人妻不倫露出調教

by七度柚希

目次

1.涙のチアガール
2.突然のプロポーズ
3.フェラチオ狂い
4.痴漢プレー
5.テレホンクラブ
6.ビデオチャットの女
7.人妻チャット調教
8.奴隷調教
9.セクハラ
10.誘惑
11.陵辱
12.痴漢願望
13.バイブレータ
14.スケスケネグリジェ
15.セーラー服
16.ガーターベルト
17.不倫疑惑
18.強制生フェラ
19.強制レイプ
20.ランジェリーパブ
21.温泉調教
22.ドスケベ女
23.低周波バイブ
24.真っ赤なパンティー

8.奴隷調教

 せっかく良い所だったのに長崎君も気が利かないと私はがっかりした気分で台所に戻った。
 コーヒーを一杯入れて一段落してからパソコンの部屋に戻ってみると、私は気になってまたパソコンのウィンドーを開いてみた。
 するとまださっきの男が小さなウィンドーに写ってるのが見える。
 パソコンのスピーカからは「おいメス豚、戻ってきたのか」と男の声がすぐに聞こえてきた。
 男は私がセータを脱いで戻ってきたと思いこんでる様子。
 このまま話しを続けたらきっとテレクラでさせられた見たいな事に成るに違いない。
 ビデオチャットで画面も見えるんだから、テレクラよりももっと凄いことに成りそう。
 そう思うともうとても我慢できない。
 私はこのもうどうなってもいいから続きが知りたくてヘッドホンを付けてみた。
 さっきまで長崎君が座っていた椅子に座ると、今度は私のパジャマ姿が男のパソコンで見えてるはず。
「可愛いパジャマじゃないか、下にブラはしてないんだな」と男がひとまず軽く褒めてくれた。
 そうよ女を口説くにはまず褒めるのよ、よく知ってるじゃないのと私は嬉しくなった。
「ブラはしてません」ととりあえず答えると「胸を揉むんだ、両手を使え」とまず男が命令してきた。
 やっぱりやることはテレクラと同じ。
 胸を揉むだけでは済まないことは判ってるけど、もう止められない。
 男に言われた通りに、パジャマの上から両方の胸を手の平を押しつけて揉んでみた。
「もっと強く握って押し回すんだ」とまた男の声がした。
 言われたとおりにすると急に胸が熱くなって気持ちいい感触が広がった。
「乳首は感じるんだろう、自分で摘んでご覧気持ちいいよ」と今度は囁くような口調で優しく男が勧めた。
 きつい口調で脅したかと思うと、今度は優しく褒めたりするのは女を口説き慣れた男の手口だ。
 言われた通に乳首を指先で摘むと、つんと痺れるような感触が乳首から流し込まれた。
 乳首から伝わる電流で私の胸全体が痺れるともう止められない。
 夢中になって自分で胸を強く握りしめた。
 なんでこんな事をしているのか自分でももう訳が分からない。
「感じてるじゃないか」と男が囁くように呟いた。
 テレビカメラで男に見られてると思うと急にからだが中が熱くなって目を閉じた。
「おい、今すぐパンティを脱ぐんだ」と男が言うのがヘッドホンから聞こえてきた。
 パンティを脱げば今度は足を広げさせられて、テレビカメラで丸見えになる。
 ビデオチャットなんだから、男のやりたい事は分かり切ったこと。
 私はやっぱりと思ったけど、ここまでやって止められる訳はない。
 椅子から立ち上がって、パジャマのズボンを脱いでパンティに手を掛けると急に膝が震えてきた。
 テレビカメラで見られたってどうってことないわよと自分に言い聞かせてパンティを脱ぐともう一度パソコンの前に座った。
 テレビの画面を確かめると、男の画像がどうも変。
 さっきとは違って顔が写ってないのでよくよく見ると、男の股間が写ってる。
 色が変に気味悪くて、うっすらと延びた形を見ると急に、気持ちが冷え込んでしまった。
 だいたい私はフェラチオしたことないから、男の形がどんなのか良く見たことなんかない。
 実物が目の前で大きくなってるのを見たら少しは感激するだろうけど、テレビの画面でなんか見たくもない。
 ビデオチャットだから凄いことになると思ったけど、結局男が見せたがる物はこれしかないって事。
 馬鹿馬鹿しくて話しにもならない。
 見たくもない物を見せられて私はうんざりして椅子から立ち上がった。
