人妻不倫露出調教

by七度柚希

目次

1.涙のチアガール
2.突然のプロポーズ
3.フェラチオ狂い
4.痴漢プレー
5.テレホンクラブ
6.ビデオチャットの女
7.人妻チャット調教
8.奴隷調教
9.セクハラ
10.誘惑
11.陵辱
12.痴漢願望
13.バイブレータ
14.スケスケネグリジェ
15.セーラー服
16.ガーターベルト
17.不倫疑惑
18.強制生フェラ
19.強制レイプ
20.ランジェリーパブ
21.温泉調教
22.ドスケベ女
23.低周波バイブ
24.真っ赤なパンティー

12.痴漢願望

 長崎君がラブホテルの部屋から出て行ったあと、服を着ようと思ったけどどう探してもパンティが見つからない。
 仕方なく破れたスリップをなんとか整えて服を着た。
 ラブホテルを一人で出て地下鉄の駅まで来るともう昼頃だと思ってたのにまだ朝早く。
 電車はかなり混んでるけど無理矢理身体を押しつけて乗り込んだ。
 昨夜のお酒のせいで、頭の中は目眩がしてくらくらするけど頑張って帰るしかない。
 昨日の出来事を思い出そうとしてみたけどぼんやり覚えてるだけでどこまで本当にあった事か全然わからない。
 はっきり覚えてるのは今朝の長崎君との出来事だけ。
 長崎君帰り際に涙を流しながら何度も土下座してたけど思い出しても腹が立つ。
 昨夜の恍惚の愛の喜びは、結局お酒飲んで酔いが回って見た夢だったみたい。
 せっかくの不倫のチャンスだったのに結局なにも起きなかったってのもそれはそれで腹の立つ話し。
 相変わらずの退屈な毎日がこれからも続くとおもうと気が滅入ってくるだけ。
 うつむきかげんに窓の外を通り過ぎる明かりをみていると、お尻になにか押しつけられてきた。
 鞄か何かだと思ってたけど、なで回すように触れる指先の動きで痴漢だと気が付いた。
 指先がお尻の上からくすぐるような動きを続けるとスカートの下に入ってきた。
 私は不味いことになったととっさに思った。
 パンティもはいてないし、スリップも破けてる。
 こんな格好で大きな声をだして助けを求めても言い訳のしようがない。
 これは黙ってされるままに成るしかない。
 痴漢の指先が私のお尻に直に触ってくると、私はお尻がぴくっと震えた。
 驚いた様な痴漢の息使いがすぐ後ろから私の首筋に吐きかけられた。
 都合のいい獲物を見つけたという様子で痴漢達が私の周囲をぴったしと取り囲んだ。
 横を見ると男が携帯を出して画面を見ている。
 見覚えのある携帯は昨日の夜の公園で痴漢が持っていた携帯。
 痴漢掲示板にアップロードされてる写真と私の顔を見比べて確かめてるのに間違いない。
 昨日公園のトイレでの出来事が急に頭に浮かんで来た。
 男の一人が指先で長崎君が残した匂いを確かめてる。
 もう逃げられないと思うと目の前がまっ暗になって目眩がしてきた。
 携帯で顔を確かめれば、私が昨夜公園で痴漢プレーをしてた女だとすぐ判る。
 その上指先の匂いを確かめれば、痴漢プレーのあとラブホテルに行ったことだってもうばれてる。
 そんなことをする女はドヘンタイのドスケベの痴漢プレー狂いの女しか居ない。
 私がその手の女だと思われてるのはもう間違いない。
 だとすれば痴漢に何をされるか判らない。
 テレビで見た深夜番組では凄い痴漢は回りを取り囲んで獲物を逃がさないって話しだ。
 私ももう逃げられないと思うと膝が小刻みに震えだしてとても立って居られない。
 痴漢の手が前と後ろから私のスカートをめくり上げてきた。
 もう立っていられなくて膝が崩れてしゃがみ込みそうになると今度は股の間に前と後ろから手が入れられてきた。
 下から持ち上げられてしゃがむことも出来ない。
 指先を器用につかうと、下から持ち上げながら指先が奧まで入ってきた。
 他の手が私の胸を掴んでねじり上げてくる。
 声を出しそうになるのを必死で堪えても、うめき声が喉の奥からこみ上げて来て止まらない。
 痴漢の指先が私の中で巧みに動き始めるとすぐにびしょ濡れになるのが自分でも判った。もうこのまま家になんか帰りたく無い。
