人妻不倫露出調教

by七度柚希

目次

1.涙のチアガール
2.突然のプロポーズ
3.フェラチオ狂い
4.痴漢プレー
5.テレホンクラブ
6.ビデオチャットの女
7.人妻チャット調教
8.奴隷調教
9.セクハラ
10.誘惑
11.陵辱
12.痴漢願望
13.バイブレータ
14.スケスケネグリジェ
15.セーラー服
16.ガーターベルト
17.不倫疑惑
18.強制生フェラ
19.強制レイプ
20.ランジェリーパブ
21.温泉調教
22.ドスケベ女
23.低周波バイブ
24.真っ赤なパンティー

23.低周波バイブ

 旅行から帰ってくると、旦那はパソコンの部屋で寝てる。
 仕事先で徹夜になって、そのあと帰ってきたらしい。
 旦那がテレビを付けるとニュースでちょうど囲碁の名人戦のニュースが流れた。
 画面には対局の会場らしい場面が映ると、それとすぐ後に女流の中浦二段と婚約の会見の様子が映った。
 名人位を取れたら結婚するという約束を前からしていてそれが励みになったと中田八段がインタビューに答えているのが聞こえた。
 中田八段が名人位を取ったと言うことは、こんど長崎君の東大光速囲碁の対戦相手になるのは、この中田八段に決定したと言うことだ。
 旦那もこれは大変なニュースだと分かってしっかりとテレビのニュースに聞き入っている。
 テレビで大写しになった、中田新名人はどっかで見覚えがある顔なので私はどきっとした。
 ドライブの途中でドライブインで見かけた、助手席の女性に生フェラをさせていた男性だ。
 いったいどうなってるんだろうと思ってテレビを見ていると、名人位を奪取したら結婚すると約束してたんですと女性の声が聞こえてきた。
 私はテレビに映ったその女性の姿を見てびっくりした。紫色の超ミニスカートに真っ赤なレースのブラウスはあのときドライブインで生フェラをしていた女性と同じ。
 それに顔を確かめると、あの長崎君がプロポーズした中浦二段だ。
 あの時はてっきりランジェリーパブのママの京子さんだと思ったけど、そうじゃなかったんだ。
 第6局の鬼怒川温泉での大逆転が名人位奪取の決め手になったとアナウンサーの解説を聞いて私はなるほどと思った。
 私達が泊まったホテルでは囲碁の名人戦の最終局がちょうど行われていたらしい。
 中浦二段が対局中の中田八段とづっと一緒だったんだ。
 だから露天風呂でも中浦二段が中田名人に生フェラなんかしてる場面に遭遇しちゃったってわけだ。
 そうだとすると宴会で客席からひっぱり出されて鞭で打たれたのもこの中浦二段ってことになる。
 あの中浦二段、真面目そうなかおしていて大変なド変態女だったんだ。
 あの時はどうも変だとおもったけど、やっぱりそうゆう事だったんだ。
 旦那もテレビに映ってるのがあの長崎君がプロポーズした中浦二段だと気が付いて、不機嫌な顔でテレビを消した。
「なんだあの女、囲碁が強ければそれでいいのか、それが結婚の条件なのか」と私に怒鳴り散らしたが、私はなんと答えていいのか分からずに黙っていた。
 旦那はすぐに長崎君に電話して、今度の対戦は絶対勝つんだどんなことをしても絶対勝と二人で息巻いていた。
 旦那はディレクターが最新のパソコン千台を使ったグリッドコンピューティングシステムを用意すると約束してくれたので、それを基礎医学研究所のシステムにつないで使えば楽勝だと二人で電話で話していた。
 あとは中田新名人の過去の棋譜をコンピュータに入れておいて、差し手を研究しておこうと二人で長々と相談をしていた。
 話しの様子では旅行先で中浦二段と中田名人が一緒だったことには気が付いてはいないみたいなので私はちょっと一安心した。
 私はせっかく二人がやる気になってるのでじゃましてはいけないと思って黙っていた。
 旦那が電話を切ると、すぐに芳恵さんから電話があった。
「誰と長電話してたの」といきなり言われたけど「あ、ちょっと」と適当に答えた。
 用件は温泉旅行の話しで、相手は今度も邦夫さんだけど私に由香利さんを誘って欲しいという話し。
 予定はちょうど長崎君が中田名人とテレビ局で対局する予定の次の週だ。
 なんで私が由香利さんを誘わなければいけないのかよく分からなかったけど、邦夫さんは芳恵さんから由香利さんのことをいろいろ聞いてるらしい。
 それで私が以前長崎君のことを「由香利さん」とだと言って誤魔化した話しとごちゃまぜになって私が由香利さんと親しい間だと思ったらしい。
 芳恵さんまでが私と邦夫さんのプレーを覗き見したのも由香利さんだと思いこんでるみたい。
「大丈夫、由香利さんは旅行が大好きだから誘えば必ず来るはずよ、それにこれは邦夫さんの命令なのよ、有紀ちゃん邦夫さんの命令には逆らえないって分かってるでしょ。それにあんた由香利ちゃんとはレズの関係なんでしょ」と芳恵さんに言われた。
 芳恵さんまで私が由香利さんとレズだと思いこんでるらしくてもうとても言い返せない。
 電話を置いてから由香利さんに何て言って誘おうかと思ったけど、なんだか変な気がした。
 何で邦夫さんが由香利さんを調教したがってるんだろう。
 この間も地下鉄の電車で由香利さんが痴漢にあってたのもなんか変だ。
 由香利さんの様子では、何度も痴漢の餌食にされているみたいな感じだ。
 痴漢プレーというのもあるとかテレビ番組で紹介してるのを見たこともある。
 由香利さんが邦夫さんにもう調教されていて、それで痴漢プレーを強制されてるってこともありそうな気がした。
 邦夫さんは由香利さんの調教をづっと前からやっていて、最後の仕上げが温泉旅行ってことなんだろうか。
 ついでに私の調教も由香利さんと一緒にやってしまうという話しなのかもしれない。
 私はすぐに由香利さんに電話する決心がつかなくて、基礎医学研究所で一緒だった中島君に電話してみようと思いついた。
 中島君は私がアルバイトしていた基礎医学研究所で研究生をしているけど、飲み会のあとに由香利さんを口説いてラブホテルに連れ込もうとしていた。
 もしかしたら中島君は由香利さんの事をいろいろ知っているかもしれない。
 あの時飲み会の後、私も中島君には危ない目にあったけど何とか逃げた。
 取りあえず中島君に話しだけでも聞いてみるほうが良さそうな気がした。
 中島君の携帯に電話してみると、中島君はまだ基礎医学研究所の研究室で実験の後かたづけをしてる最中だった。
 他には研究室には誰もいない様子なので適当に世間話をしたあと「それで由香利さんはどう」とそれとなく話しを向けてみた。
