人妻不倫露出調教

by七度柚希

目次

1.涙のチアガール
2.突然のプロポーズ
3.フェラチオ狂い
4.痴漢プレー
5.テレホンクラブ
6.ビデオチャットの女
7.人妻チャット調教
8.奴隷調教
9.セクハラ
10.誘惑
11.陵辱
12.痴漢願望
13.バイブレータ
14.スケスケネグリジェ
15.セーラー服
16.ガーターベルト
17.不倫疑惑
18.強制生フェラ
19.強制レイプ
20.ランジェリーパブ
21.温泉調教
22.ドスケベ女
23.低周波バイブ
24.真っ赤なパンティー

20.ランジェリーパブ

 結局旦那は家には帰って来なかった。
 それからはずっと旦那は毎日会社に泊まり込みの日が続いた。
 私は旦那の体が心配だったけど、会社に電話をするわけにも行かないので、旦那の様子を同じ西浦電気の中島君に聞いてみた。
 中島君の話では、会社かららはどうにか納期に間に合うよう形だけでも納めるようにと指示されて旦那は頑張ってるらしいという事だけだった。
 その翌日に旦那が朝早くに会社から帰ってきた。
 納品が終わってしばらく休めると言って旦那は服を着たままベッドに倒れ込んで昼近くまで寝続けた。
 夕方近くに起きると何でも良いから飯を食わせてくれと言うので簡単なチャーハンを作ってだすと、なんとも嬉しそうな顔で全部食べた。
 ここしばらくはコンビニのお弁当ばかりでまともなものは食べてなかったらしい。
 チャーハンを食べ終わるとお風呂に入ると言いだした。
 旦那がこんな時間に風呂に入るなんて言いだしすのは珍しい。
 私が「ねえ、仕事のほうは順調なの」と試しに聞いてみると「今朝納品したんだ、納品した後そのまま会社に戻らず家に帰ってきたんだ。ともかく風呂に入りたくて」とか細い声で答えた。
 嘘でもいいから「有紀に会いたくてすぐ帰ってきたんだ」とでも言えばいいのになんとも気の利かない旦那だった。
 夕方頃になって実家から焼酎を送って来たと言って長崎君が一升瓶を持って訪ねてきた。
 二人で納品が終わったお祝いをすると言って乾杯をすると調子よくお酒を飲み始めた。
 私は何も言わずに二人の様子を見守るしかできなかった。
 長崎君は旦那と二人で夜遅くまで飲み明かし翌日は昼過ぎまで二人で寝ていた。
 私はようやくこれで普通の生活に戻れると思いたが、もう女子高生の制服にガーターベルトで旦那に迫る気持ちにはなれなかった。
 納品が終わって一月ほどして会社からいつもより早く帰ってくると小さな紙切れを鞄からだして「どうだこれで俺の仕事はすごいだろう、誰にもできなかった仕事なんだ」と得意そうに話しだした。
 英文で書いた書類のような物はどこかの偉い学術雑誌に載った論文で、そこに旦那の仕事が詳しく載っているらしいのだが、私にはどうして旦那がそんなに喜ぶのかよくは分からなかった。
「これでもうすぐ人工衛星が打ち上げられるから、それで運用の試験が始まるんだ、またこれから大変なんだが、まだまだ頑張るぞ」と言って両手を握りしめてポーズを取って上機嫌だった。
 翌日の朝旦那が新聞を見ていると急に黙り込んでいつまでも新聞を見つめながら手が震えるのが見えた。
「そんな、馬鹿な、そんな、馬鹿な」と何度もつぶやきながら旦那の顔は青ざめていた。
 私は「誰か亡くなったの、交通事故かなにか」と新聞紙を覗き込みながら聞いてみると、西浦電気と関西電機が宇宙開発で提携という見出しが目に入った。
「ともかく会社にいって、聞いてみるしかない、こんな話しあるわけない」と言って家を出て行った。
 夕方いつもより早く帰って来るといつもは滅多に飲まないウィスキーを開けながら私にも事情を話してくれた。
「会社の方針が変わってね、今までは自社開発をする方針だったんだが、こんど関西電機と共同開発することになって、関西電機が提携しているアメリカのスタンダードエレクトリック社の技術を導入することになったんだ、最新のグリッドコンピューティングシステムを導入だと」
「グリッドコンピューティングシステムだったら、俺がもう開発して論文まで書いて出来上がってるんだ」
「グリッドコンピュータシステムの技術は使うなと言ったのは会社の連中だ」
「結局俺の仕事は全部無駄だったって訳だ」
「せっかく俺が頑張って技術を開発したのに、会社連中はどうせできる訳がないと踏んで、最初から陰で提携の話しを進めてたんだ」と旦那は悔しそうに何度も同じ話しを繰り返した。
 翌日になって、旦那は疲れ果てた顔で会社から帰ってきた。
「どうしたの、顔色が悪いみたいだけど」と私が聞いてみると「また前の仕事にもどされたんだ、またあの手形だの、小切手だの、貸借一覧表だのやらされるんだ」とすっかり落ち込んでいた。

