人妻不倫露出調教

by七度柚希

目次

1.涙のチアガール
2.突然のプロポーズ
3.フェラチオ狂い
4.痴漢プレー
5.テレホンクラブ
6.ビデオチャットの女
7.人妻チャット調教
8.奴隷調教
9.セクハラ
10.誘惑
11.陵辱
12.痴漢願望
13.バイブレータ
14.スケスケネグリジェ
15.セーラー服
16.ガーターベルト
17.不倫疑惑
18.強制生フェラ
19.強制レイプ
20.ランジェリーパブ
21.温泉調教
22.ドスケベ女
23.低周波バイブ
24.真っ赤なパンティー

7.人妻チャット調教

 私がビデオチャットの人妻と勘違いした長崎君はそれからも時々家に来て、旦那と夜遅くまで仕事をして家に泊まって行くことが多くなった。
 旦那は自分だけベッドで寝るわけにも行かないと、旦那の部屋の床にクッションを並べて長崎君の横でごろ寝してるらしい。
 確かに長崎君をパソコンの部屋に置いて、旦那が私とベッドで寝るというのも長崎君が可愛そう。
 だからといって、毎晩一人で寝る私はもっと可愛そうなはず。
 それに男同士で同じ部屋でごろ寝というのもやっぱ変だ。
「どうしても長崎君に手伝ってもらわないとだめなの」と一応は旦那に確かめてみた。
 なんでもとても難しい微分方程式を解かないといけないらしくて、とても旦那の手には負えない代物らしい。
 もちろん旦那の会社のプログラマーも誰も手に負えないくらい難しくて、それで困り果てていたとか。
 長崎君は囲碁部で東大光速囲碁という囲碁のソフトを作ってる。
 旦那の話では囲碁のソフトで使っている方法を人工衛星のソフトでも使えるらしい。
 だけどこの仕事、会社では極秘で社外には出せない。
 だから旦那が自分のパソコンを会社のコンピュータに繋いで、長崎君に家に来てもらって仕事をしてるってことらしい。
 たまたま芳恵さんから電話がかかってきたとき私は「旦那は、やりがいがある仕事に移ったんだけど、でも部屋で男の子と二人で寝てるの」とついうっかり口を滑らせてしまった。
 長崎君の事は芳恵さんもよく知ってるらしくて、芳恵さん別に驚いた様子もなく「あ、そう」と言うだけ。
 男同士なのにと言おうとしたけどうっかり変な誤解をされても困るので言い出せない。
「それで私はいつも一人で寝てるのよ」と私が仕方なく言ってみると「そうよね、男ってのは仕事がやりがいだから、やりがいのある仕事が目の前にあれば、あっちの方はご無沙汰しちゃうのよね。男ってそうゆう物なのよ」と妙に旦那の肩を持つ言い方だった。
 なんでこう芳恵さんが旦那の肩をもつのか判らない。
「だからさ、前から言ってるでしょう、セックスはセックスで楽しむ相手は見つけないと駄目なのよ」とまた芳恵さんが言い出した。
 芳恵さんの話しでは旦那とのセックスなんか毎日同じですぐ飽きちゃうけど、不倫は何度やっても初めての体験みたいにドキドキするんだとか。
 まるで自分が不倫を経験してるみたいな言い方。
 確かに不倫のセックスではお互いに楽しむだけと割り切ってるから相当刺激の強いプレーも平気でさせるとかどっかで聞いたことがある。
 だけど「過激なプレーばかりさせられて普通のセックスじゃ感じない身体にさせれられちゃうのが楽しみなのよ」と芳恵さんが言うのはとてもまともには聞いていられない。
 いつもの事だけど芳恵さん、体験豊富と言うより耳年増。
 よっぽどの不倫願望があるみたい。
 翌日また長崎君が仕事の手伝いに来た。
 だけど旦那は急な用事で帰りが遅くなるとか。
 長崎君は一人で旦那のパソコンを使ってプログラムを作り始めた。
 普段は長崎君は旦那といつも一緒だからゆっくりと二人で話す時間なんかない。
 コーヒーを入れて長崎君の横に置いて横顔を見ると、さすが東大生らしく真面目な顔だけど、よくよく見ると結構可愛い。
 それに赤いセーターに、可愛いメガネというのも結構行けてる。
 もしかして長崎君だったらまだ旦那よりは若いし、女性との経験もなさそうだから火遊びの相手にはちょうど良いかも知れないと思って私はそれとなく「私の家にばかり来ていたら、彼女が誤解するんじゃない」と聞いてみた。
 だけど長崎君は「彼女なんか居ません、今は研究が第一で女の子となんか遊ぶ暇ないんですから」と私の気持ちも判らずに顔を赤くして答えるだけ。
 真面目すぎて女心まではまだ見通せないらしい。
 結構可愛いわねと急に私の心に親近感が沸いてきた。