 ラブホテルにでも連れ込まれてめちゃめちゃにされたいくらい。
 駅のホームに地下鉄の電車が滑り込むと、急に痴漢の男達の手が離れた。
 ちょうど私が降りる駅だ。
 なんで痴漢の男達が私の降りる駅を知ってるのだろうと急に不安になった。
 押し出されるようにして駅のホームに降りると入れ替わりに通勤の客がいっぱい乗り込んできた。
 あとも見ずに駅の階段を上がると、ケンタッキーの角を曲がった。
 横道にラブホテルの看板が見える。
 痴漢の男達に後を付けられて、ここで捕まってラブホテルに連れ込まれるのかも知れない。
 テレビの痴漢番組でも人妻が体験談でそんな話しをやってた。
 急に怖くなって後ろを振り返ったけど誰もいない。
 だけど遠くから気づかれないように後を付けてるのかも知れない。
 でも今すぐラブホテルに連れ込まれる事はなさそう。
 さっきの痴漢達、私がドスケベのドヘンタイ女だと思いこんでるはず。
 パンティも穿かずに地下鉄に乗って、指を入れられてびしょ濡れになる女なんてそう思われて当たり前。
 電車の中で指を入れるだけで満足なんかするはずはない。
 なにしろ昨日は夜の公園のトイレであやうくレイプされそうになった相手。
 このまますんなり家まで返してくれるはずはない。
 不安な気持ちで駅からの帰り道を歩き続けると、公園への近道が見えた。
 きっと公園のトイレで待ち伏せしてるに違いない。
 このまま公園の中を通ったら大変な事になる。
 だけど花園がびしょ濡れになるまで弄られてそのまま何もないなんてとても我慢できない。
 もう何をされたっていいと思うと急に気分が楽になった。
 このまま家に帰るより公園のトイレでレイプされたほうがよっぽどいい。
 公園の中を通り抜けると、トイレの入り口からいきなり男の人が出てきてズボンを直してる。
 トイレから出た振りをしてるけど顔つきが怪しい。
 やっぱり待ち伏せされたんだと思って後ろを振り返っても誰もいない。
 男の人はいきなり私にむかって歩み寄ると急ぎ足で私の横を通り過ぎた。
 いったいなんのつもりだろうと思ったけど、後ろ姿を見る限りでは道を急いでただけみたい。
 駅に行く途中で腹具合が悪くなっただけみたい。
 遅刻しそうになって大慌てで顔つきが引きつってただけらしい。
 私はがっかりした気分で家に辿り着くと玄関の鍵を開けた。
 ドアを開ける前に私は思わず大きく息を飲み込んだ。
 不倫はしそこねたとは言え朝帰りには違いない。
 旦那に見つかったら何を言われるかと恐る恐る玄関のドアを開けた。
 もしかして旦那が玄関で私を待ち構えていていきなり怒鳴りつけられるかと思ったけどそんな気配はない。
 確かめると旦那はパソコンの部屋で寝てる。
 昨日遅くまでパソコンのいじっていてそのまま寝てしまったらしい。
 とりあえず風呂場でシャワーを浴びて身体を綺麗にしてベッドで休むことにした。
 明るい部屋で目を閉じると、ついさっきの痴漢の指の感触が身体によみがえってくる。
 とても我慢しきれなくてパンティの下に手を入れて妄想を膨らませた。
 痴漢に追いつめられて、トイレに逃げ込んだ所をレイプされるのよ。
 そうよ前と後ろから抱きかかえられて身体が押しつぶされるのよ。
 男の息づかいを想像しながら指を使うと一気に身体が熱くなった。
 気分が盛り上がってきたとき廊下で物音がする。
 痴漢の男達が家まで跡を付けてきたに違いないと思って身体が震え上がった。
 大勢で押し入って寝ている所を乱暴するのが目的に違いない。
 とても大声なんか出せない。
 いったいどうしようかと思ったけどトイレの水の音がした。
 旦那がトイレに起きてきただけ。
 紛らわしい事するなとまた腹がたった。
 旦那が起きたら朝のコーヒーの支度をしなきゃいけないと思ってしばらく様子を伺った。
 足音を聞いているとまた部屋に戻って寝た様子。
 よっぽど昨日は疲れたらしい。
 私も旦那が起きる前に疲れを取ろうと思って布団を頭から被った。
 昼頃に旦那が起きてきたけど旦那は昨夜私が居なかった事に気が付いてない様子。