「あ、あのラブファイターズの由香利ちゃんの事だろ」
「あの子はね、真面目すぎるからね、遊んでいても全然面白くないよ」そう中島君が答えるので私はびっくりした。
 どうやら、中島君は由香利さんを口説いて深い仲になったらしい。
 由香利さんには長崎君という大事な人がいるのに、これは大変なことになってる。
 私はなんとか詳しい聞き出そうとして「あまり経験ないのかしらね」と聞いてみた。
 すると「生フェラは上手いんだけどね」と中島君が言い出した。
「前に付き合った男に仕込まれたらしく。男を誘うのは上手いんだ、真面目な顔をしてね」
「口説かれるとすぐに落ちるから、よっぽど男が好きなんだね。だけど一度付き合うと、すぐ飽きる女だよ。とても何度も付き合う気はしないね」とまるで人ごとのように平気な顔で言ってる。
 もしかしたら私のことからかってるのかもしれない。
 どうせ口から出まかせの嘘に決まってると思ったけど、どう嘘を白状させていいのか判らない。
「よかったらこれから出てこないか」と中島君にそれとなく誘われた。
 電話ではこれ以上は聞き出せそうにない。
 旦那は今度の中田名人との対局の準備で頭がいっぱいらしくてパソコンを置いた部屋に籠もったきり出てこない。
 私が家を留守にしても旦那が気にする事は無さそうなので中島君と帰りに会うことにした。
 地下鉄に乗って基礎医学研究所のある駅で降りて、駅前で中島君をまってると携帯に連絡がきた。
 今近くの店でまってるからというメール。
 店の名前かしてお酒を出す店らしい。
 私に酒を飲ませる魂胆だとすぐ判った。
 だけど断れない。
 しょうがなくて薄暗い裏道を探して小さな飲み屋に入った。
 カウンターで飲んでた中島君すぐに私を奧のテーブルの席に案内した。
 柱の陰で他の客からは見えなくて女を口説くには都合の良い場所。
 きっと由香利さんもこの店に連れ込んで口説いたにちがいない。
 なんと言って話しを切り出そうかと思ってると、すぐに中島君の手が私の膝の上に載せられてきた。
 やっぱり由香利さん中島君に口説かれたのは間違いなさそう。
 くすぐるように指先を動かしながら、スカートの奥まで少しずつ手を入れていく手口は女をくどき慣れてる証拠。
 上手に口説かれたら、男の事をよく知らない由香利さんならすぐに落ちちゃうに決まってる。
 しばらくは適当に話しをしたあと由香利さんの話しを向けてみたけどなかなかすぐには話してはくれない。
「由香利さんはフェラチオ上手だって言うけど、そんなに上手なんですか」と直に話しを向けてみた。
「その話だったらここではできないから、ゆっくり二人っきりになれる場所に行かないか」と中島君に逆に言われてしまった。
「裏ビデオを置いてる店があってね、その店に由香利さんの裏ビデオが置いてあるからそれをみればあの由香利って女がどんな女かすぐわかるから」と言われて私はびっくりしてしまった。
 そんな裏ビデオがあるならそれは絶対確かめなきゃ大変。
 中島君と一緒に店を出ると坂を下って着いたのはいつか連れ込まれそうになったラブホテル。
 裏ビデオが置いてある店というのは、ラブホテルの事だったんだ。
 ラブホテルに連れ込まれるのはさすがに都合が悪い。
 男と女がラブホテルに二人きりで入ったらそれで済むわけがない。
 中島君は旦那と同じ西浦電気だし、大学も一緒だ。
 うっかり変な事になって、変な噂でも立てられたら大変。
 私は断って帰ろうとしたけど「有紀さんの裏ビデオもここに置いてあるんだ見たいだろう」と中島君が私の手を握りしめたまま耳元でささやいた。
 私の裏ビデオと聞いて私はどきっとした。
 私の裏ビデオがあるとすれば思い当たる節はいっぱいある。
 一番ありそうなのは、あの温泉旅館の近くのストリップ劇場での生板プレー。
 そのあと、温泉からの帰りに邦夫さんにラブホテルに連れ込まれて調教されたときも裏ビデオを撮られた。
 あのときも、邦夫さんに逆らったら裏ビデオを売り飛ばすと念書を書かされた。
 もしかしてもうあのときの裏ビデオをもう業者に売り飛ばしてるのかもしれない。
「有紀さん廻されるのが大好きなんだろう」とまた中島君が耳元で囁いた。
 私が輪姦されてる裏ビデオがあるってことらしい。
 そんな裏ビデオあるはずがない。
 中島君が適当に話しを作って私をラブホテルに連れ込もうとしてるに違いない。
 だけど邦夫さんが私を寝室で縛った時の事を思い出してみると、確かにあのときのビデオかもしれない。
 やっぱり自分の目で裏ビデオが本物か確かめるしかない。
 中島君が私の手を引っ張るので私は諦めてラブホテルの玄関を入った。
 ラブホテルの受付の横には手書きのラベルが貼ってある裏ビデオの棚が並んでる。
 だけどラブホテルに来る客は大抵カップルで来るはずだから、裏ビデオなんか見たりしないはず。
 よくよくビデオの棚を見てみると、やっぱり変だ。
 裏ビデオに出演してる女の子はみなデリヘル嬢で、ビデオを見た後好きな女の子を呼べると書いてある。
 だったら由香利さんもデリヘル嬢ってこと。
 そんなこと絶対有るはず無い。
 中島君がビデオを二つ選んでお金を払った。
 なんだか適当に選んでるだけみたいな気がして私は心配な気がしてきた。
 やっぱり由香利さんと私の裏ビデオがあるなんてのは作り話で、私をラブホテルに連れ込む口実なんだろうか。
 部屋に入ると中は普通のラブホテルみたいだけど大きなプラズマテレビがベッドの横に置いてある。
 ベッドに並んで座りながら見ろってことらしい。
 中島君がビデオをプレーヤにいれると、セーラー服を着た女子高生が映った。
 中島君がリモコンを操作して早送りするとすぐに女性の大きな喘ぎ声が部屋一杯に響いてびっくりした。
 だけどここはラブホテルなので音の大きさは気にしなくて良いらしい。
 画面に映ってるのはレイプシーン。
 それもセーラー服の中学生の女の子が大勢の男達に暴行されて輪姦されてるシーンだとすぐ判った。
 場所は同じこのホテルの部屋らしい。
 このホテルで輪姦されたところを撮影したのに違いない。
 いったいなんて酷いことをするんだろうと思ったけど、裏ビデオなんかどうせやらせで女の子は演技をしてるだけのはず。
 女の子の泣き叫ぶ声は聞き覚えがある声なので思わずはっとしてテレビの画面を確かめた。
 このビデオ前に見たことがある。
