人妻不倫露出調教

by七度柚希

目次

1.涙のチアガール
2.突然のプロポーズ
3.フェラチオ狂い
4.痴漢プレー
5.テレホンクラブ
6.ビデオチャットの女
7.人妻チャット調教
8.奴隷調教
9.セクハラ
10.誘惑
11.陵辱
12.痴漢願望
13.バイブレータ
14.スケスケネグリジェ
15.セーラー服
16.ガーターベルト
17.不倫疑惑
18.強制生フェラ
19.強制レイプ
20.ランジェリーパブ
21.温泉調教
22.ドスケベ女
23.低周波バイブ
24.真っ赤なパンティー

24.真っ赤なパンティー

 翌朝家にもどると、邦夫さんからメールが入ってた。
 由香利さんと温泉旅行に行く待ち合わせの場所と時間を知らせてきたのだ。
 テレビの収録の次の週の金曜日なので、なんとか都合をつけて行くしかない。
 収録の直前になってテレビ局から連絡があり、収録が一週間延期になったと伝えてきた。
 急な大事件があって、それで予定が変わったらしい。
 私は温泉旅行をどうしようかと思案したが、収録の終わった後でなんとか間に合いそうだった。
 収録の前日に旦那と長崎君と私と応援団の部長でスタジオに行ってみると確かに巨大なひな壇にコンピュータが千台並んでいて見ているだけでも壮観だった。
 しかし長崎君がソフトを動かしてテストを始めると「どうも変だな、スピードが遅すぎる、どっか配線間違えてないか」というので旦那がパソコンの裏に回って配線を確かめようとした。
「なんなんだこれ、いったいどうゆうことなんだ」と旦那が素っ頓狂な声を上げて、慌てて長崎君が駆け寄ると、二人で目を丸くしては回りのパソコンを確かめ始めた。
「なんだこれ、全部発泡スチロールで作ったただの箱じゃないか、実際のコンピュータは前に並んだ十台だけだ」と言い出すので私もなにがなんだか分からなくなった。
 ディレクターが上の調整室から駆け下りてくると、「いや予算が足りなくてね、最初は千台用意するつもりだったんだけどね、いやその、電源の容量の関係もあるし、ほら重いと台が壊れちゃうしね」とか言い訳を始めた。
「テレビの番組というのはね、いかに視聴者が感動するか、それが大事なんだ」
「しかしね、予算には限度があるんだ」
「だからね、与えられた予算で最大の感動を生み出す、これがテレビマンの使命なんだ」と勝手な言い訳を繰り返すディレクターには何を言っても無駄なようだった。
 テレビ局から帰ってくると旦那と長崎君は困り果てた様子で「どうするんだ、基礎医学研究所のグリッドコンピューターシステムだけじゃ、名人に勝てるわけがない、他のグリッドコンピューターシステムを繋げないとだめだ。だけど対局は明日だ、なんとかするにもなんとかしようがない、高性能のグリッドコンピュータシステムにハッキングする以外どうしようもないんだ」と旦那が長崎君に話しかけていた。
 長崎君は黙って聞いていましたが「それしかないですね、どっか強力なグリッドコンピュータシステムがあればいいんですが」と思い詰めたように言い返した。
 旦那は「なんとかするんだ、今日中になんとかするしかない」と言うと長崎君を連れてパソコンの置いてある旦那の部屋に入った。
 二人で午前一時くらいまでごそごそやったあと、私が衛星テレビを見ている居間まで二人で出てくると「これで明日の対局は完勝だ前祝いにビールもってこい」と言い出した。
 私はせっかく明日大変なのにお酒なんか飲まない方がいいと思ったが、二人とも上機嫌でもう勝ったつもりになっていた。
 二人はいつもよりも調子よく飲み続けあっという間に缶酎ハイも全部飲んでしまった。
 私は二人を寝室に押し込むと一人でパソコンの置いてある旦那の部屋で寝た。
 夜になってテレビ番組を見ていてびっくりした。
 人妻調教という番組があり、私と由香利さんがあの洋館で調教されてる場面が映し出されたのだ。
 いったいどうしてこんなことになったのか判らない。
 よくよくテレビを見てると、最初に痴漢プレーのデリヘル嬢として女の子を集めて、そこからさらにSM嬢として調教して別のSMクラブで働かせるという手のこんだ事をしてるらしい。