 ヘッドホンを外そうとしたけど、また男の声で「おい足を広げろ、いっぱいに拡げてこっちに見せるんだ」と低い声が響いてきた。
 声だけ聞いてるとやっぱり男の渋い声は耳から直に子宮に響くように届いてくる。
 男の半分芝居がかった低い声はやっぱり女の身体を痺れさせるくらいに慣れた口調。
 声だけ聞いてる分にはこんなに口説き上手な男はいない。
 どうしようかと椅子に戻ろうとしたとき、ちょうど足元にさっきまで長崎君が被っていた毛布がひっかかった。
 鼻をつく男臭い匂いは、その毛布から部屋一杯に広がってるらしいと気が付いた。
 その途端に私は我慢できずに、床に寝ころんで毛布を顔に押しつけた。
 男の強い匂いが鼻から吸いこまれると私はすぐに身体が震え出して止まらなくなった。
 ヘッドホンから聞こえてくる男の命じる声に従って私は指を使った。
 繰り返し体中からあふれ出す熱い噴流が私を包み込んだ。
 ビデオチャットが終わったとき、私は子宮が痺れたようになって腰が震え続けてしばらく立ち上がれなかった。
 旦那にこの事がばれたらどうしようと思ったけど、旦那の方こそ人妻とエッチなチャットをしてるかもしれないと急に腹が立ってきた。
 そうよきっと旦那だってビデオチャットで人妻相手に遊んでるに違いないのよ。
 だから私だって遊んだって全然悪くないよと思うと少し安心した気分になった。
 だけど旦那のセックスのテクニックはとんでもなく下手なのは間違いない。
 旦那の相手をしてくれる人妻なんて居るわけ無い気がした。
 だとすると私だけ遊んでることになるからまるで私が悪いみたい。
 もう余計なことは考えるのを止めようと思ってテレビをつけた。
 するといきなり人妻のベッドシーンが画面に映った。
 いつもだったら人妻のベッドシーンなんかアホらしくてチャンネルを変えちゃうんだけど、今日に限って見るのが止められない。
 アダルトビデオみたいなシーンが昼間っからテレビで見れるなんてどうゆう事なんだろうと思ってたけど、最後まで見てしまった。
 女が男の上になって、仰け反りながら喘ぐ場面が目に焼き付いて離れない。
 そうよ私だって女の喜びを知って感激してすすり泣きなんかしてみたい。
 こうなると、もういつもの洗濯や掃除なんかやる気が起きない。
 旦那の机をごそごそと探してみると、やっぱれエロビデオらしき物を見つけた。
 やっぱり旦那も男だ、エロビデオを隠してるのは男なら誰でもしてると芳恵さんも言ってた。
 エロビデオなんか見たってしょうがないと思ったけど、やっぱり旦那がどんなビデオを見てるのかは確かめなくちゃ行けない。
 まず最初に女子高生物らしい題名のビデオをパソコンにいれて見た。
 テレビの画面に映ったのはやっぱり女子高生、それも痴漢物だ。
 旦那が女子高生の痴漢物のビデオなんか見てると思うとすごいショック。
 地下鉄で痴漢にあった女子高生が、帰り道をつけられて公園のトイレに連れ込まれるというストーリー。
 フェラチオの場面が延々と続いて見ていても気持ち悪くなる。
 やっぱり男の人ってこの手のビデオが大好きなのはしょうがない。
 旦那もやっぱり同じなのかと思うと、腹が立って来た。
 だけどアダルトビデオなんて結局みなどれも同じような物。
 旦那が実際に痴漢をしてる証拠もないし、痴漢ビデオもたまたま手に入っただけかも知れない。
 ほかのビデオも確かめないといけないと思って他のビデオのDVDもパソコンに入れてみた。
 ビデオが始まると女子大生らしい服装の女の子がソファーに座ってるのがテレビに映った。
 どんなすごい場面が始まるんだろうと息を飲み込んで見入ったけど、見てても何も起きない。
 女の子がお喋りを続けてるだけの場面がずっと続いて、どうやらビデオを撮影してる男性と話しをしてるらしい。
 変だと思って話しをしばらく聞いてるとやっぱりエッチな話しが始まった。
 最初に世間話しをしたのは、気持ちを楽にさせて警戒心を解くのが目的らしい。
 すこしずつ女子大生の反応を見極めながらちょっとづつエッチな話しに話題を持っていくのが手順みたい。