 私がブルセラショップでセーラー服を買ったとき一緒に付いてきたビデオと同じ。
 やっぱりあの時のビデオは、由香利さんに似てると思ってたけど由香利さん本人だったんだ。
 それに私がもらったビデオはモザイクがかけてあるけど、ここに有るのはモザイクなしの本物の裏ビデオ。
 演技なんかじゃなく、本当に由香利さんが輪姦されてる場面らしい。
「由香利のやつ、このビデオ見ながらプレーするのが好きでね」と中島君が言い出した。
「思い出して身体が震えて来ちゃうんだそうだ」と中島君が言われてなるほどと思った。
 確かに自分が輪姦されてるビデオを見ながら男とセックスするのはかなり興奮しそう。
 だけど顔がいくらそっくりだからと言ってもこの裏ビデオに映ってるのは本当に由香利さんなんだろうかと私は思い直した。
 見た目が似てる女の子だったらいくらでもいる。
 女の子をラブホテルに連れ込む口実にデタラメを言ってるのかもしれない。
「私がレイプされてるビデオもあるって本当なんですか」と試しに聞いてみた。
 自分が映ってるビデオなら、本当に自分かどうかは見てすぐ分かる。
 私の映ってる裏ビデオがなければやっぱり中島君の話は全部嘘ってことになる。
 中島君は私の顔色をうかがいながらもう一枚のビデオをプレーヤに入れた。
 ラブホテルの部屋で撮ったらしい裏ビデオは今度は別の女の子がレイプされてる。
 薬でも飲まされて眠らされてるらしく抵抗するそぶりもない。
 だけどその服装を見て私ははっとして背筋が寒くなった。
 確かに私だ。
 場所はずっとまえに長崎君と一緒に泊まったホテルだ。
 私は愕然として声もでなかった。
 あのときは長崎君に助けられてラブホテルに居ただけだと思ってたけどそうじゃ無かったらしい。
 何も覚えてなかったけど、実際には大変な出来事があったらしい。
 目の前で自分が大勢の男に責められてる場面なんかとても見ていられない。
 だけどあのとき何があったのか確かめなきゃいけない。
 私は自分が輪姦されてるビデオを見ながら、必死でその時の事を思い出そうとしたけど何も思い出せない。
 中島君はこの裏ビデオでレイプされている女が私だって事をちゃんと知っていてこのビデオを見せたみたい。
 しばらく私の顔を見て表情を確かめると「じゃあまず口でやってもらおうか」と中島君は冷たい口調で言い放った。
「デリヘル女なんだろ、有紀ちゃんは。可愛い顔してフェラチオ大好きなんだろ」と中島君に言われて私は言い訳ができない。
「さあ、やってもらおうか」と言われて私は諦めて仕方なく口を近づけた。
 急にスピーカから大きな喘ぎ声が聞こえてきた。
 眠っているはずの私、身体だけは感じてるらしくて喘ぎ声が止まらなくなってる。
 耳を塞ぎたくても塞げない。
 唇に中島君の逞しい物の先端が触れたとき私は自分が情けなくて涙が溢れて止まらなくなった。
 喉の奥からこみ上げてくる嗚咽が、舌先を震わせて中島君の逞しい物に伝わるのが自分でも分かった。
 中島君が私の頭の髪の毛を掴むと、前後に揺すりながら喉の奥まで届いてくる。
 涙と唾が口の中で混じり合って、屈辱の時が永遠に続いた。
 繰り返すリズムに喉の奥が悲鳴を上げると、征服者の一撃が私を捕らえた。
 中島君が終わっても私はまだ納得が行かなかった。
 あのとき中島君が私を酔わせてラブホテルに連れ込もうとしたのは偶然なはずはない。
 最初から裏ビデオを撮るのか目的だったに違いない。
 だとすると中島君は、女の子の裏ビデオを撮影して脅してデリヘル女として売り飛ばす手伝いをしてるってこと。
 てっことは中島君が由香利さんを口説いた後に裏ビデオを撮って脅してデリヘル嬢に売り飛ばしたことになる。
 この中島君、西浦電気の社員で一流企業のサラリーマンてことになってるけど裏では何をしてるか分からない。
 私の裏ビデオまで撮って生フェラまでさせて絶対に許せない。
「ねえ、中島君さ、あなた由香利さんナンパして、デリヘル嬢に売り飛ばしたんでしょう、ねえそうなんでしょう」とはっきり言い逃れできないように私は中島君を問いつめた。
「あの女、俺がデリヘルに売り飛ばした訳じゃないぜ。痴漢に狙われて逃げられなくなっただけだぜ」と中島君があっさりと白状した。
 そう言えば私も基礎医学研究所の帰りにいつも痴漢に狙われてた。
 由香利さんもやっぱり痴漢にあってたらしい。
「痴漢に狙われるってどうゆうことよ」と私が問いただすと中島君は「あの女痴漢に何度もあって感じちゃって、もう痴漢狂いになっちゃってね」
「そんで痴漢プレーのアルバイトに誘われたんだ。それがデリヘルのバイトだったてわけ」
「痴漢の男が、痴漢プレー専門デリヘルの募集のビラをパンティーに挟んだんだとか」
「お金ももらえて、痴漢にもあえるならと、自分から電話してまんまと募集に応じたんだそうだ」
「もちろん電話を受けたのは、由香利を毎晩痴漢してた男でね」
「テレホンセックスで感じさせてめろめろにしてやったら、もう後は言いなりでね。もっと凄い体験したいって自分から言い出したんだ。それがあの女の本性だぜ」と詳しい事情を知ってる様子。
 中島君がいろいろ知ってるのも変な話しだけど由香利さんからいろいろと聞き出したらしい。
「嘘だと思うなら、夜9時にこの先の映画館に行ってみろ面白い物が見れるぜと」と中島君が教えてくれた。
 そう言えばこのラブホテルに来る途中には深夜映画館があって、その横は小さな公園がある。
 公園には夜遅くにカップルが集まるけど、カップル目当ての痴漢も多い。
 由香利さんが痴漢プレーをしてるというのもあり得ない話しではない。
「まだ8時までは時間があるぜ、行くのはまだ早いだろう」と中島君が思わせぶりな口調で言った。
 ここまで来たら楽しむしかない。
 私が中島君の身体に寄りかかって抱きつくと、中島君も私を抱きしめてきた。
 すぐに中島君の唇が私の唇を塞ぐと舌が入ってきた。
 舌を絡ませると、熱い奔流が私の身体にあふれ出した。
 中島君が私を楽しませてくれたので、私の気持ちは随分と楽になった。
 しばらくして中島君が私の身体を離すと、私は中島君の寝息を聞きながらぼんやりとまどろんだ。
 しばらくして私はさっき中島君に見せられた裏ビデオが気になった。
 私はもう一度ビデオをつけて一度私の映ってる場面を確かめてみた。
 確かにあの夜ラブホテルでレイプされたのに間違いはない。
 最後まで確かめようと早送りしてみると私は変な場面に気が付いた。