 女の子の方は痴漢プレーでバイトするつもりで働いて、いつのまにかSM嬢に仕立て上げられるという寸法だとか。
 気軽に応募してきた女の子があっという間に、SM嬢にまで奈落の底にたたき落とされてしまうと言うすっごい世界だ。
 よくまあこんな手口を考えるものだとすっかり感心してしまった。
 きっとあのときの裏ビデオがどこかのラブホテルに置いてあって、放送局の方で取材していて見つけたに違いない。
 翌朝の7時近くになって、寝室の様子を見に行くと旦那と長崎君が抱き合って寝ているのを見てびっくりしてしまった。
 旦那はセーラー服を着てるし、長崎君は私が渡した旦那の換えのパジャマではなく、私のお色気ベビードールを着てる。
 おまけに旦那の口が、ちょうど長崎君の下半身の大きな膨らみに触れている。
 なんてこった。
 旦那の浮気の相手というのは長崎君だったのだ。
 セーラー服が好きだという旦那は、セーラー服を着た女子高生が好きなんじゃなくて、自分でセーラー服を着るのが好きだったんだ。
 これじゃあ、いくら私がセーラー服を着て旦那に迫っても上手くいく訳がない。
 それに長崎君も男が相手の方がいいらしい。
 これじゃあ、私がいくら迫っても駄目なはず。
 由香利さんの気持ちにも気が付かないってのも当たり前。
 まったくまあ、呆れかえって言葉も出ない。
 慌てて寝室のドアを閉めたけど、もう情けなくて腹が立つだけ。
 私は寝室から戻ると台所で朝食を作って二人が起きてくるのを待った。
 しばらくして二人が着替えを済ませて、寝室から出てきたけど眠そうな顔。
 私は何か言おうかと思ったけど、何を言って良いのか言葉が思いつかなかった。
 朝食の後はさっそく旦那の車で放送局に出かけた。、
 受付で番組名を言うとさっそくスタジオに通されたが、案内されたのは控え室。
 今ちょうどリハーサル中ですのでとか言われて2時間ほど待たされてようやくスタジオに入りった。
 スタジオにはいってしばらく待っていると私は見かけた顔の男が居るのでびっくりした。
 マイクを耳に付けてる男の一人が、ラブホテルで私はリモコンバイブを入れた痴漢にそっくりなのだ。
 それに他の男の子もどっかで見た顔ばかり。
 私を追い回していた痴漢の男達だ。
 みな番組のスタッフらしくてマイクをつけて忙しそうに動いてる。
 それにひな壇に並んだ女子大生達もどっかで見た顔ばかり。
 温泉旅館でストリップショーを見に来てた女子大生みたいな顔も居るし、服装はあのSMラブホテルで調教された時に居た客と同じ。
 テレビの番組で放送されて他のは取材したんじゃなくて、自分たちで痴漢クラブやSMクラブをやっていてそれを番組にしてたんだ。
 なんとまああきれ果てた話しに私は言葉が出なかった。
 旦那もテレビの番組なんていい加減なものだと言ってたけど、ここまでいい加減だとは思いもつかない。
 私はしばらく立ったまま、何も言えずに動けなかった。
 スタジオにはチアリーディングの衣装を着たラブファイターズの女の子達もいっぱい集まっていて由香利さんもいつもの真っ赤な衣装で練習を繰り返していた。
 広いスタジオにはパソコンが一杯に並べられていてとてもチアリーディングの演技を出来るような場所はなくて、女の子達は用意された対局用の畳の前に並んで足の踏み場もないくらいだった。
 長崎君は女の子達に回りを取り囲まれて、気絶でもしそうになりながら目を白黒させていた。
 長崎君がちょっとトイレに行ってくるとスタジオから出てが、すぐに困った顔で旦那に何か言っていた。
「おい、お前のパンティーはいてきてしまったらしくて、ションベンが出来ないって言ってるぜ」と言い出すので、私は思わず笑いながら「大きい方に入ればいいじゃないの」と大きな声で言ってしまった。
 司会のお笑いタレント良介さんの横には名人が和服で座っていて、その脇には中浦二段もすました顔で座って居た。
 番組が始まって長崎君が紹介される時さっきの話しを聞いていたのか司会の良介さんが「今日は女物のパンティーを穿いて、運が付くように頑張るそうです」と紹介されて長崎君はすっかり腐った顔でうつむいた。