 しばらくして叔父が遊びに来るからと旦那に言われた。
 この間の事があってから、叔父とは電話もしてないし顔を見る気にもなれない。
 断ってもらおうと思ったけど、用事があるらしい。
 当日旦那が普段は飲まないビールの支度もして叔父が来るのを待っていると、きちんと背広姿で叔父が訪ねてきた。
 仕事の帰りらしくて、ネクタイもちゃんとして結構貫禄がある。
 夕食のあとしばらくは世間話をしていたけど、叔父の話は女の話ばかり。
 それも相手は風俗の女性とか、銀座のホステスさんとか金で遊ぶ話しだけ。
 旦那もうんざりした顔でなんとか調子を合わせて返事をしていたが、かなり困りはてて最後には適当に相づちを打つだけになった。
 しばらくどうでもいい話しが続いた後に大事な話があると言って切り出してきたのは、ランジェリーパブのアルバイトの話。
 娘さんの旦那さんがランジェリーパブを経営していて、人妻でアルバイトしてくれそうな人を捜してるという相談だった。
 叔父は私をランジェリーパブで働かせるつもりで、旦那に話を持ってきたらしい。
 ランジェリーパブなんてのは只の口実で実際はデリヘルで働かせるに決まってる。
 私が断れるわけがないのを知っていて随分と酷いやり方だと私は腹が立った。
 だけど旦那は、叔父が私をランジェリーパブで働かせる話だとは全然思って無い様子。
「ランジェリーパブってどんなパブなんですか」と旦那が叔父に聞き返したので叔父は困った顔をした。
 叔父は旦那が知っている癖にわざと私の前でランジェリーパブの説明をさせようとしてると思ってるみたい。
 もともと旦那は真面目すぎるくらい真面目。
 ランジェリーパブなんか行ったことも有るわけないし知ってるはずもない。
 しかたなく叔父が「美人の女の子がね、ランジェリー姿で、お客の接待をするんだよ」
と説明しても旦那は全然判ってないらしい。
 旦那はランジェリーという単語の意味が分からないらしくて相変わらず困った顔をするだけ。
「ちょっとバイトしてくれたら結構な金が貰えるんだ、だれか心当たりはないかね」と叔父に言われて「知り合いにはとてもそんな美人は居ませんから、心当たりと言われても思い当たりません」とあっさりと断った。
 私が美人じゃないと言うのには腹が立ったけど、あっさりと断ってくれたのは以外と頼もしい。
 叔父は何度も「誰かちょうどいい人妻はいないかね、毎日暇で、旦那があっちのほうは全然駄目だから刺激が欲しい人妻なんて居たらちょうど良いんだが」と私の事を持ち出そうとした。
 だけど旦那は「心当たりは居ません」と返事を繰り返した。
 すると叔父は今度は作戦を変えたらしく、今度の連休に一緒に温泉に行かないかと切り出した。
 露天風呂のある秘境で滅多には宿の予約が取れない人気の温泉だとか。
 叔父は娘を連れて行くから、旦那と私と4人でそこに温泉旅行に行こうという話。
 どう考えても怪しい話だ。
 だいたい叔父の娘さんというのは、家出して風俗で働いていてそのとき知り合ったホストと結婚したといつか旦那に聞いたことがある。
 そんな女と温泉になんか行ったら、今度は旦那が誘惑されるだけ。
 叔父にしつこく誘われて旦那も温泉旅行の誘いの方はどうにも断り切れない様子で困った顔。
 私がコーヒーのお代わりを入れようと席を立ったときちょうど電話がかかってきた。
 呼び出し音のメロディーで芳恵さんだとすぐ分かった。
 旦那は叔父の前で電話を取るとやっぱり相手は芳恵さんらしくて話しはすぐに終わりそうにない。
 いつもの芳恵さんのこと、長電話になるのは間違いなさそう。
 旦那が電話をしている間に居間で私が叔父の相手をするなんてどう考えたって都合が悪い。
 今度は私に何を言い出すか分かったものじゃない。
 ここは席を外した方がいいと思って私はリンゴを載せたお盆を持って台所に立った。
 流し台にお皿を置くと、ちょうど旦那が電話してるのが見えた。
 叔父は暇そうな顔で、旦那が電話をしてるのを横で見てるだけ。
 しばらく流しの前で時間をつぶした方が良いと思ってお皿を洗ってると、不意に叔父が立ち上がった。