 男達に手足を押さえつけられてるのは真っ赤なセーターを着た人影だ。
 真っ赤なセーターを着てるのは長崎君のはず。
 その長崎君が男達に囲まれてる。
 それも四つんばいの格好で、前と後ろから責められてる。
 私はいったい何がなんだか訳が分からなくなった。
 男達が大勢で男を輪姦するなんてのも実際にあることらしい。
 長崎君が泣きじゃくってる顔を見ると、まるで女の子が廻された後みたいだ。
 そう言えば思い出してみるといろいろ思い当たる節もある。
 お姉さんのお下がりだとかいって女物の赤いセーターを着てるのだって何だか変だ。
 それにいつも旦那と長崎君が一緒に寝てるって事自体が怪しい話しだ。
 長崎君をとっちめて白状させるしか手は無さそうだけど、私にはとても出来そうにない。
 夜9時少し前にラブホテルの部屋を出て裏通りを通って中島君に言われた深夜映画館に行ってみた。
 以前通りかかった事のある深夜映画館は、正面の入り口にはけばけばしい看板が並んでいる。
 エッチな映画館ではないけど、深夜映画館というのはやっぱりなんだか危ない感じがする。
 切符を買って中に入ってみると、それほど広くはない映画館の中は観客もまばら。
 ちょうど真ん中辺に観客が少し固まっているけど、あとはバラバラに空いてる席に座ってる。
 暗い通路の後ろからゆっくりと前に進みながら、客席を確かめてみた。
 薄暗い座席はよくは見えないけど、女性は殆どいない。
 数歩進んで確かめると小柄でミニスカートの女性が見えた。
 一人で来てるらしくて周りには誰もいない。
 目を凝らしてよく見ると由香利さんみたいな気もするけどよく見えない。
 しばらくして映画館に入ってきた男数人が何度か席を移動しながら、由香利さんの周りに近づいていく。
 映画を見てる風でもない男の姿はやっぱり痴漢プレーらしい。
 急に場内が明るくなって休憩時間になった。
 前の方で映画を見ている男の子が席を立って、横のトイレに行った。
 小柄で背が低くて真っ赤なセーターは長崎君だとすぐ分かった。
 そう言えば長崎君、時々映画館で映画を見てるとか言ってた。
 基礎医学研究所の帰りに、寄ってる映画館というのはここのことらしい。
 さっきの女の子の様子を確かめてみると、明るくなった照明の下で由香利さんの横顔がはっきり分かった。
 さっきからずっと両脇を痴漢に囲まれて、顔が苦しそうに歪んでる。
 由香利さんは長崎君の目の前でわざと痴漢に会って、長崎君に助けて欲しいらしい。
 だけど長崎君は気が付かないでトイレから戻って来るとまた元の席に座っただけ。
 休憩時間が終わってまた場内が暗くなると、私の座席より少し離れた席に男が座った。
 何気ないそぶりで席を移動してすぐ私の右隣に座ると、今度は別の男が私の左隣にも座った。
 すぐ後ろでも座席を降ろす音がして、私の真後ろに男が座った気配。
 男の一人が携帯を出して画面を確かめてる。
 中島君が携帯の痴漢掲示板に痴漢してくださいと私の名前で書き込んだらしい。
 これは逃げられないと思ったけど、どうしていいのか分からない。
 すぐに男の手が私の左右から伸びてきて、私の腿の内側に当てられてきた。
 くすぐるように指先を動かしながら、力を込めて私の足を開かせてくる。
 男の力にはとてもかなわない。
 すぐに私の両足は左右にいっぱいに開かせられた。
 後ろからは男の手が伸びてきて、私の胸を掴んで締め上げてきた。
 痛くて声を出しそうになったけど、映画館の中でこんな目にあってるのを他の客には気づかれたくない。
 唇を噛みしめて必死でこらえると、私のパンティーの下に男の指先が入ってきた。
 これが痴漢プレーなんだと私は気が付いた。
 由香利さんもきっと同じ目にあってるに違いない。
 一度体験したら病みつきになって止められなくなるという中島君の言葉が耳に焼き付いたように離れない。
 男の指が左右から花園の奥まで届いてくると、私は身体ごと震えてきて目眩がして死んじゃいそう。
 なんで自分がこんな目に遭わなきゃいけないのか訳が分からないけどもう逃げられない。
 早く映画が終わってと祈るしかない。
 男の指先はさらに大胆になって、ぐいぐいとねじ込むように動いてくる。
 声がでそうになるのを必死で堪えていると、目の前が真っ暗になった。
 映画も終わって場内がすこし明るくなると、由香利さんが男達に外に連れ出されるのが見えた。
 きっと映画館の裏手にある公園に連れて行かれるに違いない。
 映画館の中だけなら痴漢に触られるだけでそれ以上酷い目に遭うわけでもないが公園に連れて行かれたらどんなことをされるか分からない。
 このままでは不味いと思って「公園で一休みさせて」とこっそり私の横の痴漢に耳打ちした。
 痴漢達は携帯に何か書き込んだ後、一斉に椅子から立ち上がった。
 痴漢達は両腕を捕んで椅子から私を立たせると、ゆっくりと通路を歩かせた。
 トイレの横を通って正面の出入り口にでると、玄関の横にある従業員用の裏口から外に出た。
 真っ暗な公園がすぐ目の前に見えた。
 痴漢達はゆっくりとした足取りで裏の公園まで私を連れて歩いた。
 すぐ先には由香利さんが倒れ込みそうな危ない足取りで痴漢に囲まれてる。
 由香利さんのあとから公園に入ると、由香利さんはベンチに座って両側から男に挟まれた
 由香利さんの向かい側のベンチに私が座ると、由香利さんは私には気が付いていない様子。
 私のすぐ両脇にも痴漢の男が座ると、さっそく私の身体に手を伸ばして来た。
 さっきと同じように両側から男の手が伸びて私の足を開かせるとパンティーの奥まで指が入ってきた。
 さっきの映画館の中よりも大胆な指の動きに私は思わず声を出して小さく叫んだ。
 男達は私の反応を楽しみながら、激しい指の動きで私を責め続けてきた。
 すぐ近くで女の呻く声が聞こえた。
 まるで中学生みたいなかすれた声は由香利さんの声。
 繰り返し小さな声で叫ぶと、なんども大きく喘いでは泣きじゃくってる。
 声のする方角をみると由香利さんもミニスカートを腰までめくられて、足を開かせられてるのが見えた。
 真っ赤なパンティーが暗い公園の明かりではっきりと見えた。
 レース模様のスケスケの真っ赤なパンティーは痴漢が喜びそうな代物。
 痴漢に会いたい女でなきゃ、こんなパンティーはいたりしない。
 中島君が言っていた痴漢プレーのアルバイトというのはやっぱり本当らしい。
 由香利さんが痴漢にあって泣き出してる顔は、本当にいやがってる顔。