 大事な嫁さんが一晩帰って来なかったのに気が付きもしないなんてなんだか腹が立つ。
 夕食のあと私は昨夜中島君に聞いた話が気になった。
 中島君の話では前任の谷口君は可愛そうにノイローゼになったとか。
 私はあまり記憶にないけど谷口君もたしか同じコーラス部だったはず。
 旦那も谷口君のことは少しは知ってるはずだ。
 もしかして旦那も谷口君みたいにノイローゼになって会社を辞めたりしたら困ると思い私は思いきって旦那に聞いてみることにした。
 食後のコーヒーを出しながら私は「ねえあなた、仕事のほう本当に大丈夫なの、うまく出来るあてはあるの」とそれとなく旦那に聞いてみた。
 旦那はいちいち答えるのが面倒な様子だったけど「会社で用意した開発用のシステムでは、コンピュータの性能が全然足りないんだ」
「それでね長崎君がバイトしてる、基礎医学研究所のコンピュータをこっそり使ってるんだ」
「基礎医学研究所のコンピュータはスーパーコンピュータ並の性能なんだ。グリッドコンピュータシステムと言ってインターネットでパソコンを繋げるシステムでね」
「そうすれば今までテストに3日かかっていたような計算がほんの数秒でできるんだ」
 私はなるほどそれで長崎君が基礎医学研究所でバイトしてる理由が分かってきた。
 旦那の話では長崎君は情報処理振興事業協会という通産省の外郭団体がやってる「未踏ユース」という公募に応募して研究費を850万ほどもらったという事らしい。
「未踏ユース」というのは「若手の開発者にチャンスを与え原石を発掘して磨きスーパークリエータを養成する」という結構な名目の事業で長崎君にとっても旦那にとってもとんでもなく好都合な公募。
「仕事といってもね、大分部のソフトはインターネットで公開されているオープンソースのソフトを探してきてね、それを上手く組み合わせただけなんだ、だから850万なんて金は使いようがなくてね」
「それでもらった金の大部分をバイト代の名目で研究室の裏金に回してね」
「それでまあ、ご褒美というか、遺伝子解析システムで囲碁のソフトもついでに作らせてもらってるんだ」
 そう聞かされて私は長崎君が中浦二段にプロポーズした時の事を思い出した。
 中浦二段に勝てる囲碁のソフトを作れば、長崎君まだ中浦二段と結婚できると本当に思いこんでる見たい。
 いつも中浦二段の事で頭がいっぱいだから、今朝も「良子さん」なんて大事な時に叫んだんだ。
 あの中浦二段との約束を長崎君まだ本気にしているのかしらと、アホらしく思えた。
「長崎君の方は分かったけど、あなたの会社の方の仕事は本当に大丈夫なの」と突っ込んで聞いてみると「俺もね最初は会社のコンピュータを使ってグリッドコンピューティングシステムを動かそうと提案したんだが、会社に断られてね」
「そんな信頼性のないソフトは使えない、それに会社の業務に支障がでたら困るからという理由なんだ」
「それでこっそり基礎医学研究所で使ってるグリッドコンピューティングシテスムを使って計算をやらせてるんだ」と得意げに話してくれた。
 旦那の会社ではどうせ内の旦那は銀行のシステムしか作った事がないから出来るはずはないと思って居るようで、何でもいいから中身のないハリボテのシステムでもいいから形だけでもなんとか納めろと上司から言われたとか。
 旦那はそれが酷く不満でなんとか本格的な実験システムを納めて、今まで馬鹿にしてきた連中に目に物見せてやるんだと本気で信じ込んでいる様子。
 私はなんだか旦那が明日宇宙旅行に行くんだと言っている子供の様な気がして余計心配になってきた。


11.陵辱<< ページトップ >>13.バイブレータ

人妻露出アダルトビデオ

露出悦楽 羞虐に溺れる巨乳若妻 / Amore(アモーレ) [DVD]
露出人妻倶楽部SP260分 岩佐あゆみ [DVD]
ナチュラルハイ10周年記念 ~過激露出作品集~+撮り下ろし
復刻幻の露出作品 ハラハラドキドキ露出旅行 お得に一挙6タイトル
(MA008)露出レイプ中出しII