人妻不倫露出調教

by七度柚希

目次

1.涙のチアガール
2.突然のプロポーズ
3.フェラチオ狂い
4.痴漢プレー
5.テレホンクラブ
6.ビデオチャットの女
7.人妻チャット調教
8.奴隷調教
9.セクハラ
10.誘惑
11.陵辱
12.痴漢願望
13.バイブレータ
14.スケスケネグリジェ
15.セーラー服
16.ガーターベルト
17.不倫疑惑
18.強制生フェラ
19.強制レイプ
20.ランジェリーパブ
21.温泉調教
22.ドスケベ女
23.低周波バイブ
24.真っ赤なパンティー

1.涙のチアガール

 春先のお花見も過ぎた頃に大学の時の先輩の芳恵さんから電話がかかってきて「今年の五月祭に旦那さん連れて遊びに来る予定あるかしら」と聞かれた。
 旦那は東大の出身だけど卒業してからは五月祭にはあまり行ったことはない。
 私も東大の近くの希美女子大に通っていて、五月祭の後の合コンで旦那と知り合って結婚したので五月祭と聞くと懐かしい思い出がいろいろある。
 学生時代は旦那も私も紅葉会というコーラス部に入ってた。
 紅葉会は東大とその近所の女子大生が中心になってるコーラス部で、東大生と知り合いになれるというので女子大生の間では結構人気があった。
 五月祭と言えば模擬店やコーラス喫茶で東大生の男の子と知り合うチャンスなので女の子達は目いっぱいお化粧して出てくる。
 もちろん目当ては、五月祭のあとの合コンだ。
 そこでチャンスを逃せば、一生東大生と巡り会うチャンスなんかない。
 とはいってもそれは学生時代のこと。
 結婚して5年も立った今はあれやこれやと忙しくて、五月祭の事なんかすっかりわすれてた。
 今頃なんで五月祭の話しがでるのかと思ってきいてると、前置きの話しのあと芳恵さんが話しを切り出した。
「今年ねえ妹がね、ほらチアリーディングクラブのラブファイターズてあるでしょう、その公演で出るんだけどね」
「今度の五月祭が最後の公演なのよ」
「卒業するとすぐ結婚する予定なのよね、気が早い話なんだけどさ」
「それでね、披露宴でね、ビデオの上映したいって相手の両親が言いだしてね」
「そんでさ、旦那さんビデオ得意だったでしょう、だからお願いできたら嬉しいんだけど」と調子よく頼まれて私は困ってしまった。
 芳恵さんの妹さんも希美女子大に入ったとか聞いたことはあるけど、もう私が卒業したあとなので実際に大学で顔を合わせたことはない。
 それにチアリーディング部なんて私の居た頃にはなかった気がするけど、最近できたらしい。
「ひとまず旦那に聞いてみます」と返事はしたものの、旦那は気むずかしい性格。
 結婚する前からも気が付いてはいたけど相当な気分屋で扱いが難しい。
 どうやって話しを切り出そうかと、気分が重くなって電話を切った。
 夕食のあと旦那にそれとなく「ねえ、大学の時クラブで一緒だった芳恵さん覚えてる」と聞いてみた。
「ああ、芳恵なら、よく一緒に」と旦那は途中まで返事をしてから不味いと思ったのか目を白黒させて黙ってしまった。
 どうも芳恵さんとは都合の悪いことでもあったらしい。
「芳恵さんの妹さんが今度の五月祭でね、チアリーディングの演技をするんだって」と私が言い直すと、旦那は問いつめられる心配はないと思ったのか「ああ、そうなんだ、だけどチアリーディングってなに」とまた呑気に答えた。
 これは話しが面倒に成りそうだと思って「ほら、チアガールって知ってるでしょう、甲子園で野球の応援やってる」と旦那にも判るように説明してみた。
 だけど旦那は「俺、高校野球見たこと無いからな」とまた素っ頓狂な返事。
「チアガールって、ほら女の子が真っ赤な服着て踊るのよ」と言ってみると「それなら知ってる」とやっと答えてくれた。
 どうやら本当は最初から知ってるのに、男がそんなことを知ってると思われると恥ずかしいから誤魔化してたみたい。
 どうも男というのは色々と機嫌を取るのに手間がかかるもの。
「それでね、芳恵さんが妹さんのチアリーディングの公演をビデオに撮りたいって言ってるんだけど、あなたビデオカメラを持ってたわよね」と話しを切り出してみると、旦那の眉がぴくりと動いた。
 旦那のビデオカメラは結構高級品で、人に貸して壊したりされたくないと旦那の顔に書いてあるのが見て取れた。
