人妻不倫露出調教

by七度柚希

目次

1.涙のチアガール
2.突然のプロポーズ
3.フェラチオ狂い
4.痴漢プレー
5.テレホンクラブ
6.ビデオチャットの女
7.人妻チャット調教
8.奴隷調教
9.セクハラ
10.誘惑
11.陵辱
12.痴漢願望
13.バイブレータ
14.スケスケネグリジェ
15.セーラー服
16.ガーターベルト
17.不倫疑惑
18.強制生フェラ
19.強制レイプ
20.ランジェリーパブ
21.温泉調教
22.ドスケベ女
23.低周波バイブ
24.真っ赤なパンティー

10.誘惑

 しばらくして用意していたおつまみのお菓子もなくなり、ビールも空になるとお開きになった。
 私の身体を弄んでいた男の手も、もう飽きたのか回りを見回しても誰もいない。
 私は椅子から立ち上がろうとしたけど、いつの間にかビールを飲み過ぎたせいか頭がふらふらしてすぐには立てなかった。
 女の子達が簡単に後片付けをすると、男の子達が椅子を元の部屋に戻して一段落した。
 当番の男の子が教室の部屋に鍵を掛けて戸締まりを確かめると、地下鉄の駅までみんなで歩いて帰ることになった。
 もうすっかり暗くなった正門を出て長い列になってみんなで歩いてる後から私は少し遅れて付いていった。
 すこし先にミニスカート姿の小柄な女の子が歩いてるのが見えた。
 見覚えのあるスカートはアルバイトに来てる由香利さんに違いない。
 由香利さんもとうとう最後まで付き合わされたみたい。
 お酒も飲まされたらしく、すこし足元がふらついてるので見ていても危なっかそう。
 よくみると由香利さんの少し前に長崎君が歩いてる。
 やっぱり由香利さんは、長崎君と交際するきっかけが欲しくてバイトに来てるのには間違いない。
 さっさと「私と付き合って下さい」と言えばいいのになかなか二人っきりになるチャンスがないみたい。
 途中まで教授と話しながら長崎君の前を歩いていた中島君が、教授から離れて立ち止まった。
 気分でも悪いのかしらと思ってると、由香利さんが来るのを待って一緒に歩きながら由香利さんに話し掛けてるのが見えた。
 中島君は酔った勢いで由香利さんを口説きにかかってるらしくて、お喋りを続けながら強引に由香利さんの手を握って離さない。
 由香利さんの手を撫でながら引き寄せると、もう一方の手で由香利さんのミニスカートのお尻を撫で始めた。
 お酒を飲まされて酔ってるらしくて由香利さんはふらついた足で歩いてるだけでとても逃げられない様子。
 このままだと中島君は二人で飲みにでも誘ってそのあとはラブホテルに連れ込む魂胆だと私はピンと来た。
 だいたい合コンなんてのに来る男はみんな考えることは同じ。
 私はこれは不味いと思って、足を速めて中島君に追いついた。
 なんとか由香利さんを中島君の手から救い出さなきゃと自分に言い聞かせたけどなんて声を掛けていいのか判らない。
「ねえ、私今夜は遅くなっても良いのよ」といきなり中島君に話し掛けると、中島君はちょっと驚いた顔をした。
 由香利さんが慌てて中島君の手を振りほどくと、早足で長崎君の後を追いかけて先に進んだ。
 中島君はちょっと困った顔をしたけど「有紀ちゃん、今日は素敵だね」と調子の良いことを言いながら今度は私の手を握ってきた。