 さっきビデオチャットで相手をした男も同じように話題をすこしづつエッチな方に向けて最後には本性を出したのを思い出した。
 さっきの男もきっとアダルトビデオで見た口説き方を真似をしてやってたに違いない。
 男ってみんな同じ誘い方をするんだと思うと、ちょっと可笑しくなったけど旦那もこのビデオの真似をして人妻を口説いてるのかも知れない。
 旦那はなにかにつけて勉強熱心だ、アダルトビデオで人妻の口説き方を研究してるってのは十分有りそう。
 しばらくビデオを見ているとやっぱり、女子大生は自分で足を広げて指を感じる所に押しつけて喘ぎ始めた。
 ずいぶんと上手いことやらせるもんだと私はすっかり感心してしまった。
 男にいやらしい言葉を言われるたびに、女子大生の眉がつりあがってとてもたまらない気分らしい。
「どうして欲しいのかな、このあとどうされたいの」と男が言葉巧みに口説きにかかった。
 ここまで感じさせられて我慢できる女なんているわけない。
 喉から絞り出すような声で女子大生が「お願いします」とやっとのことで言った。
「何をお願いしますなのか、ちゃんと言わなきゃ分かんないよ」と男がまた意地悪く言い放った。
 最後には「オチ×チ×いれて下さい」と女子大生が答えると、女子大生は身体の力が抜けたように大人しくなった。
 ビデオの画面が揺れて動くと、ビデオを撮影していた男がビデオカメラを椅子の上に置いたらしい。
 男が女子大生に歩み寄ると女子大生の座っていたソファーの横に腰を降ろした。
 すぐに男が顔を寄せて女子大生にキスすると女子大生が男にしがみつくのが見えた。
 ここまでくれば後はやることは決まってる。
 男の手が女子大生の足をさらに左右に一杯に開かせると、指先をくすぐりながら動かし始めた。
 女子大生の身体が男に抱きついたままくねくねと動き出すと喘ぎ声が聞こえてきた。
 半分泣き声が混じったかすれた声は女性が聞いても、色っぽくって羨ましくなる。
 男の指先から滴り落ちる滴が見えて、もうびしょ濡れになってるのはすぐ判った。
 私だって男にこんな風に口説かれて見たいと思うと、急に我慢できなくなり身体が熱くなった。
 このあとどうなるんだろうと思うとビデオの続きが気になって見るのが止められない。
 男が耳元で女子大生に何か小声で囁くと、女子大生は男の膝の上に足を開いて座り直した。
 わざとビデオカメラによく見える体位をやらせてるのはすぐ判った。
 男は女子大生の膝の内側を下から手で支えて、女子大生の身体を持ち上げるような格好で下から突き上げてきた。
 腰の動きに会わせて、女子大生の身体を上下に揺さぶる動きはプロのテクニックだ。
 女子大生の身体が飛び跳ねるように動き続けるのを見て、私は羨ましくてたまらなくなった。
 私は旦那にこんな風にされたことなんてない。
 だいたい私は男に弄ばれた経験だって全然ないんだ。
 私だって身体目当ての男に遊ばれた経験くらいあって良いはず。
 人妻だったらそのくらいの経験はあって当たり前。
 だけど私は毎日毎日、掃除と洗濯の家事をやり続けるだけで何もない。
 でも旦那は旦那で私に隠れて他の女と遊んでるんだ。
 旦那もきっとこのアダルトビデオと同じように、ビデオチャットで人妻を口説いてるに違いないと私は確信した。
 こうなったらこのビデオを目の前に突きつけて旦那をとっちめて口を割らせるしかないと心に決めた。
 私は旦那が帰ってきたらなんて言ってやろうかと思いながら旦那の帰りを待った。
 だけど夜遅くに今日は帰らないと携帯にメールがあった。
 昨日の夜呼び出された仕事がまだ終わらないらしい。
 私はパジャマに着替えて一人でベッドに横になった。
 目を閉じて寝ようとしたけど、昼間見たアダルトビデオの場面が目に焼き付いて離れない。
 男に声を掛けられて5分後にはもう足を広げて喘いでる女がいるなんてとても信じられない。
 だけど私だってあんなに上図に口説かれたらきっと自分から足を広げてるはず。
 そうよデパートに買い物に行った帰りに駅前で声を掛けられたりすんのよ。
「奥さんスタイルいいですね、モデルさんにぴったしですよ」とか上手く話しをして事務所に連れ込んで。