「だけどあなたのカメラプロ用の高級品だから、芳恵さんにはとても難しくて扱えないわよね」と言ってみると、旦那もすこし機嫌が直ったらしく眉の位置が微妙に変わった。
 これなら上手くいきそうだと私はほくそ笑んだ。
「ビデオ撮影は難しいから腕がよくないと駄目よね。だれかビデオ撮ってくれる人がいるといいんだけど、あなた仕事で忙しいわよね」とおだてて見ると「俺が撮ってもいいよ、チアリーディングを撮影するならよほど腕がよくないといいビデオは撮れないからね」と調子に乗って旦那が言いだした。
 これで一安心と思っていると旦那が急に立ち上がると押入からビデオカメラを出してきてさっそく手入れを始めた。
 五月祭まではあと一月もあるのに気の早い話だけど、旦那の機嫌を損ねてもいけないので私は黙ってコーヒーのお代わりを用意した。
 五月祭の当日に東大の赤門前で、芳恵さんと待ち合わせをした。
 旦那は朝出かける前に大事そうにビデオカメラの道具を確かめていた。
 昨日の夜寝る前も何度も確かめているのにと思ったけど、私は何も言わない方が良いと思って黙ってた。
 芳恵さんが遠くから私を見つけて手を振ったけど、旦那はすぐには気が付かない。
 赤門前の横断歩道を渡って赤門のすぐ前まできて、やっと旦那は芳恵さんに気が付いたけどなんだかばつが悪そう。
 きっと大学時代の合コンの時にでも芳恵さんにセクハラかなんかしたんだろうと私は思ったけど確かめる訳にもいかない。
 赤門をくぐって、大学の構内に入ると学生達が模擬店の準備で大忙し。
 ちょうどコーラス部の模擬店の前を通ると、女の子達がせっせと焼きそばを作ってる。
 思わず声を掛けようと思ったけど、女の子達が私や旦那のことを知ってる訳もないので止めにした。
 私は自分が学生だった頃の事を思い出して胸が熱くなったけど旦那はビデオカメラが心配らしくてバッグをしっかり抱えてる。
 芳恵さんに案内されて大学の構内を進むと、学生達が大勢模擬店の準備をして忙しそうにしている。
 前の晩徹夜した男の子も居るみたいで、あちこちの階段前に寝袋が転がっていた。
 噴水の前ではもうフラメンコ倶楽部の女の子達が派手な衣装でフラメンコダンスを始めていたが観客はまだ誰もいない。
 バンド演奏の角を曲がって、安田講堂の横にある土手に行くと、ここがチアリーディングの会場らしくて大きな立て看板が見えた。
 土手の反対側は、小さな小山に成っていてその上の広場に青いテントが張り巡らせてあり女の子の着替えに使ってるらしい。
 土手の正面には着替えを済ませたラブファイターズのメンバーが集まって小さなグループごとに準備体操を始めていた。
 女の子達は結構小柄だけどその割には体格がしっかりしていて太股もかなり目立つ。
 身体にぴったりした真っ赤なチアリーディングの衣装は、女の子から見ても可愛らしくて羨ましいくらいで、旦那も伏し目がちにちらちらと女の子の様子を伺っていた。
 芳恵さんが急に旦那の腕を取って「ちょっとこっちに来て」と声を掛けると旦那の顔が引きつった。
 やっぱり芳恵さんには何か弱味があるらしい。
 芳恵さんは平気な顔をして「こっちの、土手の上から撮るのが一番よく撮れるのよ」と旦那を土手の上に引っ張って行った。
 旦那は目を上げると芳恵さんのスカートの下が目に入ってしまうので困った顔。
 急な土手は朝露に濡れた草で滑りやすく、旦那は思いカメラバッグを抱えてやっとの事で土手の上まで登った。
 芳恵さんに指示されて、ちょうど良さそうな場所に三脚を据えて撮影の準備を始めると、ほかにもビデオカメラを持った人が旦那のいる辺りに集まってきた。
 旦那は一番いい場所が取れたので機嫌よく三脚を拡げてカメラを取り付け始めた。
 チアリーディングの公演まではまだ時間があるらしく、最初は旦那の周りに数人しか人がいなかった。
 だが予定時間が近づくにつれて、どんどんと人が増え始め旦那の周りは一杯の人だかりになり、土手の斜面も座る場所がなくなってきた。
 ラジカセから流れていた音楽が急に止むと、いままで準備体操や練習をしていた女の子達が一斉に裏の小山に駆け出して見えなくなった。
 急にスピーカーから大きな声で「今日はチアリーディングチームラブファイターズの公演に集まっていただいとみなさまどうもありがとうございます」と司会の女の子が聞こえてきた。