 中島君が言ってたみたいに由香利さんが痴漢に遭いたくてそれで痴漢プレーのアルバイトをしてるなんてはずは絶対無い。
 由香利さんが長崎君に助けてほしくて痴漢プレーの相手をしてるのには間違いないと私は確信した。
 由香利さんはきっと長崎君がこの深夜映画館に時々映画を見に来るのを知ってるはず。
 だから長崎君が居る時にわざわざ痴漢プレーをしに来てるに違いない。
 そうだとしたら、由香利さんがあまりにも可愛そうな話し。
 私は携帯を取りだして、長崎君にメールしようとした。
 痴漢の男達には私がメールしてるがばればれだけど、痴漢達は全然気にしてる様子もない。
 そう言えば芳恵さんも痴漢にあってるとき私にメールしてきたことがある。
 痴漢にあってる最中に友達にメールしたり、掲示板に書いたりするのも痴漢プレーの内らしい。
 さっき映画館で痴漢にあって、裏の公園まで連れて来られたとメールすると長崎君も驚いた様子。
 映画館の名前を言うと、長崎君がメールで「有紀さん僕をからかってるんでしょう」と返事が来た。
 私が前みたいに、エッチな事をしてる所を長崎君に見せて遊んでるんだと思ってるみたい。
 由香利さんも痴漢にあってる事をメールしたけどそれでも信じない。
 私は携帯で由香利さんが痴漢にあってる場面を撮影すると、長崎君にメールで送った。
 長崎君はやっと事情が分かったらしくて「すぐ行きます」とメールをよこした。
 痴漢達に長崎君のメールがばれないようにすばやく携帯をしまうと、痴漢は私の手を取って左右に引っ張った。
 手の平が男の膨らみに直に触れると、もう気が変になりそう。
 すぐに長崎君が来ると思ったけどやはり映画館から公園までは急いでも時間がかかる。
 痴漢が今度は、小さなバイブを私の胸に押し当ててきた。
 プーンとうなる音が私の胸の間に響くと、痴漢の指先が巧みに動いてブラジャーの間から中に押し入れてきた。
 バイブはちょうどブラジャーの奥にすっぽりと収まると、鋭い振動で私の乳首を責めてきた。
 早く助けに来て、なんでこんな目に遭わなきゃいけないのと思ったけど長崎君はまだ来ない。
 もう一度長崎君にメールを打とうと思って携帯を出したとき、ちょうど長崎君が公園の入り口からこっちに駆け出してきた。
 それほど広くはない公園なので、痴漢に囲まれているのは一目で分かるはず。
 私のすぐ前まで長崎君が駆け寄ると、痴漢達も何が起きたのかと驚いた顔。
 長崎君も私の身体に左右から伸びている手を見て痴漢だとすぐ分かったようす。
「お前らなにやってんだ」と長崎君が大声をだすと、痴漢は慌てて立ち上がってすばやく姿を消した。
「有紀さん大丈夫ですか」と長崎君に声をかけられたが、私は由香利さんの方が気がかり。
 何しろ長崎君に助けてもらいたがってるのは由香利さんの方だ。
 ついさっきまで由香利さんが痴漢にあっていたベンチにはもう人影がない。
 いつの間にか痴漢達が由香利さんをどこかに連れ込んだらしい。
 映画館に戻るわけはないので、由香利さんを連れ込むとしたら私がさっき中島君と一緒だったラブホテルに違いない。
 あのラブホテル、裏ビデオを置いてあるくらいだから痴漢プレーにも使うにはちょうど良いはず。
「由香利さんがラブホテルに連れ込まれてるから助けて」と私が頼むと、長崎君は「ラブホテルって何処にあるんですか」と聞き返してきた。
 さっきのラブホテルは公園の先の角を曲がったすぐ奥の裏通りにある。
 私は長崎君の手をつかんで小走りにラブホテルの前まで急いだ。
 受付の窓口で「女の子が連れ込まれませんでしたか、中学生みたいな子でなんです」とあわてて聞いてみた。
 すると受付のおばさんは「うちは中学生はいれませんよ、それに無理矢理連れ込んだりするお客さんは居ませんよ」と言うだけ。
「でもたった今、はいるの見たんですと」言ってみると「今日はまだお客さんだれもいませんよ」とまた白々しい返事。
「お泊まりですか、それともご休憩ですか」とおばさんに聞かれて私は一瞬言葉に詰まった。
 どうしようかと長崎君に振り返ろうとしたとき、私の胸が長崎君の肩に触れて急に震えだした。
 さっき痴漢にブラジャーにいれられたバイブが急に動き出したらしい。
 長崎君は何がなんだか分からない様子で私を見ていたが、私の胸に手を伸ばして指先を軽く触れた。
 長崎君の指先がバイブの振動で揺れると、急に長崎君の顔色が変わった。
 目つきが怪しくなると、長崎君の手が手を広げて私の胸をゆっくりと押し回してくる。
 私が思わず舌先で唇を嘗めると、長崎君の口がすぐ私の唇に重ねられてきた。
 すぐに長崎君の舌が私の唇の間から入ってきた。
 あれっ前はもっとキスが下手だったと思ったけど、長崎君キスが上手になったらしい。
 キスをしながら長崎君の手が、バイブで震える私の胸を揺するようにして揉み廻してくる。
 結構やるじゃんと思って、私は嬉しくて急に胸の中が熱くなった。
 私が両腕を長崎君の背中に廻して抱きつくと、長崎君の手が私のスカートの下に入ってきた。
 痴漢に触られてもう感じまくりで濡れ濡れになってるのが自分でも分かった。
 指先を揃えて割れ目をなぞるように触れてくる感触は、結構成れた手つきだ。
 このまま長崎君になら何をされてもいいと思って私は身体から力が抜けていった。
 長崎君が私の身体を押し倒すように壁に押しつけてきた。
 半分倒れ込みそうになりながら壁に寄りかかると、目眩がして気が遠くなった。
「お泊まりですか、それともご休憩ですか」と受付のおばさんがわざとらしい口調でまたいった。
 長崎君は急に我に返って怒ったように私の身体を押し退けた。
 私が長崎君に抱きつこうとすると長崎君は「奥さんいい加減にしてください、どうしてそんな嘘をいって僕をこんな所に連れ込むんですか」とムッとした言い方。
「由香利さんが痴漢にあってるなんて、嘘なんでしょう。僕をラブホテルに誘う口実なんでしょう」と怒鳴ると私を乱暴に突き放した。
 私は壁にもたれて倒れ込むとすぐには立ち上がれなくなった。
 長崎君は私に背を向けてすぐにラブホテルから出て行ってしまった。
 私もなんとか身体を起こしてラブホテルから出てみたけど、長崎君の姿はもう見えない。
 公園の入り口までいってみたけど、長崎君は別の道で帰ってしまったみたいで公園には見あたらない。
 いったいどうしたらいいのか私は途方にくれてしまったけど、ともかく由香利さんの行方を捜すしかない。
