人妻不倫露出調教

by七度柚希

目次

1.涙のチアガール
2.突然のプロポーズ
3.フェラチオ狂い
4.痴漢プレー
5.テレホンクラブ
6.ビデオチャットの女
7.人妻チャット調教
8.奴隷調教
9.セクハラ
10.誘惑
11.陵辱
12.痴漢願望
13.バイブレータ
14.スケスケネグリジェ
15.セーラー服
16.ガーターベルト
17.不倫疑惑
18.強制生フェラ
19.強制レイプ
20.ランジェリーパブ
21.温泉調教
22.ドスケベ女
23.低周波バイブ
24.真っ赤なパンティー

22.ドスケベ女

 家に戻ってみると、旦那は疲れ切った様子で部屋で寝ていた。
 私は疲れ果てて、お風呂にも入らずにひたすら旦那の横で寝続けた。
 夕方になって芳恵さんから電話があった。
 また邦夫さんに呼び出されて調教されるのではと思ったけど、友達の結婚式の連絡だけ。
 しばらく待っても芳恵さんからも邦夫さんからも何の連絡もない。
 芳恵さんに電話して確かめてみると、邦夫さんは他の女の調教に夢中で私は後回しにされたみたい。
 その気にさせておいて放りっぱなしにするのも酷いと思ったけどそれはそれで「放置プレー」と言うらしい。
 他の女に夢中だなんて、いったい私は邦夫さんの何なのか馬鹿らしくなってきたけど待つしか仕方ない。
 旦那も以前の金融関係の仕事にも慣れて来たのか、仕事の愚痴もあまり言わなくなった。
 お花見の時期も過ぎて東大の五月祭の前頃になると「今年は面白い物が見られるから」と旦那が言い出した。
「なにしろ、長崎君の作った東大光速囲碁があの女流プロの中浦二段と対戦するんだからな」
「今度の東大光速囲碁は去年とは違う、基礎医学研究所のグリッドコンピューティングシステムが相手だからな」と旦那は長崎君が必ず勝と思いこんでいるみたい。
 中浦二段が約束した事を旦那は知っているようだが、私は知らない振りをして話しを聞いていた。
 五月祭の当日に囲碁部に行ってみると公開対局が始まろうとしていた。
 今回はテレビ局も取材に来ていて数人のスタッフがカメラと照明とマイクを操っていた。
「俺が呼んだんだ、友達がテレビ局でディレクターしてるから、コンピュータがプロに勝つ世紀の一戦だからな」と旦那が自慢していた。
 対局相手の中浦二段はもう席に着いていてたけどその服装を見て私はびっくりした。
 紫色の超ミニスカートに真っ赤なレースのブラウスの服は、あの温泉旅行の時サービスエリアの駐車場で生フェラしてた女。
 あのとき、露天風呂でも中浦二段を見かけたけどやっぱりと思った。
 おまけに宴会場のショーで鞭で調教されてたのもこの中浦二段。
 すました顔で座ってるけどこの女、ドヘンタイのドスケベ女だ。
 ウブな長崎君がこんな女に手玉に取られてると思うと本当に腹が立ってきた。
 温泉で会ったときとは髪型を変えた可愛らしいショートヘアが魅力的で中浦二段の周囲を観客が大勢取り囲んでいた。
 中浦二段が時々ちょっと首を傾けたり髪に手をやる仕草を見せたりするたびに男の子達のため息混じりの声が聞こえてきた。
 部屋を見回してみるとチアリーディング部の由香利さんも応援団の男の子達と対局を見に来ていた。
 私は去年の五月祭の時の事や由香利さんが長崎君のいた研究室でアルバイトしていたことを思い返すと、どうして由香利さんが見に来ているのか理由が分かってきた。
 由香利さんもきっと誰かに噂を聞いて、この勝負に勝てば中浦二段が長崎君に結婚の約束をしているのを知っているのに違いない。
 これで長崎君が対局に勝ったりしたら、由香利さんがかわいそうなことになると思いながら私は対局が始まるのを待った。
 長崎君が使っているのは、去年と同じ旧式のノートパソコン。しかし無線LANを使って基礎医学研究所のグリッドコンピュータに接続してあると知っているのは長崎君と旦那だった。