 コーヒーを不器用かき混ぜる長崎君を見て、安心して不倫するなら相手は長崎君がぴったしねと期待が膨らんできた。
 夜になっても旦那の帰りは遅くて、結局その日は旦那は家には帰って来なかった。
 長崎君は旦那が帰ってくるのを待っていて結局終電に間に合わなくなったらしく一人でパソコンの部屋に泊まった。
 いつもは旦那と二人で寝てるのに、今日は長崎君一人だけだ。
 私は夜遅くにいつものように一人でベッドに潜り込んだけどすぐには寝付けない。
 同じ屋根の下、年下の大学生とは言え家に二人っきりというのは結構ドキドキする。
 もしかして私が寝てる間に、密かに私の上にのしかかって来たりなんかあり得ないわけではない。
 想像するだけでも身体が熱くなってくる。
 私の方から長崎君の部屋にこっそり行って身体を重ねる何てのもやろうと思えばできる。
 だけどそんな事は官能小説ではお馴染みのストーリーだけど実際にやるわけにも行かない。
 とても我慢しきれない気分だけど我慢するしかない。
 急にパソコンの部屋のドアが開く音がした。
 きっと長崎君も我慢しきれなくて、私の寝てるベッドに来たに違いないと思ってドキドキしてきた。
 だけどトイレの音がしただけで長崎君は元の部屋に戻ったみたい。
 結局翌朝になっても何事も起きなかった。
 私はいつもと同じ時間に朝早く目が覚めた。
 部屋にはまだ長崎君が一人で寝てるはず。
 長崎君のことが気になってどうにも寝ては居られない気分。
 うまく口実を見つけて長崎君の寝姿を一目見ようと思いついた。
 ひとまず旦那の洗濯物を取りに行くという理由で、長崎君がまだ寝てる部屋に入っみた。
 長崎君は床にクッションを並べて横になってる。
 ズボンとシャツは脱いで、ランニングシャツとトランクスだけだ。
 旦那の下着すがたは結構見慣れてるけど、他の男性の下着姿を見るのはこれが始めて。
 さすがに若い男の子の下着姿はかなり刺激的でドキドキしちゃう。
 長崎君も私に気が付いたらしくて目を上げたがいきなり恥ずかしがってる。
 トランクスの前を必死で隠そうとしてるのを私は見逃さなかった。
 男の人の「朝立ち」だ。
 女の子はよく誤解するけど「ただの生理学的な現象」だと大学の保健の授業で教わった。
 それを知らないでいきなりフェラチオなんか始めたりすると、男の子は大抵喜ぶよりやめろと言って怒り出すんだそうだ。
 私は思わず苦笑して部屋を出た。
 トランクスの前を必死で隠すあの恥ずかしがりようからして長崎君、女性経験はまだないらしい。
 それに男の子にしては小柄で背は低いけど、大事な所は結構りっぱそう。
 見た目は大人しそうだし、テレクラ男相手に不倫するよりは、長崎君のほうがよっぽどいい。
 旦那が留守で長崎君と二人だけの朝なんてこんな都合がいいのはこの先滅多にありそうもない。
 これはもしかして危ない体験をする絶好のチャンスかもと胸がときめいた。
 そうよ不倫するには今しかないのよ、ちょっと色気をだして長崎君の前で色っぽい仕草でもしてみせれば、長崎君なんか人妻の魅力にはいちころなはず。
 私はこれはなんとか上手いことやってやろうと作戦を考えた。
 そうだパジャマ姿のまま着替えずに長崎君に朝ご飯を出すのがいいアイデア。
 パジャマの下はもちろんノーブラ。
 それに一応は人妻だから夜はいつでも旦那の求めに応じられるようにパンティはレース模様のスケスケのお色気パンティだ。
 旦那はいつも見慣れてるから、私のパジャマ姿なんか見たってどうってことない。
 だけど長崎君みたいな真面目な童貞くん、こんな過激な格好で朝の給仕をされたりしたら、あまりの刺激に我を忘れて私に抱きついて押し倒して来るに違いない。
 きっとそう、間違いなくそうなるはずと妄想が膨らんでもう止まらない。
 これは絶対上手く行くはず、これで私も人並みに不倫が経験できるんだと思うと楽しくて仕方が無くて笑っちゃいそうなくらい。
 パジャマ姿のままルンルン気分ので朝御飯の支度をすませてもう一度長崎君の部屋に行くと、長崎君はもう赤いセーターとジーパンに着替えてた。
 私はわざとピンクのパジャマ姿のまま長崎君の目の前まで行って「朝御飯できたわよ」と甘えた声で言った。
 もちろん旦那にこんな甘えた声で「朝御飯できたわよ」なんて言った試しはない。
 旦那はすぐ会社に出かけるのに甘えたって無駄だって事。
 長崎君は目のやり場に困ってるらしく目をそらすところが結構可愛い。