「大学の時から、有紀ちゃんのことずっと気になってたんだ」
「見た目は目立たないけど、いつも素敵だったよ」とずいぶんと口が上手い。
 さっきまで由香利さんを口説いてた癖に相手は誰でもいいらしい。
 手間を掛けて女子大生を口説くより、ひとまず人妻と付き合う方が確実だと思ったに違いない。
「だけど、旦那さん怒るだろう、帰りが遅くなったら」と白々しい顔で聞いてきた。
 もちろん不倫がオッケーか確かめるためだ。
「旦那はここんとこ仕事で帰りが遅いの。私さみしくて」とか適当に答えると中島君もさっそく私の背中に手を回してきた。
「有紀ちゃんみたいないい女にさみしい思いをさせるなんて、旦那も困ったもんだね」
「俺だったら、絶対有紀ちゃんを毎晩でも満足させるよ」とすぐに口説き文句が始まった。
 私が黙って返事をしないでいるともうオッケーだと思ったのか、すぐに背中の手が上下に動きながら感じる所を探り始めた。
 女の身体は何処だって男に触られたら感じちゃう。
 背中や脇腹はくすぐったいだけだけど、男に撫でられると気持ちよくてすぐ感じて来ちゃう。
 中島君の指先が私の脇腹の感じる所を探り当てるともう気持ちよすぎて逆らえない。
 きっとさっき由香利さんも同じように口説かれてたはず。
 女なら誰でも良いから口説いてるんだと判ってはいるけど、口説かれるのは気分が良くてもうだめ。
 中島君がわざとゆっくり歩くので、由香利さんも長崎君もずっと先で姿が見えない。
 私の脇腹を撫でていた中島君の指が今度は腰から下に降りてお尻を撫で回してきた。
 指先でくすぐりながら軽く叩くように使うテクニックはよっぽど遊び慣れてる技。
 遊ばれてるだけとは判ってても身体が感じちゃうのはしょうがない。
 もうとても我慢できなくてとても歩けない。
 足が震えてしゃがみ込んでしまいそう。
 震える足でやっと駅の近くまで歩くと、ちょうど古い建物が並んで暗くなってる一角に付いた。
 中島君が急に私の身体を横から押すと、私はビルの間の狭い壁に押しつけられた。
 いきなり中島君が私のおでこを押さえつけて唇を奪ってきた。
 厚みのある舌がすぐ入ってきて私に歯茎を嘗め回すと私は頭に血が上ってもう逆らえない。
 すぐに中島君の手が私のスカートをめくり上げて、パンティの下から入ってきた。
「びしょ濡れじゃないか」と中島君が私の耳元でささやくともう私はとても我慢なんか出来ない。
 夢中で中島君にしがみつくと、中島君が身体毎押しつけて来た。
 胸が押しつぶされる感触が気持ちよくて私は目から涙がこぼれてきた。
 もうどうなってもいいと思った時中島君の手が私の片方の膝を抱え上げて持ち上げた。
 中島君が腰を揺すって逞しく盛り上がった男性を私の腿の間に押しつけてきた。
「今夜有紀ちゃんが欲しいんだ。女の幸せをたっぷり教えてやるぜ」といかにも遊び慣れたとどめの一言。
 こんなにまでされて断れる訳がない。
「好きにして」とやっとの事で答えるとなんだかテレビドラマのヒロインみたいな気分。
「どんな風にされるのが好きなんだ」と今度は中島君が意地悪く聞いてきた。
 なんて答えて良いのか判らない。
「めちゃめちゃにして」と思い付く言葉を言ってみると、満足そうに中島君がまた唇を重ねてきた。