「じゃ面接しますから、質問に答えてくださいね」とか適当に口実を作ってビデオ撮って。
 あとはエッチな話しで我慢しきれない気分にさせて自分から「オチ×チ×入れて」て言わせるのよ。
 そしたら私だって男に下から突き上げられて泣きじゃくったりすんのよ。
 女だったら誰だってそんな経験一度でいいからしてみたい。
 あれこれ空想してるだけで身体が熱くなってもうとてもたまらない。
 私はどうにも我慢しきれない気分でまたパソコンの部屋に行ってビデオチャットを始めた。
 夜遅くの時間なんだから、きっと朝早くよりもすごい事をさせられるに違いないと思ってるとすぐにメッセージが飛んできた。
 画面を開けてみるとやっぱりいやらしそうな中年の男の顔。
 さっそくビデオチャットが始まった。
「僕は邦夫です」と最初に自己紹介から。
 やけに礼儀正しいけどビデオチャットする男なんかみんな同じ。
 目的は決まってるんだからすぐに本性を現すにちがいない。
 胸がどきどきしながら男の言葉に受け答えを続けた。
 だけどすぐエッチな話しを切り出してこない。
 最初は適当に世間話しをしてそれすこしずつエッチな話しを始めるのに違いない。
 でもなかなかエッチな話しが始まらないので私はちょっとイライラしてきた。
 別の相手に変えようかと思ってメニューを出そうとしたとき、男が急に「近くに公園があるでしょう」と言いだしたので私はどきっとした。
 近くの公園と言えばあの夜はエッチなカップルで一杯のあの公園の事。
 もしかしてこの邦夫さん真面目な振りをしてあの公園に誘う気なのかしらと思って身体がこわばった。
 誘われたらどうしよう、きっとフェラチオさせられるんだと急に身体が熱くなった。
 とうとうフェラチオが体験できると思うと嬉しくてたまらない。
 私は公園に誘われるのを待ちきれなくて口からよだれが出てきた。
 だけどエッチな会話は全然始まる様子もなく相変わらず世間話しが続くだけ。
 これじゃあ何が面白くてビデオチャットなんかしてるのか全然わからない。
 どうやら長崎君が勝手に私のプロフィールを作って住所も書いてしまったらしい。
 それでこの邦夫さん私のプロフィールを見て近所なので話し掛けてきただけらしい。
 話していても近所でパソコンスクールやってるごく普通の男性。
 だけど夜遅くにビデオチャットなんかするのはやっぱエッチな話しをするのが目的に違いない。
 私は試しに「今夜仕事で旦那が帰ってこないんです」とそれとなく言ってみた。
 するとやっぱり「旦那とは最近どうなんです、仲がいいんでしょう」といかにも意味ありげな言い方で聞き返してきた。
「仕事が忙しくて、最近かまってくれなくて」と話しを向けてみると「奥さん、男と女の事をまだよく知らないんじゃないかな」と言葉を向けてきた。
 やっぱりエッチな会話が目的なのは間違いない。
「そうですね、そうかもしれないですね」とひとまず返事をしてみると「女の喜びって知ってますか」と邦夫さんが言いだした。
 エッチな話しを始める男はたいていいきなり「いまエッチな気分かな」とか聞いてくるはず。
 随分と遠回りな口説き方をするもんだ。
「女の喜びって何のことですか」とひとまずとぼけて様子を見てみると「女に生まれてほんとうに幸せだと感じるのが、女の喜びなんですよ」とまた遠回しな言い方。
 私はめんどくさくなって「私、よく分かりません」と話しを切り上げようとした。
「有紀さん女の喜びを体験したことなんかないんでしょう」といきなり邦夫さんに言われて私は戸惑った。
 確かに夫婦のセックスについて解説してある婦人雑誌に書いてあるような「女の喜び」っていうのは私は経験したことがない。
 経験したことがないからいったいなんの事なのかも判らない。
「女はね普通の夫婦のセックスでは本当の女の喜びは経験できないんですよ」と邦夫さんが畳みかけるように話しを続けた。
「本当の女の喜びはセックスを楽しむだけの交際相手でないと得られないのが女性の身体なんですよ有紀さん」と聞かされると確かに芳恵さんも同じ事を言ってた。