 ここは笑う所らしくてディレクターの人がなにやら手で合図をすると場内に一斉に笑いが置きて、名人と中浦二段も顔を見合わせて笑い転げていた。
 対局はすぐ始まると思ってたけど、リハーサルを何度も繰り返したり、同じ場面を何度も取り直したりと一向に収録は先に進まない。
 もうそろそろ邦夫さんと温泉旅行にいく待ち合わせの時間になってしまった。
 邦夫さんからメールがきて「いま何処にいるんだ」と聞いてきた。
 まさかテレビ局で収録中ですと返事なんかできない。
 今家を出る所ですと適当に誤魔化すしかない。
「待ち合わせに来なかったらお仕置きだぞ」と邦夫さんからメールが来たけどもう面倒なので携帯の電源は切っておくことにした。 いよいよ対局が始まるとラブファイターズの女の子達が歓声を上げて応援を始め私は旦那のすぐ後ろで成り行きを見ていた。
 旦那の話しでは最初はわざと弱そうな振りをして名人が手を抜いて来たところで、一気に逆転する作戦だという事だった。
 番組が進むに連れてやはり予想の展開になり、名人の楽勝の雰囲気。
 頃合いを見計らって長崎君がパソコンのレベルを上げて難しい展開に誘い込んだのが解説で分かった。
 次々と難解な手を繰り出して東大光速囲碁が優勢になると、今度は名人の顔がこわばるのがはっきりと分かった。
 長崎君は思い知ったかとでも言うように中浦二段の顔色を見ながらこれで勝負は終わりだという顔をした。
 しかし名人はさらに難解な手で返し技をかけてきた。今度は長崎君の顔が青ざめる番だった。
「レベル上げてもいいですかね、レベル上げないとこのままじゃ」と長崎君がつぶやくのが聞こえた。
「最高レベルには上げるなよ、最高レベルまで上げると他のソフトは動かなくなるから」と旦那が注意すると「大丈夫です、六割まで上げても影響はでないはずです」と言いながら長崎君がパソコンを操作していた。
 時間ぎりぎりまでかかってコンピュータが最後の決め手を見つけると東大光速囲碁の勝利は間違いない様だった。
 ディレクターが合図をすると、ラブファイターズの女の子達がピラミッドを作り頂上の由香利さんが落ちて来た所を上に放り投げて宙返りをする大技を繰り出した。
 その瞬間私の身体の奧で低周波バイブの電撃が襲った。
 邦夫さんがお仕置きでリモコンバイブのスイッチを入れたんだとすぐに判った。
 由香利さんの身体も宙に浮いたまま手足を震わせた。
 私と一緒に由香利さんのリモコンバイブにも電撃のスイッチを押したらしいらしい。
 由香利さんの顔がゆがんで落ちていく足元が狂った。
 だが場所が狭すぎたせいで落ちてきた由香利さんの足が旦那の背中にあたった。
 倒れそうになった旦那が長崎君につかまろうとすると、長崎君のズボンが引っ張られて下に履いている真っ赤なパンティーが丸見えになった。
 あわてて長崎君がズボンを直そうとした拍子にマウスから手がはずれてマウスが勝手に動いた。
「まずい、レベルが最高になっちまった、まずい、システムダウンするぞ、コンピューターが全部止まっちまう」と旦那が横でつぶやくのが聞こえた。
 目の前のモニターテレビが番組を中断して臨時ニュースが流れるのが見えた。
「打ち上げが延期されて、本日HU・八号機で打ち上げられた人工衛星は、コンピュータの故障により打ち上げに失敗しました」とテロップが流れるのを見て旦那は「もう打ち上げは済んだはずじゃなかったのか」とつぶやいて真っ青になった。
「打ち上げはもう八月に済んだと思ったから宇宙開発事業団のグリッドコンピュータシステムにハッキングしたのに、打ち上げは今日だったのか」と言うと旦那は青ざめたまま立ち尽くしていた。

                       完

23.低周波バイブ<< ページトップ

人妻露出アダルトビデオ

露出悦楽 羞虐に溺れる巨乳若妻 / Amore(アモーレ) [DVD]
露出人妻倶楽部SP260分 岩佐あゆみ [DVD]
ナチュラルハイ10周年記念 ~過激露出作品集~+撮り下ろし
復刻幻の露出作品 ハラハラドキドキ露出旅行 お得に一挙6タイトル
(MA008)露出レイプ中出しII