 公園の暗がりの中ではカップルがベンチに座って抱き合ってるけど、痴漢プレーらしい姿は見あたらない。
 どこかベンチの裏手にでも連れ込まれたのかと思ってよく辺りを見回してみた。
 すこし先の小道にもラブホテルの看板らしいものが見えたのでそこでも聞いてみることにした。
 ラブホテルの方に歩き駆けると、後ろから手をつかんで引き留められた。
 長崎君かと思って振り返ると、さっきの痴漢達だ。
 どっかに逃げたかと思ったけど、まだ公園に隠れてたんだ。
 すぐに手を振り解こうとしたけどもう遅い。
 両脇を痴漢にしっかり押さえ込まれてもう逃げられない。
 公園のベンチで抱き合ってるカップルは、知らん顔でキスを続けてるだけ。
 もう長崎君がいないので誰も助けてくれる訳なんか無い。
 ベンチの裏手に引き込まれてそのまま両膝を着かされた。
 目の前には男の大きく成った物がまっすぐ突き出された。
 髪の毛を捕まれて頭を前に押し出される先端が唇に押しつけられた。
 口でやるしかない。
 諦めて舌を絡ませると、別の痴漢が後ろから胸をつかんで揉んできた。
 もうどうなってもいいと思って、私は喉の奥まで飲み込んだ。
 息苦しくて涙がこみ上げてくると、胃袋の奥から吐き気がこみ上げてもうとてもだめ。
 必死で我慢して喉の奥まで入れると、急に身体が熱くなって今度は嬉しくて堪らない気分になった。
 こうなったら楽しむしかない。
 喉の奥の感触が繰り返し熱い快感となって私の体中から溢れ出るともう止まらない。
 私は夢中で舌先を使って、男を喜ばせた。
 痴漢達が私の喉の奥を楽しんだ後、私はさっき行こうとしたラブホテルに連れて行かれた。
 受付を通ってエレベータに乗ろうとすると、ちょうどドアの開いたエレベータには長崎君の姿が見えた。
 長崎君はもう帰ってしまったと思ったけどそうじゃなかったみたい。
 やっぱり由香利さんのことが気になって、こっちのラブホテルにも由香利さんを捜しに来てたんだ。
 私がびっくりして長崎君にしがみつくと、痴漢の男達はどうするか一瞬迷った様子。
 長崎君が「またお前らかー」と大声をだすと痴漢達は慌てて逃げ出していった。
 長崎君が痴漢の男が落としていった部屋の鍵を拾うと、部屋の番号を確かめてる。
「奥さん僕」と長崎君が言いかけた時、エレベータのドアが閉まった。
 長崎君は我慢しきれない様子で私に抱きついてきた。
 エレベータが一番上の階に上がると長崎君はエレベータの閉ボタンを押したまま私にしがみついて離れない。
 私も我慢しきれなくなって片足をあげて、長崎君の腰に絡ませた。
 長崎君の舌が私の唇の中に入ってきたとき私はすぐにこれはまずいと気が付いた。
 さっきの痴漢の男達が私の口の中に出した香りがまだ残ってる。
 長崎君も私の口の中の香りにすぐ気が付いたらしくて、舌の動きが急に止まった。
 そのまま長崎君の身体から力が抜けると、私に寄りかかったまま倒れ込みそうになった。
 長崎君の顔は目が回って気絶したみたいに変な顔になってる。
 なにが起きたのかさっぱり分からない。
 私が長崎君に声をかけようとした時いきなりエレベータのドアが開いた。
 エレベータのすぐ目の前に人相の悪い二人組の男が長崎君を睨みつけてる。
 エレベータを止めたのに腹を立ててるみたいで、長崎君の胸元をつかむとエレベータから引きづり出して壁に押しつけて殴りかかった。
 私は怖くてすぐにエレベータの戸を閉めて、長崎君が悲鳴を上げる声が聞こえたけど何だか変。
 長崎君が叫ぶ声は女の子の喘ぎ声みたいな弱々しい声だ。
 もうこうなったら逃げるしかないと私はエレベーターのスイッチを押した。
 エレベーターはすぐ降りて一階についた。
 受付を通って出ようとすると、すぐ裏手にも別のラブホテルがあるのが見えた。
 公園に戻れば、また痴漢達に捕まるだけだ。
 ここは取りあえずラブホテルに逃げ込んだ方が都合が良い私はとっさに思った。
 受付のおばさんに「あの、友達が先にはいってるんですが、部屋わかりますか。女の子が一人と、男の二人で先に入ってるってさっき電話があったんですが」と聞いてみた。
「それなら、三階の35号室ですよ、中学生みたいな子でしょう」と上手く聞き出せた。
 エレベーターで三階に上がってみたけど廊下には誰もいない。
 時々女の喘ぎ声らしい音が聞こえてくるけど、誰かが裏ビデオでも見てるらしい。
 足音を忍ばせて廊下の先まで行くと突き当たりに35号室が見えた。
 中の様子を伺ってみると、しんと静かで物音もしない。
 ドアのノブを廻して見ると、鍵は掛かってないので恐る恐る開けてみた。
 ドアの隙間から部屋の中を確かめてみると、ベッドの上に変な格好で寝ている女性がいる。
 泣き声らしい、かすれた声が聞こえるだけで部屋には誰もいないみたい。
 そっと中に入ってベッドに近づいてみると、小柄な女性が足を大きく開いて足首を両側のベッドの柱に縛られてる。
 顔にはスキー帽らしいものを被されていてその下から泣き声が聞こえる。
 私が縛っている縄を解いて、女の顔からスキー帽を撮って顔を確かめるとやっぱり由香利さん。
 由香利さんは、顔が引きつって私が助けに来たとは分かってないみたい。
 口には白い猿ぐつわも噛まされていて呻くような泣き声しか出せなかったらしい。
 こんな所に一人で縛られていていったいなにをされたんだろうと思ったとき、私は邦夫さんの事を思い出した。
 邦夫さんも私に同じ事をした。
 夜中に誰が部屋に入ってくるのか縛られて待つプレーは刺激が強すぎる。
 なんで由香利さんがこんな目に遭わされるのか、酷すぎる話しだ。
 どうやって逃げ出そうかと思って部屋の様子を確かめた。
 きっと正面のドアは誰かが見張っていて、そこからでればすぐに見つかるはず。
 ベランダの非常口から逃げるしかない。
 窓際のガラス窓を開けようとしたけど、開け方が分からない。
 何度かげんこつでガラス窓を叩くと、急にベルの音が激しく鳴り響いた。
 非常ベルが鳴ってしまったらしい。
 また急に非常ベルの音が止まって、窓が少しだけ開いた。
 なんとか窓をこじ開けようとしたけど開かない。
 狭い隙間からベランダに出ようとしたけど、手を出すのがやっと。
 いきなり窓の外から突き出した手を捕まれて私はびっくりして手を引っ込めようとした。
 誰かが窓の外から私の手をつかんでるらしくて、いくら振り解こうとしてもだめ。