 人妻が不倫するのも、不倫相手のセックスの方が女の身体は感じるからだとテレビでもやってた気がする。
 随分と遠回しな言い方だけど邦夫さん私に女の喜びを教えるから、自分と不倫しろと言ってるみたいだ。
「僕なら、普通のセックスより100倍も気持ちいい快感を体験を有紀さんにさせてあげられるよ」と邦夫さんが話しを切り出してきた。
 どうもこの男普通のナンパ師とも違うみたい。
 だけど何を言いたいのか判らない。
「どうしてそんなに凄いんですか」と聞いてみると「女の身体を知り尽くしてるからね僕は」
「男のテクニック次第で、女の身体はいくらでも素晴らしい喜びの世界を体験できるんだ」
「女に生まれてその究極の喜びを体験せずに年を取って行くのは本当に惨めな人生だよ。そうだろう」
「女に生まれたからには女の喜びの極地を体験しなければ女として生きてる意味無いだろう」と随分判ったような口ぶり。
 確かに芳恵さんも似たようなことを言ってた。
 もしかしてこの邦夫さん、女の身体を知り尽くした性技の名人なのかもしれない。
 そうだとしたらこんなチャンス滅多にない。
「本当に私でも体験できるんですか」と私は恐る恐る聞いてみた。
「僕はね、もう何人もの女性に究極の快感を体験させてるんですよ」と邦夫さんが自慢げに言った。
「そうなんですか」と返事をしてみると「そう、どの女性もみな僕に感謝してるんですよ。有紀さんもきっと感激して僕に感謝するはずですよ」とまた自信たっぷりな口調。
 よほど経験が豊富でないとここまで自信たっぷりには成れないはず。
「本当に素晴らしいんですね」と思わず感激して言葉が出てしまった。
「そうなんです、どれだけ素晴らしいのか実際に体験しないと判らないんですよ有紀さん」と言われてもうとても断れない気分。
「お願いしてもいいですか」とつい口から言葉がでてしまった。
 待ちかねたように「調教って知ってますか」と邦夫さんが改まった口調で言いだした。
 そう言えば朝やってみたビデオチャットも調教チャットの名前だった。
 だけど実際にはテレクラでやったテレホンセックスと同じ事をしただけ。
 だけど邦夫さんの言う調教とはまた違う見たい。
「調教って何をするんですか」とひとまず聞いてみた。
「奴隷に成るんですよ、僕の奴隷になって命令に従うって誓ってもらうんですよ」
「命令に逆らったらお仕置きを受ける、これが調教なんですよ」と言われてどうもこれは不味いことになりそうだと気が付いた。
 だけどこのままチャットをやめる気分にはとてもなれない。
 旦那も人妻相手にこの調教チャットで遊んでるに違いない。
 そう思うと調教で実際何をするのか確かめないといけないと思った。
 それしかないと思うと急に気分が大胆になってきた。
「私、今夜は寂しくてとてもこのまま眠れないんです」と言ってみると「じゃあ、いますぐパジャマを脱ぎなさい」と邦夫さんが今度は厳しい口調で私に命じた。
 調教というのはもう始まってるらしい。
 どんなことをさせられるのか確かめるしかないと覚悟を決めて、言われるままにパジャマを脱いで裸になった。
 胸を見られてるだけでも身体が熱くなってもう止められない。
 旦那だって遊んでるんだ、同じ事をして遊んでるんだと思うと急に腹が立ってきた。
「俺がこれから命令する事に何でも従うんだ」と言われて私すぐに「はいと返事をした」。
 もう何でも構わないと思うと、体中が一気に熱くなった。
「足をいっぱいに開くんだ」と邦夫さんの声が聞こえると私はもう逆らえなかった。
「指を使うんだ、指先を強く押しつけて廻すんだ」と邦夫さんの言葉が続いた。
「はい」と何度も繰り返しながら私は邦夫さんの命じるとおりに指を使った。
 思いがけない体験の渦の中で私の身体は燃え続けた。

7.人妻チャット調教<< ページトップ >>9.セクハラ

人妻露出アダルトビデオ

露出悦楽 羞虐に溺れる巨乳若妻 / Amore(アモーレ) [DVD]
露出人妻倶楽部SP260分 岩佐あゆみ [DVD]
ナチュラルハイ10周年記念 ~過激露出作品集~+撮り下ろし
復刻幻の露出作品 ハラハラドキドキ露出旅行 お得に一挙6タイトル
(MA008)露出レイプ中出しII