 いよいよ対局が始まると、去年と同じに手作りの大板解説が始まった。
 中浦二段はどうせ去年と同じで、東大光速囲碁もたいしたことはないとたかをくくっているようで最初は落ち着いた雰囲気で指していた。
 盤面がかなり進んでも中浦二段の方が優勢で、そのまま勝負が終わってしまうような気配だった。
 しかしそれは長崎君の作戦だったようで途中から大胆な勝負手を連発してあっという間に形勢は逆転して東大光速囲碁の勝勢になった。
 どうにも勝ち目がない所まで追いつめられて、こんなはずではなかったと中浦二段の顔色が変わっていくのが分かった。
 しかし最後の最後で東大光速囲碁はミスを何度も繰り返して中浦二段の三目半勝ちで勝負は終わった。
「あいつわざと負けたんだ、わざと負けたりしなくてもいいのにどうゆうつもりなんだ」と旦那がつぶやくので私には何には事情がよく分からなかった。
 テレビのスタッフが中浦二段にマイクを向けると「どうですか、コンピュータは強かったですか」とかなり失礼な口調で問いかけた。
 中浦二段は「こんなちっちゃな、ノートパソコンでこれだけ指せるんですから、もっと大きなコンピューターを使ったら名人でも勝てないかもしれないですね」と大げさな言い方で返事をした。
 取材も終わってスタッフが片付けを始めると、ディレクターと名乗る男性が「今度囲碁の特集番組を組むから名人と対局してくれないか」と長崎君に話しを向けていた。
 この程度のノートパソコンで女流にこれだけ迫れるなら、スーパーコンピュータを用意すれば名人にもかなりのいい勝負ができるだろうというのがディレクターの言い分だ。
 最新式のグリッドコンピュータシステムをテレビ局の方で用意してくれるという条件だったので長崎君も乗り気な様子だった。
 いま囲碁の名人戦の真っ最中だから、新名人が決まったら対局してもらうとディレクターが言うので「そんなに簡単に名人がオッケーするんですか」と私が聞いてみた。
 すると「名人戦のスポンサーは内のテレビ局だから、そのくらい簡単にできるんですよ、名人になれば色々な番組に出てもらうし、もちろん内の局の番組ですがね」と聞かされてなるほどそう言う仕組なのかと納得した。
 長崎君は旦那となにやら相談をしてからディレクターに「ぜひやらせて頂きます、名人と対戦させて下さい」と答えていた。
 私はこのチャンスを逃すわけにはいかないと思い、ディレクターに「せっかくだから応援団にも出てもらったらどうですか、チアリーディングクラブのラブファイターズに応援してもらえれば、番組も引き立つし」と言ってみた。
 ディレクターが調子のいい口調で「それはいい、いやお願いできますか」と言うので私はすぐに応援団の男の子を引き合わせた。
 ラブファイターズの女の子達が応援にテレビにでるという話しがまとまると、由香利さんは少しうつむき加減で顔を伏せていたが、気持ちが張りつめているせいか泣き出しそうな顔だった。
 私は由香利さんが帰ろうとするところを呼び止めて「ねえあなた長崎君のこと好きなんでしょう」といきなり聞いてみた。
 由香利さんはちょっとびっくりした様子で立ち止まり、小さい声で「はい」とうなずいた。
「自分からぶつからなくちゃだめよ、自分から身体ごと思い切りぶつかって行くのよ、いいわね」と私が励ますと由香利さんは「ありがとうございます」と言って顔をしわくちゃにして泣き出しそうになった。
 テレビ局のスタッフが帰った後、去年と同じように後かたづけをしたあとビールを運んで合コンになった。
 中浦二段は長居をしては都合が悪いと思ったのか、雑誌の対談があるのでと理由を付けてさっさと帰ってしまった。