 トイレに行くのかと思って見ていると、廊下の横の台所の入り口に叔父の姿が見えた。
 知らん顔して気が付かない振りをしてお皿を洗ってると叔父がゆっくりと私の後ろに立った。
 旦那は叔父が台所に入って来たのには気が付かない様子で、私に背を向けたまま芳恵さんと電話をしてる。
 叔父が後ろから身体を押しつけてきたので私ははっとしてお皿を洗う手が止まった。
 何をするつもりなんだろう、旦那が目の前にいるのにと思って身体が凍り付いた。
 叔父の手が私のお尻を後ろから撫で上げてきて、これはまずいと思ったけど叔父の唇が私のうなじをなぞるように嘗め上げてくるともうだめ。
「一緒に温泉旅行に行きたいだろう、旦那におねだりするんだ」と良いながら今度はスカートをたくし上げて、直に指が花園に触れてきた。
 ゆっくりとくすぐるように震わせながら、指先が探る動きを続けてくる。
 私はもう電話を続ける旦那の姿が目に入らなくなって下を向いた。
 叔父の指先が巧みに私の感じる所を探り当てると、もうとてもだめ。
 私はすぐに感じてきちゃって膝が震えてきた。
 叔父の手が私の背中を押すと、私は両手を流しに付いて前屈みの姿勢になった。
 ふと目を上げると流しの向こうには、旦那はまだ芳恵さんと電話を続けてる。
 いくら何でも旦那の目の前でこんな事をさせるなんてどんなにドスケベ女だってあり得ない。
 叔父の手が私の胸に回されて下からすくい上げるように揺すってきた。
 もうとても我慢できなくて、声が出そうになるのを必死でこらえていると今度は後ろから叔父の逞しい感触が私を責めてきた。
 ためらいもなく一気に奥まで突き上げられて私はもう死んじゃいそう。
 旦那は長話しが終わったらしく、受話器を置くとこちらを振り返った。
 叔父が腰の動きを止めると、私の身体も凍り付いたように動けなくなった。
 旦那は私の様子には気が付いたそぶりもなくソファーに座ってコーヒーを飲み始めた。
 叔父はゆっくりと私の後ろから離れると素知らぬ顔で先に台所から出た。
 私は叔父の後からクッキーをお盆に載せてまた居間に戻った。
 旦那が急に「今度の連休はもう予定があるんで、また今度にして下さい」と叔父に話しを向けた。
 連休の予定なんかまだ全然決めてなんかいない。
「友達ともう温泉に行く予定になってるんですよ」と旦那が叔父に説明しながら「今度コーラス部のみんなと温泉に行くことにしたから」と私にも話しかけてきた。
 そんな話し聞いたこともない。
 さっきの芳恵さんからの電話は温泉旅行へのお誘いらしいと私はやっと気が付いた。
 大学の時のコーラス部の友達がみんなで温泉旅行に行くというので誘われたということだった。
 私も一緒に誘われていて、芳恵さんも彼氏を連れて行くという話しだ。
 芳恵さんが彼氏を連れてくるって事は、旦那の不倫の相手は芳恵さんじゃないってことらしい。
 取りあえず叔父の話を断れるならこんな都合のいい話しはない。
 私は大喜びで旦那の話しに賛成した。
 叔父はこれではしょうがないと言った顔で、温泉旅行に誘うのは諦めて帰っていった。
 叔父が帰ってから洗い物を片づけて買い物に行こうとしてると、叔父が財布を忘れたと携帯で電話してきた。
 台所の床には確かに叔父の財布が落ちていた。
 さっきズボンを下げたときズボンのポケットから落ちたらしい。
 叔父は取りに帰るって言うけど、また家に来られるとやっかいなことになりそう。
 私は駅前まで持っていくと約束して携帯を切った。
 駅前まで来て探してみたけど待ってるはずの叔父がいない。
 何処に行ったのかしらと、携帯で叔父を呼んでみると今カラオケ店にいるから来いと言われてしまった。
 最初からカラオケ店に連れ込むつもりだったらしいけど、カラオケ店ならラブホテルよりはまし。
 近くを見回すと、大通りの横にピンクローズというカラオケ店の看板が見えた。
 叔父に教えられた部屋の番号を探してドアを開けると、部屋の中から大きなカラオケの歌声が聞こえてきた。
 これなら大丈夫そうと思って中にはいると、部屋には叔父の他にもう一人女性がいる。
 見た感じは水商売の女性らしくて紫色の超ミニスカートに真っ赤のレースのブラウスというド派手な服装で、叔父と一緒にデュエットなんかしてる。
