるわよ」
「私が着れば、いくら駄目な男でもすぐピンピンになるから」と言いだした。
 きっと私に当てつけでいってるに違いないと私は腹が立ってはらわたが煮えくりかえる思いがこみ上げてきた。
 私が返事をしないでいると、芳恵さんは勝手にハンガーからセーラー服を着替えを始めた。
 スカートの下には黒のガーターベルトと、黒のストッキングを付けているのか目に入った。
 芳恵さんはいつも男は黒のガーターベルトに弱いのよといつも自慢してる。
 今日も黒のガーターベルトを付けてるってことは、私の目の前で旦那を誘惑する気持ちが満々てことらしい。
 私はまた腹が立ったけど黙ってるしかない。
 芳恵さんは鏡台の前でセーラー服を確かめてポーズをとってご機嫌な気分。
 お化粧がちょっと濃いけどさすがに芳恵さんの身体はセーラー服からはち切れそうで太股もすごい迫力。
 旦那がセーラー服に弱いのを知ってるのは、旦那をセーラー服姿で誘惑した経験があるからに違いない。
 それ以外にも私には絶対言えないような事もいろいろあったはず。
「じゃあ、お願いしますね、旦那の浮気調べは」とわざと言ってみると、芳恵さんもすっかり調子に乗って髪の毛をお下げ髪にしてる。
 髪がそれほど長くないので、三つ編みにできるのは先の方のちょっとだけ。
 それでも一応は女子高生のお下げ髪に見える。
 芳恵さんは旦那が三つ編みの女子高生に弱いのをよく知ってるってこと。
 私の前で当てつけでこんな格好をしてるのはもう間違いない。
 これで旦那が帰ってきたら、私と芳恵さんとどっちがいいのかと、私の目の前で拗ねたりして見せるつもりに違いない。
 芳恵さんはセーラー服姿のまま鞄からノートパソコンを出すと「これ、友達からもらったんだけどね、いろいろやってたら動かなくなっちゃって」と言い出した。
 私が見たって判る訳がないので、旦那が帰るまで待つしかない。
 しばらく芳恵さんと一緒におしゃべりで時間をつぶしながら旦那の帰りを待ったけど携帯にメールが入ってまだ帰れないと連絡してきた。
 いつ帰れるか分からないから私になんとかしろとまた旦那がメールしてきたけどそう言われてもどうにもなるものでもない。
 ともかくパソコンがどんな具合なのか動かしてみるしかない。
 電源をコンセントに入れてみるととパソコンはやっぱり調子が変で途中で止まってしまって故障らしい。
 旦那が帰ればなんとか成ると思ったけどいつ帰れるのかわからないのじゃしょうがない。
 私はインターネットで調べればいいと思い、パソコンからインターネットにアクセスしてみた。
 するとこの間ビデオチャットをした邦夫さんもアクセスしていて、すぐにメッセージを送ってきた。
 邦夫さんはパソコンスクールなんてやってるって言ってたけど「普通のセックスより100倍も気持ちいい快感を体験させてあげる」なんて事を口にしたりして結構危ない人だ。
 うっかり相手もでいないと思ったけど、私はチャットの会議室に書き込むつもりで「パソコンが立ち上がらなくて、困ってるの」と邦夫さんにメッセージを返してしまった。
 するとすぐに邦夫さん「どこが悪いのか、教えてもらえれば、なんとかなるかもしれないけど」とメッセージを送って来た。
 私はこんな危ない男性に相談するわけにもいかないと思ったけど芳恵さんは邦夫さんを私の知り合いだと思ったらしくてすぐにチャットに出てメッセージのやりとりを始めてしまった。
 邦夫さんが何を言い出すか分からないので、私は黙って横で様子をみてるしか無かった。
 変なことになったらパソコンの電源コードをコンセントから引っこ抜いてしまおうと思って半分手を伸ばしかけたまま私はしばらく二人がチャットをするのを横で見ていた。
 チャットを続けながら芳恵さんがノートパソコンをあれこれいじっていると何とかパソコンが動いた様子。
 だけど芳恵さんは、じっとしてパソコンの液晶画面をじっと見つめるだけでじっとしている。
 「どう、直ったの」と聞いてみると「やっぱり、再インストールしないとだめなんだって、いまスキャンディスクしてるんだけど、これ時間かかるらしいのよ」と言われてしまった。
「何分くらい」と聞き返すと「2、3時間はかかるらしいんだけど」と言われ、私は困ってしまった。
「いいから先に寝ていいわよ」と言われたが、芳恵さんをそのままにして私だけ寝る訳にもいかない。
 見ていてもしょうがないので、私は夕ご飯の後かたづけをしたけどそれもすぐ終わってしまった。
 芳恵さんは相変わらずノートパソコンの前でスキャンディスクが終わるのを待ってけどいつ終わるかは全然分からないらしい。
 真夜中の近くになってもまで終わらないので私は諦めてパジャマに着替えて寝室で布団に入った。
 芳恵さんが来たらすぐ起きなきゃと思ってうとうとしてる内に半分寝込んで夢の中で誰かの喘ぎ声が聞こえた。
 私はぼんやりとした頭の中で、パソコンの画面に向かってさっきの邦夫さんとエッチなビデオチャットをしている姿を想像した。
 次第にからだが熱くなってとても我慢できなくなって自分で指を使おうとしたときまた、女性のあえぐ声がかすかに聞こえてきた。
 このマンションでは時々他の部屋でエッチしてる夫婦の夜の声が聞こえたりすることがある。