 由香利さんも長崎君のあとにくっついて合コンに誘われるのを待っていたようだったが、誰も気づいて声を掛ける様子もなくあきらめて応援団の男の子達と教室を出て行った。
 宴会が始まるとすぐに去年と同じ大騒ぎになり、私はお酌をして回りながら巻き込まれないようにと逃げていた。
 私は酔いつぶれそうになっている長崎君に「さっきはどうして負けたの、わざと負けたんでしょう」と聞いてみた。
 長崎君はそれを聞いて急にびくっとした表情になり「中浦二段の本当の気もちを確かめたかったんです、囲碁が強ければそれでいいのか、それだけでいいのか」そこまで言うと長崎君は思わず泣き出しそうになった。
 私は「あの中浦二段はすました顔をして、本当はドスケベでド変態なのよ、露天風呂で生フェラしてた女なのよ」と中浦二段の正体をばらしてしまいたくて言葉が喉まででかかった。
 だけど囲碁部の他の男の子達が聞いてる前でそんな事を言うわけにもいかないので黙ってた。
 旦那が「中浦二段だけが女じゃない、もっといい女は東大にだっていくらでもいるじゃないか」と訳のわからない言い方で長崎君をなだめた。
 結局の所、長崎君が由香利さんの気持ち知っていて由香利さんのためにわざと負けたのではないのは確かなようだった。
 合コンの会場を早めに抜け出して、私は地下鉄の駅まで歩いた。
 私が地下鉄の駅まで行くと、チェックのミニスカートの小柄な女の子が男の子達と喫茶店を出てくるのが見えた。
 さっきまで一緒だったラブファイターズの由香利さんだ。
 応援団の男の子達に二次会に誘われて今度は断り切れなかったらしく、お酒を飲まされたようで足元がふらついていた。
 男の子達はまだ由香利さんを引き留めてどこかに連れて行こうとしているけど、由香利さんは必死で断ってる。
 しつこい男の子達だと思ったけど、私が何か言ったりすれば何をされるか分からない。
 私は知らん顔して由香利さんの横を通り過ぎて先に地下鉄の駅に降りた。
 電車を待ってると、由香利さんもホームに危ない足取りで降りてきた。
 何があったか知らないけど、チェックのミニスカートを腰で巻いてお尻が見えちゃうくらいに短くしてる。
 入って来た地下鉄に乗るとしばらくして乗り換えの駅で大勢人が乗り込んできた。
 ドアのすみに押しつぶされそうになっている由香利さんの表情が苦しそうなのに私は気が付いた。
 痴漢だ。
 よくよく由香利さんの回りを取り囲んだ男の顔ぶれをたしかめると、他の男に目で合図してるらしい。
 男達の手があちこちから由香利さんのスカートの下にはいっているのがはっきり見えた。
 もしかして由香利さんは痴漢に遭うと分かっていてわざとミニスカートを腰で巻いて短くしたのかもと思って私ははっとなった。
 だけど痴漢に遭いたいなんて女の子が居るわけ無いと思い直したがやっぱり変だ。
 私が降りる駅に電車がついても、由香利さんは降りる気配はない。
 私は由香利さんがを車内に置いたまま、先に電車から降りた。
 気になってインターネットの痴漢掲示板をみると、やはり痴漢をさせる女とのコメントつきで由香利さんの写真がアップロードしてあった。
 今夜乗る地下鉄の電車の時間まで書いてある。
 どうやら由香利さんずっと前から痴漢に遭っていたらしい。
 それだから長崎君があのとき男らしい態度であ由香利さんを助けてくれたのが忘れられないみたい。
 私は由香利さんの気持ちを察して胸が痛くなった。

21.温泉調教<< ページトップ >>23.低周波バイブ

人妻露出アダルトビデオ

露出悦楽 羞虐に溺れる巨乳若妻 / Amore(アモーレ) [DVD]
露出人妻倶楽部SP260分 岩佐あゆみ [DVD]
ナチュラルハイ10周年記念 ~過激露出作品集~+撮り下ろし
復刻幻の露出作品 ハラハラドキドキ露出旅行 お得に一挙6タイトル
(MA008)露出レイプ中出しII