 叔父はカラオケのマイクを置くと、あらためた口調で女性を私に紹介してくれた。
 名前は京子さんで、ランジェリーパブのママだという話しだ。
 叔父の娘の旦那さんが経営しているランジェリーパブらしい。
 京子さんは私の足元から頭のてっぺんまで見上げた後「ちょっとこれ着てみなさいよ」と黒い下着を渡した。
 手にして見ると黒のレースのビスチェに黒のガーターベルトはランジェリーパブの衣装みたいな感じ。
 ついでにストッキングは真っ赤な網目模様。
 こんな格好普通の主婦がするわけがない。
 私がためらっていると叔父が「旦那もカラオケに呼ぼうか、そのほうがいいだろう」と脅すような口調で言った。
 言うことをきくしかないと思って、叔父の前で着替えると京子さんが「じゃ鏡の前で一回りしてみなよ」と乱暴な口調で言った。
 仕方なく言われたとおり鏡で自分の姿を眺めてみると、結構良い感じ。
 黒いガーターベルトで真っ赤な網ストッキングなんかはいたりしちゃうと色っぽくて凄すぎるくらい。
 私だってそれなりの格好をすればお色気満点なのよと思うと結構楽しい。
 こんな格好で男性のお酒の相手なんかしたら、口説かれちゃって大変そうとどきどきした気分になった。
 京子さんにこの格好で今すぐ店に出ろと言われたら出てもいいような気分でちょっと浮き浮きしてきた。
 私の姿を眺めていた京子さんが「なかなか似合ってるじゃん。ちょっとあんた、いらっしゃいませって言ってごらん」と言い出した。
 これだったらランジェリーパブで今すぐ働けと言われるに違いないと思って私は「いらっしゃいませ」と少し甘えた声で言ってみた。
「じゃ今度は私はドヘンタイのドスケベ女です、好きなようにして下さいって言ってみな」と言われて、今度も京子さんに言われた台詞を口にした。
「あんたは、ランジェリーパブよりはデリヘルが似合ってるね」と京子さんに言われて私は急に恥ずかしくなった。
「あんた生フェラ大好きなんでしょう、その顔は一目見れば判るからね」とまた言われて私は顔が真っ赤になってしまった。
 私の様子をみて「ウブで、可愛いじゃん」と京子さんが笑うと、いきなり私に抱きついてきた。
 京子さんに両手で抱きかかえられると、力一杯抱きしめられて引き寄せられた。
 そのままソファーに押し倒されると、京子さんの身体が私の上にのしかかってきて動けない。
 両手で京子さんを押し返そうとすると、叔父が私の手首を押さえつけてもう逃げられない。
 京子さんの唇が私の唇を奪うと、すぐに舌が入ってきた。
 男の舌とは違う甘ったるい味の唾が私の口に流し込まれると、私は目眩がして身体の力が抜けて動けなくなった。
 京子さんの指先が私の脇の下から脇腹をなで始めると、ゆっくりとした動きで胸の膨らみを押しつけてきた。
 私がもう耐えきれなくなって喘ぎ声を出し始めると、叔父が今度は私の足首をもって引っ張り上げてきた。
 京子さんも手伝って、私の足首を私の肩口まで引っ張り上げた。
 叔父が私の手首と足首を一緒にきつく握って離さない。
 苦しい姿勢で息が詰まって繰り返し叫び声を上げると、京子さんが私の身体にきつく抱きついてきた。
 もう駄目と思ったとき急に叔父が京子さんの上から身体を重ねてきた。
 なんでこんなことになるのか訳が分からないけど、私は夢中で京子さんにしがみついた。
 快楽の時が私の身体を舞い上がらせて、奈落の底にたたき落とした。
 帰り際に京子さんが「ランジェリーパブで働く気になったら、いつでも電話して」と携帯の番号を教えてくれた。
 私はきっとデリヘルで働かせられるに決まってると思って返事をしなかった。

19.強制レイプ<< ページトップ >>21.温泉調教

人妻露出アダルトビデオ

露出悦楽 羞虐に溺れる巨乳若妻 / Amore(アモーレ) [DVD]
露出人妻倶楽部SP260分 岩佐あゆみ [DVD]
ナチュラルハイ10周年記念 ~過激露出作品集~+撮り下ろし
復刻幻の露出作品 ハラハラドキドキ露出旅行 お得に一挙6タイトル
(MA008)露出レイプ中出しII