 部屋に物音が聞こえたので、振り向くと男達が部屋に入ってきた。
 私は必死で逃げ出そうとしたけど男達は一斉に私に飛びかかってきた。
 窓の外から私の手を掴んでいた男の手がほどけると私は床に押し倒された。
 由香利さんはびっくりして見てるだけ。
 私が足を蹴飛ばして暴れると、男達はすぐに私の両足を掴んだ。
 足首を肩に着くまで押さえつけられると苦しくて動けない。
 由香利さんがその隙にドアのに駆け寄って逃げようとした。
 部屋から出ようとしたとき、急に由香利さんの身体が飛び上がってそのまま床に倒れ込んだ。
 手足が震えて起きあがれないまま身体が上下に何度も揺れた。
 誰も由香利さんの身体には触れていないのに、私はいったい何か起きてるのか訳が分からなかった。
「この女には低周波バイブをいれてあるんだ」と私の耳元で男の声が聞こえた。
「逆らえばスイッチを入れてあの通りだぜ、はっはっ」と薄気味の悪い笑い声。
 そう言えば温泉旅行に行ったときも芳恵さんの身体が同じように吹っ飛んだのを思い出した。
 あのときも邦夫さんが芳恵さんに低周波バイブを入れてあると話していた。
 リモコンでスイッチを入れると高圧電流が流れる仕掛けだと言ってたけど、それが由香利さんにも装着されたらしい。
「おい、その女にも入れてやれ」と誰かの声がして、私はベッド上に押さえつけられた。
 花園の奥に何かが押し込まれた後「おい試しにいっぱつやってみろ」とまた誰かが言った。
 急に子宮の奥に雷が落ちたような衝撃が襲うと、私の身体は上下にゆれて吹き飛んだ。
「二人とも俺たちには逆らえないんだぜ、おいこれを見ろ」と男の一人がファックスの紙を私の目の前に広げた。
 私が邦夫さんに書かされた奴隷誓約書だ。
 由香利さんも同じ物を書かされてる。
 この連中、邦夫さんに頼まれて奴隷女の調教をしてるらしい。
 それとも邦夫さんがこの連中に頼まれて誓約書を書かせてるのか、どっちだか私には分からない。
「じゃあ、始めようかな、夜は長いんだぜ」と男が言うと、他の男がビデオのカメラを用意した。
「まずは、服を脱がすんだ、お互いに相手の服を一枚ずつ脱がすんだぜ。キスをして、胸を揉みながらやるんだ」と男が命じてきた。
 こうなったら言われる通りにするしかない。
 私が最初に由香利さんのブラウスのボタンを外して、それからスカートも脱がすと、今度は由香利さんが私のブラウスとスカートを脱がした。
 抱き合ってお互いの身体を下着の上から撫で回してる所をビデオカメラが周りを回りながら撮影してる。
 男に指図されてお互いのブラジャーを外すと、抱き合って胸を押しつけあった。
 最後にパンティーもお互いに脱がし遭うと、さきに由香利さんがベッドに横になった。
 由香利さんが私の目の前で胸を揉みながら腰を上下に揺すりつづけると私はなんだか変な気分になって由香利さんの花園に唇を這わせた。
 女の子特有の甘い香りが鼻を突くと、目の前が一瞬暗くなったように目眩がした。
 男に指図されて舌先を使うと、すぐに由香利さんの身体が大きく波打って揺れ始めた。
 しだいに由香利さんの声が大きくなると、部屋一杯に叫び声が響いて止まらなくなった。
 もう頃合いと思ったのか、男が大きなバッグから変な形のパンツを私に渡した。
 黒い皮で出来た三角のパンツは中央にバイブレータらしい突起が着いてる。
 女同士でプレーするときのバイブだと前に通販のカタログで見た覚えがある。
 男が着けるのを手伝ってくれて、腰で留めるとしっかりとバイブが固定された。
 ゆっくりと由香利さんの股の間に腰を落とすと、先端を指で由香利さんの花園に押し込んだ。
 由香利さんが身体を震わせて私に抱きついてくると、泣きじゃくりながら仰け反った。
 汗と涙の混じり合った由香利さんの身体は、私に絡みついてもう震えが止まらない。
 私の後ろから、不意に男が身体を重ねてきた。
 繰り返す快楽の中で、由香利さんと私は夢の楽園をさまよい続けた。
 明け方近くになってようやく撮影が終わると男の子達は私と由香利さんを部屋に残して出て行った。
 由香利さんは私に抱きついたまま離れようとしない。
 なんとか由香利さんの身体を押しのけて、シャワーを浴びていると由香利さんも裸のままバスルームに入ってきた。
 由香利さんはシャワーの下ですぐに私に抱きついてきた。
 しばらく由香利さんの身体を抱きしめて慰めていると、しだいに由香利さんも気持ちが落ち着いてきた様子。
 ようやくバスルームを出た後は、服を着てラブホテルを出た。
 朝のまだ寒い裏通りは人通りもなく風が強かった。
 大通りまで歩くと、急に人通りが多くなり電車の中は通勤客で満員だった。
 昨夜寝ていないので、電車の中で立っているだけでも頭が痛くなって目眩がした。
 疲れた身体でやっと家に戻るとベッドに横になったまま、身体に力がはいらない。
 眠ろうとすると昨夜の出来事が頭の中に浮かんできて、身体が繰り返し震えてきてとても眠れない。
 いつの間にか気が遠くなって、気が付いたときはもう昼過ぎ。
 冷蔵庫からあり合わせの物を出して食事をしていると携帯にメールが来た。
 昨夜の痴漢からのメール。
 パンティーを履かずにコンビニに買い物にいけという命令だ。
 もちろんスカートは超ミニスカート。
 命令通りにしないと、高電圧のバイブをリモコンで操作して電流を流すと脅された。
 やっぱり昨日のリモコンバイブは奥まで装着されて簡単には取り出せない仕組みらしい。
 またあの高圧電流を食らってはたまらない。
 しかたなくパンティーを履かずに玄関から出かけようとすると急に子宮の奥に衝撃があって私は玄関先に倒れ込んだ。
 由香利さんが命令に従わずにリモコンのバイブの高電圧でお仕置きをされたらしい。
 二人同時にお仕置きされるというのは勘弁して欲しい。
 コンビニまで行くと、雑誌を立ち読みしながらわざと前屈みの姿勢で写真を撮ってケータイで送った。
 すぐ後ろを男の子が通り過ぎるたびに私は足が震えて縮み上がった。
 コンビニでエッチなコミックを立ち読みしている間に、コンビニの横の駐車場には男の子が何人か集まってきた。
 私の事を携帯のメールで教えあって集まって来たらしい。
 コンビニの横のガラス窓から私の様子を伺ってる。
 私の携帯にもメールが入って、「わざと雑誌を床に落として屈み込んで拾え」と送ってきた。
 コンビニの中だったらおかしな事に成るわけはない。