 私が先に部屋から出ると長崎君が少しあとから付いてきた。
 私のパジャマのズボンの下のレース模様のお色気パンティ、長崎君にはよく見えてるはず。
 わざとお尻をふって歩くと気分が楽しくて思わず笑みがこぼれる。
 台所のテーブルに座った長崎君に、私が目玉焼きのお皿とコーヒーを出すとまた困ったように下を向いた。
 ズボンの下が大きく盛り上がってるのがはっきり見える。
 隠せば余計恥ずかしいので隠したくても隠せなくて顔を赤くするだけで困り切った顔。
 なんだか私は長崎君が可愛く思えて、わざと長崎君にパジャマのお尻を向けてお皿を洗った。
 ちょっとした拍子に身体をくねらせてわざとお尻を捻るように動かすと、長崎君の視線が私のお尻に吸い付いてくるのが判った。
 これはもうあと一押しすれば人妻の魅力にはかなわないはず。
 長崎君が朝御飯を食べ終わった頃を見計らって、私はお皿を下げる振りをして長崎君の背中に胸を軽く押しつけた。
 ここで一押しすればもう完璧なはず。
「ねえ、二人きりって初めてよね、私達って」とわざと甘えた声で、もう一頑張り胸の膨らみを長崎君の背中に押しつけたみた。
 そのまま身体をよせて開いた胸元を長崎君の横顔に近づける。
 女の香りが長崎君の鼻の奧まで届いてもう我慢できるはずはない。
 だけど長崎君まだ女性経験がないせいか、人妻に誘われてもどうしていいのか判らないらしい。
 もう一度強く胸を長崎君の背中に押しつけてみたけど、長崎君からだがこわばって固くなるだけで反応がない。
 そうだここは台所、いくら何でも台所で人妻に抱きついたりするのは余程遊び慣れてるかド変態だけよね。
 それじゃあさっきまで長崎君が寝ていたパソコンの部屋ならぴったしよねと私は思いついた。
 ひとまず長崎君の背中の押しつけていた胸を離してから「ねえ、ちょっとパソコン教えて欲しいんだけど」と長崎君の耳元に囁くような甘い声で言ってみた。
 我ながら男を誘うのが上手なもんだと感心するくらいな台詞。
 長崎君はすこしだけ気分が落ち着いた様子で「はい、あ、はい」と答えただけだけど気分はもうすっかり乗り気みたい。
 しめしめこれなら上手く行きそう、女に誘われて断れる男なんているはずないのよと私はほくそえんだ。
「あのね、さっきのパソコンの部屋で教えて欲しいの、今いいかしら」とまた言ってみると長崎君テーブルから立ち上がって振り向きもせず歩き出した。
 まだズボンの前が大きくなってるままなので私の方には身体を向けられないらしい。
 私は思わず笑いそうになりながら長崎君のあとから付いていった。
 パソコンの部屋にはいると、さっきまで長崎君が寝ていたせいか男の匂いがぷんぷんとする。
 もうこの匂いだけでも息が詰まりそうになって我慢しきれない気分。
 すぐにでも押し倒されたい気持ちで一杯なのに、長崎君たらさっさとパソコンの前に座ってしまった。
 座らないとズボンの前を隠せないので座るしかしょうがないらしい。
 これでは話しが先に進まない。
 ちょうどパソコンのディスプレーの画面の上に小さなテレビカメラらしい物が乗ってるのに気が付いた。
 前から気になってたけどいいチャンスだと思って「ねえ、これ何なの」と長崎君に聞いてみた。
「あ、それはカメラなんですよ、ビデオチャットするときこれ使うんです」と長崎君がすぐ答えてくれたが、答えた後不味いことを言ってしまったという顔。
 もちろん私がそれを見逃すわけがない。
 やっぱり旦那がビデオチャットに夢中に違いないと気が付いた。
 そうでなければ真夜中にパソコンの部屋に閉じこもったりはするはずない。
「ねえ私にもそのビデオチャットのやり方教えてくれない。いいでしょう、ねえ」とまた甘えた声でおねだりしてみた。
 これはもう仕方ないと思ったのか長崎君、ビデオチャットのソフトを起動して私のIDも登録してすぐ使えるようにしてくれた。
 あれこれ設定をしたあと長崎君は「奥さん、これで出来ました」と言って私を振り返った。
 だけどすぐ目の前に私のパジャマ姿の胸が迫ってるのを見てまたすぐ前を向いてしまった。
「じゃあ、今すぐやって見たいんだけど」と私が催促すると、パソコンテーブルの下の引き出しを探してビデオチャットに使うヘッドホンセットを取りだした。
 やっぱり旦那ヘッドホンのセットはわざと見つからないように引き出しの奧に隠してあったみたい。
「これ使ってください」と前を向いたまま長崎君がヘッドホンのセットを渡してくれた。