 どうやら公演がやっと始まるらしい。
 旦那は慌ててビデオのスイッチを入れたみたいだが、最初の出だしは撮り損ねた様子。
 司会の女の子の挨拶が終わると、おそろいの真っ赤なチアリーディングを着た女の子達が一斉に飛び出してきて、土手に並んだ観客の前に並んだ。
 女の子達は顔一杯に笑顔を浮かべていて、なにが楽しいのかわからないけどお客さんがたくさん来ているのが嬉しいらしい。
 テンポの速い音楽が流れると、一斉に踊り始めた。
 チアリーディングとはいっても、見た目は元気のいいダンスみたいなもの。
 すぐ目の前で大勢の女の子が同じ振りで踊るのを見るのはかなりの迫力。
 一斉に飛び跳ねたり、両手を振り上げたりする仕草は女の子とはいえ力強くて見栄えが良い。
 旦那もすぐに真面目な顔で撮影に専念して、こんなに熱心な顔は家では見せたこともない。
 そろって足を振り上げたりすると、下のアンダースコートが丸見えだけど女の子達は全然気にもしないで平気な顔。
 最初の曲が終わると、また別の曲で違う振り付けの踊りが続いた。
 三曲ほど女の子達のダンスが済むと、今度は黒い詰め襟の学生服を着た男の子が数人現れて、変なかけ声で応援の演技を始めた。
 旦那は男の子など撮影したくないらしく、嫌な顔をして芳恵さんの顔色を伺ったが、芳恵さんは旦那には知らん顔。
 旦那は仕方なく、男の子達が繰り広げる笑いのコントを真面目な顔で撮影していた。
 一通り出し物も終わると、またチアリーディングの衣装を着た女の子達の、演技が始まった。
 だけど今度は女の子達の顔つきが妙に真剣で、笑顔が引きつって見える。
 女の子達が素早く、正面に集まると肩の上に別の女の子が乗って立ち上がった。
 肩の上で立ち上がった女の子二人が両手を上げてポーズをとると、会場から拍手がわいた。
 拍手が止む前にもう一人小柄な女の子が下から持ち上げられて二人の膝の上に乗ると、三段のピラミッドが出来た。
 一番上に乗った女の子が手を離して、両手を振ると危なくてとても見ていられない。
 拍手がまた一段と大きく会場に響いてすぐには鳴りやまない。
 ピラミッドの一番上の女の子が今度は片足を上げてポーズを取ると、会場はまた拍手が上がって盛り上がった。
 だが女の子が足を戻そうとしたとき、バランスが崩れて後ろに倒れ込んだ。
 危ないと思った時はもう、身体が半分宙に浮いて後ろに倒れかかって大きく傾いた。
 そのまま背中が後ろに回転して、頭から真っ逆さまに後ろに落ちていくのを見て会場に悲鳴が上がった。
 だが地面に落ちる瞬間に女の子はくるりと宙返りをして、下で待ち構えていた女の子達の組んだ手の上に足から降りると、その次の瞬間に女の子達が今度は思い切り上に手を跳ね上げた。
 すると落ちてきた女の子はもう一度宙に舞い上がると一番真上で両足を大きく拡げ、もう一度後ろに宙返りをして降りてきた。
 あまりの大業に会場は呆気にとられてすぐには声もでなかった。
 旦那もいったい何があったのか訳が分からなくて、唖然としてビデオカメラのファインダーから目を離して、青ざめた顔で目の前の光景を確かめていた。
 女の子達が何事もなかった用に踊りを続けるのを見て、旦那も今のはチアリーディングの演技だったのに気が付いた様子。
 他の観客達もバランスを崩して後ろに落ちたのではなかったのだと判って安心した様子だが、驚いてはらはらさせられたのでとても楽しんで見ている雰囲気ではない。
 女の子達は他にも危ない技を幾つか披露したが、下はアスファルトの道路、危なくてとても見ては居られない。
 なんとか演技も終わって最後に、マイクの挨拶のあと女の子が手を振って観客に挨拶をして旦那も撮影を終えた。
 芳恵さんの話しでは、さっきピラミッドの一番上から宙返りで降りてきた女の子は、心理学科の二年生の由香利さんで、高校の時は新体操をやっていたとか。

ページトップ >>2.突然のプロポーズ

人妻露出アダルトビデオ

露出悦楽 羞虐に溺れる巨乳若妻 / Amore(アモーレ) [DVD]
露出人妻倶楽部SP260分 岩佐あゆみ [DVD]
ナチュラルハイ10周年記念 ~過激露出作品集~+撮り下ろし
復刻幻の露出作品 ハラハラドキドキ露出旅行 お得に一挙6タイトル
(MA008)露出レイプ中出しII