 私は男の子達の視線を気にしながら、わざと雑誌を一冊手にとって床に落とした。
 腰をかがめて、しゃがみ込んで雑誌を拾うと男の子達の目が一斉に私のスカートの下に釘付けになるのが分かった。
 ミニスカートの下にパンティーを履いてないのが一目で分かったらしく男の子達の様子が騒がしそう。
 今度は男の子達に背を向けて、「売り場の一番下の段においてある菓子パンを手に取れ」とメールが来た。
 恥ずかしくて死んじゃいそうだけど、言われたとおりにしないとまた高圧電流をながされちゃうので逆らえない。
 男の子に背を向けて後ろ向きになると、足が震えてきた。
 必死で手を伸ばして菓子パンを手に取ると、もう足が震えてしゃがみ込んじゃいそう。
 なんとか身体を元に戻すと、体中が一気に熱くなって子宮がじんじんと痺れてきた。
 コンビニにを出て帰りは公園に寄れとまた命令のメールが来た。
 やっとの事で足を動かしてコンビニを出ると、すぐ横で男の子達が私をじっと見てる。
 裏通りを通って公園まで歩き出すと、すこし後から男の子達が追いかけてきた。
 公園まで震える足でやっと歩くと、空いてるベンチを探した。
 昼間の時間はまだカップルもいないので、取りあえず目に付いたベンチに座った。
 コンビニから後をつけてきた男の子達も公園のトイレの陰から私の様子を伺ってる。
 携帯のメールで足を広げてスカートをめくれと命令が来た。
 すぐ近くのトイレの陰で男の子達が見てるのを知っていてメールしてきたみたい。
 男の子の誰かが私の様子をメールで報告しているらしい。
 指示されたとおりに足を広げると、今度は指を使ってオナニーしろとメールが来た。
 いくらなんでもそんなこと昼間の公園で出来るわけ無い。
 どうしようかと迷っていると、子宮の奥に衝撃を受け手ベンチから転げ落ちそうになった。
 由香利さんも同じ命令を受けているらしい。
 私がオナニーをしなければ、由香利さんも酷い目に遭わされると思うともう逆らえない。
 指先をいつものように花園に押し当てて、ゆっくりと押しつけながら動かした。
 男の子達の目が気になって心臓が止まりそうになったけどやるしかない。
 指を奥まで入れると、腰が震えてきてもうとても我慢できない。
 繰り返し指を小刻みに動かすと、目眩がして身体が震えてきた。
 やっと気持ちが落ち着いてくると、男の子達がすぐ目の前に立ってる。
 逃げようとしたけど、すぐに両腕を捕まれて公園のトイレに連れ込まれた。
 近くの誰かが、高電圧のバイブをリモコンを持っているに違いない。
 うっかり逆らえば、またリモコンのスイッチを入れられてしまう。
 あの電撃のショックを受けたらもう死んじゃいそうになる。
 どんなことでも言いなりに成るしかない。
 諦めてトイレのタイルの上にしゃがみ込むんで、自分からわざと膝をたてて足を開いた。
 男の子達は「このドヘンタイ女」と悪態をつくと、私の喉の奥をたっぷり楽しんだ。
 家に戻ると今度はセーラー服を着て電車に乗れと言う命令のメールが来た。
 しかたなく家をでて地下鉄に乗ると、由香利さんも同じ電車にセーラー服を着て乗ってる。
 由香利さんは私を見つけるとすぐに抱きついてきた。
 女子高生が二人で電車の中で抱き合っていたりすれば誰だって変に思う。
 すぐに痴漢らしい手が私のお尻を撫で回し始めた。
 由香利さんの身体も痴漢に撫でられてるらしくて、微かに身体が震えてるのが伝わってきた。
 痴漢達はインターネットの痴漢掲示板を見て集まってるらしくて携帯を確かめながら次第に私と由香利さんの周りを取り囲んで人数が増えてきた。
 スカートを捲りあげられて、パンティーを履いてないのが丸見えだけど痴漢に囲まれてもう逃げられない。
 痴漢の指先が前と後ろから、奥まで届いてくると指先を曲げ感じる所を探ってきた。
 下から持ち上げるようにして感じるところをきつく責められてもう死んじゃいそう。
 由香利さんの身体がガクガクと震え出すと、私も震えが止まらない。
 二人で抱き合いながら痴漢の指を必死でがまんした。
 電車が地下鉄の終点まで着くと、川沿いのラブホテルに連れ込まれた。
 大きなお城みたいな作りのラブホテルは壁が煉瓦造りで、シャンデリアが飾ってある随分と豪華な雰囲気。
 薄暗い子部屋に連れ込まれて、いったいどうなるのかと思ってるとドアを開けた外は大広間。
 正面の舞台の周りには、テーブルが並んでいて観客らしい男女が沢山座ってる。
 色とりどりのカクテルグラスを手に持った客達はみな顔に覆面をしていて、まるで仮装舞踏会みたい。
 舞台には大きな十字架の形の磔台が二つ並んでる。
 セーラー服のまま磔台に縛られると由香利さんと並んで鞭で叩かれた。
 調教師の女性が怒鳴りつけるような大声はどっかで聞き覚える気がしてどうも変。
 女の顔をちらっとみると、黒い皮の覆面をしてるけどおでこの生え際の髪型に見覚えがある。
 カラオケ店でいつか叔父に紹介されたランジェリーパブにママの京子さんだ。
 なんであのときの京子がこんな所でショーにでてるのか訳が分からない。
 京子さんが客席に降りると、客席の間を鞭をならして歩き始めた。
 客席の男も女も変なマスクをつけていて顔は分からないけど、もしかして知ってる顔が居るかもしれないと急に怖くなった。
 京子さんが客席から男を一人拾い上げると、私のすぐ後ろに立たせた。
 男はズボンを膝まで下げると、すぐ私の後ろから突き上げてきた。
 奥まで届いた瞬間に私は前にも同じ感触を味わったのを思い出した。
 腰の巧みな突き上げ方は、あの旦那の叔父のやりかたそのまま。
 男の体つきも、太い指も叔父とまったく同じ。
 これはどうも旦那の叔父にあの邦夫さん、それに痴漢プレーの痴漢達もみんなぐるらしい。
 誰が黒幕か分からないけど、みんなで示し合わせて私や由香利さんを酷い目に遭わせてるのは間違いない。
 なんでこんな事をするのか理由は判らないけど、なんとも腹が立つ話し。
 だけど調教の誓約書まで書かされちゃってもう逆らいようがない。

22.ドスケベ女<< ページトップ >>24.真っ赤なパンティー

人妻露出アダルトビデオ

露出悦楽 羞虐に溺れる巨乳若妻 / Amore(アモーレ) [DVD]
露出人妻倶楽部SP260分 岩佐あゆみ [DVD]
ナチュラルハイ10周年記念 ~過激露出作品集~+撮り下ろし
復刻幻の露出作品 ハラハラドキドキ露出旅行 お得に一挙6タイトル
(MA008)露出レイプ中出しII