 普通だったら聞こえるはずないんだけど、真夜中の静かなときに特に激しかったりすると寝ているときに聞こえてきたりする。
 半分寝たまま耳を澄ませてみるとまた変な声が聞こえてきたけどどうも変。
 すぐ近くから聞こえてくる気がして私は目が覚めた。
 やっぱり変な声が聞こえるけど遠くからではないみたい。
 私はベッドから起きて声のする方向を確かめてみた。
 どうもさっき芳恵さんがパソコンを操作していた旦那の部屋から声が聞こえて来るみたい。
 女性がため息を何度もついてあえぐ声は聞き覚えがある気がしてきた。
 これは旦那の隠していた裏ビデオを芳恵さんが見つけて確かめて見てるのかもしれない。
 私は廊下を忍び足であるいて、旦那のパソコンの部屋の前まで来てみた。
 喘ぎ声がパソコンの部屋から聞こえて来るのは間違いない。
 ドアの間からこっそり部屋の中の様子を伺ってみると芳恵さんがパソコンに向かって両足を広げてが「感じちゃうのこんなの初めて」と小声で言いながら体震わせてるのが見えた。
 私はすぐにはなにが起きているのか分からなかったけど、芳恵さんがビデオチャットをして、チャットの相手にエッチな事をさせられているらしい。
 相手は誰なんだろう、さっきチャットの相手をしていた邦夫さんかもしれない。
 だけど相手が邦夫さんだとばかりは限らない。
 もしかしてチャットの相手は旦那かもと思うと急に身体に寒気がしてきた。
 ビデオチャットでセーラー服姿の芳恵さんを見たら、旦那が興奮しちゃうと言うのはあり得ない話しではない。
 どうすれば旦那が興奮するのか一番よく知ってるのは芳恵さんだ。
 やっぱり旦那の浮気の相手は芳恵さんで、それで旦那はもう私との夫婦生活を拒んでるんだろうか。
 だとすれば芳恵さんが私への当てつけに、私の目の前で旦那とビデオチャットしてるってことだ。
 私はどうしていいのか分からず、寝室に戻って布団に入り直したけど、芳恵さんの声は次第に大きくなり私の耳に響き続けた。
 いつの間にか寝入っていると、急に芳恵さんの声がして「ねえ、終わったから帰るわね」と聞こえた。
 目を開けてみると寝室のドアが開いて、セーラー服姿の芳恵さんが私の寝てるベッドを覗き込んでる。
 私は夫婦生活の場所を見られたくなくて、慌てて飛び起きて芳恵さんを寝室から押し返した。
 パソコンの故障はもう直ったらしいけど、このまますぐに帰られてしまったら浮気の証拠も見つけられない。
 私は「ねえお腹すいたんじゃない、なにか食べていく」と勧めてみた。
「そうねえ、簡単なのでいいから、気を使わなくていいのよ」と言われたので私は芳恵さんを台所に案内して、残り物でお茶漬けを作った。
 芳恵さんがお茶漬けを食べている間に、私は芳恵さんが持ってきたパソコンを調べに旦那の部屋に入った。
 よくよく見ると芳恵さんが友達にもらったと言っていたノートパソコンは私が実験医学研究所でアルバイトしてたときに使ってたノートパソコンだ。
 どうやら私の代わりに実験医学研究所でアルバイトしてるのは芳恵さんらしい。
 あの分子遺伝発達学教室はセクハラが多いのは芳恵さんも知ってるはず。
 セクハラされたくてわざわざあの教室でアルバイトしてるとしか思えない。
 帰りの地下鉄でもきっと痴漢にも狙われてるはず。
 芳恵さんたらそんなに痴漢に遭いたいのかしらと呆れちゃう話だ。
 さっき芳恵さんがビデオチャットしてた旦那のパソコンも確かめてみると、ビデオチャットはもう終了してあり、画面にはなにも残っていない。
 ブラウザーの画面がまだ出てるままだったので繰り返し戻るのボタンを押してみた。
 何回かマウスのボタンをクリックすると掲示板らしいページが出てきた。
 投稿画像を載せる掲示板らしくて、女子高生の画像が投稿されてる。
 芳恵さんがこんな掲示板なんか見てたのはやっぱり変だ。
 よく見るとセーラー服が芳恵さんの着てたのと同じだ。
 画像をクリックしてみるとビデオセックスの場面らしい動画がパソコンの画面に映った。
 さっきの芳恵さんのビデオセックスの動画だと一目で分かった。
 投稿したのは誰なんだろう、これも遊びの内なんだろうか。
 なんで芳恵さんがこんな事をしてるのか訳がわからない。
 台所に戻ると、芳恵さんはもうお茶漬けを食べ終わってお茶を飲んでる。
「今日はどうもありがとう、このセーラー服借りてくわね」と言って芳恵さんは持ってきたノートパソコンを鞄にしまって玄関を出て行ってしまった。
 こんな遅くにそれもセーラー服姿で出て行くなんてどうも怪しい。
 駅前のラブホテルできっと旦那と待ち合わせしてるに違いないと一瞬思った。
 だけど疑いだしたらきりがない。
 ベッドに入ってもやっぱり旦那と芳恵さんの関係が怪しく思えていろいろと想像してはみたけどいつの間にか寝てしまった。

16.ガーターベルト<< ページトップ >>18.強制生フェラ

人妻露出アダルトビデオ

露出悦楽 羞虐に溺れる巨乳若妻 / Amore(アモーレ) [DVD]
露出人妻倶楽部SP260分 岩佐あゆみ [DVD]
ナチュラルハイ10周年記念 ~過激露出作品集~+撮り下ろし
復刻幻の露出作品 ハラハラドキドキ露出旅行 お得に一挙6タイトル
(MA008)露出レイプ中出しII