 中島君の舌が、私の舌と重なってくねくね動くと私の脳味噌が吹っ飛んじゃうくらい気持ちいい。
 すぐに中島君の手が私の胸を揉み始めた。
 だめと思っても身体が勝手に反応してキスをしてるともう息が苦しくてとても駄目。
 気絶しそうになって中島君の身体を押しのけると、中島君も心得た物。
「二人っきりになれる場所に行こうか」とすぐに誘いの言葉。
 このタイミングで誘われていやと言える女など居ない。
「うん」と息を大きく吐き出しながら答えると、中島君がまた私の手を引いて二人で大通りを歩き始めた。
 駅を通り過ぎて坂を降りると角を曲がってすぐに映画館が見えた。
 ネオンがついてる所を見ると深夜映画館らしい。
 けばけばしい看板も見えたがエッチな映画でもなさそう。
 映画館の前を通り過ぎるとその裏には小さな公園があって薄暗い。
 その奧にはラブホテルの看板も見える。
 小さな門から公園に入ると、狭い割と思った公園は奥行きがあり中は結構広い。
 ずっと奧には映画館の建物も見える。
 映画館の裏口のあたりがちょうど公園の奧になってるらしい。
 暗い街灯の下を進むと、ベンチが少しずつ間隔を置いて並んでて、ベンチの両端にはカップルが一組ずつ座っていて抱き合ってる。
 夜の公園と言えばお馴染みの光景だ。
 空いてるベンチを探して奧のブランコの側まで行くと、ちょうどカップルが席を立った所。
 二人で並んで座るとすぐに中島君の両手が私の身体に巻き付いて抱きしめてきた。
 身体を引き寄せられてすぐに唇が押しつけられて、中島君の舌が唇の間から入ってきた。
 中島君は遊び慣れてるせいか、舌先が歯茎の奧まで届いてくると感じる所をすぐに探り当てた。
 脇腹を何度か撫で上げていた中島君の手が今度は私の胸を揉みながら揉み回し始めた。
 乳首を摘んで引っ張りながらねじり上げるテクニックは絶妙。
 やっぱり遊び慣れた男の子は女の身体の扱いが上手い。
 逆らう余裕も与えずに、女の弱いところを責めてくるのが凄い。
 不倫するならセックスのテクニックが上手な男が一番といつも芳恵さんが言ってたけど確かにそうだ。
 中島君の手が今度は私のブラウスの奧で肩からブラジャーの肩紐をずらした。
 肩紐が両肩に垂れると、ブラジャーのカップが半分前に外れた。
 なるほど上手なテクニック、こんな格好にさせられたら後はラブホテルに直行しかない。
 中島君は唇と私の首筋に這わせると、さらに下に降りて胸の膨らみを嘗め回し始めた。
 ブラウスのボタンも外されて、もう上半身は丸裸にされたような格好。
 私はもう息が苦しくて、喘ぎ声がもう喉から出かかってる。
 中島君が乳首を舌で嘗め回してから軽く噛んで引っ張り回してきた。
 私はもう限界。
 声にならない声を挙げると、すぐ目の前からも大きな喘ぎ声が聞こえてくる。
 ふと目を上げると、向かい側に座ったカップルが見えた。
 だけどなんか変だ。
 男は中年の頭が禿げ上がったみっともない格好なのに、女の方は女子高生。
 それに真っ赤なパンティを膝まで降ろして、足を開いて両足をベンチに載せてる。
 これってあのM字開脚ってやつらしい。
 わざと他のカップルに見えるように足を広げてるみたい。
 だけどやっぱ変。
 スカートが短すぎるしだいたい女子高生が真っ赤なパンティーなんてどう見てもおかしい。
 中島君今度は顔を私の膝の上に載せると、膝頭を嘗め回し始めた。
 確かに気持ちいいけど、こんな事までするのかしらって気分。
 少しずつ膝から腿の内側へと、舌を使う場所を移動させながらスカートをめくり上げてる。
 ピンクのパンティが丸見えになったとき、今度は大きな叫び声がすぐ近くから聞こえた。
 さっき女子高生が居たベンチの奧の木陰で別の女子高生がバックから責められてる。
 それに相手の男は一人じゃないみたい。
 前屈みになった女子高生の頭がちょうど木に寄りかかった男の腰の当たりで動いてる。
 どうも変だと思ってよくよく思い出してみると、いつか深夜のテレビ番組でこれと同じ場面があった。
 深夜映画館の裏手にある公園だったはず。
 あのときテレビで秘密の痴漢スポットとして紹介されてた公園、どうやらこの公園の事らしい。
 これは飛んでもない所に連れて来られたと思った時、中島君の手が私の片方の膝を持ち上げてベンチの上に載せた。
 これは私にもM字開脚の姿勢をさせるつもりだとピンと来た。
 膝に手がかかって足をいっぱいに開かせようとしてきた。
 だけど変だ。
 手が多い。
 それも多すぎる。
 こんなはずはない。
 はっとして中島君の身体を押しのけると、胸を掴んでいた手と、膝を掴んでいた手がもう無い。
 振り返ってベンチの裏の暗がりを見ると、懐中電灯の明かりらしい小さな光が見えた。
 こそこそと小枝の音もする。
 どうもこれは痴漢らしい。
 人妻だと思って中島君私と遊ぶつもりでこんな所に連れてきたらしい。
 私は急に腹が立ってベンチから立ち上がった。
 そのときちょうど私の腿の内側を舌で舐めていた中島君の額に私の膝が思い切りぶつかった。
 中島君が悲鳴を上げてベンチの前に、仰向けに倒れた。
 ひっくり返ったカエルみたいな格好でズボンの前だけはおっきくなってる。
 私は腹いせに足を広げた格好で倒れている中島君の股間を蹴飛ばしてやった。
 すると中島君の今度はギャフンとでもいう悲鳴を上げてる。
 どうも急所に命中しちゃったらしい。
 私は中島君をそのままほったらかしにして逃げて帰ろうと公園の出口を探した。

9.セクハラ<< ページトップ >>11.陵辱

人妻露出アダルトビデオ

露出悦楽 羞虐に溺れる巨乳若妻 / Amore(アモーレ) [DVD]
露出人妻倶楽部SP260分 岩佐あゆみ [DVD]
ナチュラルハイ10周年記念 ~過激露出作品集~+撮り下ろし
復刻幻の露出作品 ハラハラドキドキ露出旅行 お得に一挙6タイトル
(MA008)露出レイプ中出しII