 私はヘッドホンとマイクを頭に被り「これで良いのかしら」と長崎君に聞いてみた。
 長崎君は私の方を振り返りもせずに「あはい、だいじょぶです」と返事をくれた。
 これで準備はオッケーらしい。
 パソコンの操作は長崎君にやってもらうので、ひとまずパソコンの前にはそのまま長崎君に座ってもらった。
「じゃ、始めますね」と長崎君が言うとパソコンにはチャットルームの一覧が表示された。
 メニューの画面にはいろんなチャットルームの名前が並んでる。
 よく見ると映画や、旅行やテレビゲームなんかのチャットルームとかの下に出会いという名前の部屋を見つけた。
 やっぱりインターネットチャットルームには、普通の趣味のチャットルームの他にも出会い系のチャットルームがあるらしい。
 きっと旦那が夢中になってるのもこの出会い系のチャットルームに違いないとピント来た。
「ねえ、その出会いって部屋に入ってみてくれないかしら」と長崎君に頼んでみるとすぐにまたチャットルームの一覧が表示された。
 やっぱり「出会い即決割り切り」なんて危ない名前の部屋がいっぱいある。
 ひとまずどれかの部屋を試してみようと思って探してみると「人妻チャット調教」という名前の部屋を見つけた。
 調教というの私も芳恵さんから話しを聞いたことがあるけど、飛んでもないエッチなことをさせられるのが調教だとか芳恵さんが言ってた。
 もちろん芳恵さんの話どこまで本当か判らないけど、旦那がこの人妻調教チャットをしてると居ると言うのはありそうな気がする。
「ねえその人妻チャット調教って部屋に入ってみてくれないかしら」と長崎君に頼んでみると、長崎君すぐにパソコンを操作してくれた。
 どうやら長崎君「調教」というのが何のことなのかよく判ってないらしい。
 すぐにヘッドホンに「おい、お前が調教されたい人妻か」と男の低い声が響いてきた。
 私が「はいそうです」と答えると「なんだその言い方は、はいそうでございますと言え、赤い服なんか着やがって、このドスケベのドヘンタイの牝豚め」と怒鳴り返された。
 長崎君はヘッドホンをしていないので、男が何をしゃべってるのかは全然わからない様子。
 私が適当に返事をしていると、男はすっかり調子に乗って怒鳴り散らし始めた。
 なんだか随分とチャットでの調教遊びに慣れた男のしゃべり方。
 だけど何だか変。
 パソコンの画面には相手の男の画像が小さく見えてる。
 だけど相手の画面に映ってるのはパソコンの前に座った長崎君なはず。
 長崎君の赤いセーターとお洒落なメガネは、ちょっと見た目は女の子にしか見えない。
 マイクで喋ってるのは私だけど、この男長崎君がチャットの相手だと勘違いしてるらしいので私は思わず笑いそうになった。
 適当に話しを続けていると今度は「いま一人か、旦那はもう出かけたのか」と聞かれた。
「そうなんです、たったいま旦那は会社にいったところなんです」と答えるとすぐに「セーターの下は何を着てるんだ」とまた聞かれた。
 私はわざと「パジャマです、さっき起きたばかりなんです」と嘘を付いた。
「おい、いますぐセーターを脱げ」と男に言われて「ええ、今すぐ脱ぐんですか」とうっかり私が返事をしてしまった。
 長崎君もさすがに会話の様子でエッチな話しをしてると気が付いたらしく「奥さん駄目です」と言葉を挟んだ。
 するとまたチャットの相手の男が勘違いして部屋に別の男がいると思ったらしい。
「おい、今のは誰なんだ、旦那じゃないだろう、男と一緒だな」とまたヘッドホンから声が聞こえてきた。
 長崎君さすがに会話が気になったのか、パソコンを操作すると男の声がパソコンのスピーカに切り替わった。
「男と遊んでるんだろう、旦那が居ないから男を引き込みやがって、このメス豚」とスピーカーから大きな声が聞こえると長崎君はびっくりしてパソコンのウィンドーを閉じて部屋から飛び出した。
 廊下を駆ける足音のあと扉が閉まる大きな音がして長崎君はすぐに玄関から出て行ってしまった。

6.ビデオチャットの女<< ページトップ >>8.奴隷調教

人妻露出アダルトビデオ

露出悦楽 羞虐に溺れる巨乳若妻 / Amore(アモーレ) [DVD]
露出人妻倶楽部SP260分 岩佐あゆみ [DVD]
ナチュラルハイ10周年記念 ~過激露出作品集~+撮り下ろし
復刻幻の露出作品 ハラハラドキドキ露出旅行 お得に一挙6タイトル
(MA008)露出レイプ中出しII